「いぶかり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いぶかり[動詞]
なにぞといぶかり  五助はいぶかり  われを打見ていぶかり  ことをいぶかり  のかしらといぶかり  生物である私を、いぶかり  気配にいぶかり  郎党たちのいぶかり  上のみでは、なかなかおいぶかり  人々が寄って、いぶかり  態度には、いぶかり  夢ではないかとさえいぶかり  胸、いぶかり  われをいぶかり  姫君はいぶかり  駕籠屋はたぶんにいぶかり  われはいぶかり  跡をいぶかり  娘はいぶかり  人であろうかといぶかり  おばあさんはいぶかり  次郎が、いぶかり  隣人がいぶかり  杉弥はただいぶかり  声がきかれましたので、いぶかり  のかといぶかり  から、いぶかり  呼び出しであろうといぶかり  面持ちで、いぶかり  腹をたてて、いぶかり  姿を見せないので、いぶかり  伝六が、いぶかり  ぐできばえに不審をうって、いぶかり  いずれもいぶかり  何だろうといぶかり  んだらうといぶかり  もっともな、いぶかり  はずはないといぶかり  



前後の言葉をピックアップ
訝しげ  いぶかっ  訝っ  いぶから  訝ら  訝り  訝る  いぶかる  訝れ  訝ん


動詞をランダムでピックアップ
浮立っ遮ら寝ころばならえ嗅ぎつけよひらきなおっ押黙うけいれる押通す刷っ流れ込む詠める頌えるさまよう描こ薙ぎ払っ分から処せ屯せ転がり込む
形容詞をランダムでピックアップ
冷たき気恥しくっ余儀なき遅くっ手広野暮ったい粗くほの暗き良かっいとしくしろき粘っこいダサ小憎らしい気味が悪かろ口うるさく丸っこく猛猛しものぐるおしい