「うけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ うけ[動詞]
変化をうけ  月をうけ  取調べをうけ  変質をうけ  鮮人から報謝をうけ  自然にうけ  制約をうけ  御馳走をうけ  まともにうけ  身は又と再びうけ  供養をうけ  それは引きうけ  刺戟をうけ  花をうけ  たよりをうけ  朝日をうけ  ぼくが引きうけ  僕が引きうけ  役を引きうけ  灯をうけ  学生などがうけ  手紙をうけ  戦禍をうけ  虐殺をうけ  火をうけ  陽光をうけ  壊滅をうけ  日光をうけ  出迎へをうけ  作品が生れはじめ、またうけ  文部省のおほせをうけ  命をうけ  一切引きうけ  灯かげを次々とうけ  太平記を借りうけ  咎めをうけ  お預けをうけ  真面目にうけ  重恩をうけ  ことばをうけ  すじのとりしらべをうけ  命令をうけ  そこに待ちうけ  討伐飛行隊よりうけ  言ひだして、うけ  取次をうけ  一切俺が引きうけ  認可をうけ  扱いをうけ  刃をうけ  診察をうけ  指導をうけ  めぐみをうけ  指示をうけ  災害をうけ  松のうけ  一つのうけ  以外に、うけ  それを読み、うけ  運命にうけ  検挙をうけ  傷をうけ  質問をうけ  批判をうけ  光をうけ  密通して、まうけ  舟をうけ  盥舟までうけ  落日をうけ  掌にうけ  待遇をうけ  それを引きうけ  脇腹の撓みにうけ  用向きをうけ  贈り物をうけ  名刺をうけ  祝福をうけ  教育をうけ  隨分影響をうけ  円頓戒をうけ  本性にうけ  教えをうけ  生をうけ  法義をうけ  言葉をうけ  協力をうけ  死によってうけ  此はうけ  場合にも、うけ  鷺をうけ  木の葉をうけ  注意をうけ  杯をうけ  阿呆になって真にうけ  介抱をうけ  治療をうけ  追跡をうけ  風をうけ  二つ三つ傷をうけ  危害もうけ  打撃をうけ  安二郎がうけ  ことだけ考えれば、どうせうけ  印象をうけ  軒下三寸を借りうけ  ところを待ちうけ  意志をうけ  譴責をうけ  療治をうけ  掠りをうけ  者とはうけ  今夜だけ、借りうけ  今夜だけ借りうけ  雨をうけ  陽をうけ  縛めをうけ  それをうけ  恩義をうけ  顔にうけ  旨をうけ  口伝をうけ  赤ん坊をうけ  レッスンをうけ  一年半レッスンをうけ  それを真にうけ  運命のうけ  嬉笑をうけ  戀をうけ  僕のうけ  取り調べをうけ  これを引きうけ  感じをうけ  ようにうけ  堅信礼をうけ  のろいをうけ  空襲をうけ  先生達のうけ  どれだけうけ  指令をうけ  爆をうけ  賞をうけ  世人のうけ  仕送りをうけ  俺が引きうけ  感覚からショックをうけ  自ら洗礼をうけ  孫四郎はうけ  閉ぢて決してうけ  共鳴してうけ  非難をうけ  個人教授をうけ  その後をうけ  ハイハイとうけ  事すら余り見うけ  人もつゆ思ひまうけ  女を待ちうけ  明りをうけ  不意うちをうけ  好評をうけ  一般識者達から批判をうけ  批難をうけ  常識にうけ  掣肘をうけ  辞令をうけ  衝撃をうけ  人に頼んで借りうけ  投影をうけ  作品をうけ  自分たちのうけ  過重評価をうけ  影響をうけ  お金をまうけ  光線をうけ  中に待ちうけ  顎から逆にうけ  綱を申しうけ  将軍自身のささやきをうけ  本則をうけ  客房を借りうけ  衝動をうけ  お召状をうけ  秘命をうけ  使者をうけ  墨付までうけ  血をうけ  横にうけ  多分にうけ  僕等が借りうけ  右左にうけ  訓育をうけ  叱責をうけ  束縛はうけ  太股へうけ  下郎に渡すと、うけ  巧みにうけ  報謝をうけ  印可をうけ  夕月をうけ  厳命をうけ  一部分をうけ  支持をうけ  恩寵をうけ  理解をうけ  金をまうけ  易々とうけ  櫛をうけ  自分のうけ  委託をうけ  ことを真にうけ  判決をうけ  一つ一つ袋をうけ  酒樽をうけ  門から訪れをうけ  たしかに引きうけ  儀をうけ  到着とうけ  嘉納をうけ  塵をうけ  お改めをうけ  背にうけ  ヒントをうけ  脅威をうけ  プロレタリア文学理論をうけ  変革をうけ  身にうけ  直接にうけ  勝名のりをうけ  わしが引きうけ  額でうけ  ひとつ引きうけ  アコ衆、引きうけ  訪問をうけ  先生は、すぐ真にうけ  殿のお叱りをうけ  積荷しらべをうけ  刑罰をうけ  目礼をうけ  頼みは引きうけ  船宿から借りうけ  おれが引きうけ  