「いへ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いへ[動詞]
変革といへ  氷といへ  顏をしてゐましたが、さういへ  いへいへ  罰といへ  正確にいへ  私が気づいたかといへ  張店といへ  午前零時といへ  日本でいへ  方も、くはしくいへ  気持は何ともいへ  真実、くはしくいへ  生一本は何ともいへ  あたりまへといへ  宗教的芸術表現でいへ  惡いといへ  來御目附といへ  流行語めかしていへ  失礼ながら打明けていへ  随つて正月もない、あるといへ  本といへ  内容についていへ  冬曇りといへ  文句でいへ  窯といへ  言感からいへ  よそ行きといへ  松井佐渡守といへ  金子を借り出してきたといへ  両親といへ  微塵といへ  言葉についていへ  心をかくして、何かといへ  労役に堪へられるかといへ  群書といへ  苦といへ  ぢをつけりといへ  けがせりといへ  小説を好んでゐるといへ  のだといへ  それなりで淡いといへ  ちかといへ  どちらかといへ  獵といへ  何んともいへ  嘘をいへ  方からいへ  移りかはり、疾しといへ  遲しといへ  何にするかといへ  豊かであつたが、概していへ  右を向けといへ  モ一つ名前についていへ  一口にいへ  一言でいへ  ザック氏といへ  夜といへ  中に、何かといへ  四月といへ  中に、何ともいへ  五月といへ  危険といへ  私自身についていへ  何処から生れたかといへ  理想をいへ  思つて禮をいへ  十六フランといへ  往復したといへ  妙味を有するといへ  ため夏といへ  優劣は定まるといへ  作りたりといへ  厳格にいへ  細かにいへ  新字といへ  適任者があるかといへ  之を拡げていへ  ものだが、いへ  道ともいへ  経験といへ  良妻なりやといへ  人かといへ  七日七晩といへ  河魚といへ  みをいへ  であるが、かういへ  一切用がない、善くいへ  解散するといへ  詩人、詳しくいへ  話といへ  外でもない、早くいへ  それはなにかといへ  事としいへ  金港堂といへ  存せずといへ  姿は実に何ともいへ  交際としいへ  近所といへ  鏡といへ  心持ちがして、美しくいへ  セシル・ソレル嬢といへ  山浦といへ  興味といへ  教師といへ  何んにもいへ  言葉でいへ  小なりといへ  樂しみといへ  當今でいへ  當今といへ  おでん屋といへ  解釋するといへ  対立感情が失はれるかといへ  意義を生ずるかといへ  能といへ  私もいへ  宿は古いといへ  妹であるとさへもいへ  やうだといへ  一人言をいへ  やうにいへ  士族かといへ  目的でもいへ  大底におしよといへ  處だといへ  お湯に這入なといへ  事をしたといへ  調子が何ともいへ  ことをいへ  一秒といへ  一行といへ  やうだともいへ  拓務省といへ  家主といへ  路といへ  ものだといへ  春日でいへ  医師のいへ  驚破といへ  開国論者といへ  個所もなくはないし甘いといへ  智慧が足りないといへ  所でいへ  取柄といへ  盆子といへ  輩といへ  ことといへ  日記についていへ  日記をつけてゐるといへ  ことがいへ  よしをいへ  のであるかといへ  元はといへ  有様といへ  つて来たかといへ  つた気持についていへ  童といへ  曲者多しといへ  悲しみも、在るといへ  しづかといへ  名手といへ  同盟国といへ  赤子といへ  先生といへ  のはなぜかといへ  安心ができるかといへ  これだけいへ  度忘れをしたともいへ  それさへいへ  吸口といへ  事がいへ  アものもいへ  自慢らしくいへ  采女といへ  草といへ  上よりいへ  どこから生れるかといへ  政治といへ  善玉といへ  そこからなにが生れるかといへ  塗料会社といへ  どこから来るかといへ  ものなしといへ  山といへ  日夜憂へて止まずといへ  了るといへ  問題といへ  女といへ  金入れといへ  斷りもいへ  日本広しといへ  説明していへ  彼といへ  服從するといへ  量だけについていへ  源泉であるかといへ  逆説的にいへ  不思議といへ  人なりといへ  あるかのごとく案じ、さういへ  一若いお客といへ  一緒になるといへ  