「いひ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いひ[動詞]
吉はさういひ  ワツといひ  苦心といひ  ことをいひ  注文をいひ  嘘をいひ  死なめといひ  私だ、うまくいひ  句作だぞといひ  場合だ、いひ  ようもいひ  愛情といひ  今まで繰り返していひ  イヲともいひ  理髪してくれた、何ともいひ  ほんとうに心苦しい、いひ  ために、いひ  筍も安いといひ  友情といつてはいひ  うまいものなしといひ  事をいひ  具体的にいひ  生活はさうでないといひ  不自然がよくない、いひ  五十知命、いひ  こと、いひ  つた、いひ  戯談をいひ  心気澄む、とでもいひ  憺、いひ  時の流れ、いひ  笥にもるいひ  十分にといひ  聲といひ  矛盾とでもいひ  上とはいひ  独居知己といひ  兒はがつこといひ  頼みをいひ  締り工合といひ  肉つきといひ  五十嵐といひ  五十嵐大膳長國といひ  態度でかういひ  直後私にいひ  それを制していひ  選択配列といひ  表情といひ  質といひ  言葉遣ひといひ  しかたといひ  佐といひ  飛躍といひ  不幸といひ  窮苦といひ  数々といひ  そといひ  山靈へのいひ  言の葉にかけて、いひ  青みといひ  雲といひ  私は、勇んでといひ  帰つてお父さんにさうおいひ  ほとやかくといひ  文のいひ  医者さまがいひ  お母さんはかういひ  診察をするといひ  やうにいひ  ボタンをはめながらいひ  矢釜しくいひ  皮肉をこめていひ  熱海へ行くまでは、たとひ死んでもいひ  友達を訪ねてくるからといひ  今夜は帰らないかも知れないわ、といひ  誰がいひ  免状を持つてるともいひ  ものといひ  ポーといひ  団体だともいひ  かくと、いひ  事ではありませぬといひ  こちらから返事するといひ  立派にいひ  事をいひいひ  一口にいひ  ところに、めずらしいながいひ  冗談をいひ  体格といひ  顔つきといひ  側のいひ  魚でありたいといひ  孫四郎はかういひ  歩行き得ばといひ  涅槃といひ  冬季ともいひ  ためなりともいひ  ものなり、といひ  誤謬といひ  明星調、いひ  山川草木一切成仏といひ  庭なめらかにといひ  天竺といひ  寒いからですといひ  表現とでもいひ  兄さんにいひ  熊川忠範といひ  からだつきといひ  顔色といひ  新体制といひ  建設といひ  ヘロヘロといひ  ロシヤといひ  御機嫌ようといひ  がめなどいひ  高名とはいひ  そんなら何故いひ  のだといひ  花ともいひ  的確にいひ  ひとつといひ  人のいひ  博士どものいひ  文といひ  明治の清少といひ  女西鶴といひ  たくはへもなくていひ  声でいひ  歸國といひ  児等皆がうましうましといひ  父よといひ  人々雪しろくたまれりといひ  後をふり向かないといひ  叢林といひ  之をいひ  他もいひ  つても、あの美味い、いひ  チヨツキをこさへたといひ  物のいひ  言葉をいひ  わしは、もうしばらくして帰るといひ  「さよなら」をいひ  北極といひ  南極といひ  象徴してゐるといひ  能があるといひ  來たといひ  買つたなあといひ  掛つてよう儲からんといひ  ことをするのうといひ  松居松葉子なりしともいひ  がためなりといひ  不在といひ  ものなれば並べていひ  案内をしようといひ  音が聞えるといひ  眼付をしながら、さもいひ  獨語をいひ  用事をいひ  口小言をいひ  勃凸がぽつりとかういひ  たかきつくともいひ  カナシといひ  人生をいひ  不運だといひ  ものだといひ  姐御といひ  意に解せよといひ  演劇ぞやといひ  政教分離といひ  創造といひ  姿であるともいひ  山間とはいひ  濱村温泉といひ  東郷温泉といひ  三朝温泉といひ  許であつたといひ  洞窟であるといひ  支那的であるとはいひ  入江であつたといひ  聲でいひ  聲でさういひ  ぎらひなチユーリツプは、ツンとすましていひ  曇り空を眺めていひ  魚則といひ  お初といひ  事はいひ  私につくといひ  暮しといひ  三日といひ  言をいひ  色といひ  宵の口といひ  