「おっしゃる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おっしゃる[動詞]
事をおっしゃる  事だとおっしゃる  様にいろいろおかきくどいておっしゃる  案内をたのむとおっしゃる  あれ程おっしゃる  考えがあるとおっしゃる  なにもおっしゃる  あなたのおっしゃる  私が、赤くなったとおっしゃる  一種だとおっしゃる  わたしがどうしたとおっしゃる  あなたにお会いして、いろいろうかがいたいとおっしゃる  汁で冷してくれとおっしゃる  お客さんのおっしゃる  汗を拭きながらおっしゃる  心だとおっしゃる  ことかとおっしゃる  あなたさまのおっしゃる  司令官閣下のおっしゃる  司令官のおっしゃる  司令官がおっしゃる  人気にかかわるっておっしゃる  御用とおっしゃる  ことをおっしゃる  嘘とおっしゃる  御新造様とおっしゃる  千ちゃんにお聞き、とそうおっしゃる  お通し、とおっしゃる  のとおっしゃる  鐘をついてもいいとおっしゃる  宗教なんか信じないっておっしゃる  嘘をおっしゃる  お父さんのおっしゃる  うち気胸もしてみようかとおっしゃる  失礼したとおっしゃる  ためでしたが、ならぬとおっしゃる  探究しないかとおっしゃる  辱しめなさりたくないとおっしゃる  ご覧になったとおっしゃる  手紙を落したとおっしゃる  何を占ってくれろとおっしゃる  妙子さんとおっしゃる  あなたがおっしゃる  のだとおっしゃる  手前を待っていたとおっしゃる  頼みとおっしゃる  赤穂鯛でも釣ろうとおっしゃる  いきさつを聞きたいとおっしゃる  司法主任のおっしゃる  関東とさえおっしゃる  わけ、とおっしゃる  ことばかりおっしゃる  それがどうしたとおっしゃる  役儀とおっしゃる  ことがないとおっしゃる  これを持って、あきらめて帰ってくれとおっしゃる  都合とおっしゃる  友人とおっしゃる  稲村さんとおっしゃる  何をおっしゃる  嫌とおっしゃる  眼がさめた、悪かったとおっしゃる  便乗させて貰いたいとおっしゃる  折角田沢さんが見えたのに、どうしても会わないっておっしゃる  源次さんとおっしゃる  龍耳老人とおっしゃる  馬鹿だとおっしゃる  掏摸だとおっしゃる  ぜんで、うたわせて、ききたいとおっしゃる  ちょっといらして下さいってそうおっしゃる  言をおっしゃる  私をばみられないとおっしゃる  煩悩小僧も出なかったとおっしゃる  わたくしをお連れ下さるとおっしゃる  無神経だとおっしゃる  菊池太助さまとおっしゃる  緊張しておっしゃる  平気でおっしゃる  悪夢ではないとおっしゃる  さんのおっしゃる  どこから来るとおっしゃる  あたしに、どうしてくれとおっしゃる  さんとおっしゃる  何でもいいっておっしゃる  心配して早くかけかけとおっしゃる  ときに感じたとおっしゃる  青年会館へは行かないとおっしゃる  奉公口を探せとおっしゃる  名は、なんとおっしゃる  怪我をするなとおっしゃる  命をいたわれとおっしゃる  事もおっしゃる  兄さんがおっしゃる  松山が死ねばよいと思うかとおっしゃる  んだとおっしゃる  皆さんがそうおっしゃる  面会してもいいとおっしゃる  当人だとおっしゃる  使にだけは行ってくれ、とおっしゃる  横からちょっと小耳にはさんだとおっしゃる  出来事が起っていた、とおっしゃる  衝突をするとおっしゃる  私にあわないとおっしゃる  のだからとおっしゃる  人騒がせに喚き立てたとおっしゃる  