「いえる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いえる[動詞]
出現に向ったともいえる  ふうにいえる  幾十人ありなどいえる  物音といえる  ことをいえる  文学者としていえる  ことがいえる  目録構造といえる  町だといえる  外はなかったともいえる  部門についてもいえる  状態だといえる  彼にいえる  神ともいえる  歌声とささやきで編み上げられているともいえる  友だといえる  それもいえる  お座敷おでんといえる  しあわせだといえる  理解し得たといえる  ロマン・ロランについてもいえる  それをいえる  傾きさえあったといえる  とおりに書いているといえる  態度であるといえる  探偵といえる  作家であるといえる  のだともいえる  誤りであるとどうしていえる  重大だともいえる  散文詩だと、いえばいえる  成功といえる  責任といえば無論いえる  ものといえる  無理はないともいえる  ものだともいえる  夫婦といえる  船出ともいえる  のだったともいえる  グリムプスといえる  あるかなといえる  体質的ともいえる  故だといえる  恩を施すともいえる  表現されているといえる  ばやといえる  中断されていたといえる  中にもりきれずにいるといえる  観客であるといえる  バレーに見出しているともいえる  皆知っているといえる  こともいえる  お腹のいえる  館ともいえる  彼を引き寄せたともいえる  グウともいえる  ことがあったともいえる  必要であるとさえいえる  ほんとうにそう思うといえる  何某といえる  嘘がいえる  汚辱といえる  安定しているといえる  力といえる  裁判であるといえる  赤外線は見えないといえる  前にいえる  前すでにいえる  前章にいえる  道筋ともいえる  先駆ともいえる  ようになったともいえる  白雲斎といえる  イクサしてるといえる  社説にもいえる  前にもいえる  輩かつていえる  客人が決めているともいえる  寿司だといえる  民俗小説ともいえる  音楽にもいえる  人もそう感じていないといえる  ようだともいえる  方向をあたえたといえる  公平といえばいえる  必要だといえる  壮烈だといえる  戲曲といえる  物がいえる  何を知っているといえる  時に死んだといえる  形で、いわば、いなおっているといえる  これはいえる  一致しているといえる  新芽をくっているといえる  思想であるといえばいえる  力であるといえばいえる  ものをいえる  恩人ともいえる  被害者同士だといえる  進歩的であるといえる  生命であるともいえる  素描といえばいえる  気合術ともいえる  純国産ともいえる  やり口だといえばいえる  必要あらんやといえる  征服しつつあるともいえる  成功だったといえる  成功であったといえる  何でもいえる  心がけともいえる  人ともいえる  良心といえる  そこまでこじらさなくてもすんだであろうとはいえる  嘘ッ八でいえる  幸運であったといえる  地球をまもったといえる  下に見て、そういえる  我にありといえる  虎将といえる  大難であったといえる  ここでならいえる  逆心といえる  立場はどうにでもいえる  一番強いともいえる  ヒステリーだといえる  しようがないともいえる  点があったといえる  兵路といえる  長者とはいえる  事だからいえる  から、なんとでもいえる  あんたにだからいえる  だれがいえる  信者といえる  向うだともいえる  完全に勝ったといえる  勝利だといえる  小娘といえる  大戦果といえる  前節にもいえる  前節にいえる  冒頭にもいえる  国境なしとさえいえる  生活をしているともいえる  恋といえる  陥落だったともいえる  義務だともいえる  脳袋と、同じにいえる  抱擁とが待っているともいえる  ぜいたくといえる  壮観といえる  不覚ともいえる  関ヶ原ともいえる  文豪といえる  思想家ともいえる  道徳家ともいえる  八面玲瓏ともいえる  愚ともいえる  一つといえる  一短といえる  健在であったといえる  改造したともいえる  宇宙塵といえる  不在証明といえる  ことのわかっているといえる  悪魔的といえる  ものだといえる  職業といえる  型といえる  面白いといえる  鍵は解けないともいえる  四だともいえる  異状があれば有るといえる  二卵性双生児といえる  ことをとやかくいえる  