帰朝後を待つてといひ  お父さんにいひ  主人といひ  三つ飛び出たともいひ  私を訪ねて来て、いきなりかういひ  しかしといひ  私のいひ  高下などいひ  輪廻といひ  道とはいひ  慶喜といひ  西郷といひ  生活力といひ  五分マッチともいひ  悦びをいひ  ためにも、いひ  日本語でないひ  才能といひ  亢奮したといひ  とりさんにいひ  きりぎりすさんのこしらへてきた靴を一目見ていひ  きりぎりすがいひ  進歩といひ  千本木川といひ  日眼女といひ  真実がいひ  マツクフアレエンといひ  長屋ものがいひ  用事をのみいひ  偽なりともいひ  僞なりともいひ  聖文神武皇帝といひ  言葉ではいひ  買つてやるといひ  柄といひ  容子といひ  正成楠といひ  十字街といひ  襤褸買といひ  粋といひ  口にいひ  帰家穏坐とでもいひ  御馳走させてくれといひ  シテといひ  眼といひ  口といひ  思惑といひ  義理といひ  ヒューマニズムといひ  不足だといひ  残つてゐるといひ  生活観といひ  率直にいひ  リカは、かういひ  うに、いひ  リカは、いひ  リカがいひ  ボーリヤがいひ  下女にいひ  コーリヤがいひ  コーリヤはかういひ  肩をつついていひ  サーシュカがいひ  手を出していひ  花をどうするかといひ  甞祭といひ  甞宮といひ  飾つてあつたといひ  室といひ  松浦川といひ  玉島川といひ  領巾振山といひ  平戸といひ  名護屋といひ  名所とはいひ  文句のいひ  朧月といひ  国民精神総動員といひ  事実といひ  不足といひ  不公平といひ  御宮といひ  直江山城守といひ  めんどりがいひ  調つた顏容といひ  龍宮といひ  愛といひ  存在するといひ  不一致をいひ  一方では、いひ  古典的とでもいひ  村長さんの御いひ  二人はいひ  冷やかにいひ  物をいひ  夫人はいひ  氣に見えるといひ  手のうちに戻つたとまだいひ  るこつたらうといひ  あけすけものをいひ  何かぶつくさいひ  食はぬといひ  邪慳にいひ  つぶやくやうにいひ  彼のいひ  今までいひ  何もいひ  聲でぽつりぽつりいひ  ちやならない、たいへんいひ  さがいひ  岩脈といひ  門が欲しいといひ  ものであるといひ  口をとがらしていひ  中でいひ  言葉にいひ  これをいひ  口幅つたいいひ  いふ、いひ  をかしないひ  イニーゴ・ローペス・デ・レカルデといひ  愛情は深められるといひ  屋といひ  地位を築き得たとはいひ  夏迅といひ  卅四箇日といひ  皇城といひ  難関といひ  品格下るといひ  これをとはいひ  お待ちといひ  御用あらばと、いひ  身の、何といひ  笑ひながらいひ  ことばでいひ  太郎さんがいひ  友を持つたといひ  ひなめといひ  神嘗といひ  事をみつぎといひ  鎮魂祭といひ  御神楽といひ  大八洲天皇といひ  Leonといひ  さといひ  千本濱といひ  公使は突然にいひ  ことにしてはどうだらう、といひ  それを取りに行きたいといひ  方がよいと思ふといひ  熱心にいひ  ことを早く知らせて上げたいといひ  評論をなさんといひ  觀念ありといひ  經驗事實なりといひ  期ありといひ  笑ふ如しといひ  理想派といひ  ことは既にいひ  づるを實際主義といひ  革命者實際主義といひ  屬すといひ  詩統よりいひ  顯しおきぬといひ  算術といひ  理想ありといひ  聲なりといひ  沒理想といひ  理想といひ  來空といひ  是といひ  體象力といひ  なりといひ  眞如といひ  太虚といひ  玄といひ  無といひ  靜といひ  空といひ  一といひ  絶對といひ  絶對我といひ  絶對主客兩觀といひ  絶對理想といひ  意志といひ  沒却理想といひ  平等理想といひ  故といひ  なりとのみいひ  斥くべしといひ  古人もいひ  來りて看よとのみいひ  常識といひ  造化有理想といひ  ところをば既にいひ  戲曲なるにあらずといひ  叙情戲曲といひ  叙事戲曲といひ  的戲曲といひ  防禦せよといひ  誤解なりといひ  言を立てば、かくいひ  法に説き及ばずといひ  竭さむといひ  詩といひ  現なりといひ  