「いは」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いは[動詞]
世辞をいは  何もいは  表現は、いは  誰に何といは  意味とか、いは  作家自らでもなく、いは  感じ易く、いは  狙つてゐて、いは  泣ながら、そしてごそごそいは  好きなだけ食べなさい、食べろといは  泡とでもいは  米観音とでもいは  人にいは  詩人とでもいは  誰かにいは  愁歎のいは  一人を分けてもいは  言つたら、いは  學者といは  嘘をいは  死前にとやかくいは  樹明君から来状、来てくれといは  四月廿九日天長節日和とでもいは  ウソをいは  憂欝とでもいは  沈潜とでもいは  ライクロフトにいは  マガママモノといは  ゼイタクモノといは  春時化とでもいは  破片といは  屍といは  愚痴をいは  一歩一杯とでもいは  贅沢とでもいは  マダムとでもいは  幸福とでもいは  慈雨とでもいは  酔中厚顔とでもいは  談を費すに及ばずといは  者が、困るといは  處、いは  私は、いは  飮めないので、いは  示唆を得て、いは  てゐるぞといは  人間の、いは  事をいは  おれひとりといは  ものをいは  わたしはあをいは  卵よあをいは  支配せられたといは  開國家といは  攘夷家といは  絶無であるとはいは  最近五年間といは  作家であるといは  百姓にはめづらしいは  眞面目にかういは  餘りにいは  雨乞小町などといふいは  従つて生涯無垢だといは  自分が悪くいは  人にかれこれいは  めは忘れたかしていは  嫉妬をうけるいは  物もいは  衆などいは  姿がうかぶといは  嫌といふなら、いつてみよといは  ハイと申し上げよといは  就てばかりではなく、いは  建物疎開ですといは  部屋はないといは  まり私のいは  論争を封じてとまではいは  こと、いは  頭といは  背といは  言ふもいは  特色をいは  地についていは  明にいは  試にいは  一例を挙げていは  作つたといは  頃一碧湖といは  ことで、いは  違つた他家から妻を娶つて、いは  ゴハといは  遊びに来いといは  妄想ともなり、また、いは  あらまし人なればとて、いは  から、いは  聞よくなどいは  錦よといは  眼といは  口といは  出発点にしようといふ、いは  今少しいは  ぬれ衣などいは  間なんていは  態度をかへて、いは  歌へとはいは  心配するいは  もちがいは  わしからはなんにもいは  大庭君のいは  浮流するといは  贅沢さをしばらくいは  瀑であるといは  ことを得べしといは  木曜会に赴きしいは  ここにいは  事をしたといは  眼を思ひだして、いは  冗談ごとのうぬぼれにいは  物をいは  女はいは  荷田大人のいは  醋鮹だともいは  造つたのだといは  何にもいは  鐵火といは  ことはいは  男を近づけなかつたともいは  末だからといは  人間的であり、いは  言葉であり、いは  ところから出発し、いは  実体が、いは  眼蓋を伏せていは  大国主命をまつるといは  夫がいは  鹿が住んでゐるといは  の都會といは  樂しいといは  春先には驚くばかり美しいといは  一つ開けるであらうといは  繩張りによるといは  荒魂をうけついだといは  老熟期に達したといは  やうに、いは  變つてしまつたといは  気はいは  故郷人にいは  家並がひとならび流れてゐるばかりで、いは  ままにまかされ、いは  小言もいは  小言をいは  二言といは  計もいつて呉れるな、いは  直書シテ諱マズといは  公主にいは  馬鹿をいは  月といは  燈火といは  於て、いは  おいでなさいといは  マンドリンはぜひもつていけといは  森もあれば、えもいは  簡単な、いは  ちやつた、とは、きつといは  國といは  國ともいは  噴出したといは  數へられるといは  ようだとよくいは  ソムマといは  一といは  光を出したともいは  採集されたといは  例がないといは  ものだらうといは  完全といは  つて、決して、しかし、などとはいは  敷居とでもいは  非難されなければならぬいは  つたといは  なに事もいは  三、語らずいは  