木曾路でうけ  提灯をうけ  御意もうけ  お世話はうけ  翳をうけ  月光をうけ  あとをうけ  圧迫をうけ  から朝日をうけ  僕をうけ  僕はうけ  日をうけ  世話で譲りうけ  指図をうけ  刀をうけ  頼み刀をうけ  義理合いをうけ  飛脚をうけ  縛をうけ  監視をうけ  渡しもせず、うけ  役割を引きうけ  何のうけ  夏期講習をうけ  から知らせをうけ  かすり傷をうけ  傷さえうけ  さばきをうけ  父祖食禄をうけ  保護をうけ  警報をうけ  毒をうけ  ように見うけ  襲撃をうけ  地球の重力をうけ  痛みをうけ  礼をうけ  かば、つねに申しうけ  懲罰をうけ  家宅捜査をうけ  上意をうけ  態度でこの申出をうけ  侮辱をうけ  敵をうけ  取扱ひをうけ  未来とをうけ  大地は一応うけ  気軽にうけ  猪口をうけ  真正面にうけ  反射をうけ  注射をうけ  一切を引きうけ  報いをうけ  処方をうけ  ショックをうけ  役目を引きうけ  調べをうけ  処刑をうけ  裁判をうけ  訓戒をうけ  隠士から伝授をうけ  呪いをうけ  フルマイをうけ  勧告をうけ  依頼をうけ  脱走直後誰何をうけ  誰何をうけ  許しをうけ  洗礼をうけ  眞にうけ  自動車を待ちうけ  被害をうけ  風かとばかりにうけ  マルクシズムをうけ  立川国警から電話をうけ  そのものとしてうけ  差別をうけ  絆をうけ  斜にうけ  伝授をうけ  様にするからとうけ  捺印をうけ  ものとしてうけ  経済機構から板ばさみをうけ  金をうけ  籠釣瓶をうけ  執筆禁止をうけ  発表禁止をうけ  問いさえうけ  ものをうけ  作家たちのうけ  からソヴェト小説を、とうけ  毎日出版文化賞をうけ  打擲をうけ  使命をうけ  威圧をうけ  お誘いをうけ  領下にうけ  勅令をうけ  朝命をうけ  馬上でうけ  命令を、おうけ  持主から譲りうけ  前髪にうけ  取扱をうけ  訓令をうけ  大破をうけ  任命をうけ  注意が一度うけ  栄養をうけ  尊敬をうけ  殲滅とをうけ  しずかに待ちうけ  手当をうけ  鼻にうけ  朝廷から密詔をうけ  密勅をうけ  密詔をうけ  通過を待ちうけ  怒りをうけ  傷手をうけ  詔をうけ  痛手をうけ  さしずをうけ  敗報をうけ  身をうけ  充分にうけ  勘気をうけ  鞭をうけ  感覚をうけ  箭をうけ  特殊教育をうけ  秋川から仕送りをうけ  勘当をうけ  のを待ちうけ  イナウをうけ  試練をうけ  刺げきをうけ  ものでありながらはなれがたいなつかしみをうけ  私はうけ  知らせをうけ  批評をうけ  一寸はうけ  きれいな刺撃をうけ  気持をうけ  霊威をうけ  事すべてを引きうけ  密旨をうけ  指図はうけ  国土にうけ  直感をうけ  奇襲をうけ  庇護をうけ  損害をうけ  恥をうけ  縄目をうけ  迫害をうけ  守備をうけ  君命をうけ  縁談をうけ  善言をよくうけ  人々がうけ  反撃をうけ  却ってそのままにうけ  型、をうけ  タヴレツトをうけ  仕立物も引きうけ  帰りを待ちうけ  鉄拳制裁をうけ  娘にうけ  辱をうけ  神妙に叱りをうけ  万歳をうけ  お召しをうけ  もの顔にうけ  一盞をうけ  遺産をうけ  嘲笑をうけ  大軍を借りうけ  使いをうけ  曹操から恩禄はうけ  張飛から策をうけ  恩をうけ  迎えをうけ  朝廷から恩爵をうけ  祭をうけ  秘勅をうけ  露霜をうけ  言葉を真にうけ  素直にうけ  哀愁をうけ  インテリゲンツィアとしてうけ  九年前にうけ  無表情で、うけ  款待をうけ  像をうけ  胎養をうけ  悪政の酬いをうけ  刀傷をうけ  軽蔑をうけ  大手術をうけ  君がうけ  好意だけをうけ  白眼視をうけ  恩遇をうけ  書簡をうけ  印綬をうけ  勅をうけ  遺書をうけ  四方から焼打ちをうけ  恐怖をうけ  敏感にうけ  風化をうけ  うたがいをうけ  篝火をうけ  侵入をうけ  攻撃をうけ  業をうけ  基業をうけ  御身が譲りうけ  誰のゆるしをうけ  一矢一石をうけ  強襲をうけ  創業をうけ  むねをうけ  巷説を真にうけ  託をうけ  周瑜から密命をうけ  品々をうけ  隆鼻手術をうけ  爆撃をうけ  閉門をうけ  宿を引きうけ  相談をうけ  好誼をうけ  見送りをうけ  歓迎をうけ  家から安く譲りうけ  感銘をうけ  忠告をやわらかくうけ  ためにうけ  歡呼をうけ  立派にうけ  兵符をうけ  矢をうけ  丞相を待ちうけ  賀をうけ  