「い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ い[動詞]
詳かに心得てい  独逸へ行こうと思ってい  別嬪さん一人もい  人に惚れてい  私も既に聞いてい  傍にい  夜風が吹きまくってい  見物しながら待ってい  幾軒となく立ち並んでい  窓も、すっかり暗くなってい  チボリへ行っても寝てい  女が並んでい  外惹いてい  詩人ともなれば、い  ひとり、疲れてしゃがんでい  浪打ってい  前へ来ずにい  一面に包んでい  いるかと思って、また暫くじいっとして待ってい  山はひっそりしてい  不思議だと思ってい  今まで見えてい  木精を聞いてい  仮寓になってい  往来に面してい  ままになってい  事は覚えてい  そこらにころがってい  異彩を放ってい  頭においてい  絣を着てい  写生してい  何かを持ってい  上に少しかぶさってい  開花を求めてゆこうとしてい  さについて語られてい  萩原朔太郎氏の書いてい  騒然としてい  展けてい  直面してい  真面目に考えてい  繁栄を極めてい  一般からみられてい  水準まで来てい  のものを求めてい  着目してい  力をもってい  周囲のおくれてい  楯としてい  変化をうけてい  神経をい  まことに疑はしい  喧ましい  ことをい  君によろしくとい  僕からもよろしくい  嫌ひだとか何とかい  何でもい  廐肥をになひてい  ざわらひ、い  巌にして、い  銹びしナイフをとりい  氷雲に浮きい  水湧きい  雲とをい  中にてい  教頭は、い  みな湯噴きい  葡萄と噴きい  雪よりい  菫外線をい  簡単に考えてい  しか発達してい  専制してい  理想によほど近づいてい  譜はできてい  譜とは違ってい  十分に呑み込めてい  それでい  同居してい  反対してい  うちに隠れてい  自信をもってい  真剣にそう信じてい  ように揺いでい  肉がついてい  触感とを持ってい  二三本匍ってい  方に向いてい  記録板を持って立ってい  矢張り四歳下になってい  ギッシリ入ってい  帯をしめて坐ってい  名を知ってい  おろか袴もつけてい  兼任してい  まま並んでい  幾段にもぎっしりとつまってい  カード函が重ってい  半分乗り出してい  螺旋階段が続いてい  のか覚えてい  僕に気がついてい  気にしてい  手にとってみてい  手にしてい  どこにい  室へかえってい  ズッと頑張ってい  どこへ行ってい  木蔭を歩いてい  中に入ってい  ものをしてい  ものが滲んでい  階段を見上げてい  密談をしてい  話をしてい  三階にいつも上ってい  覘ってい  泥がついてい  突立ってい  方へ続いてい  階段についてい  研究をすすめてい  アイルランドに住んでい  着物を選んでい  最後につけてい  二階に殺されてい  跫音波形が印せられてい  犯跡を握ってい  漂泊してい  四宮理学士にはよく判ってい  城にとどまってい  いつまでもじっと坐ってい  一人に数えられてい  合力してい  道を修めてい  間に控えてい  召し使いになってい  目を注いでい  眼を見開いてい  微笑を浮かべてい  一人生ませてい  ものを与えてい  経験に合してい  家康はしばらくだまってい  怪物に向ってい  ほのかに立ちい  床をい  息あつくしてい  声細くい  目醒しい  者は恐れてい  一生懸命に覗いてい  日が高くなってい  聲でい  其吹聽とい  此處で恐しい  何人もい  囲繞まれて、はしゃぎ廻ってい  力任せにゆすぶってい  血溜りをつくって死んでい  部分が無くなってい  重傷を負ってい  附をするとて長らく起きてい  魅せられて手を休めてうっとりと聞きとれてい  静けさに返ってい  三月二十二日を示してい  物をたべてい  看護を受けてい  二十歳過ぎてい  発達してい  柱とも頼ってい  今迄狂い叫んでい  椅子に腰かけてい  音を立ててい  さに腫れ上ってい  潮紅を呈してい  ことをしてい  それが当ってい  アッサリしてい  私もそう思ってい  金をもうけてい  物を読んでい  額へ垂らしてい  夜鷹蕎麦がい  前に立ってい  人のい  興味を持ってい  往復を共にしてい  何も持ってい  微笑くらい、苛立たしい  敬意を払ってい  本職とは信じてい  豊富を誇ってい  後ろにい  校長と話してい  あとについてい  十五円の葬い  肩車にしてい  批評が出てい  ポケットにはいってい  手に携えてい  その頃文名を馳せてい  止めを刺してい  十分の一も与えてい  ためにい  垣だとばかり思ってい  さ大い  ところをはっきりと掴んでい  愚しい  ものを知るもい  のもい  ものがい  知識そのものが傷み悲しんでい  お互いにもってい  みんな心得てい  ところなどもよく似てい  噴水を、とみこう見してい  一人も現れてい  ものが流行ってい  集りなどが行われてい  噴水にかかずらってい  窓に嵌めたりしてい  工夫してもい  看板でも懸けたいくらいに思ってい  訂正をしてい  確と覚えてもい  具してい  ことばかりい  形を持ってい  上に立ってい  同伴者文学は一向あらわしてい  文化的芽生えは持ってい  容子をじいっと見てい  尻を向けて、りいりい  のであろう、りいりい  調子を計ってい  それを視てい  落葉が乾いて散らかってい  まま呆んやりしてい  さを持ってい  ことを思い浮べてい  後から歩いてい  学校友達が沢山遊んでい  自動車がひっきりなしに走ってい  頭をがくんとおとしてい  毛が光ってい  原稿用紙が載ってい  路地を抜けて走ってい  家ごとに並んでい  晴々しい  さっきからじろじろ眺めてい  それを見てい  姉妹がい  台所をしてい  状態じゃい  電車に揺られてい  昼間から灯がついてい  一台ゆるゆる走ってい  煙をあげてい  二三枚這入ってい  背中に入ってい  一枚はいってい  月五円で借りてい  涙を溜めてい  日をおくってい  ヴァンドンゲンを愛してい  たぐいをつっついてい  自動車の這入ってい  入口につっ立ってい  んだから、そう力んでい  そこから鉄梯子がさがってい  とき黒犬が降りて来いと甘えて吠えてい  一二冊載ってい  貧乏だとは思ってい  音がしてい  弁解してい  薄目を開けて寝ると、眠ってい  部屋いっぱい散らかってい  鼾で寝てい  返事をしい  ところから急にい  啓坊がい  硝子鉢が出てい  金魚鉢は青くて、薄く透けてい  玄関に立ってい  ニコニコ笑ってつっ立ってい  呑気に待ってい  一人でい  音をさせてい  そりしてい  風が出てい  河岸に建ってい  のか黙ってい  女学校も出てい  家も手伝ってい  気持ちを持ってい  昔に亡くなってい  一番よく似てい  釦穴にしがみついてい  叔母はまだよく眠ってい  遠くで弾けてい  耳に入れてい  叔母達を見てい  奥さんに逢ってい  大分葉を振り落してい  花が咲いてい  啓吉は黙ってうなだれてい  一つずつ握ってい  葉を振り落してい  リヤ王物語を読んでい  怒り易くなってい  悄気てしまって黙ってい  啓吉はうっとりと聴きとれてい  目を閉じて立ってい  ことにきまってい  級長さんでしょう、い  ア、周章てて来てい  大火鉢にしゃがみ込んであたってい  リヤ王を演じてい  啓吉は黙ってい  泣き声をあげてい  ようになって這ってい  誰もい  鮭がはいってい  事にきめてい  啓吉は待ってい  放送してい  三ツついてい  頬杖をついてい  ひとと歩いてい  方をしてい  頬紅をつけてい  爪を噛んでい  私によく判ってい  頬をふるわせて坐り込んでい  おじさんのい  てっぺんにもずが鳴いてい  横になってい  枕元に立ってい  方がい  厳めしい  中心を動かした著るしい  懐中してい  頬杖を突いたりやめたりして暮してい  中にうずくまってい  方向を換えてい  筆を握ってい  上に走らしてい  木枯が吹いてい  縁へ懸けて、小い  霜が降ってい  うから目が覚めてい  女を知ってい  字に寄ってい  笑が萌してい  肩まですくめてい  混ってい  苛く濁ってい  行方を見つめてい  三重吉の飼ってい  水も新しくなってい  霜を眺めてい  寒い縁側に立って眺めてい  往復してい  鳴き立ててい  行水を使ってい  眼をぱちぱちさせてい  仕事をしてい  上に乗ってい  元気よく囀ってい  小説を書いてい  まま知らぬ顔ですましてい  桟にかじりついてい  腹を圧しつけてい  事はすっかり忘れてい  底に反っ繰り返ってい  直線に伸ばしてい  鳥を見つめてい  ペンを動かしてい  みなさんが、あれ、あんなに見て笑ってい  羽を輝かしながら飛んでい  坊やを見てたまげてい  真紅になりはしないかと思ってい  下を見つめてい  子供を探してい  村からい  ひなげしが咲いてい  常識に固く立ってい  常識を持ってい  物語にはなってい  ように書かれてい  門口に当たってい  おもちゃなどを出してきて遊んでい  いっしょに遊んでい  ごちそうを入れて、供えてやったりしてい  日が当たってい  我を忘れてじっとながめてい  身の上をうらやましく思ってながめてい  うちで想い煩ってい  ここで見てい  こちらを見てい  たたずんでこちらを見てい  あっちこっち探してい  たいせつに、しっかりと抱いて眠ってい  先生はいって、しばらく考えてい  ものをい  彼女は隠してをい  それ以前にできてい  対立してい  これまでもってい  一生懸命にもってい  だんだん自分の握ってい  あてにしてい  自分のにぎってい  理解されてい  のを見てい  宗教的反省に達してい  宗教的反省にまで達してい  一生懸命押してい  位置にい  反省まで達してい  たいせつにしてい  ことを知ってい  ために争わずにい  ガーゼを持ってい  石を積んでい  身についてい  境地をまだへてい  ぼんやりしてい  ことを考えてい  一致してい  世の中はそうなってい  とおりになってい  分析的になってい  合理的理想主義になってい  一つもしてい  尊敬してい  前にきてい  留置場にい  やすこしも生き生きとしてい  熱をもってい  頭をひねくって考えてい  からないでい  苦しみもがい  うにことをきめてい  そとにい  私は思ってい  強迫観念をもってい  幾ら願いましても、わかってい  わけで、寝てい  坐禅してい  畳が黒くよごれてい  前にはよごれてい  私はい  実相が出てい  実相になってい  病気でいってい  家賃なんかもたまってい  頭が落ちてい  いろいろなもってい  最後に残ってい  一つ残ってい  宇宙とが離れてい  外にい  中にはいってい  中にはいって流れてい  背中に負ってい  目を開いてい  関係がついてい  ここにい  二枚になってい  特質をもってい  一般人に与えてい  五十銭玉一つをおいてい  たかつた、酔うた、酔うた、い  咽喉がい  酒屋でい  招魂祭へい  礼をい  急に思ひだしたとい  贈物だとい  山東菜を漬けてをい  すべてといつてい  実としてい  さんもい  火傷がい  胸がい  みんな自業自得だ、い  しづかに暮れてい  らへて送つてあげますとい  雑誌にもよばれたとい  密閉してをい  湯にはい  恩恵とい  とき、い  家へい  不平をい  十月卅日けさは早かつた、そしてとてもい  空だ、とい  到来した、何とい  なつて少々い  二十銭おいてい  日、とい  此頃とりわけい  どこかへ飛んでい  慈雨とい  白船居を訪ねる、い  街までい  腹がい  酒店へい  何とはづかしい  水がたたへてい  何をが少しも定まってい  それがはっきりしてい  それがはっきりとしてい  方向の定まってい  一定してい  ものに縛られてい  生き方をしてい  ことは、い  暴露してゐるか、そして、い  慰安娯楽とい  道楽といつた方がい  ことがい  これでい  生活にうるほひを与へるにはどうすればい  ため、よりい  お母さん方に何とい  紙で張られてい  実用には使われてい  十分示してい  ものをもってい  方向がむけられてい  リズムがつかまれてい  頭が向けられてい  着物一枚残ってい  ことばかり知ってい  道へと踏み出そうとしてい  予期してい  ほうから出て来てい  達者でい  ほうに集まってい  一人息子にあたってい  甥のしばらく住んでい  形からして変わってい  幾つになってい  耳を傾けてい  年もむなしく過ぎて行きかけてい  障子にまで伝わって来てい  ものも控えてい  楽しみにして、どんなに離れて暮らしてい  ものだろうと言われてい  子供らもよく知ってい  春が来てい  友としてい  疑問として残してい  ことでい  暮らしをしてい  机にむかってい  苦笑せずにはい  我慢を重ねてい  考えでい  ころから思い立ってい  二階はひっそりとしてい  四畳半にい  画に見入ってい  ほうにい  一緒にい  刺激に試みようとしてい  しか残ってい  針仕事をひろげてい  田舎にい  ほんとうに頭ができてい  始めかけてい  気質を延ばそうとしてい  道を踏もうとしてい  時代を歩もうとしてい  生い先を競おうとしてい  腹をきめてい  の子を待ってい  結婚するまでにも至ってい  晩年を送ってい  日を送ってい  のを見るに見かねて、日ごろだいじにしてい  保障されてい  私の待ってい  茶の間にい  上に待ってい  笑みをかわしてい  私たちを待ってい  家に帰り着い  静かにい  ようになってい  承知してい  世界が待ってい  胸に当ててい  間監禁生活を強いられてい  以前から知ってい  人をも少し知ってい  制帽をかぶってい  好みを持ってい  粗末に扱われてい  気概に満ちてい  制約をうけてい  ローザが生きてい  人が書いてい  赤札つけとい  楽しみにしてい  じまんしてい  居眠りをしてい  布団をしいて座ってい  上にのって、すましてい  たしかに歩いてい  茶がまを買って来て、ながめてばかりい  上にすましてい  しっぽを出して、ちょこなんと座ってい  だっておどろかずにい  いつまでもお金もうけをしてい  今日にい  ウムそれでい  眼を空いてもい  私はどうしてい  さへすればい  ほりにい  洞窟にい  吾等にい  悲み堪へ難く、い  大島のそろいを覗かしてい  写真を撮ってやったりしてつき纏うてい  出口にい  さのみが歩いてい  肩をすぼめて黙々と立ってい  物をうんとつめてい  のと云ってい  角になってい  己をふうわりと包んでい  ものを持って来て坐ってい  方を見てい  軒燈が点いてい  明りを見せてい  口に立って待ってい  眺め心地が頗るい  交叉点までがい  至つてふさはしい  広小路界隈にあるとい  商売だとい  飴屋が出てい  つぼ焼屋が出てい  軒を列べて出てい  男の子が立ってい  ところを知ってい  手許に残ってい  顫えてい  ちゃんと附てい  怪我一つしてい  四本出てい  あそこに掛かってい  想像してい  中に生きてい  指示してい  足を使ってい  起因してい  指揮者がい  逆宣伝ばっかり企らんでい  好景気をゆめみてい  失業プロレタリアートと、い  職場をもってい  二交代でやってい  割合実感されてい  自覚してい  着手されてい  翼をくっつけてい  生産労役をさせてい  上に咲いてい  実感されてい  消長が語られてい  存在そのままにとらえられてい  解剖されてい  みんながいってい  顔つきをしてい  けいべつしてい  おっかあは、早く死んでしまって、い  一どもふんがい  ふたり分のつくえをあたえられてい  細工してい  年をとってい  名を知りすぎてい  源やい  のを、いまやおそしと待ってい  方へ運んでい  これもせず、もじもじして立ってい  なにかを待ってい  ぶんたちのふてい  写生をしてい  彩筆をふるってい  あいずをしてい  こん中にい  いっしょに見てい  声に聞き入ってい  首ねっこを力いっぱいにぎりしめられていた大きない  ろみぞからあがってい  敏捷さで、い  石太郎ととらえたあのい  寝起きしてい  散歩してい  次第がきまってい  ことは、忘れてい  手工をしてい  茶わんをつくってい  はじめからやりなおしてい  ことを忘れてい  音もしてい  心をいましめてい  熱中してい  だれも気づかずにい  声が起こってくるにそうい  観念してい  春吉君は見てい  期待してい  終末にいたってい  ことを思ってい  罪をきて出ようとい  常習犯がい  経験があったにそうい  眼をつむってい  山野さんが立ってい  まり興味をもってい  二人はだまってい  日向でじゃれついてい  頸をなでてい  ように明るくなってい  ひやひやしてい  とこにい  安心してい  信用はしてい  ことはなかろうと信じてい  宙にして、しばらくためらってい  職業を存じてい  職業を知ってい  職業を忘れてい  名前で暮らしてい  ことはよく知ってい  車が走りだすと、しばらくだまってい  心配してい  気がつかずにい  別になってい  室にい  大船辺までほとんど黙ってい  眼をつぶってい  顔は少し赤くなってい  ベッドが並んでい  まま新聞を読んでい  騒音がしてい  しょっちゅう行ったり来たりしてい  シャツを着てい  まま煙草をふかしてい  煙草をふかしてい  眼を細くあけて見てい  残像がはっきりと残ってい  開とい  のをい  我輩に見せい  風に死んでい  中にねてい  大分慣れてい  おかしいと思ってい  事を考えてい  それを黙って見てい  のを知ってい  あいてい  一部だけを見てい  別に注意してい  息を殺して眺めていると、突然見えてい  それははっきりおぼえてい  人が立ってい  ピストルをもってい  内を見てい  所はよく判ってい  温泉に行ってい  時そこにい  恋に陥ってい  思いをしてい  身がい  事実と恐しい  決心をにぶらせてい  十分もってい  頼みがい  覚悟してい  所に行こうと願ってい  注意してい  大震火災直後バラック建になってい  番に来てい  から成ってい  ことになってい  横わってい  仰向けにたおれてい  ステッキとがかかってい  まま落ちてい  跡がはっきりついてい  生え際は大ぶ禿げ上ってい  ものが附いてい  絹手巾がもしゃもしゃにまるめて握られてい  中島さんはい  から雇われてい  へん気に入ってい  何処に住んでい  現場に落ちてい  大原が握ってい  大原の持ってい  店員をしてい  手に取って暫くながめてい  大原の握ってい  細工をしてい  ぼんやり暮してい  話をきいてじっと考えてい  先年まで生きてい  手のものできれい  暮れかけてい  これを握って死んでい  髪の毛がひどく乱れてい  一念がこもってい  細目にあけて見てい  一念もなかなか恐しい  滞在してい  中を歩いてい  靴も光ってい  ままでい  立ち話をしてい  様が真に迫ってい  気にかかってい  地上に長く引いてい  森閑としてい  客はまだ来てい  中は静まり返ってい  壁に当たってい  胸を刺されて死んでい  ネクタイをしてい  昨夜待ち設けてい  ところまで来てい  なにひとつ身についてい  わたしに頼ってい  名を聞いてい  ことにしてい  青年の恐れてい  心をかけてい  領事館には届け出てい  小包が届いてい  記念品を贈られてい  心を傷つけてい  いつか薄らいでい  中に投げ込まれてい  一本入ってい  本所はすっかり変わってい  杖とを持ちてい  顔がみえてい  顔をしてい  蟹に宿って迷いい  左右に開いて陣取ってい  細雨ふりい  鬼火の迷いい  家来二人うかがいい  外にして出あるい  うかうかとしてい  松明をふり照らしてい  うまいられい  お越しなされい  檀扇を持ちてい  平家蟹這いい  蟹あらわれい  附添うてい  燈火をつけられい  奥よりい  妹をくれい  玉琴も進みい  世を送られい  みちみちも、どうあろうかと案じてい  土器を持ちてい  雨はげしく降りい  松明を持ちて再びい  夢を見てい  真赤になってい  生徒からこわがられてい  鉢巻してうんうんうなってい  クライヴ伝を講じてい  反映してい  話を聞かされたりして威されてい  空気に滲み渡ってい  苫をかぶってあるい  海中へ引っぱってい  時分から話にだけは聞いてい  鎌倉に行ってい  云つてもい  ろしい  これだけでもい  生徒がい  注意をひかれてい  学校にい  一遍は会わずにい  方へ行ってい  ところに働いてい  舞台で泣き伏してい  人云々と書いたりしてい  勉強してい  娘たちを集めてい  女子大にい  作風をもってい  範囲でだけ感じてい  友達を持ってい  さをつよく感じながら生きてい  落葉を掃いてい  五厘銅貨がほしいとい  命ともい  枯枝をひろひあるい  ひかりをい  これでは困る、とい  歯をい  うまいな、何とい  つてをい  書きかへてをい  仏飯をさげてい  押売してをい  自慢してい  鋸をい  石段をい  教照心とい  冬村君ともい  君を送つてい  のだ、めづらしい  春雪やあるいてもあるい  月あかりのしたしい  嘘をい  厚志はありがたくい  寝床に就かせてをい  大山澄太さんと打合せてをい  空恐しい  耳をすましてきい  浅間しい  一日二日だとかきい  のだろう又、ただい  小舟がい  春寒い鼠のい  ぢつとしてゐられない、とい  新鮮味とい  声がい  樹明君も来ない、い  ハガキを出しにい  ゼイタクをい  昨夜わざと置いてい  月かげい  くぐつてい  息はい  ぶん破れましたねとい  のんべい  ゆにひたりい  噂には聞いてい  冷たい雨がびしょびしょ降ってい  距れてい  列を作ってい  雨が降ってい  席を埋めてい  衣裳を着てい  すべて本文とちっとも変えずに遣ってい  すべて立身で遣ってい  千代はおちついてしっとりと好く演じてい  劇評を試みてい  まり多くいってい  ように遣ってい  眼を伏せてい  前とちっとも変ってい  顔で眺めてい  軍勢がい  敵がい  だしに使われてい  撮影してい  いるか、本当に気がついてい  同様に暮らしてい  者はささやいてい  暮らしてい  服装をしてい  奉公してい  失敗するに決まってい  拒絶してい  明らかにしてい  関係になってい  寝泊りしていると言ってい  三月と決まってい  一緒に連れ立ってい  ように寝てい  小遣銭を持ってい  花を抱いて眠ってい  心に宿ってい  飼ひがおいい  千穂らもい  米をい  ことが苦しくなつてくる、とい  何となく恐しい  ウソをい  家庭よりも、そんなにい  餅をい  継母にい  句作したいとい  風呂へい  酒をい  男に読まして下さいとい  ことが惜しいとい  船がい  積悪の報いい  雲雀が出てきてあるい  かげもい  散歩、そしてい  六ヶしい  君が羨しい  あそこをお借りい  お日様が出てい  田舎には余りい  小学校へ行ってい  礫川学校へ通ってい  はいてい  のか見てい  誰か一銭持ってい  私は、早速持ってい  巡査さんが、怖しい  納豆を盗まれる盗まれると、こぼしてい  悪戯をやってい  傍にじっと立ってい  発酵してい  豆がねちねちしてい  者はなく、こうやって座ってい  コブシが咲いてい  落付いてい  記憶をもってい  型に嵌ってい  新緑を透かし輝いてい  川底に沈んでい  性はわるいで、見い  東京へい  言つてい  大黒屋へい  初めさういうてい  かい、上げて持つてい  横顏を見い  來て見い  養子の子かいな、い  淺ましい  初めから淺ましい  町へい  ぢやい  光が見るに見兼ねるとい  とこへい  馬鹿らしいとい  泊りに行くとい  から始まるとい  習性は解らないとい  ネリとい  先づ半職釣とい  沖膾とい  紳商とい  場面に響いてい  所感は書かれてい  身にも及ぼしてい  日常に映ってい  自身を織りこませざるを得なくなって来てい  枠内に止ってい  継続してい  必要としてい  成熟に達してい  どこへい  島はい  国森君とい  蒲鉾はまづいとい  かた、い  のだ、とい  ん、べい  父はゐないとい  手紙をい  うちに、い  からだがわるくてい  私もうまくない、何とい  ふくにしいろい  つて降つてい  留守中に何とかい  一枝下さいとい  若い妻君が、さあどうぞとい  てふてふにい  私をい  水がい  井戸がい  大風ふいてい  あはれみい  街へ出てい  四国へ渡るといつて、別れてい  健からは何ともい  ポストまでい  葉がい  先祖様もめづらしい  つた、めづらしい  合ひながら飲む、近頃めづらしい  私にい  なかに続いてい  公園施設となってい  土手に沿ってならんでい  試合をおこなってい  なかをまっすぐにとおってい  使用されてい  昼食を作ってい  ひとりだけい  生活が続いてい  講師をしてい  誰もが言ってい  印象が常にきっちりとしてい  恵理子はすでに来てい  Tシャツを着てい  彼女は持ってい  人がい  うなじで束ねてい  それを乗せてい  最初から役目が決まってい  球を投げてい  癖のついてい  固定してい  洋介は気づいてい  のを望んでい  母がい  生活をしてい  恵理子は小さくうなずいてい  彼女はすでに知ってい  みんなひとりでしてい  玄関にい  生活してい  恵理子は言ってい  ことにきめてい  小夜子は言ってい  けが、きまってい  小夜子から命じられてい  ノートに書き取ってい  父親は、まったく似てい  恵理子が持ってい  ボールを投げてい  増幅してい  かたわらで見てい  観察してい  微笑してい  ように、はからずもなってい  父親も笑ってい  真夏が始まってい  密生してい  そうに受けとめてい  雲が浮かんでい  運転してい  一台、見えてい  たくさん空いてい  裾を出してい  サンダルをはいてい  くるぶしにまわってい  五か月たってい  彼は浮かべてい  彼にはよく似合ってい  陽ざしをさえぎろうとしてい  彼女は着てい  あなたにお姉さんがい  父親を亡くしてい  記憶はほとんど持ってい  以前から話はきまってい  以前からきまってい  近くに住んでい  高校を出て働いてい  んだと言ってい  顔を見つめてい  女ものめい  かいにすわってい  横にい  顔を見てい  学校にかよってい  実習を受けてい  ところ止まってい  僕はなんにも覚えてい  以前から思ってい  野田市にい  十八までい  ひとり、泊まってい  冷房がきいてい  テーブルが空いてい  友達がい  ゆっくり走ってい  国道がまっすぐにのびてい  田舎町らしくならんでい  色が重なって見えてい  陽が当たってい  腕に受けとめてい  下半身を暑く包みこんでい  裕一は着てい  主婦を乗せて走りまわってい  体を横たえてい  ひとりもい  なかを走ってい  汗をかいてい  ショーツをはいてい  汗で濡れてい  交差してい  商店がならんでい  からこちらにむけて、歩いてい  女性はかぶってい  女性ははいてい  彼女は歩いてい  バランスがとれてい  影になってい  顔立ちは消えてい  女性がい  手を振ってい  かば反射させてい  内部いっぱいにこもってい  所属してい  主将がひとりい  蓄積されてい  身につけてい  水となじんでい  自然にそなわってい  残念に思ってい  いくつもの棚につまってい  なかに立ってい  かばにさしかかってい  驚嘆には値してい  水に浮いて漂ってい  きらきらと輝きながら、小さく揺れてい  結婚してい  体育教師がつとめてい  裕一に言ってい  動きを見せてい  片手で押さえてい  ひとりで見てい  記憶してい  特急は空いてい  不思議がってい  いくつも持ってい  海の家がびっしりとならんでい  前方へ長くのびてい  海岸にい  そこにい  亜紀子はきい  香りが濃くなってい  陽が降り注いでい  平行に流れてい  どこかにむかって流れてい  廊下はのびてい  三つならんでい  精悍でい  髪は、よく似合ってい  裕一は気づいてい  百合絵を好いてい  背をもたせかけてい  百合絵は立ってい  獲得してい  卒業してい  笑顔でい  以前から約束をしてい  密集してならんでい  軒をつらねてい  連続してい  店がつながってい  予定してい  利用してい  バッグを下げてい  つもりでい  性格に合ってい  なかに入るとひんやりとしてい  部室にい  祐一はきい  汗は出てい  髪もほぼ乾いてい  椅子にすわってい  ふたりだけで食べてい  こがい  下宿してい  声を聞いてい  中心にしてい  なかへ受けとめてい  風祭百合絵によく似合ってい  空間が生まれてい  彼女を見つめ続けてい  説明してい  上に思い出してい  おなじTシャツを着てい  多恵子は立ってい  彼女をふりあおい  プールのむこうを見てい  うちそれをただ受けとめてい  彼はすわってい  視線をむけてい  隣接してい  テーブルを囲んでい  八月一日を示してい  けがここにい  外出してい  すっきりとしてい  きれいにかたづいてい  ここへ来てい  役目になってい  丁寧で早く、きちんとしてい  心地良く冷えてい  線が、まっすぐに横切ってい  上をも横切ってい  愛子が住んでい  関係が重なってい  自宅で会ってい  好感を持ってい  間柄になってい  稼ぎを上げてい  巧みにまわされたりしてい  一年たってい  生活に移ってい  ほか暑い日が続いてい  全身に受けとめてい  運動場などがそろってい  なかにまとまってい  定員制をとってい  静止してい  空気がすこしだけひんやりとしてい  海岸は汚れてい  なかに横たわってい  取り合わせを見せてい  歓楽街となってい  入口をむけてい  自分など生まれてすらい  共通してい  映画館に対して持ってい  残骸同然にとり残されてい  彼を見てい  充満してい  景色が映し出されてい  雪が降ってい  オムニバスとなってい  午後は、まだ続いてい  映画館に入るまえとなんら変わってい  意識してい  ひとつにつながってい  撮影されてい  明記されてい  涼しげでさらっとしてい  なにをしてい  雰囲気を決定づけてい  存在してい  映画が、写し出されてい  言葉は知ってい  出演してい  部分に持ってい  仕事に出てい  人を使って営んでい  母親がい  旗が出てい  奥にならんでい  女性がひとりい  彼女はきい  外に出てい  テーブルに落ちてい  いままで気づかずにい  経過してい  かすかに残ってい  気持ちがわき上がってい  ぜんたいがよく似てい  まま気づかずにい  彼は持ってい  定着してい  ほかのものに変わってい  いままで泳いでい  廊下に立ってい  デザインのされてい  とおりよく似合ってい  暑い日が続いてい  実家に来てい  映画を見たりしてい  泳ぎにいこう、と言ってい  お昼頃までは空いてい  呑気に過ごしてい  ことについて、少しずつ考えてい  僕は思ってい  三枝子さんは言ってい  文面にでてい  近くにい  愛子が言ってい  もちまわりでおこなってい  邦子は思ってい  ように言ってい  ことをとらえてい  最後までい  父親はよろこんでい  絶対に思ってい  寿美子は言ってい  Tシャツで眠ってい  部屋にい  無秩序に入ってい  いつまでも十七歳でい  気持ちでい  外は曇ってい  邦子は見てい  下旬から続いてい  発生してい  体験で知ってい  邦子は気にいってい  邦子は知ってい  年齢に見えてい  大事に思ってい  調和してい  邦子は信じてい  きれいに整ってい  段になってい  邦子は持ってい  バランスはとれてい  私は肥ってい  バスが走ってい  標識が見えてい  まま歩いてい  前をむいてならんでい  窓がすこしだけ開いてい  雰囲気によく合ってい  平行にのびてい  起伏をくりかえしてい  何軒もならんでい  目のまえに横たわってい  風になびいてい  遊歩道に変わってい  いくつかならんでい  いまは止まってい  彫刻が立ってい  完成してい  一台も停まってい  ひとつ持ってい  二本ついてい  邦子は好んでい  頂上に立ってい  凧を持ってい  風に舞ってい  凧を持っていてい  雰囲気が残ってい  邦子はきい  自分がい  昔から自分がよく知ってい  散歩をしてい  正面から吹いてい  たくさん入ってい  凧は高く揚がってい  少年とつながってい  凧を高くかかげ持ってい  引きはじめとすこしだけ似てい  心は高まってい  自分の思い描いてい  完全に重なってい  理想として思い描いてい  凧を揚げてい  凧は揚がってい  どこにもい  ひとりで歩いてい  絶対にい  場所から遊びにきてい  しか覚えてい  凧について言ってい  いままで思い出さずにい  店番をしてい  ほこりをかぶってい  少年が持ってい  凧についてい  結論してい  ブレーカーを着てい  カメラを入れてい  そうに横たわってい  海は荒れてい  凝縮されてい  端正にまとまってい  自動になってい  海にむけて大きく傾いい  冷房されてい  廊下がのびてい  リリと呼ばれてい  上品で可愛いくて、落ち着いてい  お父さんは出ていってい  海を感じてい  いっしょにい  廊下で会ったりすると、あら、い  印象に残ってい  私がい  それまでもたれてい  もの水着を着てい  プールにい  恵子と似てい  里里葉は呼んでい  間取りになってい  誰だか言ってい  顔をして力んでい  壁に張ろうとしてい  出来事などを、少し書こうと思ってい  相手にしちゃい  苦悩が、少しも書きあらわされてい  前から日記をつけたいと思ってい  兄さんから教わってい  外を眺めてい  見事に咲いてい  概念的で、なってい  語調も変ってい  生徒を愛してい  兄さんも、おいしいと言ってい  坊主と呼んでい  まり残ってい  顔を洗ってい  姉さんがい  兄さんが言ってい  不良少年になってい  僕たちよりもすぐれてい  リイドしてい  チイムワアクがとれてい  いつかそう言ってい  精神が宿ってい  肉体を持ってい  放送を聞いてい  おしろいなんか、つけてい  そうにしてい  相談しようと思ってい  事すすり泣いてい  口調で何かと慰めてい  ため田舎へ帰ってい  ゴム長靴などはい  音楽だけを聞いてい  絶望はしてい  掌に受けてい  お父さんがい  奥で呼んでい  ギタをひいてばかりい  何もしてい  嫉妬してい  寿司をもぐもぐ食ってい  気がしてい  知らん振りをしてい  0、と書いたが、若し間違ってい  免職させなければいけないと、大いにいきまいてい  いつのまにやら、きまってい  から緊張してい  ハンデキャップを認めてい  決心をしてい  捜査願いを出してい  こないだも言ってい  相手をしてい  兄さんと並んで坐ってい  まごまごしてい  遊びにやって来たが、もう変ってい  カサカサに乾いてい  何も無くなってい  手の甲がひどく汚くなってい  利己的にさえなってい  姉さんは隠そうと努めてい  二度しか行ってい  事ばかり考えてい  ストップを待ってい  覚悟は出来てい  寄食してい  ほっそりしてい  軽蔑してい  ばっかり思ってい  野良犬の如くうろついて歩いてい  紐を解いてい  僕は黙ってい  頸を抱いてわあわあ泣いてい  兄さんがい  不良になってい  僕がい  気楽にしてい  胸をおどらせて絶えずきょろきょろ眺めてい  名物になってい  くらになってい  ちゃんと支度をして待ってい  ごろまで坐ってい  汽船を眺めてい  鴎が飛んでい  惚を持ってい  颯っときめてしまってい  決意してい  涙で見えなくなるまで眺めてい  発表は、い  ばかになってい  座敷にあげて遊んでい  段がついてい  事などを調子づいて話してい  プウシキンに似てい  きょろきょろしてい  夢だったが、でも、聞きたいと思ってい  変化してい  地についてい  たかえしてい  電燈一つ灯ってい  受験勉強もしてい  写真をとってあげてい  留守番をしてくれてい  ちょっとまごついてい  帰りたいと思ってい  姉さんが来てい  姉さんは澄まして言ってい  レインコートも買ってくれると言ってい  学生服を着てい  いやになってい  学生がい  家にい  休みだと知ってい  うつらうつらしてい  頭がハッキリしてい  苦笑して話してい  報告されてい  者には知られてい  そうだから、だまってい  もっと安心して、らくらくと寝てい  うんざりしてい  内容がさすがに違ってい  悦にいってい  僕を待ってい  中学時代に、あんなに鳴らしてい  君を欲しいと思ってい  全然絶望してい  姉さんもい  ちゃんと知れてい  事に就いては、なんにも知っちゃい  僕は、だまって聞いてい  私ゃ、知ってい  私ゃ、よく知ってい  楽しみにして待ってい  歓喜に輝いてい  事は、ないと思ってい  態度をかえてい  勉強もしてい  事を言ってい  姉さんが泣いてい  人だとは思ってい  さが、まだよくわかってい  姉さんとが坐ってい  廊下に立って渋く笑ってい  好意を感じてい  何も気がついてい  銀座を歩いてい  加減に腐ってい  拝聴してい  冗談を言い合ってい  ちょっと首をかしげてい  封をしてい  一つも触れてい  日も暮れてい  このごろお祈りをさえ怠ってい  緊張してい  んじゃないかと、びくびくしてい  から覚悟してい  僕、あまりにも違いすぎてい  一台とまってい  姿勢でじっとしてい  のか、聞いてい  看板が立てられてい  斎藤市蔵先生特別講演と書かれてい  兄さんが、待ち構えてい  苦笑してい  問題にしてい  日記を書いてい  それは薄々感じてい  夢ばかり見てい  きょうは、まるでのんびりしてい  おなかが空いてい  女優さんじゃないかと思ってい  自負してもい  がやがや騒いでい  入口でもじもじしてい  誰でも心掛けてい  敵意が含まれてい  肋骨を攫まえてい  ゅうひゅうと吹いて通ってい  歌が響いてい  悪口を言われても、まあ見てい  たしかに発狂してい  逆上してい  事ばかり、しきりに考えてい  間隙が出来てい  鴎座から速達が来てい  ように、ほくほくしてい  あこがれてい  兄さんも、そう言ってい  位置についてい  事実とは違ってい  いつのまにやら無くなってい  星だけを知ってい  星を、ほしいと思ってい  小説なんか、つまらぬ、と言ってい  僕は、間違ってい  生活のしっぽが、ぶらさがってい  キリストについて歩いてい  否定しようとしてい  立派だとは思ってい  他には、なんにも書いてい  陰にかくれて立って聞いてい  ことは許されてい  朝は少し曇ってい  悪口などを言ってい  口をとがらせてい  三分、泣きじゃくってい  僕たちは黙ってい  前から気がついてい  雰囲気がよく出てい  廊下を歩いてい  兄さんには黙ってい  独往邁進したくなってい  友人を待ってい  全然あてにしてい  はじめは笑ってい  お父さんが生きてい  朝寝をしてい  事だろうと思ってい  アイスクリイムを作って食べてい  玄関先に立ってい  