んがさういは  昔から決していば  てゐないといは  死別ほどのはあるまいなどといは  尼御前にいは  病ならば癒して、よく生きなければいけないといは  大衆雑誌といは  相応するともいは  描写にあるといは  のによるともいは  文学といは  余地はないといは  賞讃に値するかどうか、疑はしいといは  幸福であるといは  附萬端姫樣といは  エリスに何とかいは  讀書家といは  者といは  人といは  狹量さに驚くよりも、全くいは  のですえもいは  犬えもいは  ことをいは  ことなんてないのよ、あゝいは  エミにいは  紺といは  気味よしといは  アしめえか、何ともいは  信仰といは  有力であつたといは  戰爭といは  戰爭抑制者といは  ものといは  收穫といは  ことといは  問題であるといは  ことが度々いは  此立派さを何といは  足と何といは  僕は、なんにもいは  握手をしてはいけないといは  初耳だ、といは  西洋の最も美しいといは  頭から思ってなどいは  庭といは  山光といは  水色といは  状態と似ていは  雑草をいは  あとはなんにもいは  用はないといは  それをいは  ベストワンといは  故郷とでもいは  知らない奴にいは  何のいは  陰翳に富み、いは  傷ひ、いは  模寫説であるといは  模寫説といは  眞理といは  一致すべきであるといは  のであり、いは  ざる、いは  端初に立つといは  自我についてもいは  陷つたといは  依存するといは  判斷といは  妥當するといは  樣にいは  理性といは  區分したといは  んといは  別居生活を隔てて、いは  必要はないといは  非難すべきいは  ぢや無いか、といは  意氣ごみ、いは  から何かをいは  なにもあんなふうにいは  一言もいは  ちかがいは  鼻をふんふんいは  手をおいてかういは  当り前だといは  ものをかきたいといは  ゑ出身であるといは  わけではない、といは  ぼくをしていは  現象といは  こともいは  山から切り出したといは  體驗したといは  私有制度だといは  邊といは  功といは  改良進歩を遂げたといは  鷺によく似てゐるといは  充分にとり入れてあると、いは  恆信風ともいは  學問といは  藝術といは  ただ人していは  医者がなんといは  方がやかましいといは  ボルドーといは  歸るともいは  全部乘り込んでもらひたいといは  ことがあつたともいは  愛する人が多いといは  哲學統といは  上をいは  沒理想といは  眞如といは  玄といは  先にせよといは  因明にいは  大詩人になれともいは  なりとはいは  われ其質必ず等しといは  烏有先生をして然りといは  逆寄せよといは  兵をもてせよともいは  助にいは  千魂萬魂といは  種類の、いは  中に来ていは  のでもなく、いは  引出しをがたがたいは  原因もない、いは  彼もいは  婚を結ばうとする、いは  翁もいは  オポ山に登り、荒涼といは  渺漠といは  それといは  名をつけたってどうしていけないといは  ようにだいぶ弱っていは  枝といは  幹といは  奇異ともいは  /″\禮をいは  ものではなくて、いは  全然ない、いは  私にいは  實際島崎氏が何といは  頃といは  子供だといは  君をしていは  デカルト学派に属するといは  辞書であるといは  名前は、故あつて、いは  それも、故あつていは  地といは  大地震についていは  以て瞑するに足るといは  ように押し潰されるといは  骨頂といは  彼にいは  得もいは  東京の、いは  小判だなんといは  二種類があるといは  馬鹿七といは  腹でいは  証拠に立たせて、くれとはいは  詞のはしばし、いは  眼にいは  否といは  散会ぞとは、いは  事も、いは  奥様、うむと、いは  事かと、いは  ものならば、いは  手で、探し出しても、殺してみせると、いは  頼みまするといは  否とはいは  いふにいは  妾様といは  いやといは  一歩なりとも動いて見よと、いは  事情をいは  誰ぞに何とかいは  誰が何といは  ものでもないと、いは  思想をのべて見たいと思ふといは  都だといは  巳さんが棲んでゐるといは  