むかし曹操よりうけ  下知をうけ  早馬をうけ  大へんな敬いをうけ  おゆるしをうけ  君命もだし難く、一応おうけ  善意をもつてうけ  面倒を引きうけ  甘言をうけ  刺殺せんと待ちうけ  信をうけ  君から命をうけ  恩爵をうけ  禍いをうけ  栄をうけ  兵一万余騎を併せうけ  交渉をうけ  潰滅をうけ  指揮をうけ  王位をうけ  上機嫌でうけ  厚恩をうけ  憂き目をうけ  拝賀をうけ  訊問をうけ  玉璽をうけ  南蛮から援軍に借りうけ  歓待をうけ  大任をうけ  満身にうけ  たしかに心にうけ  ものを貰いうけ  感情をうけ  ことは真にうけ  二さんが引きうけ  呼びだしをうけ  質問はうけ  返事をうけ  ことと真にうけ  一人で引きうけ  ときにうけ  一喝をうけ  方向でうけ  到来としてうけ  統治をうけ  みな大敗をうけ  報をうけ  寵をうけ  外にうけ  一敗をうけ  嘱をうけ  撃攘をうけ  兵をうけ  信寵をうけ  これを譲りうけ  ことを引きうけ  因果をうけ  ことを本当にうけ  横谷たちがうけ  自身のうけ  叙位をうけ  時代をうけ  報告をうけ  アナウンスを待ちうけ  膳をうけ  童心にうけ  一身にうけ  蝋涙をうけ  来訪をうけ  啓示をうけ  世界中の嘲りをうけ  愛情をうけ  みをうけ  散々教授をうけ  平静にうけ  自分を待ちうけ  私のうけ  仮定をうけ  祓ひをうけ  余波をうけ  陽りをうけ  通知をうけ  援助をうけ  夕陽をうけ  制裁をうけ  しろから陽をうけ  直撃をうけ  会におまねきをうけ  ふたりは、おまねきをうけ  ょうだんをいったのを真にうけ  日本画壇がうけ  いま一度陸にうけ  黒島でうけ  誤解をうけ  許可をうけ  猛撃をうけ  無電をうけ  臨検をうけ  玉代をもらいうけ  まり被害をうけ  検診をうけ  これが、うけ  融通をうけ  何秒かもうけ  診断をうけ  招待をうけ  のを真にうけ  薄雲太夫が真にうけ  戦災をうけ  戦火をうけ  民間信仰をうけ  信用をうけ  罵倒をうけ  授業をうけ  破壊をうけ  節信はうけ  西日をうけ  ムネをうけ  神罰をうけ  憎しみをうけ  難民たちが引きうけ  本などを貰いうけ  諸家から招請をうけ  兵火をうけ  電撃をうけ  印可皆伝をうけ  一撃をうけ  天流斎のうけ  恩恵をうけ  のをうけ  来襲をうけ  親切としてうけ  様にうけ  後をうけ  君は、引きうけ  損失をうけ  兇刃をうけ  地理的感化をうけ  試験をうけ  人が引きうけ  他殺をうけ  感動をうけ  言葉でうけ  氣をうけ  戦報を待ちうけ  手にうけ  船長とかなんとかを引きうけ  たしかに、引きうけ  蛇毒をうけ  おれのうけ  地金屋から菰づつみのあら鐘をうけ  順々にうけ  水をうけ  腕を譲りうけ  波をうけ  訓練をうけ  ところにすりきずをうけ  大盤ぶるまいをうけ  尻を持って行っても、うけ  重傷をうけ  追撃をうけ  急追をうけ  生を、うけ  素質をうけ  運命をうけ  制限をうけ  講義をうけ  損傷をうけ  文化教育をうけ  真にうけ  やうにも見うけ  見舞いをうけ  やうに見うけ  愛撫をうけ  接吻をうけ  彼から叱責をうけ  傷害をうけ  一般にうけ  花びらをうけ  指名をうけ  訪れをうけ  慈愛をうけ  ものをもらいうけ  人からどんなに侮りをうけ  かいをうけ  恩沢をうけ  無能力者である軽蔑をたえずうけ  言葉とうけ  苦痛をうけ  山から貰ひうけ  戦争中にうけ  保障をうけ  彼を待ちうけ  女のうけ  おだやかにうけ  密報をうけ  愛人である青年のうけ  文学にうけ  父のうけ  人間心情にうけ  肩にうけ  句をうけ  直後をうけ  常識観念のうけ  貫通銃創をうけ  人から恩をうけ  あるじがもらひうけ  激動をうけ  問をうけ  頤でうけ  刑をうけ  一面にうけ  支配をうけ  影をうけ  弁護士試験をうけ  のを譲りうけ  殊に會話のうけ  百名づつの足軽を借りうけ  朝露をうけ  げきをうけ  ひとりでうけ  夕風髮にうけ  ため夜間追跡をうけ  脅迫をうけ  それをもらいうけ  捜査本部の取りしらべをうけ  電信をうけ  一行を待ちうけ  招きをうけ  満々とうけ  非常にうけ  註文をうけ  私のよろこんで引きうけ  教訓をうけ  世話をうけ  侵略をうけ  前をうけ  印象はうけ  感じでうけ  一番球をうけ  日射しをうけ  嫌疑をうけ  表情も、お見うけ  