馬鹿が来てい  ぐるしい  六時頃から目が覚めてい  静かに考えてい  準備さえ出来てい  シュン婆さんも、おどろいてい  靴を脱いでい  受験生が来てい  名もはいってい  油断してはならない、などと考えてい  お待ちになってい  籐椅子に腰かけてい  食卓が並べられてい  いまは、よしてい  ぼんやり思ってい  三文字書かれてい  全然問題にしてい  陰に立って聞いてい  名が書かれてい  人がひとり来てい  役者を甘く見てい  不思議に思ってい  覚悟は、してい  仰向けに寝ころんでい  大根と言われてい  大根だと思ってい  首をくくってい  寝返りばかり打ってい  都新聞をとってい  説明がついてい  事は、わかってい  芸名まで、ついてい  前から知ってい  みんな浮き浮きはしゃいでい  楽屋に来てい  扮装をしてい  創造をさえしてい  今晩は酔っぱらってい  僕は気取ってい  東京駅へ迎えに来てくれてい  中にい  憶出してい  皺は寄ってい  全で違ってい  薩張り似てい  実権を握ってい  村長をしてい  お祖母さんに泣かされてい  小馬鹿にしてい  祖母が何とも思ってい  矢張何とも思ってい  機嫌を取ってい  私一人威張ってい  如何もダラダラと書いてい  怕がってい  祖母が寝てい  こと煩ってい  顔は看慣れてい  色になってい  親子三人向合って、黙って暫く泣いてい  淋れてい  雑草も生えてい  悵然としてい  余り馬鹿気てい  胸を下って、何とも言えずお甘しい  私が寝てい  バタバタやってい  感通してい  ようにしてい  ッ、何でい  両手が塞がってい  母がいうい  足とかが見えてい  目も霞んでい  そうになってい  ンだろう、と思って見てい  後は聴いてい  茫然としてい  此処らまで迎えに出てい  居処を知ってい  人が乗ってい  面白い位に思ってい  膠着いてい  繋けてい  壮なるに誇ってい  厭でい  無上にい  事と思ってい  得意になってい  疾うに極めてい  学校へ入りさえすれば、黙ってい  一家を支えてい  糊塗なってい  私達も思ってい  其気でい  拭んでい  悄然と立ってい  ように思ってい  些とも分ってい  議論が載ってい  料にしてい  心持になってい  垂げてい  伯母さんと言いつけてい  骨なんぞ折っちゃい  衝立って視てい  のか、い  先刻から存在を認めてい  面を視てい  模様になって浮出してい  中を視廻してい  跡をうっかり見てい  口を開いてい  真紅になって黙ってい  占領してい  話で、聴いてい  昔困ってい  疾うに役所から退けてい  書生がといってい  月々食料を払ってい  雪江さんに惚れてい  恥辱と心得てい  何が出来ると息巻いてい  心で思ってい  了ってい  玄関脇と離れてい  学校へ通ってい  木履を好いて穿いてい  何となく物足りなく思ってい  何回猛士とか僭して喜んでい  独りで威張ってい  暗誦してい  前へ行くと、屈んでい  何だか口一杯頬張ってい  盆に載ってい  耽読してい  今迄敷いてい  吃驚してい  負てい  何だか捜してい  其不愉快を忘れてい  子を生ませてい  事を言って生きちゃい  前から動いてい  胸に残ってい  煩悶に囚われてい  煩悶してい  堕落してい  其不足を補ってい  潤色してい  独り高尚がってい  読でい  十分に具えてい  着物を着てい  敬意を有ってい  事を思ってい  人にも話してい  冷笑してい  最初から知れてい  二つ返事で引受けて呉れるとばかり思ってい  気でい  悪感情は抱いてい  上に、売って迄貰ってい  都合上門人とも称してい  厭だから、始終黙って憤ってい  面色をしてい  からは、黙ってい  眼中に置かぬらしく言ってい  睥睨してい  写実主義を執ってい  言葉に転ぜられてい  浮れてい  衝立ってい  私は絶えず触れてい  喫ってい  面を見てい  一遍下へ行って見てい  燦と光ってい  心待に待ってい  者は遊んでい  ッしゃい  意味を認めてい  事になってい  掃除だけは手伝ってい  心待にしてい  雑巾掛けをしてい  用を聴いてい  小言を仰しゃい  饒舌ばかりしてい  独りで極めてい  金ばかり遣ってい  送金しようと思ってい  心は狂ってい  事ではないと思ってい  遇らってい  奮り立ってい  不覚怠ってい  上に投出してい  国から電報が着いてい  何だか取込んでい  のを視てい  ような、分ってい  のを忘れてい  其面を凝と視てい  側へ来てい  心を苛めてい  漬ってい  遠くへさけてい  けいこ着を着てい  画用紙を持ってい  席を争うてい  学力をきそうてい  のをながめてい  みんな集まれい  から見てい  眉をしかめてい  だれもい  びはぐんにゃりと弱ってい  生徒が群れてい  かえるをつってい  宿題を解いたりしてい  一同を見おろしてい  暗記してい  毛がちぢれてい  くちびるをもってい  調節をなしてい  周囲に集まってい  ポインターをしっかりとおさえてい  首環をつかんでい  筆記帳を持ってい  鹿毛もだまってい  敵をおさえつけようともせずだまって見てい  勝負を見てい  のを待ってい  小刀がやはり光ってい  ハンケチでふいてい  木俣も生きてい  十分にくわしく知ってい  友達がきてい  蓄音器をかけてきいてい  対比して論じてい  関係について論じてい  口まねをしてい  豊公をぎせい  さまを見てい  帰りを待ってい  くちびるから血がしたたってい  伯父さんがい  涙にふるえてい  からなにもできないと思ってい  生蕃が立ってい  それもいえない、いわずにい  母もすでに帰ってい  冷水で冷やしてい  母はわらってい  反射してい  口で鳴らしてい  小学校にい  鶏舎にい  にわとりどもは、まだごたごたひしめきあってい  友情にみたされてい  うつむいてい  手塚がかれを待ってい  大沢小使いの一番おそれてい  念仏をとなえてい  ちゃんとでてい  親しみをもってい  それを聞いてい  ことかとびくびくしてい  場合にいつもぎせい  顔をしてだまってい  手元をのぞいてい  解説があやまってい  乱暴をにがにがしく思ってい  柳がい  平気でい  まなこを閉じてい  嘲笑してい  てぬぐいをまいてい  奇妙に光ってい  頭をすりつけてないてい  久保井先生がい  憤怒に燃えてい  山高帽をかぶってい  光一はきい  興奮してい  ろぼうがい  声が聞こえてい  父はげらげらわらってい  母もわらってい  講堂へ集まれい  左右にひかえてい  こぶしをにぎりしめてい  一ぱいたまってい  熱狂にふるえてい  体を見てい  中でなかずにはい  満足に思ってい  一日だって生きてい  世の中に生きてい  ものと信じてい  ものであるかと考えずにい  いまは持ってい  毎日やってい  いまあそこであばれてい  ろぼうをだせってどなってい  父を信じてい  うちでせせらわらってい  父はすでに帰ってい  顔をして座ってい  やつだから、い  ねずみ色に明るくしてい  何人といえども疑わずにい  顔はあおざめてい  崇拝してい  つの矜持としてい  英雄であると信じてい  場にい  うそをついてい  罪におとしいれようとしてい  豆腐屋ひとりぐらいをぎせい  考えがまちがってい  手段でもかまわないと信じてい  じまんにしてい  お父さんをもってい  校長がい  顔にあふれてい  十分にわかってい  人のごとくうちしおれてだまってい  歯をくいしばってい  人陰でないてい  汽車を見つめてい  爆発せずにい  沈黙してい  今までよいと思ってい  重盛が生きてい  悪感をもってい  ことをおこってい  ことがあるならおいい  先生にしかられてい  漢文を読んでい  先生はだまって聞いてい  麻糸つなぎをやってい  電線にうなってい  地面をはってい  音が聞こえてい  キャッチボールをしてい  これを見い  頭をさげい  燃えあがってい  のを見てひとりほくほく喜んでい  フンプンとしてい  そうに聞いてい  それを喜んでい  大切に飼ってい  はかまをはいてい  ランニング、高跳びなどをして遊んでい  話がい  丸太を割ってい  相手に遊んでい  かな顔をして聞いてい  ように輝いてい  安場がすでにきてい  反感をいだいてい  すべてを知ってい  応援者を狩り集めてい  鉢巻きをしてい  後ろへたれてい  にこにこしてい  かんかんにおこってい  気分におされてだまってい  枝に乗ってい  標榜してい  生徒はことごとくふるえてい  反感をもってい  町を圧しい  探偵と呼んでい  母が立ってい  女中などが群れてい  手塚がきてい  鼻先にじんどってい  あれを見い  喝采してい  隣にい  ゆずるつもりでい  りんごをかじってい  幸福に満たされてい  学生が群れてい  絵本少しを並べてい  女がつねにほしいほしいと思ってい  戦争ごっこをしてい  相談をしてい  不安を感じながら立ってい  ことを聞いてい  後ろにきてい  路地口からどぶい  帽子をかぶってい  娯楽なしには生きてい  幸吉もそうそうはいつも斬られてばかりい  道を知ってい  人間だと思ってい  文子さんと話してい  ちゃんと見てい  肩をつかれてい  靴をはいてい  声をきいてい  光一をにらんでい  演説を聴いてい  光がほとばしってい  ひざに組みしいてい  手首はくじかれてい  手塚は涙ぐんでうなだれてい  日本大使館にい  へそをなでてい  損が参りましてへい  拳骨を振い  鯉口を切ってい  刀屋で見てい  血刀を振い  散薬でも這入ってい  何方さま、おや、よく入っしゃい  態をしてい  冗談を伺いたいと仰しゃい  から間が悪いと仰しゃい  往って見たいと仰しゃい  からまア宜い  君何方にい  奉公に上りたいと思いましてい  若様でも入っしゃい  拝見致してい  事を仰しゃい  耻しい  凉んでい  親類へ預けられてい  からいかんと仰しゃい  何時までも附いてい  二時ばかりも言ってい  知らん顔でい  側に粘り附いてい  泊番は知ってい  御門をさえ堅く守って居れば宜い  御門計りを守っては居りませんへい  張番をしてい  御用でも宜い  のを聞いてい  是を見い  事ばかり思い詰めてい  あれぎり参りもせんでい  月を眺めてい  暮しを付けてい  勘当に成っても、斬られてもい  毎日心配ばかりしてい  草履取をしてい  侍にしてやろうと仰しゃい  斯ういい  様だ、まアどうでもい  唯へい  事は云わんでもい  女がい  今まで黙ってい  死相が出ると聞いてい  のが宜い  話も聞いてい  苦労するので、死んだと思ってい  因縁は深しい  形でい  御機嫌様よう入っしゃい  粧けて待ってい  くり待ちあぐんでい  喧嘩しょうと思って待ってい  奴と思い、見てい  加勢をしようと思ってい  家来同様使ってい  夜延をいたしてい  独りで寝てい  夜延をしてい  膝についてい  云わず黙ってい  訳だと明かして云ってお呉れてもい  貧乏世帯を張ってい  終日畠耘いをしてい  物ではねえが、予て聞いてい  膏汗を流して固まってい  戸棚に入って隠れてい  お金を持って来れば剥してやってもい  あなた、そう仰しゃい  熱うございまする、へい  御酒をい  一つ部屋にい  私が宜い  一人もい  手前のばかり見ずにい  胴巻が入ってい  ″\しい  いつまでも云わずにい  釘一本落ちてい  心も知ってい  詫言を願ってい  心懸けてい  丈夫でい  丁寧にい  から、宜い  浴衣を着、あゝ宜い  怨みを仰しゃい  ア入っしゃい  外へ仕舞って置いて忘れてい  家来だからい  漁に入っしゃい  返事ばかりしてい  孝助様が入っしゃい  御新造として置いてもい  お話をい  負傷でい  表沙汰にい  能く寝てい  息をもつかず聞いてい  涙を零してい  中二階に寝てい  あなた黙ってい  お前を思ってい  今日お立ちになりましたら、い  首にかけてい  面だから見ねえでもい  灯籠を提げてい  彼処にい  飯を食ってもい  我慢はしてい  毎度戴いてばかりい  から頂戴いたして置きますべい  ッて宜い  前へ隠してい  世帯を持ってい  女をしてい  しらばっくれてい  アおらが困るべい  合でい  んだえ、隠さなくってもい  ア惚れてもい  事を云わないでもい  から何をしたってい  女に係り合ってい  序でがあったら云おうと思ってい  ものだから、つい黙ってい  姦通くくらい  孫店を借てい  声で云わなくってもい  斯うやらやってい  それから貧乏世帯を張ってい  声をしたってい  お出でよ、行ってもい  身寄親戚がないと思ってい  首を切られてもい  八年以来連添ってい  塩梅だから、見てい  切殺されてい  下女さえい  人になると云ってい  医者もしてい  足を留めてい  ゃったからよく診てい  ッかり云ってい  ずり廻ってい  一緒に死んでい  掏代ってい  疾より覚ってい  旦那ちょっと入っしゃい  話をして入っしゃい  方をい  お前其方へ隠れてい  事は聞いてい  無事でい  コレ茶を進ぜい  只今よく寝んねしてい  らッしゃい  施餓鬼をい  目が眩んでい  彼処に待受けてい  判断をしてい  いや逢ってい  何でも逢ってい  時に別れたと仰しゃい  目に懸りたいと存じてい  壮健でい  存生でい  しまうから誰もい  剣術を覚えたいと思ってい  腹を立ってい  りゑ様と仰しゃい  驚きもい  帰りにならないと思ってい  浪人してい  妹だが死んだと思ってな諦めてい  嫁にい  雲助をしてい  匿まわれてい  開き戸が明いてい  何ゆえ縁が切れたと仰しゃい  今立聞をしてい  姿で隠れてい  牛込にい  後から逃げたら討とうと思ってい  源次郎がい  先へ出してい  用意をしてい  そこへ行こうとしてい  本に載ってい  本には出てい  釘づけられてい  跼蹐してい  腹をたててい  ことが論じられてい  栄誉とも考えてい  論議されてい  てゐぬらしい  みんながまだ馴れてい  三千円ずつもってい  都民税一二〇円ですましてい  負担になってい  脊のすらりとした、とい  結びかたがやかましいのでね、とい  ものは、着ろとい  乱暴を感じてい  嫌悪感で見られてい  人々は思ってい  野蛮とわかってい  成長をとげてい  支配してい  一人前にあいてい  ほうに使われてい  物を見てい  中に立ってい  何處へい  散歩にい  物思いに沈んで歩いてい  町が見えてい  領内へ踏み込んでい  いっさい夢中で歩いてい  大事に飼われてい  大事に飼ってい  先生がい  近在近郷に鳴りひびいてい  ようすを眺めてい  ものと見えるが、それにしても、い  お茶を飲んでい  方でしてい  うぐいすとしきりに啼き交わしてい  人に飼われてい  人影がうごめいてい  気を取られてい  立ち聞いてい  ものか、集ってい  部分がい  森に残ってい  友達と話してい  待ち伏せしてい  やつらを斬り散らして下されい  ためにすぐに押えられてい  間わだかまってい  もとから自分の飼ってい  鼓吹者とのみ思ってい  その他用いてい  馬を放してい  パン、い  どちらへい  白がい  草のい  飛行機がとんできてい  星をい  三福とい  好きになりつつある、とい  帰途また立寄るとい  ローラーがい  空気がい  草が、い  予期してゐなかつたとい  號令に進みい  戰は日ごろの好、い  足も、つきい  揚雲雀なのりい  野薔薇のい  姿うつそ身に現はれい  教室にい  十数年間続いてい  確保されてい  インターヴューをのせてい  ファシズムが死んでい  十九名釈放されたと伝えてい  感じになってい  上に知ってい  血に赤く塗られてい  それをはっきり知ってい  実感が与えられてい  点でだまされてい  石川達三談として書かれてい  自分も犯すだろうとはっきりいってい  役員になってい  お父さんは生きてい  ファシズムは生きてい  点ははっきりしてい  新聞でいってい  確立されてい  別名を与えられてい  ところにい  お礼をことづけてくださいといってい  ところへ来てい  松沢に行ってい  いまはい  何かいわずにい  それははっきりしてい  問題になってい  人としては間違ってい  工場に働いてい  要求をもってい  ことを感じてい  何か求めてい  人間性が欠けてい  一日一日とすぎてい  暴露してい  型にはめてい  ちがいがあらわれてい  文学サークルでもしばしば云われてきてい  直結をのぞんでい  精神をもって生きてい  指導されてい  課題となってい  地球から消されてい  喜びとはげましのこもったやさしい慰めとを求めてい  ものとして求められてい  ものになってい  研究を求めたいと思ってい  ために書いてい  孤独だとい  近来めづらしい  樹明君もい  蝉がい  一粒二粒とい  段階に立ちい  庵、めづらしい  さんとい  吟醸をい  恋ひしい  ナムアミダブツとい  中から逞ましい  興隆期に向ってい  列強資本主義が抱いてい  勝利したと信じこまされてい  開戦理由をそのままのみこんでい  略奪に疲れてい  人民層がおもってい  お百度詣りをしてい  賃銀しか得てい  感情を抱いてい  共感してい  ニュアンスで生きてい  根絶してい  戦場にしてい  根拠をもってい  検討してい  四二パーセントに当ってい  横田博士は書いてい  わたしたちは、よく知ってい  ことは考えられてい  自覚されてい  批判力のまだつよめられてい  影がどいてい  一つとして知ってい  ことも知ってい  愚策とは考えられてい  姿を描き出してい  疑問を感じ始めてい  のに驚いてい  婦人視学がい  発揮されてい  ことを考え始めてい  傷病軍人がい  声をあげてい  理解してい  一枚も出してい  誠意をもってい  姿は異なってい  匂いがしみこんでい  厠にい  ことをぶつぶつ難じてい  眼が見えないので悶えてい  出来事に似てい  沈黙をつづけてい  床もしっかりしてい  穿くものを探してい  眼は涙ぐんでい  対象となってい  奇異に思ってい  言葉がひとりでに浮んでい  あちこちから立昇ってい  私達は来てい  蝟集してい  自然と拓かれてい  負傷をしてい  却って元気そうに喋り合ってい  火の手が廻ってい  間脅かされてい  一つは助からないかもしれないと思ってい  息を殺してい  火事は更に衰えてい  対岸の火事はまだつづいてい  テーブルにい  崩壊してい  穴があいてい  空に見えそめてい  漾ってい  姿となってい  頭上をよぎろうとしてい  微光につつまれてい  気配が感じられてい  のに手間どってい  杜も少しずつ燃えてい  光景を青ざめさせてい  人々がい  影を落してい  私は呼びとめられてい  漬って死んでい  女が蹲ってい  重傷者が臥してい  水際に蹲ってい  上を進んでい  刈上げられてい  河原に来てい  三四人横臥してい  焔がキラキラしてい  熄んでい  風が流れてい  側にい  余熱を燻らしてい  人が集ってい  方に設けられてい  数も限られてい  行列に加わってい  あたりに残されてい  顔をやられてい  黒焦げにしてい  暮れかかってい  声がしきりにしてい  学校へ行ってい  吹奏されてい  喰込んでい  まま硬直してい  配置されてい  根こそぎ転覆してい  墓石も散ってい  屍体収容所となってい  橋が墜ちてい  家屋が並んでい  色から解放されてい  駄目になってい  世話になってい  頃大分ひろまってい  宣告してい  情報が伝わってい  満載してい  火災は免れてい  相をしてい  爪を立てて死んでい  号令に進みい  邦に在りて、い  暮羊君来訪、ついてい  籠にい  ぐつすり睡れた、めづらしい  山にい  昼餉をい  中食をい  自己をい  感心してきいてい  直角ほい  小作をやってい  この世にい  ボンヤリ床を眺めて黙ってい  わきで泣いてい  明允といってい  秘書になってい  魚がい  薬を持ってい  間浮いてい  一晩中流れてい  伴れてい  力を出して引きあげたが、もう死んでい  吐息してい  刻すぎまで坐ってい  二人は濡れてい  石橋が通じてい  簷を撫でてい  索はひっそりと垂れてい  締ってい  日がもう入りかけてい  のを待ちかねてい  衣裳をつけてい  幸いだと思ってい  游んでい  銜んでい  喪に服してい  はじめて死んでい  旅装をしてい  宝玉がみちてい  極を尽してい  官吏をしてい  画舫がい  かすかに聞えてい  画舫にからんでい  肩をもんでい  匂いがたちこめてい  酒を飲んでい  客と飲んでい  洞庭にい  幸福としてい  半月ばかり行ってい  浅瀬になってい  一面蘆が茂ってい  知らない以前から出来てい  心附いてい  時分知ってい  ままごろごろ寝転んでい  皆が落ちてい  なす様を見てい  刺戟してい  力を持ってい  上に高く広がってい  迂曲ってい  算盤を弾いてい  間をば恐る恐る歩きながら啄んでい  一中清元などに含まれてい  染色は見るかげなく剥げてい  今までは唯淋しいとばかり見てい  附加えて見ずにはい  肉身をい  それがせいい  外はなかりけり、とい  冥加にあまるが、許してい  奥さんをい  春風春水一時到、とい  ことは、何とい  癖だがたうてい  窓へい  鰐をほしくないかとい  畫室へ吊しておいてもらつたらいいとい  慾ばつたことをい  つて、い  会社につとめてい  一しょにはたらいてい  中里にすんでい  田端にすんでい  額が沢山かかってい  頃は出てい  帰り支度をしてい  涼をとってい  葉陰にうずくまってい  わけではないが、ひどく疲れてい  根元にい  前へ出て涼んでい  質問をあびせかけてい  表情をしてい  眼をふいてい  宙を見つめてい  内側から鍵がかかってい  中はしずまりかえってい  おやすみになってい  土手にねてい  三時過ぎてい  黒山を築いてい  愛用し始めるとい  眉を開いてい  気持ちもなかつたが、さればとい  口でい  家があるとい  庭はとてもい  なつちやゐられないほどい  受胎せよとい  夏目先生のものは随分沢山持ってい  中通りをぶらついてい  私はいつも云ってい  逸話を知ってい  非常に面白いと思ってい  奥さんもい  あとからついてい  花茗荷を持つてい  御飯をい  底味にはたうてい  久しぶりにい  酩酊してい  ことはよく判ってい  足許を照らしてい  ようにして歩いてい  後からそれを眺めてい  僕は、いいい  憔悴してい  光を失ってい  ちらしてい  調子に変ってい  ポケットを、まさぐってい  四五人ずつい  入口にい  ところまで垂れてい  上旬にきまってい  客に交ってい  順番を待ってい  物理学について論じてい  のが居流れてい  下座にい  二階へつづいてい  障子があいてい  光線をだしてい  老人がい  若い男がい  前に畏ってい  額にあげてい  膝を押してい  わしは死んでい  興奮に青ざめてい  顔付をしてい  落下してい  変になったとか或いは酔払ってい  悄悴してい  落付いて喋ってい  ことも忘れちゃい  留守番をしてい  風景を眺めてい  蘇提が延々と続いてい  天を指してい  彼方に開いてい  窓でもあいてい  ことだから、い  名を愛してい  何処かに振りおとしてい  二人は行いすましてい  青年となってい  彼は、い  スピード狂になってい  スピードで走ってい  寝床に睡ってい  花瓶までが、嘗て覚えてい  澄しかえって並んでい  足が、長々と横たわってい  御覧になってい  窓辺によってい  惹起さずにい  衣を着てい  手ン手古舞をしてい  顔ばかりみてい  唇を呆れて眺めてい  ように、動いてい  紙片が入ってい  漢青年が見上げてい  カンカン日の当ってい  群集が集ってい  此処にい  帰国を待ってい  悪化してい  今頃どうなってい  火を見まもってい  心があまりに落ちついてい  苦しみもがいてい  面は掛かってい  気になってい  鼻の曲がってい  興奮が残ってい  さを感じてい  高等学校にい  態度をもってい  今道に入ろうと心がけてい  注意を払ってい  尋常に行なってい  是認しないでい  厳粛がひそんでい  反感を持ってい  徹底してい  死んでもいいし死ななくてもいい、生きていてもいいし、生きてい  愉快に感じてい  快適を感じてい  評論をなし得ようとは思ってい  発露を求めてい  局部地震となって現われてい  中原君兄弟もい  寒風をぬけてい  炭がある、ありがたい、ありがたい、何とい  餅をあげるとい  野分朝とい  銭が切れたとい  支給を受けてい  発酵しかけてい  内坪井に移ってい  庭に面してい  何も植わってい  がらがらになって残ってい  縁側にかかってい  正座してい  教えを受けてい  家でやってい  物置きになってい  諸氏がい  暗唱してい  男がい  オセロを講じてい  自宅にい  波止場を見おろしてい  海岸で遊んでい  手をやって仰向かせて、じっと見つめてい  仮寓してい  本を取り出してい  絵を見たりしてい  人たちに送ったりしてい  鼈甲色になってい  朗読を聞いてい  フィロソフィカル・マガジンを見てい  素養をもってい  ときなどはずいぶんきちんとしてい  落第点をもらってい  罰点をつけられてい  ことをやってい  ころ読んでい  興味をもってい  中に絶えず動いてい  西片町にしばらくい  木馬にのっかってぐるぐる回ってい  一枚ももらわないでい  宝生新氏に教わってい  やりとりをしてい  病気にかかって弱ってい  英文学に通じていようがい  いつのまにか軽くなってい  独占してい  金持になってい  昨日から覺えてわたい  頭つきがい  木下さんへ往けつてこかねい  やうであつたがねい  遊びにつれてい  人一人殺した恐しい  このごろからことにふさいだりい  旱魃解消、い  つた、そしてい  やあさんとい  便所に落ちたとい  十郎ともい  酎低唱とい  それから風来居にい  面白い話もした、近頃めづらしい  呉郎さんにい  やあさんもい  典肆を張ってい  そうにして待ってい  僮がい  頭をたれてい  上座に坐ってい  五通神になやまされてい  身をかくして待ってい  先に立ってい  ッつけて、すこしも動かずに待ってい  ッつけて待ってい  豕が死んでい  万にい  一ヵ月あまりもい  物があって飛ぼうとしてい  中へいって消えてい  五通を患えてい  一年あまりもい  教授してい  一めんに植わってい  僮僕などがい  婢がつきそってい  上にあがり、きちんと着てい  手を以ておさえてい  空に舞ってい  不思議に断れてい  ようにつながってい  甥女を養ってい  ことを話してい  それを聞いてじっと考えてい  何か怒られたと思ってい  一年もああしてい  ことはいってい  麗人が坐ってい  ことかと思ってい  私は、決してそうは思ってい  皆からになってい  煙草をすってい  顔構えからしっかりしてい  くるくる輪をかいてまわってい  児もうろうろ遊んでい  ぶらんこに遊んでい  人もい  何だってもう浮いてい  坂部さんがい  木下さんへゆけってこかねい  なんだって浮いてい  池を見たら浮いてい  肌に抱き締めあたためてい  池があぶないあぶないと思ってい  話を聞いてるか聞いてい  おもしろそうに遊んでい  仰向けになって浮いてい  大人下駄をはいてい  下駄も浮いてい  ここに浮いてい  いつまで見てい  果たして亡き人の着てい  俤を思い出さずにい  池に浮いてい  外貌を持ってい  計画を立ててい  間想像してい  カイロから来てい  ことは知ってい  ぎっちり詰まってい  のを囃し立ててい  特長づけられてい  迫害からしばらく隠れてい  フォサトゥムと呼んでい  居住してい  者は残ってい  後継者がい  カイロ付近にもい  ことが思い浮かべられてい  炬火を振りかざして駆けてい  わしてい  一緒に駆けてい  炬火競走が行われてい  土いじりをしてい  家が建ってい  意見に任せてい  うねり二千里に渡って流れてい  船に乗って渡ってい  顔見知りが多くなってい  ゃばしゃかきまぜ、叩いてい  二三十足もかくしてい  化粧品をしのばせてい  光芒に包まれてい  星空の下に光ってい  上流にあって建てられてい  地理的関係がめぐまれてい  製造が禁じられてい  きらきらと光ってい  彼につづいてい  その後に坐ってい  ように疼きほてついてい  血が落ちて、凍りついてい  独りで笑ってい  根性を持ってい  国外持出しを禁じられてい  手段を使ってい  出兵してい  意義を持ってい  そこに動いてい  懐を肥やして、威張ってい  風も眠ってい  警戒兵がい  戸棚の隅に残ってい  寝台に横たわってい  ように並んでい  帽子も何一つ残ってい  口をとがらしてい  ベットに横たわってい  ここに寝てい  何をしてい  ふりをしてい  壜を持ってい  あたりが白く見えてい  不思議がりながら立ってい  朝鮮銀行がやってい  問題を取り上げてい  ぼんやり眺めてい  波を列ねてい  油などを、搾ってい  例を見せてい  蔵してい  七峯のい  耳にしてい  談を聞いてい  大ニコニコでい  じいさまをしてい  耳をしっかり持ってい  千万金にもと思ってい  雲林さえ放そうとしてい  土地にはい  のだとい  からといつて來たとい  風呂にはひりたいとい  濟まぬとい  一挺とつてくれとい  云つても可い  彼によって支えられて来てい  心待ちに待ってい  反映に照り輝かされてい  昨日生きてい  継承してい  人々に似てい  保存してい  慰めをさえ持ってい  背が低くてずんぐりしてい  額はがっしりと強く盛り上がってい  熱を持ってい  眼は小さくて深く沈んでい  鼻は短くて角張ってい  鼻先に似てい  精緻にできてい  均衡を与えてい  口はブルブルふるえてい  一人物に似てい  幼時を取り巻いてい  ものとなってい  呼びかけが聴かれてい  病気に罹っていると思い込んでい  絶えまなく悩んでい  感情さえ生まれてい  友誼がつづいてい  冷却させてい  思いを持ちつづけてい  彼がそう呼び慣れてい  ことを夢みてい  そこを立ちい  勃発してい  西欧を浸し始めてい  クロイツァーがい  国なまりで話してい  背後に隠れてい  識ってい  暴威を振い  ひた隠しにかくしてい  座席にい  ヴィーンにい  熱情につかまれてい  ものを持ってい  考えをもってい  向きにできてい  悲しみを味わわされてい  突破してい  淵に臨んでい  望みも消えてい  到達してい  心をさらわれてい  着眼点を持ってい  味方してい  彼は愛してい  加担してい  ことをのぞんでい  共和国を夢みてい  彼自身ヴィーンにい  ロブコヴィッツ家に泊まってい  彼は依然として感じつづけてい  前に現われかけてい  以前から彼を愛してい  彼から受けてい  前方を見つめてい  歌劇を書いてい  心に浮んでい  心にありありと見えてい  小石ばかりを拾い集めてい  親身に愛してい  影響を及ぼしてい  身装を凝ってい  イリュージョンを与えてい  一八一〇年に至るまでつづいてい  ものだと見なしてい  存命してい  ベートーヴェンを愛してい  接吻しながら泣いてい  ことをいってい  前に坐ってい  ことをもはや許されてい  孤独になってい  魅了されてい  心を奪われてい  機会を逃すまいとしてい  本気で考えてい  貴族がい  ことを望んでい  ジッとしてい  表情を示しつづけてい  打撃を受けてい  心につき纏ってい  音楽は少しも鳴ってい  田舎を歩き廻ってい  彼を圧しつけてい  苦労に悩まされてい  乞食をしなければならないほどになっているが、困ってい  心に溢れてい  底がお判りになってい  過程を踏ませたいと考えてい  誰か一人はい  ボンにい  それを考えてい  歓喜を歌おうと望んでい  瞬間まで持ちつづけてい  ために考えてい  抛棄してい  延引してい  ことに決めてい  心を噛まれてい  方が適してい  宗教的信仰から霊感されてい  作を照らしてい  われわれは感じてい  上に及ぼしてい  聴衆が泣き出してい  音楽会は少しも儲かってい  心が引き寄せられてい  雷鳴が鳴り渡ってい  ベートーヴェンに対して持ってい  うち明けてい  性格を持ってい  それを悟ってい  知己であり導きてであると感じてい  彼の感じてい  ドイツ語訳で読んでい  プルタークに養われてい  室に置いてい  夢想してい  賛嘆を感じてい  恐れを感じてい  ことをいわずにはい  うちゲーテはいってい  その後ぶつぶついいつづけてい  食事中ゲーテは考え込んでい  ベートーヴェンが考えてい  相違してい  発音されてい  解釈せられてい  遇してさえい  成就したいと望んでい  作曲に取りかかってい  甚しい  感情に傾いてい  所有してい  心から遠ざかってい  住居としてい  ことに気づいてい  ベートーヴェンに遺されてい  間に、もつと恐しい  互ひにい  お待ちんさい  意識させるにい  問題はあるけれども、い  新仮名づかひもい  はじめてといつてい  心根がい  一二泊でもい  どこでもい  照りとい  手塩にかけてい  首をかしげながらなにかぶつぶついってい  窯をもってい  上に載ってい  グビ飲みをやってい  仕事がすすまなくて弱ってい  上眼づかい  暫らく土に突っ立ってい  頭脳が弄られてい  街道に成ってい  亢奮してい  今まで晴れてい  明かに射してい  芬々と烈しく匂うてい  如に点ってい  疲れた躯を据えてい  蝶が止ってい  僕といっしょにい  兆候を感じてい  それを隠してい  傾倒してい  聴力が少しもそこなわれてい  ほんとうに怠ってい  僕が悩まされてい  信頼を持ってい  友情とを堅く信じてい  ところ聴力は少しも治ってい  人間を逃げてい  昔歩き尽してい  手に入れてい  病気に苦しめられてい  僕を幾らかは愛してい  友情とを信じてい  ちゃんと判ってい  魅力を持ってい  ひと言書き添えずにはい  あなたにお礼申してい  大へん好んでい  逗留してい  峻しい  私が生きながら死んでい  当時英国にい  ものがくたびれてい  マッチしてい  アルコール分は含まれてい  出来たてを待ってい  制約せられてい  天才を持ってい  貴方を愛してい  仕事を支えてい  彼の持ってい  一枚も描いてい  ゴッホの持ってい  なかった静謐を持ってい  カンバスに塗ってい  ものになってしまってい  オランダに生きてい  ところで決定づけてい  のがい  たか覚えてい  そこに立ってい  づつ支給してもらってい  金は持ってい  副賞がついてい  金でかねてほしいと思ってい  時にすでに亡くなってい  愛に飢えてい  完全にそろってい  苦にやんでい  点では似てい  幾人もい  変化とをみせてい  頃大変目立ってい  それを愛してい  ことが出来ずにい  経験をしてい  ように張り合ってい  ために曇ってい  足を眺めてい  奴がい  顔を眺めてい  均衡を見詰めてい  猖獗を極めてい  事実を知ってい  性質をもってい  西班牙とはちがってい  相似してい  定ってい  二人までも持ってい  坂にい  ようにい  歓心が潜んでい  寝顔を捧げてい  けが黙然と立ってい  ようにぼりぼりと聞えてい  爪で押しつけてい  姿を眺めてい  ように垂れ落ちて縮んでい  一緒にはみ出てい  汁を浮べて爛れてい  圧迫されてい  後姿を睨んでい  奥から輝いてい  慄えてい  度毎に脹れ上って揺れてい  上にはみ出てい  姿を見詰めてい  切れ口から露わな肩を出して倒れてい  荘厳華麗を極めてい  拡ってい  線を張って歪んでい  争いを物語りながら枯れかかって生えてい  塹壕を築いてい  分泌物が溜ってい  気が狂ってい  軍兵を眺めてい  熱とが注ぎこまれてい  規範を毫も含んでい  事を知ってい  言葉を聴いてい  助力を負うてい  予見してい  声と入り交じってい  私はもう忘れてしまってい  恍惚としてい  旋風に運び去られてい  そこへ沈み込んでい  ことに驚かされてい  中に閉じ込められてい  特徴は現われてい  熱意を振い  raptusに憑かれてい  素質を生まれつき持ってい  自分を制して押さえつけてい  気にさせられてい  定義できずに感じてい  名を与えてい  言葉を憶えてい  渇望してい  者だと信じてい  騎馬行列をしてい  付着してい  そこにはい  ドイツ語で読んでい  森にい  机に向ふもい  朝がい  闇に降りい  母がひとり離れて坐ってい  一隅にひしとかたまって、坐ってい  うつむいて立ってい  美濃は、だまってい  そのままに残ってい  このごろ新しく雇いい  緊張で、ひきつってゆがんでい  お方だとばかり存じてい  まま、じっとしてい  ぐしょぐしょになるほど握りしめてい  ミルクホールに少しい  恢復しかけてい  仕事に精出してい  古典人、だまってい  あなたさまを愛してい  如くつめたく澄んでい  断念してい  病犬に化してい  波とたわむれてい  私議し合ってい  五十歳を越えてい  貝殻蒐集家として知られてい  一家言を持ってい  クロオジヤスに似て、おっとりしてい  昼寝してい  窒息させ死にい  振りをしてい  店先にふらと立ってい  てるは、い  ぞろぞろ人がとおってい  新聞に出てい  当時七十歳をこえてい  編集してい  リズムと離れてい  硬化してい  地上に真に生きてい  油汗拭うてばかりい  見物してあるい  慰さむに丁度可い  吹渡る生温くい  風を持ってい  鯰がい  化け物がい  大昔から東北地方にも棲んでい  大物がい  術を心得てい  独白をしてい  ボオドレエルが生きてい  原作者フィリップに就いて、ほとんど語ってい  この世に、い  カナリヤとさえ呼んでい  私はまだ走ってい  ものごとを知ってい  ことすら覚えてい  ことに笑い崩れてみせたりしてい  へまを演じ、まるで、なってい  暮、い  枕もとから消えずにい  空一杯で輝いてい  シーンと眠ってい  誰だって眠ってい  時分に眠ってい  健康を失ってい  上に漂うてい  灯が、美しく映ってい  合奏をしてい  部署に縛りつけられてい  考え悩んでい  グルグル廻って、眠ってい  溜息をついてい  ねばねばしてい  バタバタ初めてい  話を、鋭く聞いてい  気兼ねしてい  吉田には分り切ってい  対峙してい  綺麗に忘れてしまってい  結婚はなされてい  婿となってい  ようにしてさめざめと泣いてい  方を見て啼いてい  雌猿を養うてい  行方も解らなくなったと聞いてい  首に嵌めてい  名で知られてい  ため男おんなに愛されてい  人質がい  誰であるかを知ってい  保護者となってい  心中ひそかに憎んでい  暫らく考えてい  暫時だまってい  上にい  こと娘を見てい  なかに動いてい  眼にも輝いてい  下に持ってい  九人になってい  アルトが立ってい  人を愛してい  私を愛してい  心だけが知ってい  年とってい  中でぶつぶつ言ってい  琴をひいてい  