呉侯も、どうおっしゃる  履行をおっしゃる  私に帰れとおっしゃる  先生のおっしゃる  事をなんとかおっしゃる  ほうがいいとおっしゃる  三人とおっしゃる  強盗団ではないとおっしゃる  仏様がおっしゃる  何かおっしゃる  泥棒をしろとおっしゃる  事だとでもおっしゃる  的違いをおっしゃる  縁を縫ってもらいたいとおっしゃる  志村のぶ子様とおっしゃる  博士が、そうおっしゃる  から私におっしゃる  顔だってみなさんがおっしゃる  あなたにお逢いになりたいとおっしゃる  もっとまけろとおっしゃる  幹さんとおっしゃる  木村先生とおっしゃる  三百五十キロ出せとおっしゃる  目的とおっしゃる  術が堕ちたとおっしゃる  からいたわってやれとおっしゃる  お嬢さんは何とおっしゃる  何とおっしゃる  姫様におっしゃる  井光起さんとおっしゃる  危い、とでもおっしゃる  熟と留ったとおっしゃる  音を出したよ、とおっしゃる  口輪をはめろとおっしゃる  ものをおっしゃる  何もおっしゃる  あなたがそうおっしゃる  方のおっしゃる  何にもおっしゃる  のかと思ったっておっしゃる  それはおっしゃる  私にあやまれとおっしゃる  机竜之助様とおっしゃる  わたしだってお父さんのおっしゃる  拾い物、とおっしゃる  心当りとおっしゃる  連れがあったかとおっしゃる  与兵衛さんとおっしゃる  人とおっしゃる  江戸までお連れ申せとおっしゃる  白井道也とおっしゃる  不義理をなすっても、いいとおっしゃる  あれほどおっしゃる  七兵衛とおっしゃる  ひとつ印をつけてみろとおっしゃる  気が進まないとおっしゃる  方で、どうしても落ちたいとおっしゃる  お前さんでなければならないとおっしゃる  冗談をおっしゃる  銀造さんとおっしゃる  三郎様とおっしゃる  市川氏のおっしゃる  私に買えとおっしゃる  独り語をおっしゃる  事さえおっしゃる  清水さんとおっしゃる  誰を指しておっしゃる  方とおっしゃる  君さんとおっしゃる  殿様のおっしゃる  わたしに帰れとおっしゃる  しかお松様とおっしゃる  蠅男だとおっしゃる  皮が欲しいとおっしゃる  御存じないとおっしゃる  金助さんとおっしゃる  ここで撮る、とおっしゃる  ヨシオくんとおっしゃる  本気でおっしゃる  はいつからだとおっしゃる  真似をしろとおっしゃる  いたずら者とおっしゃる  御用があるとおっしゃる  事ばかりおっしゃる  米友さんとおっしゃる  おいでになろうとおっしゃる  あなたが、そうおっしゃる  茜さんとおっしゃる  癒らないと、ハッキリおっしゃる  何だとおっしゃる  あやしい事件が起っているとおっしゃる  日本人じゃないとおっしゃる  どっちでしょうかとおっしゃる  涙さえ浮べてそうおっしゃる  刃紋とおっしゃる  わたしに預かれとおっしゃる  山崎先生のおっしゃる  拝見して来たとかおっしゃる  金助さん頼みますとおっしゃる  のは止せとおっしゃる  滑稽味が多いとおっしゃる  抵当はいらない、ただ貸せとこうおっしゃる  海老蔵様だとおっしゃる  秋田さんのおっしゃる  七百両で仕切れとおっしゃる  失踪したとおっしゃる  あなた様のおっしゃる  髪を結い直せとおっしゃる  私もおっしゃる  ようにおっしゃる  貧乏は、つらいね、と笑っておっしゃる  等とおっしゃる  馬がよかろうとおっしゃる  神さまがおっしゃる  気分で、とおっしゃる  看護においでなさるとおっしゃる  