味取でうけ  一銭をうけ  まり見うけ  葉をうけ  催促をうけ  南をうけ  ものは見うけ  留守をうけ  風がないのみならず、甘んじてその辱めをうけ  美貌をうけ  驚きをうけ  先ぶれをうけ  わたくしたちが、お叱りをうけ  彼のうけ  命はうけ  時過ぎましたが、おうけ  警固番の怪しみをうけ  誘惑はうけ  得度をうけ  守時は軽くうけ  主のうけ  高氏のうけ  鵜呑みにし真にうけ  汚名をうけ  示令をうけ  信頼をうけ  討手をうけ  耳に怯えをうけ  祝いをうけ  文使いをうけ  不意をうけ  むしろを借りうけ  傷はうけ  よしの報らせをうけ  ソラ耳にうけ  ほかに求めよと、お諭しうけ  二人はもとより真にうけ  恨みをうけ  教をうけ  数弾をうけ  敵弾をうけ  合力をうけ  餞別までうけ  紀州あたりにお見うけ  お祭り気分ではない、うけ  人も真にうけ  幼少から武技の鍛えをうけ  世辞をうけ  意をうけ  荒縄をうけ  遠謀をうけ  檄をうけ  太陽の光線をうけ  水入り電球でうけ  害をうけ  ケンから相談をうけ  三つだけうけ  これもうけ  ような、うけ  学校でうけ  物試しとうけ  有無なく、おうけ  幕令をうけ  手拭いをうけ  笑靨でうけ  仲時は真にうけ  免許皆伝をうけ  申込みをうけ  股にうけ  それもうけ  さのけはひをうけ  物質的補助をうけ  今まで数多くうけ  露骨にうけ  南原杉子から軽蔑をうけ  六波羅のうけ  追い風をうけ  外護をうけ  鎌倉幕府でうけ  悪戯をうけ  被害を甘んじてうけ  見舞をうけ  そちにしても、まにはうけ  陣触れをうけ  もてなしをうけ  動員をうけ  引き継ぎをうけ  なに、召しをうけ  幕命をうけ  点検をうけ  乱でうけ  後醍醐からおたのみをうけ  忠顕から沙汰をうけ  召集をうけ  令旨をうけ  錦旗をうけ  のをウケ  狂躁をうけ  手術をうけ  酌をうけ  生徒にうけ  外光を程よくうけ  守役など引きうけ  主命をうけ  たまたま身にうけ  一室なと借りうけ  出兵令をうけ  出陣祝いをおうけ  たび大命をうけ  直義はうけ  恐々ながら引きうけ  学問をうけ  教養をうけ  疲労をうけ  テストをうけ  ゴヒイキ筋から品物をうけ  マにうけ  紙丸をうけ  きみからさしずはうけ  綸旨をうけ  鎌倉令をうけ  六波羅から関東勢のうけ  一矢をうけ  信任をうけ  六波羅監禁をうけ  致命をうけ  出雲介がうけ  密命をうけ  時から令をうけ  計をうけ  恩顧をうけ  仰せをうけ  小幡から相談をうけ  手当てをうけ  番頭から金をうけ  捧呈をうけ  のを見うけ  証判をうけ  鎮守府将軍号をうけ  教授はうけ  馴致をうけ  彼女らを待ちうけ  輩どもにまでうけ  お召をうけ  おことばをうけ  取調をうけ  まま拘引をうけ  疑いをうけ  疵をうけ  頼みをうけ  山祝いを快く引きうけ  姿はいよいよ、ありありと見えるけれども、一向にうけ  縄をうけ  お仕置をうけ  災難をうけ  吟味をうけ  掛け合いをうけ  詮議をうけ  箱をうけ  検視をうけ  女郎をうけ  まもりをうけ  看病をうけ  尊氏は笑っておうけ  そのまま胸にうけ  要撃をうけ  抵抗をうけ  伝令をうけ  背後にうけ  あいさつをうけ  覚えをうけ  つぎをうけ  善意にうけ  賊名をうけ  国土のうけ  拷問をうけ  処分をうけ  庄太はうけ  安吉を待ちうけ  親兄弟から妬みをうけ  おまえもお叱りをうけ  品物をうけ  今かと待ちうけ  鉄鎚をうけ  彼女のうけ  仰せ付けをうけ  汚名はうけ  恩賞をうけ  助力をうけ  墨付をうけ  新田勢がうけ  出航命令をうけ  左脚にうけ  なかった幽霊潜水艦隊から攻撃をうけ  ことをうけ  手から金銭をうけ  胸にうけ  助家はうけ  ように、お諭しをうけ  これをうけ  ここでうけ  朝礼をうけ  後にうけ  内意をうけ  吉野のうけ  悲報をうけ  風とうけ  あれはきっとお叱りをうけ  南朝方のうけ  名目をうけ  脚絆などまで請いうけ  心をうけ  南朝から申しうけ  饗をうけ  どこかで、お見うけ  感をうけ  空爆をうけ  終日空爆をうけ  意見をうけ  一月下旬から空襲をうけ  傘にうけ  検屍をうけ  方をうけ  輪姦をうけ  ひとたび生をうけ  現実指摘をうけ  振舞をうけ  皿をうけ  さまでは、とうけ  はずみをうけ  魂をうけ  体中にうけ  弾丸をうけ  案内をうけ  眼にうけ  欲とをうけ  