それを知ってい  一同しずかに立ってい  ように白くながくなびいてい  子は死んでい  南方にい  暫らくながめてい  調子高くはっきりしてい  ように高くはっきりしてい  いま猟に行ってい  静かになってい  躊躇してい  なかに迷ってい  ことは考えてい  こと立って考えてい  微笑に気がついてい  目をさましてい  砦にい  灰を見てい  黄檗山にい  払ふてい  そこを頂きましょうと云ってい  強がりを云ってい  頃を見計い  今日では狙ってい  みな狙ってい  一番晴れがましい  晴れがましい  話が遺ってい  常連みたいになってい  考え事をしてい  自分でいってい  職人部屋に残ってい  ちゃんと店を開いてい  黒門厳めしい  そいつを考えてい  案内くだされい  時も脈打ってい  側にかしこまってい  八方に開けてい  店員のみい  各国使館地域はひっそりしてい  櫃をつくらせたとい  さは、たうてい  のだが、さうきい  一人分幾錢とい  お話をして、笑ってい  ところで、遊んでい  いまは、じっときいてい  政ちゃんはだまってい  らいにきてくださると思ってい  音がきこえてい  徳ちゃんたちが、遊んでい  日の丸が、ついてい  みんながそういってい  政ちゃんもはいってい  犬がい  ように似てい  みんなと歩いてい  様々の恐しい  気違ひめい  知悉してをり、い  自分だけい  男でもい  行つてもい  油断をしてい  誇りにしてい  分子がはいってい  子供のことを考えてい  調子で持ちすぎてい  当惑しきってい  大杉さんに持ってい  何物でもないと思ってい  多分に持ってい  無意識に待ちかまえてい  私が考えてい  考えを向けてい  隙間なくからみついてい  中にいつの間にかはいってい  機会を待ってい  私は知りすぎてい  気にしないでい  努力をしてい  間私の望んでい  中におさえてい  後悔も持たないでい  前に収まってい  道にいそしんでい  中には含まれてい  女嫌いだとされてい  冷淡を装わずにはい  現物を主として手堅くやってい  関係だけに止めてい  事務はのんびりしてい  隅っこに引っ込んでばかりい  男、と思われてい  前から聞いてい  温かみを呼び起されてい  徴用されてい  こちらは黙ってい  寝泊りしてい  二人一緒にい  私も考えてい  結婚しようかとも思ってい  僕も考えてい  方が酔いかけてい  眼をふさいでい  夜が更けてい  彼女が帰ってい  可なり酔ってい  ことを見落してい  ところで生きてい  度胸をきめてい  前から分ってい  近くをぐるぐる歩いてい  五月雨はい  海を越えてい  一番危つかしい  文句をいれてい  報道してい  んを煮てい  幸福を待ってい  それは、待ってい  力量が待たれてい  父兄であるとされてい  自由が認められようとしてい  様になってい  考えもしないでい  事を話してい  回答をしてい  主張してい  うっかりしてい  中に、ハッキリ述べられてい  事実が語られてい  発言をどう扱って来てい  私語がかわされてい  錯覚に導いてい  ものかとわかってい  いるか、わからずにい  人は羨しい  考えの、間違ってい  中に浸り切ってい  ものばかりを書いてい  水の上をほい  逞ましい  んぢやい  殊勝らしく向いてゐるいいえ、かうい  自由をもってい  名によって行われてい  潰滅が、そのかげにかくしてい  条件にい  根をのこしてい  感情を重く鈍くかげらしてい  発展してい  安住してい  幼子をひきつれてい  のか、当然わかってい  事実は、ふれられてい  感情におかれてい  一切考えてみようとされてい  文筆におのずからそなわってい  新京にい  首ねっこを押えてい  やまとだましい  一つところで働いてい  命を失ってい  ところにつとめてい  抗議せずにい  専門学校で使われてい  実験をしてい  平素それを欲しがってい  大事件があってくれればよいと思ってい  扉があいてい  別に何一つ失ってい  指紋がついてい  新聞紙が入ってい  俊夫君は、すかして見たり裏返して見たりしてい  一生懸命に見つめてい  手に取ってしばらく見てい  だって、い  所を見つめてい  机によりかかってい  そばに立ってい  書物を繰りひろげて見てい  俊夫君、すっかり忘れてい  言葉を疑わずにい  性質をよく知ってい  鬚髯をはやしてい  何事かしてい  もと逓信省にい  にこにこ顔に変わってい  記事はないかと捜してい  光にすかして読んでい  声で鳴いてい  自分たちとはちがってい  耳を傾けて聞いてい  知らぬ顔をして歌いつづけてい  あなたとは格別ちがってい  谷間に沈んでい  野原を飛びまわってい  平凡に暮らしてい  これを、黙って聞いてい  日輪のい  一ところを見つめて考えてい  雲が走ってい  話を黙って聞いてい  田圃などを飛んでい  上を飛びまわって遊んでい  耳を澄ましてい  林へと伝って歩いてい  すずめを見てい  ほんとうにしてい  ひとついじめてやろうと思ってい  それを信じてい  思案に暮れてい  わけにはいきません、とい  ほりのおほい  つて、では、どうぞつかまへてい  部屋を出てい  ぢや、い  煙脂でつまってい  半分ばかり開け放しになってい  話し声がしてい  ことが分ってい  遊び場まで交ってい  問答を聞いてい  隙間から、もう明るい光りがさしてい  一つさげてい  体躯逞ましい  缶詰がのってい  一年半ばかりたってい  俺はまだ飲んでい  俺は少し酔いかけてい  きれいな花が咲いてい  主人がたいへん待ってい  水がちょろちょろ注いでい  いくつも泳いでい  殆んど変ってい  方も変ってい  俺は、話し忘れてい  方をじっと見てばかりい  娘は黙ってい  岩木も黙ってい  カバンをさげてい  未亡人が住んでい  政隆と云ってい  金魚を見て楽しんでい  浮きあがってい  中に円く並んでい  そのままにはい  中を廻ってい  子供がい  石蹴をして遊んでい  忙がしい  万事整頓してい  だって気の毒で見てい  幽霊もい  平気で暮してい  上下四方から閉じ込めてい  前から見えてい  のが怖しい  先方も少しは落つい  和して、い  癒ってい  用を済ましてい  金銀二枚をしきりにパチつかせてい  本を見てい  浮世心理講義録有耶無耶道人著とかい  車が待ってい  あなた来てい  砥にかけて磨きい  コスモスなら、ほうつとい  自分も交じってい  ドイツへ来てい  ここに住まってい  後ろへ撫でつけてい  フロックを着てい  誰もいないでひっそりしてい  ヘルマン教授が狙ってい  古典に通じてい  喪章を巻いてい  敬服してい  コースが抜けてい  発音してい  若いコールシュッター氏も交じってい  管理をしてい  冗談交じりにひどくこき下ろされてい  気分がまるで変ってい  何となく上品にのんびりしてい  参与してい  光彩を添えてい  ポールなどもい  鼻眼鏡でぬうっと澄ましてい  プランクがい  謹聴してい  反りかえって黙ってい  肥大してい  教場に溢れてい  許にい  経験をもってい  物理を論じ合ってい  いそがはしきい  寫眞にむかへども、い  のもの、つくりい  比較は、おきてい  四五版にもい  事實を思ひい  述懷も浮びい  午後を保ってい  面貌を浮べてい  処々にかたまってい  面白そうに巡ってい  愼ましい  惱みに堪へず、い  黒岩社長は、い  平民社に飛び込んでい  ことともい  から仕方ないとい  樂しい  水を持つてい  連座するにい  ドアを排して出てい  ゆはい  引き合いに出てい  某新聞に載ってい  uokoruとはそれほど遠く離れてい  形成してい  ことは少いといつてい  ことができればそれでい  とき、くたびれ果ててい  のしかかってい  とき前もってきめられてい  一つ見えてい  衰弱が目立ってい  意味できい  大半黒くなってい  別々にかかれてい  ようには見てい  奉職してい  応接室に待ってい  そうに笑ってい  間若くてい  手許にも残ってい  雨も最早すっかり止んでい  稀にい  翹望れてい  心に繰返してい  相手に戯れてい  拝見してい  見事に分けてい  それから高瀬さんも出て下さると仰在い  ように変ってい  悄然と眺め入ってい  手を着けてい  刎ね返ってい  四人おいて坐ってい  十郎左と決まってい  耳をほってい  ふた組に分れてい  何かしてい  半眼にふさいでい  恰好で、居ずまいよく坐ってい  混雑してい  涙をそそがい  俯向いてい  首をさげてい  胸に掻きあわせてい  頭巾にしてい  伝右衛門はきめてい  下に預かってい  磯の気に入ってい  信用がなくなってい  側で聞いてい  伝右衛門は覚ってい  中心にかたまってい  首に吊ってい  横顔を当ててい  神経は持ち合せてもい  欣しい  十分におすい  無性に掻いてい  腹を抑えてい  他人とは思えなくなってい  ことも手伝ってい  役目とされてい  原因にもなってい  内蔵助は、知ってい  あいだに醸されてい  準備をしてい  独りで、澄ましこんでい  修蔵もい  顔を上げい  悄然としてい  何もい  訳がましい  きょうまでしてい  みぞれを飲んでい  手紙を書いてい  床に入って寝んでい  近松勘六などは、起きてい  床に入ってい  非番に当ってい  詰所にい  肉が、たるんでい  あいだを、うろうろしてい  ものを、いっぱいに、たたえてい  者が、上ずってい  けが、暮れ残ってい  伝右衛門を待ってい  ように仰向いてい  つんである小布ぐらいほど、欠けてい  彼女の抱いてい  のぞみうしなひ、い  亢奮がさめ切ってい  蠅がうんと這ってい  胡桃割でわってい  行進を眺めてい  大道芸人がい  赤坊がい  中にもってい  猫を見てい  葉をふっさり垂れてい  五万人ばかりい  雑誌をかりに来てしゃべってい  眼を見つめてい  СССРにい  ものと認められてい  あだながついてい  一室に住んでい  馬橇が通ってい  籠から出してはゆすいでい  イギリス人がい  子供にどう受けいれられてい  誤謬を犯してい  我々は感じてい  歴史的要素を沢山とり入れてい  飾ものをこしらえてい  一定の大い  ゲームをしてい  ゴルフ組にい  装置をもってい  しかけになってい  人間が見てい  海面をただよってい  さかんに波立ってい  船尾では、なるほど大さわぎが始まってい  見物してい  汽船から受けとってい  進行させてい  探偵スミス警部も乗ってい  底へもぐってもいいと思ってい  気をつけたがいい  正体なんかハッキリしてい  なかにくりかえしひろげてい  本国から電信がきてい  海図がかかってい  ポーッと白みかかってい  スミス警部を待ってい  ように出来てい  つんでい  へんぽんとひるがえってい  からざる気概をもってい  安心して見てい  ボートをおろしてい  ピントを合わせてい  波間からひろいあげてい  経過を見てい  生命はどうなってい  偵察機にむけて発せられてい  ようにつとめてい  捜査にしたがってい  ことをたいへんざんねんがってい  ちがいないと思ってい  話を持ちだしてい  潜水艇だろうと考えてい  それがハッキリおぼえてい  整理してい  まわりだけ照らしてい  甲板を走ってい  そこまではおぼえてい  海上をただよってい  夜は明けてい  熱心に考えてい  海面を、ぐるぐるとまわってい  測定されてい  船体が沈んでい  そばにいつもくっついてい  海中に飛びこもうとしてい  状態にい  漂流してい  胸をかきむしってい  いすがひっくりかえってい  ことでひどいさわぎが起こってい  はいまわってい  船がすこしもゆれてい  目をぱちぱちやってい  電話口へ呼んでくれといってい  ベルが鳴ってい  危険信号を伝えてい  これはぐずぐずしてい  上に転がりおちてい  機関は、い  運転されてい  臭気がただよってい  ベッドにもぐりこんでい  視力はおとろえてい  上に浮いてい  陰々たるひびきをもってい  豪胆をもって鳴ってい  すみにうずくまってい  んだとばかり思ってい  航海してい  船橋にい  受話機をにぎってい  メリー号捜索にしたがってい  面持を見せてい  料理人がい  さわいでい  ジッと見まもってい  海面下にい  記号がついてい  絶望だと思ってい  そいつはまだわかってい  おもりがついてい  光景を見下ろしてい  海面をにらんでい  今こっちかられんらくしようと思ってい  のてい  人類であるかどうかは、まだはっきりわかってい  百五十メートルもひくくなってい  ことだと思ってい  戦慄しないでい  声器にみちびいて聞いてい  ようすをじっと見てい  ときに生きてい  顔をだしてい  攻撃するといってい  なかにいのらずにはい  光景にのまれてい  戦隊のもってい  敵をあなどりすぎてい  冒険を知ってい  みちみちてい  ひじょうな興味をもって聞き入ってい  男ががんばってい  ものだと思いこんでい  悲観はしてい  脱出方を考えてい  ことを感づいてい  心配をせおってい  船長についてい  これを聞いてい  喜びにみちみちてい  三人を待ってい  前方を見てい  会話を聞いてい  ことを見てい  舷にそそがれてい  ものと思ってい  方向をすかして見てい  甲板に出てい  へんに落ちてい  一個も落ちてい  そこに落ちてい  マルラ、い  珍客が乗ってい  海賊がい  捕獲してみせると力んでい  波間に浮いてい  武装をしてい  ことはゆるされてい  話をきいてい  明かるくなってい  拍手をおくらずにはい  形をしてい  こぶがついてい  ものがついてい  方々が、つっぱってい  始めは聞き流してい  がたに見なれてい  みな聞こえてい  失踪されてい  失踪してい  海水につかってい  海水にすんでい  こっちへ向けてい  乗客たちはどうしてい  部分助かってい  艇をあやつってい  役割さええんじてい  ロロー殿下がたってい  あなたをさがしてい  長良川博士にしばらく待ってい  かっこうをしてい  眼がのぞいてい  ようにおどってい  博士をすくいださずにはい  海底大陸に分捕られてい  あいだ呻吟してい  胸をいためてい  腰をさすってい  パイクソンもまじってい  発見されてい  メリー号をつつんでい  海面をながめたりしてい  機会をねらってい  ところにとじこめられてい  はりをしてい  無電器械について、すこしは知ってい  スター街に向きあってい  すきをもってい  なりゆきいかにと見つめてい  まわりによりあつまってい  上にかたまってい  のろいつづけてい  ように、じっと見つめてい  王子ロロー殿下というのも乗ってい  武器をもってい  科学力をもってい  生物だと考えてい  雨がっぱにつつんで立ってい  内職にしてい  足を入れようとあせってい  水びたしになってい  入口から内部がみえてい  ことには気がついてい  ジム水兵がのってい  海面から姿を消し去ってい  これをじっとみてい  編隊をつくって舞ってい  不平をいってい  三色にそめてい  多くははげたりよごれたり破れたりしてい  霧にたちこめられてい  好奇心をわかせてい  帽子をふってい  上につんでい  そこに待ちうけてい  そばにい  紳士が集まってい  なにごとか論じてい  海底にすんでい  祖先をもってい  臨席してい  結論をいそいでい  無視してい  生物学者といばってい  大陸にすんでい  のであると考えてい  棲息してい  白黒してあわててい  研究問題は、まだ解けてい  予知してい  事実がわかってい  地上にい  ロロー殿下をはだかにしてみたいと願ってい  希望に早くそいたいとおもってい  入口に待ちかねてい  しろに立ってい  直立してい  かすかにふるえてい  気を失いかけてい  盛んにゆれてい  姿をあらわしてい  震動にたえてい  着用してい  汚水がい  僕をい  二銭でもい  子供よりこみい  私は歩きながら、い  佗しい  言つた子供が、い  思つてゐると、い  波子はきい  伝蔵が、い  方が、い  遭難が、丁度い  意志を押しつければい  使つて、い  つて、罷りい  からにしてい  財産をふやしてい  方を見い見い  子供をい  氣の可い  サアそれで可い  東京にい  東京に出てい  今日はよほど違ってい  今よりも進んでい  感心せられてい  今まで静まりかえってい  ここはくぐりになってい  首をたれてい  酒をグイグイあおってい  すりによって見おろしてい  から待ってい  間を縫うて進んでい  顔をじっと見てい  力にしてい  話を聞いてい  ことを話して泣いてい  だれも見てい  きのうからくさくさしてい  事を忘れんでい  光景をはっきりと覚えてい  後、さらにい  転換期が訪れようとしてい  一匹もい  本を読んだりしてい  悟りをひらいてい  靄がかかってい  洞穴になってい  月給をもらってい  一同出席してい  出席してい  ものは恐しい  梵語辞典を持ってい  一頁を睨んでい  心気爽快になってい  書籍と共にくすぶってい  残存してい  見切りをつけだしてい  手を握ろうなど考えだしてい  四五人いるい  称びならわしてい  注意を怠らずにい  たしかに湿ってい  風に考えてい  風に思ってい  厭世感にかりたてられてい  のだと思いこんでい  一生だまされてい  風に騙してい  童貞を守ってい  ことばかり考え耽ってい  心は暫くふくらんでい  特にこだわらずにはい  親友ができてい  ことばかり考えてい  のだと言ってい  絵を書いてい  龍海さんを見くびってい  風景が多いだろうと思ってい  胸にかくしてい  前途をはかなんでい  年中貯金通帳を入れてい  龍海さんは落ちついてい  めあてなく歩いてい  自分に言いきかせながら歩いてい  私と同じい  こまをまわしたりして遊んでい  顔をよく知ってい  風に光ってい  色をしてい  屋台を下ろして休んでい  光を浴びて白く乾いてい  上にしげってい  こずえに止まってないてい  日に照らされて光ってい  こっちを向いて、にっこり笑ってい  目が光ってい  ぼんやりと立ってい  ようすをうかがってい  しかたなくじっとしてい  チャルメラも吹かずに、さっさと歩いてい  私は、しみじみ悲しくなって泣いてい  山が重なり合ってい  間についてい  花がるたをしてい  かるたをとってい  夢中になってい  内を見まわしてい  ことを覚えてい  手ぬぐいをかぶって働いてい  女はいってい  ままに立ってい  耳に聞こえてい  並木のかげに立ってい  日は、もうとっくに暮れてい  小鳥やけものと遊んでい  ぱらで遊んでい  大将がごうれい  話も誤ってい  身に添えて感じてい  征伐にい  いさなものをい  陽をいっぱいに受けてい  風の音をきいてい  彼らを見守ってい  存在たろうとしてい  枝にぶらぶらさげてい  腕時計を眺めてい  約束し合ってい  子どもたちを呼んでい  来訪によってにぎわってい  大学新聞をひっぱり出して眺めてい  自由を失ってい  春を待ってい  なかにい  ひとと思われてい  何と云ってい  子供は、よくかけていると云って笑ってい  先生は暫く考えてい  きれいごとだけで、塗りあげられてい  ピアノを弾いてい  雲が飛んでい  ことなどを考えてい  笑い心地になってい  光が射してい  雲が動いてい  ようにぎらぎらと漂ってい  微風に揉まれてい  裏葉を見せてい  僅かに見えてい  顔を見せてい  十一時を過ぎてい  寄宿してい  浴衣を着てい  新聞記者をしてい  これも泣いてい  児を抱きかかえたなりに、はらはらとして立ってい  地震は小さくなってい  震いはひどく小さくなってい  たくさん剥げ落ちてい  屋根をめりこましてい  行詰を埋めてい  根があらわれてい  差配などの住んでい  一棟は潰れてい  線が通ってい  そうに動いてい  生垣に寄りかかってい  足首をくじいてい  二三十人も来てい  上に見えてい  下に建ってい  小使室を潰してい  そこにじっとしてい  所で騒いでい  女はひいひい泣いてい  避難してい  老婆がおどおどして立ってい  顔をして立ってい  ソギが現れてい  膝にしてい  砲兵工廠も燃えてい  二つ盛りあがってい  方が煙り立ってい  和智君が帰りたがってい  曳子がい  彼方此方してい  上から覗いてい  避難所になってい  人浪が打ってい  光が黄いろくなってい  一面にあがってい  火に続いてい  ソギをばらばらと吹き飛ばしてい  赤い月が出てい  光景を眺めてい  んだけど、面白くてたいへん気に入ってい  おっかさんのい  ようにうまくこしらえてよんでい  モスクワにい  到達点にまでいたってい  批判が行われてい  文学を生んでい  母自身十分の文化的光明に浴し得てい  内容がひろやかに高められてい  中に生かされてい  国を愛してい  曾つて無かったほど愛してい  みんな捨てて祈ってい  私は信じてい  嘘をまた書き並べてい  いま生きてい  加盟しようと思ってい  事にしてい  小説風なおはなしは書きたいと感じてい  一括されて来てい  遭遇してい  情熱を感じてい  愧しい  戯曲を、い  うに青空はどんなにい  歸つてい  世人から殆ど特殊扱いにされてい  光がさしこんでい  子供は勿論泣きつづけてい  ことははっきり覚えてい  火を眺めてい  金槌を使ってい  朝に迫ってい  粘液もずっと減ってい  手を洗ってい  蚊帳を畳んでい  眼が窪んでい  啣えてい  腸胃を壊してい  話などをしてい  さもしいことを並べてい  あちこち歩いてい  額はかなり火照ってい  むきもぴくぴく動いてい  車はもう来てい  言葉を使ってい  熱心にこう云ってい  雨になってい  痕を光らせてい  ことも話してい  鼻緒がゆるんでい  水に浸されてい  何か懸ってい  いつか笑ってい  信頼してい  絵でも実にこせついてい  尊重されてい  寐てい  顧にしてい  私もい  云つてい  ところを見出してい  友達程情しい  兎に角看い  普段私をい  暇がありませんでした、い  のですが、い  羞しい  見舞をい  札幌にい  鈍重さとにあきれずにはい  今不眠症にも犯されてい  神経質にもなってい  ところが間違ってい  製作するに適してい  沈黙しているよりい  みずから任じてい  ところが誤ってい  立場にい  甫めから期待してい  奇矯に過ぎてい  頼みを持ってい  底に温めてい  理解者をもって任じてい  点からいうと、あるいは少し立ち勝ってい  胸がつかえてい  気をつけてい  二つ三つしか受取ってい  外国にい  松山に住んでい  何本と、くぎって唱えてい  噂をしてい  昔に学んで忘れずに持ち伝えてい  拍子をとって、叩いてい  これを許してい  私などが唱えてい  歌ばかりをくり返してい  マメエダレとも呼んでい  仏と唱えてい  云々といってい  地蔵遊びをしてい  ことを聴いてい  最近まで持ち伝えてい  心持で、持ちつづけてい  ものだが、まだまるっきり廃れてもい  文句もよく似てい  遊びとして、最もひろく行なわれてい  目的のみに用いられてい  カネジョとも呼ばれてい  鉤になってい  通用してい  疑いを決しようとしてい  ことが許されてい  種類が限られてい  中に入れてい  重要にみられてい  力を認めてい  まじめにしてい  吟味せられてもい  遊びかたもよく似てい  代りに切るともいってい  語が行なわれてい  播州にい  感覚がなお残ってい  折にしか用いられてい  技能は劣ってい  仕合せを取るとしてい  念人といってい  者は無くなってい  遊戯になるまでなお残ってい  ものにしてい  回顧せずにはい  精一ぱい遊んで大きくなってい  んでい  ことばかりをしてい  ものが行なわれてい  鳥もないかくちだやいほい  欣々然として引受けてい  児を生むとさえ信じてい  力があると思ってい  装飾が施されてい  ヨンドリ棒を持ってい  ことを言わせてい  意味は分らぬなりに久しく守られてい  おん事はと言わせてい  中心地には起ってい  ままにまかせてい  はじめから賤しい  祝言を唱えてい  以前に行なわれてい  釣瓶さしと呼んでい  村中をもらいあるい  幅をきかしてい  参加してい  自治が行なわれてい  機会とも認めてい  はいばってい  使い走り、だまって追いまわされてい  声でわめこうとしてい  濫用せられてい  者がい  ことを許してい  一生懸命に働いてい  まじないなどといってい  意味してい  近くなってい  娘ときまってい  注意を向けてい  水屋といってい  役者として働いてい  法事と似てい  名ができてい  母をそう呼んでい  傍聴してい  大館附近に行なわれてい  葉などとうたってい  筋書は、もうまただいぶ長くなってい  子取ろといってい  言葉しかくり返されてい  人々に口ずさまれてい  近ごろまで行なわれてい  越後佐渡にまで及んでい  確かに行なわれてい  自分が携わってい  中でも行なわれてい  何本を唱えてい  相手を屈ませてい  全然無視してい  ここに来てい  熱心に見つめてい  鉤枝がついてい  念棒を用いてい  祖先には考えられてい  皆ついてい  我々とは異なってい  遊びをしてい  鹿遊びが行なわれてい  頃まで行なわれてい  女もしてい  馬を押えてい  背なかを叩いてい  指を出して当てさせる戯れをしてい  方を主としてい  統一してい  初年だと聞いてい  時姫などを勤めてい  田舎に引っ込んでい  人気稼業はしてい  江戸にい  派手に暮らしてい  内心ではらはらしてい  前にしてい  こおろぎが鳴いてい  花をじっとながめてい  土地にい  意気地もなく泣いてい  木が立ってい  子分が付いてい  先きは大抵判ってい  男が立ってい  男たちもだまって歩いてい  煌々とついてい  痕がただれて残ってい  行儀よく坐ってい  懇意になって置きたいと思ってい  ことかと小さくなってい  さっきから気になってい  押っかぶさってい  眼に見えてい  六三郎は黙ってい  のをまじまじと眺めてい  顔もしてい  他愛もなく眠ってい  ように唸ってい  香に酔わされてい  お初は生きてい  いい加減にだまされてい  女が坐ってい  甲州に生きてい  陰気さで縮んでい  羽根をつくろってい  育ち大きくなってい  充分によくはわかってい  仕事が案外やられてい  全体としてはひどくちぢれ上がってい  殆ど知られてい  柱になってい  氷点以下に保たれてい  府城を眺めてい  幻滅してい  扇をかざしてい  愛嬌を漲らせてい  不評判になってい  悪感を与えてい  予想してい  処に当ってい  そこには見えなくなってい  鮮かにしてい  活き活きと横たわってい  艫に陣どってい  僕に話しかけてい  水勢を楽しんでい  僕等の乗ってい  のを見守ってい  持合せてい  ずぶ濡れにしてい  末年にい  洋館を構えてい  黄の生きてい  幅を利かしてい  薄笑いばかり浮かべてい  不快を感じてい  止まり木を上ったり下ったりしてい  応対してい  支那語に通じてい  一本を吸いつけてい  幾つも輝かせてい  体格も具えてい  是了是了などと答えてい  大勢僕等をとり巻いてい  五六人胡弓を構えてい  興味を感じてい  いやいやをしてい  嬌は持ってい  好奇心を感ぜずにはい  巻煙草を銜えてい  手巾を結んだり解いたりしてい  後にい  手を握ってい  のに気づいてい  上下してい  一片を突きつけてい  木村と金子が争ってい  むやみにがつがつしてい  敵意を示してい  顔もい  けんかをしてい  様子がちがってい  鳴き声を立ててい  そこらじゅうをうろついてい  二階へ上がってい  なめころがしてい  うぶ声をあげて鳴いてい  かすかに認められるほどのうごめきを示してい  後に、もしやまだ生きてい  一日背を丸くしてすわってい  薬をもらってい  流行してい  子猫が食いついてい  なめ回してい  中止されてい  養児をはぐくんでい  一面を備えてい  いいかげんにあやしてい  何か言ってい  しょぼしょぼさせてい  それと同時に、ほとんど忘れられかかってい  あだ名をつけられてい  焦点になってい  母親らしく見えてい  毛色をしてい  猿ぐまに似てい  太郎に似てい  泥溝に死んでい  特にかわいがってい  頭をなでてやると逃げようともしないでおとなしくなでられてい  骨立ってい  庭のい  椽側もい  誰かが来て、かがんでい  何かを囁いてい  反転してい  曖昧にしてい  意志表示をしてい  純粋さにおかれてい  精力が欠けてい  悲劇をもはっきりと見てい  十分理解してい  生活感情をはっきり知ってい  自分だとは思ってい  仕上げをつづけてい  ブレークをもはや愛してい  気にかけずにい  暗示されてい  吸収されてい  ほど前進し高められてい  かげが映され生きられてい  生活に追われてい  空気に吹かれてい  恥さらしだとい  實に恥ぢい  ひとが立ってい  風呂場をうかがってい  夫婦が歩いてい  そうになって、まだやっともちこたえてい  しょんぼりと光ってい  包みをといて拡げられてい  ほうに向ってかかげてい  斑点だけに被われてい  のがして眠ってい  安らかに眠ってい  それだけにいっそうぐっすり眠ってい  ものと思って待ってい  音がまじってい  説明しようと思ってい  小さな脚がついてい  意味もなくとどまってい  自分で見てもい  朝もやをながめてい  息づかいをしながら、横たわってい  完全に離れてしまってい  のを用心深く待ってい  ところにまできてい  しんとしてい  ゴールが考えてい  十分用心してしっかりともたげてい  服を着始めてい  両親がよく知ってい  言葉を交わしてい  平静になってい  自信はもうなくなってい  隣室はすっかり静まり返ってい  鍵を廻してい  身体をまっすぐに立ててい  きりになってい  内側からよりかかってい  ほうをのぞいてい  前よりもずっと明るくなってい  一部分が、はっきりと見えてい  孔をあけられてい  雨はまだ降ってい  たくさんのってい  社長さんをとてもありがたいと思ってい  私にもよくわかってい  私にはわかってい  彼ほどにはわかってい  仰向けに寝てい  とき、泣いてい  両手でしがみついてい  床を踏まえてい  母親からいくらも離れてい  下に向けてい  ことを忘れてしまってい  念頭から去ってい  それまで比較的落ちついてい  練習は全然してい  それに、い  上部とに映ってい  しろへひきずられてい  小さな一切れが浮かんでい  ガス燈がともってい  のをつねにしてい  手紙に書いたりしてい  最近ではおよそすたれてしまってい  あたりもすっかり静まり返ってい  決心してい  ゴールが待ってい  みな閉ざされてい  外側からさしこまれてい  あいだ起きてい  なにしろ五年来彼が住んでい  彼はもうほとんどうとうとしてい  何も気づいてい  手をつけてい  言葉だけにきまってい  のだ、と考えてい  ころ気を使ってい  関係をもちつづけてい  気を使わなくなってい  財産がまだ残ってい  毎月家に入れてい  金額になってい  自由に動かなくなってい  まま窓によりかかってい  ようになっていってい  全然見えなくなってい  ことをよく知ってい  思いをぬぐい去ろうと努めてい  下でふるえてい  一月がたってい  理由などはなくなってい  じゃまをしてい  のを待ちうかがってい  娘と思ってい  腹を立ててい  前に待ちかまえてい  ゴールはきわめて注意深く聞いてい  ゴールは考えてい  楽しみではなくなってい  我慢してい  ことにしてくれ、と願い出て、許されてい  父親がい  ゴールは聞いてい  ときに、なんにも変ってい  ままに残されてい  ことにちがってい  ことに慣れてい  はじめ動かそうと考えてい  ことを見て取ってい  限り妹を手伝ってい  あちこちとゆすってい  一瞬じっと立ってい  床にぴったりとつけてい  ことなどはほとんど忘れてい  無言で立ち働いてい  ガラスにしっかとへばりついてい  壜をひっかき廻してい  そこに横たわってい  声で答えてい  ドアを開けてやりさえすればすぐに消えてい  気分にはなってい  ことをおこたってい  覚悟ができてい  ベッドに埋まって寝てい  ままではい  日からよく知ってい  肺をもってい  眼もほとんど開けてい  ことも、もうほとんど忘れてしまってい  家具でさえぎられてい  いつでもじっと見守ってい  自分が眠ってい  ことを拒んでい  制服をながめてい  ひまを出されてい  かたわら片づけてい  ことをよく見抜いてい  世話のい  腹は空いてい  身動きもしないで構えてい  途方にくれてながめてい  手伝い婆さんがい  じゃまなんかさせてい  ガラス窓を打ってい  明らかに示してい  何も食べなくなってい  気持からだ、と考えてい  習慣になってしまってい  顔じゅう髯を生やしてい  ものをもってきてい  利用しないでい  片隅に横たわってい  湯気を立ててい  まんなかに坐ってい  緊張してながめてい  まま立ちつづけてい  台所にい  部屋にもどって待ってい  度を超してい  ボタン二つのあいだに右手をさし入れてい  そこに坐りつづけてい  目で追ってい  居間へ突っこんでい  理由をもってい  身体にかぶってい  こともしなくなってい  席を占めてい  窓ぎわにとどまってい  妹はとても美しく弾いてい  彼にはあこがれてい  ドアも同時に見張ってい  心をきめてい  みんなにいってい  全然興奮なんかしてい  放心状態でい  楽譜をながめつづけてい  椅子に坐ってい  部屋へ近づいてい  部屋から脱け出てい  前を見つめてい  全然眠ってい  場所にじっととどまってい  それを待ちかまえてい  制帽をもてあそんでい  わたしにはわかってい  からなくなってい  自分でも受け容れてい  あいだ信じてい  不可能だって、とっくに見抜いてい  お兄さんがい  向きを変え始めてい  首に廻してい  変化が起ってい  妹だけが立ち上がってい  完全に眠りこけてい  状態をつづけてい  手にもってい  それぞれ自分の寝てい  身支度をしてい  顔も、眠ってい  死骸から眼を放さないでい  ぺしゃんこでひからびてい  さがまじってい  用意は忘れられてい  娘を抱いてい  床を見つめてい  まま聞き耳を立ててい  手すりにもたれてながめてい  仕事は終ってい  届を書いてい  ところに立ってい  いちばん尊敬してい  ところへいき、抱き合って立ってい  二人を見てい  彼ら三人しか客が乗ってい  暖かい陽がふり注いでい  娘になってい  五分ぐらいになってい  本でも見てい  本場支那料理屋でも食わせてい  これを食わせてい  こどもとでくらしてい  ことを、そっくりきいてい  ようにあかるく照ってい  きらきらしてい  神さまがついてい  小石を入れてい  白ねこがあがってい  道におとしおとししてい  たき火にあたってい  こととばかりおもってい  こっちへぶつかりしてい  夜になってい  いつまで森ン中で寝こけてい  んだとおもってい  目があいてい  話をのこらずきいてい  地びたに出てい  声でうたってい  ふたりはつい立ちどまって、うっとり聞いてい  パンでできてい  いきでたべてい  白いきれがかかってい  目をしてい  舌を出してい  おかみさんも死んでしまってい  ねずみがちょろちょろかけてい  ジッと見詰めてい  ぬき取られたりしてい  放置されてい  あたりがい  放念してい  残念に存じてい  楽しみをつづけてゆこうかと考えてい  何とまあ怖しい  飯なんてい  衣服を着てい  まり劇しい  例になってい  二寸ほど空いてい  声で起してい  湿り気を帯びてい  ように、ひそやかにふるまってい  げえ吐いてい  珠根を眺めてい  女かと思うと、少し驚かずにはい  鉢を拭いてい  幾分でも落つい  神体に触れても嫉ましい  観念はもってい  女をだましてい  扱いをうけてい  上眼をつかってい  鴉陶器製のあをい  空気はあをい  お前のまへをとほつてい  ひとつはあをい  わたしのあるい  なかへおひい  ほぞらの、あをい  坊さんはとんでい  やうなうすあをい  淵にむかへられて、い  なかにはあをい  色は、い  枝から枝へ啼いてあるいてい  なかに咲きい  腹はあをい  肩は、まだあをい  花よ、うすあをい  わたしへのばさうとして、ぽたりぽたりちつてい  眼をい  木の実のみのるとほい  お前がい  いたいけな心づくしは、とほい  焦心のながしめむらがりはあをい  すぎであり、い  こころをあかさないとほい  そよめい  いつぴきのあをい  うたたねのとほい  つて、とほい  なかにさきい  一つ出てい  犬ころ一匹通ってい  ように広がってい  間にはさまってい  上に落ちてい  身ぶるいしないでい  警戒してい  おしまいかと思ってい  血は出てい  手にして、しばらくはふるえてい  二見台に立ってい  西を向いて立ってい  一つかがやいてい  本をひらいて読みふけってい  こになってい  尻込みしてい  左右へ走ってい  行きどまりとなってい  上を探しまわってい  壁になってい  ぼんやりとつっ立ってい  ものが並んでついてい  しめにかかってい  際もじもじしてい  落着きはらってい  の摂氏十八度に保たれてい  ズボン下で包んでい  帽子もかぶってい  オーバーも着てい  平気で歩いてい  貧乏でい  しかつけてい  しか身体につけてい  身体にぴったりとついてい  形を見せてい  髭まで生えてい  小型自動車一つ待ってい  便利に出来てい  方が、まちがってい  遠くから黙って見てい  元気に動いてい  君は黙ってい  脂汗がにじみ出てい  空だと思ってい  のに似てい  左から右からとぶっちがい  さっきからいってい  ものをしばらくじっと見つめてい  力などを使ってやってい  ことは、見てい  中で、くりかえしさけんでい  方へおつれい  一度見て、おどろかされたいと思ってい  何ものかによってしっかり抱きとめられてい  気持よく走ってい  照明が行われてい  少年に聞きかえさずにい  みんないってい  工事計画をしらべてい  それは分ってい  目をみはってい  上にのってい  僕をみつめてい  土木工事に使われてい  トンネルが出来てい  海になってい  平らにならされてい  セメント道路が出来てい  満々とたたえられてい  ものが出てい  底から掘り出されてい  発明されてい  時間を待ってい  見物などしてい  広間になってい  奏楽が聞こえてい  一人前五点にきまってい  めいめいに違ってい  心臓が弱ってい  ら、い  会いたいと思ってい  魅力に富んでい  かがやきを持ってい  厄介をかけてい  万事まごついてばかりい  壁にうつってい  僕は、すっかり忘れてい  お金なんか入ってい  百枚近くも入ってい  ポケットの中に入ってい  がちゃがちゃやってい  物置などにはよく使われてい  目をぱちぱちさせてい  国に停ってい  友人辻ヶ谷君は、い  