旦那様はおっしゃる  若い衆になりたいとでもおっしゃる  愚痴ばかりおっしゃる  教授は殺されたとおっしゃる  今あなたのおっしゃる  チロを借りたいとおっしゃる  一緒に来てくれとおっしゃる  一は動かせないとおっしゃる  わしにうたえとおっしゃる  ためにおっしゃる  目のだいぶよろしくなったとおっしゃる  落だとおっしゃる  方が、いけないとおっしゃる  方丈様のおっしゃる  外国とおっしゃる  どこへ行ったとおっしゃる  白骨谷へ行って見てはどうかとおっしゃる  探索して貰いたいとおっしゃる  餡掛とおっしゃる  方がそうおっしゃる  親分のおっしゃる  ここにいたとおっしゃる  力を知りたいとおっしゃる  それがわからないとおっしゃる  なにをおっしゃる  弁信さん、そうしてはおられないとおっしゃる  弁信さんのおっしゃる  唄が聞きたいとおっしゃる  こととおっしゃる  方でもおっしゃる  直治を思い、あ、とおっしゃる  所だとおっしゃる  お手伝いしたいとおっしゃる  しずかにおっしゃる  嫁さんのおっしゃる  声でおっしゃる  旦那のおっしゃる  いやとおっしゃる  名主様のおっしゃる  馬を持って帰れとおっしゃる  どなたのおっしゃる  何をさしておっしゃる  母様のおっしゃる  伊太夫様とおっしゃる  様とおっしゃる  無理でないとおっしゃる  永倉新八様とおっしゃる  料理女になれとおっしゃる  解釈せよとおっしゃる  問題を置いちゃならんとおっしゃる  これをどうせよとおっしゃる  あなただとおっしゃる  仕業だとおっしゃる  踊りをおどれとおっしゃる  胆吹山まで歩いてみろ、とおっしゃる  なんだとおっしゃる  直接お話しに行くってよくおっしゃる  陛下はどうおっしゃる  姫君を愛しないでおっしゃる  たよりだとおっしゃる  居所を聞き込んだら知らせるがいいとおっしゃる  以前からそうおっしゃる  米友さんのおっしゃる  どっちへ廻っても騒々しいとおっしゃる  大先生のおっしゃる  お話しになりたいとおっしゃる  あなたはおっしゃる  くだすったならとおっしゃる  ように、それとなくおっしゃる  怠慢をおしかりになっておっしゃる  つもりだとおっしゃる  近くへ来るなどとおっしゃる  かわいそうにとおっしゃる  幸福だとおっしゃる  帰りたいようによくおっしゃる  不破さんがおっしゃる  おれとおっしゃる  時方とおっしゃる  出ろとおっしゃる  急におっしゃる  いつまで待ってくれとおっしゃる  スパイとおっしゃる  神様のおっしゃる  猪を売ってやろうとおっしゃる  御覧になりたいとおっしゃる  研究をうちきれとおっしゃる  閣下のおっしゃる  なにがわかったとおっしゃる  上様のおっしゃる  意見を述べよとおっしゃる  お母さんのおっしゃる  関係はないとおっしゃる  妹さんでないとおっしゃる  こことおっしゃる  うそをおっしゃる  安などとおっしゃる  安とやらだとおっしゃる  つきものだとおっしゃる  何を驚いたかとおっしゃる  路銀をすっかりお持ちくださるとおっしゃる  御用がおありだとおっしゃる  うちへお入れくださらないとおっしゃる  後家とおっしゃる  いっしょになってくださらないとおっしゃる  皆罪人だとおっしゃる  道だ、とおっしゃる  先生がおっしゃる  絹漉とおっしゃる  受出してくれようとおっしゃる  名をおっしゃる  笛太鼓鳴らしてとおっしゃる  事もまたおっしゃる  俊寛様はこうおっしゃる  さそうにおっしゃる  前ぐらい、聞いたっていいじゃないかとおっしゃる  