觀といひ  私情といひ  影といひ  畫といひ  沒理想なりといひ  師とすといひ  他をいひ  ものなりといひ  技倆といひ  一面審美學といひ  其用語といひ  其引諭といひ  覺といひ  知といひ  悟道徹底といひ  方便なりといひ  むづかしきものにもあらねば、いひ  觀頗る現れたりといひ  發行といひ  實際主義といひ  實主義といひ  落付き度いといひ  仲間でいひ  母にいひ  遼源ともいひ  間を延ばしていひ  小声にいひ  一杯にいひ  やうやくいひ  幸四郎に近きが如しといひ  弥平爺にいひ  発表するよ、いひ  自ら釣りしといひ  意地悪をいふなら、たつて借りようとはいひ  稽古をすると思はれては、いひ  丹朱これを善くすといひ  角を保つをいひ  烟幕だといひ  刑名相當るといひ  スラヴ国家とはいひ  日本語でいひ  日本語で何といひ  者にさういひ  覆面のいひ  やうにといひ  節といひ  専門とはいひ  戯曲そのものであるとはいひ  火を消し止めたといひ  お礼をいひ  初めにもいひ  事がないといひ  せがれだなどといひ  人物が多いとはいひ  比といひ  序とはいひ  一助はまたいひ  催促といひ  事に、いひ  母さんに、何といひ  それといひ  これといひ  はいとばかりは、潔く、いひ  あれ程までにいひ  娘御といひ  もの数さへにいひ  足引のと、長たらしういひ  顔付ではいひ  不憫やと、思ひながらも、いひ  我々よりはいひ  ものをと、いひ  心易げないひ  これは、よいいひ  深井様へのいひ  彼は益々いひ  帰つて来たといひ  差別すべきでないといひ  鼻つきといひ  眼のくぼみといひ  いものいひ  聖教を存すべしといひ  不安定といひ  奏上しようといひ  薛震といひ  獨孤莊といひ  始レ古といひ  禪讓といひ  放伐といひ  行孝といひ  祭祖といひ  孝養といひ  傳レ重といひ  國家といひ  天家といひ  民父母といひ  忠をいひ  高皇帝といひ  孝陵といひ  孝宗といひ  二十七個月といひ  家族といひ  天下といひ  父母といひ  糸桜といひ  入口といひ  國策といひ  國事といひ  短長といひ  事語といひ  長書といひ  修書といひ  謎といひ  招安といひ  角といひ  村といひ  春といひ  席に堪へずといひ  店と唯いひ  口よりいひ  筍藪といひ  ことによりて學ぶといひ  達觀もあるといひ  芝居がないといひ  どこといつていひ  事、いひ  ところがある、いひ  行乞者に勝つか負けるかによる、いひ  さ、いひ  持主ともいひ  酒を一杯飲ませて下さいとはいひ  煙草一服貸して下さいとはいひ  頂戴しませうとはいひ  物、いひ  はいかんぢやないか、といひ  なるたけ小言をいひ  なるたけ小言がいひ  何としてもいひ  ナンセンスとでもいひ  のは、いひ  ヨタのいひ  生活とでもいひ  田中、といひ  ホントウをいふ、いひ  自然を活かす、いひ  ところに、いひ  圧力、いひ  生活、いひ  胃袋、いひ  知、いひ  絶後とはいひ  花といひ  結果であるが、いひ  てゐなければならない、いひ  寝言をいひ  限り、いひ  里人のいひ  民風といひ  儀禮といひ  微笑をふくんでいひ  なかでかういひ  といへるが、また、さうばかりもいひ  一郎はさういひ  声を出していひ  文武といひ  すき加減といひ  工合といひ  つた声でいひ  芸術だといひ  小布施がいひ  軽薄ないひ  大胆不敵にいひ  造船匠も多く居たといひ  縣居といひ  地といひ  海へなげすてたといひ  刎橋、いひ  最後の言葉をいひ  母のいひ  彼らにいひ  背の高いひ  場所がらといひ  恰好といひ  下へと、いひ  下へいひ  延美といひ  童顔といひ  バルタザアルがいひ  二一、こごりになった古いひ  彼もがいひ  の子にいひ  仕方がないから玉川関にいひ  劇的主題といひ  劇的結構といひ  困難だといひ  爽快といひ  男は何ともいひ  大声でいひ  はずましていひ  元といひ  趣味性といひ  演劇といひ  演芸といひ  亀裂、ゆゆしいひ  冷かにいひ  思ひ出すらしくいひ  山の手組といひ  成といひ  