「うろたえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うろたえ[動詞]
啓吉は益々うろたえ  驚き、そのうろたえ  それから主人はうろたえ  敵方は、すこしうろたえ  怪塔王はうろたえ  やり場にうろたえ  どこのうろたえ  人事係はうろたえ  廊下へうろたえ  眼色に、そのうろたえ  綱も少しうろたえ  火ッ気が流れてきて、うろたえ  極度にうろたえ  綱はうろたえ  啓之助もうろたえ  にわかに起こされてうろたえ  者のうろたえ  前に現われたといううろたえ  庄兵衛はうろたえ  注視がすわったので、そのうろたえ  何をうろたえ  闇にうろたえ  意気地もなくうろたえ  秘密をうろたえ  宅悦はうろたえ  伊右衛門はうろたえ  ここでうろたえ  砂けむりが、うろたえ  張英が、うろたえ  典韋もうろたえ  呂布は、うろたえ  恐懼して、うろたえ  やうなうろたえ  非常にうろたえ  道にうろたえ  矛よ、とうろたえ  私は、うろたえ  気が附きうろたえ  気がして、たいへんうろたえ  急にうろたえ  満座みな怪しみうろたえ  木村も感じてうろたえ  追いつめられて、うろたえ  ぼくは、うろたえ  ブレシントンは、うろたえ  万政はうろたえ  内官たちと共にうろたえ  前にはうろたえ  あいつ年が若いので、うろたえ  あたしはうろたえ  あきらかにうろたえ  彼は少しうろたえ  奴のうろたえ  姉は、すると、いよいようろたえ  男はうろたえ  地駄婆駄とうろたえ  簡単に皮肉られて、うろたえ  私は益々うろたえ  悲鳴をあげてうろたえ  僕は、うろたえ  僕はもう、うろたえ  馬子から言葉をかけられたので、少しうろたえ  死に際なんて来たらうろたえ  神尾を抑えたり抱えたりして、うろたえ  面と、うろたえ  電話にうろたえ  松倉十内がうろたえ  方がうろたえ  いたずらにうろたえ  面をしながら、うろたえ  ばかなうろたえ  客と知ってすこしうろたえ  男のうろたえ  浅田はうろたえ  どこかへ隠したいと思ってうろたえ  久美子のうろたえ  彼はうろたえ  道庵が突如として、うろたえ  合羽をかなぐり捨てて頻りにうろたえ  平馬は、すこしうろたえ  彼もが、うろたえ  からの、うろたえ  のも、うろたえ  熟睡中に来ても、うろたえ  旦那なるものの、うろたえ  不思議がっております、ビクビクしております、うろたえ  侵入者にいささかうろたえ  自分のうろたえ  南原杉子が、うろたえ  私はうろたえ  素振も、うろたえ  胆を消して、うろたえ  加奈子はうろたえ  消火にうろたえ  敵のうろたえ  明らかなうろたえ  情愛のうろたえ  大勢が唯うろたえ  久我は、なぜかひどくうろたえ  久我のうろたえ  亀はいよいようろたえ  急にまたうろたえ  親類どもがうろたえ  俄かにうろたえ  なかをくぐりぬけて来て、どううろたえ  公卿大将ばらは、うろたえ  彼女は初めてうろたえ  人々はいよいようろたえ  七に睨まれてさすがにうろたえ  藤吉はうろたえ  武器にうろたえ  申し入れにうろたえ  方が、うろたえ  長助はいよいようろたえ  ような、うろたえ  評議をするやら、うろたえ  一人がうろたえ  色を変えてうろたえ  お雪ちゃんはうろたえ  わたくしもうろたえ  ものがあると、うろたえ  顔になったが、うろたえ  気がして、うろたえ  それから船一杯にうろたえ  わたしがうろたえ  場合に臨んで、うろたえ  思想に心弱くうろたえ  彼は、うろたえ  チエちゃんは、うろたえ  視線が合えば、うろたえ  私は寧ろ少しばかりうろたえ  方でうろたえ  小寺政職だけのうろたえ  