原本でないといは  許し合つた間柄といは  次第といは  のだといは  アツパツパ礼讚はどうしたといは  アツパツパ禮讃はどうしたといは  殆ど想像以上といは  奇現象といは  高位大官といは  田夫野人といは  遺憾といは  つて書くことであるといは  軍隊といは  笛塚といは  目には見えないでゐる、いは  ものだともいは  心を高く大きく持つて、いは  有せぬ、いは  美人であるといは  藝者にいは  媛や、いは  広告費を投じ、いは  これ以上のものをやらぬとはいは  一大弱點といは  値打はあるかも知れない、いは  嫌味をいは  宮崎では良すぎるといは  声で、出ませんよといは  慧可大師に何といは  巡査にやかましくいは  まり礼もいは  宗教とでもいは  蓮根町といは  西洋的ともいは  特権とでもいは  うだつた、とでもいは  馬酔木居で、肥えたといは  不平をいは  炭坑寺とでもいは  美景であるといは  徴だといは  気持である、さみしいといは  荷物が多過ぎるといふ、さういへばさうもいは  宿とでもいは  酒はもとよりいは  推敲改作とでもいは  勝手に召しあがつて下さいといは  五銭は安かつた、いは  花みればそのいは  前でいは  今頃父母を慕って泣いていは  岡本綺堂を語れといは  千住は更にもいは  才人があるが、いは  眼をむけ続けてゐたが、かういは  メンクイだといは  賜物といは  こいつていは  部類に入れて、いは  眼をもつて、いは  とつて、いは  私を苦しめ、いは  浜田山のいは  作家といは  住先生ほか二人がどうしても出さんといは  つてゐるといは  云はん否とやいは  さよならなんていは  國民性かと直ぐいは  訂正のしがいは  たるは、えもいは  先づその一ツを挙げていは  愛嬌籠りてや、えもいは  奥様といは  遊びに来よといは  他事なくいは  忌憚なくいは  恋心で、いは  今から詫びをいは  やうにせよともいは  流だ、といは  表現であるといは  男といは  女といは  それが当然だといは  目録を取りよせたりして、いは  ハボンスは大層喜んで、いは  誰にもいは  シャボン玉は、いは  地由来文化なし、いは  実演出来るといは  しまへといは  むと欲すといは  校合すべしといは  言葉のいは  人で、いは  體が、いは  こと九囘に及ぶといは  つたのか、そのいは  てゐるが、そしていは  知識といは  魁けたものだといは  ことができず、いは  ものであり、いは  偽りともいは  可からざる一要素であるといは  史料といは  追憶され、いは  それは寧ろいは  うちにいは  彼においてつねにいは  座席といは  迷惑千万だといは  ものもいは  ことしかいは  やうに、良いとも、悪いともいは  歌にていは  俳句にていは  詩にていは  厳格にいは  方に近づくとでもいは  軽快にも詠めといは  点よりいは  歌を詠めとはいは  品格善しといは  上品下品をいは  数ふべからず、いは  姓名をいは  こころみにいは  一両日は時々いは  歌といは  肩といは  ことであるいは  先駆ともいは  これに離れよといは  落度といは  俳句的といは  謎的といは  絶筆であるといは  処はいふにいは  標題などは、いは  素人だましといは  芸者でもしていは  屋根ともいは  時泣蟲といは  あはれともうしともいは  都会といは  人生通といは  ブールヴァール作家といは  しかるをいは  首途を見よやといは  大当り、やんやといは  ものぞといは  泊まつて行けともいは  清教徒的でなく、いは  フランス軍人をあつといは  ことを考へると、またさういは  卑怯といは  軍人たちをあつといは  中に、いは  寐ぼけ生徒といは  一種のいは  美文素を取りこめといは  美文素を取り込めといは  間に来ていは  一例だといは  開祖といは  演劇本質論で、いは  ジャーナリズムに媚びたので、いは  蓋を開けたり閉めたり、パチパチいは  御前といは  脱退騒動は、いは  極度といは  小なりといは  一つといは  軽井沢になるといは  白岩といは  長野かといは  余得とでもいは  飯が食べたいといは  今夜は泊めてもらひますよ、とも何ともいは  