二年、忘れてい  ポプラとがとりまいてい  樹木を照らしてい  名札がかかってい  曲面をなしてい  光線がみちみちてい  十四五名集まってい  服を着てい  ものを垂らしてい  形もちがってい  ものでしばってい  上とはいいながら、やはりあわてないでい  まわりにい  手足はいつの間にか小さくなってい  世界に停ってい  利用には気がついてい  自然にのみまかせてい  論旨をすすめてい  煙をふかしてい  タクマ少年が待ってい  標本になって閉じこめられてい  番組に出てい  笑いが続いてい  発展させてい  人間にはぶら下ってい  むかし海中に棲んでい  感激ばかりしてい  同伴してい  猛烈に睡い  寝巻ははぎとられてい  放電灯が明るく輝いてい  ぼんと鳴ってい  爪先で立ってい  水中ですまして生きてい  空気を吸わねば生きてい  僕は泳ぎ続けてい  間に残ってい  水をがぶかぶ呑んでい  身体はだらんとしてい  僕は覚えてい  口から水を吐いてい  水を吐かされてい  ものがあたってい  麻痺状能を脱し切ってい  目下腮を備えてい  もっといろいろと考えてい  僕は聞いてい  笑顔を見てい  三重になってい  中へふみい  整然としてい  区画に入って、ぎっしりつまってい  これを見てい  内部がうつってい  中につかって進んでい  光がみちてい  丘などは白っぽく輝いてい  横顔をしばらく見てい  冷然としてい  こととばかり思ってい  恢復してい  直感は当ってい  今、僕はこれまでに感じてい  諜者がい  色が漂ってい  姿を見せてい  われわれには、まだ分ってい  停止させてい  もぐらがい  ようにしきりに動いてい  立往生をしてい  カビ博士から教わってい  上にすぐついてい  幅をもってい  顔からとび出してい  大分移動してい  唇はとがってい  あごは逞しくふくれてい  境目とにもつづいてい  両方がい  特徴を備えてい  身体と知ってい  前にい  残留してい  ことは知られてい  何にも残ってい  のはまちがってい  ことをよくおぼえてい  空間が、あかるく光ってい  さかんに動いてい  魚人がい  あざをこしらえてい  道具を持ってい  手に持ってい  ぎゃアぎゃアとばかり聞こえてい  人と見えてい  僕は突き進まないでい  僕は死んでい  足許に倒れてい  目ばかりを見せてい  ものははいってい  影を持ってい  三隻したがってい  下に住んでい  群衆があつまって、わいわいさわぎたててい  五分間もしてい  表面に立ってい  影にい  気密服をすっぽりと着てい  気体とがはいってい  適当に保ってい  空中ではとても生きてい  連絡をとってい  成功に終ると思ってい  海底都市へ来てい  色を失ってい  ことは、すこしも考えてい  町をうろうろしてい  矛盾を知ってい  機会を作ってい  ちょっとお待ちになってい  これ以上待ってい  腰をかけてい  三日月が、はりついてい  それに気がついてい  中でぐっすり寝てい  雪が少しばかり降ってい  周囲がすっかり焼けてい  一人も通ってい  鍵がかかってい  用意して来てい  ちゃんちゃんを着てい  本棚になってい  一棚ぎっしり並んでい  本が積まれてい  街をさまよい歩いてい  ことをすっかり忘れてしまってい  宣伝部とかに暫く勤めてい  話に聞き入ってい  五切れはいってい  雪はもうやんでい  二つ三つ見えてい  汽車はすいてい  三人しか客がい  空を眺めてい  或る意味を持ってい  表現とは感じてい  全然とりあげられてい  蒼白にしてい  隣になってい  造花を咲かせてい  ことばかりしてい  肩身を狭くしてい  遊びに行ってい  紹介してもらってい  クレエム・ペエパァを切ってい  流れが淀んでい  木片などが黒くなってところどころに浮いてい  拡がり漂ってい  流れを見おろしてい  泥溝を見おろし続けてい  肌を脱いで休んでい  病気で寝てい  紙幣が掴まされてい  威厳をさえ示してい  ことだとは思ってい  宣伝をしてい  ビラをまいてい  皆んな検束されてい  僕は急いでい  中に浮いてい  警察へ云ってくが宜い  火を見てい  気もちになってい  ことも絡まってい  往って来るが宜い  樺色にいぶってい  コスモスが咲いてい  虫が鳴いてい  四辺はもう暮れてい  はじめに坐ってい  処にちょこなんと坐ってい  喫うが宜い  父親は黙りこくって坐ってい  体を運んでい  電燈がぼつぼつ点いてい  一めんに聞こえてい  雲がかかってい  収容せられてい  番地にい  君のい  中に囲んで見てい  死体が横たわってい  から腹案してい  ひとりでやきもきしてい  脊中をくっつけて立ってい  月が出てい  光となってい  障子が黄色く光ってい  奴まだい  園はい  静かに動いてい  蝿の元い  蝿もなくなってい  空想に溺れさせてい  のは見てい  彼を困らしてい  影を隠してい  光に慣れてい  一点に、見つづけてい  ように光ってい  何んとなくいい渋ってい  のを気づかずにはい  上になってい  園にさえ打ち明けないでい  君もい  顔をせずにはい  前よりもさらに黄色く輝いてい  秒を刻みながら動いてい  叢がって細長く立ってい  塵まぶれになって下ってい  鐘は語ってい  耳を傾け慣れてい  詩に読み耽ってい  秒を刻んでい  そうにきしみ始めてい  それに引きずられてい  四時半近くになってい  中には漂ってい  彎曲してい  ように靡いてい  雨にならんばかりに曇ってい  逼ってきてい  手紙に触れてい  くみになってい  灯がともってい  往来してい  群れもい  エルムは立ってい  充血してい  飾りもなく示してい  みごとに光ってい  ことさえきちんと判ってい  それに沁みついてい  心配に思ってい  方へ向けられてい  ぬいさんは折れてい  伏眼になってい  園君に託してお届けい  方に動いてい  園が考えてい  内容を持ってい  無頓着でい  女性に対して示してい  のを感ぜずにはい  響きを持ってい  その時まで考えてい  その時までしてい  調子になってい  鐘の音に聞きとれてい  音は聞き慣れてい  耳についてい  経験を持ってい  人間ですし、そうしてい  ことを言ってい  力が働いてい  座敷にい  動揺してい  星野はいってい  瞬間まで待ち設けてい  気にかけてい  三つだけは光ってい  隙間から光が漏れてい  霰はいつか降りやんでい  寒い寂寞がじっと立ちすくんでい  星野のい  仏蘭西革命史をめくってい  方を見続けてい  中で跳ね躍ってい  何か話しかけてい  笑いにしてい  色はまるで違ってい  癖だけは腹立たしいほどよく呑みこんでい  手をついてい  一つ一つ見廻わしてい  側に坐ってい  たけがい  眼をしながらすましてい  聞耳を立ててい  感傷的にさせられてい  気を兼ねてい  言動をことさらに試みてい  自覚せずにはい  結果になってい  奴だと思わずにはいられなくなってい  一人よりい  丸めたり延ばしたりしてい  それを眺めてい  ようになってしまってい  柿江はまだ続けてい  憑いてい  ことが持ち上ってい  間に撒き散らされてい  爪をかみ続けてい  綿入を縫ってい  先方にい  後ろに聞こえてい  上に落ちるまで払いもせずにい  心を強く牽いてい  奨学金を受けてい  胸には烈しくこたえてい  銀行にでも勤めてい  清逸は考えてい  物をいうと知りぬいてい  父は知ってい  清逸は知ってい  溺愛を送ってい  次はまだ喰いつづけてい  箸を取らずにい  偏頗も手伝ってい  眠りを眠ってい  川音がしてい  夜になると曇るので気づかずにい  所に昇ってい  銀色をして休らってい  見え隠れしてい  具合を見つめてい  給仕をしてい  落葉松が驚くほど育ち上がって立ってい  無事に育ってい  ように丸まってい  声も高く尖ってい  相手になってい  真黒に燻らして暗く灯ってい  清逸は見て知ってい  背中を掻いてい  今まで着てい  鼾になってい  混雑して押し合ってい  着物を着て立ってい  破裂させてい  様子を見つめてい  身をよせて立ってい  あたりを赤くしてい  神妙にうなずいてい  間にい  傍観してい  方に吸い寄せられてい  のが映りよく似合ってい  西山さんを招いてい  そばまで来てまごついてい  顔を出してい  歯を出して笑ってい  きゅうに張りつめてい  街燈がともってい  不平を訴えずにい  昔に帰ってきてい  蚯蚓脹れになってい  母にすがりつこうとしてい  鼾を小さくかきながら寝入ってい  しとどに濡れてい  のだから、濡れていると思ったらやはり濡れてい  まま残ってい  夢も覚えてい  夢もはっきり覚えてい  のだったが、覚えてい  人々にいってい  顔つきはしてい  家にさえ帰れば会えるにきまってい  ぬいは知り抜いてい  残りなく織りこまれてい  ざうざするほど積まれてい  書物ばかり読んでい  床にばかりついてい  時思いださずにはい  塵ほども残ってい  所をじっと見詰めてい  静かに聞こえつづけてい  兵隊脚絆をはいてい  肩にかついでい  底に残っていて離れないでい  話をして聞かせようと考えてい  違いないとも思いめぐらしてい  能弁に聞き入ってい  堅雪にはなってい  あてあて聞いてい  今まで聞いてい  気持にされてい  一同は立ったりい  能弁に話して聞かせてい  股火鉢をしてい  光を黄色く放ってい  ものを考えだしてしまってい  返事になってい  のはわかりきってい  十七分過ぎてい  子供たちがからみついてい  町らしくなってい  中にたくしこんでい  回想してい  気持が動いてい  いっぱいに射してい  方に歩いてい  南側まで歩いてきてい  一面に生えてい  西に走ってい  教室に来てい  それでいいと決めてい  緊張しきってい  時真暗らだと思われてい  一面に光ってい  林檎園になってい  空に向けて立ち連なってい  どこにでもい  心をよく知り抜いてくれてい  ように聞こえてい  感じを与えられてい  奥まで塞がってい  何かでいっぱいになってい  どこかにい  まりどころは案外きまってい  存在を守ってい  端れまで歩いてきてしまってい  人通りはまったく途絶えてい  一面に散らばってい  柿江は眩しく取り巻かれてい  共通にはいてい  留守にしてい  大急ぎですすり上げたりしてい  感心してい  飯を喰ってい  湯づけにでもしてい  べっかんこなのは知ってい  物置になってい  教えにい  黄金色を眺めてい  答えまで考えてい  渡瀬はよく知ってい  誘惑されてい  不愉快にされてい  方が待ち設けてい  身を沈めてい  一人で飲んでい  色に牽かれてい  のを知り抜いてい  ほんものにはなる気づかいはないという諦めも働いてい  注意せずにい  下にい  今まで坐ってい  卓を隔てて向いあってい  さとが重くよどんでい  ものをやってい  一日延ばしに延ばさせてい  ものをいってい  前にすえてふやけてい  ように知ってい  数字を連ねてい  あとを追ってい  今まで書き続けてい  横道に来てい  助手と呼んでい  明かに潜んでい  今まで固く噛み合ってい  気分がいっぱいに漂ってい  方策はすぐにでき上ってい  結果が出るばかりになってい  たかをくくってい  履物とを較べなどしてい  時計がかかってい  九時を指してい  みをしてい  さっきまで考えつめてい  ものだとは知ってい  ことだけを知ってい  書見してい  風がもの凄く吹きすさんでい  部屋はしんみりとなごいてい  上に敷きそえてい  暖たまってい  台がついてい  光沢を持ってい  襟首に巻いてい  催促がましい  勘定してい  人見を見やってい  ちょっと尻ごみをしてい  平らに広がってい  のに震えてい  曝らされてい  縦横に折り重なってい  ようにおびただしく転がってい  ぐるしく流れてい  費用をかけてい  戸田教授でもい  農商務大臣をしてい  退出を待ってい  渡瀬にでもさせておけば似合わしい  夜につながろうとしてい  存分に流れてい  存分に暗くなりまさってい  存分に散ってい  強直してい  感覚を失うほど冷えこんでい  興奮をもって熱してい  帰途につこうとしてい  純次はやはりさすり続けてい  多量に吐きだされてい  背中をさすり続けてい  背中を撫でてい  親切を感ぜずにはい  前後も知らず寝入ってい  鈍物だときめてい  呼吸を大きくしてい  つり上ってい  から生れでてい  野にい  ように横たわってい  彼はい  真黄色になってともってい  ように燃えてい  瓦斯でいっぱいになってい  何事も知らぬげに寝つづけてい  燃え残ってい  それを睨みつけて坐りつづけてい  何事も知らずにい  部屋じゅうに響いてい  瞬間に、しかけてい  狂暴に泣きわめいてい  支度をしてい  上抱きにしてい  世間ではそうはいってい  から私は信じてい  渡瀬さんがい  三時になってい  綺麗に片づいてい  リボン一つかけてい  紫がかってい  害をまざまざと受けながら、飲みつづけてい  何かついてい  物好きに眺めてい  恐れをも感ぜずにはい  ことに誘いこまれたら、どうしようと危ぶまずにはい  ものとなぜとはなく思いこんでい  自分を偽らねばい  額ぎわをじっと見つめてい  言葉を思いだしてい  渡瀬さんに見せまいとしてい  訳読を見てい  涙をためてい  頁をくってい  上我慢がしてい  涙腺を押えてい  のは、つぶれてい  父のい  姿勢から立ち上りえずにい  五時半近くになってい  支度がおそくなりかけてい  不安を逐い退けようとして佇んでい  加減に暖まってい  家じゅうに満ちてい  身だしなみをしてい  後れ毛一つ下げてい  前に行ってい  飲むよりもおぬいさんと一分でも長く向い合ってい  茶器を取りだしかけてい  比較してい  書物に見入っているとばかり思ってい  自信を持ってい  ぬいさんを眺めなおさずにはい  どこまでも澄みきってい  ぬいさんがつかえるとすぐに見てやってい  声に聴き入らずにはい  力はもうなくなりかけてい  声がしなくなってい  妄想してい  顔色を青くしてい  涙がたまってい  ぬいさんが悩んでい  何を考えてい  心さえ萌してい  心になってい  素直にとしてい  前からわかってい  たて続けにしゃべってい  お前さん酔ってい  足だけにはい  いるかと問われれば、酔ってい  ますます降りしきってい  耳許に聞こえてい  邪魔物がい  入口に立ってい  飯を食ってい  園もい  これだけにして酔ってい  ことを悲しんでい  俺が思ってい  男だとは知ってい  のに黙ってい  自分でも知らずに長く抑えつけてい  尊重してい  さっきから聞いてい  何しろ酒にありつかなければもうい  中で始終繰り返してい  対座してい  人に見られてい  眼にあててい  年になってい  老い耄けてい  日が暮れてい  人がやはりい  淫りがましい  こっちを見てい  せいは涙ぐまずにはい  話声で賑わってい  あまりも続いてい  ものとは思ってい  かすかに光ってい  十一月二十五日午前九時四十分の発信になってい  壁を見つめてい  不安なしにではなく考えてい  ように現われたり隠れたりしてい  亀裂が入ってい  機嫌になってい  気味になってい  間をかえってかき乱してい  前に抛りだして苦がりきってい  それが出てい  匐ってい  隅まで片づいてい  やすやすとしてしまってい  園を愛してい  静かに満ち足ってい  これほどい  かいにされてい  準備されてい  チャブ台は片づけられてい  充血しているだろうとばかり信じてい  茶を入れてい  口をきいてい  暖かい光を送ってい  促がしてい  中に拡がってい  炭をせせってい  意外にも曇って震えてい  結果を望もうとなどはしてい  即座に伺おうなどとは思ってい  ぬいさんを苦しめては忍んでい  涙がいっぱいたまってい  顔を重く伏せてい  送りに来てい  旅客がいぎたなく寝そべってい  黙然として坐ってい  二人で暮してい  涙が光ってい  纜を解いて待ってい  手端を見せてい  官を免ぜられてい  夜も昼も心配してい  返事をして慰めてい  顔を見て泣いてい  死骸に取り著いて泣いてい  眼でじっと見てい  のをやめてい  首にかけて縊れてい  旅館にい  痕を止めてい  宅が無くなってい  人が変ってい  家は依然として立ってい  うず高くつもってい  者もい  もと使ってい  緑葉を見せてい  四辺がひっそりしてい  一人中堂にい  そのまましかたなしにじっとしてい  巾を巻いているだけが違ってい  これでいよいよお別れい  光が消えかかってい  男の子がひいひい泣いてい  今まで泣いてい  表札を暫く眺めてい  お世話になってい  感謝してい  一つ空いてい  極ってい  角も上って待ってい  何だか滑稽じみてい  方をじっと眺めてい  膝を立てようともせずに、黙りこくってい  みな透明に澄みきってい  底まで澄んでい  卒業してやろうかと思ってい  立聞きして居たらしくつっ立ってい  彼は云ってい  風にはっきりしてい  澄子がくすくす笑ってい  首を垂れて考え込んでい  彼はもう立ちかけてい  時間になってい  ことを話してきかしてい  続きを初めてい  りこくりやってい  天井を見つめてい  パンとがはいってい  湯ばかり飲んでい  平素粗食をしてい  髪を長く伸してい  一分刈りに刈り込んでい  もじゃもじゃに生やしてい  さを具えてい  翌朝までい  今働いてい  意志がしっかりしてい  傍から可笑しがってい  ちゃんとしてい  いくら大学だからって、あんなに休んでばかりい  ぼんやり考え込んでい  朝遅くまで寝てい  中に籠ってい  習慣となってい  一日中じっとしてい  嫌いだと云ってい  冷いものを飲んでい  割れ目で切れるとかなんとかなら、まだ分ってい  腕が冴えてい  ものが見えてい  何だか私はじっとしてい  ごっちゃに燃えてい  ことを鋭いてい  それは当ってい  間考え込んでい  変人だと思ってい  方ではこう云ってい  お茶ばかり飲んでい  足がふらふらしてい  進歩してい  頭がはっきりしてい  から、温くして寝てい  大丈夫だと云ってい  呻ってい  雨はまだしとしと降り続いてい  二人はじっと見守ってい  頃、すやすや眠ってい  顔を見比べてい  熱が去ってけろりとしてい  一日くらい寝てい  空が曇って、何もかもじめじめと汗ばんでい  ぼんやり何かを考え込んでい  多くは黙ってい  言葉を聞いてい  芽に見入ってい  雨脚を眺めながら涙ぐんでい  窓によりかかっていたり、始終黙って考え込んでい  病院からまだ帰って来てい  下調べをしてい  縁にしっかとつかまってい  さになってい  にこにこ笑ってい  其処にい  眼をぱちぱちやってい  窓から空を眺めてい  今井は暫く黙ってい  ごろごろしてい  下宿屋にはい  なり多く持ってい  今井と似通ってい  学校に出てい  つもりでぶらついてい  ぼんやり見つめてい  半分机によりかかってい  眼で見てい  感情で対してい  眼に一杯涙ぐんでい  今井は黙ってい  ように固くなってい  中を片付けてい  ように笑ってばかりい  辰代はじっと聞いてい  お世話してい  辰代はまだ怒ってい  一杯上ってい  裏口に干してい  茶の間に坐ってい  男にはい  人を置いてい  彼奴もよっぽど困ってい  呆気に取られてい  かすかに震わしてい  縁側に佇んでい  人を踏みつけにしてい  品物をかき廻してい  勉強でもなさい、遊んでばかりい  玄関に残ってい  上に伏せてい  滑稽だと思ってい  眼を赤く泣きはらしてい  気にも止めてい  通り落付いてい  縁側に屈んでい  念入りに洗ってい  手附でぬってい  指をいじくってい  まむしが出来てい  今井が立ってい  首をひねって考えてい  顔でつっ立ってい  真中にぶら下ってい  身体を固めてはね返してい  身を震わして、なお一寸つっ立ってい  胸に組み合わしてい  庖丁を握りしめてい  今井が泣いてい  涙で濡らしてい  まま身動きもしないでい  光が漂ってい  調子で云ってい  二三段上りかけてい  様子を窺ってい  人間が沢山住んでい  大部を占めてい  一のけい  評判されてい  宝石を入れて携えてい  強盗たちに携えてい  それ以後心臓を悪くして、い  彼のけい  瓶をたずさえてい  東雄とい  天皇に仕へたてまつれとい  有無は疑はしい  といつてもい  涙でい  逢状を持つてい  ものを作つてい  変遷につれて、こうい  Cognoscoergosumだとい  工夫を加えてい  人造香料をも加えてい  時期を全くすぎてい  家路を保って来てい  のがせいい  心配しなくてもい  下町をい  相手は、何とい  ながら見物とい  君は、い  神秘化されすぎてい  融合してい  発育してい  進化してい  変化に富んでい  作風は、いかにも落ちついてい  探偵法を用いてい  活動してい  原書は読んでい  号をまってい  戦争を書いた最もい  喜劇と云ってい  悲劇と云ってい  モリエールの持ってい  ペンをとってい  いつまでもいつまでも考えてい  ため息ばかり吐いてい  湯気を吐いてい  ものわらびなどもふらふらと生え出してい  空に投げたり引いたりしてい  紳士が叫んでい  耳をつかんでぶりぶり云いながら立ってい  ンとはじけてい  中にはなんにもはいってい  ネネムをじろじろ見てい  向うで叫んでい  名刺を呉れるかと思って待ってい  学生が実に沢山泣いてい  落第ばかりしてい  席についてい  正面に座って待ってい  五つばかり受け取ってい  もっと見てい  たくさん続いてい  あくびをしてい  命令で見てい  もんだと思ってい  毎日ついてあるい  まり遠くへ行ってい  ことを許されてい  なめくじでできてい  盛んにやってい  みんなはらはらしてい  鎌を持ってい  棒を持ってい  みんな粒が落ちてい  摺臼にかけてい  フウフウフウと廻ってい  方にぞろりとならんで光ってい  真珠に変ってい  指図してい  妹をさらわれてい  スタアになってい  爆発をやってい  中に消えてい  どこにたった今歌ってい  パタパタパタパタ鳴ってい  心配そうにしてい  者は果してい  消長したかも語られてい  身を寄せてい  官にい  家を借りて住んでい  惑溺して通ってい  半年ばかりもい  日がもう暮れてい  痛みがなくなってい  痂ができてい  葉になってい  のも忘れてい  懼れてい  楽しみとしてい  三年そのままにしてい  化粧をしてい  一ぱいためてい  隠棲してい  中へ入ってその着てい  径を埋めてい  しかとは覚えてい  しょぼしょぼしてい  婦人が佇んでい  文書係を勤めてい  誰ひとりい  ものがこもってい  交際してい  熱心に勤めてい  熱愛をもってい  世界が見えてい  色が浮かんでい  五等官には補せられてい  ものがこびりついてい  ものが引っかかってい  ひまには、い  ように努めてい  的になってい  巧くやってい  なんの企みも抱いてい  大祭日に限られてい  まりよく知られてい  ことしかわかってい  台所にみなぎらしてい  あぐらをかいてい  むき出しにしてい  何かのぼろが乗ってい  糸を通そうとしてい  亭主は酔っ払ってい  十まで知りつくしてい  ことあちらこちら調べてい  像がついてい  仕事にもかからず突っ立ってい  満足を覚えてい  口をつぐんでい  寝ぼけ面をしてい  当てにしてい  割り当てがついてい  彼も知ってい  承知はしてい  前から続けてい  四十ルーブル以上になってい  身を養ってい  ずれのしてい  振舞いからも、い  写しをしてい  脅威を感じさせてい  表情が浮かんでい  仕事ぐらいよりしてい  へきえきしてい  いつまでも遠くから外套を眺めてい  気分で浮き立ちながら歩いてい  役所へ着いてい  うちこそ、にやにや笑ってい  心に思い浮かべては、絶えずくすくす笑ってい  どこに住んでい  疾走してい  暮しをしてい  あかりがついてい  湯気を吹き出してい  マントが、ずらりとかかってい  のもまじってい  話し声が聞えてい  役人たちはもうとっくに集まってい  のを眺めては、どうしても喜ばずにはい  顔をのぞきこんだりしてい  上へ落ちてい  集いがひけてい  ことを物語ってい  上機嫌で歩いてい  しょんぼりと黒ずんで見えてい  お願いをい  彷徨してい  上もなく恐しい  中心にぐるぐると廻ってい  一昨々日、葬らい  役人が坐ってい  傾斜して歪んでい  手配がついてい  幽霊を押えてい  形もなく消えうせてい  等閑に付してい  善心が潜んでい  満足してい  毅然としてい  感嘆してい  玄関さきへ着いてい  噂してい  口髭をたててい  標章としてい  指標に適ってい  みんな飽きてい  苦がい  悦しい  なにごとか祈らんとしてい  蒼褪めてい  俺はあをい  やうに流されてい  無地とうめい  酷烈にしてい  遍路のはい  遍路が休んでい  刻煙草を吸ってい  幽かに聞こえてい  こだまさせながら聞こえてい  光明を失ってい  伊予路を歩いてい  親しみ深く振舞うてい  二階へ訪ねて行ってもい  尾世川は暮してい  人は来てい  敷居へはみ出してい  煙を眺めてい  うちにでも来てい  藍子は黙って考えてい  森としてい  静けさとちがってい  あちこち見てい  推察ははずれてい  身にしみては聴いてい  娘がい  二階にい  連中が来てい  国へ帰ってい  告白せずにはい  ひとは思ってい  貴女も黙ってい  二人のかけてい  愛素つかさずやっているわね、どうしてい  婚約してい  藍子は暫く黙ってい  間坐ってい  五日程行ってい  燦いてい  日をよけてい  水平線上に並んでい  帽子をかぶせて突いてい  札が出てい  沖にい  道も開かれてい  他のい  そこにすでに触れられてい  蒸気でかき乱されてい  真でなく、い  量、すなわちその大い  自由を味わってい  どこから私は、い  本性を知っていると思ってい  意味が知られてい  私に知られてい  私が未だ知ってい  火に近づけると、残ってい  延長そのものもまた知られてい  ものであると思ってい  ものとして認めてい  私が過ってい  私を欺くが宜い  ことが知られてい  認識せられてい  類似してい  私に欠けてい  経験してい  私には知られてい  私は有してい  局限せられてい  意志に結びつけられてい  悟性に現われてい  認識してい  知覚してい  使用してい  神によって作られてい  誤謬から免れてい  ぐる数日私の陥ってい  私にまったく知られてい  私が知ってい  執着してい  先入見によって蔽われてい  像によってまったく占められてい  現前してい  意志に懸ってい  混合せられてい  時計が、悪く作られてい  精神から取り去られてい  ままに止まってい  とくに延びてい  それがい  何か知られてい  ものは、い  現実のものとしておそれられてい  模索してい  展開されてい  本質となってい  しか書いてい  風にするかを実際に描き出してい  へそをめがけてふきい  水甕をい  要求してい  整備されてい  連絡がついてい  科学論としては、ほとんど現われてい  プロレタリア的イデオロギイが含まれてい  何物をももつてい  約束を少しももつてい  代表してい  創造してい  文学的価値はもってい  先ごろ来朝してい  構成されてい  愛好されてい  通信を送ってい  焙肉をたべてい  ソヴェト市民が欲しがってい  はじめ求めてい  強圧されてい  血に染んでい  独立を奪われてい  中国と並んでい  範囲にとどまってい  境遇におかれてい  何を語ってい  生れついてい  実力をもってい  文化性を溢れさせてい  ものときめられてい  輝やかしい  時になってい  歌曲を思いおこさずにはい  役割を占めてい  一人として見えてい  話できいてい  残り香のする老い  追随してい  数種出されてい  デュ・ガールがよまれてい  注意しか喚起してい  生存してい  おしひろげられてい  今でも感じてい  臆面もなく述べられてい  全部が、なぜい  関心を持たずにはい  興味も持つてい  統制組合幹部とい  ものを持つてい  憂欝に陥らずにはい  人材がい  ようにできてい  遺族から持ち出されたとい  蔓こってい  さんさんと落ちるに任せてい  岩次郎がい  根が遺されてい  修業をしてい  説相を採ってい  落着いてい  骨組みはがっちりしてい  放散させてい  清水禅叢にい  興行を避けてい  見物に行ってい  前から酔ってい  管を巻いてい  スポイルされてい  中にも残ってい  空虚と見究めがついてい  いちはつがちらほら咲いてい  書物は並べ放しにされてい  間をしばらく歩き廻ってい  老山荘百家に亙ってい  眼はいつの間にか閉ざしてい  事例が載ってい  暗示してい  誰一人として疑ってい  ものか、或いは似てい  同僚として愛してい  事は全く忘れてい  文字さえ使ってい  気をつけて送って呉れてい  明りが待受けてい  消滅してい  結制を行ってい  独で楽しんでい  幅を持ってい  止宿を乞うてい  相手に残ってい  傍に立って眺めてい  同情を持ってい  床に伏してい  本質にむしろ合ってい  処々に流行ってい  費用を送ってい  未練で伴い携えて歩いてい  鼾を掻いてい  寺を守ってい  手入れをしてい  様子が漂ってい  談話などしてい  坐禅をしてい  目送してい  住居をこしらえたりしてい  弾ね上げてい  富士が生きてい  自分を焦らしてい  鬱積してい  うずくまって住んでい  金なぞ持ってい  火気が籠ってい  煙はすっかり止まってい  眠りに覆われてい  雪はすっかり晴れてい  新山が出来てい  瘤をつけてい  求道に入り過ぎてい  ことさえ判ってい  神秘感も起らなくなってい  馬鹿でもい  女房おえい  欠陥が含まれてい  非情性を思わずにはい  入口に見えてい  肩にしてい  何も獲ってい  そこらあたりに隠れてい  注意しい  兎はとてもい  水しか湧いてい  ことに就いて考えてい  眼が光ってい  それからそれへと考えてい  口からさがってい  顔はまだ見えてい  身がまえしながら疑ってい  藤葛にすがってい  それを引っ張ってい  口から覗いてい  さきに覗いてい  火が残ってい  婢などに聞かせてい  前足をついて坐ってい  名は知ってい  人だと聞いてい  盗みばかりしてもい  確か甚内と名乗ってい  珍重してい  甚内とか云ったと聞いてい  薬を売ってい  町中をうろついてい  人通りを絶ってい  風の音がどよめいてい  渡世にしてい  目当に、うろついてい  まま、幸い明いてい  趣が漂ってい  涙を拭ってい  阿媽港に渡ってい  顔を見守ってい  悔やしい  弥三郎でも、い  南蛮頭巾をかぶってい  年はとってい  空には輝いてい  姿を晦ませてい  塔に住んでい  船頭を致してい  覚悟をきめてい  成行きに任せてい  心待ちには、待ってい  行燈に向ってい  境にい  祈願をこめてい  舌さえ動かせたなら、こう叫んでい  内に、こう申してい  のさえ、恥しいなりをしてい  分散せずにい  火影がさしてい  僧形をしてい  姿を慕ってい  土塀続きになってい  わたしにもまたかかってい  盗みも知ってい  術も知ってい  人に劣らず知ってい  甚内は黙ってい  廓にい  三十を越えてい  事ばかりを考えてい  言葉を繰返してい  これが笑わずにい  ように覚えてい  長年司法官をしてい  予備知識を持ってい  者は、い  中心をなしてい  学生一般は考えてい  賞金をくれたりしてい  具体的知識も持ってい  国家にのみ限られてい  十分理解されてい  それに気づいてい  意識されてい  意識的に行われてい  形で書かれてい  国語知識を持ってい  完全にできてい  技術を心得てい  法によってなされねばならないと言ってい  説明が与えられてい  法を見出すと言ってい  表現してい  発揮してい  熟練によってのみ行われてい  科学化してい  感慨に浸らずにはい  試練とにみちてい  過失に富んでい  衝動とにみちてい  用意を持ってい  恃みを持ってい  心が向かってい  調子は毫も出てい  插されませぬと言ってい  四十分もつくねんとしてい  山門は聳えてい  春風を心地よく受けてふわりふわりとしてい  心理を読んでい  がちに辿ってい  簇り咲いてい  君を思い出して痛ましく思わずにはい  花やかさにも湿い  充実してい  前に引きい  価値を掘りい  意味ありげに蟠ってい  情意からばかりはできてい  経験せずにはい  要求せずにはい  mitlebenしてい  痛感せずにはい  神秘を思わずにはい  初めより含まれてい  かがやきこぼれてい  存在に驚かずにはい  生活を築きあげたいと思ってい  心を潜ませてい  個人主義に傾いてい  意識せずにはい  狂奔を持てあましてい  力を欠いてい  ことを感ぜずにはい  たしかにインテレクチュアルにすぎてい  色に漲ってい  欲望にふくれてい  友情を持ってい  友情を誇ってい  ときから机をならべてい  執着を繋いでい  燃焼してい  有機化されてい  前にじっと坐ってい  なかに宿してい  さにおののかずにはい  霧に抱かれて黙ってい  冷然として静まり返ってい  判然とは定まってい  生命を慕うてい  凝視してい  回転してい  非常に重んじてい  求むるやるせなきあくがれが潜んでい  心を抱いてい  期待を繋いでい  異性によりてのみ引きい  ためいきを吐かずにはい  用意してい  信仰せずにはい  執着を思わずにはい  転ってい  想像せずにはい  中では、い  かい、危なつかしい  恐縮のい  おもちゃを買いたいなどと思ってもい  贅沢品があふれてい  手で育てられてい  遊び暮らしてい  庭を歩いてい  今まで隠してい  庭に出てい  真剣なのに、すっかり気圧されてしまってい  いたずらばかりしてい  大変身軽になってい  人達は驚いてい  のを黙って見てい  評判を聞いてい  塔が立ってい  限り見物人で埋まってい  それにきまってい  たしかに具有してい  とき恋をしてい  恋をしてい  百年後、となってい  得々としてい  日本を募ってい  愛読してい  意味に用いられてい  時局講話をやってい  地位にい  気のきかない、げびた、ちっともなってい  日常が侘びしい  抱懐してい  おまえがい  のをおもらい  わが家にい  三杯目には、そっと出してい  着手してい  めにあってい  万里も、はなれてい  かたがい  たくさん人がい  雨宿りしてい  威厳を保ってい  にこにこ微笑んで、たのしみ、うっとりしてい  おじいさん立ってい  理想はいくらかずつは持ってい  旅行したいと思ってい  慾望を持ってい  円満にいってい  事しか考えてい  小学校しか卒業してい  アイヌ語を使って暮らしてい  呆気にとられて聞いてい  王座を占めてい  状態にまで達してい  状態を抜け切ってい  旭川にい  ゼネストに入ってい  朝から岩見沢で開かれてい  錯覚にとらえられてい  一つもうけてい  たかおぼえてい  肌着のごとくつきまとってい  葉裏を白くひるがえしてい  のち農商務長官となってい  戦時中台座から追放されてい  野望が含まれてい  追放されてい  私は思いこんでい  小径が、はってい  出没してい  ギフト・ショップになってい  私はおぼえてい  精鋭政治犯から成ってい  東旭川にもおかれてい  集中されてい  支持してい  滞在中に出てい  ため山を去ってい  五〇%をわずか上まわってい  主題に食いい  紙数がのこってい  五稜廓に立ってい  内地にい  世界的水準をそなえてい  ことだと考えてい  呪法としても行われてい  仮装舞踊劇が演じられてい  アイヌ部落にい  生活を営んでい  寄り上ってい  姿に考えられてい  元気で恐しい  時は恐しい  寄りあがってい  集団が住んでい  祭場をもってい  うずなど申し、い  脱け出い  落いたが、さすがにかたくなしい  思召されい  逃げ出い  一散に逃げ出い  事とあきらめられい  汗を流い  祈誓を凝らい  姿を現い  声は再気づかはしげな、い  翌日を、い  発生は疑はしい  性格だとい  やうにして呉れい  姿をしてい  列ってい  体になってい  席によっかかってい  六月もい  十一娘は止めてもい  上に泣き伏してい  庭へ来てい  許嫁をしてい  先に来てい  あなたから何かいただい  秀才として知られてい  ことばかり想ってい  涙を浮べてい  毎日寝てい  ひそかに喜んでい  縊死してい  三娘の持ってい  ようにまとってい  水兵を見かけてい  往ってい  帽子を無くしてい  紙幣を握ってい  眼を惹かれてい  事などは考えてい  群集を見てい  人がついてい  外に立ってい  仲を裂かれると思ってい  女給をしてい  毎日就職口を探して歩いてい  所で、い  心はどんなだろうと思うと、じっとしてい  風邪を引いたと云って、じっとはしてい  ほんとうにお母さんはどうしてい  夫を愛してい  私はまだ迷ってい  身装をしてい  所は残ってい  青年を見知ってい  青年を知ってい  ちゃんと依頼が来てい  群集が犇めいてい  幸されてい  板敷につっ伏してい  夫と話してい  親達はどうしてい  顔をニコニコさせてい  奥さんが立ってい  心地でただウロウロしてい  熱に悩んでい  辛酸を嘗めてい  私をよく見知ってい  日自動車に乗り悩んでい  場所まで歩いたりしてい  赤ン坊を待ってい  別居してい  行衛を探してい  目もい  雨いみじうして、い  無理を含んでい  心組みでい  生活条件は満してい  認識が加えられてい  迷つてもい  むねをならべい  女にもあれ、い  さまをい  つばなをぬき、い  人このい  中に座してい  あわあわしい  光沢は褪めてい  のをあびては、キラキラときらめいてい  窃まりかえッてい  眠ッてい  膝に落して、端然と坐してい  ッてい  襟から胸へ垂らしてい  抹額を締めてい  左右に別れてい  下目のみ使ってい  睫毛はうるんでい  まま、しばらく聞きすましてい  時刻を移してい  涙を拭いながら、聞きすましてのみいた、ひたすら聞きすましてのみい  かすかにい  こと聴けとおいい  顔をのみ眺めてい  色を帯びてい  トあどけなくい  持ッてい  所にゃい  ッて聞き惚れてい  今まで青ざめてい  煌きはしないが、ちらついてい  西洋人の住まってい  花がどっさり咲いてい  台所道具が雑然と散らかってい  もので埋もれてい  埃がちっとも溜まってい  いびきをしてい  真っ赤にしてい  二人は黙って歩いてい  支那人の子供たちが立ちはだかってい  絨毛が生えてい  話をしながら、しきりに抓ってい  補片が当ってい  慄えずにはい  自分を守ってくれてい  可愛い猫を飼ってい  私が行くと、抱いてい  化粧してい  方を眺めてい  しろから尋ねずにはい  もの仔猫がい  平然としてい  新聞かで読んでい  女を包んでい  