お客様といひ  戯れ言などいひ  こなたよりいひ  人をといひ  身なるに、このいひ  事のみいひ  内祝言のみはといひ  幸さんといひ  これも我がいひ  体よくいひ  上手にいひ  はずばと、手軽くいひ  故郷へとのみいひ  おのがいひ  事なるを、などいひ  老媼のいひ  何事も、いひ  中川様はいひ  参考までにいひ  お母さんは、また優しくいひ  澤山あります、といひ  雨なり、といひ  晒すに好しといひ  葛巻は分らぬといひ  記録を、いひ  助とすといひ  僞作也眞書には非ずといひ  賢者とすべしといひ  殘つてゐるといひ  しかさうだといひ  榮久といひ  つて榮之進といひ  くつてゐるといひ  國民といひ  貿易的産物といひ  通商關係といひ  フテイヤツなとといひ  生死に拘るといひ  見栄といひ  魚といひ  口許にいひ  浪六がいひ  のなりといひ  明かに調へがたしといひ  こと物にやいひ  下りたるはきらひなどいひ  事やいひ  時はかくいひ  だしものといひ  脛といひ  等といひ  個性といひ  特色といひ  其時先生にさういひ  今日はまだおいひ  母様がおいひ  猿廻だといひ  一人もなかつたといひ  のだとさういひ  鮟鱇博士とさういひ  しづかに、おいひ  お前には分らない、とさうおいひ  いきをきらしていひ  唯本能といひ  悪心といひ  音といひ  色合といひ  虚説といひ  柳眉といひ  「ながら」といひ  響あるが如くいひ  撞著といひ  百本杭といひ  歌といひ  一派といひ  什に似たりといひ  唐歌といひ  歌ふといひ  露骨にいひ  程度、或はいひ  ことばが、どうしてこんなに力強い、美しいひ  氣にしないといひ  事だといひ  北千里といひ  百餘國とするは疑ふべしといひ  國を指すやといひ  土佐をいふかといひ  八女縣といふも見ゆるといひ  たるを推すに足るといひ  先達といひ  首をかしげながらいひ  和尚さんがまたいひ  菊次さんはいひ  菊次さんがいひ  つて、いひ  声で、いひ  菊次さんにいひ  口をきつていひ  菊次さんはかういひ  ひとりごとをいひ  菊次さんを見るとかういひ  菊次さんがまたいひ  そつけなくいひ  顔をしかめていひ  和尚さんがいひ  車にのりかけていひ  力をおとしていひ  ためいきをついていひ  浅緑とやいひ  読本といひ  さ、それでも生きて居ればいひ  態度といひ  心持といひ  標題が少し、いひ  文句がいひ  裏濱とはいひ  ツて、いひ  裏浜とはいひ  もの故見すなといひ  独り言をいひ  こツこツといひ  ところでと、思はずいひ  ねんごろにいひ  将軍太郎といひ  相馬小次郎といひ  誕だといひ  喜劇であるといひ  読者についていひ  簡単にいひ  これはいくらいひつくしてもいひ  自分でもいひ  無邪気とさへいひ  ことがいひ  はつきりといひ  声にいひ  からつて、さういひ  ここをいひ  小女にいひ  お前のおいひ  母でないといひ  無造作にいひ  小田がいひ  辺に、聞きしといひ  大八洲といひ  正確さといひ  ものが、いひ  三千雄から先にいひ  ところの何ともいひ  釋といひ  年頃といひ  中といひ  出來ぶりといひ  げにいひ  ようにいひ  枝を取りに行くといひ  かなへさせてくれといひ  静かにいひ  大人たちがいひ  子供たちがいひ  しらがのごいんきよは、いひ  一郎がいひ  太郎がいひ  英吉がいひ  政雄がいひ  話を聞くと、かういひ  きよは、いひ  から、いひ  子供たちもいひ  おわびをいひ  西洋人は、いひ  菫のいひ  蝶のいひ  友達にいひ  創作戯曲が出ないからだといひ  マンネリズムに陥つてゐるからだともいひ  /″\物をいひ  武器といひ  機械工業といひ  繁キヨリモ一といひ  春秋座といひ  本国劇といひ  きり伸びて小さいひ  風貌といひ  一つ喰はせて遣ると、いひ  玉のみすまるといひ  輪廓といひ  学校といひ  財産といひ  風采といひ  休養、いひ  癖とはいひ  空即是色、いひ  人もいひ  響ともいひ  二里もあるといひ  拳位ともいひ  女がいひ  所ありともいひ  コーヒーが一寸飲めるといひ  おれがいひ  