「おこっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おこっ[動詞]
洋食でもおごっ  和尚さんはおこっ  ことがおこっ  鼻からとられ、おこっ  ように、おこっ  それに対しておこっ  ようにおこっ  烈火のごとくおこっ  非常におこっ  から阪井がおこっ  なにをそんなにおこっ  かんかんにおこっ  平和擁護運動がおこっ  戦争がおこっ  上に、かねておごっ  まんじゅうをふんだんにおごっ  動きもおこっ  問題がおこっ  現象がおこっ  海底超人のおこっ  海底超人がおこっ  きいきい声がはげしくおこっ  飴をおごっ  そばをおごっ  からでおこっ  果物もおごっ  拍手がおこっ  菓物をおごっ  怪事がおこっ  地階におこっ  小浜兵曹長はおこっ  顔を突っ込んで吹いていると、漸くおこっ  笑い声がおこっ  なにごとがおこっ  事情がどっさりおこっ  ホモイはおこっ  ホモイはまだおこっ  おれはおこっ  げは、おこっ  批判がおこっ  通称がおこっ  日本におこっ  気風がおこっ  事柄がおこっ  夢中になっておこっ  猛烈におこっ  面におこっ  万一の疑がおこっ  さかんにおこっ  教養に立っておこっ  欲求がつよくおこっ  中心におこっ  ことをおこっ  先生、おごっ  急に、おこっ  宏子は、おこっ  ことについておこっ  のだろうという疑がおのずとおこっ  変化がおこっ  声がおこっ  四番目におこっ  鮨を少しばかりおごっ  議論がおこっ  ドイツ国会放火事件がおこっ  天災がおこっ  場合がおこっ  ばかにしていると後でぷりぷりおこっ  話がおこっ  ずんずん近くなって、やがておこっ  パージがおこっ  ごとがおこっ  ごとのおこっ  國でおこっ  生活におこっ  事情がおこっ  中におこっ  摩擦がおこっ  ゴーシュがすっかりおこっ  女局員が少しおこっ  ことも忘れて、おこっ  無産階級運動がおこっ  運動もおこっ  反射としておこっ  第一次大戦後におこっ  未練もおこっ  家におこっ  ドイツにおこっ  京大におこっ  運動がおこっ  必要がおこっ  自分におこっ  芸術運動もおこっ  要望もおこっ  あくびをすると、おこっ  下から頭をだしてしまったが、すぐにおこっ  鳴き声をおこっ  要求がおこっ  満州問題がおこっ  世界におこっ  トリエステにおこっ  音響がおこっ  激動がおこっ  なにを、おこっ  あたし、おこっ  パンスケたちがおこっ  のちにつづいておこっ  声はおこっ  地震でもおこっ  疳がおこっ  さむらいがおこっ  おさむらいはおこっ  混乱もおこっ  熊もとうとうおこっ  乱がおこっ  旋風がおこっ  おじいさんは、おこっ  何を聞いても、やっぱりだまっていらっしゃるので、なおなおおこっ  時は、おこっ  嗜好などのおごっ  それは、おこっ  新田先生はとうとうおこっ  相手はおこっ  博士は、おこっ  髭をぶるぶるふるわせ、大おこりにおこっ  火星人は、おこっ  丸木は、とうとうおこっ  丸木はおこっ  口でおこっ  中で、はげしくおこっ  丸木はぷりぷりおこっ  地上でおこっ  何かおこっ  ゆびをふまれて、まるでおこっ  耕助もおこっ  嘉助がおこっ  耕助はもうすっかりおこっ  ことを言おうと思いましたが、あんまりおこっ  ためにおこっ  さっきからよっぽどおこっ  疑問がおこっ  文壇ですでにおこっ  眼とは、おこっ  動きがおこっ  一斉に低いながら湧きおこっ  癇癪がおこっ  離婚問題はおこっ  事件がおこっ  下山事件につづいておこっ  発動がおこっ  第一次大戦がおこっ  第一次大戦から二十五年を経ておこっ  急におこっ  遠くから爆発のおこっ  おじいさんがおこっ  附随しておこっ  装置をすると、笑ったり、笑わせようともくろんでかかると、おこっ  近所に騒々しく湧きおこっ  痙攣までがおこっ  鬼はおこっ  レストランをおごっ  子供はおこっ  禍いがおこっ  苦痛がおこっ  恐怖が湧きおこっ  情がおこっ  沸騰がおこっ  夕食をおごっ  