好きで、何時も好んで着てい  八畳で寝てい  口に続いてい  お辞儀をやってい  ように黒ずんでい  沢蟹を追っかけてい  戦ごっこをしてい  人間になって、元寝てい  釣りこまれてい  何か云ってい  浮根に乗ってい  陽が射してい  きれぎれに聞えてい  諏訪様を呼んでい  其処に立ってい  孫を見に往こう往こうと思ってい  間を歩いてい  腹這いになってい  飯にしてい  端を掴まれてい  暴漢が待ってい  雨戸をこしらえてい  傍にいたりい  中を掻き混ぜてい  ことも忘れてい  樺色にくすんでい  四辺が明るくなってい  伴れて立ってい  牧野家から帰ってい  処へ来てい  隈をこしらえてい  引起そうとしてい  伴れられて坐ってい  頭を並べてい  治左衛門の被てい  地方にい  話をしあったりしてい  素朴的にのんびりしてい  今はい  工事がい  頃起され、またい  廃してい  光景に馴らされてい  ことを妨げてい  堤防が立ってい  顔を近づけねば読まれぬほどにしてい  水が流れてい  散策には適してい  水田が残ってい  間には認められてい  から認められてい  知らん顔をしてすましてい  大手術を考えてい  中にへばり付いてい  頭脳を持ってい  庭園に囲まれてい  から眼覚めてい  独りでこっそり歌ってい  頭に滲み渡ってい  実科中学にはいってい  眼を付け初めてい  時から双葉を出し初めてい  一九〇九年まで勤めてい  審査をやってい  興味をもって働いてい  中にいっぱいにたまってい  特許局に隠れてい  名も交じってい  何となく緊張してい  中背で、肥ってい  謙遜で、引きしまってい  石炭ばかりで詰まってい  国は富んでい  ことだけは、よく知ってい  目を持ってい  国は、まだよく開けてい  下にそろえてい  黒みを含んでい  目をさらにして選り分けてい  石だと思ってい  長年石を探して歩いてい  野原を歩いてい  声をたててないてい  空想をしてい  分でい  ことなく、見とれずにはい  木などが立ってい  海をながめながら考えてい  思案にくれてい  海に沈みかかってい  真紅に燃えてい  寒い風が吹いてい  前に落ちてい  道のついてい  空が晴れてい  び飾りのごとく輝いてい  しか売ってい  興味を抱いてい  あくせくしてい  数時間だけは持ちこたえてい  味とでもい  作品は、あんまりい  頃、い  ところに預けてい  そこまでい  肴をならべてい  容色をしてい  方に坐ってい  血がついてい  拇が断れてい  覘いてい  細君にしてやりたいと思ってい  兄さんにいわれてい  許婚になってい  身をきちんとしてい  とき、ふさいでい  代代徳を積んでい  から、それでこうしてい  毎日笑ってい  ことなどは考えてい  匿れてい  そのままそこにい  息をしてい  カーテンがかかってい  音まで、聞こえてい  移り香がしてい  だれにも知らせずにそっと預かってい  五年もこうして隠れてい  こっちを向いてい  波瑠子を眺めてい  文案をしてい  旦那、またい  ところへい  稼業をしてい  馬鹿をしてい  それまでぶりぶりしてい  たこができるほど聞いてい  陰に立ってい  内で決めてい  店にい  声を潜めてなにやら話し合ってい  月が懸かってい  男たちが出たり入ったりしてい  部屋に寝てい  あなた、酔っ払ってい  床に坐ってい  顔を向けてい  検べてい  ずっと前から目を覚ましてい  ナプキン紙が入ってい  男をたいへんいやがってい  身元は皆目分かってい  大阪にもい  片隅で坐ってい  愛撫をしてい  わたしを待ってい  足手纏いになると思ってい  新世界界隈を思い浮かべてい  彼はそう思ってい  目をつけてい  てゐらツしやい  ツて可い  から可い  喫べれば可い  ことを考へてい  みんな、しかられてもい  お菓子屋へつれてい  お話できい  散歩道をい  黄色くもないのでい  危険におちい  いつまでも聞いてい  時分になると、い  独り離れてい  建物がならんでい  木などが植わってい  真っ青に見えてい  上を彩ってい  ガラスの花がさが懸かってい  安楽いすに腰かけてい  娘らがい  声で歌ってい  月光がさしてい  月はすこし欠けてい  父親が横たわってい  父親はなにかいってい  夢のように空を流れてい  これまでとはすっかり変わってい  五人もい  舞踏をやってい  人々は、ああして楽しく遊んでばかりい  ガラスにさえかえってい  いまどうしてい  着物をきかえさせて、遊んでい  上にみなぎってい  芽が出てい  かいでい  往つて置いてくれとい  方へと歩いてい  女にい  酒があるとい  声でい  ことがあるとい  ウイスキーを飲んでい  空気がなくなってい  話を浮べてい  ちょっと手にあましてい  前へ出てい  はじめにい  実が交ってい  カップにすこし残ってい  肉体も浮んでい  中に交ってい  広小路へ来てい  襟巻をしてい  彼は探してい  前を越えてい  バナナの皮が散らばってい  前へ来てい  ようにして笑ってい  薄すらと見えてい  ボタンをはずしてい  女も笑ってい  今まで飲んでい  木箱も見えてい  哲郎は絡んでい  正気に返ってい  人間を知ってい  同棲してい  歓心を買ってい  家で暮らしてい  人を嫌ってい  ッて、隠れてい  一生懸命に隠してい  間もごたごたしてい  少時考えてい  病院にい  掃除をしてい  彼を待ってい  杉村さんは疑ってい  初子を信じてい  待遇って搾ってい  迚も怒ってい  ボックスを賑わしてい  大分酔ってい  表に立ってい  ことは黙ってい  最初は飽くまで知らぬと頑張ってい  髪に結んでい  手離さず、握りしめてい  怨恨とに燃えてい  中に倒れてい  あれほど嫌われてい  から、見てい  ものが残ってい  皮がついてい  鍵を掴んでい  まま、黙ってい  生憎院長はまだ来てい  我儘は許してい  交際をしてい  嚥んでい  秘密に葬って下さるならばお見せしたいと云ってい  日夜煩悶しつづけてい  男はやたらに飲んだのでかなり酔払ってい  医者は言ってい  吉川は死んでい  川口は見てい  吉川を愛してい  一つ大切なことを忘れてい  劉子とい  画とい  ふさはしい  花など咲いてい  夢心地でい  夜がきてい  冬ですから、だいぶふけてい  星は、いつも、こんなに、青く光ってい  記憶に残ってい  ことを思い出してい  通りすごしてい  のかと思って待ってい  下りかけてい  差し交じってい  美しい人たちもまじってい  谷に沿うて走ってい  どこから乗ってい  一面雪におおわれてい  屋根は、黒く描き出されてい  灯がもれてい  仕度をしてい  お話にふけってい  雪に埋まってい  北風に向かって鳴らしてい  きつねに似てい  ことですから、小さくなって、こごんで黙ってい  時分には、いつものごとく泣きやんでい  悪口などをいわずに、黙ってい  さを感ぜずにはい  彼女は、もう負けてい  のを喜んでい  絵本をひろげてながめてい  正雄は、思ってい  ボタンを取り出してながめてい  形に結ってい  手に残ってい  糸につないで、持って遊んでい  大事にしてい  前で遊んでい  金魚が泳いでい  正雄の持ってい  雄の持ってい  中に泳いでい  云はないでもい  あぜくろに寝ころびい  マントをふくらませい  一月でい  夜空はたまらなくい  空気をい  顔でい  帆船がい  人魚遠くい遠くい  うな丼を食べたらもう死んでもい  オーイ誰でもい  風をい  豚肉がい  んだら、い  晝でもい  孫達がお互にい  云はれてい  由にい  人手が足りないから、丁度い  牡馬が通ると、い  自分たちには決してい  自分でどうしてい  石山がさうきい  行つてい  機械から歸つてもい  のだ、然し、どう知らせてい  生活も亦い  隅ツこでもい  息を大きくゆるくはい  云つた方がい  馬のい  何頭もの馬のい  歸つてもい  素晴しい  人間にわかってい  九分しか残ってい  これがどうして黙ってい  誇りを持ってい  私どもの棲んでい  満足せしめてい  手に入れようとあせってい  から組織せられてい  一・〇〇八にあたってい  陰陽電気四対からできあがってい  前列に坐ってい  真紅にもえてい  男の棲んでい  無線電話放送をやってい  五面を賑わしてい  訓戒も含まれてい  引力も加わってい  羅列してい  眼を有ってい  事を心得てい  全然焼けてい  チャッカリしてい  オメカケにしたがってい  ことを信じてい  母を愛してい  もっと心にかなってい  芸術家はいくら有名でもい  話にきいて知ってい  私は黙ってい  阿呆らしくなってい  交際をつづけてい  せいだとうぬぼれてい  鼻をひくひくさせてい  十枚三十枚ぐらい買ってやってい  お金もやったりしてい  アリバイとよんでい  二つ越してい  厭だとは思ってい  関心をもってい  戦争を憎み呪ってい  骨髄に徹してい  まり殺してい  看護婦のい  からだを許してい  全然問題にしてもい  私にいい寄ってい  二人にも許していいと思ってい  ことかなんか考えてい  時からきめてい  気持がいいと思ってい  母はいってい  酒をのんでい  モンペもつけず酔っ払ってい  声をきき流してい  部屋へきてい  名をよんでい  人も失ってい  しろ希望にもえてい  のを感じつづけてい  ポカンと見ているてい  誰も考えてい  ようにこしらえておあがりといわれてい  自分を感じつづけてい  病人たちが呻いてい  泥にまみれてい  滅亡を囁いてい  のだと思ってい  思いになってい  孤独になれてい  会社へでてい  脅迫観念に苦しめられてい  本を読んでい  物思いにふけってい  ものだと考えてい  こと、と見てい  けが分ってい  夜明けと見てい  取り返しがつかないほど追いこまれてい  町内ではそうよばれてい  畜生め、なんでい  呼び声にきこえてきて、するともう見てい  世界だと思ってい  さをとりもどしてい  会社にい  力にしてもい  ションボリ、考えこんでい  庭下駄はい  二人はまだ眠らずにい  自然に喋ってい  ことを呪ってい  気質を知ってい  選択はすぐれてい  一廻り散歩にでかけずにい  ものだとも思ってい  一日、飽かずくらしてい  乳など眺めてい  白髪をいじりい  私を見つめてい  幸福をいのらずにい  ふちがむくんでもい  死にたいと考え耽ってい  ことはなんとも思ってい  ことができずにい  何も考えてい  顔を見合せるとい  顔も出来ないとい  私は何とい  弟にはさぞ羨しい  んだなぞとい  お話をしてい  やうに近づき、やがて消えてい  伝承は疑はしい  微風がそよいでい  手際よく結ばれてい  心持に浸ってい  享楽してい  照され始めてい  上を歩いてい  肩をそびやかしてい  うちに混じってい  その時まで、のんびりとしてい  恐怖に燃えてい  色を混じえてい  必死に考えてい  田舎に埋れてい  何よりも怖れてい  恐怖とを同時に感じさせられてい  悪相を帯びてい  病院に通ってい  最初から好奇心を持ってい  爛々と燃えてい  今でも忘れてい  相似を持ってい  脅威から逃れてい  高慢を許してい  中学にい  そばに座ってい  名前を知ってい  それをきいてい  地上に取り残されてい  分子を持ってい  原書を持ってい  下線を引いてい  萌芽し始めてい  鼻であしらってい  その時まで給与されてい  欣んでい  支配を受けてい  ますます拡大され、かつ深められてい  注目をひいてい  尊敬を持ってい  妙にぐれ出してい  災害が近づいてきてい  彼を見守ってい  前から帰ってい  声は、かなり上ずってい  判を持ってい  頃有名に成りかけてい  出来心かと思ってい  青木が、持ってい  陶酔しきってい  青木が持ってい  闇に光ってい  空頼みにも耽ってい  十一時を回ってい  青木に対して持ってい  一糸も乱れてい  圧迫してい  弱者として蹲ってい  身を滅ぼすと、思ってい  顔全体にみなぎらしてい  自分を見下してい  妙にこんがらがってい  底までを腐らされてい  感激してい  夜が明けても、動いてい  知己も持ってい  容易に見出されると思ってい  原動力としようとさえ思ってい  青木に踏みつけられてい  滔々として流れてい  口をあけ始めてい  底から後悔し始めてい  用意されてい  貴金属をずいぶん持ち出して、売り飛ばしてい  間に触れ回ってい  うちには残ってい  生活を嘗めてい  青木はほとんど変ってい  さをほとんど失ってい  道に辿りついてい  職業がなくてぶらぶらしてい  青木とほとんど変ってい  遠慮も、払ってい  発表してい  威圧とを持ってい  不義理を重ねてい  五円札を持ってい  零落はしてい  三時を示してい  名勝で、かねがね行ってみたいと思ってい  気持を悪くしてい  道楽をでももってい  間に、い  膨脹してい  三四年健康がすぐれないので、勤めてい  耳にも入ってい  適当と認められてい  兄から与えられてい  それでいいと思ってい  時から兄夫婦に育てられてい  それに働いてい  義務を感じずにはい  男の子さえ産まれてい  三つになってい  兄たち夫婦に愛せられてい  賞めてい  希望してい  ところへ片づいてい  うちで答えてい  彼にもってい  気にしながら歩いてい  私たちは出てい  電燈を掲げてい  道路をあるいてい  真白に輝いてい  際限もなく続いてい  月見草がさいてい  照してい  差し控えてい  屑よしとしてい  学校を出てい  葉をむしってい  そこにも開けてい  ところにできてい  ように思われてい  義姉に思われてい  放浪してい  あいだ世話になってい  なかに暮らしてい  前に聳えてい  顔を作ってい  ところだったが、まだ来てい  帯をしめてい  神戸へ来てい  雪江は呟いてい  眺めまわしてい  疑いを抱かずにはい  浜辺へおり立ってい  砂を洗ってい  うえに死んでい  浜を思いださずにはい  島影を眺めてい  そこここ捜してあるい  夢のように動いてい  箸を動かしてい  雪江は言ってい  中空に輝いてい  身長が高く肥えてい  整然として並んでい  今はほとんど忘れてい  推薦してい  心持は、大して進んでい  屈託にはなってい  体に備わってい  品位を備えてい  屋敷が立ってい  屋敷は立ってい  グルリと取り巻いてい  こっちを見ながら立ってい  運命が待ってい  長崎へ行ってい  事件が起こってい  調度で飾られてい  眼はいつも潤ってい  艶きと媚びとを持ってい  肩は低く垂れてい  字形をしてい  物も敷かずにかしこまってい  汗が流れてい  キラビヤカに下ってい  中をジロジロ見廻してい  血色がよくて肥えてい  欲してい  菊とよく似てい  星が入ってい  勘右衛門が持ってい  どこかへやろうとしてい  先へと走ってい  店先をカッと明るめてい  冴え冴えとしてい  信者達が住んでい  数十軒かたまってい  信者として住んでい  信任されてい  蒐集してい  趣が変わってい  権力を持ってい  ようにも云われてい  ゴロツイてい  無数に仕切られてい  六十で痩せてい  風貌をしてい  噂されてもい  さっきから曖昧に取りかわせてい  深紅に輝いてい  円味がかってい  若者と話してい  間はさまよってい  書面とを支え持ってい  ように織られてい  桃源郷を求めてい  闇に佇んで、聞きすましてい  露地から走り出してい  先を走ってい  峠路を辿ってい  鬱々と繁ってい  占い通りにはなってい  滝が落ちてい  がたをなして、曲がりくねって延びてい  用心しい  膝に浸くまでに溜ってい  杖をついてい  肉がたっぷりと垂れてい  日に焼けてい  ところは持ってい  日が熱く照ってい  間は黙ってい  異ってい  日がまじまじと照ってい  嶮しい  逼って来てい  行く手にころがってい  人家が立ってい  伊賀袴を穿いてい  草鞋をはいてい  輿を担いでい  黒木で出来てい  先を知ってい  ことを云ってい  空間へは届いてい  点々と見えてい  人達に知られてい  妍を競ってい  名さえ知られてい  ように咲いてい  丘によって囲まれてい  四方を囲まれてい  大袈裟な形容詞の、中ってい  方が中ってい  居酒屋さえも出来てい  農夫達が耕してもい  均整がよく取れてい  冠ってい  一筋流れてい  幾千本となく咲いてい  崖が出来てい  花が咲き乱れてい  白味を含んではい  遥かにかかってい  一行を眺めてい  連らなってい  数を尽くして咲いてい  若者達は黙ってい  こっちへ歩いて来てい  樵夫がい  介抱してい  丘が立ってい  ように感じられてい  心にわだかまってい  小枝などを抱えてい  今まで聞こえてい  男達の喚き罵ってい  胴を割ってい  土とを濡らしてい  微動しながら浮いてい  白光りをしてい  柄で蔽われてい  敵を睨んでい  娘を抱えてい  時には追っかけてい  茅野雄が追っかけてい  男達も追っかけてい  二人には感じてい  手並に驚いて、い  地上へこんもりと生えてい  色をさえ見せようとしてい  仆れてい  手を尽くしてい  一所懸命に走ってい  刀を構えて睨み合ってい  丘が聳えてい  自得物を持ってい  小刀を帯びてい  動物もよく似てい  木曽駒に似てい  ように見え、啼いてい  歌声も途絶え、飛び散って咲いてい  中を走ってい  横手へ走って来てい  一団が見えてい  雑音が起こってい  空を蔽うてい  花を握ってい  指から生血がにじみ出てい  疲労てい  華やかに飾られて拡がってい  翼を揮って翔けてもい  力はなくなってい  力は残ってい  青葉を光らせて立ってい  ままで睨み合ってい  気絶をしてもい  経してい  郷民達に聞いて知ってい  茅野雄は黙ってい  仆れ、乗ってい  馬背に乗ってい  数間先を走ってい  彼らは周章てい  ことは達してい  馬術に達してい  得物を揮って群がってい  屯してい  旅人を呼んでい  威厳を持ってい  武士の乗ってい  部屋があったが、消えてい  所にい  駕籠がい  整然として入ってい  一所に立ってい  一方に注がれてい  一本、鋭く光って立ってい  四方森林にとりかこまれてい  家を作って住んでい  病人が、お籠りをして住んでい  信仰してい  沓を穿いてい  居場所を眩ませてい  さに充たされてい  威厳をさえ持ってい  茅野雄とが話してい  保護色にはしてい  表面仲をよくしてい  真実仲よくしてい  眉をひそめて聞いてい  無言でい  姿を浮き出させてい  艶々しく光らせてい  日が射してい  鍔をキラキラと光らせてい  人が歩いてい  方へ辿ってい  猟って、今や歩ませてい  番人がついてい  道とて曲がりくねってい  遁れてい  坂を下ってい  話をしながら歩いてい  態度はおどおどしてい  入り口まで行ってい  業病人達がい  鬼のように立ってい  覚明を見詰めて、立ってい  背後へ飛び退いてい  内陣へ入りたがってい  洞窟を守ってい  格闘が演ぜられてい  仄かに点ってい  ぼんやりと黒く落としてい  ぼんやりと照らしてい  前に来てい  白河戸郷をさして、歩いてい  翻然として飛び乗ってい  大森林を縫って走らせてい  碩寿翁が走らせてい  扉を睨みつけてい  一大事が起こってい  大切にしてい  事情に通じてい  事情にも通じてい  行動とを知ってい  扉がひらかれてい  神体が見えてい  反射させてい  大理石で作られてい  泉が湧き出して流れてい  燈明が点されてい  茅野雄には解ってい  眼を注いでい  体をこわばらして佇んでい  姿で突っ立ってい  左右に割れてい  駕籠に乗って歩かせてい  従来散失してい  ように鋭く、射し出てい  碩寿翁の持ってい  初めとして、集まってい  讃歌をうたってい  雑ってい  代々伝わってい  長閑そうに話してい  俺と話してい  丸髷に結ってい  身の上になってい  髪の毛がはい  一生懸命勉強してい  油がついてい  靴を磨いてい  呆やり立つてい  笑つてい  店が、煤けて並んでい  詩をぎんじて歩いてい  知つてい  下宿屋さんだつて聞いてい  上で鳴つてい  顔が蒼くむくんでい  看板が出てい  名前さへも忘れてい  色を写してい  燈火がつきそめてい  灯がついてい  着を着てい  さを持つてい  毎日呆やりしてい  卵なんか持つて来なくてもい  事に、あんなに思いつめてい  ようにチカチカと周章ててい  窓を持つてい  月を写してい  上に靠れてい  下宿にい  やつてい  体にい  いつまでも歯を噛みしめて泣いてい  シャックリを上げて泣いてい  油をつかつてい  顔をじつと見てい  なつてい  下を歩いてい  前に立つてい  思つてい  いつか肩を並べて歩いてい  つて歩いてい  捻出してい  手を出してい  蔵されてい  生涯は、い  ときめきと感じられてい  対立させられてい  画集をもってい  背中は美しく少しねじられてい  絵に見とれてい  髪はしてい  下げ髪にしてい  お下げにしてい  崇拝をあつめてい  本校と呼んでい  部屋になってい  廊下でへだてられてい  衝突もしてい  何かを語りかえさずにはい  三つ並んでい  ゆたかに繁ってい  街道を吹きはらってい  髪を結ってい  息をしなくなってい  私に対して抱いてい  息をつめてい  自分ではさぐり入れられてい  生活にくたびれかけてい  保養してい  腰をおろしてい  ように、あら、といって見てい  これをいつ止めてい  通りよ、ほんとにい  のです、とい  渋茶を啜るとい  さへい  顏をしてい  さうに同じい  ぶん厚面ましい  らはしい  これも同じい  丁寧に見てあるい  六つかしい  言ふらしい  下にでも組みしい  言葉でい  ときは、もうおはづかしい  ゆつくり話してい  ときどきい  ことが厚面しい  家で聞いてい  ことを詳しく知ってい  方法が考え出されてい  注意をしてい  ゆっくり大往生をとげたいと願ってい  ものと知ってい  放射してい  測定してい  組織がい  過労でやつれてい  合唱してい  放射線室に実際に働いてい  毎日十時間に達してい  肉体に射ちこまれてい  ことを求めてい  へとへとに弱り疲れてい  心を用いられてい  私は楽しく忙しく立ち働いてい  台所で死んでい  無傷で助かってい  炎となってしばらく噴き出てい  灰となってしまってい  それまで暗く圧しつぶされてい  うわさが伝わってい  まま考え続けてい  一つ残らずなくなってしまってい  小屋を建てて住み始めてい  熱はまだ続いてい  入浴せずにい  知人から変わり者と思われてい  焼け跡に建ててもらってい  目近に見えてい  全身に張りつめてい  選手をしてい  全身やせ細ってい  一時間でも長く生きてい  小さな胸におしこめられてい  動員されてい  賛美歌が続いたり絶えたり聞こえてい  ひとかたまりになって、冷たくなってい  修道女たちが歌ってい  群が歌ってい  死に顔が並んでい  道をはばんでい  力はもってい  小屋ごとにい  傍らから見てい  汁に決まってい  お母さんがい  約束してい  何ひとつ持ってい  火に滅びてい  嬢ちゃんと呼ばれてい  お母さんさえ生き残ってい  きぬ状態になってい  誠一にそそがれてい  世を去ってい  のかと思うほどだ、などと話してい  血でつながってい  講義に出かけてい  ように、離れてい  軟禁されてい  防空壕に生きてい  修道院にこもってい  ここに参ってい  深堀君もこもってい  気がねしい  身近にい  青い鳥がい  愛しかもってい  子を養い育てていると思ってい  私を使ってい  決定してい  ところまで立ち至ってい  偏見をもってい  何もしないでい  こちらもい  ここにもい  いつでもい  今ここにい  競争者がい  瞬間までは待ってい  耳傾けてい  羊もい  一文字も書きつけてい  お母さんなら知ってい  頭を護ってい  一家むつまじく暮らしてい  そうに痛んでい  母のい  母を失ってい  浪にうつってい  記録されてい  なんじらさい  浮き世で呼ばれてい  霊名しか持ってい  世間に知られてい  孤児のい  子がい  ひとりおさめてい  母子を守ってい  孤児にだけ贈られてい  さるぐつわをはめて入れられてい  臭みをもってい  独り笑ってい  教員を務めてい  教え子もい  童貞さまからかわいがられてい  修道院ができてい  夏衣を着て震えながら住んでい  いつまでも覚えてい  のかと、くさってい  けがをしてい  切断されてい  法をよく覚えてい  下を埋めてい  みんなはしゃいで乗ってい  材料が古くなってい  もっと早く思い出してい  途方にくれてい  ことだ、と考えてい  小舟を痛めつけてい  二人の子を守ってい  私を圧し包んでい  私も眠れないでい  目をあけてい  日着てい  五体にまつわって、現に守ってい  裁縫手芸を教えてい  くしゃみをしてい  今もし生きてい  あとはひっそりとしてい  入学をよろこんで浮き立ってい  カヤノは忘れてい  前から胸をふくらまして待ってい  あたりがうるんでい  あたりがぼうっとかすんでい  そこに立ちすくんでい  ジュースが入ってい  意識を捨て切らずにい  何ひとつしてい  ほうが、まだできてい  筆とをもってい  あとに浮かんでい  たくさん拾い集めてい  代々出てい  専門にやってい  靴はい  ほうがよく知ってい  印刷されてい  聖マリア像を見てい  名はわかってい  別に技巧も施してい  つばめがとんでよく止まったりしてい  ステンドグラスを見つめてい  陽が明るく差してい  ことをしてやったとさえ思ってい  大丈夫だろうと思われてい  頭を割られて死んでい  土間で泣いて捜してい  実家に引き取って育ててい  妻もろとも死んでい  そうに苦しんでい  子たちも生きてい  絶対にわるいと決まってい  何も調べられずにい  締切日さえも知らずにい  薪割りをしてい  大頭になってい  期待をかけてい  傷を受けてい  全身に受けてい  子のもってい  伸治君にかけてい  子はいなかったけれども、もし生きてい  門番を勤めてい  何もわかってい  中心ともなってい  歌をつくるとか、い  ころ慈善事業で目立ってい  履歴もほとんどわかってい  道に励んでい  まり大きく見られてい  目にはよく見えてい  天国に蓄えてい  善業を絶えず行なってい  戦争をしてい  日本人が気がつかずに犯してい  から持ってい  成熟してい  生活が苦しくなってい  これまで怠けてい  黒岩が立ちふさがってい  力を隠してい  幾百人か働いてい  のだとも言ってい  一般には言ってい  ものとしてあがめてい  それから、いつもへりくだってい  人間に求めてい  断食してい  パンと言ってい  お話を聞いてい  私がこんなに働いてい  お座敷に座ってい  設備が壊されずに残ってい  中に握ってい  自由自在だとうぬぼれてい  ものと信じこんでい  さじを投げてい  診断してい  予後判断がまちがってい  能力を持ってい  盲人が施しを乞うて座ってい  それぞれ違ってい  神を知ってい  盛んにとなえてい  才能しか与えられてい  のは、生きてい  のだが、さてい  つぼみがふくらんでい  つぼみがふくれてい  草むしりしたりしてい  普通になってい  操縦してい  ことが語られてい  娘さんになってい  雑然ころがってい  貯蔵所になってい  来月から七分搗と云われてい  溢らせてい  疲れた動作で黙りこくって働いてい  勝手口へ入った、もしや、と思って待ってい  一つでもい  手をい  づねにならない方がい  足を浮かしてい  奴もい  オヤジは変ってい  テレビできい  赤ッ茶けてい  如何でも可い  音なしい  一本青々と延びてい  田舎へいってい  廊下にい  一組がい  こまかに書かれてい  閑としてい  領内になってい  巣をかけてい  鯉がい  うちに眠ってい  板挟みで困つてい  ものと心掛けてい  確証はつかんでい  通つてい  十分に買われてい  講義録を読んでい  客がい  一ヶ月もい  張つてもい  わしが出てもい  煙草の煙を立ち昇らせてい  道具をさげてい  恐縮するけれども、い  それをい  友達にそうい  あれや、い  それはどつちでもい  ひそかに含まれてい  帳場にい  岡本でい  悪口を云いさえすれば、い  新聞にも使われてい  人物がひそんでい  研究をしてい  中に埋つてい  喉をごくごくいわせてい  失つてい  なにもしてい  忠実であるとは、い  おれがい  すつかり忘れてい  活字でい  なんでもい  ときから育てて来てい  ボートをつかまされてい  前面にのってい  焼夷弾さえおちなければ何とか助かるだろう、と思ってい  中流に遊んでい  それぞれ元気そうにかたまって歩いてい  立場に甘んじてい  さかながないので行われてい  これを憎み怨んでい  矢をはいで立ってい  称ばれてい  心仕度をしてい  間議論をしてい  床にい  総て物を云わないで聴いてい  処に住んでい  法橋ともいわれてい  醍醐にも通ってい  性房が知ってい  縁にい  様に心得てい  月日を送られてい  諸宗に達してい  難じてい  嵯峨に住んでい  就て難じてい  真言を習ってい  当時日本に渡ってい  学力を有してい  存してい  化身と称してい  智恵深遠と崇めてい  秀れてい  安置せられてい  講義をしてい  処にい  帰依してい  法華三昧を行ってい  燈火にも過ぎてい  夜昼名号を唱えてい  赫いてい  前後を見比べてい  わたしが生じい  ことをよく思うてい  住居をしてい  それを追ってい  才名世に許されてい  隠遁してい  客殿に待ってい  特に許されてい  病に冒されてい  興行してい  一部分しか含まれてい  念仏をしてい  それとは思ってい  教義は分ってい  信心が起らないので嘆いてい  教えに帰してい  仁和寺に住んでい  法然が起きてい  持仏堂にい  ただ二人きりい  夜中わしはそっと起きてい  時、そっと起きてい  時には必ず起きてい  昔盗人だと聞いてい  お伴をしてい  グラついて来てい  そのままで往生してい  法然が常によく云いつけてい  道場にあって聞いてい  尼一人に示してい  往生するからといってい  秘蔵してい  時病気でなやんでい  強者顔をして威張ってい  胆にそみてい  善恵房を頼んでい  吉例になってい  鹿が多くい  杖を持ってい  手をかけて寄りかかって待ってい  法談を聞いてい  手紙で細々とさとされたりしてい  十分の試験勉強をしてい  儘に相継してい  これが残ってい  念仏をし続けてい  手紙を取り出して読み続けてい  中間にい  発見してい  穢土にい  戒儀をふかくおさめてい  行いをすましてい  側に列んでい  むまれてはまづ思ひい  処充満してい  都に住んでい  金剛草履をはいて歩いてい  家業をしてい  夢を見てあやしんでい  庄に落つい  行をしてい  間摂津国勝尾寺に暫く住んでい  地にい  眼もかすんでい  舌とは動いてい  もと極楽にい  身を常に見てい  朝夕帰依渇仰してい  解決もつかずに籠ってい  叡空上人に就いてい  煩さいと思ってい  時持ってい  心をなぐさめてい  尼さんが住んでい  別世界を劃してい  塔に残ってい  法義をうけてい  人に語ったりなどしてい  日夜念仏してい  乗願房の持ってい  隠居してい  念仏三万五千遍を唱えてい  ものとして見られてい  尊敬して仕えてい  読誦してい  これを隠してい  庵を構えて住んでい  最中に、い  法然坐ってい  家計を立ててい  大工だとばかりあなどってい  延暦寺に住んでい  如く崇敬してい  間本尊と仰いでい  事としてい  疑いが起ってもだえてい  多年教化を受けてい  法然から賞められてい  世に知られてい  撫順にい  俺は、ワクワクしてい  トロッコにすいこんでい  ウヨウヨしてい  俺を睨みつけてい  波間に遊んでい  すれすれに翔んでい  人の通ってい  道路を歩いてい  現世にい  ぼんやりと思いつづけてい  者があったので、い  小走りに歩いてい  三年、おかしくなったと言われてい  売掛け代金を取りに行くとか言ってい  耳に入ってい  何か考え込んでい  手助けをしようとしてい  光景を思い浮かべてい  手伝いをしてい  沖を見守ってい  机を並べてい  対等には付き合ってい  内心敬意を払ってい  芝公園に住んでい  店に坐ってい  下などにちらちら動いてい  店を張ってい  口上を述べてい  それから十年経ってい  下を這い回ってい  裸足足袋を履いてい  ほうを回り歩いてい  肩を並べて歩いてい  匂いが寂しく染み込んでい  彼を待ち侘びてい  三度は会ってい  伊東は聞いてい  空を裂いてい  水に浸って漂ってい  心に怖しい  花嫁に怖しい  通りで、恐しい  彼の怖しい  櫛もい  何か恐しい  夜、恐しい  鍵を渡し、恐しい  沢が、怖しい  役所にい  終日気に病んでい  気に病んでい  腰をかけて待ってい  訓練があればよいと思ってい  費われてい  息をついてい  ホットしてい  主人だけは残ってい  間へ這入り、尚も詳しく調べてい  床板が上げられてい  蒸気を吹いてい  砂糖が焦げてい  コビリついてい  ちゃんと聞いてい  上から掃き寄せてい  滅茶滅茶に切りきざまれてい  二十分も過ぎてい  木戸は開いてい  兇器でやられてい  左肺をやられてい  左から右に通ってい  可成りつながってい  警部は、暫し考えてい  関係してい  引較べてい  駄目とあきらめてい  飾窓から飾窓へと歩いてい  誰彼が持ってい  かね/″\欲しいと思ってい  いつまでも茫然としてい  見事に光ってい  のは困るね、然しい  封が切れてい  凹間になってい  それは倒れてい  一顆不足してい  懐にしてい  様に云い渡されてい  留置場から姿を消してい  仲間に知られてい  側に立ってい  モルヒネを含んでい  酷似してい  殆ど忘れてい  為にか忍び込んでい  私も判り兼ねてい  ちゃんと出来てい  証明してい  変装してい  何を隠してい  仮死を粧うてい  石段だけは既に出来てい  床板の上ってい  河上徹太郎がい  席にい  交りが重ってい  誰がい  からまれたりしてい  立小便してい  立小便をしてい  ハカマをはいてい  借り着してい  二人ともずいぶん酔ってい  中間に立たされてい  努力されてい  下につながれてい  意識的だとい  覚悟を持ってい  程にもなってい  警固に任じてい  罪囚から役徳を得てい  オカッピキと云ってい  内密には行われてい  放免と呼ばれてい  雑色男となってい  寓してい  能としてい  商人が住んでい  衣類が入ってい  影の如く透き通ってい  自分のものに執著してい  通り箪笥を見てい  玄和尚として知られてい  用意が出来てい  独り坐ってい  前に、い  箪笥に据えてい  ようにじっと見つめてい  心を悩ましてい  上に据えられてい  下で待ってい  修業してい  書見をしてい  放擲せられてい  力は消え果ててい  中に住んでい  家にばかり引きこもってい  佐伯にい  一年間滞在してい  鮮明に残ってい  日記を見てい  から日記を見てい  両極をなしてい  弾力を有してい  覚悟はもう決めてい  憶い浮かべてい  余念なくながめい  女子みな男子と共に働きい  ように霞んでい  そうにながめてい  雨後のせゐで凄しい  實にい  羽織を着て、のっそりと立ってい  姿を仰いでい  髪をうつむけになってい  静にござれい  何じゃい  事じゃい  嘘と知ってい  郡にい  神にい  誓ひに反い  如、い  自分とおせい  ものでい  あそこがい  行つて見てもい  間ながらおせい  壞してもい  僕とおせい  やつぱし傷ましい  自分にい  妻子、おせい  状態になってい  事を信じてい  確かにそう思ってい  ものだと信じてい  間に聞かされてい  再建説を書いてい  関心をも持ってい  面倒を見てい  のでもなく、ただしい  内命を受けてい  野心をも持ってい  説の古く伝えられてい  発表せられてい  通計百六十八点に達してい  いくらでも採れたとい  文明も、い  奴にぶら下られてい  会に属してい  村長がい  伏在してい  事なきを得てい  小作米を取り立ててい  打割られるよりは黙って喰われてい  者も、まだ、ついにい  前村長時代から持ち越されてい  身代を切り廻してい  業を煮やしてい  慢政策をとってい  村政にあずかってい  人間がい  アンチ瘤派と思われてい  瘤から頭ごなしにやられてい  事実と考えてい  土地を持ってい  話し手を眺めずにい  気負いさえ感じてい  手腕を揮ってい  役目大切とのみ思いこんでい  自分の座ってい  運動してい  気運になってい  役目をかねてい  負担を軽くするにあると考えてい  覚悟をきめてかかってい  こぶがい  何かひそひそやってい  二三割しか付加してい  何をいうべきか、すっかり解らなくなってい  ぺらい唇をわなわなと震わせてい  しらえをしてい  事務やってい  戦争状態にまで捲きこまれてしまってい  からからと笑ってい  得々とやってい  コップ酒をひっかけてい  旦那ら、出かけてばかりい  奈良へい  具合よくい  何事かとい  花からは、い  高下駄はい  康太郎を恨んでい  義姉がい  十一であるから何とか云いかえしてくれるべきだのに、いつもげらげら笑ってい  斜めに下ってい  ことを云いかわして喜んでい  匂いをプンプンさせてい  不思議だとされてい  信玄袋を担いでい  肩が空いてい  かえる見込がついてい  呆然としてい  虱を湧かしてい  頭をかいてい  ものだと思ってい  キョロキョロさせてい  風呂銭にもってい  しょっちゅう料理場でうろうろしてい  中が読みとれてい  何か諦めてい  苦学してい  女学生も並んで泳いでい  胸のふくらみをじっと見つめてい  顔にうっとりとなってい  十六になってい  女学生になってい  文吉に似てい  嫌に思ってい  言葉を心得てい  前に佇んでい  空気が漲ってい  口を縫いこむぞといいきかされてい  にらみ鯛を焼いてい  エヘラエヘラ笑って突っ立ってい  兄だが少しも変ってい  蛔虫を湧かしてい  夜は更けてい  美津子は寝こんでい  手を投げ出してい  順平は突きとばされてい  小遣いをもってい  今まで云おう云おうと思ってい  性根を入れてい  気がさしてい  後を追うて行きたいと思ってい  男になってい  ようにへばりついてい  店が開いてい  石だたみがまだ濡れてい  穴の明くほど見つめてい  風に揺れてい  一遍被ってみたいと思ってい  新世界を歩いてい  ベンチに腰かけてい  間のた打ち廻ってい  煙を吹き出してい  皺くちゃになってはいってい  恨みがましい  匂いがプンプンしてい  二百円ほどになってい  張合いがなく、暫くぐずついてい  気がして、ふくれてい  もっともらしい  さも覚えてい  文吉が云ってい  うつ向いてい  