大作といひ  久知奈波といひ  宇波婆美といひ  蛇といふばかりなるをぞいひ  名は広くいひ  損つたといひ  芸妓といひ  娼妓といひ  男ハツといひ  抱末若といひ  凉しき夏といひ  二黄昏一といひ  夕べにいひ  胤とはいひ  世辞などいひ  人にもいひ  発兌せんといひ  望みなしといひ  機会にいひ  自分にいひ  ことはなんにもいひ  過大にいひ  ことをまたいひ  ほうが薄いひ  方が薄いひ  禮をいひ  若葉といひ  しんといひ  ア、といひ  湯にいひ  荀卿といひ  正確さを以て描かれてあるといひ  はり愛想をいひ  似合ぬことなり、といひ  けちやいけないと、いひ  誇張したいひ  母親にかういひ  さあ何といひ  人はいひ  遺伝的といひ  其代といひ  向でいひ  天晴といひ  ことを分けていひ  衰をいひ  子供にいひ  相違にあるといひ  ことは、即、いひ  余裕のあるいひ  非常識ないひ  下僕にいひ  妾不幸にして、いひ  あらめ、よくぞいひ  主命とはいひ  ことありといひ  ト、いひ  ためとはいひ  言葉を尽していひ  人間に取られしなどと、いひ  様々にいひ  巧にして、いひ  名は何といひ  小言をいひ  頒ちしをいひ  鄒衍之をいひ  夜といひ  重厚味といひ  君がいひ  メエルハイムのいひ  これにいひ  松といひ  竹といひ  道といひ  何じるしがよしともいひ  自信とはいひ  阻害すといひ  上手とはいひ  手段であるとはいひ  裏書きされ、いひ  んだといひ  浪華亭といひ  井出君にいひ  テルといひ  瞬間、いひ  ドルメンといひ  霙といひ  ものにも現はれてゐるといひ  完全とはいひ  遠く一里下の人里にまで聞えるといひ  姿であるといひ  者のいひ  形といひ  国民といひ  厳密にいひ  太布といひ  はいづくにもいひ  万年草といひ  けしからんけしからんといひ  過去といひ  ノリ子さんがいひ  觀音樣といひ  辨天樣といひ  ヴィナスといひ  五衛門といひ  再興したいといひ  間にいひ  そこにいひ  宮廷といひ  意匠といひ  無視といひ  大脇信興といひ  たまといひ  其少女にいひ  都といひ  母様のいひ  面倒ないひ  あとは絶やしてしまひたいといひ  毎日喧嘩ばかりしてゐるといひ  どこ這ひでていひ  けふもいひ  女ありわがいひ  相を見せよといひ  さに飽きたりといひ  奴といひ  何ごとかをいひ  言葉でいひ  んだ、といひ  ものをいひ  一口もいひ  川上直吉がさういひ  一人がいひ  ものに押されていひ  あれといひ  俳優といひ  ついでにいひ  五十沢川といひ  エゾ種といひ  程もいひ  給ひしなるべしといひ  土俗の、いひ  陸奥といひ  南部氏の分れであるといひ  伝統、といひ  句よくもいひ  放題に遊ばせたといひ  いふよりも、こすり込んだといひ  ゆがみといひ  口調で、いひ  一親友たらしめよと、いひ  事を、いひ  浮島といひ  唱歌のいひ  内川といひ  神のいひ  といなみにいひ  心なくいひ  綺麗といひ  浅草といひ  めていひ  時一人のいひ  何となく古めきていひ  墨色といひ  出來榮といひ  接吻といひ  眼の光りといひ  やつは、実になんともいひ  誰だといひ  俎といひ  父のいひ  捨科白をいひ  超人的ともいひ  煙といひ  山といひ  野原といひ  町名といひ  元柳橋といひ  ことといひ  正当さをいひ  おごそかにいひ  昔よりいひ  打臥すほどにもあらねば病めりとはいひ  心柄とはいひ  皮といひ  椀ぢやありませんかといつたら洗うてたべてるといつたといひ  當船が搖れたといひ  無感覚といひ  こいつて、いひ  独りごとをいひ  若い男はぶつきら棒にいひ  ねこさんがいひ  伊藤孝太郎といひ  あたい何もいひ  口々にいひ  人がいひ  ばちやんといひ  しろを見ていひ  顔でいひ  克巳もいひ  学校から帰つて来ない、といひ  小平さんがいひ  基と、いひ  何時離縁をいひ  急にはいひ  花に来てといひ  清といひ  口に出してもいひ  根氣よくいひ  惡口をいひ  平生惡口をいひ  寒いといひ  ぢを威したり賺したりいひ  