善人といえる  一条件をにぎったといえる  火夫はいえる  物のいえる  ガラスをもったといえる  歴史ともいえる  自分にいえる  データとはいえる  同義語だといえる  空想小説だともいえる  ことなんかいえる  プラスといえる  思想といえる  位置であるといえる  技術を知っているともいえる  私といえる  癪にさわったともいえる  註文であったともいえる  ところもなかったともいえる  出来事であったともいえる  連続であったともいえる  愛が深かったともいえる  突張っていたともいえる  ものともいえる  主張があったともいえる  創造を試みているといえる  閲歴をもっているといえる  路を行きましょうぐらいはいえる  幸福であるといえる  おじいさんともいえる  んだといえる  幻想的ともいえる  特色があるといえる  ためになったといえる  内容といえる  程度でいえる  誰がいえる  ことがどうしていえる  表情ともいえる  ことはいえる  自信のある、なしとはいえる  暮春などいえる  音暗しなどいえる  現代女性といえる  理解しているといえる  美学的定義といえる  芝居といえる  趣味といえる  芸術だといえる  観察力が鋭いといえる  観察力があるといえる  一口にいえる  嫉妬であったといえる  食通といえる  出入しなかったといえる  欠点といえる  こと疑いがないといえる  苦悩ともいえる  安心していえる  生活しているともいえる  土師臣中知といえる  西仏といえる  頭が固くなるともいえる  仕事だともいえる  ことになったともいえる  感動ともいえる  電話番号、いえる  めしともいえる  ものではないというだけはいえる  葬儀場ともいえる  侏儒ともいえる  策師だったといえる  手法といえる  そもそも前にもいえる  編首にいえる  名人上手といえる  程、そういえばそうだといえる  芸術についてもいえる  恩沢ともいえる  余沢といえる  象徴とでもいえる  一鶴といえる  体がもっているといえる  業とはいえる  親類といえる  歓呼ともいえる  臆病さだとはいえる  主筋ともいえる  法廷ともいえる  おかしさともいえる  自殺しないといえる  火遊びといえる  公卿気質ともいえる  めともいえばいえる  ことだといえる  みかどのおん前で、いえる  治外法権ともいえる  不手際ともいえる  獄怨棟に充つ、といえる  猛獣のように荒々しいともいえるし、そうでもないともいえる  特色といえる  立向いつつあるといえる  自由だともいえる  千里潜行ともいえる  生活的習癖ともいえる  ことはできなかったともいえる  名人といえる  腹の中がわからないといえる  浪民などといえる  さ、ぜひがないともいえばいえる  寝室といえる  逆にかたまったといえる  鬼魂ともいえる  怪聞ともいえる  部下ともいえる  周波ともいえる  一目千本といえる  道庵が出し抜いたといえばいえる  生き物でないといえる  踊りといえる  幸運をつかんだといえる  ことであるともいえる  世界万国といえる  国家といえる  フランツといえる  国民といえる  個人といえる  武士といえる  藤夜叉さんにもいえる  いやだといえる  恨みをいえる  胸のいえる  者であったといえる  間は長いとも短いともいえる  人様にいえる  息子といえる  火ともいえる  兵力とを傾けつくして来たともいえる  犬神憑きともいえる  丁寧だといえる  寸功でもあったといえる  家庭などといえる  兵仏一致論ともいえる  鬼気ともいえる  一戦であったといえる  武者臭ともいえる  すべて正直といえる  ドビグラスといえる  為ともいえる  罪といえる  将といえる  反逆は、すでに歴然といえる  武将ともいえる  本心だとはいえる  機をうかがっていたが、近づいていえる  橋頭堡ともいえる  家族的なくつろぎといえばいえる  兄弟ともいえる  一大工廠ともいえる  書物ともいえる  ここだけにはあったといえる  充分にあるといえる  必然なともいえる  順風ともいえる  生涯も短いといえばいえる  数千艘といえる  いずれが正しくないといえる  典型ともいえる  救いともいえる  蠱惑ともいえる  吉事ともいえる  助といえる  ものだったともいえる  円満にまとまったといえる  斉彬公によって作られたともいえる  不充分ともいえる  特徴といえる  生活とでもいえる  成ほど、そういえる  心残りとはいえる  血といえばいえる  