書生が、とおっしゃる  礼をおっしゃる  亡霊が歩んでいたとおっしゃる  所へは昇れないとおっしゃる  生物だとおっしゃる  あなたがいうなとおっしゃる  貴方がおっしゃる  ほんとうにそうおっしゃる  離縁するとおっしゃる  二人さんは、ききたいとおっしゃる  藤さんとおっしゃる  参観したいとおっしゃる  近所でやかましくおっしゃる  生命が欲しいとおっしゃる  差しつかえはないとおっしゃる  部長のおっしゃる  額に入れるとおっしゃる  村越さんとおっしゃる  一生懸命におっしゃる  追従ばかりおっしゃる  握手をしましょうと、しつこくおっしゃる  ほうへ向き直っておっしゃる  あとかたづけをしながら、たいへん意気込んでおっしゃる  忠告めいた事をおっしゃる  立花様とおっしゃる  三浦さんとおっしゃる  いつでも、こうおっしゃる  王子が、こんなにまでおっしゃる  道さんとおっしゃる  月の世界にゆけとおっしゃる  わたくしにおっしゃる  話をするなんとおっしゃる  ことはおっしゃる  ちゃうっておっしゃる  ことならしてやろうとおっしゃる  米をもらっても困りますが、せっかくおっしゃる  一たいどうしようとおっしゃる  狡猾だとおっしゃる  余り物とおっしゃる  大変とおっしゃる  江戸へ行きたいとおっしゃる  先生先生何をおっしゃる  それがやられるとおっしゃる  殿様がおっしゃる  腐れ論をおっしゃる  城が気に入ったかとおっしゃる  ご存じないとおっしゃる  私におっしゃる  前へなんてけしかけているとおっしゃる  全然してもらいたくないとおっしゃる  勤めを引き受けたとおっしゃる  弟を引きとめるべきだった、とおっしゃる  異論をおっしゃる  フリーダにはまだおっしゃる  奥さまのおっしゃる  片身を、とろうとおっしゃる  斗丈様はおっしゃる  陛下よ、全くおっしゃる  大分愛想尽しをおっしゃる  兵隊になれとおっしゃる  お祖母さんと同じだとおっしゃる  策略があるとでもおっしゃる  ことを言ったり仕たりしてもいいとおっしゃる  貴方は放っといていいとおっしゃる  方がいい、とおっしゃる  乱暴をしたって構わんとおっしゃる  ちがいない、とおっしゃる  んとおっしゃる  こちらにおきたい、とおっしゃる  仁義があった、とおっしゃる  軽部君のおっしゃる  神経質になり、厳しくおっしゃる  上田様とおっしゃる  お出でくだすったとおっしゃる  のろまなところが、かえって気に入ったとおっしゃる  それはまだ早過ぎる、とおっしゃる  お祖母さんのおっしゃる  リット閣下のおっしゃる  川上が生きているとおっしゃる  ことが出来ないとおっしゃる  次郎さんがおっしゃる  無茶だとおっしゃる  俊亮さんとおっしゃる  若旦那様何をおっしゃる  ように喋ってくれとおっしゃる  目に遭ったとおっしゃる  智能的困難にぶつかりたいとおっしゃる  遊びがてらとおっしゃる  皆さんのおっしゃる  手にいれろとおっしゃる  なんに使おうとおっしゃる  理事長のおっしゃる  しかたがないだろうとおっしゃる  たいせつだ、とおっしゃる  あなた様はおっしゃる  ように拵えて貰いたいとおっしゃる  ものとでもおっしゃる  いやがらせをおっしゃる  糸口があるっておっしゃる  金助とやらが怪しいとおっしゃる  退職願いでもしようとおっしゃる  だんなのおっしゃる  梅丸様とおっしゃる  竹丸様とおっしゃる  からそうおっしゃる  手に入れてくりゃ、かっぱらってきたとおっしゃる  