斷乎としていひ  なつたといひ  たくさんだといひ  私がいひ  絶對に良いといひ  惡いといひ  哲學的精神であるといひ  私自身にいひ  案内するといひ  能くも汝はいひ  んといひ  とき汝は何といひ  心ならひにいひ  グリーンウェイといひ  居なし、といふいひ  師のいひ  星といひ  上手といひ  候ぞやといひ  高飛車にいひ  劇といひ  映画といひ  町そのものといひ  家々といひ  敬遠策であるともいひ  お父さんがいひ  かみさんがいひ  蓮華班といひ  大なるをいひ  嘉瑞といひ  根雪といひ  測量といひ  ここですこしばかりいひ  二布といひ  脚布といひ  はこべといひ  悪口にいひ  眼にも見よと、さすがにいひ  のですかといひ  かすかに、あらまアどう致してといひ  むとする時、ウーンといひ  深切より、いひ  志嬉しからぬにあらねども、いひ  何じやといひ  かものいひ  名前は分らないとおいひ  ヲヤといひ  方へ申し込めりともいひ  それなれば宜しいがといひ  前にいひ  昔堅気をいひ  先生がといひ  ことなどいひ  ソーといひ  素気なくのみいひ  から話していらつしやいよといひ  人相といひ  數字をいひ  つてもいいではないかといひ  給へとでもいひ  役所といひ  馬子といひ  相州さまといひ  御家人といひ  土民といひ  むかし臨江王といひ  首を擡げもあへでいひ  われ知らず話しいりて、かくいひ  マリイといひ  衣着よといひ  声にていひ  花を咲かしていひ  大黒様のいひ  畜ともいひ  印刷といひ  製紙といひ  使用といひ  誰にもいひ  何にもいひ  人々にいひ  百ぱつ百ちゆう、ぴたりといひ  なんでもいひ  クロもいひ  クロにいひ  クロがいひ  手をかけていひ  鍵をかけてやりながらいひ  ポン公はまたいひ  ターマンはいきなりいひ  お爺さんにいひ  一同をあつめていひ  現在に存するともいひ  當を得たといひ  盡したとはいひ  傾向であるとさへいひ  基礎をなすといひ  もの、といひ  必然的歸結とさへいひ  顯はにするといひ  完成といひ  はじまるといひ  約束といひ  判然といひ  因て定められたりといひ  人といひ  のといひ  阪中君といひ  川口君といひ  ガスパールは、いつもかういひ  政といひ  知つたといひ  ハリダスといひ  自殺したといひ  紡錘でつついて怒らせ噛ましたといひ  訳はなからうといひ  春とはいひ  最後にいひ  ことを知らなくなるといひ  清浄さといひ  からといふいひ  それをいひ  独語をいひ  やうに鳴くといひ  人國に必ずしもいひ  からうた聲あげていひ  こと人もいひ  ぢてといひ  今日だにいひ  たる人にいひ  柔かになるといひ  譽むべし、かくいひ  我即ちいひ  彼にいひ  トリスターノを、かくいひ  罰をうく、かくいひ  火何といひ  後にいひ  熱度一樣ならず、かくいひ  言を明かならしめよといひ  げ、かくいひ  孫なりともいひ  なほ問ふことあらばいひ  グエルラといひ  傳へよ、かくいひ  我にいひ  武夫來れといひ  ことなきにあらずといひ  エウリピロといひ  スコットといひ  あれ見よといひ  益かあるといひ  スカルミリオネといひ  我等はや待ちあぐみぬといひ  カタラーノといひ  勿れといひ  損害をうくといひ  從ひ、さらにいひ  術をしれりといひ  我汝をいだかんといひ  カミチオン・デ・パッチといひ  罪をいひ  ざるやといひ  來をいひ  三月二十五日といひ  ダ・モルロネといひ  路をいひ  略名といひ  口ぐせとなりてかくいへるなりといひ  といはずして侮りしといひ  スラヴィーニ・ディ・マルコといひ  人を害するをいひ  ヴィターリアーノ・デル・デンテといひ  ジヨヴァンニ・ブイアモンテといひ  シパといひ  あしざまにいひ  據りてかくいひ  一小島なりといひ  河口といひ  ベンヴェヌートといひ  のあしきにいひ  たるを指せりといひ  統治に快からざりしによるといひ  マラテスタ・ダ・ヴェルルッキオといひ  紐といひ  例外なりといひ  却つて我にいひ  蒼黒きをいふといひ  人力車が安かつたといひ  