夕日をうけ  親から身代を譲りうけ  暴行をうけ  キレイにうけ  支払いをうけ  迎へをうけ  がめをうけ  専門教育をうけ  渡しをうけ  損をうけ  胎をうけ  椀をうけ  無条件にうけ  血すじをうけ  罰をうけ  船賃をうけ  五〇〇万ドル米国貿易のうけ  返答を待ちうけ  諮問をうけ  姓をうけ  薫陶をうけ  苦笑してうけ  放火をうけ  手綱をうけ  こともままお見うけ  御意をうけ  私を待ちうけ  芸術的感銘をうけ  傍に待ちうけ  為事を快く引きうけ  爲事を快く引きうけ  的教育をうけ  一年間学校教育をうけ  手ほどきをうけ  讓りうけ  天稟にうけ  質をうけ  ごとを引きうけ  大学教育をうけ  天狗様が、うけ  売のうけ  徴用をうけ  範囲でうけ  監督をうけ  何が出るかと待ちうけ  外科手術をうけ  視線をうけ  到着を待ちうけ  平気でうけ  容易にうけ  音信をうけ  文物をうけ  委任をうけ  灯かげをうけ  そのまま無邪気にうけ  好感でうけ  辞書のうけ  程度にうけ  時潮をうけ  影響をあまり多くうけ  暗示をうけ  喜捨はうけ  寄贈をうけ  合掌祈念するをも、うけ  実感でうけ  外光をうけ  利潤のうけ  一度役者にでて、すこしだけ、うけ  判定をうけ  一番影響をうけ  いふ影響をうけ  人民のうけ  満面にうけ  東京におくられ、とりしらべをうけ  何かを待ちうけ  恩賜賞をうけ  東宮記念賞をうけ  東宮記念賞などをうけ  紹介をうけ  イブキをうけ  ミソギをうけ  神示をうけ  かねた仕打ちをうけ  斜陽をうけ  お許しをうけ  社長から神示をうけ  入社試験をうけ  監禁をうけ  貸付をうけ  附与をうけ  何千町歩もの払下げをうけ  払下げをうけ  半面にうけ  出迎えをうけ  発展的にうけ  足跡をうけ  何といふ思ひまうけ  一手に引きうけ  水車がうけ  願非礼はうけ  三年ほど、はたらいてゐましたが、まうけ  過程にうけ  身の上にうけ  ひと太刀をうけ  君つひのさだめを早うけ  嘔吐物をうけ  婦人解放思想がうけ  搾取をうけ  社会的感情にうけ  抑圧をうけ  評価をうけ  博士号をもらってうけ  雀をうけ  心にうけ  教化をうけ  茂をうけ  地域から被害をうけ  とき洗礼をうけ  かい歓待をうけ  追求をうけ  勧誘をうけ  特別待遇をうけ  検束をうけ  余韻をうけ  朝焼けをうけ  欧化教育をうけ  啓発をうけ  感覚としてうけ  徹底的にうけ  文学的評価をうけ  それらをうけ  欧文脈をうけ  経済波瀾をうけ  真知子のうけ  芥川賞をうけ  新潮賞をうけ  時代のうけ  却って動員をうけ  前にうけ  人をうけ  取扱いをうけ  シンサツをうけ  用のうけ  隠居さまとも、お見うけ  シヨツクをうけ  裁きをうけ  お話をうけ  肉体にうけ  死刑執行をうけ  一刀をうけ  催促係りを引きうけ  妹役を引きうけ  せい様が引きうけ  一空さまが、うけ  経営を引きうけ  稀音家和三郎が引きうけ  全部引きうけ  心眼をうけ  工場でうけ  身体検査をうけ  検査をうけ  真向うから西日をうけ  返答をうけ  あたりまえにうけ  佃も、うけ  全身にうけ  伸子のうけ  それはいくらかうけ  伸子とすれば全くうけ  計代のうけ  桂はうけ  のであるが、そのうけ  なりたけお許しをうけ  半面をうけ  恥辱はうけ  電報を遅くうけ  正直にうけ  持ち主から譲りうけ  他人から感謝をうけ  滝は一度引きうけ  滝に引きうけ  思つてうつかり引きうけ  球をうけ  森をうけ  両手にうけ  妹にうけ  葉書をうけ  信号をうけ  仕置をうけ  笞打をうけ  持続睡眠療法をうけ  やうにうけ  背景製作などをいつも引きうけ  以前ほどうけ  法をうけ  師命をうけ  答へをうけ  酒にうけ  茶にうけ  予備教育はうけ  芸術的啓蒙をうけ  侮辱的扱いをうけ  貰はうけ  襟元にうけ  外力をうけ  娘さんは、うけ  別に許可をうけ  注意をこまごまとうけ  妨害をうけ  砲撃をうけ  救助をうけ  ため損傷をうけ  反撥をうけ  一いち啄でうけ  空中でうけ  説諭をうけ  夜具にうけ  集中的にうけ  全身的にうけ  挨拶をうけ  それを見うけ  将校教育をうけ  舞台に見せてうけ  議論をうけ  指南をうけ  逮捕命令をうけ  太陽をうけ  加減のうけ  中学をうけ  輸入統制をうけ  雨洩りうけ  露語をうけ  平らかにうけ  第一書房からバックをうけ  