資格でといへ  青年だといへ  男の、早くいへ  日本流にいへ  準備をするといへ  ものといへ  機嫌ありといへ  來といへ  彼山にして度々相待つといへ  述すといへ  恩といへ  金瓶に来て、何ともいへ  一言にしていへ  家族といへ  私はといへ  齢でいへ  自由を説くといへ  気になるけれども、いへ  名でいへ  絵画史風にいへ  卑近にいへ  中でいへ  日本人といへ  点からいへ  余りといへ  恐れ気もなくいへ  後といへ  風が何ともいへ  肺病といへ  語でいへ  紙といへ  のが何ともいへ  社会学上でいへ  今でいへ  家といへ  自信があるといへ  神道家では、にへといへ  言はぬかといへ  行事でいへ  意味するかといへ  荒野を駆け廻りながら、実はといへ  景教碑、詳しくいへ  ものは何かといへ  避難したといへ  休息といへ  サヱリイツチユ・サマロフといへ  盡すといへ  船長が、さういへ  ヂツケンスといへ  むとせしもの多しといへ  個物は高しといへ  哲學の如くなりといへ  等級ありといへ  大小ありといへ  逍遙子又いへ  評論なしといへ  言を立つといへ  着眼點なりといへ  縱令沒却せらるといへども、見えずなりぬといへ  こと難くなりぬといへ  影響すべしといへ  能はずといへ  一面相なりといへ  たるにあらずといへ  ところなりといへ  陷る如しといへ  沒理想を説かずといへ  差支なしといへ  こと能はずといへ  プラトオ論者なりといへ  和上はついで又いへ  作者を知らずといへ  不利あるが如くなりといへ  解釋ありといへ  變化すべしといへ  榮ゆといへ  言葉はおなじからずといへ  明治卅一年といへ  それも、いへ  中といへ  父に対して、何ともいへ  孰かといへ  時代思潮は何かといへ  親類縁者といへ  畑といへ  ツと見ゆる、さういへ  柴漬といへ  豐かといへ  蛙といへ  所爲といへ  実をいへ  のかかつた、悪くいへば些か爺むさい、良くいへ  とり早くいへ  勤め先といへ  一方、何ともいへ  顔いろが、なんともいへ  姿は、なんともいへ  欠陥とは何かといへ  渡り者といへ  我武者羅であり、悪くいへ  もう一歩進めていへ  趣味を漁るなどといへ  家庭といへ  文章といへ  作品といへ  ことを覚えてゐるかといへ  ほげさにいへ  ぼんやり宙をみつめ、また時によると、なんともいへ  産婆さんといへ  当り前かといへ  認識論的にやかましくいへ  サン・キュアド・ミキスチュアといへ  息子といへ  水墨といへ  鵠沼後期といへ  とりと濡れて、何ともいへ  下町娘を選べといへ  それから、くだけていへ  御用といへ  死ぬるといへ  七福神詣といへ  私に何ともいへ  模型だといふが、さういへ  特等といへ  縁といへ  二十五といへ  詩といへ  意味であるかといへ  唐の太宗といへ  孝行といへ  點よりいへ  適切にいへ  宵よといへ  涙ぞと、いへ  天下ひろしといへ  それが何ともいへ  ぢをいへ  實をいへ  はじめに置くといへ  酒といへ  昨日といへ  稀薄だともいへ  姿は何ともいへ  皮肉をいへ  留守だといへ  キス代とを下さつた、下さつたといへ  根本的にいへ  精確にいへ  下世話でいへ  鰯といへ  大袈裟にいへ  たよりといへ  是非もないといへ  荷物が多過ぎるといふ、さういへ  とくはしくいへ  朝は何ともいへ  六つといへ  顏はといへ  成程さういへ  王樣といへ  ミヂンといへ  十六といへ  勇み肌といへ  隨筆といへ  慈延といへ  細腰は、さもこそ、といへ  ざくるとかやいへ  のかといへ  道といへ  本当をいへ  一口でいへ  明確にいへ  友といへ  ここといへ  明治四十一年といへ  嚴しくいへ  金でいへ  當といへ  辺かくもあつたらうかと思はせる、早くいへ  鐵砲虫といへ  わたくしにも乗れといへ  真空異相といへ  瞬時といへ  早生といへ  Histoiremoderneといへ  先づ簡單にいへ  支那でいへ  蒙古人といへ  訪問先といへ  数年といへ  馬鹿をいへ  音といへ  様に思ふて何ともいへ  皆な出せといへ  伴天連多しといへ  七時といへ  桜といへ  花といへ  なほあきたらぬほどなるを、恋しといへ  一人がいへ  