藤原時代ともいえる  証拠といえる  青侍林五郎左衛門といえる  平次郎といえる  民部大輔といえる  倖だったといえる  賢明といえる  図に乗ってるともいえる  声高に考えてるともいえる  奥底まで読み取られる、ともいえる  長嘆ともいえる  無理だともいえる  ことともいえる  解答ともいえる  ここにあるかともいえる  微少だともいえる  精神といえる  のだといえる  んであったといえる  ッとしたといえばそうもいえる  癇性といえる  心をゆるしたといえる  知性といえばいえる  ことを考えるからだ、ともいえる  無造作とさえいえる  予感であつたといえばいえる  頑なともいえる  首都といえる  余かつていえる  はじめにいえる  もっと生であるともいえる  感動をわかちあうよろこびだ、ともいえる  ことが無いといえる  脇差といえる  十銭でも高いといえる  結果だけをみればそうもいえる  難題ともいえる  馬鹿正直だともいえる  無宗教者であるともいえる  点まではいえる  源氏を懲りさせたともいえる  日本料理といえる  範疇に属するといえる  一番上等といえる  継母様だともいえる  寛大すぎるとさえいえる  凧糸をあやつっているともいえる  資格といえる  立身伝ともいえる  筈だともいえる  基礎を開いたともいえる  学問についてもいえる  本国ともいえる  内在的気魄ともいえる  識見といえばいえる  本質にふれているともいえる  非常識であるともいえる  ほんとうに非合法であるといえる  世界だといえる  夷といえる  娯楽ともいえる  そこにつながっている、といえる  崇高ともいえる  中村藤太郎氏といえる  中村氏のいえる  魔境といえる  方向をとって作られたといえる  逆行ともいえる  辺土人のいえる  ここにいえる  話なりといえる  人見分けて食わずといえる  問答にもいえる  前身といえる  分くるといえる  怪獣とせるに基づくといえる  かいといえる  かくのごとくいえる  利助といえる  盃といえる  酷薄ともいえる  それは、いえる  富豪だったといえる  芸術的小品といえる  挑戦であるといえる  責任ともいえる  生みの親に育てられたともいえる  切実であるといえる  罪悪といえる  気質を作っていたといえる  あきらめがよかったともいえる  危険が少ないといえる  登山日和だといえる  社会であるともいえる  人情であったともいえる  戦いであったといえる  言へばいえる  時と言えばいえる  苦情のいえる  男だからいえる  ミリヤアドのいえる  会話だったともいえる  課題といえる  予想にもなかったといえる  出来であったといえる  ウラニウム爆弾でないといえる  方向性があるといえる  成功をおさめたといえる  ためだったといえる  特色を示しているともいえる  いま行方不明であるともいえる  様相をもたらしているといえる  中にあったともいえる  奉仕しようとしているともいえる  一年であったといえる  感情といえる  智識感情といえる  四といえる  身があるといえる  凡そ唱歌といえる  身といえる  唱歌といえる  摸写といえる  人を殺すといえる  誰もといえる  見方考え方を教えたともいえる  難波といえる  田崎某といえる  要なしといえる  百対一といえる  なんについてもいえる  明戸などいえる  鉢形村といえる  高砂石といえる  国神塚といえる  秩父橋といえる  七村に跨れるといえる  跡といえる  和訓おおかみといえる  一等おちついていたといえる  不都合ともいえる  不愍ともいえる  仮装といえばいえる  近代的ともいえばいえる  プロレタリア作家であるとさえいえる  作品といえる  普通といえる  惜んでいるといえる  文学とは愛されているといえる  ことを語っているともいえる  巻にいえる  社会現象であるともいえる  自然主義であるとさえいえる  地があらわれているともいえる  自己限定であるともいえる  自己分裂であるともいえる  中世短歌史であるといえる  印象記であるともいえる  隠逸を捨てたともいえる  商工業といえる  古今風だといえる  ことでもいえる  勉強だったといえる  者たちといえる  心から生れたといえる  調子にまとめられたといえる  幸運であるといえる  損失であるといえる  しろ詩人的ともいえる  花子だといえる  安全だといえる  一人だといえる  濶といえばいえる  ひかりともいえる  残忍ともいえる  