蘇武といひ  免かれずといひ  努む可しといひ  充全ならしめむことを望むといひ  希ふといひ  狂乱といひ  政治家なりといひ  愛好せりといひ  失体といひ  出処進退にも譲らずといひ  要求に応じ難しといひ  陰険といひ  平次がいひ  ものもなにかぶつぶついひ  腰をかがめていひ  ねつしんにいひ  ためになるかしれないといひ  百姓家にいつてかういひ  鐘楼を見ていひ  狂亂といひ  失體といひ  讓らずといひ  應じ難しといひ  陰險といひ  彼はいざ見よといひ  者ソルデルロなりといひ  否あらずといひ  嗣子についてはかくいひ  敵を見よといひ  我見ざればいひ  心いたく傷むといひ  給はずばといひ  爲に報いんといひ  高らかにいひ  汝を尋ねたりといひ、いひ  しきマリアよといひ  客舍にあらはるといひ  衆皆斯くいひゐたり、かくいひ  彼かくいひ  默せといひ  づ斯くいひ  ゴモルラといひ  如何といひ  福なりといひ  我は早くまた永くこのいひ  續いてまた斯くいひ  凝視るよといひ  アダモといひ  保たるといひ  グッチョといひ  爲せといひ  マリーといひ  事成らざりしにいひ  香ありといひ  ざるをいひ  輪郭をいひ  オレステスなれといひ  せりといひ  んとてかくいひ  オットブオノ・デ・フィエースキといひ  苦しみをいひ  魂につきていひ  盡くべしといひ  後死せるにいひ  レーテといひ  風をいひ  律法をなみせるをいひ  顯はるべしといひ  英雄的氣象といひ  意義を有するといひ  疾といひ  雨といひ  ば物といひ  氣といひ  潮氣といひ  河氣といひ  澤氣といひ  野氣といひ  泉氣といひ  虹氣といひ  暈氣といひ  塵氣といひ  雲氣といひ  東といひ  馬車別当にいひ  きみはかくいひ  ゆゑにつつみかくさずいひ  蟹がいひ  年をその移るに任せよといひ  アルベルトといひ  アーメンといひ  我かくいひ  前にてわがいひ  ソノといひ  樂しみよ、あゝいひ  名をいひ  宣傳へといひ  彼につきていひ  尼となりゐたりといひ  意志を指して屈せずといひ  後といひ  定かにいひ  利なきをいひ  美を増すをいひ  ざることをいひ  數なるなどいひ  教へを信ぜよといひ  裕かなるをいひ  ペッカトレといひ  愛をいひ  給へりとはいひ  悲曲といひ  焔章旗といひ  帝國といひ  換算を知らざるをいひ  方といひ  経験といひ  思想といひ  生活といひ  趣味といひ  鼬といひ  雲雀といひ  材料といひ  體裁といひ  文章といひ  色彩といひ  描線といひ  一言もいひ  ンぢや、何ともいひ  氣の小さいいひ  まことにいひ  おそのさんのいひ  ことまでちやんといひ  大臣にまかせ申すとだにいひ  ことの恐ろしといひ  否とのみいひ  さまにてひそやかにいひ  尾といひ  獅子といひ  骸骨のいひ  まり埼、いひ  花さく梨の潔くいひ  來とさへいひ  心は嘗ていはなくに思ひ堪へねばいひ  こと度を知らずともいひ  なでしこをみずといひ  崩といひ  薨といひ  整理といひ  處分といひ  國都といひ  宮殿といひ  長城といひ  索虜といひ  島夷といひ  物なりしといひ  改良といひ  先生はかういひ  鑑賞といひ  殊に歌麿板画のいひ  色調をいひ  言葉もていひ  凡そ和歌といひ  狂歌といひ  台詞のいひ  言葉を繰返へしいひ  運筆といひ  畫題といひ  男がいひ  エミリアンはいひ  にこにこしていひ  盗賊がいひ  んぢやないか、といひ  空を飛んでゐた、といひ  やうだ、といひ  声をしていひ  主人にいひ  盲人がいひ  風にいひ  三人のいひ  盲人たちにいひ  打振りながらいひ  翌日にしたいといひ  エミリアンへさういひ  朝ですと、かういひ  食堂では、かういひ  夜になると、かういひ  人にいひ  人たちにいひ  羊を見てゐましたが、やがていひ  鼬をなだめながら、いひ  笑ひやめて、いひ  なつて、いひ  日わたしにいひ  魔法使だといひ  実をとるなかれかくいひ  酒を飲むなかれかくいひ  歌をきくなかれかくいひ  迷となるなかれかくいひ  かざりにといひ  旅をひきあげたといひ  