「うつっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うつっ[動詞]
業にうつっ  奇麗にうつっ  手にうつっ  方へうつっ  筍生活から玉葱生活にうつっ  低空飛行にうつっ  眼にうつっ  目にうつっ  火艇へとびうつっ  上にうつっ  壁にうつっ  内部がうつっ  姿見にうつっ  浪にうつっ  姿がうつっ  光景がうつっ  のがうつっ  映画がうつっ  夜目にもしろくうつっ  ところがうつっ  岩天井にうつっ  あかりがうつっ  目にも段々心細くうつっ  空にもうつっ  鏡にうつっ  それがどんなに美しくうつっ  鐘にもうつっ  んにうつっ  がたがうつっ  顔がうつっ  鮮かにうつっ  こころにうつっ  うちにうつっ  彼女はうつっ  情がうつっ  それがうつっ  焔硝にうつっ  水にうつっ  光がうつっ  パネルによくうつっ  手から手へうつっ  硝子窓にうつっ  雪にうつっ  実行にうつっ  月がうつっ  あたりを横切ってうつっ  計画にうつっ  灯がうつっ  影がうつっ  真白にうつっ  真中に小さくうつっ  つぎからつぎへとうつっ  姿はどううつっ  星影がうつっ  白塀にうつっ  中にうつっ  湖面にうつっ  意見がうつっ  胸にうつっ  水面にうつっ  なかにうつっ  恐怖症がうつっ  流れにうつっ  過去のものとしてうつっ  ものがうつっ  スクリーンにうつっ  星がうつっ  ものもうつっ  宇宙塵はまだうつっ  密林とがうつっ  おかしいほどはっきりとうつっ  ガラス扉にうつっ  金星へうつっ  結核がうつっ  軽音楽と、うつっ  地下室住いにうつっ  いちばん母にうつっ  いちばんよくうつっ  方がはっきりうつっ  隣の部屋にうつっ  小川にうつっ  有様がうつっ  頭がうつっ  景色が、うつっ  旗が、ちらりとうつっ  外がうつっ  丸木艇が、うつっ  ように、うつっ  人影がうつっ  海にちらちらうつっ  写真にうつっ  水沢耶奈子とうつっ  文化にうつっ  全身がうつっ  顔にうつっ  映写幕にうつっ  いくつもうつっ  弧線をえがいてうつっ  屋根に飛びうつっ  背中のしばにうつっ  波にうつっ  斜めにうつっ  作者と同時にうつっ  次へうつっ  噴行艇時代にうつっ  位置にうつっ  相談にうつっ  作品研究にうつっ  工場から工場へと飛びうつっ  窓にうつっ  憑りうつっ  奇妙にうつっ  火にうつっ  郡部にうつっ  かなり大きくうつっ  がたまでがうつっ  火がうつっ  性根がうつっ  ようにはっきりとうつっ  常識にうつっ  いろいろにうつっ  文字がはっきりとうつっ  目にいたいたしくうつっ  自分にうつっ  頭へうつっ  山へうつっ  雪洞にうつっ  ようにうつっ  森蔭にうつっ  ここにうつっ  空き缶探しにうつっ  一しょにうつっ  築地へうつっ  もの珍しくうつっ  障子にうつっ  上へうつっ  意識にもうつっ  胸にぴったりうつっ  話にまでうつっ  飾窓がうつっ  ドレスとよくうつっ  頂上へうつっ  心がうつっ  天幕がうつっ  灯が赤く、重ったくうつっ  けが頭脳にうつっ  接近戦にうつっ  浮上にうつっ  潜航にうつっ  ダビットにうつっ  次から次へうつっ  祈祷にうつっ  天井にうつっ  いっぱいにうつっ  脳髄にうつっ  頭にまずうつっ  枝から枝へ飛びうつっ  灯がちらちらうつっ  布目がうつっ  とき眼にうつっ  地下街にうつっ  襲撃隊形にうつっ  影は、こう、急いでうつっ  灯にうつっ  影のうつっ  こころがうつっ  羽目にうつっ  ガラスにうつっ  板かべにいっぱいうつっ  時間のうつっ  頭にうつっ  一点にうつっ  調子がうつっ  岸に飛びうつっ  時代は、すばやくうつっ  笑いがうつっ  自動車がうつっ  非常に美しくうつっ  石垣にうつっ  かんびょうしていて、うつっ  事業一切神の手にうつっ  一部がうつっ  空にうつっ  家へ引きうつっ  