分岐点といえる  現実であるといえる  生活が創られているといえる  面についてもいえる  ものになって来ているとさえいえる  背景といえばいえる  変りが無いともいえる  尤もだといえる  んにいえる  ことは、かえってよかったともいえる  それはいえる  言葉がいえる  それは貰いすぎているといえる  幸福とはいえる  献身的ともいえる  これ以上はないともいえる  私的生活は、余りにといえる  ダブル寝台といえる  封建性であるといえる  事がいえる  際限といえる  家庭といえる  集中力を欠いているといえる  危険だったといえる  穢辱をさらしているといえる  さにかかっているとさえいえる  記念物だといえばいえる  起居を知っているともいえる  気を使ってはいるといえる  到達した、といえる  あなたにいえる  不幸といえる  文句なんかいえる  一つだけ打ち明けていえる  陰険といえる  ものを負うているともいえる  畏敬といえる  主人たちといえる  彼らにみとめられているといえる  だめになったといえる  迷惑だといえる  必須条件でないといえる  文学態度だといえる  安全といえる  心がないといえる  装飾にあるともいえる  事は決していえる  持主は定まったといえる  ためともいえる  人間なみになったといえる  姿とでもいえる  ためだともいえる  土地ともいえる  工藝品といえる  兄弟だともいえる  実を結んだといえる  根柢においているといえる  ことであるといえる  長所があるといえる  ことを免れないといえる  幸福を求めているといえる  動物といえる  口に出していえる  痛切であるとさえいえる  河といえる  英雄といえる  燈心にともすともいえる  通をだまして、奪って逃げたともいえる  冗戯でもいえる  文字であるともいえる  誰よりも、ませているともいえる  自分自身を押しやっていたともいえる  のは正しいともいえる  選士といえる  作為的であったといえる  ところだ、といえる  それをどうしていえる  惨めとまでいえる  者はいらなかったといえる  舳艫をつらねてといえる  動物について、いえる  心が、最も正しいといえる  ことが当然いえる  子供であったともいえる  さき絶対にないといえる  涙といえる  冷淡でないといえる  のであるといえる  二級よりも低いといえる  師であるともいえる  姿においてあらわれているともいえる  他にないともいえる  ペルセント米人といえる  方向が決ったといえる  プロレタリア作家はなかったといえる  芽を出しかけているともいえる  侮辱でないといえる  全然無表情だったといえる  力量をそなえていたといえる  脅迫ともいえる  本能だとさえいえる  無表情ともいえる  意味がわかっているといえる  下敷になるばかりだとさえいえる  某といえる  みんな嫌いだともいえる  正当防衛といえる  事が足りると、一応いえる  幸福者といえる  問題だといえる  文学感覚であるといえる  小説についてもいえる  理想といえる  たしかに伸びたといえる  彼をなやましていたともいえる  のは辛すぎるからだともいえる  力を惜しんでいないといえる  人間だといえる  なかったといえる  ことは誓っていえる  願いであったとさえいえる  小理屈のいえる  ものになったともいえる  方からも避けていたといえる  行く先がいえる  ために、こうもいえる  東京にいたともいえる  変貌であるともいえる  自慢するほどにはうまくない、といえる  雰囲気とはいえる  もっともともいえる  事もいえばいえる  幽鬼的といえる  ことだけはいえる  吾儘気儘のいえる  原始ストともいえる  秘境といえる  並行していえる  さようならだけはいえる  絶無といえる  準備されていたといえる  ものは比較的多く読んだといえる  感化にあるといえる  水棲人といえる  彼処らしいといえる  良質のものにのみいえる  時は、必ずしも美味くはないといえる  忌憚なくいえばいえる  から永遠である、ともいえる  ものであるといえる  図書室といえる  林長館といえる  本町といえる  女ともいえる  説明すべしといえる  免るべしといえる  ことを得るといえる  心なしといえる  口まねならいえる  魔がさしたともいえる  主人公だともいえる  資格を、最も多く持っているといえる  艶にとぼしかったといえる  もので、果して、逢ったといえる  病的だといえばいえる  申し分なしといえる  