前におこっ  方面ばかりを見ておこっ  艇内におこっ  顔をしておこっ  突風がおこっ  ケレンコ事件がおこっ  叫声がおこっ  ことからおこっ  火がおこっ  一度もおこっ  巡査はおこっ  おなかをさすって、おこっ  なにもしてもらえないとみると、かれはおこっ  仲におこっ  声とがおこっ  にわかにおこっ  さかんにどっとおこっ  気持がおこっ  何かがおこっ  なかったし、けっしておこっ  一度もかれはおこっ  わたしはおこっ  牛はおこっ  ドアをたたいたというのでおこっ  火がとてもよくおこっ  私はおこっ  何もおこっ  カンカン火がおこっ  火がかっかとおこっ  異がおこっ  殺人事件がおこっ  ことを泣いておこっ  おばあさんはたいへんおこっ  希望がおこっ  何がおこっ  一船艙におこっ  船内におこっ  本気でおこっ  兵太郎君がおこっ  兵太郎君はおこっ  旋風が吹きおこっ  一九二八年におこっ  身銭をきっておごっ  二人がムキになっておこっ  とき浪がおこっ  錯誤がおこっ  上におこっ  波紋がおこっ  波がおこっ  ものは、大おこりにおこっ  一大事件がおこっ  胸さわぎがおこっ  裸松が、いよいよおこっ  人は、おごっ  君はまだ、おこっ  場合におこっ  自然におこっ  何事がおこっ  事件のおこっ  火をおこしますと、あんまりよくおこっ  考えがおこっ  のをこらえておこっ  かんかんとおこっ  必然におこっ  事でもおこっ  変事がおこっ  奇蹟がおこっ  弓鳴りがおこっ  銃声がおこっ  何かおごっ  一紛争がおこっ  嫉妬心はむらむらと渦巻いておこっ  説がおこっ  臆測がおこっ  うなぎ飯をおごっ  騒ぎがおこっ  コロリ騒ぎが又おこっ  殆ど同時におこっ  差し込みがおこっ  面倒がおこっ  捫著のおこっ  一件がおこっ  鬨の声がおこっ  蒲焼でもおごっ  このごろはおごっ  一椿事がおこっ  刹那におこっ  困難がおこっ  混乱がおこっ  途中でおこっ  水がおごっ  馬をおごっ  母親がおこっ  蛙がおこっ  天子さまは少しおこっ  板にぶっつけたらしく、はげしくおこっ  母親はぷんぷんおこっ  おかあさんのこんなにおこっ  昼食をおごっ  バスケットは、おこっ  それらのつづいておこっ  仕事とをおごっ  考えがすぐおこっ  妾をおこっ  ものをおごっ  酒をおごっ  悶着がおこっ  朝子におこっ  米騒動がおこっ  ヨーロッパにおこっ  便乗現象がおこっ  満州事変がおこっ  人におごっ  愛におごっ  わる音がおこっ  ほんとうにかんかんになっておこっ  兄さんはあんなにおこっ  なにごとかおこっ  いくつかおこっ  んがおこっ  脳出血が、ふたたびおこっ  一九三〇年以後におこっ  土砂崩壊がおこっ  現代文学におこっ  見解がつよくおこっ  からんでおこっ  身の上におこっ  一九一〇年八月におこっ  批評がおこっ  冬から活溌におこっ  ふうに向き合ってすわっていて、おこっ  圏内におこっ  女中に対しておこっ  全国におこっ  ロマンティシズム運動がおこっ  活溌におこっ  一九二三年九月におこっ  部分におこっ  自己批判がおこっ  昭和二年七月におこっ  当時新しくおこっ  中心としておこっ  特にプロレタリア文学運動がおこっ  性質をもっておこっ  なにかがおこっ  二人はおこっ  志がおごっ  ムカムカしてくるが、いくらおこっ  お八つをおごっ  ところにおこっ  嬌声がおこっ  底におこっ  上気しておこっ  心持を、おこっ  ときにおこっ  下からほとんどおこっ  なかにおこっ  一つ一つばらばらにおこっ  うちにおこっ  素子は、おこっ  伸子は、次第におこっ  僕のおこっ  たびごとに、おこっ  ますから、おこっ  妻はおこっ  何時かもおこっ  方つづいておこっ  疑問もおこっ  事をおこっ  各地におこっ  内部から批判がおこっ  看守におこっ  焔を吹いておこっ  口添えによっておこっ  事がおこっ  爆発がおこっ  はやくも、いいあらそいがおこっ  機長の、おこっ  旺におこっ  炭がおこっ  