秋野屋といへ  體としてはまだ何ともいへ  蝶々ふかいふかいなんともいへ  葉をかぶつてなんともいへ  はいつてくれといへ  餘りといへ  限りでいへ  もとはといへ  功績といへ  安政五年といへ  今日でいへ  簡單にいへ  延享二年といへ  天保年間といへ  口にいへ  べつにしていへ  殊に雰圍氣的にいへ  逆にいへ  常識的にいへ  今後といへ  懐疑といへ  気持といへ  わたくしといへ  業といへ  中にうごめき居らんよりは小さしといへ  似合給へりといへ  げにもてなして帰らんといへ  ことなどいへ  工藤様といへ  云ひ出したかといへ  誤解といへ  芝居といへ  溝が出来たかといへ  どこにあるかといへ  帰するかといへ  のであるが、なぜかといへ  手段とは何かといへ  それを感じるかといへ  化学でいへ  学者でいへ  予言ができるかといへ  殻とは何かといへ  批評を受けずにすむかといへ  人間でいへ  どこまで進んだかといへ  要領をいへ  文中にいへ  標準といへ  独立などといへ  一般にいへ  前にもいへ  用ゐ来れりといへ  心を和げなどいへ  露骨にいへ  不可弁といへ  義にもいへ  胸に死ぬといへ  秋といへ  さに何ともいへ  其名審にし難しといへ  語曾といへ  卑彌呼といへ  宗女といへ  泪とさへいへ  一時を快にすといへ  すきに因るといへ  艶愛すべしといへ  応挙といへ  さは何ともいへ  其中へ這入つたら何ともいへ  ツたら、何ともいへ  何でもないといへ  理髮師といへ  時は何ともいへ  對に、何ともいへ  理髪師といへ  実直といへ  反対に、何ともいへ  約束は更になしといへ  奔走すといへ  事だらう、何故といへ  凶暴といへ  違ひないが、然りといへ  ものかといへ  歌舞伎についていへ  不可能とは同じだといへ  極端にいへ  ことからいへ  お手本といへ  展開して、そしてどうなるかといへ  高度にするどく掴めてゐるかといへ  しかたがなんともいへ  表情がなんともいへ  あてに来るといへ  いふ風にしたら生れるかといへ  写真だといへ  有益であるかといへ  人物といへ  無口といへ  讓つてやれといへ  人はといへ  眼はといへ  足音がするといへ  其編澄習といへ  之杜撰は取べきなしといへ  たるに疑なしといへ  鯉といへ  セリフをいへ  時代だといへ  剣といへ  表はされてゐるかといへ  一事不完全なりといへ  もの同一に論ずべからずといへ  遊君はありやといへ  お客といへ  がたは何ともいへ  床はといへ  紫だといへ  幻想的なといへ  際といへ  中秋なりといへ  のといへ  面作師といへ  仔細をいへ  夜叉王といへ  事実をいへ  水が飲みたいといへ  特徴といへ  彼はなんにもいへ  上どちらかといへ  彼等といへ  固めをるといへ  遑なしといへ  争ふべきに非ずといへ  私には何ともいへ  こころ持つといへ  若葉が何ともいへ  言を借りていへ  何を齎したかといへ  ことはないかといへ  新劇をつまらなくさせてゐるかといへ  我にも少し分けて下さらぬか、といへ  他に営みとてもなしといへ  運送船といへ  注文をいへ  畸形児であるかといへ  顔には何ともいへ  忌憚なくいへ  たびに、何ともいへ  古文にありといへ  ト、いへ  幼馴染といへ  行状といへ  のですが、さういへ  嘘といへ  部屋といへ  寺といへ  粉本にしつといへ  人ありといへ  憤怒すといへ  作風を異にすといへ  説明しがたしといへ  七年ごとに変るといへ  史伝といへ  急に何ともいへ  此後といへ  常として、何かといへ  ぢさんといへ  真実であるかといへ  発生したかといへ  畳敷でいへ  ものはないかといへ  プロレタリア文学といふかといへ  調子で、居るといへば居る、居ないといへ  対局といへ  棋士多しといへ  シャルヽ・ペローといへ  的確にいへ  率直にいへ  職域といへ  簡単にいへ  文化事業といへ  厳密にいへ  新年号といへ  焼跡といへ  惡文といへ  上に何ともいへ  大正十年といへ  侮蔑つて貰ふまいともいへ  海といへ  夏といへ  立場はといへ  素人考へでいへ  はいへぬが、概していへ  お腹が黒いといへ  私といへ  春といへ  器具といへ  