東京にうつっ  問題にうつっ  作品にうつっ  小説にうつっ  民主主義にうつっ  豆蔵みたいにうつっ  人造人間の顔がうつっ  手へうつっ  みどり色にうつっ  顔が大きくうつっ  越智と並んでうつっ  霧にうつっ  工作にうつっ  硝子にうつっ  目にも正しくうつっ  そこにうつっ  幕面にうつっ  状態でうつっ  姿もうつっ  攻撃機編隊が、うつっ  山影がうつっ  林町からこっちにうつっ  こともありありと分って一層早くうつっ  裡にうつっ  近く近くあなたがすっかりうつっ  レントゲンにうつっ  林町へうつっ  生活にうつっ  犬はうつっ  魔法鏡にうつっ  全体へうつっ  労救へうつっ  手首がうつっ  指環もうつっ  手がうつっ  そのまま幕にうつっ  非常梯子にとびうつっ  屋根にとびうつっ  たき火にうつっ  地方へうつっ  下草にうつっ  感受性にパッと強くうつっ  土地へうつっ  かげがうつっ  がたが、はっきりとうつっ  反射鏡にうつっ  うつるようにうつっ  焔がうつっ  旧臣百五十七戸が引きうつっ  様子がうつっ  膳にうつっ  連続的にうつっ  二つの輪がうつっ  灯影にうつっ  望遠装置にうつっ  さっき望遠装置にうつっ  大量生産にはうつっ  ように小さくうつっ  ロケットがうつっ  それからそれへとうつっ  電子望遠鏡にうつっ  空がうつっ  重みがうつっ  水の上にうつっ  方へ漫然とうつっ  階級にうつっ  濡縁がうつっ  空地にうつっ  雲がうつっ  眼にもうつっ  川にうつっ  かすかにうつっ  街道にうつっ  提灯にチラチラうつっ  眼玉にうつっ  山姥はいきなりそのうつっ  ひぐらしもうつっ  緑色までうつっ  方法論にうつっ  説得にうつっ  地面にくっきりうつっ  なかにもうつっ  方にうつっ  額に飛びうつっ  直ちに潜航作業にうつっ  旋回飛行にうつっ  気持ちがうつっ  枝が黒くうつっ  不自然でなくよくうつっ  素朴にうつっ  辞にうつっ  みんなかべにうつっ  ポケットにうつっ  青めがねにうつっ  物理学にうつっ  レンズにうつっ  雲にうつっ  火のうつっ  小枝に飛びうつっ  画面いっぱいにうつっ  像がうつっ  後部がうつっ  受影幕にうつっ  像のうつっ  地面へうつっ  彼はよくうつっ  障子へうつっ  水へうつっ  これにうつっ  作家にうつっ  席にうつっ  調子が、すっかりうつっ  遥かに好もしくうつっ  日にうつっ  瞳にいぶかしく、うつっ  匂いがうつっ  水溜りにうつっ  赤がうつっ  予感がうつっ  どすがうつっ  直感にうつっ  はがゆい事ばかりがうつっ  さ猛烈さがうつっ  ものきっとうつっ  心にうつっ  潜水にうつっ  隅にうつっ  姿がまざまざとうつっ  歴史がうつっ  そちら側にうつっ  文科にうつっ  南京へうつっ  全面が実にまざまざとうつっ  影がくっきり黒くうつっ  頃ヴェニスへうつっ  風にうつっ  頁にうつっ  影もうつっ  明瞭にうつっ  亢奮がうつっ  そのままにうつっ  寝台がうつっ  時にたいそうよくうつっ  女はうつっ  自分たちにうつっ  床屋でうつっ  足にもうつっ  臭いがうつっ  貧民区へうつっ  伊代がうつっ  火がわら束にうつっ  ななめになってうつっ  映写幕にもはっきりとうつっ  さにうつっ  目にはうつっ  宇宙がうつっ  塊がうつっ  時刻はうつっ  ニキビが、よくうつっ  



前後の言葉をピックアップ
写そ  移そ  映っ  写っ  移っ  うつつ  打つ手  宇都野  宇津宮  宇都宮


動詞をランダムでピックアップ
かすめ取ら数え上げるつかまつっ憎めるよわまっ悔改め永らえるふてくさりおとなわたまら塞げませるぼけよ欺き掛合わ釣り上げる捨てん成り立ちふきぬけ
形容詞をランダムでピックアップ
くらけれあぶなっかしく悔しけがらわし有り難う柔らかきすくなけれ熱苦し人恋しい忌々しいいたき重々しうつくしき畏けれ痛いたしいうらやましうら悲しくはかなけれ擽ったく残惜しかっ