「うっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うっ[動詞]
鼻をうっ  われわれをうっ  んと、ずうっ  土をうつ  手をうっ  柳をうっ  阪井がうっ  両手をぴしゃりとうっ  胸をうっ  いままでとうっ  水をうっ  銅鑼をうっ  不審をうっ  モールス符号をうっ  狂言をうっ  舌鼓をうっ  会はうつ  仇をうっ  寝返りをうっ  球をうつ  ことがあっても、うっ  タイプライターでうっ  透明なかべをうっ  こっちをうっ  上にうっ  とつ弁とはうっ  いくら注射をうっ  動悸をうっ  三時をうっ  森を抜けてずうっ  あやしい網がぐらぐらゆれながらずうっ  網のずうっ  一列にずうっ  頭をずうっ  まっ白でずうっ  掌をうっ  知識人をうっ  町をうっ  胸をうつ  末弟は、ぶうっ  寝返りをうつ  向こうは、ずうっ  向こうまで、ずうっと、ずうっ  から、うっ  白沢をずうっ  しまわりをずうっ  柏手をうつ  貴様のうっ  ピストルをうっ  たしかに電文をうっ  電機でうっ  無電をうっ  機銃でうっ  機関銃をうっ  無線電信をうっ  小浜兵曹長がうっ  さかんにうっ  磁力砲をうっ  まちがいなくうっ  自分でうっ  降参しないでうっ  こっちから磁力砲をうつ  足あとはなるほどずうっ  蜜柑山がうっ  ときちょっと頭をうっ  根くずれさせてうっ  畳へうっ  ままにうっ  前へうっ  山へうっ  態度とはうっ  ひだをうっ  下にうっ  よう相槌をうっ  午後十二時をうっ  鉄砲をうつ  心をうっ  井沢郡から代議士にうっ  日さまさえ、ずうっ  句点をうっ  鼓膜をうっ  から、しばらくたって、ずうっ  鉄釘をうっ  顔をうっ  綱がうっ  上に、うっ  さをうっ  そこにうっ  方へ、うっ  そこから頂がずうっ  はりそのずうっ  眼をうっ  脳天をうっ  二つ続け様にうっ  銘をうっ  打をうっ  相槌をうっ  横手をうっ  膝をうっ  合槌をうっ  手をうつ  腹鼓をうつ  駕籠立場まで来て、むこうっ  一緒にうっ  動悸さえうっ  脈をうっ  耳をうっ  地ひびきをうっ  タイプライタアをうっ  頭をうっ  申込もうっ  大地をうっ  心をもうっ  胸にうっ  全身にうっ  二重丸をうっ  そのままずうっ  手にせられると、ずうっ  水をうつ  仇敵をうっ  注射をうっ  なかでも、ずうっ  野原のずうっ  水に入れて呑んでいましたら、ずうっ  ように青く見え、ずうっ  横翻筋斗をうつ  動悸がうっ  銃をうっ  誰かをうっ  ピストルでうっ  うちだから、わざと寄らせてうっ  約束でうっ  おかみさんにはうつ  山のずうっ  ひとつもんどりをうっ  波をうっ  碁をうっ  紅はうっ  ためタイプライターをうっ  雪崩れをうつ  脚をつかまえられて、けたたましく啼いたり羽ばたきをうっ  林のずうっ  腹をうっ  松林のずうっとずうっ  昨日よりは又ずうっ  寢がへりをうつ  攻撃にうっ  番号がうっ  身命を投げうっ  目を細めてながめていたが、うっ  シアトルでうっ  ドイツもずうっ  打撃をうけてもっどりうっ  の涼しい天気に成ったので、ずうっ  猛獣に乗ってとうっ  さとはうっ  麻雀をうっ  耕作トラクトル工場見学に行って、ずうっ  席へうっ  始末などしてずうっ  さっきよりずうっ  河がずうっ  喜びようっ  鎚をうっ  地響きをうつ  襞をうっ  とんぼ返りをうっ  横腹をうっ  前を通り過ぎると、うううっ  三時とうっ  七時とうっ  四時をうっ  四時をぬかしてうっ  五時をうっ  八時をうっ  早足で、つつうっ  お前もうっ  えりをうっ  ガス砲をうっ  通りちゃんと四時をうつ  ガス砲をうつ  床にうっ  