「おそれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おそれ[動詞]
ひそかにおそれ  しかもおごらずおそれ  勢におそれ  直視しておそれ  寝業をおそれ  お仙をおそれ  生蕃をおそれ  人々におそれ  ことをおそれ  ぼくをおそれ  権幕におそれ  舌を巻いておそれ  者はおそれ  私をおそれ  女工さん、おどろき、おそれ  現実のものとしておそれ  侵略をおそれ  寶あればおそれ  庵のみ、のどけくしておそれ  後難をおそれ  復讐をおそれ  問題として常におそれ  黒人たちをおそれ  のをおそれ  怪塔王はおそれ  ことを、たいへんおそれ  ことをたいへんおそれ  事をおそれ  興奮をおそれ  豹一がおそれ  威力におそれ  侍従重喜公、おそれ  半面蟲をおそれ  おれのおそれ  人々からおそれ  山をながめておそれ  自分がもうそれ程迄におそれ  ことをひどくおそれ  経営者のおそれ  火災をおそれ  っぷりにおそれ  餌を少しもおそれ  死をおそれ  喧嘩は大しておそれ  紙屑拾もおそれ  極端におそれ  立腹をおそれ  上御前をおそれ  象徴として忌みおそれ  棒を突きつけられても、おそれ  中をもおそれ  問い掛けでおそれ  殺気におそれ  殺生石といって、おそれ  成果におそれ  賞讃辞をおそれ  やみをおそれ  矛盾におそれ  蒼白にして、おそれ  これはおそれ  塵をもおそれ  罪のおそれ  ことにならなければいいがと、おそれ  らにおそれ  部将は、怪しみ、かつ、おそれ  ぎわにあらわれたような現象におそれ  スエ子はおそれ  悪いことがなければいいがと、おそれ  駄目になるとおそれ  書くことをおそれ  濁流おつる夜の音をおそれ  何となく、危ぶみおそれ  ちがいないとおそれ  何のおそれ  朝廷に対しても、おそれ  ものだと、おそれ  だんだん村人たちから尊敬され、おそれ  祖母さまが、そんなおおそれ  たかをおそれ  生物と、おそれ  丸木は、おそれ  責任者は、すっかりおそれ  操縦して、おそれ  蟻田博士は、おそれ  ふき矢におそれ  多分におそれ  さにおそれ  禍害をおそれ  複雑さをおそれ  汝等はおそれ  ことのみをおそれ  ことのみいたくおそれ  玄徳をおそれ  俗論をおそれ  石で、やたらに動かすと祟りがあるといっておそれ  本地閻魔王宮だなどとおそれ  から殊に疱瘡神をおそれ  病になるといっておそれ  のはおそれ  魚を、おそれ  神の山といって、おそれ  話もあり、おそれ  孔明がおそれ  責任をおそれ  魏はおそれ  ところをおそれ  埋伏をおそれ  味方の怯むをおそれ  愕きおそれ  自己破産をおそれ  のだからおそれ  妻はおおそれ  凶器におそれ  孤独をおそれ  無用、おそれ  自殺のおそれ  人間をおそれ  堕落としておそれ  あなたをおそれ  鶏をおそれ  気合におそれ  眼におそれ  不安とおそれ  しかしかねて漠然と感じおそれ  のは、おそれ  空魔艦に見つけられるおそれ  みんな、おそれ  予知に満されて、おそれ  危険をおそれ  社会主義化をおそれ  波瀾をおそれ  ことも、すこしもおそれ  地震のゆれかえしをおそれ  竹見は、おそれ  まり風化をおそれ  太陽光線がとどかないから、だからおそれ  のを、ひどくおそれ  紳士をもっともおそれ  客も少なからずおそれ  圧迫をおそれ  册にならむことをおそれ  艇長は、おそれ  悪魔のごとく、おそれ  太陽の光をおそれ  眼もおそれ  ょうにおたがいの目をおそれ  光におそれ  上にも向いて来やしないかとおそれ  マチアがおそれ  わたしはおそれ  彼はおそれ  それをおそれ  若い婦人たちをおそれ  半ば彼をおそれ  翌日をおそれ  風をおそれ  減少をおそれ  さをおそれ  いまでもおそれ  名を知らんにおそれ  いただきましておそれ  あいさつでかえっておそれ  それのみをおそれ  人をおそれ  のかも知れないとさえおそれ  破綻をもおそれ  お客をおそれ  不意や、おそれ  囃子を一層おそれ  ことを知って、少しもおそれ  心中におそれ  かつはおそれ  公儀をおそれ  爺などはおそれ  万一をおそれ  艶罪をおそれ  龍之介は、おそれ  そ、そんなおそれ  探題北条氏をおそれ  横槍をおそれ  徘徊していたら、おそれ  科学技術と取り組んでおそれ  彼がおそれ  ようにおそれ  拝謁をねがい出るなどは、おこがましく、おそれ  爆撃機をおそれ  