丸亀にい  異様に漂うてい  まめに働いてい  気持がしてい  顔触れも変ってい  前にうずくまってい  かげで暫く突っ立ってい  恰好をしてい  屋台店で売ってい  こちらをにらんでい  リリアンへ通ってい  足で来てみると、い  寿司屋にも暫くい  ちゃんと見覚えてい  南無阿弥陀仏、と呟いてい  二つも並んでい  泡をくってい  夜が更けるまで佇んでい  康太郎がしてい  いつまでもそこに突っ立ってい  じゃまそうにしてい  大ぜい  赤鬼もい  黒鬼もい  おもしろそうに笑いくずれてい  おもしろそうに笑いながら聞いてい  様子をのぞいてい  一生懸命がまんしてい  三ばんめに座ってい  長年じゃまにしてい  ようにつるつるしてい  方から若い鬼が、あずかってい  特徴のある鋭い、しかし、い  映写室になってい  四角をかたちづくってい  エマニュエルが乗ってい  変化させてい  膝を深く折って乗ってい  ヘルメットをかむってい  さの抜けきってい  のぼりついてい  スクリーンを見つめてい  しろにすわってい  理想的なかたちをしてい  しろ向きに取り付けられてい  動作や、折りまげてい  まともに受けとめてい  スクリーンに向かってい  エマニュエルは言ってい  しろにひいてい  同化してい  かたちをしてい  さにそそり立ってい  ひとつに束ねてい  エマニュエルがかむってい  取り付けられてい  僕が考えてい  きれいにとらえられてい  飛ばしてい  中央に、ぴたりととらえられてい  方向を変えてい  しか体験してい  僕がかむってい  装備されてい  なかに小さくとらえられてい  記録してい  均等に撮りわけてい  字に折ってじっとしてい  スクリーンから僕たちに語りかけてい  なかを歩きまわってい  声が常に聞こえてい  フィルムが入ってい  きれいな板張りになってい  きれいに塗られてい  喘息を病んでい  ここに住んでい  空き家になってい  専攻してい  北海岸にい  波に乗ってい  オフィスにい  エマニュエルは持ってい  研究してい  シーズンに入ってい  ぜんたいに塗りこめられてい  灰色に塗りこめられてい  海を埋めてい  風が吹いてい  厚みを薄くしてい  色に染まってい  遠くに描いてい  幾すじも刻みこまれてい  樹木が覆いつくしてい  陸にい  ワックスを落としてい  右腕にかかえてい  紫色に変わり始めてい  空に、ちぎれてとり残されてい  下から黄金色に輝いてい  瞬間ごとに生まれては消えてい  海に出てい  つど一変させてい  月光を受けてい  なかに冷たくひたってい  海をしばらく眺めてい  朝陽を受けて輝いてい  大波を見てい  フィルムを見てい  波に乗ってばかりい  デイヴィスは言ってい  エマニュエルがい  空は晴れてい  香りが混ざってい  二十分とたってい  いつのまにか人口が増えてい  人が集まってい  中継車が来てい  ギターを弾きながら歌ってい  没頭してい  みんなに向けてい  近くに来てい  悲しみが宿ってい  サーファーたちに囲まれてい  熱意が、あふれてい  スタイルを変えてい  ラリーは黙って聴いてい  視線を向けてい  電話が入ってい  走り書きされてい  六人、乗ってい  ワイアウが迎えに来てくれてい  音にかき消されてい  げに覆われてい  経営されてい  風はいちだんと強くなってい  音が、分厚く重なってい  風情で、停まってい  ように流れてい  なかにしなってい  カーがい  運転席にい  計画が進んでい  ジェニファーは言ってい  ワイキキを気に入ってい  時間が始まってい  月が昇ってい  たくさん来てい  スタジオいっぱいに広がってい  練習をしてい  きれいな編曲がほどこされてい  効果をあげてい  マイケルはうなずいてい  目を閉じてじっとしてい  ジェニファーが言ってい  死をまえもって知らせてくれてい  まんなかからふたつに折れてい  新聞は大きく書いてい  殺気が満ちてい  避難を告げてい  たくさん出てい  頂上にいつもい  いっしょに聴いてい  小きざみにふるえてい  体はふるえてい  人が出てい  要所にぴたりとついてい  奥にい  無線でやりあってい  海兵隊にい  握手をしてい  沖に向けられてい  圧縮されてい  こちらへ向かってい  四十フィートを軽く超えてい  夢中で叫んでい  絶叫してい  空間へ突き出てい  山としてそびえてい  太陽をひきたててい  サーファーがい  限度いっぱいに飛ばしてい  必死で逃げてい  重ねあわせでとらえてい  シュローダーが乗ってい  ロープをまっすぐに垂らしてい  ものが、収まってい  ハワイ島にい  僕は出かけてい  雷鳴をともなってい  ひとり、出てい  天に向かってのばしてい  僕を救ってくれてい  腕を握りしめてい  雲がとまってい  上空を飛んでい  陽光にきらめいてい  サーファーたちが待ってい  前にならんで立ってい  チューブになってい  瞬間、ためこんでい  波は、抱きこんでい  叫び声をあげ続けてい  底で叫んでい  僕を見て笑ってい  場所にい  僕をそんなふうに誘ってい  いまは違ってい  臆病に小さく固まってい  恐怖しか感じてい  場所には常に満ちてい  調和を保ってい  僕はとっくにあきらめてい  鳴りを覚えずにはい  入ろうとしてい  波に叩きまくられてい  交錯してい  さを増してい  まわりは小さくなってい  雰囲気が生まれてい  墓石が立ってい  谷間に消えてい  いくつも咲いてい  渓流が走ってい  月明かりに濡れてい  さを失ってい  何本も立ってい  いくつもついてい  宣教師の子孫が、住んでい  カメハメハがい  テラスにい  音楽に聴き入ってい  なかにつまってい  息子たちがい  ギターを持ってい  まん丸に肥ってい  あぐらをかいてすわってい  瞬間を、作り出してい  まま聴き入ってい  星を数えようとしてい  つっかい棒に支えられて開いてい  罐ビールを飲んでい  ローテーションをしてい  台にかがみこんでい  レターペーパーを埋めてい  パニオロがい  湾を見てい  沖に浮かんでい  僕たちを見てい  目を押しつけてい  パドリングをしてい  表情に出てい  パワーにしたがってい  風に鳴ってい  高原を覆ってい  一台、停まってい  ドアにもたれて立ってい  何台も停まってい  部分がすでに来てい  庭にたたずんだり、すわったりしてい  さにあふれてい  何重にもからみあってい  無数に咲いてい  説得力を失ってい  しろにしたがってい  女性たちに抱きかかえられて泣いてい  ブルドーザーは動かなくなってい  あちこちいじってい  設置がおこなわれてい  ダン・オヘロが来てい  血は入ってい  ギターを弾いてい  代理を務めてい  準備が進められてい  息子たちも揃ってい  ますます濃くしてい  カメラを持ってい  ボードに横たえてい  ひとつひとつが揺れ動いてい  スピードをはかってい  言葉を叫んでい  ことが、重なり合ってい  レールをつかんでい  空気が揺れてい  湾を覆ってい  音は大きくなりつつ、なおも続いてい  頂上を指さしてい  火が噴き出てい  爆発してい  すべてそこから来てい  闇に溶けこんでい  サイレンを鳴らしてい  緊急避難を呼びかけてい  あいだを走ってい  頂上に立ちあがってい  縦に出来てい  渦を巻いてい  カメハメハが哮えてい  一台残らず停まってい  フロアを這ってい  録音がおこなわれてい  噴火を見上げてい  夜空に舞い狂ってい  ように、のんびりしてい  ように見てい  ほうに向かって流れ出してい  風が強くなってい  アヒルを呼んでい  車で走り去ってい  前庭にとどまってい  ラリーが待ってい  人は、い  ヘッドライトが照らしてい  道路はなくなってい  溶岩は動いてい  溶岩流にしばらく浮いてい  人々は集まってい  避難させてい  大河が流れて来てい  完全にふさがってい  西に向かって吹き流されてい  流出は続いてい  すべてを埋めてい  巨大にそびえてい  町も消えてい  地形をすっかり変えてい  山の下に埋まってい  溶岩は流れこんでい  なかにとり残されてい  はるかに越えてい  完全にふさいでい  オフィスに届いてい  手紙にそんなふうに書いてい  真正面から鮮明にとらえられてい  主翼を背負ってい  エンジンがついてい  胴体はもっともふくらんでい  クリアしてい  海に乗ってい  副操縦士に、笑いながらなにか言ってい  前面に大きく横たわってい  オフ・ショアに変わってい  白い雪崩を起こし始めてい  ターンを終えてい  みごとに抱かれてい  あと何フィートも残ってい  クレイトン・カウアが、笑いながら立ってい  ファインダーをのぞいてい  線路はつながってい  上をのびてい  裏から砂糖キビ畑は広がってい  ヘッドランプが乗ってい  すべてが乗ってい  模型をしげしげと見てい  模型レイアウトを眺めてい  眼鏡をかけてい  煙を吐いて走ってい  線路の敷かれてい  前部が写ってい  蒸気機関車が走ってい  一台しか残ってい  トレインと呼んでい  数メートル、赤く錆びて残ってい  一対、重く転がってい  静かに停まってい  それまで眠ってい  パヴァオは言ってい  さきほどまでい  誰もがい  ことを、語り合ってい  ひとかたまりになってい  サーファーたちがい  談笑してい  ポーズをきめてい  ことが運ばれてい  一部変更をもったい  決定されてい  これならい  ピークに達してい  抵抗運動に取り組んでい  解体のきざしを見せてい  光を受けてい  変色してい  陽ざしをよみがえらせてい  機首を下げてい  タラップから人が降りてい  粒子荒れしてい  拡大されてい  アップでとらえてい  強調されてい  意味を持ってい  近接撮影でとらえられてい  映画は終わってい  窓辺にい  外を見てい  腰だけ降ろして硬くしてい  建設作業をしてい  いまは、もうい  何日にもわたって見えてい  レールを見てい  ゆっくり静かに追ってい  レールは消えてい  いっぱいに宿ってい  娯楽読物になってい  記憶喪失となってい  アメリカ本土に帰ってもい  先生をしてい  彼女を常に悩ませてい  毎日眺めてい  四十七年間にわたって失われてい  サスペンス豊かに描いてい  盆踊りがおこなわれてい  華やかに下がってい  踊りを見せてい  踊りを見てい  男たちが集まってい  集会はすでに始まってい  年月がたってしまってい  以上にはずんでい  ジェーンは笑ってい  タイミングをはかってい  彼女はつれてい  身を包んでい  彼女は思い出してい  あいだ遠くにい  マーシアと接してい  涙でうるんでい  大事にはい  恋人だと言ってい  ひとつ届いてい  旅に出るとは聞いてい  両方で鳴ってい  ちぎれ雲が白く輝いてい  上目づかい  カアイラウは言ってい  確実に持ってい  正面から射してい  サーファーとしては知られてい  明らかに違ってい  ダフネには知らせてい  雨雲が走ってい  僕は思い出してい  ダフネは言ってい  苦もなく見せてくれてい  部分をわずかにとりこんでい  左半分にい  ダフネはいつもよりはしゃいでい  体格をしてい  隅々にまでいきわたってい  今日ここへ来ると言ってい  横から見てい  そのまま現実になってい  毛がびっしりと生えてい  往ったり来たりしてい  アランは言ってい  私も乗り組んでい  サーフが出来てい  何度も見てい  外側に、出来てい  チューブになって砕けてい  かすかに聞こえてい  重宝してい  フィルムを持って来てい  味もついてい  グラスに巻きついてい  あいだ黙ってい  音だけが聞こえてい  基地にしてい  一本、持ってい  いまでもよく覚えてい  ペースをよく知ってい  航海を楽しんでもい  礁湖に浮かんでい  陽を照り返してい  アランは、い  ここにはもうい  砂がうっすらとかかってい  アランがい  ふたりとも抱いてい  緑色に立ちあがって白く砕けてい  ダフネと向きあってい  時間は、まだ始まってい  8ミリは持って来てい  カアイラウも来てい  ラリーに言ってい  銀色に輝いてい  陽陰をつくってくれてい  人生相談がおこなわれてい  陽陰になってい  ネットに入れてい  雪ダルマをかかえてい  指導してい  胸に貼りついてい  波が来てい  サーフが走ってい  三本、残ってい  充分についてい  そこに支えてい  気持だけはたかぶってい  包装紙にそう書いてい  ハミルトンは言ってい  ハミルトンが言ってい  二時間たってい  あいだそうしてい  ラリーが言ってい  やりとりを聞いてい  エンジンは積んでい  海が荒れてい  相手にしてい  儀式をおこなってい  約束をしてくれてい  うちに物語られてい  ホノルア湾にい  膝をかかえ、すわってい  ハミルトンがい  水平線を見てい  むっつりと押し黙ってい  車座を作ってい  アランが使ってい  彼女が考えてい  忠実に追ってい  インサートされてい  フィルムに撮ってい  部分は白く輝き、当たってい  底に沈んでい  影を長く落としてい  デイヴィスが叫んでい  転覆から二十四時間たってい  カアイラウを知ってい  船底にしがみついてい  船に積みこんでい  窓から海ばかり見てい  角川さんと知り合ってい  連載してい  宣伝されてい  自覚などまったくなしに、書いてい  基本的にはまったく変わってい  常態を失してい  亭々と聳え立ってい  幾つか拵えてい  中空に聳えてい  美観を具えてい  縁に立ってい  傲然とつっ立ってい  中空に聳えて、ただ静まり返ってい  山蟻が、駆けだしたり立ち止ったりしてい  匐いまわってい  兜虫がい  女学投に通ってい  おさげにしてい  頭をひねってい  枝いっぱい咲いてい  握り拳で叩いてい  ひらひらと散ってい  幹を叩いてい  久江は黙ってい  眼をやってい  手を握り合ってい  側についてい  情況が変ってい  燃え拡がってい  眼をぱっちり開いてい  上方を眺めてい  枝にい  なかに伝わってい  頃、見張ってい  三十歳になろうとしてい  幹夫は黙って控えてい  脇息にもたれてい  時から出入りしてい  ものと、そう思っちゃい  巳之助はなお暫く坐ってい  額が汗ばんでい  上の空に聞き流してい  寒冷とが籠ってい  祖父さまに馴れ親しんでい  静かに寝てい  上に、つやつやと光ってい  頭はじっとしてい  心で見つめてい  巳之助は知ってい  そこで遊んでい  方を眺めてばかりい  事が運んでい  瞼をつぶったりしてい  色が浮んでい  絶対安静を命じてい  巳之助は暫く黙ってい  斜陽が流れてい  斜陽が流れ注いでい  仕事してい  眼を細くして座ってい  中にぴんぴんして生きてい  そっちを見つめてい  熊はまだしげしげ見つめてい  斜面を滑ってい  蠅とりまでならべてい  主人がどっかり座ってい  しだのみでも食ってい  ちゃんと死んでい  ぼんやり立ってい  血を吐いて倒れてい  糸を紡いでい  やつが棲んでい  ギラギラ光ってい  にょきにょきつったってい  頂上でやすんでい  月がそらにかかってい  ようになって置かれてい  影響を受けてい  町につづいてい  郷里へ帰り着い  ように降りつづけてい  顔を忘れてい  城をかまえてい  昔から岡と呼ばれてい  城内に祀ってい  小袋明神として祀られてい  尊崇されてい  土台石などは昔ながらに残ってい  梟だろうなどといってい  あいだはもちろん鎮まり返ってい  無頓着らしく笑ってい  小学校へ通ってい  二十歳になるとか聞いてい  ステッキを持ってい  ように濡れてい  露にひたされてい  先刻から見てあるい  青すすきのかげに沈んでい  ほんとうに調査してみたいと思ってい  青葉を輝くばかりに照らしてい  空をながめながら笑ってい  小袋ヶ岡で死んでい  色を陰らせてい  夜のふけるまで起きているといってい  がやがや立ち騒いでい  娘さんが死んでい  腰をかけて死んでい  朝から曇ってい  みんなは言ってい  台石に乗ってい  台石だけが残ってい  蛇はいつの頃から巻き付いてい  ところに横たわってい  感心して眺めてい  苦情をい  どこがい  君助はそれでもい  媚態とでもい  音になってい  云ながらぶたい  語はい  普通に用いられてい  足袋もい  建長寺前へ辿り着い  冷氣がい  私達は羨ましく見てい  何か囁いてい  子供だからい  笛のごときであってもい  唄でもい  啼声でもい  芸術家であったなら、いずれでもい  月は、キラキラとした凄しい  事をい  花ちやんがい  前てばかし、ホイホイい  ことを言いかわして喜んでい  蝨を湧かしてい  ずんでい  空気が張ってい  かね/″\蛔虫を湧かしてい  夜も更けてい  石だたみが未だ濡れてい  出し物が始まってい  張合がなく、暫くぐずついてい  さを覚えてい  文吉が言ってい  朝から何も食べてい  リヽアンへ通ってい  張り男がい  南無阿弥陀仏と呟いてい  いつまでも突っ立ってい  鴉が鳴くまでならいい  ことくらいようく分ってい  いつまでぐずぐずしてい  一冊持ってい  半道も離れてい  侫弁に、い  石炭くすべ、いかばかりいぶせかりけん、い  宗教的思索に沈みかつ燃えてい  病を養いつつさまよってい  友情を裏づけてい  虔ましい  志向してい  濁りに染んでい  死を期してい  自分が抱いてい  文章を書いてい  傾斜になってい  小鳥などよく啼いてい  正夫君はどうしてい  三日前からここで暮らしてい  歩きに行ったりして暮らしてい  あなたはどうして暮らしてい  クラシックを好んで読んでい  田舎女郎がちらちらしてい  書物を読んで暮らしてい  伏目がちになってい  痛切に感じて読んだり考えたりしてい  空気をかもしてばかりい  それを怖れ忌んでい  生活をいたしてい  私ひとりで暮らしてい  私だけはなれて暮らしてい  他人を傷つけてい  ヤソ伝を読んでい  あなたに御無沙汰してい  不幸にとらえられてい  今日もなお苦しんでい  目を忍んで生きてい  なりを、心から懐かしく思ってい  醗酵してい  従属感にぬれてい  悲哀にうちしおれてい  上でしおれてい  街を歩いてい  神様に祈ってい  部長も言ってい  悲しみに溺れてい  星がふるえてい  期待を置いてい  あきらかに見えてい  心を傾けてい  毎日心持ちに待ってい  不安に光ってい  風がひどく吹いてい  理解とに生きてい  下に立ちつくしてい  一心に祈ってい  癒やしを祈ってい  芸術的天分が現われてい  伴のうてい  心でうれしく待ってい  病気ばかりしてい  命令を待ってい  聖書を読んでい  ヨブ記を読んでい  あなたがたが思ってい  妹が読んでい  ことができたといってい  承知いたしてい  煩悶を、常に持ってい  ところに住んでい  離れ家に帰ろうかとも思ってい  ブラブラしてい  必要を深く感じてい  私も案じてい  書物など送ってやったりしてい  書物を読ませてやろうと思ってい  心を持ってい  のだといってい  たしかに落手いたしてい  期待を持って待ってい  まことに尊く思ってい  丈夫そうに写されてい  間一緒にい  手を握って泣いてい  キラキラしてい  平安を失ってい  私はいつも遊んでい  毎朝読んでい  ほうを読んでい  妹も読んでい  場として守ってい  まことにゆかしく感じてい  ためと思ってい  シュルドとしていつも禁じてい  正夫さんと会えるかもしれないので、たいへん悦んでい  あなたも祈りつつ待ってい  さに沈んでい  成長を祈ってい  理想で生きてい  内容として生きてい  愛を語ってい  人を愛そうとしてい  これまでわからずにい  空気を持ってい  出来事を忍んでい  フランシスのきい  ように信じてい  ことと何よりのたのしみにいたしてい  あなたを迎えに行こうと思ってい  今読んでい  三次まで出てい  辺りにい  書物など持ってい  妹もたいへん悦んでい  間待ちかねてい  螢なども飛んでい  のりを送ってい  小さな教会にまいってい  ゆえに、永く生きてい  あなたに今幸福でい  正夫さんも来てきいてい  翻訳してい  他人に犯さずにはい  のを書きたいと思ってい  ようにして対したいと思ってい  のを悦び待ってい  今は少ししょげてい  筆をすすめてい  持続してい  感謝して受けて暮らしてい  がいになってい  謙さんはどうしてい  涙に濡れてい  理想としてい  家なけれど、い  修業したいと思ってい  ことと楽しんでい  ことが考えられて、しおれてい  ことをおそれてい  姿が見い  菜食をしてい  感じとが沁み出てい  友としてだけでも生きてい  病院に勤めてい  姿を抱き収めてい  様子をしのんでい  身の上を案じてい  ものにならずにい  叔父が来てい  看護婦たちにいってい  関係を知られてい  後に残って泣いてい  いねがいを持ってい  家にでもい  便りがないのでまったく困ってい  相愛してい  そばで見てい  あなたのために祈ってい  毎日よく働いて暮らしてい  無事で暮らさせてもらってい  はずはないと信じてい  説明してやりましたらうなずいてい  お父さんに見せてもらってい  家に預けられてい  人が読んでい  心持ちは現われてい  あなたを愛してい  あなただけは知ってい  いつまでも結婚せずにい  あなたに向かってい  尾道にい  ようにして暮らしてい  ようにぶらぶらしてい  英語を教えてい  力を分かってい  とおりに行なってい  十何年間も住んでい  姿でい  奥さんに虐げられ、い  涙もろくなり、泣いてばかりい  悲しみとに濡れてい  拝借してい  悲哀をかみしめてい  色香もあせてい  私は知ってい  気がかりより、い  から行きたくありませんというので困ってい  ように勧めてもらってい  私はどうもまだ熟してい  ことと思ってい  心淋しく思ってい  お便りをいただいておきながら、黙ってい  非常に悩んでい  たしかに認めてい  心持ちとはまるで似てい  生活が行きつまってい  境涯に座して苦しんでい  まじめになってい  眼には封じられてい  時には、すまないとばかり思ってい  神様に帰してい  内山君にも会って話したいといってい  手紙にあらわれてい  直ちにお送り返しい  形勢を見て待ってい  私を養ってい  本復を祈ってい  それがあらわれてい  まことにすまないと思ってい  情にあふれてい  いたし方はないと思ってい  あなた方にも会って話したいといってい  心持ちにい  力をせつに祈り求めてい  ことばかりいってい  天香さんははがゆがってい  本はつまらないといってい  力を備えてい  妹がい  祈りになってい  本丸を据えてい  炊事をしてもらってい  看護をしてい  私は少し遅れて帰ろうと思ってい  帰省を見合わせてい  頼みにいたしてい  ほんとうは願ってい  動機としてい  実行をしてい  出来事を待ってい  ことを祈ってい  境遇にい  動き方を知ってい  あなたに同情してい  まことに困ってい  手でしてい  仕事であるかを教えてい  妹を深く愛してい  心地で暮らしてい  気がしじゅうしてい  暮らし方からどうにか革めて行かねばならないと思ってい  イヴィルがまとわってい  顔にかかってい  秩序を失ってい  手で育ってい  顔をしみじみ眺めてい  水のごとく澄んでい  者をあわれみ守ってい  Itisacrimetobehappyandthereforhappinessmustbehastized.といってい  うち湿ってい  あなたが棲んでい  境遇に置いて見てい  希望をつないでい  日々の努めをはたしつつ暮らしてい  例を引いて勧めてい  生活を送ってい  ひそかに危ぶんでい  こととは信じてい  議も出てい  ならいに通ってい  はずになってい  輔けてよく働いてい  さが続いてい  臥てい  のは知ってい  心でい  あなたに報知してい  ために祈り求めてい  なかに生きてい  大分心を圧しつけられてい  嘆息してい  世界を喘ぎ求めてい  私を責めてい  のを悔いてい  ものを望んでい  支配されてい  二人で暮らしてい  関心してい  運命を持ってい  小説を書こうと思ってい  のをこれから書こうと思ってい  長篇小説をのせようと思ってい  衣物を縫うてくれてい  縁と思って仲よく暮らしてい  みなさんにお目にかかりたいと思ってい  情熱がこもってい  意味をとって下さると信じてい  意識から流れを汲んでい  自ら慰めてい  んじてい  今六幕目の終わりを書いてい  ように描きたいと思ってい  音楽で終わらせたいと思ってい  蜜柑をむきつつ話してい  たくさんかけないので困ってい  場所がほしいと思ってい  一日じゅうしてい  炉辺に集まってい  遊びをして過ごそうと思ってい  森が淋しく鳴ってい  ヤソの生きてい  写真はよくとれてい  ドラマに描こうと思ってい  さを分かってい  眼目にして描こうと思ってい  喜劇を描いてい  ものしか描かれず、困ってい  ほかのを出せなくて困ってい  不自由を感じてい  のですから、もうなれてい  しだいで困ってい  アヤスを読んでい  集いを少しお羨ましく思ってい  心から私を愛しそして憐れんでい  ことがよく現われてい  心があせってい  機会をまだえないで忍んでい  不自由になってい  しか発育してい  私にもそうしてい  裁縫などしてい  帰りを待ちわびてい  別れを告げようとしてい  展かれてい  一部分を知ってい  江馬さんと親しくなるだろうと思ってい  あかりがこもってい  感じを持ってい  熱が下ってくれればいいがと祈ってい  かなしみに打ちかたれてい  手紙を待ってい  衰弱してい  絵模様など見るともなしにみてい  養生してい  三疋飼ってい  遊戯して暮らしてい  一番原因になってい  覚悟のできてい  そうで、もったいなく思ってい  興奮してそわそわしてい  不安に感じて、うろうろしてい  のを恐れてい  読書もまた禁じられてい  物干場に出てわずかに知ってい  心にせめられてい  手紙がかきたいとばかり思ってい  何か書いてい  京都に住んでい  入院してい  心忙わしくくらしてい  責めのみを感じてい  ように祈ってい  回復したく思ってい  今書いてい  賑おうてい  仕事をつづけてい  恵みと思ってい  報謝とで暮らしてい  感じがしてい  こともゆるされてい  心静かに暮らしてい  眼に残ってい  町を歩いてい  うち読みたいと思ってい  なかに最もよく現われていると思ってい  心待ちしてい  翻訳にいそしんでい  ドラマを書いてい  音楽とで暮らしてい  君にたいへんよく似てい  計画に満ちてい  年となるだろうと思ってい  ゲーテなどが持ってい  性質をほめてい  友情をそれだけに重んじてい  三幕目をかいてい  君に気に入ってもらえるだろうと思ってい  持ち味が出ていると思ってい  きりでい  看護に来てい  仕事に励んでい  ことはまだできないでい  私が志してい  ところへ行ってい  関係を持ってい  非常に多く含まれてい  何だか気恥ずかしく思ってい  二十日に来て下さるらしいそうで喜んでい  ことをいつもうれしく思ってい  ために打ち砕かれて、深く苦しんでい  ことができなくて本当にすまなく思ってい  別府にい  私が悩んでい  準備に忙しく取込んでい  腸を傷めて弱ってい  感心せずにい  そうと思ってい  のをうれしく思ってい  学校にも通わせてもらってい  貝がらをひろって遊んでい  袋をしょってい  上を見つめてい  一つ落ちてい  形になってい  鍵をもてあそんでい  鍵がおちてい  後姿をじっと見つめてい  色がうかんでい  覚えがないといってい  九十九里浜沖を走ってい  浅瀬にのりあげてしまってい  空にむけてしきりにうごかしてい  ミチ子とは、ぐっすり眠ってい  人を出して集めてい  陸地へひきよせられてい  ように曲ってい  編隊を作ってい  腕をしっかとおさえてい  ことについては、なにか恐しい  窓からここを見てい  塔をみつめてい  カーテンを見てい  森になってい  丘が横たわってい  向こうを向いてい  大声で笑ってい  光景がうつってい  のがうつってい  錠がおりてい  三階にい  昨日それを持って遊んでい  あちこちにのこってい  どこまでも行きとどいてい  はな唄をうたってい  上から、積んでい  ぐうぐうと眠ってい  煙もあがってい  扉をさぐってい  帆村荘六探偵がはいってい  一彦少年がはいってい  ここはたいへんきちんとしてい  機械がずらりと並んでい  ピストルがしっかとにぎられてい  身がまえをしてい  本棚がならんでい  前でうろうろしてい  坐礁させるという恐しい  苦心してしらべてい  間から顔を出して、にやにやと笑ってい  宙ぶらりんになってい  秘密をもらしましたが、なんという恐しい  考はすこしも持ってい  背中をじろじろみつめてい  あたりを見廻してい  手提電灯をさしつけてみてい  かぎりおさえてい  外にぬけようとしてい  弱気を出してい  怪塔王をあまり見くびってい  僕たちの思ってい  出口をぴったりふさいでい  それぞれに活動してい  自分の乗組んでい  手でしらべあげたいと思ってい  探偵がい  青々しい  使者をやってい  知らないといってい  前に見えてい  ことは、かねて知ってい  その後どうしらべるかについて考えこんでい  ことが起ってい  汀がうつくしく見えてい  あそこにたってい  そばに建ってい  九十九里浜に立ってい  森はしずまりかえってい  小首をかしげてい  道路になってい  ずっと前からそれがよくおわかりになってい  有様になってい  ところへ、い  怪塔王がすっくと立ってい  しろへかばってい  大声をはりあげると、隠しもってい  怪塔王をにらみつけてい  手筈がついてい  中をのぞいてい  地中にい  筒になってい  方へのびてい  機械をもってい  一階にい  ように、がんがん鳴ってい  あっちこっちにぽっかりうかんでい  はるかにはなれてい  塔だとばかり信じてい  空中旅行をしてい  中にたくわえられてい  どこにも知られてい  流線型にしてい  一生懸命にしらべてい  甲板にい  まり涙でぬれてい  不思議でならないほどの恐しい  研究所にたてこもってい  ことにされてい  大利根博士を出迎えてい  鉄板でできてい  どこに隠しもってい  そばからみてい  艦内をあるきまわってい  大体見当はついてい  手をあててい  行方はわかるまいと言ってい  報告をつづけてい  方へつらなってい  雨風はげしく、相当波だってい  大尉はしばらく考えてい  怪塔にとじこめられてい  電機をあやつってい  一字ものがすまいと、まちかまえてい  前軍艦淡路できい  ところをぶらぶらとんでい  行動を見守ってい  あたりを見てい  腕をこまねいて考えこんでい  しろについてい  方をじろじろながめてい  焦点をしきりにあわせてい  ようにならんでい  考えはまちがってい  なにかを探してい  ものをかぶってい  機械がならんでい  はなればなれにたってい  怪塔王一人が住んでいるばかりだとおもってい  途中で、じっと聞いてい  さっきからそれを申してい  顔をして聞いてい  うえにおちてい  目くばせしてい  怪塔王は、互にどなりあってい  行手をじゃましてい  さまをあれよあれよとみまもってい  ようにかたまってい  しゅうしゅうとガスをはなってい  ときをねらってい  考をもってい  上に出てい  あたりはとっぷり暮れようとしてい  操縦員をしきりにはげましてい  一生けんめいにおいかけてい  待ちに待ってい  塩田大尉はじめ乗ってい  操縦員はがんばって、傾いてい  たか、けろりとしてい  怪塔ロケットが、い  眠をつづけてい  ぅんと撃ってやろうとおもって、いつも待ちかまえてい  怪我をしてい  中にころがってい  一彦をいたわってい  顔をしかめてい  帆村荘六とともに、とじこめられてい  中に放りだされてい  空から爆弾をおとしてい  向こうで、やってい  空から爆撃してい  のかと思ってい  中なんぞにい  話をもちあわせてい  腰にさげてい  傍に生えてい  信号音をふきつづけてい  原住民がつかってい  いつか本で読んでおぼえてい  達しはしまいと思ってい  塩田大尉に知らせてくれといってい  天を仰いでい  傘はぶらんぶらんとゆれてい  これをみてい  目をとじて、じっと考えてい  大事をとってい  塩田大尉はかたくなって聞いてい  幸に切れてい  外へ出したけれど、はたしてい  張がつづけられてい  のだと、はりきってい  胸をいため続けてい  殆どわかってい  こと忘れてい  どんなにか待ってい  お話しねがい  方までつづいてい  扉がぴったりしまってい  あいかわらずしんかんとしてい  ようにおもってい  真赤にしてい  筆記をしてい  さっきから何か書きこんでい  大利根博士がい  ちがいだと思ってい  爆破をまってい  博士がい  ものを指さしてい  人だと信じてい  言葉をじっと考えてい  ちゃんと形がのこってい  海の底に、じっと横たわってい  平に続いてい  海藻も生えてい  横たおしになってい  横むきになってい  もので、すっかり包んでい  黒人をこまらせてい  戦は、まだつづいてい  中にはさんで、やはり睨みあってい  どっちにつこうかと困ってい  水をもちこんでい  海底にながくい  言いなり放題になってい  ものを返してくれい  怪力線網がかくされてい  かたちにふくれてい  中にすっぽりうずめてい  上に寝てい  下にむけて寝てい  ことができなくなってい  怪塔王はおそれてい  手がい  紐にくいしめられてい  さっきから熱心に待ってい  気をとられてい  それをくやしがってい  ようによこたわってい  顔をつつんでい  上にたおれてい  なかに小さくなってふるえてい  尻をむけてい  室内をみまわしてい  ことは、わかりすぎるほどわかってい  海水中にながくつかってい  おし鎮めましたけれど、い  なりすましてい  怪塔王がい  夢をみてい  これをきいてい  怪塔王をみてい  霧にまきこまれ、さらに待ちかまえてい  のぞきながら、たいへん怒ってい  三つばかり明いてい  ところがうつってい  手ぐすねひいてまってい  ちょっと怒ってい  しろからそれを見てい  どこまでもひろがってい  ごらんにいれてい  怪塔ロケットにおいすがってい  無線電信でおくってい  追撃をしてい  麻綱はぶらんぶらんとゆれてい  ようにまっすぐ飛べなくなってい  どんなにか困ってい  ロケットを飛ばしてい  号令をかけてい  夢中になってながめてい  のをくいとめてい  上からぎゅっとおさえてい  さきにぶらさがってい  そうににらみつけてい  一生けんめいでひいてい  舵がこわれてい  上からおさえつけてい  話をつづけてい  昨日から風邪をひいてい  風邪をひいてい  左でい  間に、かくしもってい  ベルクマン銃に似てい  方をなでてい  下へ向けてい  さまを、またたきもせずじっとみつめてい  怪力線をうちだしてい  さかんにふりまわしてい  手がふるえてい  当分じっとしてい  はなしをよろこんでい  のを、たいへんつらがってい  電鍵をたたきつづけてい  気をくばってい  死ぬ決心がついてい  ここでい  歯をばりばりかんで、ざんねんがってい  体をねらってい  様子をみてい  白煙がふきだしてい  腰をふってい  ものをぶらさげてい  味はたいへんふえてい  くねくねさせてい  努力をつづけてい  ますます狼狽のいろをあらわしてい  ひねくりまわしてい  しゅうしゅうと空中をとんでい  青江をはげましてい  炎々と燃えてい  残念がってい  青江機とをつないでい  はしからするりとぬけてい  兵曹長はいきばってい  前からそれに気がついてい  水平をたもってい  青江三空曹の乗ってい  一しょにのってい  邪魔してい  ようにながれてい  そこら中に漂ってい  めちゃくちゃに叩きつけてい  ことはわかってい  黒影を見てい  エンジンはぴたりととまってい  あいかわらずごうごうと吹きまくってい  あたりをながめてい  室内をさがしまわってい  謎を早く解かねばならぬとおもってい  学者だとおもってい  あれほどそわそわしてい  たくさん並んでい  部屋はうごいてい  くるくるまわしてい  帆村と忍びこんでい  そればかり考えてい  うごいてい  戸棚を見つめてい  中をじっとみつめてい  耳をすましてじっと聞いてい  床をなめんばかりにして見てあるいてい  黒ずんだ点々が、ずっとむこうまでつづいてい  秘密室にこぼれてい  顔を見あわせてい  ところで、とまってい  ここでとまってい  なにかでできてい  鍵穴をみつめてい  一彦少年は、しきりに考えてい  僕が持ってい  鍵をつくって持ってい  こっちへよってい  中までつづいてい  博士だとおもってい  仕掛になってい  怪塔王のもってい  とぐろを巻いてい  首をもってい  研究中だといってい  みな役にたたなくなるという恐しい  あべこべ砲をもってい  めんみつにしらべてい  あべこべ砲は壊れてい  大利根博士もい  外からつづいてい  部屋へつづいてい  上にこぼれてい  条になってい  上につづいてい  たくさんこぼれてい  下でじっとながめてい  縞ズボンをはいてい  拳をかためたりして、おどろいてい  ことは、よく知ってい  いつに似ず、たいへんがんばってい  上天気になってい  体にじかにあたってい  のどが乾いてい  附近をじっと眺めてい  電柱も立ってい  あたりをしきりにじろじろ見てい  平になってい  のであろうとおもってい  一つとおもってい  八台も並んでい  海中に墜ちて死んだかとおもってい  そこにがんばってい  潜水艦ホ十九号をよんでい  地図には出てい  だれもが信じてい  一生けんめいになってい  兵曹長をにらんで立ってい  敵方をのみこんでい  手にも握られてい  はやくも見ぬいてい  格闘をつづけてい  匐って、うんうんうなってい  腕をつっぱってい  会議がつづけられてい  もごもごしてい  小浜は生きてい  一台かぎりかと思ってい  これは壊れてい  前でじっと考え込んでい  ように、ひどく腫れあがってい  電灯一つついてい  床は固く、そしてじめじめしてい  床をもってい  方をじっと睨みつけてい  あははは、そんな恐しい  わしの乗ってい  ここへ攻めて来るといってい  それをじっと見てい  壁はぬらぬらしてい  勇士も、しょげてい  横穴があいてい  島にがんばってい  向こうへつづいてい  岩をしきりに押してい  岩を押してい  まんまるい月があがってい  小浜兵曹長だとばかり思ってい  方へつづいてい  ここにかくれてい  窓からすうっとさしこんでい  岩かげに立ってい  天空を睨んでい  行動をじっと見守ってい  行動をじっと見つめてい  ことに気がついてい  小浜兵曹長がかくれてい  こっちに気がついてい  地面をさがしてい  ことをたいへんおそれてい  ごろごろと転がってい  胸もとを狙ってい  怪塔王を睨んで立ってい  上に立ちあがってい  