「うるん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うるん[動詞]
涙でうるん  聲は少しくうるん  睫毛はうるん  色のうるん  やうにうるん  まじへて、まじまじとうるん  あたりがうるん  茫とうるん  涙にうるん  傍に坐って、うるん  瞳がうるん  眼もうるん  瞼がうるん  ぼんやりとうるん  膚がうるん  木津川縁で、うるん  日がうるん  眼はうるん  星がうるん  声はうるん  何となく光がにぶくうるん  不意にうるん  いつか瞼にうるん  妙にうるん  彼女もそのうるん  おだやかなうるん  目はうるん  声がうるん  丘子は、うるん  泪にうるん  有勝ちなうるん  酒にうるん  さうとしてゐる、なるほどうるん  声もうるん  熱をこめてうるん  感情にうるん  蝶はうるん  眼がうるん  時のうるん  声はふとうるん  目の、うるん  茫然とうるん  不安にうるん  そうに、うるん  元はうるん  いるかはっきりしないで黒くてうるん  どこを見てゐるかはっきりしないで黒くてうるん  我知らずうるん  先輩ですが、いつも、うるん  老人のうるん  声を分ち、うるん  とりとうるん  底は、熱くうるん  眼が、うるん  汽船は、おっとりとうるん  雲はうるん  東京に帰ったうるん  東へ翔けるうるん  水鼻がうるん  どこかはっきりしないうるん  なにも言いえず、ただうるん  彼女は、うるん  ぬれたうるん  揺さぶり歩きながら、うるん  瞼は赤くうるん  天の川をうるん  しまはずに、うるん  みんなへんにうるん  ぢ翔ける、うるん  一文字にきりこまれていかにもうるん  ゆうべ碌々に睡らなかったらしく、紅くうるん  意気地なくうるん  文字清はうるん  男のうるん  久我も、うるん  睫毛のうるん  鉄も少し云い淀んでいるらしく、しばらくはうるん  一度はうるん  感傷を、あの黒くうるん  麗わしいうるん  ようにうるん  手をなでて見たりしっとりとうるん  中のうるん  檜山はうるん  さうに声もうるん  窓ガラスからはうるん  なつて、うるん  眼はおのずとうるん  千枝太郎もうるん  眼は、大きくうるん  薫りに酔ってうるん  急にうるん  女はうるん  上の空などは、あんまり青くて、光ってうるん  父親はうるん  空がうるん  夜のうるん  瞳はうるん  いろは、まだとろりとうるん  彼のうるん  医療器具棚に近づくと、そのうるん  びにうなづいて見せるその弱々しい、うるん  少い町一杯に輝いて、うるん  気持になってうるん  千世子も淋しいうるん  紫にうるん  緑色にうるん  ように、うるん  今日は、うるん  眼頭がうるん  キラキラ笑いにうるん  祥子がうるん  碧いそらをふわふわうるん  涼しい露が流れて、うるん  眼がおのずとうるん  時には、うるん  光は次第にうるん  眸がうるん  ために泣いてくれた、うるん  一生懸命、うるん  女性的にうるん  秋田生徒は、うるん  妙に深く、うるん  熱にうるん  灰色にうるん  目は優しくうるん  眼が熱くうるん  ちょっと涙にうるん  眼もふとうるん  何かうるん  褐色を帯びたうるん  タキシードを着、うるん  ピストルをとりだして、うるん  露にうるん  一種のうるん  目はやさしくうるん  眼も少しうるん  房子はうるん  まつげの長い、うるん  眼のうるん  かおになってうるん  瞳はぬれてうるん  一つひざにこぼしてうるん  瞬間、妖しくうるん  



前後の言葉をピックアップ
麗しく  うるわしく  麗しけれ  うるわしゅう  潤ん  ウルービノ  得れ  熟れよ  熟れ  うれ


動詞をランダムでピックアップ
ふりくらし着ぶくれおきかえる焼き払お帯しかじりつきふるわせる縮らす呼び覚まさ言いあわ崩れ落ちる紛れこむ詰まっいとなま慣らし挽け跳ねよまじる削ぎ見遣れ
形容詞をランダムでピックアップ
わざとらしからかよわい穢らわしいてばしこくけだかく鋭し気遣わしくうつくしきいかがわし古臭くっやにっこく細し手緩き上手い辛けれ浅黒く胸苦しくあたらき