「いたいけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

いたいけ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
いたいけな少女だとは思つていても  いたいけな指が守れる  いたいけな子供を殘して  いたいけしたるものあり  いたいけな顏を仰向けた  いたいけな女心はするどくした  いたいけな子供たちは何もいいはしないが  いたいけな手で撫でて  いたいけな少年の心をいためた  いたいけにまた話した  いたいけな気がして  いたいけな娘の歩く  いたいけな眼に辛く沁み  いたいけな喉を高く反らせて  いたいけな姿はなくなってしまう  いたいけな様子でお祈りを続けている  いたいけな日本の子供が苦労している  いたいけの掌をあはせつつ  いたいけな四十雀が何羽とも知れず巣食うて居つた  いたいけな声が響いたは  いたいけなる我がものごころのもよほしに  いたいけな姿を見  いたいけな孫たちは時々若い叔母を無視して  いたいけな童児が手押車を押し悩んでいる  いたいけな童児が手押車を押し悩んでゐる  いたいけな吉丸の死骸が沈んでいるに  いたいけなのが叢の中に咲いてゐた  いたいけな可憐な感をおぼ  いたいけな掌をパッと開いて  いたいけな様子に釣り込まれながら  いたいけな姿を見守って  いたいけな姿に老いの迫るを忘れようと努めているであろうか  いたいけな眼を瞬いてゐる  いたいけに捻向いて  いたいけに手をたたき  いたいけな幼子がすやすやと寝息をたて  いたいけな両手をさしのべて  いたいけな両の手で父親の脚にしがみついて  いたいけに児をあやしてござる  いたいけに頷きあいつつ  いたいけないので街で百姓から買って来たまでな  

~ いたいけ[名詞]1
やうないたいけ  子どものいたいけ  彼女のいたいけ  異郷でいたいけ  姫のいたいけ  うっかりするといたいけ  かくもいたいけ  それはいたいけ  公のいたいけ  処分すべきいたいけ  名も知れぬいたいけ  中にはいたいけ  難波治郎作のいたいけ  山川捨松嬢なぞのいたいけ  一つ二つ河原撫子のいたいけ  子供のいたいけ  児童たちのいたいけ  いつか殺したいたいけ  中ではいたいけ  花がいたいけ  

~ いたいけ[名詞]2
あのいたいけ  ないいたいけ  ほんにいたいけ  そんないたいけ  あまりにいたいけ  べろりといたいけ  まだいたいけ  あんないたいけ  何やらいたいけ  このいたいけ  寧ろいたいけ  かのいたいけ  輝けるいたいけ  いかにもいたいけ  

複合名詞
イダイケ夫人  皆いたいけ  



前後の言葉をピックアップ
痛い  異体  衣帯  いたい  遺体  痛々し  痛いたし  いたいたし  痛々しい  痛いたしい


動詞をランダムでピックアップ
死にそこなっ移り変る捨てれささやけしあげよ抓ら延べいななきのぼりつめれ見積る思い直す折れよじ登れ伝うむかいおきわすれくぼん諳んじはねあげはずそ
形容詞をランダムでピックアップ
あつくるしいほしくかわいらし深い固し欲しゅう赤黒き情けなかっあかけれひ弱かっめずらしくっうつくし福々しいやましい忝なう注意深かっこちたからとおくうら悲しい