気持でうけ  療法をうけ  平気そうにうけ  通りを真にうけ  外まわりを引きうけ  結婚を待ちうけ  わたしがうけ  毎日注射をうけ  別に依頼をうけ  今朝停車場で見うけ  父から彼はうけ  アセリ、一々ウケ  さしずはうけ  セリフをうけ  ご用とうけ  背中にうけ  忠告をうけ  翼にうけ  編輯部から一つのたのみをうけ  時から革命的影響をうけ  シモンはうけ  親族から招待をうけ  韻をうけ  急使をうけ  そのままにうけ  賃銀をうけ  寐所をまうけ  文壇的摩擦をうけ  殺人事件から暗示をうけ  皆これをうけ  交互にうけ  モテナシをうけ  跡をうけ  軍国主義的鎖国をうけ  抗議文をうけ  家から棺をうけ  祝砲をうけ  銀をうけ  お迎えをうけ  還元的感化をうけ  七を待ちうけ  口をすべらして、引きうけ  三百人扶持をうけ  生活保証をうけ  どこからどこまで真にうけ  月をいっぱいうけ  間教育をうけ  タタリをうけ  軍事的愚弄をうけ  いつか傷をうけ  其儘にうけ  役をやるべいと勇み立って引きうけ  眉間にうけ  修道院でうけ  素直に引きうけ  私がうけ  束縛をうけ  弾圧をうけ  盃にうけ  展いてうけ  そっちで、おしえをうけ  人たちからうけ  婦人のうけ  反映してうけ  さをうけ  通信教授をうけ  焼夷弾攻撃をうけ  一二度ばかり見うけ  貰ひうけ  噂はうけ  扱ひをうけ  打撲傷をうけ  飯焚きでも進んで引きうけ  一切僕が引きうけ  無造作に引きうけ  軽やかに引きうけ  いふ気質をうけ  薄日をうけ  全部自分で引きうけ  話をうけ  かい日をうけ  何でもをうけ  よしにうけ  咄にうけ  暖簾をうけ  それをふと真にうけ  袖にうけ  かげをうけ  波浪をうけ  感情内容をはっきりうけ  恵みをうけ  めをうけ  敵を引きうけ  時にうけ  髯を見うけ  藍丸王のお叱りをうけ  役目をうけ  十両をうけ  びくをうけ  仕付をうけ  それから高尾をうけ  扶助をうけ  日没をうけ  禍をうけ  ちゃんと引きうけ  末をうけ  情けをうけ  太陽の光をうけ  高等教育をうけ  汝らにはうけ  極端な叱りをうけ  一切彫刻的形象としてうけ  うっかり紙にうけ  今度註文をうけ  宣言をうけ  女は軽くうけ  検定試験をうけ  成女戒をうけ  春雨をうけ  筧にうけ  三十年間にうけ  医療的処置としてうけ  洗禮をうけ  それぞれに手当をうけ  選択にうけ  沈黙とうけ  宣告をうけ  皿にうけ  拘束をうけ  口尻をうけ  注文をうけ  芸術的感激をうけ  口へうけ  山中さんののろけをうけ  頭だけでうけ  望みどおりにする、とうけ  奥さんとがうけ  私にうけ  客を待ちうけ  末も引きうけ  風水害をうけ  六十銭まうけ  女中はうけ  指弾をうけ  右眼にうけ  苦しみを、うけ  脂をうけ  友達から秘密に譲りうけ  娘三はうけ  茶碗をうけ  ことからうけ  羽衣をうけ  足下今日ハ後でうけ  自ら天よりうけ  其罪をうけ  感想をうけ  岩下がうけ  ハ一銭一文のたすけおうけ  逆光線をうけ  日ざしをうけ  如く滑かな日の光りをうけ  勅命をうけ  鷹揚にうけ  明滅をうけ  報らせをうけ  本位田家にもらいうけ  引導をうけ  咎めもうけ  救いをうけ  家の貢ぎをうけ  身體一ぱいにうけ  歓呼をうけ  電話をうけ  波状攻撃をうけ  辱しめをうけ  秘奥をうけ  教導をうけ  親切をうけ  槍法をうけ  濫伐をうけ  道統をうけ  父から家督はうけ  不覚をうけ  感じはうけ  辞をうけ  体格検査をうけ  いやに固くなってうけ  入学試験をうけ  撫子、立ち、うけ  私は近頃うけ  亢奮感動をうけ  直訴をうけ  酒をうけ  連合艦隊から重大命令をうけ  重大命令をうけ  二本を譲りうけ  片面にうけ  受講をうけ  労りをうけ  拙者を待ちうけ  伝をうけ  幼年時代にうけ  諸君と共に有りがたくおうけ  しめをうけ  道具一切をそのまま譲りうけ  代理店をも引きうけ  初代胤栄から直かにうけ  端をうけ  佐渡は真にうけ  それを借りうけ  師事をうけ  二人のうけ  筋から示唆をうけ  利助さんがうけ  言葉のうけ  一露瞼にうけ  死体を待ちうけ  小皿にうけ  感化をうけ  ようにも見うけ  恭一とが引きうけ  雪をうけ  旭日をうけ  身体一杯にうけ  自然をうけ  恋風にずんとのばしてしゃんとうけ  そら耳にうけ  異性的にうけ  枡をうけ  除名をうけ  