しき物更にみるべからずなどいは  性格のいは  かさがせといは  秀郷一義もいは  イプセンは、いは  去年とやいは  今年とやいは  劇団のいは  儀式、いは  愚痴をこぼすいは  上手といは  ツといは  民衆といは  役者にいは  当年三十三の、いは  義母にいは  妹からあんなにいは  ひとには、いは  目学問といは  ひだに詠んだといは  理窟をいは  場合もなきにあらねど、概していは  遑なしといへども、概していは  文章になしといは  鮎、いは  自然であるといは  方八里といは  禁止をいは  言語同断であるといは  存在するとまでいは  理由如何といは  背後にかくされて、いは  面倒だといは  翳がどことなく射しはじめたが、いは  羞恥とか、いは  吐露すといは  女中にいは  街もいは  筆にするに忍びなかつたし、又いは  五千ともいは  移つたといは  無定形の、いは  別の、いは  繋にいは  兄者が泣くなといは  手を放れようといは  為でもあるといは  歌屑といは  方であるといは  其方がいは  聴水ともいは  ピチリといは  デーといは  孝悌をいは  いくらといは  迂闊が、いは  ところで、いは  のもいは  編輯長は、いは  さ、いは  のであるが、いは  のがいは  同人達がいは  女王は、いは  ことは、いは  ことが、いは  のもまた当然のいは  のは、いは  蒼ざめたこの現実の、然しいは  つたのでなく、いは  申分なく、いは  状態に落ちていは  それもいは  人のいは  名をいは  一生の、いは  つた、いは  閑暇なくては出来ず、いは  後といは  名主といは  やうな、いは  手足が生えたとでもいは  程だといは  つたからだといは  天使といは  膝をドスンといは  明瞭といは  辺をごそごそいは  彼女は、いは  是非心配してくれといは  ものが何ともいは  恋といは  必要がないといは  点自由であるといは  中味は死んでゐるといは  模範村といは  さへいは  文学であるとさへいは  文学であるといは  正確に同じであるといは  国民といは  文化であるといは  空前といは  花見ればそのいは  あすなろのやどりきといは  養つてゐるといは  虫けら位しかいは  名を生んだといは  神であるといは  三日目といは  自称したり、いは  適しないといは  妖婦といは  ラブスターとは、いは  論語知らずとやいは  悲などはいは  鎌倉といは  関係があるといは  發見であるといは  かたまりなりといは  ものをもいは  あんたにいは  仲間にいふだけいは  自ら、いは  毒を制すといふが、いは  つただらうといは  訳といは  殘念物をいは  明代のものではあるまいか、といは  代り、いは  づつた、いは  処で、いは  恋愛を説くといは  仕事だといは  のかといは  問ひぬぬしいは  君といは  如しといは  口髭といは  顎鬚といは  眠りから眼が覚めたといは  波蘭人等から有無をいは  見舞を受けたといは  衣嚢をジャラジャラいは  会ひに行くでもない、いは  物語は、いは  一つのいは  ためともいは  所とやいは  年経ぬれば人にいは  がためにいは  運惡くとでもいは  非常に美しくて、よくいは  地蔵様がいは  人間といは  光栄だといは  人が多いといは  疾うに目覺めてゐるといは  誰がいは  添へて、いは  不幸といは  隅にと、いは  口からいは  夜ともいは  医師に見せてはと、いは  襲ひ、えもいは  どこへ置いて来たともいは  東京に居たとはいは  小言などはいは  戲談でもいは  打撃であるといは  六ケ敷ことばかりもいは  村からいは  おら旦那にいは  複雑が、いは  ものを擧げよといは  一般にいは  哲學國といは  科學概論についてもいは  根本問題であるともいは  課題であるともいは  さへあるといは  ことであるといは  哲學がむつかしいといは  許嫁ではなかつたのに、なぜか全くいは  別な、いは  がちな、いは  山を降り、いは  気おくれがいは  画期的であつたといは  座を正して、其のいは  名称のいは  残つた連中にいは  指先きに噛みつくと、いは  さほどあるといは  