ぼうううっ  世界戦争に、うっ  表札がうっ  時間をずうっ  脇腹をうっ  それからずうっ  家がずうっ  鼻づらをずうっ  一緒にずうっ  今度ずうっ  気象台をずうっ  方がずうっ  方のずうっ  かきねのずうっ  たてがみに、うっ  相槌をうつ  たてがみへうっ  蛇をうっ  返電をうっ  二時をうっ  上私を持って行こうっ  情がうつ  一番若い胸をうつ  別嬪ばかりずうっ  兼ちゃんが思い切ってずうっ  彼方へ又ずうっ  四人もずうっ  寄集り、ずうっ  玄関口から案内もなくずうっ  先手をうつ  十時をうっ  一本、ずうっ  方で、ごうっ  罎がずうっ  のじゃ、いおうっ  舌つづみをうっ  標題をうっ  何よりもようっ  昼間とはうっ  小松原は、ずうっ  先刻鼓膜をうっ  老人を狙いうっ  のずうっ  猫の嬉しがりようっ  金具がうっ  銘がうっ  いま、うっ  得々とうっ  電報をうっ  静脈へうつ  注射をうつ  床をうっ  信号呼出をうっ  植物養料がずうっ  防火線もずうっ  それさえずうっ  大内がずうっ  滝までずうっ  ここがずうっ  それさへずうっ  裏にうっ  題名がうっ  釘をうっ  寢返りをうつ  空魔艦からうっ  白熊をうっ  僕をうつ  変りようっ  それ以来ずうっ  あいの手をうつ  目をうつ  太鼓をうっ  太鼓をうつ  ボールをうつ  心をうつ  であるそうだが、ずうっ  者か、でなければずうっ  ほうがずうっ  昨日からずうっ  腰線もずうっ  ところをうつ  波をうつ  無電をうつ  ことは、ずうっ  マルセーユから電報をうつ  沙がずうっ  僕のうっ  魚をうっ  なだれをうっ  ざまにうっ  四方八方から銃でうっ  頬をうっ  自ら小鼓をうっ  伸子をうっ  腰をうっ  頭文字がうっ  釘をうつ  中に、ふと、ごうっ  でんぐり返しをうつ  相づちをうっ  貰はうつ  時計がうつ  一座をずうっ  層がずうっ  うちだんだん川にもなれてきて、ずうっ  うちだんだん川にもなれて来て、ずうっ  碁をうつ  電車がごうっごうっ  君から注意したらよかろうっ  電報をうつ  下で、ずうっ  奥の、うっ  植物がうっ  五六疋、湿っぽいはなづらをずうっ  ものをうっ  箸を投げうっ  柏手をうっ  私をうっ  終止符をうっ  二階からずうっ  高台からずうっ  時間ずうっ  鼓動をうっ  地響をうっ  扉をうっ  門標のうっ  鼻を強くうっ  最近までずうっ  図番号をうっ  先手をうっ  大砲をうっ  あいづちをうっ  腹鼓をうっ  えりをうつ  六時をうつ  ゆうべ電報をうっ  風やずうっ  銛をうっ  自分をうっ  こころをつよくうっ  外国をうっ  いやというほどうっ  何者が、うっ  ピストルなんか、いつもぽんぽんとうっ  肩をうっ  私たちをうっ  救難信号をうっ  脾腹をうっ  皿が、ずうっ  戸前をうっ  蒼白のうっ  太鋲のうっ  十二時がうつ  トタン屋根をうつ  三時がうつ  四時がうつ  昨夜から、ずうっ  ところ、ずうっ  十一時をうっ  往来止めだぞうっ  碁などうっ  死のうっ  かぎり覘いうっ  丁度十二時をうつ  直ちに電報をうっ  忠明のうっ  それから八時がうっ  九時がうっ  者がうっ  外へ出ようっ  合槌をうつ  正季どの、行こうっ  四人をうっ  とんぼがえりをうっ  やだようっ  からお淋しかろうっ  逆蜻蛉をうっ  六時がうっ  時計を見ていましたら、ずうっ  一つ飛んで来ましたけれども滑ってずうっ  点点をうっ  すり耗らされてずうっ  岸のずうっ  天の川のずうっ  地にうっ  ことには、一旦うっ  六時がうつ  ぱいはげしく胸をうつ  一つ飛んで来ましたけれどもすべってずうっ  点々をうっ  風の音にすりへらされてずうっ  