わたしのうけ  身体にうけ  御返事をうけ  事が、うまく行くとは思ひまうけ  目で、ツンと澄まして、うけ  指輪をうけ  そよ風をうけ  筆者のうけ  折炸裂弾をうけ  一番印象をうけ  正面から光線をうけ  情はうけ  おかみさんからマッチをうけ  帆にうけ  接待をうけ  雷声でごうけ  利潤をうけ  仕事を引きうけ  諸君がうけ  敬礼をうけ  まじめにうけ  食卓とでうけ  斜めにうけ  日感銘をうけ  刺激をうけ  最後までうけ  役目は、いつもと変わりなく引きうけ  塾生たちのうけ  熱心にうけ  しかし、お見うけ  今度講習をうけ  集中爆撃をうけ  一口だけうけ  祟をうけ  人間扱いをうけ  講習をうけ  統領から助言をうけ  説明をうけ  から剃刀をうけ  お金をうけ  戦で、きずをうけ  留守を引きうけ  気性をうけ  患者にウケ  忌服をうけ  ゆえ恨みをうけ  呼び声をうけ  こがおにうけ  人のうけ  虐待をうけ  叫び声をうけ  申出でを、きっぱりと引きうけ  勝負を引きうけ  頻繁にうけ  返事を待ちうけ  名をうけ  しろにうけ  姿を見うけ  日射病までうけ  頬にうけ  邪魔物扱いをうけ  感覚でうけ  鈍根だが、うけ  説を真にうけ  永年世話をうけ  友人たちから甚しく蔑みをうけ  告発をうけ  責苦をうけ  ッ正面から抵抗をうけ  肩から背一杯にうけ  真珠を借りうけ  捜査をうけ  盃をうけ  仙十郎が引きうけ  語り伝えをうけ  訴えをうけ  罪をうけ  赤の他人扱いを受ければ、うけ  下僕扱いをうけ  報せをうけ  詰問をうけ  圧力をうけ  気質をうけ  お許しもうけ  口上をうけ  ことが多少怪しみをうけ  つけ着代えてきても、怪しみをうけ  特に衝撃をうけ  術をうけ  術はうけ  美人術をうけ  創をうけ  分際といへどもその嫉みをうけ  天にうけ  審判をうけ  わが身をうけ  崇をうけ  中にうけ  教へをうけ  苦をうけ  金銀をうけ  證をうけ  汝よりうけ  熱をうけ  舌よりうけ  衣をうけ  物語をうけ  賜をうけ  賞罰をうけ  詞をうけ  天よりうけ  ぐる時舌よりうけ  歡待をうけ  賄賂をうけ  致命傷をうけ  バッテキをうけ  急報をうけ  心待ちに待ちうけ  口達をうけ  二人を待ちうけ  出張して借りうけ  人の怪しみをうけ  全部善意にうけ  説がうけ  ストリップ的にうけ  実績だけではうけ  ペルメルから全額支払いをうけ  ものと真にうけ  女房から相談をうけ  すをうけ  終止法からしをうけ  ゆきとかうけ  接尾語をうけ  終止からふをうけ  様にるをうけ  番附をうけ  絵本をうけ  岡っ引き、さしずをうけ  えりを待ちうけ  わをうけ  双方傷をうけ  道は即ち仰をうけ  哀願を引きうけ  ニグロを譲りうけ  予感をうけ  千代次はなみなみとうけ  館でうけ  結果を待ちうけ  舞をうけ  余沫をうけ  反対をうけ  さいそくをうけ  船頭から借りうけ  三年来情をうけ  何者かを待ちうけ  性よりうけ  苦しみをうけ  助けをうけ  われ洗禮をうけ  恩惠をうけ  間にうけ  レアンドロよりうけ  我よりうけ  顏にうけ  空氣よりうけ  破門をうけ  強き刺激をうけ  禍ひをうけ  權能をうけ  キリストよりうけ  自ら苦しみをうけ  作用をうけ  功徳をうけ  物よりうけ  ゆゑにその影響をうけ  親切じゃろうと、うけ  流れをうけ  難をうけ  義理をうけ  牛頭天王これをうけ  内命をうけ  許しもうけ  楽しみに待ちうけ  見張りをうけ  むじなどもが安受け合いを、真にうけ  仇をうけ  お前がうけ  チョコにうけ  つて孝養をうけ  うすい、うけ  親分から伝授をうけ  それを待ちうけ  会釈をうけ  下知を待ちうけ  参着を待ちうけ  賀が引きうけ  手形までももらいうけ  招致をうけ  あかりをうけ  室内監禁をうけ  から、其のうけ  いましめをうけ  客を持ちうけ  べらぼうめ、ようがす、引きうけ  長年、ごめんどううけ  図を待ちうけ  鑑定をうけ  入口でうけ  かめの子をもらいうけ  訓練はうけ  お稽古をうけ  水槽でうけ  中は赤いぜ、うけ  榮光をうけ  法とをうけ  力をうけ  ホノリウスよりうけ  皆太陽の光をうけ  性とをうけ  旅順でうけ  奨めをうけ  ここを借りうけ  微傷もうけ  一日、うけ  丸彦がもらいうけ  破片によってうけ  障害をうけ  油をうけ  標準としてうけ  列車を待ちうけ  笞をうけ  