中心地といは  私情のあるべきいは  語気のあるべきいは  街にうまれたからだといは  文学ハカセだといは  九、いは  杢太郎氏にいは  不祥といは  土地柄といは  わけでせうな、といは  共栄圏などといは  作といは  悪口にいは  大福長者といは  自分から離していは  私はかういは  斯うして待ちますよといは  男女をいは  航路といは  幸福といは  同感だといは  收めたからとて、もうよいよとは決していは  幕になるからといは  やあらむ、いは  味方にいは  男にいは  真面目にいは  我儘はいは  エとしばしばいは  それとはいは  庭先といは  算といは  断片といは  癖とでもいは  のんきといふか、まぬけといは  節句晴といは  冬菜といは  何ともいは  其極衰のいは  連想したるまでにて、かくいは  客観的にいは  連想したる迄にて斯くいは  客觀的にいは  大事變といは  大事件といは  果報者といは  貰ひたいといは  そり老けたといは  てんがいば  それきり何ともいは  供給者であるといは  觀といは  客體面の、いは  歩みは更に新しきいは  對していは  客觀的實體は、いは  等質的なる、いは  しかもいは  當てもなくいは  神は、いは  外にいは  表面的從屬的なる、いは  徹底的に、いは  脱却し、いは  關係、いは  向な、いは  至言といは  藝術家といは  恥辱だといは  享けるぞといは  出掛にばかりいは  血統があるといは  さまをいは  我にいは  ためさらにいは  たまへといは  先をいは  何をもいは  誰なりやといは  ヒチといは  概略をいは  惡をいは  事がいは  狛犬獅子也といは  語根についていは  事といは  ものとはいは  上にもいは  汁をかへよ、といは  芋は、といは  むとして慫慂頗る勉めたるは又当然といは  退歩といは  国民なりといは  策士といは  時代といは  ことをしてこそえらいといは  名前をいは  のも、いは  當然といは  國民なりといは  学校過剰といは  ざる者のいは  とき我よくさとるといは  エリといは  ヴィルジリオにいは  變りたる深きいは  竜のいは  弟子のおにいは  紳士といは  應はしくいは  何人なりしやを思へ、またその求めよといは  汝等にいは  アーヴェのいは  我今名をいは  語をいは  敢ていは  めしやをいは  事もいは  望みのすぐれて大いなるをいは  一部なれは特にいは  論議をさけて、いは  脱けきれない、いは  ものでもなく、いは  没頭した、いは  紫色のかげろいは  父は、いは  美談といは  積りであるといは  斯にはいは  欄干といは  柱といは  君ひくといは  妹とさねてば引くといは  心は嘗ていは  因縁といは  尋常ならずといは  政策といは  酷といは  祚といは  事變といは  いつものように腹を立てていは  創造するといは  百に余るといは  中に出て来る恐しいば  大変に宜いは  興味ありといは  影とやいは  悪書といは  旦那さまといは  お祈りをしてもらつて、ほどなくなほりますといは  羊を見せてくれなどといは  三十二哩といは  甚しいといは  方法といは  文字で、いへばえにいは  ものは、そのいは  リアリズムに達するともいは  思想といは  思想がないといは  作者ではないといは  法則であるといは  私のいは  存しないといは  兆しであるといは  幸福について考へないといは  場合にいは  剩に苦しむともいは  命題をいは  つて動物にまさるといは  推論するといは  賭があるといは  行爲のいは  原因であるといは  適應力を有するといは  形がないともいは  情念であるといは  精神的といは  從來修養といは  人間的といは  譽心をもつてゐるといは  やうにいは  ものはないといは  時であるといは  特に人間的といは  無限定であるといは  性格といは  混亂といは  ものといへるか、またいは  自信を持てといは  思想的人間のいは  宗教的といは  分解であるといは  換へなければならぬといは  心理學をいは  情念のいは  特に感傷的といは  それ以上感傷的であるといは  信念でなければならぬといは  