相撲取花といひ  ブツブツものをいひ  人性といひ  ぢ登つてみせるぞといひ  道徳であるとはいひ  點にあるといひ  機械的に過ぎるといひ  探求であつたといひ  企業家であるといひ  敬虔なとさへいひ  批評といひ  言動が多かつたといひ  腹といひ  二篇といひ  フラフといひ  フューザン会といひ  場所といひ  名といひ  荘平といひ  思つたよといひ  そこをつかんだといひ  紳士ドン・キホーテ先生といひ  誰彼にいひ  尊といひ  機械装置劇といひ  殊に映画といひ  こと愚なりといひ  ポオといひ  ホフマンといひ  光といひ  圧力といひ  のだとおいひ  其黄金機会がないとおいひ  心得をいひ  手でまねき、かういひ  直と出るから、といひ  何となく不興気にかういひ  幻想とも妄想ともいひ  初春といひ  武力といひ  経済力といひ  力といひ  義侠といひ  忠孝といひ  Positivisticといひ  のかといひ  禮もいひ  顏容といひ  音聲といひ  事に対して、いひ  權といひ  へんかといひ  時代物といひ  浙江板といひ  僧とはいひ  直接にいひ  わしがいひ  張込みにいひ  三太郎といひ  駒といひ  世辞をいひ  素気なくいひ  お断りおいひ  父といひ  何といひ  それにちがひないので、いひ  牝牛がいひ  答へていひ  笑ひをおさへていひ  牝牛も負けずにいひ  蛙がいひ  本質といひ  身なりといひ  今から歴史風にいひ  からといひ  余事ながらいひ  帰化したとはいひ  八十禍津日神といひ  袴着といひ  人はとかくわるくいひ  媚をふくみ、いひ  名所をしるといひ  おいらんにいひ  手なみを見よといひ  大丈夫ですからと、いひ  事はもういひ  此をながめをするといひ  宮といひ  爺さん牛は、かういひ  話をいひ  ところを出して指さしながらいひ  まり憎らしかつたので思はずかういひ  雄鶏がいひ  誰やらがいひ  親切にいひ  つて眠るやうにといひ  職業といひ  身びいきにさういひ  桂月氏のいひ  直線といひ  曲線といひ  画風といひ  方法といひ  世間でいひ  写意といひ  憎まれ口をいひ  素朴であるといひ  遊びなさいといひ  絵画でないといひ  てゐますねといひ  星野ピチといひ  ミルチス・マヂョル市といひ  暗やみでも見えるといひ  浜といひ  様をいひ  馬といひ  公用語といひ  會話といひ  所作といひ  仕草といひ  秋たつ日とはうへもいひ  霜といひ  秋といひ  初秋にも涼しといひ  盛夏にも涼しといひ  衣をき、白いながいひ  げいばかりだといひ  金貨にかへてみろといひ  けんめいにいひ  そこに坐らせていひ  聖者さまだといひ  海賊ではないといひ  引上げたいといひ  祝をいひ  ぢさんはさういひ  濟みませんといひ  頸をなでながらいひ  のだと、いひ  をかしといひ  お母さんがとんできていひ  お母さんにいひ  酒に、いひ  變といひ  男性といひ  たいがい誰もがいひ  まり進歩したとはいひ  希ふ、頼む、といひ  中央都市にはないと迄いひ  帝都といひ  農土といひ  文士といひ  さ節といひ  急用をいひ  江月といひ  清巖といひ  具體的にいひ  宿命だといひ  魚ではないといひ  任寛がいひ  ことをおいひ  もつと分りやすくいひ  平安朝といひ  一つのいひ  紫といひ  青磁といひ  細君のいひ  言葉があれば、喜んでいひ  氣障ないひ  拔けた息子にいひ  母はさういひ  方からおんぶしようといひ  獨言をいひ  思つて有繋にいひ  看護員のいひ  時も、いひ  さつきもいひ  



前後の言葉をピックアップ
威張ろ  威張ん  イバン  イバンス  イバーニェス  イヒチオル  イヒチオール  イヒチトキシン  遺筆  イヒヒヒヒ


動詞をランダムでピックアップ
群がっ真面目くさりあつかひ寝付こよごれ至っ掛けよ擦れあう減りやり遂げ轢か抱き合わ続ける焼付けうるおいあわさら補う点頭く差置い溶けだし
形容詞をランダムでピックアップ
賑わし程遠いいやしいさもしく喜ばしい末頼もしい煙い気づよい難かっまる若わかしい太き鬱陶しき照臭由々し回りくどく面はゆい高けれ若々しき