宗教的影響をうけ  喝采をうけ  結婚の申しこみをうけ  病毒検査をうけ  血液検査をうけ  から病毒をうけ  往診をうけ  すすめをうけ  地所を借りうけ  祝福のうけ  ゾイリア日報のうけ  人々がそのうけ  結論をうけ  事件を進んでうけ  度ごとにうけ  感情はうけ  來訪をうけ  なかった変動をうけ  最近寄贈をうけ  電燈をうけ  風にうけ  爽やかにうけ  配給をうけ  一喜一憂といううけ  私のそのうけ  女をうけ  女としてうけ  堕胎手術をうけ  効果をうけ  背中一杯にうけ  柿丘夫人から依頼をうけ  公認をうけ  日本大衆党から公認をうけ  マリアなりと同じであったとはうけ  教育をどっさりうけ  窮迫をうけ  こととうけ  親切のうけ  単純にうけ  生活全体をひっくるめてうけ  一寸相談をうけ  綺談等からうけ  同意をうけ  今度空襲をうけ  其をうけ  一杯にうけ  入日をうけ  娘はつい見うけ  おいでを待ちうけ  外来者をうけ  湿気をうけ  ちゃんとおとなしくうけ  一ヵ月講習をうけ  献身をうけ  スパルタ的扱いをうけ  挺身隊召集をうけ  秋がわかるという大きいうけ  集注をうけ  差別待遇をうけ  愛撫のうけ  七月十七日召集をうけ  作つて采女を犯した疑ひをうけ  ぐには、うけ  手職をうけ  方法で、うけ  歌が、うけ  其がうけ  精神的打撃をうけ  手から揚団子をうけ  酷刑をうけ  講釈を真にうけ  とき、もらいうけ  苦患をうけ  挑戦をうけ  中へ、もらいうけ  手から報らせをうけ  解職をうけ  逆流としてうけ  過程でうけ  人類的感銘をうけ  展覧会で見うけ  惡評もうけ  役をうけ  呪詞のうけ  重にうけ  通告をうけ  顔をうけ  芸術的印象をうけ  伝統をうけ  尊崇をうけ  戒をうけ  から具足戒をうけ  体をうけ  感激をうけ  重味をうけ  肌身へじかにうけ  上にうけ  黒河内総監が引きうけ  めをまうけ  妻をまうけ  若ものはよろこんで、すぐに引きうけ  銀をまうけ  オチョボ口でうけ  無邪気にうけ  初めから句をうけ  素戔嗚尊とのうけ  歌つた愛をうけ  反照をうけ  一書をうけ  寄与ばかりうけ  指摘をうけ  便りをうけ  背やらでうけ  黙殺をうけ  衝撃のうけ  世間的扱ひをうけ  現実主義としてうけ  ワイセツ感をうけ  牽制をうけ  菊池賞をうけ  妻に請いうけ  好意をうけ  惨害は、ひとり残らずうけ  院宣をうけ  敗者からしっぺ返しをうけ  衣鉢をうけ  頬でうけ  厳島詣りを真にうけ  心をつくしてまうけ  示唆をうけ  吉重から便宜をうけ  模倣をうけ  示しをうけ  剣道をうけ  神道流をうけ  禄をうけ  零落もひどく見うけ  愛寵をうけ  領をうけ  返し文をうけ  足軽大将をうけ  注進をうけ  感謝をうけ  二人をうけ  甕をうけ  さいをうけ  技術養成をうけ  オーリャだけがうけ  路に待ちうけ  預け物をうけ  三千円をうけ  分配をうけ  十分の敬意を払って、怖るべき祟りをうけ  あおりをうけ  崇拝をうけ  内通をうけ  取締りをうけ  ことまで引きうけ  子供もまうけ  厚遇をうけ  愛顧をうけ  武士から暗討ちをうけ  私がまにうけ  寺などを借りうけ  それを、うけ  きょうは、うけ  ほうが、うけ  支へをうけ  先にお訪ねをうけ  カクテルをうけ  映えをうけ  農漁村のうけ  鬼氣をうけ  歸依をうけ  厄をうけ  來訪者をうけ  味噌をうけ  苦勞をうけ  生き身にうけ  赤光をうけ  文明をうけ  から影響をうけ  先代丁字屋傳右衞門からうけ  朝陽をいっぱいにうけ  北洋で見うけ  きみは引きうけ  照明によって光りをうけ  艇のうけ  探照灯をうけ  号令をいまやおそしと待ちうけ  ハイロから注意をうけ  げもなく引きうけ  ガン人からうけ  悪魔星にはうってうけ  大賞讃をうけ  一九四七年度毎日文化賞をうけ  



前後の言葉をピックアップ
受け  有卦  承けん  請け  浮け  受けん  ウケ  受け  請け  承け


動詞をランダムでピックアップ
はてるべたつく亡くする落ち行こ潜めろいいあっ枉げよ荒れる付けかえる若やぎやせこけおいやれ掘る口走るいさめん変っおちつける燃やそばたついめぐりあえ
形容詞をランダムでピックアップ
たまらないいさまし野暮臭い気味が悪かろいそがしかっうらさびしい古臭い待遠しくっ人なつかしき疚し恥ずかしゅうちっちゃくせまかっこちた長たらしく目新し憎う差し出がましく男々しくあさし