今日娯樂といは  絶望的だといは  のが宜い、といは  絶望から生じるといは  混同してはならぬといは  藝術的制作についてのみいは  ことから生ずるといは  旅、とはよくいは  死であるといは  Undingであるといは  私もまたいは  それがいは  無口といは  つて馳せ、やがてはほろびるといは  理由にはならず、いは  惡者であるといは  友人は、いは  漫々といは  縹茫といは  祝福だ、といは  理窟はいは  存在も誠に心細いといは  常世にいます、いは  教派神道といは  往生をとぐ、いは  エドツコなるいは  罪悪だといは  漢呉音はさらにもいは  誰がなんといは  興味からでなく、いは  芸術であるから、いは  不変のいは  ジテともいは  功名ともいは  毒だといは  宗派といはず藝術といは  から一処に連れようかといは  此日もかういは  變化といは  相手に、いは  向つた、いは  ふうな、いは  そこには、いは  感じ、いは  のでもないらしい、いは  新劇は、いは  瀑といは  よう喰はんかといは  仲間に入れぬといは  鵺學問といは  延期にはなる、斯くいは  何とせん、何といは  無心をいは  何にもいりませぬといは  糸も優しくいは  事もなげにいは  事かといは  ここへ出よとはいは  心配らしくいは  事をわけていは  実否尋ねたしとて呼び寄せたるなりといは  筆にいは  勃興したといは  神語といは  宮殿をいは  市といは  やうだといは  往生す、いかにいは  条一旦そのいは  破戒なほなし、いかにいは  ことが、いやおうなくといは  完成したとはいは  なつたとはいは  奇巌、いは  ことはなくとも、いは  非国民であるといは  不意にいは  否ともいは  露を、かれこれいは  未練をいは  私もいは  学名マクロシスケス・ピリフヱラといは  珍太にかういは  代表のいは  恐縮といは  感激といは  誤りであるとはいは  成功作だといは  名手ともいは  当時傑作といは  特点をもつといは  成程さういは  寡作であるからだともいは  装飾的だといは  ものがあるといは  風景画家はといは  色彩はもつと汚ないといは  僕のいは  感情は甘い、甘い、といは  勉強家だといは  さともいは  素人だといは  腹いせに悪くいは  瀧、いは  なにもいは  けが分らず、いは  滅多にいは  餘計にはいは  つてゐて行くとも行かぬともいは  着物を脱げといは  市井文学、いは  鬼カゲさまといは  顔といは  身体といは  もので、いは  るいとうちの人たちからいは  功もいは  男がといは  代へてやらうといは  故にいは  華族一代論がいは  最後にいは  觀察されるでせう、などともよくいは  純潔さだといは  インテリにいは  下層といは  職域でいは  三筆とまでいは  三筆といは  私をもつていは  時代感が鋭いといは  漢方醫にいは  本を讀むといは  殺伐だといは  復古的だといは  時二十一歳だといは  狂畫人といは  醫といは  誇張を描いたといは  中西悟堂氏にいは  議會といは  落胤などともいは  祖といは  名人といは  慇懃にいは  頃よくいは  アメリカ思潮といは  まさか自分がいは  批評をうけるいは  小説ではないといは  大衆は、いは  一變したといは  てゐても、いは  愛情自体が、いは  侮蔑が交っていは  始めだといは  生涯といは  知らない人間だといは  寫實主義だといは  罐詰を切れといは  先生といは  女にさういは  人はさうであつたといは  知つてればいは  つてわれわれにいは  驚破といは  言語同断といは  知つててもいは  何といふいは  



前後の言葉をピックアップ
いのれる  祈ろ  祷ろ  いの一番  イハ  伊波  イハア  イハイ  違背  位牌


動詞をランダムでピックアップ
かき立てるうつら向けよせつく覚れかじりつか設え引き絞ひん曲げよ朽ちる集っ聞き込んあつらえるあやどっまげよ退けるきざす論ら看做せ縢り
形容詞をランダムでピックアップ
畏れ多くあたら果てしない無し苦しい呆気なく高き手っとり早くしかつめらし浅かれ辛抱強罪深くてあついせまくるしく願わし貧しくっ荒々したのしき心細き