深度といへ  物をいへ  吟味といへ  其建物をいへ  奥様といへ  玉といへ  歌といへ  凡歌といへ  滑稽とだにいへ  池をいへ  古人もいへ  狸といへ  場合かといへ  ベルナアルといへ  舞へといへ  さらに押し拡げていへ  遊びに行くといへ  普遍性とは何かといへ  川といへ  人といへ  出征といへ  何から一番恩惠を蒙つてゐるかといへ  善といへ  くせ狡いといへ  作といへ  東京広しといへ  濶からずといへ  受くるといへ  方より来るといへ  むるといへども賞をまたず、労するといへ  中にうごめき居らんよりは、小さしといへ  業よといへ  逆にしていへ  大人物といへ  變な、何ともいへ  私だけについていへ  如しといへ  ものあるが如しといへ  たるが如しといへ  具体的にいへ  闇にあらずといへ  御参りをするといへ  石といへ  ものに非ずといへ  点といへ  人間といへ  世界広しといへ  ためかといへ  運がわりいといへ  昔は何かといへ  世界ひろしといへ  馬車曳きどもといへ  講演がなんともいへ  なんかといへ  贈物といへ  祖父といへ  頃といへ  のは、なんぞといへ  星ともいへ  十人並とさへいへ  旅といへ  字といへ  それはわかり易くいへ  人でいへ  色といへ  日本人が青いといへ  北といへ  二妹のいづれを取らんやといへ  興味かといへ  不満といへ  山雀といへ  浄土曼陀羅風といへ  淨土曼陀羅風といへ  からないといへ  十八といへ  後来といへ  線が、何ともいへ  人のいへ  紅毛人といへ  一七〇三年といへ  念願といへ  かた千三百八十余年寸土尺地といへ  老母老兄といへ  山々だけれど離れろといへ  写実といへ  幻影といへ  者無しといへ  やうな、いへ  さについていへ  しかしさういへ  根源性からいへ  流行だといへ  ことができませんでした、なぜといへ  山岳国といへ  これを聞かざるにあらずといへ  成就する、何故かといへ  時間を、早くいへ  繪畫といへ  病院といへ  羅府といへ  人たち、大きくいへ  大体にいへ  範囲はといへ  五円なりといへ  今風にいへ  ゴルフ場であつたといへ  本郷でいへ  銅像といへ  荏油といへば、わかり易くいへ  三菱ヶ原といへ  字でいへ  天明寛政といへ  鑿といへ  雪といへ  声といへ  明治四十年といへ  すきかげ隔てといへ  比翼といへ  眺めに飽かぬといへ  学校といへ  母にいへ  堂衆といへ  事といへ  世といへ  きみをいたてまつるといへ  中に馳せ込むといへ  給ふといへ  狂女なりといへ  御歌所といへ  御歌所長といへ  徹底的にいへ  具體的にいへ  嚴密にいへ  靈魂正しくいへ  側よりいへ  それ故、繰返へしていへ  分ありといへ  唾すべしといへ  隔つといへ  文学者に乏しからずといへ  進歩にかかるといへ  季節でありますが、さういへ  断定し難しといへ  甲者といへ  意思抔といへ  言葉のせゐだといへ  左右衛門といへ  むかしから鶴といへ  姿が何ともいへ  そりありといへ  まり簡単にいへ  者郷土をいへ  分際といへ  何者といへ  技工といへ  之をいへ  状をいへ  來る遠しといへ  毛なしといへ  恐れといへ  時といへ  蔦といへ  悲しみといへ  すべて彼等にいへ  體よりいへ  時よりいへ  加はりゐたりといへ  相違をいへ  隣人といへ  造主に背けりといへ  東京でいへ  顏に、何ともいへ  物とも嬉しとも、いきいきしともいへ  味は、何ともいへ  のであるといへ  観客といへ  誇りかにいへ  西洋菓子にでもしようか、といへ  菓子はあるまいか、といへ  うまいが、といへ  何もないか、といへ  有体にいへ  合同といへ  投票権の多少よりいへ  点よりいへ  消磨したりといへ  技倆よりいへ  成績よりいへ  板垣伯といへ  地租増徴といへ  挙国一致といへ  ものをいへ  位地よりいへ  市政といへ  個人的位地よりいへ  予告殺人事件といへ  體にいへ  投票權の多少よりいへ  軍備擴張といへ  擧國一致といへ  事實をいへ  豫算といへ  端的にいへ  ことについていへ  小川家といへ  夏中逗留するといへ  汝等罰をうくといへ  悔ゆといへ  われ斯くいへ  