向こうに回そうとおっしゃる  はずがないとおっしゃる  はずがないなどとおっしゃる  外へ飛び出したとおっしゃる  不思議だとおっしゃる  奉行さまがおっしゃる  巻き羽織がどうしたとおっしゃる  どなたさまにおっしゃる  女がいるとおっしゃる  あとがあるとおっしゃる  香水をつけたとおっしゃる  あたしいま巴里へ行って来たのよとおっしゃる  かわいいっておっしゃる  書き手もおっしゃる  富士様とおっしゃる  屋どのとおっしゃる  非常におっしゃる  お母様のおっしゃる  自分でそうおっしゃる  道を捨てよとおっしゃる  ゆっくりしていいとおっしゃる  うまい事をおっしゃる  それを読んで聞かせなさいとおっしゃる  ように稼いでおきたいとおっしゃる  本気でそうおっしゃる  彼はいった、それほどおっしゃる  検事次長を、とでもおっしゃる  なかでお寝みになれないとおっしゃる  からなにをおっしゃる  効果的に、そして素早く、とおっしゃる  効果を感じたとおっしゃる  味をおっしゃる  ところへ連れて来て、やあ、しばらくだね、とおっしゃる  ハムレットさまを悪くおっしゃる  正直におっしゃる  勿体ない事をおっしゃる  ここへ置いちゃ、いけないとおっしゃる  ハムレットさまのおっしゃる  方はおっしゃる  特に近頃は来るなとおっしゃる  僕にはよく分らないとおっしゃる  手柄だとおっしゃる  から、そうおっしゃる  忠告者になってくれとおっしゃる  ことをお信じにならないっておっしゃる  月並みすぎるとおっしゃる  あなたに申上げろとおっしゃる  なんでもおっしゃる  私にはおっしゃる  肖像を描けとおっしゃる  真相を言えとばかりおっしゃる  のではないか、とおっしゃる  話を聞こうとおっしゃる  弁護士さんのおっしゃる  石本さんとおっしゃる  年寄のおっしゃる  顔をしておっしゃる  涙をこぼしておっしゃる  ほんとは何とおっしゃる  はずはないとおっしゃる  下手だとおっしゃる  ことだよ、とおっしゃる  ことだね、とおっしゃる  優秀になってこそ、です、本当におっしゃる  自分へおっしゃる  清涼とおっしゃる  父様のおっしゃる  そいつが盗んだとおっしゃる  師匠様がおっしゃる  高蔵尼とおっしゃる  信用されないとおっしゃる  奥さん自身嘘と知りながらそうおっしゃる  先生から嫌われているとおっしゃる  先生は何とおっしゃる  自分で気が付かないから、そうおっしゃる  けしからんことをおっしゃる  存在しなかったとおっしゃる  厭とおっしゃる  皆神さんのおっしゃる  なんぼ神さんのおっしゃる  川上糸子とおっしゃる  一本燗けたから飲んで行けとおっしゃる  のか、とおっしゃる  ものじゃ、とおっしゃる  神のおっしゃる  ツァーのおっしゃる  あなたがいけないとおっしゃる  それで殺されたとおっしゃる  役目は忘れないとおっしゃる  いつまで待てとおっしゃる  失礼だとおっしゃる  



前後の言葉をピックアップ
仰ら  おっしゃら  仰り  おっしゃり  おっしゃりゃ  仰る  おっしゃれ  仰れ  おっしゃろ  仰ろ


動詞をランダムでピックアップ
曲りへせる持ち崩せこきつかうふんづけよ伸ばすかけ合せ起きろ体するさしのぼる崩そしなだれるつかまる加わろ呵する感ずる取払う傳えよえいじおもてだつ
形容詞をランダムでピックアップ
つつましくきつく角し草深くまっくろあらむし暑かっ苦くっまずかろ清すがしい物物し心づよ温かい目ばゆ大きき心もとない委しくあかるいたくましなにげなく