カンカンにおこっ  首領がおこっ  炭火がかっかっとおこっ  変革がおこっ  ファシズムがおこっ  写実主義がおこっ  口から、大きなさけびがおこっ  一度におこっ  声々がおこっ  晩におこっ  林におこっ  音がおこっ  分裂がおこっ  いつものように、ほんとにおこっ  間に湧きおこっ  現実問題がおこっ  大風雨がおこっ  おごりにおごっ  真赤になっておこっ  議がおこっ  東市から火事がおこっ  文壇におこっ  大雷雨がおこっ  復古主義がおこっ  反響がおこっ  堀はおこっ  獅子がおこっ  毛を逆立てておこっ  食物におごっ  間におこっ  ライスくらいおごっ  彼女におごっ  もみの木は少しおこっ  怪音がおこっ  雷鳴がおこっ  機械人間はおこっ  様におごっ  様なかがやかしいおごっ  女王はおこっ  ことからもおこっ  たちはいよいよおこっ  下男が来て見ておこっ  一日ぷんぷんおこっ  はりがねをぷりぷりさせておこっ  のを見て、おこっ  りゅうりゅうと鳴らすくらい、おこっ  なにがおこっ  ものはおこっ  問題はおこっ  おれが行っておごっ  真面目な、やはりおこっ  犬はうんうんおこっ  福ちゃんがおこっ  若い男はひどくおこっ  関心もおこっ  山姥はおこっ  女の子がいないので、大そうおこっ  冗談じゃあるまいし、と少しおこっ  先生もたまげたりおこっ  裂けめがおこっ  幻覚さえおこっ  けが、おこっ  乳母や、おこっ  乳母やがこんなにおこっ  乳母やがおこっ  飛行島に巻きおこっ  あとにおこっ  次郎はおこっ  次郎さん、おこっ  二三ヵ所でおこっ  生徒は、おこっ  笑声がおこっ  独逸におこっ  煎餅でもおごっ  からかわれて、おこっ  奇跡がおこっ  時、おこっ  銛をうちこまれると、おこっ  課題がおこっ  重要視がおこっ  声が、おこっ  から人間がおこっ  それから象がおこっ  象がおこっ  とある料亭で向い合って、おこっ  運動場で遊んでいても、直に泣いたり、おこっ  インフレがおこっ  出来事がおこっ  ラターがおこっ  各所におこっ  私にがみがみおこっ  心は、おごっ  アにおごっ  ボースンはすこしもおこっ  タケノコメシをおごっ  面々のおこっ  鼻にかけようともしないで、おこっ  つもりからか、ぷんぷんおこっ  興味もおこっ  古島親子のおこっ  何をおこっ  めんどうなあらそいがおこっ  駕籠をおごっ  セーターなぞおごっ  お酒をおごっ  侍たちも大そうおこっ  嵐がおこっ  二枚もおごっ  男はおこっ  笑いがまたおこっ  不幸もおこっ  事件もおこっ  恋愛論がおこっ  朋輩におごっ  帝国銀行椎名町支店におこっ  私語がおこっ  異状がおこっ  太平洋戦争がおこっ  紳士がおこっ  から、おこっ  癇癪もおこっ  ときみたいにおこっ  紛糾がおこっ  脳貧血がおこっ  手紙を書いたら、気に入らなかったらしくておこっ  生理的におこっ  破壊がおこっ  人類社会におこっ  複合的におこっ  毎日不快でおこっ  自分をむき出して、おこっ  炭火のおこっ  響がおこっ  から痛みがおこっ  君さんはおこっ  たい子さんにおこっ  浅草をおごっ  反ファシズム人民戦線運動がおこっ  不幸がおこっ  諸々批判のおこっ  一部におこっ  ざっぱな発言がおこっ  事情もおこっ  旗上げもおこっ  ことのおこっ  コネティカット州でおこっ  信二郎はおこっ  おじさんはいつもおこっ  おかあさんがおこっ  心におこっ  館内でおこっ  異変がおこっ  真赤におこっ  



前後の言葉をピックアップ
小郷  越生  小古祖  おごそか  厳か  驕っ  奢っ  オゴッ  驕ら  奢ら


動詞をランダムでピックアップ
突き通るかわそ促す身ごも中ろのそみれとらわれるくっつこすり込む切り結ぶ取っ付く連れこむ屈し埋めよ広まらもぐり込め敬い明るむ引っ掻い
形容詞をランダムでピックアップ
せまくるしかっおとなしいつれなし大人しく騒騒しい切なし目出度し寒けれ手強けれ恥しからくさき強き目出度いもろいままし女々しく女らし有り難い情深くわざとらしい