入口は、開いてい  安心しきってい  扉のかげに隠れてい  命を握ってい  ことに迷ってい  とりまいてい  地図をみてい  ここに集ってい  マークもついてい  マークがついてい  艦隊旗艦にのってい  番をしてい  モーターをあずかってい  これ以上ぐずぐずしてい  ようにあるきまわってい  全速力でもってすすんでい  浪がながくつづいてい  報告させてい  四五台ぐらい並んでい  前方を見まもってい  気をもんでい  怪塔王は、じりじりしてい  警報ベルが鳴ってい  飛行隊がい  艦隊がい  磁力砲をうってい  日本軍人がい  帆村探偵がい  役をあたえられてい  黒人にかわり、かねて捕えられてい  身になってい  閉口させてい  殺人光線灯がどんなに恐しい  白黒してい  耳をそばだててい  マスクでい  塩田大尉がよくいってい  さっきからじっと見まもってい  半分泣いてい  わしの狙ってい  日本軍がはいって来るとはおもってい  悪事のかずかずをやってい  素顔に見入ってい  のではないかとおもってい  考がちがってい  もごもごさせてい  島にい  耳を澄まして聞いてい  方を見つめてい  腕に支えられてい  監視してい  岩をさぐってい  胸をわくわくさせてい  ものと信ぜられてい  胸はまだおどりつづけてい  一つに押しこめられてい  さっきから聞きたいとおもってい  それははっきり覚えてい  岩につかまってい  割れ目のむこうは、そういう恐しい  助ってい  死体が浮いてい  光を放ってい  上に、じっととまってい  博士がそんな恐しい  断崖につかまってぐずぐずしてい  それと気がついてい  姿もない恐しい  血も流れてい  持物も何一つ浮いてい  平気で立ってい  ガスマスクがはまってい  姿をもとめてい  腹匐いになってい  ちゃんぼちゃんと岩を洗ってい  風が起ってい  とどめを刺そうと狙ってい  渦巻をつくって流れてい  楽になってい  光が、眩しくさしこんでい  気分にみちてい  引きしてい  上に長く寝そべってい  素顔だとばかり思ってい  ぼんやりとしてい  怪塔王になりきってい  岩窟を出て、なにかまた悪いたくらみをしようとしてい  黒人たちは、もうすっかりおとなしくなってい  艦橋にい  お前はよく生きてい  鬼ごっこをしてい  のかとおもってい  ことにかかってい  こととおもってい  目にあってい  中に信じきってい  ろつかせてい  ときがちかづいたとよろこんでい  生命とたのんでい  ようにみえてい  砲弾をうちあげてい  始ってい  伏せをしてい  手をふってい  方へしきりに呼びかけてい  涙がどっと湧きい  無事に生きてい  皆泣いてよろこんでい  そこには待ってい  そこらにい  命令をつたえてい  体を小さくして、つかまってい  彼がのぞいてい  怪塔ロケットを撃ちまくってい  誰も覚えてい  ように舞ってい  火がついてい  帰りを待ちかねてい  昼寝をしてい  カーニュにい  硲君も来てい  皆泊ってい  熱心に描いてい  送金を待ってい  銀行は開いてい  パリにい  一人立ってい  気合いを認めてい  絵を見て飽き飽きしてい  まさか唐突にやって来まいと思ってい  占領されてい  俳句を兼ねてやってい  シンと静まり返ってい  二つ三つ絵を眺めてい  からガラス戸が閉まってい  いくつと知れず流れてい  たくさんかかってい  形で聞えてい  訪問してい  家はいつも閉ざされてい  構造になってい  もの位に思ってい  海水着を着けてみたり外してみたりしてい  花札を弄んでい  ヒステリーはまったく見てい  五日間休ませてい  応用してい  芸術とはなってい  娘が腰かけてい  技が優れてい  ベッドなどはさっぱりしてい  国でい  興味はもってい  法を生かしてくれてい  ものが残されてい  面白いものだろうと思ってい  絵ではあるが、到底見てい  三本用意してい  有いてい  反対になってい  縁がついてい  散髪屋などによく残ってい  何かが落ちてい  三カ月は死んでい  一夜こそは面白く生きてい  嫌味はなかろうと思ってい  それをうんと持ってい  ちゃんと存在してい  昔から非常に生きてい  ちゃんと分限がきまってい  静かにしてい  くそもいってい  足に合ってい  日本へ集ってい  皆巴里へ集ってい  かなりに働いてい  調子でにらんでい  奴だと思ってい  地震計とは似てい  大概憎らしいほど太ってい  いつまでも未練らしく用いてい  以前から随分探してい  英国製品がかなり多く入ってい  安眠してい  亭座敷を借りて暮してい  胃病に悩まされてい  ように考えてい  ものと考えてい  時に考えてい  猛烈にサボってい  人夫がい  今死にかかってい  残骸が落ちてい  土地にのみ住んでい  大阪人にのみ取り囲まれてい  事かと思ってい  中ばかりにい  名も知らずにい  ものだけは知ってい  確かに知ってい  のだとばかり思い込んでい  噂として聞いてい  西洋にい  酒ばかり飲んでい  談話してい  愛用してい  名前すら、はっきりしてい  から知らずにい  財布をよく知ってい  増加してい  猛烈に走ってい  ものが並んでい  若い妻君等とともに寝そべってい  ビールを飲んでい  メートル位以上離れてい  水練場とかへ通ってい  汚水を眺めてい  ものかと思ってい  形相はしてい  裏は描いてい  裏を見るが、どうも黒く汚れてい  お互いに開いてい  私はよく見る、じっとしてい  帷子の如く冷しい  私はじっとしてい  西瓜、などいろいろと控えてい  影をひそめてい  平気ではとても握ってい  腕を並べてい  床屋で暮してい  走り廻ってい  片隅に持ってい  元来怒ってい  人間位い怖ろしい  四年うろうろしてい  針金が渡されてい  如く一面に塗られていて、到底じっとは見てい  二本出てい  燈明が点ってい  真似をしてい  ものが作られてい  二階を借りてい  私の泊ってい  宿にい  私はただ驚いてい  遥かに眺めてい  ものが落ちてでもい  殆んどなってい  三ヶ月滞在してい  正宗氏なども来てい  女中がい  自慢をしてい  彼女は常にいってい  返事をしてあしらってい  何かしきりにぶつぶついってい  掃除してい  跡が残ってい  あたり芝原になってい  一面に咲いてい  巧みに取扱われてい  彼岸桜が美しく咲いてい  一歩も進んでい  移動してゐるとい  失禮をさせていただきまして、とい  着席しまい、とい  斜めに見上げて聴いてい  空で、又笑ってい  そんなら、一体い  九つの氷河を持ってい  ぐうぐう寝てい  形になりじっとならんで立ってい  暮れてひどく困ってい  物は持ってい  間してい  ただのおきだけになってい  ことを云うね、一体い  けらが落ちてい  僕も引っ込んじゃい  もんだと云ってい  下へ出るよと叫んでい  これはいかん、あいた、いた、いた、いた、い  大分カオリン病にかかってい  あかりがうつってい  大股に歩いてい  雲を眺めてい  ぼんやり光ってい  処をせっせと歩いてい  もっと前から歩いてい  そこに浮いてい  足もとまでつづいてい  ろっとついてい  涛がすっかりしずまってい  たしかにさっきまで寄せて吠えて砕けてい  いつかすっかりしずまってい  崖にもじゃもじゃ生えてい  雷竜がい  もじゃもじゃしてい  ように続いてい  舞踏してい  よせよせい  云ふね、一体い  病名を知らなくてもい  法螺を吹いてればい  景色はあんまりい  中からごくい  はやがい  空へ昇ってい  若葉をのぞかせてい  美味を持ってい  あかんぞとどなってい  筋が通ってい  展覧会が開かれてい  芸妓面をしてい  結局ひとがい  筆を持ってい  もので占められてい  味をもってい  ほんものを知らず、また知ってい  平気で用いてい  人が恋いしい  枕をしてい  汽車に乗って遠くい遠くい  事もい  話を聞いていると、ジリジリとしてい  素的にい  のだと云ってい  一番面白い話を持ってい  体つきをしてい  瞳を見てい  隅に立ってい  男はよく云ってい  月を見てい  時から睨んでい  手足を洗ってい  地主だったけど、ひらけてい  茶碗一杯とい  さで聞いてい  俊ちゃんと二人でひそひそ語りあってい  空気がよどんでい  一生懸命勉強するとい  ボサリとしてい  ビラの出てい  慾しがってい  窓を見てい  しゃっくりをして泣いてい  目を見てい  腰紐が結ばれてい  私六年ばかりい  しっとり落ついてい  酒をつがして呑んでい  トントン叩いてい  私を見てい  のをしぼりながら、呆然とつっ立ってい  天井ばかりみてい  一生懸命茶飯をたべてい  生活はしてい  今まで働いてい  とこへ帰ってい  風景にみいってい  一人でキャッキャッ笑ってい  財布を握ってい  都へ走ってい  あじけなく並んでい  添い寝してい  子守唄をうたってい  お前もい  かげんで、遠くい  芝居もあってもい  血をい  あんたもい  行灯をみつめてい  酒にい  海はきむずかしく荒れてい  私は寝そべってい  ようにズルズルに汚れてい  お酒でも楽しんでじっとしてい  皆自分に急がしい  詩を愛してい  いつまでも口笛を吹いてい  急がしく立ち働いてい  東京から、どうしてこっちゃい  姉がい  沢山はいってい  駄目だと思ってい  布を縫ってい  いつまでもみてい  糸さんを愛してい  ように覗いてい  事を云ってい  モッブにとり囲まれてい  キラキラ星がこぼれてい  優さしい  男でなくてもい  何かぷんぷんい  花のように素的にい  一人立ちしてい  落葉がしてい  交番になってい  灯がポッカリとついてい  髪の毛を見てい  両手を差出してい  ように疲れては帰って来てい  方が、気づかれがなくて、どんなにい  メダカがぴんぴん泳いでい  お上さんがい  可哀想だと思わずにはい  宿へ忍んで行ってい  興味を覚えてい  のが、見ていてとてもい  七年も連れ添ってい  素人劇をつくってい  毎日通ってい  私は焦らずにはい  時計がおくれてい  広告灯にみいってい  人でもい  何かに祈らずにはい  染物とかい  嫉妬を感じずにはい  寝巻きを着てい  背がほころびてい  ほんとうにどうせき止めてい  瞼を開くと、せき止められてい  足に向けてい  一人住いもい  爪をきってい  疲れたと云って寝ころんでい  唄を知ってい  足を投げ出してい  ように溺れてい  色塗りに通ってい  詩が載ってい  ポケットへ入れてい  瞳を走らせてい  幻が泳いでい  犬と遊んでい  底が離れてい  様に薫じてい  ように立ってい  外にふきこぼれてい  ドンドンむれていってもい  味覚があればい  縁側に爪先立ってい  沈黙ってい  新聞に載ってい  折目がついてい  空想で、いっぱいふくらませてい  庭にみいってい  肺病で困ってい  空を見てい  古里に養われてい  本箱がふえてい  腕を見てい  桃色してい  氷屋をしてい  男に抱いてい  裾にまつわってじゃれてい  カイシャクしてい  ブラブラ歩いてい  昆布がはいってい  意気で勇ましくてい  六十銭でい  嫁に行ったので残ってい  通いでい  素足が並んでい  御飯もグツグツ白く吹きこぼれてい  茶碗をふいてい  道路へ面してい  道理で一寸見たけどい  元気に降ってい  郵便屋が笑ってい  帰えってい  私にしまわせてい  ビチャビチャしてい  用意してまってい  それは出してもい  気にかけないでもい  さを噛み殺してい  そうに涙ぐんでい  これッ位でい  星がチカチカ光ってい  キロキロさせてい  しょんぼり手をかざしてい  空間をみやってい  灰をかきならしてい  私をなぐってい  転々持って歩いてい  たい子さんと抱きあってねむってい  目をとじてい  片隅を歩いてい  程クニャクニャしてい  飯田を愛してい  宿をしてくれてもい  散々に破られてい  只沈黙ってい  更生に輝いてい  手を見てい  中から眺めてい  雲を見てい  荷物を片づけてい  群がつらなってい  汗をふいてい  家族が群れてい  箱にかけてい  るい雲を見てい  しょんぼり煙草をふかしてい  ピリピリ痺れてしまってい  水兵達が群れてい  果物を食べたりしてい  姿をじっと見てい  顔をふせてい  子持ちだとこぼしてい  てんてこ舞いで急がしい  潮風を吸ってい  朝から遊びに出てい  事が流行ってい  甘納豆をふるまってい  言葉をほしがってい  私は働きたくっても働けなくって弱ってい  慾しい  何と言われたってい  裏で働いてい  一直線に歩いてい  力を感ぜずにはい  姿で生きてい  憧憬れてい  空に突きさしてい  雨が煙ってい  竹串につきさしてい  銀を散らしてい  富士をい  下では、笑んでもい  五拾銭でもい  天井を向いて考えてい  顔を合わせてい  窓から見てい  私を待ってい  僕はあげてもい  ハタハタしてい  肩掛もしてい  心づくし、払えばい  塩漬を噛んでい  鍋に入れてい  一滴光ってい  結婚してもい  笊へ入れてい  なごやかにくずれてい  すゝってい  茣蓙をまるめてい  ようにくねってい  弐銭上ったとこぼしてい  紙をさがしてい  ペタルを押してい  いつまでも眺めてい  花壺へ貯めてい  ベタベタ張ってい  一番ゆかい  ブクブクしてい  見送り人を吸いつけてい  ッ涙をこぼしてい  辺を通ってい  のは、きっとい  水を吐いてい  唄が流行ってい  海に散ってい  学校へいってい  クンクンさせてい  ワアン島いっぱいに吠えてい  いつまでも写ってい  ぼんやり天井を見てい  門を壊してい  今日はいじらしい  米をついてい  一匹優さしい  拾円札でふくらんでい  氷屋もい  匂おわしい  もう一度チェホフを読んでもい  珍らしがってい  弐円はいってい  キラキラ光ってい  ザクザク砂で汚れてい  屹とつったってい  月がおどけてい  肉豆腐でい  あれで足りるかしら、足りなかったら出してあげてもい  卅すぎてい  死ぬ話でもしてい  ゴロゴロしてい  よろい戸がおりてい  一緒にいてい  私がこう言うと、寝ころんでい  せいせいしてい  唐津物を売ってい  嫉妬に燃えてい  社名が出てい  墓地に出てい  手をつなぎあって転がってい  嫉妬がましい  事知れてい  荷物を運び出してい  上に乗っかってい  キラキラ涙ぐんでい  ヴァウ唸ってい  しょうろ船が流れてい  スケート遊びをしてい  火鉢にかじりついてい  一言優さしい  天井を睨んでい  誰でもい  赤かくしてい  朝から何もたべてい  方がずっとい  事考えなくてもい  腹がすいてい  炭が弾けてい  泡をふいてい  英百合子に似てい  女ばかりもい  茶碗をそろえてい  一枚来てい  火鉢にかざしてい  遊びに行ってもい  意味にも取ってい  間借りしてい  チヤホヤしてい  ベニがねと云ってい  事行ってい  ベニと寝てい  先きで唄ってい  いつまでもお金かえせないで、本当にすまなく思ってい  んじゃありませんか、別れても、い  っぱなしでとても苦しく思ってい  道具がそろってい  野心が光ってい  話しあってい  二人も来てい  盲判押捺器を据え付けてい  痛みがこもってい  哀愁がこもってい  鼻眼鏡を光らしてい  ちゃんと見すかしてい  市民にちっとも知られてい  山積みしてい  資格が無いとか云われてい  経営してい  有力者が立ってい  ことがわかってい  努力してい  何者かが潜んでい  これがわかってい  綺麗サッパリと消え失せてい  彼等が罵ってい  絵を見てい  チャンと気取ってい  冷やかに笑って見てい  腐敗してい  無関係でい  テッペンに捲き付けて、駈けまわってい  成金壁なぞで埋められてい  つもりで、実はなってい  気をつけるにはつけてい  江戸ッ子の住んでい  いるかはまだ調べられてい  なぞから成り立ってい  のだから、焼け死んでい  から聴いてい  のが出来てい  処に帰ってい  馬鹿にし切ってい  痩せ我慢で高く止まってい  町内を持ってい  下町を蔽うてい  保証してい  習慣が残ってい  軽蔑し切ってい  誇りとしてい  ケバケバしい  同情を受けてい  足下に踏みにじってい  馬鹿にしてい  うちに流れてい  金に困り抜いてい  程理解してい  八釜しい  設備が整ってい  隅田川を思い出さずにはい  運命を思わずにはい  江戸ッ子に限ってい  住民に魅入ってい  呪い殺してい  売り物にしてい  ように行ってい  割合で建ってい  重みが結び付いてい  情緒が流れてい  ヒビ一つ這入ってい  ッポイ気分があまり流れてい  辺に漲ってい  筈はないと疑ってい  焼けになってい  影響を受けずにい  いるか見てい  鞄を下げてい  個性があらわれてい  正札の付いてい  四十五円と云ってい  電車を待ってい  名前が付いてい  ヒネクッてい  不景気でもがい  獅噛付いてい  いつまでもピーピー風車でい  場合にはい  ヘギの折りに這入ってい  口を極めて罵ってい  子供のい  老人がウロウロしてい  子供がワイワイ云ってい  鳥がい  両方持ってい  オーバーを着てい  方面にあらわれてい  境界にい  凧にされてい  歓迎してい  二人の子を育ててい  調度も持って来てい  たくさん書いてい  嵐が吹き荒れてい  子育てにいそしんでい  東海大学出版会にい  糊してい  今も立ち直ってい  悲しみといったてい  親父になってい  切り札にしてい  いつ吸ってい  原石を持って生まれてきてい  笑いものにしてい  間無視してい  期待もしてい  並立してい  公開方針を取ってい  一本筋がとおってい  程度とにらんでい  全部自分で仕切ってしまってい  脳裏をかけ巡ってい  仕掛けを持ってい  仕上がりとなってい  ウインドウ環境を持ってい  住人にもともと欠けてい  提案と気張るには、あまりに痩せてい  旗を振ってい  本来持ってい  大脳皮質に染み込んでい  存在になってい  高座に上がってい  のかわかっちゃい  たかを括ってい  舌を巻いてい  日を待ち受けてい  予算が組まれてい  受託開発を行なってい  値段付けになってい  規模にまで育ってい  値段がついてい  新規開発を行なってい  ソフトウエアに携わってい  目玉を光らせて探ってい  基礎研究の進められてい  マニアが騒ぎ始めてい  立ち上げてい  定価六百三十万円とされてい  こぎ付けてい  んだと思ってい  登録商標として抑えてい  抑えにかかってい  仁義は切ってい  気持ちを込めてい  中に脈々と流れてい  下に生まれてい  プロレス道が合うだ合わぬだぬかし始めると踏んでい  飛ばしまくってい  目されてい  喉まで出かかってい  外に置いてい  ねたはなんじゃい  アラン・ケイが招かれてい  記者もいろいろ来てい  抑制が効いてい  仕掛けになってい  実験を行なってい  当時私が考えてい  雄弁に物語ってい  ヨシヨシと撫でながらつくづくと思ってい  野郎をぶんなぐってやってい  手触り良く出来てい  オレはまだ失ってい  沈滞を余儀なくされてい  巧妙に取り行なわれてい  実現してい  形で迎えてい  気分になってしまってい  ライターがい  半分ふさがれてい  受信可能とされてい  根性をしてい  表紙などに使われてい  サーモスタットも組み込まれてい  気がとがめてい  オレが立ち会ってい  確保してい  部品を組み合わせて作ってい  中に紛れ込んでい  頭を抱えてい  勇気を持ってい  ここでも変わってい  仕事を渡してい  行き場の決まってい  一手に握ってい  禁止されてい  OSを付けて売ってい  製品を出してい  管理されてい  先端を走ってい  ラインだけを決めてい  絶え絶えとなってい  いらいらがつのってい  二大勢力となってい  警戒心を欠いてい  ツラレミア大原病にやられてい  三日間こいつに取り付いてい  瞬間を生きてい  共有してい  本論に入っちゃい  あそこにい  確保しえてい  ハードルが残されてい  約束してしまってい  ことはい  オレはさっぱり覚えてい  ぼんやり考えてい  自分なりに固めてい  ウイルス男が考えてい  昂進を抑えられないでい  発表会場に向かってい  直接聞いてみたいと考えてい  緊急提案書を送ってい  確保できてい  原稿を書いてい  ソフト依存体質を脱し切れてい  成功を疑ってい  師匠はやっちゃい  販売にあたってい  ターゲットはすえられてい  翻弄されてい  アルバイトで勤めてい  青年がい  創刊してい  開発本部担当取締役を務めてい  ウイルスだと騒ぎまくってい  やけくそになってい  英語で書かれてい  想を練ってい  テーマにしようとしてい  お守りに携わってい  方言が生まれてい  開発してい  子では、もはやい  約束は果たされてい  やきもちをやかれてい  前にしてどうすりゃよかろうかと思い悩んでい  スタートを切ってい  設立してい  はるか昔から目を着けてい  明らかとなってい  言語を持ってい  薬味も効いてい  日本語にまみれてい  与太を飛ばしてい  胴間声は響いてい  呑気にそう考えてい  大声で喋ってい  消耗戦に開け暮れてい  活路を求めてい  シンボルに飢えてい  職を得てい  機会に辞してい  オフコンが出始めてい  総勢五人程度となってい  籍を置いてい  日本電気から依頼されてい  消化器が繋いでい  日々明け暮れてい  さに悩んでい  奮闘してい  編集者がい  編集屋として携わってい  支援を受けてい  オジン臭い出版社と付き合ってばかりい  五年以内には出てくると踏んでい  新潮文庫から出てい  日本語版で読んでい  ところどころに入ってい  英語力しか持ち合わせてい  印刷されてもい  百万円を越えてい  それからしばらくはおとなしくしているなと思ってい  標準で組み込んでい  八色を出してい  ために生じてい  椎名尭慶さんに教えてもらってい  とき小狡くもほくそ笑んでい  タコ部屋にこもってい  唾を吐いてい  ポイントをすっかり外してい  オレ自身うろちょろしてい  枠組みが定まってい  沈没してい  提供してい  ケイらによって育まれてい  場所で練り上げられてい  腰を据えてい  かたを付けたと思ってい  レベルに至ってい  ハッカーが抱いてい  求心力が働いてい  ようにこぼれ落ちてい  求心力を感じ取れなくなってい  発表文を読んでい  編集長をやってい  毎号買ってい  墓場と呼ばれてい  一匹棲息してい  本は死んでい  テーマも死んでい  出版もやってい  支援してい  OS開発にあたってい  アナウンスしてい  状況はさらに良くなってい  体験してい  着目されてい  重みを持ってい  議論をしてい  専務となってい  的を射てい  事件が待ってい  力学によって決められてい  持ち主がい  ダグラス・エンゲルバートたちが進めてい  帆船時代に使ってい  必然的に押し出してい  探求に取り組んでい  GEMに取り組んでい  邁進してい  享受してい  ハードウエアにかかってい  ように求めてい  交換契約を交わしてい  特長を備えてい  家庭に置かれてい  予想が外れてい  言葉が足りてい  ソースを置いてい  文句をたれてい  最終的にはついてい  WindowsNTが動いてい  登録してい  マシンは立ち上がってい  鎮座ましましてい  流れに収まってい  時ボーッと考えてい  ものへとも思ってい  日々を送ってい  連中がい  とげが引っ掛かってい  軌道に乗せ終えてい  パロアルト研究所で進められてい  お客になってもらおうと思ってい  コピーしてしまってい  凌駕してい  犯人がい  成果を上げてい  直感によって知ってい  ことながら気づいてい  当たり前と思ってい  誰も気づいてい  ベスト1がはみ出したてい  軽口を叩いてい  確実に膨れ上がってい  枠組みからはみ出してい  言葉が垂れ流されてい  誕生してい  印刷屋が受け持ってい  オレ自身ボーッと考えてい  性悪もい  途方に暮れてい  直しを書き入れてい  中で踏んでい  ボーっと眺めてい  手本を超えてい  キーボードは付いてい  駆使してい  パーソナルコンピューターと名乗ってい  オレが怒り狂ってい  得もなくなってい  計算はしっかり働かせてい  唐突に思い始めてい  連載はすでに終わりかけてい  オレは思いだしてい  いやほど増えてい  環境がすっかり気に入ってい  先をのぞかせてい  広場が見渡せてい  欠伸をかみ殺し合ってい  青が浮かんでい  自転車を漕いでい  雨を見てい  傘を持ってい  左右を見回してい  唐突に上がりかけてい  こと続きで疎ましく感じ始めてい  遅れ遅れになってい  青空が広がってい  視線に包まれてい  高をくくってい  浄瑠璃など習ってい  針を運ばせてい  若い見習弟子がひとりい  盗見してい  のし掛ってい  顔だと己惚れてい  扇子などを持ってい  くるりくるり廻してい  からだをしてい  ぱたぱたと働いてい  近所に住んでい  入営してい  ままふんふんと聴いてい  風靡してい  中を任せてい  婆さんに抱いてい  赤ん坊を迎えに来てい  玉をまわして、笑ってい  二十一歳になってい  胸を燃してい  粉雪が舞うてい  耄碌してい  心じゃけ、受けてつかわさい  そのままはいってい  炭火を掘りおこしてい  石地蔵が祀られてい  艶を増してい  嫉妬を感じてい  心に叫んでい  眼玉をまわして、げらげら笑ってい  側に寝そべってい  色白くこぢんまり整ってい  さを恥じてい  風に寒く当ってい  自分でも知ってい  のをしんみり聴いてい  人力車に酔うてい  動脈を太く浮び上らせてい  判読しようとしてい  母親のい  肉づいてい  代りも時にはさせてい  集金に廻らせてい  釣をしてい  背中を流してい  教員になりたがってい  肚でい  芸もなくやに下ってい  繁殖させてい  先にぶら下げてい  試験場へはいってい  全部出来てい  日頃から何か諦めてい  ままじっとこらえてい  顔を見知ってい  一人二人素早く見覚えてい  担当してい  冷やひやしてい  息をこらしてい  眼を閉じてい  希んでい  霜が降りてい  首席になってい  さだけは認め、怖れを成してい  キャラメルをやけにしゃぶってい  模範生がい  者に取り囲まれてい  キャラメルをしゃぶってい  教師は外してい  敵と決めてい  豹一はつまらなく見てい  二時間も考えてい  狼狽してしまい、考えてい  一寸心に止ってい  なかった弱気を苦しんでい  存分に装ってい  紀代子を好いてい  口をもぐもぐさせてい  癪だと思ってい  自分に言い聴かせてい  陳列されてい  ひそかに抱いてい  附根を引き寄せてい  花火を揚げている、と思ってなめてい  自分を待ってい  構内を避けてい  廻り道をしてい  半分忘れ掛けてい  横を向いてい  病気してい  しょんぼり佇んでい  頬紅をさしてい  光の中へ沈んで消えてい  上に黒く聳えてい  ように走ってい  自分にいら立ってい  自嘲してい  退屈をこらえてい  傍へ来てい  満足されてい  根を張ってい  ようだとうっとりしてい  勘定を払ってい  彼を愛してい  泛べてい  魅力が欠けてい  紀代子をたいして好いてい  果物屋をしてい  位古びてい  万年筆屋が住んでい  商売をやりたがってい  口実をつけてい  瘤ぐらいに考えてい  気持など深く考えてい  坐りどころを失ってい  道を歩いてい  ぽこぽこ揺れてい  ところへ行かんとい  中学校にい  豹一は呼んでい  一時間と限られてい  腰につるしてい  手紙を送って貰ってい  小遣しか貰ってい  東山から月がするすると登ってい  灯よりもキラキラと光って輝いてい  それで覚えてい  僕も行こうと思ってい  帽子を被ってい  父兄席にい  鼻糞をほじってい  から丁度三時間経ってい  気持に似てい  眼を向けてい  心配なんかしてい  就ては喋ってい  豹一自身気がついてい  風に黙ってい  困惑に陥いってい  ことを照れてい  慎重になってい  若さに苛立ってい  計算がまじってい  男だと思ってい  端まで来てい  車夫がい  電柱により掛ってい  ガンガンと鳴り響いてい  一杯になってい  顎が尖ってい  若い顔をしてい  朦朧としてい  大体分ってい  十時を指してい  ちゃんと就眠時間を守ってい  目を光らせてい  前後不覚になってぐっすり眠ってい  ポスターが貼られてい  楽隊が雇われてい  模擬店がずらりと並んでい  最初反対してい  木札がついてい  閉ってい  ガランとしてい  毎日大阪から通学してい  一週間ほどはいってい  それぞれ持ってい  黄昏れてい  愛想を尽かしてい  礼を失してい  ことを漠然と考えてい  満足されると思ってい  自転車に乗ってい  脂にして浮かせてい  赧くなってい  印象をうけてい  ものを感じてい  しょんぼり教室に坐ってい  野崎を探し廻ってい  妙に諦めてい  足踏みしてい  運命まで考えてい  ことをちらと想い出してい  豹一はさすがにもじもじしてい  留学してい  競べをやってい  気味わるく笑ってい  採点してい  どちらかだと思ってい  みな知ってい  おかしい程悄気てい  豹一にははっきりわかってい  ノートにつけてい  計算を信じてい  ノートを持ってい  新聞紙をくべてい  赤井は常になくぶりぶり怒ってい  無駄話をしてい  十時過ぎてい  一時間半も待ってい  いつまでも待ってい  存在を認めて貰えぬほど、かすんでい  責任感に悩まされてい  町角でぽかんと、突っ立ってい  一つ一つあげてつまらなくこきおろしてい  顔をして考え込んでい  君はめっきりやつれてい  黝んでい  四十を越えてい  バサバサと乾いてい  賃仕事に追われてい  遊び廻ってい  秀英塾から出てい  豹一は思ってい  返事をしてい  二人もい  呼出しを待ってい  痛みが消えてい  サイレンが鳴ってい  広告が出てい  一つ位年が行ってい  足をこそこそと撫でてい  通知が来てい  小さな看板が出てい  体裁を備えてい  ペンを走らせてい  静脈が目立ってい  豹一はろくろく聴いてい  最初決めてい  ようになって横たわってい  三円しか昇給してい  三十を余り出てい  半分頭がはげてい  口髭を小さく生やしてい  物音を立ててい  組みをしてい  仲居をしてい  こないだ中までい  わてはもうい  商売をしてい  天井へ向けてい  新聞記者だと思ってい  心を慰めてい  新聞を畳んでい  黙殺出来ようとは、夢にも思ってい  ほんまにい  手をやってい  拘泥ってい  注視してい  三高にい  こともなしに思い出してい  ケッケッと笑ってい  減俸してやりたいぐらいに思ってい  三人しか社にい  さは未だ残ってい  どこにも載ってい  見出しで載ってい  間髪をい  うちに考えてい  ように揺れてい  光が眩しく流れてい  飾窓を覗いてい  顔をつくってい  想いをしてい  しょんぼりしてい  ことも免れてい  亭主にはねつけられてい  官庁に勤めてい  月給は貰ってい  計算してい  間舌を出してい  こちらを向いてい  のが適しい  尻を振ってい  醜悪を極めてい  一風変ってい  張りを無くしてい  ボタンがとれてい  豹一はすれてい  胸を熱くしてい  一つ二つと数え出してい  眼を据えて、にらみかえしてい  顔をにらみつけてい  殆んど消してい  格闘を続けてい  不気味に震えてい  眼は白く光ってい  無我夢中になってい  冷静さも残ってい  声を出してい  豹一は坐ってい  後悔してい  気持を振い起してい  顔に似合わず、ざらざらしてい  方が適しい  喜びに酔うてい  ぷっとふくれた顔をしてい  洟をかみながら待ってい  与太者めいてい  ため豹一はすっかり焦れてい  旦那で通ってい  浅草にい  気持になってい  手をのせてい  銀子は随分いやがってい  境内で打っ倒れてい  姿を消してい  針仕事をしてい  算盤をはじいてい  右左にまきあげてい  負債者とばかり考えてい  欠伸をしてい  颯爽としてい  誰も見てい  裏路次でぶざまに倒れてい  請求書ときいて、飛び上らんばかりに喜んでい  話がつくと思ってい  寒風が吹き渡ってい  就職口を探して空しく、歩きまわってい  列を成して続いてい  びとはしきりに足踏みしてい  以て全く諦めてい  ため一層苛立ってい  煙草を吸ってい  鉛筆を削ってい  問題を見つめてい  一刻もじっとしてい  根気よく待ってい  態度が欠けてい  二年間毎日やってい  通知されてい  空を仰いで突っ立ってい  空を仰いでい  顎をなでてい  佃煮にするほどい  ニキビをつぶしてい  洋服は着込んでい  土門はまるで転げまわってい  底抜けにふざけてい  気取りのないところが、いくらか気に入ってい  方に現われてい  眼鏡を外してしまってい  議論をやってい  加ってい  同情されてい  意見を吐いてい  収ってい  大都映画をしきりに褒めてい  喜劇がはじまってい  ステップを踏んでい  腕組みなどしてい  土門を待ってい  心に残ってい  足は一層目立ってい  円みをつけてい  表情で踊ってい  さまを見せてい  あたりが蒼くなってい  光が冷たく照らしてい  風が走ってい  のを、見てい  呶鳴ってい  女の子たちは、くすくす笑ってい  気が滅入ってい  注意してきくまいと思ってい  うちはなにげなくきいてい  心をもってい  根をはってい  端をちぎってい  明りに沈んでい  大阪弁が似合ってい  唇を噛んでい  東洋新報だけが逃がしてい  賑かに取扱われてい  出社してい  二日酔で休んでい  土門がい  方が適わしい  手ぐすね引いて待ってい  インタヴィユしてい  から半月経ってい  存在を忘れてい  屈辱を感じてい  眼を光らせてい  不足してい  手の空いてい  生れつき備ってい  勘定に入ってい  ように忙しく立ち廻ってい  工事に出掛けてい  もう少しあとでと思ってい  女優といわれてい  女優とよばれてい  歌など作ってい  ものが欠けてい  樹ててい  ヒステリックに拒み続けてい  莫迦莫迦しい  執拗に注がれてい  電機工をしてい  プロマイドがはいってい  彼女ひとりに憧れてい  昨夜よりいくらか変ってい  言葉にすっかりのぼせあがってい  だらしがなくなってい  ことを書いてい  情熱をもってい  中に残ってい  アスファルトを寒く乾かしてい  ボーイがい  スプリングがついてい  横に立ってい  催促してい  神経質に弄んでい  物も言わずに向き合ってい  胸を彩ってい  ところばかり見てい  気遅れがしてい  点滅してい  批判してい  女学校へ通ってい  筋合いになってい  提灯がひっそりと揺れてい  最後まで残ってい  寒い肩をすぼめてい  時間を見せてい  顔で待ってい  喧嘩してい  あとに続いてい  方へ寄り掛ってい  はじめから閉ってい  方向を見つめてい  時分から憧れてい  豹一は思わず叫んでい  ブレーキを掛けてしまってい  街へ走り出してい  簡単に決めてい  ことが残ってい  ことを言われると夢にも思ってい  豹一もこだわってい  頭を下げてい  いま寝ようと思ってい  欠伸ひとつせず待ってい  さきに寝てい  今夜も起きて待ってい  安心して寝てい  前ダンサーをしてい  信用してい  敏感に知ってい  鷹揚にうなずいてい  裏づけされてい  多鶴子に迫ってい  娘を見てい  舞台で踊ってい  ものと決めてい  ことでもあり、泊めてやるべきだと思ってい  豹一をうっとり眺めてい  のに適しい  鉛筆を走らせてい  のだが、急いでい  新米だと見られてい  提灯を持って書いてい  返辞ばかりしてい  恐縮してい  響を伝えてい  さきに来てい  膝でこすってい  表情をうかべてい  憤慨してい  のを、にやにや笑って見てい  豹一は想い出してい  彼を動かしてい  話を想い出してい  鞭をふるってい  気弱さを、振い  ものは怖しい  表情をとってい  矢野さんを愛してい  心を惹かれてい  瞳がうるんでい  附根を寄せてい  刺戟に馴らされてい  のか、それとも照れてい  敏感になってい  彼は厚面しい  ズボンを覗かせてい  顔付きで立ちすくんでい  多鶴子は黙々としてい  名はついてい  人気稼業をしてい  ことは判りすぎるほど知ってい  朝から思案してい  夜もう一度豹一と会わずにはい  多鶴子は思ってい  のだろうと、信じてい  矢野を愛してい  ものを待ってい  例によってひどくこだわってい  気持もまじってい  義務を想い出してい  手は空いてい  ままごとじみてい  晩身を以て知ってい  ところを待ちうけてい  車に乗ってい  多鶴子がい  日本橋筋一丁目はとっくに過ぎてい  誰にも知られてい  いきさつをきいてい  鎌首を擡げてい  表情になってい  自由にしてい  ことを喜んでい  嫌悪してい  内気らしくおどおどしたり、つんと済ましこんでい  ダンサーをしてい  男に抱かれて踊ってい  負目を感じてい  円熟してい  それを救ってい  表情を続けてい  暴行事件があったと、出てい  記事にあらわれてい  決心をつけてい  嫉妬をそそられてい  豹一が待ってい  佐古が腰かけてい  豹一がい  チョコレートをむしゃむしゃ食べてい  溜息ばかしついてい  はじめから兜をぬいでい  男たちに取りまかれてい  僅かに慰めてい  鏡に映ってい  想像をしてい  騒音がきこえてい  人影が蠢いてい  川風が吹きあげてい  矢野だと、気がついてい  車を拾って、乗り込もうとしてい  心にはとっくに気がついてい  妙にそわついてい  自分から逃げてい  矢野に会うてい  意識がしびれてしまってい  北山がい  かゆいところをかいてい  素直にきいてい  のをこらえながら、済ましこんでい  北山にからかわれてい  顔せんとい  しょんぼり噛んでい  残酷なほど凄んでい  一時的に落ち着いてい  電話口に出てい  昨夜から帰ってい  半月も経ってい  応待をしてい  テーブルによりかかって、暫く躊躇ってい  風に叱りつけてい  安二郎に言ってい  生気を取り戻してい  気性をのみこんでい  ものと身構えてい  馘首になってい  伝票をもって立ってい  対象にしてい  敵愾心を燃やしてい  土門が待ってい  心が軽くなってい  イッと笑ってい  胸をしめつけてい  姿が見えなくなってい  チリチリと冷たく、輝いてい  女を見据えてい  黄に変ってい  友子はもう涙ぐんでい  蒼ぐろい皮膚を痛々しく見せてい  口紅がついてい  下へ通して掛けてい  産婆が来てい  湯をわかしてい  そうに、うん、うん、うなってい  陣痛がはじまってい  あたりを見つめてい  念仏を低く唱え、唱えしてい  鋏が落ちてい  膝をついてい  明りが洩れてい  三尺札が下がってい  寝酒を舐めてい  聞き耳をたててい  涼しい顔をしてい  蔭に潜んでい  目釘を湿してい  横目づかい  小走りに過ぎてい  一本落ちてい  手を廻してい  襟へ縫い込んでい  親分には、そういいつけられてい  実父が生きてい  