事にあたってうろたえ  父は、うろたえ  源兵衛もうろたえ  シムソンはうろたえ  だらしなくうろたえ  彼はひどくうろたえ  のにうろたえ  彼をうろたえ  焦点をなくして一層うろたえ  私をうろたえ  女優は全くうろたえ  背を起すと、うろたえ  ためかひどくうろたえ  アテもなくうろたえ  水平坑道でうろたえ  中をうろたえ  係長は思わずうろたえ  係長は益々うろたえ  顔をしながら、少からずうろたえ  前よりも一層はげしくうろたえ  兼輔はいよいようろたえ  臆病者のうろたえ  ようになってうろたえ  驚きを押さえ隠して、うろたえ  こっちはいよいようろたえ  彼もうろたえ  男もうろたえ  死に臨んでうろたえ  声をかけようとすると、うろたえ  想いにうろたえ  辺をうろたえ  ものが少しうろたえ  課長とは存ぜずにうろたえ  お越しにうろたえ  小沢をうろたえ  事のできなかったほどうろたえ  妙にうろたえ  燃え出して熱くなりましたので、うろたえ  青ずんだ女将が、うろたえ  女のうろたえ  気がついて、うろたえ  浜は、うろたえ  次郎もうろたえ  彼はかなりうろたえ  真正面からそう問われて、うろたえ  次郎は、うろたえ  次郎はうろたえ  次郎はいよいようろたえ  物もいい得ずただうろたえ  浜はうろたえ  自分もいくぶんうろたえ  玄竜はすっかりうろたえ  明らかにうろたえ  陣立てを見て、ひどくうろたえ  意味でうろたえ  次郎は、しかし、そうなっても、決してうろたえ  彼女はうろたえ  はいよいようろたえ  前へ進まず、うろたえ  喜乃は、うろたえ  なにをうろたえ  大納言はようやく、気付いて、うろたえ  三造をうろたえ  それからそのうろたえ  ようにうろたえ  右門は珍しくうろたえ  から、うろたえ  しか、さらにうろたえ  浪人者がうろたえ  時はうろたえ  にわかにおどろきうろたえ  逸品でござりますので、かくうろたえ  者ならば、少しうろたえ  んばかりにうろたえ  伝六がたちまちうろたえ  伝六のうろたえ  とき、おどおどとしながらうろたえ  いわくがあるとみえて、おどおどうろたえ  けさまたうろたえ  ゆえ、うろたえ  姿を見せて、うろたえ  虚をつかれて、うろたえ  オレは益々うろたえ  なんのうろたえ  腰元が、なにやらうろたえ  なにごとが起きたか、うろたえ  土色に青ざめて、うろたえ  それゆえ、うろたえ  しどろもどろに、うろたえ  ように、うろたえ  色を変えて、うろたえ  悲しみも、うろたえ  われ知らず声をたてながら飛びかかると、うろたえ  光子さんの、うろたえ  何かうろたえ  信吉はうろたえ  のであるが、それでも少しもうろたえ  小平太はうろたえ  千代子は、ややうろたえ  姉はうろたえ  のは、ひどくうろたえ  あたしはだいぶうろたえ  こっちがうろたえ  山本左右太は、案外、うろたえ  目をしたり、うろたえ  刑部は、うろたえ  眼が熱くなり、うろたえ  妙はうろたえ  館ではうろたえ  二人もうろたえ  二人もさすがにうろたえ  底にうろたえ  



前後の言葉をピックアップ
うろうろ  ウロウロウロ  ウロコ    ウロタエ  うろたえよ  狼狽える  うろたえる  うろちょろ  ウロツ


動詞をランダムでピックアップ
託し突き落とそ取りはからい反らし考へろひきずりまわす湛え飛ばせ移り変つかさどり投げ棄てる干からびる抱き起こし股がっつめこめ毒するとばさ振るっ並べ立て切り抜けれ
形容詞をランダムでピックアップ
ニガほいなくみずくさく激しくっ疚し悪賢い易き木深いあやしく堪え難いよんどころなし長かっかびくさく気味悪腹立たしき苦にがしく間遠く何気無くほしかっひょろながい