星がずうっ  万里の長城みたいに、ずうっ  楔をうっ  それからあっしも呆れて情なくなって、ずうっ  早池峰はもやの向ふにねむりずうっ  てゐますずうっ  うえをぴしりとうっ  鉄砲でうっ  邦文タイプライタアでうっ  毎晩博奕をうつ  雪崩をうっ  骨をうっ  列を乱しもせずにうっ  伴れたままずうっ  屑屋あい、掴めえろようっ  横を通ってずうっ  熔岩がんきらきら流れ出して、見るまにずうっ  それからごうっ  小鳥をうっ  のんでかかろうっ  顔を見ていましたが、ずうっ  弓をうつ  定紋をうっ  庭いっぱい、うっ  麦のはぜがずうっ  ぢずうっ  十町もずうっ  はじめて手をうっ  電信をうっ  電信をうつ  芝居をうっ  藁をうつ  服装とはうっ  ことざえ、凍えてうっ  その間ずうっ  十二時をうっ  んだ、では、これからずうっ  くしをうっ  僕がうっ  方から取ろうっ  二人だけがうっ  一つ布地で買おうっ  中日月我れを投げうつ  拳をうっ  蹄鉄をうっ  朝子をうっ  新たにうつ  君がうつ  丹念にうつ  公判をずうっ  鶫をうっ  軍艦から大砲をうっ  大砲をうつ  北の方へずうっ  激して、どどうっ  大浪のどどうっ  岸にどどうっ  名をうっ  宙返りをうっ  秋花を軽くうっ  感受性にうっ  わたしは、ひどく、こしをうつ  油なんかうっ  そうにうっ  南のずうっ  一篇に組みうっ  大岩壁を超えると、うっ  コンクリートをうっ  めをうっ  十二時十五分まえをうっ  芝居をうつ  月形半平太をうっ  のか、ごうっ  人々をうっ  電報なんかうっ  めちゃくちゃにうっ  石をうっ  前のめりにうっ  蜿蜒をうっ  あいだずうっ  そのまま、うっ  番号のうっ  板をへし折るほどからだをうっ  しげみなどをうっ  人をうつ  番号がうつ  野原に居たかったら居てもいいからずうっ  どっちから来たらうっ  からずうっ  豊を連れて来うっ  ここにずうっ  縄をうつ  きっかけでうっ  耳をうつ  それから、ずうっ  くらべるとずうっ  ほうは、ずうっ  綺麗にうっ  全文タイプでうっ  一命を抛うっ  新手をうつ  相手がうっ  点をうっ  オクスリヲヨクメシアガレとうっ  から、ずうっ  ことはずっと、ずうっ  吾知らずぞうっ  今六時がうつ  自分をうつ  鳴りをうっ  動悸がはげしくうっ  墓標をうっ  ナワをうっ  のしちまはうっ  頭をがんがんとうっ  自分に代ってうっ  味方をうっ  弾丸をうっ  一発もうっ  向うがうっ  機銃をうっ  ベッドにうっ  胸を強くうっ  上はうっ  鉄砲をうっ  ほおをうっ  心を強くうっ  ねっしんにうっ  読者をうっ  仇はうっ  翼を悠々とうっ  向うから先手をうっ  底鳴りをうつ  机にうっ  一点朱点をうっ  きゅうにうっ  その間をぬって、ごうっ  園丁とはうっ  腹皷をうっ  机をうつ  維持員名簿をうっ  綿入れにもうっ  延び、ずうっ  飛石に投げうつ  新学期からずうっ  別荘をうっ  下におろうっ  時に遣ろうっ  様子もうっ  私はほとんどずうっ  目とをうっ  気持もずうっ  こんちきしようっ  川師だぞうっ  人権じうりんだぞうっ  のは、ずうっ  背丈までがずうっ  天井から落ちてずうっ  男がうっ  満場水をうっ  御飯ですようっ  汝も早う降りて来うっ  もう一度寝返りをうっ  父ちゃんが帰ったようっ  いじめられているようっ  三時をうつ  気が短いや、うっ  小銃をうっ  SOS信号をうっ  軍艦がうっ  日本軍艦のうっ  タイプをうつ  仕事だぞうっ  馬鹿ようっ  巨木が、ごうっ  門をうっ  何度もねがえりをうっ  卑怯だぞうっ  ご飯だようっ  んだようっ  僕も行かないようっ  艦橋をうっ  鼓膜をうつ  合鎚をうっ  