婦人ともいえる  彼地から美女を奪ったといえる  寄合といえる  表示しているともいえる  表現しているともいえる  英雄的であったともいえる  因習にとらわれていたともいえる  代表していたといえる  理からいえば、そういえる  物体ガ三次元世界ニ交ワリタルトキニ生ズル立体的切口ナリといえる  剣術を授かりたりといえる  甲子をもって亡ぶといえる  宣といえる  平安散といえる  火柱が立つといえる  酸素といえる  腹の虫がいえる  明らかに傾いたといえる  足跡ともいえる  退屈だともいえる  壮快ともいえる  人にも出せといえる  避難期ともいえる  雑居期ともいえる  茫然自失期ともいえる  新生活準備期ともいえる  復興期ともいえる  適当にいえる  ためにのみあるといえる  あたりまえだともいえる  芸術といえる  反映しているといえる  成長したともいえる  顔になっているとでもいえる  顔についてもいえる  威厳にみちたといえる  意味しないといえる  主旨となすべしといえる  上にしばしばいえる  因縁であったといわばいえる  本で得たともいえる  女性的といえる  奇怪ともいえる  乞食性だといえばいえる  ところが面白いといえる  看板だともいえる  憚らなかったともいえる  鞭声粛々時代といえばいえる  事もいえる  のだったといえる  十年くらい早過ぎていたといえる  海なるをといえる  昔と比べて変ったといえば随分変ったといえる  たしかに幸福であったといえる  珍味といえる  ためにといえる  形見ともいえる  軌道に乗ったといえる  ゃべることこそはなはだしき不自然だといえる  生活愛といえる  時期といえる  ものではないともいえる  ところから来るともいえる  この世へ生まれすぎたといえる  のは当然ともいえる  のは当然といえる  愛だとさえいえる  曼陀羅であるともいえる  化物刑部すら、そういえる  瓜二つともいえる  者といえる  虚飾もなく、打ち明けていえる  変化があるといえばいえる  作品が生かされたともいえる  さがあるといえばいえる  人間になったともいえる  生れ出たともいえる  神経質的ともいえる  作家であったといえる  わしているともいえる  肩についてもいえる  示現しているといえる  弥陀画像についてもいえる  全幅を語っているといえる  味があるともいえる  感じだともいえる  伝統といえる  南蛮和尚といえる  根拠といえる  物はあり余ったともいえる  いくらでもいえる  平家調にいえば、あわれともいえる  自分を読んでいる、といえる  一人舞台といえる  一概にいえる  一様にそういえる  初期墨画ともいえる  正史といえる  作用といえる  味方していなかったといえる  生母だ、といえる  範頼といえる  のか、そうともいえる  軍隊といえる  史実といえる  吾儘もいえる  上では、ついに勝っていたともいえる  小京都ともいえる  田園風景といえる  供養といえる  地形についてもいえる  断定していえる  作家なのでいえる  地盤ともいえる  実在しなかったともいえばいえる  必要はないともいえる  ことといえる  藩葬ともいえる  ひとりだったともいえる  松花堂にさえ似ているといえばいえる  東山趣味ともいえる  筆蹟といえる  遺墨としては、真に珍しいといえる  破格といえる  傑作といえる  剣人であったといえる  絶対に正しいといえる  吉右衛門、まさしくそういえる  姫野里人といえる  作家ともいえる  むしろハツキリと拙かったといえる  犠牲となったといえる  大切だか思い知らされているといえる  ライプニッツがいえる  ことだともいえる  ことだとさえいえる  賜物といえる  帽子はもう出てきているともいえる  クラブであったといえる  ときをいえる  関心がうすれたとばかりいえる  あとが、いえる  抽象的であるといえる  幸福といえる  たてはじめであったともいえる  



前後の言葉をピックアップ
家康  家山  家行  いえよ  家慶  癒える  言える  イエルサレム  イエルサレムメ  いえれ


動詞をランダムでピックアップ
言いなそからす咳きあげ轟き贈れよまた仕入れよ焦げ増やせる隠せ歩み寄っ顕せ治める突っき取り払お願いふりかける逆上せる花開か聞きはずす
形容詞をランダムでピックアップ
手緩おおいみよう口さがない涼しから詮無く仲良い嬉しよそよそしいふてぶてしく軽々しく小暗い凄く重々しよんどころ無しあかいっぽきほほえましく