姿に捺してかれ斯くいへ  これをいへ  しき師斯くいへ  歸るといへ  幸を追ふといへ  來るといへ  我にいへ  木口に甘しといへ  火の降るはやしといへ  路は入り難しといへ  彼等うたはずといへ  榮枯盛衰の定めなきをいへ  血に飽けといへ  下する早しといへ  のも、なんともいへ  者だといへ  蘭氣茗氣酒氣藥氣といへ  眞實をいへ  宴といへ  宇宙を貫くといへ  電光疾しといへ  淑女にいへ  者といへ  來れるやをいへ  賢哲といへ  記録に存すといへ  すべて絶えたりといへ  物といへ  世辞的拍手を送るかといへ  何をなしたかといへ  二十二歳といへ  太綱かけ伐りきといへ  旅行くとだにいへ  はいかにといへ  むと思ふにこそといへ  斷つといへ  國といへ  うち松魚釣あるみにやりて嘆かぬをいくさといへ  まことにいへ  夜はよしといへ  莅む時といへ  言にいへ  慰めなりといへ  地理でいへ  學問といへ  ものだともいへ  千八百八十二年といへ  豪胆果敢であるかといへ  万分の一生といへ  堂舎といへ  実例を見るといへ  年代よりいへ  鑑賞家といへ  質素に甘ずといへ  史家といへ  面貌といへ  ものたるは勿論なるべしといへ  一見容易なるが如しといへ  参考としたるは勿論たるべしといへ  事ありといへ  法則とを異にすといへ  正風といへ  事能はずといへ  相違なしといへ  畫を書いて居るといへ  言葉といへ  姉わかれといへ  作者といへ  方面でいへ  客観的にいへ  給へといへ  文字で、いへ  所といへ  くもなくよくいへ  易道、といへ  大平、細かくいへ  俳優でいへ  遊びといへ  我輩不敏といへ  困難だといへ  脚本でいへ  なつてゐるかといへ  研究といへ  標準でいへ  希望、有るといへ  遠くといへ  鴎外としいへ  決心に対し、行かぬといへ  うだつていはつしやる、さういへ  折などでいへ  半ばといへ  大輪の、なんともいへ  大阪見物といへ  考へでいへ  首械といへ  血筋といへ  糸はいへ  親類といへ  さつき、さういへ  説ありといへ  法門にいるといへ  二十五年といへ  巳年十八歳といへ  一番獲たかといへ  会でいへ  時でいへ  歳でいへ  点かといへ  違ひも出てくるであらうが、かういへ  私感からいへ  つた兆しは、恐らくなかつたとはいへ  相違といへ  蛮風といへ  見物席はといへ  秘密を保たれた、何故といへ  足でいへ  形容でいへ  華楊といへ  もつと判り易くいへ  洋画に新しくとりいれるといへ  却つて面白い効果をあげてゐる、いへ  絵といへ  べりかといへ  勝負すといへ  書を作るといへ  一心伝道たらずといへ  それから強ひていへ  茶摘といへ  絹子はといへ  昼間といへ  から解らねえといへ  どこから出るかといへ  心ねを考へると、何ともいへ  三月といへ  キウリといへ  詩をかりていへ  修業といへ  四四之金といふかといへ  余といへ  地方問題といへ  方法かといへ  望してゐるかといへ  通人語を借りていへ  拾ひ上げて書いたかといへ  心理をいへ  横綱格といへ  筆といへ  松花堂といへ  終つた彼といへ  結果だけをいへ  俳趣ともいへ  域を脱してゐるとは決していへ  ひと口にいへ  減つたといへ  歴史小説かといへ  作爲といへ  感心して讀むかといへ  像といへ  知識とかいへ  言ひ過ぎといへ  政治上よりいへ  否やはしらずといへ  やけといへ  何處にあるかといへ  劇評家諸氏といへ  一派といへ  言葉を借りていへ  久保田君といへ  つてゐるかといへ  何方かといへ  盡すかといへ  カルチユアといへ  真実だからいへ  敵状をいへ  可、改めていへ  



前後の言葉をピックアップ
イブン・トゥルン  イブン・ユニス  イプスウイッチ  イプセル  イプセン  伊平  伊兵衛  胃壁  伊平屋  異変


動詞をランダムでピックアップ
へが終ろ買いこまくみかえ払い込め押詰めしぼりとらあやしんふん縛る装束く乗り合わし酔いつぶれ熬っくくり嫉ん究めよあとずさっもじ
形容詞をランダムでピックアップ
うつくしく羨ましい覚束無しあつ手重けばけばしくあまし難い恐ろしもったいな騒々しい薄うつよ浅し片腹痛つらきたなし厚ぼったぬるく口やかましい