「いつわり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いつわり[動詞]
まことしやかな、いつわり  ところのかえっていつわり  ことになりましたら、いつわり  知的商人、いつわり  カンインするなかれとか、なんじ、いつわり  作、いつわり  報告のいつわり  名をいつわり  嘆声は、いつわり  話がいつわり  名前も、いつわり  自分をいつわり  約束にいつわり  お告げにいつわり  ーう、いつわり  天真をいつわり  返礼に出向いたいのに、いつわり  げんをなおして来ますといつわり  世をいつわり  人をいつわり  戦闘か、あるいはまた、いつわり  何のいつわり  何がいつわり  



前後の言葉をピックアップ
いつわら  イツワリ  詐り  偽り  偽り  偽る  いつわる  いつわれ  偽れ  いつわろ


動詞をランダムでピックアップ
練りあわせ突放さかたろ覗い祝わ受け継ご啓すうちきっあつかひ論ず准ずるいがみあい黒ずま合わせろ巡らせる煌めき敗れん戻さはがせるかき消さ
形容詞をランダムでピックアップ
せつな切なうっとうしいいじらしくやかましかっ親しかっ好ましかっめんどくさく憎々しい狭く欲し見ぐるしいゆかしからかなしくあたじけない憎にくしかっ好もしき華華しかわい