「いっし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いっし[動詞]
どこまでいっし  夕食をいっし  そこでいっし  両親もいっし  さも、何もかもいっし  雪がいっし  自信がないけど、いっし  にのって、いっし  俺がいっし  後悔しながら、なおいっし  眼をみはって、いっし  あたしもいっし  顔つきをして、いっし  動物どももいっし  ことをいっし  見物もいっし  わたしはこんなにいっし  のを、いっし  ことを知って、いっし  わたしたちがいっし  中にかくれて、いっし  わたしとでおたがいにいっし  役者をいっし  わたしはひじょうに喜んで、いっし  下界に贈ろうと思って、いっし  絶望せずにいっし  上機嫌に、なにもかもいっし  唇がいっし  裾を、いっし  味方もいっし  事をも、いっし  九、いっし  ジャックは、まけずにどなりながら、それでもいっし  食卓でまでいっし  色でもいっし  ふうにだけでもいっし  和琴がうまくいっし  曲だけはごいっし  のであるが、どうしてもいっし  姫君は、しばらくでもいっし  のにいっし  六年もかかって、いっし  文明をとり入れてもらいたいと、いっし  めたちのこらずが、すぐといっし  饅頭もいっし  二人がいっし  わたしは、いっし  花とをいっし  境とがいっし  なかに、いっし  さんもいっし  いくら二人は、こうしていっし  泥下駄をいっし  屋根でいっし  さがいっし  太郎左衛門もいっし  子供らをいっし  そこへいって、いっし  自分もいっし  これまでいっし  おりにいっし  から、いっし  遺恨相撲になったかと、いっし  罪をいっし  ようにせきたてたんで、いっし  んだから、いっし  人がいっし  巡査に来てくれというか、いっし  喜びでござりましょうと存じまして、いっし  ように見せかけておいて、いっし  からね、こうしていっし  豊太と末始終いっし  かんかんともして、いっし  鎖でいっし  介をいっし  それこそいっし  正月をいっし  私が気に入って、いっし  婆さま、いっし  それをいっし  



前後の言葉をピックアップ
逸史  逸し  一矢  一指  一糸  一死  一志  一式  一室  逸失


動詞をランダムでピックアップ
夢みる時化分た詠みこまたまいかけ合うなぐふんぞりかえる湧かす芽ぶき張り裂ける気が付いあがこ踏み込まてりゃおいやり置きゃ敗ける見定めよかつい
形容詞をランダムでピックアップ
めざとくねばり強かってっとりばやい物凄かろあやうく男々しいながていたかれなまめかしい七面倒臭い毛頭ない疎まし疑わしかっ麗々しこうるさい物寂しいかくいあまねき