今朝とはうっ  どらをうつ  説明がうっ  兎をうつ  猟銃をうつ  葉ちゃんと遊ぼうっ  様子とはうっ  今までとはうっ  逃げをうっ  かえるぞうっ  むだ玉をうつ  拍手をうっ  風間老人までが、うっ  他人が来ると、うっ  鼓をうっ  跳上り動悸をうつ  碁ばかりうっ  ふたつ点をうっ  食料品をうっ  ピストルをうつ  船首をうっ  一番銛をうっ  心臓がどきんと大きくうっ  動悸をうつ  調子とはうっ  膝を、はたとうっ  本文をうっ  方がうっ  句読点をうっ  大陸のずうっ  イツーリからずうっ  鳥をうっ  様にうっ  まま僕は、ずうっ  住居にうつ  列を、ずうっ  少年時代からずうっ  どこかずうっ  加納五兵衛がうっ  手裏剣をうっ  人のうっ  手裏剣をうつ  ブラブラ油をうっ  椎骨をうっ  クギをうっ  油をうっ  角平がねがえりをうっ  加滅相槌をうっ  倒に投げうっ  床をうつ  額にうつ  ばいをうっ  手を貸してやろうっ  腰繩をうつ  窓がずうっ  にわかにがらりとうっ  十二時をうつ  九時をうっ  以前とはうっ  番号をうっ  茶番をうっ  事実はうっ  からだがずうっ  雪ずきんをかなぐりすてると、うっ  女だてらにばくちをうつ  ものにしようっ  道にうっ  ぐできばえに不審をうっ  庭にうっ  方からずうっ  野原をずうっ  道なりに長々とうっ  お前がうつ  造酒はやにわにうっ  娘はうっ  四年まえとはうっ  ぐあい、うっ  元気とはうっ  膝をうつ  ヒロポンをうつ  腹背なんかうっ  ものがうっ  額をうっ  前とはうっ  感じでうっ  姿がうつ  まま、ねがえりをうっ  決心して、うっ  十時をうつ  三百万単位ずつうっ  ビタミンをうっ  懇意であるらしく、うっ  目をうっ  一年からずうっ  調子にうっ  灯を点して見せて貰ったら、ずうっ  SOSをうっ  無電はうっ  のなら、早くうっ  はじめにうっ  それからこっちずうっ  のを迎えうっ  仕事など出来ない、単なるむこうっ  真情がうっ  まんまボーとしていてうっ  スットンと滞らずうっ  脈搏をうっ  七時をうつ  華盛頓を通って、ずうっ  銘をうつ  面をうっ  タイプをうっ  縁をずうっ  その間もずうっ  方を見ると、ずうっ  これから先ずうっ  ために、ずうっ  グレイロック山にくらべても、まだずうっ  方まで、ずうっ  たか知りませんが、とにかくずうっ  波がうっ  金のうっ  午後からずうっ  子になろうっ  観客をうつ  悪手をうっ  空のずうっ  雪狼どもは、ずうっ  尻をうつ  ウいっ、待てようっ  類いを数多く並べてうっ  調子でどうやらこうやらずうっ  ねこで、うっ  顔がうつ  飴をうつ  紹介状をうっ  目がくさって、うっ  こと寝がえりうっ  いっさい投げうっ  菜の花だけを生けようっ  讐をうっ  垂下って、ずうっ  顔を強くうっ  手拍子をうつ  豚をうっ  片側にずうっ  浪をうっ  悔みとをうっ  御飯をずうっ  朝からずうっ  公電をうっ  最後にうっ  返事をうっ  ギンネコ号は、いぜんとはうっ  角でうっ  きのうとはうっ  めちゃくちゃにはやくうっ  悪魔星にはうっ  



前後の言葉をピックアップ
うち群れ  うち連れ  ウヂヂ  ウヂャウヂャ  討っ  打つ  射っ  売っ  うっかり  うっかり


動詞をランダムでピックアップ
架せしゃぶろ埋め合わさでなおしささげろ追掛けふるいたち喰らいすがりつかわだかまっ引つれ抜きゃ乗りだす探せ汲みしずめる思ふ踏破るうんくさろ
形容詞をランダムでピックアップ
心細けれ馴れ馴れしい遽しきかまびすしく血腥やわいあたたかくっ固けれつらけれみづらやり切れなく塩っぱくおそしくどき弱々しく気高い激しけれ清清しい等しいやりきれなかっ