自信がついたら、おそれ  何物をもおそれ  人目のおそれ  尊氏が、人知れずおそれ  のかとさえ、おそれ  尊氏をおそれ  此に降し奉る、おそれ  穴とうとしや、おおそれ  神、おおそれ  三郎殿、おそれ  於ても、むしろ過ぎたりとも及ばざるのおそれ  尊氏直義をおそれ  将来をおそれ  疵つくるおそれ  力におそれ  あれはおそれ  蜘蛛をおそれ  襲撃のおそれ  雷をおそれ  おまえさんは、おそれ  威勢におそれ  口実になりはせぬかとおそれ  熱弁をおそれ  彼女のおそれ  まことにおそれ  危険のおそれ  病気でも、おそれ  自分ながらおそれ  無力からであると存じまして、ただおそれ  ひろ子をおそれ  ことさえおそれ  ことがおおそれ  耳にはいっては、おそれ  声をきくと、おそれ  霧とを、どんなにおそれ  神をおそれ  余波をおそれ  検閲をおそれ  足もとに、おそれ  商売仇敵として、はやおそれ  何よりもおそれ  手まえをおそれ  おれをおそれ  尤もおそれ  全滅のおそれ  刀をおそれ  剣幕におそれ  ことをいつもおそれ  くもをおそれ  空襲をおそれ  敵イ、なんぞおそれ  こんどはおそれ  ものですから、すこしもおそれ  嵐におそれ  ことを、おそれ  ものあるべきをおそれ  魔法としておそれ  鬼よりも、おそれ  底力をおそれ  みな彼をおそれ  不正確をおそれ  商人はひどくおそれ  非常時をおそれ  使丁はおそれ  藪から棒でおそれ  北風をおそれ  不安をおそれ  花咲くであろうかと危ぶみおそれ  のを、おそれ  いいかげんにおそれ  さをうけみにおそれ  怪人の力をおそれ  われはおそれ  電話とかにやたらにおそれ  為朝はおそれ  矢をおそれ  斥候のごとくおそれ  なさけ闇をおそれ  極度におそれ  死はおそれ  家出をおそれ  瞬間をおそれ  伏見奉行をおそれ  蛇をおそれ  藁兵にとりかこまれて、すっかりおそれ  不安のおそれ  あやしい鳩はおそれ  露見をおそれ  心を、恥じ、おそれ  勢いにおそれ  みな太郎をおそれ  うちでおそれ  処罰をおそれ  送別式をおそれ  方法を、おそれ  さだけをおそれ  話に依りますと、おそれ  説明もおそれ  さへ、おそれ  御事は真におそれ  七月には、おそれ  みんな朝夷島めぐりや、おそれ  人目をおそれ  眼よりもおそれ  運命をおそれ  ターマンはおそれ  海賊たちは、おどろきおそれ  人力をおそれ  先生はちつともおそれ  人はおそれ  幽霊をおそれ  化け物をおそれ  人をもおそれ  後日の祟りをおそれ  誰もおそれ  なすをおそれ  すべて神をおそれ  我はおそれ  損はんことをおそれ  俄におそれ  鐡搭もおそれ  我をおそれ  我は語るをさへおそれ  何事をもおそれ  晒すをおそれ  我等をおそれ  点をおそれ  ことを知ると驚きおそれ  犬獅子のはがみをおそれ  復員をおそれ  乱暴をおそれ  竜顔はおそれ  身をよせて動かず、おそれ  胸にこのおそれ  基督教徒となるをおそれ  落るをおそれ  火をおそれ  物におそれ  難をおそれ  神罰をおそれ  発覚をおそれ  人人のおそれ  バイキン以上に嫌われ、おそれ  死もおそれ  才兵衛はおそれ  ものにおそれ  女鹿をおそれ  何かおそれ  人造人間をおそれ  癌のおそれ  自然をおそれ  勃発をおそれ  ハーキュリーズは少しもおそれ  みんなのおそれ  それにおそれ  侵入をおそれ  プロシアをおそれ  野暮をおそれ  世をおそれ  法規をおそれ  刑部をおそれ  耳をおそれ  退屈はおそれ  みんな火をおそれ  金十郎はおそれ  若ものは少しもおそれ  王さまはおそれ  蛇類のおそれ  音響けつしておそれ  一字一句におそれ  裸体をおそれ  何物にもおそれ  罪をおそれ  怒りをおそれ  心ひそかにおそれ  ところで、おそれ  敢ておそれ  装飾、おそれ  われはただつねにおそれ  顫へ、おそれ  他見をおそれ  形におそれ  



前後の言葉をピックアップ
畏れ    恐れ  畏れよ  オソレ  恐れ多く  恐れ  恐れよ  恐れん  恐れ入


動詞をランダムでピックアップ
粧う散らそふこ歩み寄りあがめる似かよう寝かせ深ける現さ被さっ講じ尋ねちまおいじめれ仄めい織り込ん追い捲ら見え透けつけ込ま成りたち
形容詞をランダムでピックアップ
かぼそきほそながい洽くかしこあつけれうすぎたない疳高く憎かっうるさくっなつかしゅう心弱き面映ゆくっねたましすがすがしゅううるさく少な際どい手酷い手緩暖かき