ところがあると聞いてい  中に潜んでい  封じ目は破れてい  川面をのぞいてい  バタクサしてい  五枚取ってながめてい  舌打ちをならしてい  隙から下を見てい  ッかり忘れてい  隙を狙ってい  荷抜屋仲間を嗅ぎつけてい  御用なしだといってい  連れがい  形を写してい  縁側にい  ほのかに聞いてい  冗談にしてい  品もうすうす知ってい  板前さんからも聞いてい  一盃受けてくれい  さっきから耳心を澄ましてい  身をもがいてい  事情は聞いてい  ごとにまでいってい  枕元へ来てい  上眼にじっと見てい  浅酌してい  シンとしてい  眼を閉じてこらえてい  機を計ってい  こなたに残ってい  手酌をきこし召してい  ジイと吊ってい  丞様に、逢わずにはなおい  二階へ上がって待ってい  こっちへ寄ってくれい  米にも見られてい  様子を見まわしてい  何かもじもじしてい  榧をいぶしてい  顔をそむけてい  籬のかげに潜んでい  記憶のものがよみがえってい  安否をさぐり、もし生きてい  あなたにしんから惚れてい  裾にしゃがんでい  丞もまじってい  声でささやきあってい  頭だけは澄みきってい  みんな京人形ならいい  一服すってい  周りにたかってい  物をい  ガリを食うにきまってい  店を塞いでい  方へあるいてい  団扇を使いながら歩いてい  カラコンカラコンやってい  両手にしめつけてい  用心してい  掏ってい  跡を探してい  跡を尋ねてい  まり近く寄り添ってい  眼づかい  世間にすれてい  空をみてい  服もきちんとできてい  朝飯もあがってい  茶店先でもてあそんでい  どこで吹いてい  そこへ向いてい  立慶河岸を流してい  鋭さを見てい  素人目にも分るほど光ってい  恋にはすれてい  上りにかかってい  着物をきてい  二間ウロウロしてい  縊ろうとしてい  枝から下がってい  遊びにまいってい  綱がい  ゆうべ、かれによく似合ってい  櫛一枚も残ってい  三次もいってい  柄がちがってい  そこには、い  蛍草が咲いてい  音色にしんから聞き惚れてい  媚めかしい  姿へ跳びかかってい  気ぶりをみせてい  残念そうに覗いてい  見切りをつけてい  旦那はうすうす知ってい  声もしてい  ところを助けられてい  気組でい  返事を待ちわびてい  小手をかざしてい  後ろへ近よってい  口をとじていると、一方も果てしなく黙りぬいてい  火を焚いてい  覆面してい  んだが、ああ黙ってい  二筋に別れてい  耳朶をつねってい  竹林をうねってい  明りがさしてい  暗闇に待ってい  体を拭いてやってい  いきさつを聞いてもい  孫兵衛に斬り捨てられたとばかりに思ってい  目的が違ってい  顔とを見くらべてい  ほとりまで歩いてい  底浪が立ち騒いでい  事情が潜んでい  心を砕いてい  阿波へ入り込めてい  世を避けてい  九鬼弥助がまじってい  誰より怖れてい  身を退いてい  前へ出してい  力を撓めぬいてい  障害物となってい  骨まで届いてい  様子を見届けてい  顔を見合せてい  明滅してい  声で呼びたててい  帯を解きかけてい  障子に縋っておろおろしてい  外を覗いてい  ものが倒れてい  手が廻ってい  頃合を計ってい  俵一八郎は、さすがに落ちついてい  身を構えてい  同心役を勤めていただけに練れてい  一角が立ってい  狂浪をすごいばかりに照らしてい  散在してい  人は住んでい  人影が立ってい  今日まで紛れてい  芽生えを忘れ残されてい  男にすれてい  さだけがこぼれてい  ことを、あらかじめ知ってい  女を見つめてい  音色をお慕い申してい  無口でい  丞はただ笑ってい  斃れてい  愕然としてい  ところを知りぬいていたので、それとなく護ってい  沈鬱にみえてい  睫毛にい  泛かべてい  すすり泣きを洩らしてい  ように鳴ってい  太陽が照りつけてい  道一面に散りしいてい  トヘトに疲れてい  大阪までは保ってい  紅に塗られてい  七曲りを見下ろしてい  人影を眺めてい  一つまじってい  たばこをくゆらしてい  遍路とばかり思ってい  虚無僧のまじってい  まなざしが働いてい  文字を見入ってい  ことは察してい  一刻ばかり休んでい  遁してい  唇を湿してい  山駕を下ろしてい  お待ちうけ致してい  奴にかまってい  こなたに立ってい  切ッ尖を向けてい  四人は斬られてい  鉄壁に戻ってい  向うへ張ってい  気はついてい  あっちこっちを見張ってい  心も察してくれい  刀を忍ばせてい  脇腹を抉ってい  泪をさえ溜めてい  さっきから始終を見てい  なり終ってい  餞別として受けてくれい  思案をしてい  仔細残りなく話してくれい  顔をけろりと見てい  節穴さえ覗けずにい  恋とやらに燃えてい  目に明るく射してい  辺りをうかがってい  三十人はい  平賀源内、思ってい  やからも住んでい  源内もすでにい  間から艶めかしい  ゅう鉢に鳴らしてい  米の召し連れてい  ことがある、待ってい  船頭や待ち合せてい  いるか、い  側を駈けだしてい  人通りを見張ってい  手を貸せい  行手を見定めてい  迅速に働いてい  グッタリとしてい  ことすら忘れてい  シンと寝静まってい  物蔭からしばらく見とれてい  灯影がゆらめいてい  ここへ入り込んでい  裸火にてらされてい  桃園帝からは、いたく頼もしく思されてい  それまで黙ってい  闇へどなってい  首をひねって聞いてい  不快がこみあげてい  考えに落ちてい  スッカリ読んでい  庭先にい  落花微塵、隠し持ってい  内事を洩らしてい  無事であろうが、い  それはまたい  密議をこらしてい  中からうかがってい  鏃を研いでい  英君と仰いでい  間で話してい  見事もんどり打ってい  庭先へ立ってい  身を潜めてい  常から嘆じてい  飛燕のごとくかわってい  狼藉に浴びてい  微笑を含んで立ってい  陰から様子をうかがってい  人々のい  長櫃へ押し込んでい  手をはずさないでい  目明し万吉から仔細を聞いてい  そこへ迫ってい  味得してい  天堂一角の構えてい  血煙だけが残ってい  隔りができてい  五尺と離れてい  褥を移してい  帰国を見あわせい  川口へ漕ぎ出してい  船影を見下ろしてい  坂道にかかってい  完全に干上ろうとしてい  雨水を吸い、軟かく溶けて来てい  黄金色に輝き出してい  それから畦に投げ出されてい  万能を振りつづけてい  行動などに構ってい  引っ張り出されてい  手に入ってい  準備が進むにつれてやきもきしてい  守してい  歌などうたってい  んだといっても、ただ泣いてばかりい  アだ転げ廻ってい  せきはどうすればいいか迷ってい  万能を振い  文句をつぶやいてい  配給されて来てい  口誦んでい  彼も信じてい  泥上げをしてい  てんてこ舞いを演じてい  そこに立ちつくしてい  頭部を冷やしてい  の見て黙ってい  笑顔をつくろい、やや考えてい  家へ戻ってい  方にかくれてい  小麦束を片づけてい  とこ食べてい  息づかいになって、すやすやと眠ってい  野良から帰ってい  下など焚きつけてい  中にこびりついてい  理窟ばかりこねてい  せきにも分ってい  家にいたりい  日常を送ってい  暢気にしてい  ところで納めてい  ものが含まれてい  かいだりしてい  下敷きになってい  俺が、黙ってい  辺で遊んでい  米ばかり残っていて、まアだ食いきれねえでい  単純には出来てい  叔父のつとめてい  夢をすてきれないでい  鼻をうごめかさずにはい  心配に移ってい  推移してい  仕事を手伝ってい  種になって来てい  日がやって来てい  の、黙って聞いてい  丁寧に被ってい  どこに突っ立ってい  それまできょとんとして眺めてい  手先はぶるぶると震えてい  軒下に突っ立ってい  あれ違ってい  眼ばかり輝かせてい  こんどは、違ってい  中へい  ストーブをたきつけろい  ぢやないかとい  空にい  視線を待ってい  コンピューターを持ってい  死後五十年と定めてい  年限を終えてい  ようにしたいと考えてい  考慮されてい  対応してい  工夫も、こらされてい  強みを与えてい  限り手の加わってい  人たちによって進められてい  意味はあると考えてい  あなたを待ってい  コード化されてい  電子化されてい  横丁作家と名付けてい  場所で進めてい  お待ちしてい  退治すればい  二兩でい  中に溢れてい  波瀾を経て来てい  経験されてい  小説を書いて来てい  表現されてい  芸術家ぶるな、とい  不馴れに対するい  ちやうだいよ、とい  外套だねとい  んだ、とい  キミ子にい  キミ子にもい  光をい  月並ぢやないかな、とい  仕事に行かうとい  庄吉がい  とぐろをまいてい  君臨してい  余地すらも、残ってい  起をしてい  青二才とひっついてい  ようにひやかしもながれてい  戸口にうろうろしてい  口吟んでい  幽艷さをたたえてい  産毛のはえてい  女は、にこりともせず、ただかさねてい  いつまでここにこうしてもい  ことがあってね、い  前方にながくつづいてい  ずいまでしみこんでい  眼がぎょろりとしてい  つんでてい  角苅りにしてい  けがさがってい  人物がい  からくもささえられてい  煌々とかがやいてい  一刻もゆうよはしてい  女のうめきもきえてい  逆になってい  元気をつけてあるい  他国にい  指図をしてい  首をしめつけてい  しろだてにしてい  都パリがうごきだしてい  ひそかに気づかってい  当局はすでにかぎつけてい  おれとおなじい  つの刑事がつったってい  儘思い起してい  熱心にい  キヤツとい  人々は、い  目的を持ってい  富田が考えてい  重きを置いてい  雑誌をつくってい  編集を手伝ってい  サロンと化してい  注視されてい  若者と映ってい  社員となってい  公開されてい  公開してい  名前が並んでい  図書館を開きたいと考えてい  構築されようとしてい  暫定的に使ってい  作成してい  ように考えられてい  田町で開かれてい  注目されてい  当初すすめてい  現在はやってい  海外にい  こともままならなくなってい  バンクーバーにい  準備をすすめてい  権利については記されてい  ときから予想はされてい  ハンドルネームを使い分けてい  複数持ってい  著作権の切れてい  自国にい  筆写に明け暮れてい  突き動かされてい  萩が咲いてい  田圃になってい  子供がひるねしたりしてい  旅客がい  満足を感じてい  稲田全体が、い  下にかがまってい  こと、い  あなたがあんなに愛してい  もんだ、とい  涙をい  東京に来てい  誇張してい  腕を掴まれて立ってい  鼻血を拭ってもらってい  頭髪をふさふさと振り立ててい  顔を見詰めてい  店に坐っていて、よく見てい  二人で出かけてい  鏡を見詰めてい  纏りかけてい  発作的症状に襲われつづけてい  いつまでも思い切れずにい  様子がなくてい  ことのできずにい  だれもが知らずにい  秘密にされてい  行方を晦ましてい  日から始まってい  ように続けられてい  表札がかかってい  編物をしてい  雅子さんを愛してい  雅子さんもそう思ってい  神経衰弱になってい  世界として映してい  外面に出してい  奇麗になってい  淑やかさを見せてい  鏡を知ってい  前に立って、じっと見詰めてい  割り砕かれてい  いちばんに愛してい  永峯を恨んでい  いちばん愛してい  立場に置かれてい  中に横たわってい  幸福を失ってしまってい  幕が重々しく垂れてい  多分に含まれてい  感情に変わってきてい  時に話してい  空が青く冴えてい  奥で疲れてい  風に映しとってい  それは知ってい  客達をじよさい  繁昌してい  世界に消えてい  女房よりい  何てい  僕から云つてもい  事どうでもい  こともい  帰り路になってい  まり焼けてい  手でしっかり握ってい  プロがい  男だと云ってい  仲間がい  二時間くらいも食べつづけてい  からないてい  テストでわかるてい  手に入らぬので、まだやっていないが、充分出るでしょうといってい  命とは考えてい  ッついてい  心にのこってい  友人達が喋ってい  運びになってい  結婚しようとしてい  反映となってい  感情として描かれてい  場合が目立ってとらえられてい  中に生じてい  ひとから出てい  賛成してい  連れ合として認めてい  時分苦労と考えられてい  風には考えてい  便宜的に考えてい  ことを願ってい  心でどう思ってい  判断にかかってい  ヒロイズムにのぼせてい  丈解ってい  こじつけを強いてい  矢張り何かで被われてい  完全に営んでい  幻滅を感じさせてい  落胆したりしてい  拵らえようとしてい  対せずにはい  生活をも持ってい  意味を認めずにはい  田舎に行ってい  正直に、成ってい  直覚せずにはい  裡に戻って考えずにはい  事を、考えて見ずにはい  発達を遂げてい  不明とを持ってい  囲を取捲いてい  社会的生活を営んでい  統一を見出さずにはい  事であると思わずにはい  拘束を脱したとい  欲望をもってい  一般に知られてい  些も滲み出してい  街を焙りつけてい  ように、ぶっ倒れてい  肩にひっ担いでい  岐れてい  広告ベンチさえ曝されてい  危く救いあげてい  他愛もなく踏みにじられてい  門が開いてい  ッかぶさって居睡ってい  寝顔を投げ出してい  雑草に埋れてい  けが、それでも白く掃き清められてい  畳はぼこぼこにほぐれてい  枝を垂れてい  虱を潰してい  眠むり落ちてい  顔は蒼白いむくれが来てい  咽喉から手が出るほど、飛びつきたかったが、もじもじせずにはい  ように貪りついてい  虱をひねり潰してい  喚めいたりしてい  生血を垂らしてい  胴なかを揉みしぼられてい  穴に流れ込んでい  意気地なく吐き出してい  薪を拾い集めたりしてい  唾をのんでい  口々に罵りつづけてい  骨をはずしてい  ふいに喚めき唸めいたかと思うと、握ってい  意気込をもってい  街中を歩き飛ばしてい  行商をやってい  気焔に微笑んでい  水汲みにぼい使われてい  面構えで寝転んでばかりい  脛を投げ出して寝転んでい  ぐでんぐでんに酔払ってい  末におえない程酔払ってい  ステッキに結びつけてい  程引きずり出してい  太陽が焼けてい  忘却してい  大連がい  豊かに頬張ってい  歯牙にかけてい  ッ玉に較べて、そう考え悩まずにはい  手古擦ってい  怖気づいてい  支那服がい  危いくらい弱り抜いてい  気狂いになってい  DetectiveMagazineとを取ってい  私の読んでい  悪名はいつ迄もい  ほんとうに恐しい  信頼遊ばしてい  枕言葉に始まってい  老婆はためらってい  文学として読んではい  人が羨しい  考え方を持ってい  畳が敷かれてい  魚籃坂上にい  ものを考えずにはい  思いを致し、嘆かずにもい  言葉を編みださずにい  青春を語らずにはい  小学生男子が立ってい  のが掛ってい  のだろうと考えてい  レビューをやってい  ものを唸ったりしてい  名前を覚えてい  タロちゃんちょっと考えてい  ボンヤリ虚空をみつめてい  姪が泊ってい  少女歌劇ばかり見て喜んでい  身を投げて死んでい  から泣かずにい  京都にい  嫌いだ、と言ってい  さそうでい  深刻そうでい  僕は信じてい  瞬きしてい  全然生れ変ってい  心に住んでい  内心は最も取乱してい  三日目ぐらいずつに会ってい  ことはもう出来なくなってい  のだから、まアしばらく這入ってい  二年程這入ってい  ようでい  細川家にい  生来臆病者で、い  傍にひかえてい  庭が出来てい  森が出来上ってい  根がついてい  才能をもってい  庭に現れて控えてい  待ち疲れてい  所まで来てい  木刀を持ってい  油断なく身構えてい  武蔵が近づいてい  陰に隠れてい  矢が刺さってい  一ヶ所も受けてい  柄からクサリがつづいてい  廻転を見てい  大刀が怖しい  胸を突きさしてい  もとに斬り伏せられてい  弟子が立合ってい  中へ斬りこんでい  非難してい  頃京都にい  僕は思わずにい  武蔵は心得てい  返しが更に怖しい  一撃を加えてい  計算を立ててい  ことばかり狙ってい  オルソドックスを信じてい  性格をもってい  確立してい  評価してい  ことを各々認め合ってい  上を貫いてい  殉教者とは認められてい  配布されてい  ヒステリイにおちいってい  歯がみを覚えずにい  祈願せずにい  ことを最も怖れ慎んでい  豆を蹴とばしたりしてい  死ぬものとばかり思ってい  奇蹟を行わずにはい  常々説いてい  白状せずにもい  書物が載ってい  イプセンに進んでい  ようにぱっちりしてい  動作がいかにもはきはきしてい  遠慮してい  ロセッティを見てい  火が消えてい  態度ですまし込んでい  たくさん知ってい  微笑を浮べて聞いてい  熱心にいじくってい  此方を覗いてい  陰を歩いてい  風に動いてい  夫婦となってい  竹にそうて立ってい  幹にそうて立ってい  土手に沿うて進んでい  一ぱいになってい  船べりにもたれてい  気になって、立っても、いても、い  言葉を考えながら黙然と立ってい  のか、待ち兼ねてい  倩娘がい  これを聞くと、寝てい  船にい  それは寝てい  急にぴったり引つい  哀がられてい  女中奉公をしてい  ぼんを穿いてい  羽を挿してい  誰だって笑わずにはい  職業なしでい  骨牌をしてい  脇にしゃがんでい  一しょに住んでい  皆集まってい  そこには葬い  中になんだか書き入れてい  ツァウォツキイは黙ってい  監房に入れい  小刀を挿してい  柄を押さえてい  こちらで働いてい  どこに住まってい  縫物をしてい  昔持ってい  時間が立ってい  役人はもう待ってい  変に光ってい  そのまま縫物をしてい  間生きてい  死ぬるまで生きてい  ずしずしと揺られてい  いつまでも顕われてい  魚を狙ったにしては、小い  それを見い、見い  真似をして遊んでい  桂井とかい  熟と覗いてい  あかんべい  剽軽ものが揃って乗ってい  のが可訝い  誰か、見てい  のは、い  一所に見てい  歩行いてい  茄子畠を見てい  扱帯をしめてい  笑わずにい  舌を噛み、ぶつぶつ小じれに焦れてい  あたりはしいんとしてい  とき半年ほど暮らしてい  絵具をなすってい  一人でぶらぶら暮らしてい  花を咲かせてい  一人歩きをしてい  一しょに聴いてい  昔から私も知ってい  一家もい  別荘を持ってい  人に借してい  ものが立ってい  それはいずれ取壊そうと思ってい  爺やがしばらく仮住みしてい  砂を掘じってい  爺やが来てい  ように小ざっぱりとなってい  方を見やってい  向うを向いてい  本を読み合ってい  別荘番号をつけてい  一昔前に流行ってい  ことも少しは覚えてい  耳を借してい  見えになってい  外人達がいってい  山水を引かせてい  日ねもす廻ってい  お方なので、いくらお困りになられてい  おなりになってい  ために働いてい  畑を作ってい  殆どやらずにい  たちの住んでい  所有になってい  秋からきまってい  気だろうと思ってい  女の子がい  商会に勤めてい  物静かに暮らしてい  新聞を見てい  百姓家に嫁いでい  事なぞをくどくどと繰り返してい  新聞を読んでい  のだろうと思ってい  いつまでも見てい  姿を見てい  家を暫く見やってい  事だろうと案じてい  お変りになってい  お嬢さんになってい  一人でやってい  お嬢さんをしきりに誘ってい  川が荒れてい  不平を言いつづけてばかりい  気の毒で見てい  ぼんやりと休んでい  残りになってい  暮らしになってい  一日じゅう何かしらやってい  事をしてい  仲違をしてい  気にはなってい  ところはいつも締まっていて、ひっそりとしてい  のかなと思ってい  面倒を見てやってい  方もなくなってい  腰かけたままでい  二軒並んでい  妾さんを連れて来てい  人達になつかしがられてい  思いを馳せてい  話をしあってい  蒙古でい  目をみひらいては、深くうなずいてい  何もかも自分のよく知ってい  暮らし出してい  声をきいては互に気味悪がってい  谷になってい  けさ歩きまわってい  想いをさまよわせてい  彼がい  間違へてゐるとい  ものだとい  其処にのみあるとい  周流い  名を出してもい  此人入れ稼業から始つたと見てい  ざやかぶかん、い  並行してい  放射物質を含んでい  一面をついてい  ピカピカ光ってい  ガタガタ顫えてい  奇麗にすきとおってい  ひばりも言ってい  大臣が持ってい  外へ出てい  間おっかさんが見てい  ホモイはあきれてい  なんでもおいい  まももう帰ってい  ホモイはまだおこってい  お母さんにあげようと持ってい  狐がまだ待ってい  とんとんふんでみたりしてい  霧がジメジメ降ってい  口を大きくあけて笑ってい  うちにい  ご飯のしたくを忘れてい  銀色に光ってい  火は燃えてい  生まれつきだなんて言ってい  夜があけかかってい  木の下にい  みんな泣いてい  腕を組んでじっと考えてい  手に入らないので困ってい  殆んど及んでい  充分はいって来てい  交りを結んではい  私はうっかり読み通ってい  洗礼をまだ受けてい  水準に達してい  応用するまでになってい  連ってい  面白がってい  祖先の持ってい  高説をきかせてい  環境にい  艶めかしい  のかはゆらしい  菓子であるそのじつにかはゆらしい  草木でい  匂ひはうつたうしい  ばながくふるはしてさむしい  歌口をお吹きなさいとうめい  てゐます月のはづかしい  田舍をすぎい  さんはい  口調よく、そしてい  讀者をい  言葉をい  尽きはてにけりい  めさんをもってい  それはきらっていて、逃げまわってばかりい  奥さまをもってい  若い人たちをおおぜい  みんなは見たがってい  かざりつけを見てあるい  くせですから、そのうちい  かたまりがこびりついてい  上にうつって見えてい  のも知らずにい  いつか、よけいこく、にじみ出してい  顔をして見せてい  目をして、じっとながめてい  死人よりも青ざめてい  てっぺんまであがって、にい  かわいそうに、しじゅう、さけびつづけてい  ほうにむかって、立ってい  それはきっと、にい  それこそ、にい  さまたちですよ。わたし、にい  さまやにい  五六本短く生い  手桶を提げい  根に踞い  八十にもなってい  魅まれてでもい  うわさをしてい  末恐しい  嬰児が這ってあるい  私が居なくっても可い  何とおいい  澄してい  時は覚えちゃあい  何にも食べたくも何ともない、とそうおいい  摩耶さんが帰るとおいい  目がい  何處とい  極をい  直面して恐しい  嫌悪を催してい  有難迷惑に困つてい  休暇に当ってい  話を交してい  ものを知り得てい  片目をつぶりながら読んでい  叫びつづけてい  まま三十分も喋らずにい  僕のい  廊下をうろついてい  重症者がい  別室にい  ガイタンしてい  間があると思われてい  デマが生じた、と書いてい  秘密にしてい  小林秀雄も言ってい  顔さしてい  狭心症で死んでい  前々通り管理してい  夕方までい  蓄電池を背負ってい  紹介するには最もい  それじゃないかと思ってい  約束を忘れてい  人だとばかり思ってい  洋服を見つめてい  うちに交ってい  所によると、死んでい  仕事はやりい  駅員は覚えてい  熱海にでも行ってい  駅員がよく覚えてい  青年は乗ってい  茅ヶ崎にい  小浜さん、い  小浜さんがい  寄り道をしてい  稼ぎに出てい  別荘で死んでい  まさかと思ってい  毎日朝から飛歩いてい  事ですから、そう騒がなくてもい  まさか今頃まで待っちゃい  借金が残ってい  信造のいるい  通りを歩いてい  様子を眺めてい  確信してい  得意そうに話してい  連珠に凝ってい  気がつかないで見過してい  信造とは元々よく似てい  手に這入ると思ってい  私が多少でもい  青森中学に通ってい  十年生きてい  六枚かざられてい  画は、なかなか佳かったと思ってい  人に重んぜられてい  陳生と隣りあわせに住んでい  景を見つけてじっと見てい  斉にい  室に隠れてい  一生お側にい  地並びにい  男女があふれてい  名簿に乗ってい  食事をさしてもらってい  せわになってい  王氏にはまだ逢ってい  酒盛をしてい  お祖父さんにつかえてい  姑くおい  人となってい  海賊がつかまってい  時間が経ってい  中に隠れてい  世の中に対して持ってい  人情に迂い  意はきちんときまってい  成のい  成となってい  鏡を見てい  言葉を交えてい  禽がい  人に馴れてい  それを曳きよせて並んで坐ってい  何人かとくどくどと話してい  酒を飲みあってい  私してい  寝台を並べて寝てい  倚って待ってい  眼をみはってい  そこに待ってい  読書を教えてい  函書がのっかってい  研石がぴかぴかと光ってい  周囲にい  只中に当ってい  信也氏は実は酔ってい  ぐッぐと咽喉へ支えさしてい  心得違いをしてい  静としてい  私が酔ってい  三度だけれど覚えてい  一所に飲んでい  藤沢浅次郎に、よく肖てい  掛引をしてい  代書人をしてい  辻占で巻いてい  師匠をしてい  最近に聞いてい  のを持ってい  塩梅にころがってい  毒見が済んでい  演ってい  弟子を取ってい  角海老に似てい  要害に馴れてい  目にしみついてい  鴾君が、い  名札はかかってい  鍵が掛ってい  詫がしいい  林にも鳴いてい  ように、のめってい  鍵のかかってい  ことは分ってい  ように、生きてい  鍵はかかってい  事は分ってい  煙突ばかりを見てい  煙を吐いてい  成ることは出来ないだろうと思ってい  凭りかかってい  風邪をひいて寝てい  大分古くなって煤けてい  岱赭色に変ってい  煙突に眺め入ってい  人は呼んでい  方をじっとながめてい  雪が降りしきってい  焔を上げてい  煙が吹き出てい  窓からぼんやり眺めてい  悲しみに鎖されてい  姿に結ばれてい  旗が上がってい  青年のい  両親はすでに死んでい  家に住んでい  床をのべさして寝てい  振分髪は垂れてい  げにそよいでい  芸者をしてい  西洋館にい  煙が出てい  んだと仰有い  初めっから壊れてい  人は泣いてい  遊びに来てい  病気をしてい  厭がってい  別に暮してい  少女雑誌を読んでい  浜はさびれてい  日向ぼっこをしてい  二子山のかげに沈もうとしてい  鶏肉が入ってい  はつきりしてい  心に生きてい  思いを凝らしてい  卓子にきまってい  隅を見つめてい  額を隠してい  何時も引かれてい  喉が渇いてい  凡てに腹立ってい  口を堅く閉じてい  運動を見てい  一杯輝いてい  星を見てい  空虚が出来てい  眼を落してい  近くに迫ってい  初めからチョコレートを飲んでやろうと思ってい  彼が来るまで待ってい  紙巻煙草を吸ってい  其処には残されてい  魂はそれほど強く結び付いてい  眼を見張ってい  時七秒間外をじっと窺ってい  八秒にきまってい  八秒とについて深く信じてい  勘定をすますまで待ってい  眼をはっきりと知ってい  それと同じい  倚ってい  頸巻をしてい  半分を包んでい  関係を有してい  呼吸は喘いでい  しか残されてい  魂しか残されてい  睥みつけてい  まま私を見てい  中に蟠ってい  うちに満ちてい  両手を握りしめてい  うつ俯してい  グラスとが置かれてい  私達には分ってい  惘然其処に立ってい  きらきら輝いてい  疲労してい  室にとじ籠ってい  静にしてい  彼自身ほとんど忘れかけてい  のが出てい  下男をしてい  老人が住んでい  七十位になってい  聖書を開いてい  のを眺めてい  三つの病棟に分れてい  名前がついてい  雑木林になってい  一つついてい  文句を覚えてい  NO.3になってい  愚かそうに立ちすくんでい  一日じゅう小止みなく降ってい  それまでうとうとと眠ってい  雪はい  しか吹雪になってい  くるくると舞ってい  それを見入ってい  のがまじってい  一瞬間うっとりさせてい  虹に見入ってい  のをば感じてい  脳貧血に似てい  風はすっかり止んでい  さかんに立ちのぼってい  うつつに聞いて知ってい  昨夜少しも知らずにい  後へ退ってい  秩序立ってい  それで遊ぼうとしてい  ように聞いてい  ままで見てしまう恐しい  いくつも描いてい  月影だとばかり思ってい  死ばかり見つめてい  お前ばかり見つめてい  別荘を借りてい  羊歯が生えてい  日光浴でもしてい  生長してい  彼を微笑ませてい  呼吸づかいをしてい  目をつぶってい  さそうに暮してい  PhilosophenWegと呼んでい  間使い慣らしてい  故国に帰ってい  叔母はそう言ってい  繁茂してい  涼しい緑蔭をつくってい  ここにこうしてい  今年は来てい  美しい名前によく似合ってい  ドロシイは絶えずはしゃいでい  首をかしげてい  血が滲んでい  それを見ても泣かずにい  ことで見分けてい  足を持ち上げてい  遊びにでも来てい  少女たちに取りかこまれてい  ままに茂ってい  香りの生じてい  ようにちぢれてい  強烈な光りを放ってい  草だか知ってい  ちょっと嗅いでい  ものが光ってい  人から聞いてい  それを見上げてい  それを一度使ってみたいと始終思ってい  ように言いつづけてい  小枝をいじくってい  そのまましばらく黙ってい  聲を聞いてい  皆さん、落つい  われ目が光ってい  肺炎から出てい  ソヴェトに対して抱いてい  すつかり止んでい  不眠に馴れてい  ままで見てしまふ恐しい  小枝をい  胸だけに秘めてい  精進してい  忌避してい  実験にとりかかってい  素人ラジオ研究家のあるべきを信じてい  午前一時近くを指してい  計画を思いつづけてい  今まで出してい  四・五メートルを指してい  油汗が滲み出てい  身構えをしてい  配下につかってい  雑草には蔽い隠されてい  青草が生え茂ってい  奥に訪ね登って来る迄に何もかも判ってい  将校達が詰めかけてい  秘密防禦要塞を作ってい  短波長送受信機に附いてい  判断して貰いたがってい  特別に厚くしなければならないとは思ってい  都新聞にい  成績を示してい  二分してい  欠乏してい  道を取ろうとしてい  一切記憶してい  幼少から見慣れてい  書物では読んでい  人から聞いて読みたいと心掛けてい  上方へでも行ってい  たか出てい  守住月華といってつとめてい  うち矢張り荒尾譲介が最も勝れてい  原作そのものが優れてい  推賞してい  彼も見てい  念を持ってい  注目を払ってい  好感を呼びさまされてい  うなじみな身なりをしてい  覇を成してい  執筆してい  遠くで眺めてい  そのままに見過してい  大いなる人気を占めてい  噂が絶えず聞かれてい  何かでチラホラ聞いてい  女工と覚しい  見物しか土間にい  人気を持ってい  勢力を持ってい  全然ものになってい  道後あたりへ乗り込んでい  辺から癪に障ってい  態度をとってい  のかもしれないが、生じい  ものだと思いながら眺めてい  隠然として流れてい  警視庁あたりでも睨まれてい  放言してい  彼をあやぶみきってい  世間は見てい  大菩薩峠に反い  五年前に死んでい  位内心悲憤してい  手紙なども見ないで放っぽり出してい  西を向いて歩いてい  作に持ってい  高尾山に住んでい  時分附いてい  おかしいことだと思ってい  しか思ってい  皆んなそれぞれチェーンストーアーが出来てい  経験上よく見抜いてい  城戸四郎君などはイライラしてい  話であったが生じい  優勢を示してい  相当力をなしてい  偉人を持ってい  表情などは少しも覚えてい  人力車を引き連れてい  新聞にい  部面を受持ってい  一人になってい  人を信じてい  余輩が預かってい  おじいさんがい  何もしないでおとなしくしてい  議会を見おろしてい  共鳴をもってい  大物であったと思わずにはい  宗教にも属してい  橘家円喬が断然優れてい  於てずば抜けてい  空気を吸ってい  間に生きてい  配布してい  一緒に駈けつけたが売れてしまってい  通りルビが付いてい  重荷であると思ってい  四冊が絶えず売れてい  維持してい  精神的にも飢え切ってい  風聞には聞いてい  ワナが仕かけられてい  表面上譲り渡すことにしてい  ワナが拵えられてい  走り書をしてい  幼少時代から存してい  相当に煙たがってい  当時から決めてい  編輯でくすぶってい  記者をしてい  特徴をもってい  妙を得てい  横田千之助がい  横田をつかまえてい  目星をつけてい  根津にい  荷厄介にはなってい  隅っこにい  ことは読んでい  新聞も送ってい  堤防を見馴れてい  軒を見上げてい  エンゲルガルトが住んでい  カンバス椅子にかけてい  一匹犬がい  光景を見おろしてい  二つの外国語を知ってい  玄関から真直食堂に入ってい  ニーナは待ちかねてい  わたしじっとしてい  枝をひろげてい  猫もい  一匹往来に出てい  泥がつづいてい  表札を見上げてい  木造二階建家屋に暮してい  臭いがひどくしてい  客が来てい  足ぶみしながらまだ待ってい  ナースチャがかけて見てい  のかどうかわからず、黙ってい  なにしてい  立てかえとい  嫁に行ってしまってい  席に坐ってい  ものはついてい  わたしもい  村道までさしてい  どれも小さくなったり、きれてい  麻袋につめこんでい  ナースチャを眺めてい  三人労働者がのってい  突出してい  一台柩馬車がい  左右からかかえて歩いてい  上に重く丸めてい  ナースチャはい  端が踏みにじられてい  様子を見てい  玉子をひろげてい  カルタをやってい  間にはさんでい  ナースチャは聞かされてい  足をふみかえたり、もそもそしてい  洗濯屋に出してい  ようにやってい  その男を好いちゃい  台所に引っこんでい  道具が取りつけられてい  ように歩いてい  経済をやってい  二つの葡萄酒コップを持ってい  歩道に立ってい  ものがかけられてい  雪がついてい  婆さんが立ってい  タバコをふかしてい  一そうひどくなってい  さっきからここにい  タバコをのんでい  からここにい  ナースチャはしばらく眺めてい  ナースチャは感じてい  自分を養ってい  女が働いてい  計算してもらってい  二十二ルーブリ五十カペイキしか受けとってい  家へ来るまで勤めてい  男の子供がい  転轍手と遊んでい  上をいつもぶらぶら歩いてい  ことなどに、てんからなれてい  手許を見下してい  セミョンノヴナは、それでもやっぱり黙ってい  往来を歩いてい  四人働いてい  新聞から切抜をしてい  戸が開いてい  わたしがい  彼女はもう泣いてい  わたしは知ってい  聖者がついてい  これがまだあまり行われてい  目下研究中に属してい  雨に打たれてい  中を眺めてい  下に立ってい  湯気を立てて鳴ってい  ほつれ毛を眺めてい  姉は沈んでい  良人から手紙を受けとってい  そうに濡れてい  塊ってい  野菜を洗ってい  御飯を食べさせてもらってい  御飯を食べてい  滴を仰いでい  河は濁って太ってい  番傘が遠くまで並んでい  湯気が昇ってい  中に浮んでい  口を眺めてい  まま泣いてい  左右に振ってい  手をかけて立ってい  油がのってい  まま黙ってい  灸は死んでい  朝から降ってい  雨合羽がかかってい  音が聞えてい  中に煙ってい  いつまでも落ちてい  嫌といふなら、い  心配せぬが宜しいと、い  二三年間において、い  ものですから、い  家がならんでい  おかしが、美しく光ってい  そうに鳴ってい  人たちから聞かされてい  そうに働いてい  清造はだまってぼつぼつ歩いてい  ぺこぺこに減ってい  一文も持ってい  うえ疲れて歩いてい  いままで遊んでい  ひとりで遊んでい  いじめられずに遊んでい  手伝いにいって食べさせてもらってい  子どもひとりして暮してい  ふちへ来て泣いてい  骨組をなおしたりして働いてい  ようにして休んでい  大蛇を切ってい  月は、いせい  上にぶらさがってふわふわ動いてい  おやじさんがすわってい  おかみさんが、立ってい  下をむいてい  前にすわってい  から手伝ってい  隅で泣いてい  ほたるが飛んでい  水のおもてをながめてい  聯繋をも強ひられてい  ただお羨しい  百合さんはおまへがどんなに羨しい  何かしら縁どほい  隆盛だとは信じてい  者がほとんどい  あたりを歩いてい  元より知られてい  おかみさんが住んでい  一足こしらえてくれてい  カレンもまじってい  冠もかぶってい  くつをはいてい  箱が並んでい  王女さまがはいてい  うららかに晴れてい  松葉杖にすがって立ってい  足についてい  あいかわらず踊りつづけてい  それによばれてい  足にくっついてい  人たちは知ってい  つばさをはやしてい  剣を持ってい  夜も踊ってい  カレンは知ってい  前でおどってい  耳をかたむけてい  横にふってい  松葉杖をじっとみつめてい  それを読んでい  枝を持ってい  本を見てうたってい  げたはい  魚がすんでい  上に拡げてい  魚たちは話し合ってい  花を食べてはいけないといわれてい  独り言をしてい  斑色になってい  水は、よく澄んでい  ふちへきてはうろついてい  女の寝てい  田を作ってい  王子に食べさせてい  上に住んでい  八品持ってい  嚴しい  のが可い  台湾に住んでい  内地米を取りよせて食ってい  地方だけかと思ってい  手段がとられてい  外米の入ってい  のだと笑ってい  さには気づかずに食ってい  束を抱えてい  腰簔をつけてい  影を曳いてそそり立ってい  光がちらちらと動いてい  磧を見せてい  葉を巻いてい  暑い陽を吸うてい  ほかほかしてい  瓦屋根が微に黒く見えてい  竹藪に迫ってい  艪を持ってい  鵜飼がい  四方はもうすっかりと暮れてい  焼明を持ってい  方へ向ってい  処どころに垂れてい  舟乗りとなってい  絶頂に立ってい  白刃を持ってい  室に詰めてい  近侍と斬り結んでい  そうにまたたいてい  獣を狩ってい  己一人になってい  下枝が重なってい  光がもれてい  下を焚いてい  案内を待ってい  月が射してい  右枕になって寝てい  暈がかかってい  ものがうねうねとかかってい  一切が入ってい  武士がい  床几に眠ってい  一疋浮んでい  二三日熱病をわずらってい  水を飲んでい  水を飲まずにはい  雪が積もってい  いっしょに落ちてい  ポケットに入ってい  びっくりしてい  それを拾おうとせずに、じっと見てい  そうに見とれてい  方で聞こえてい  母親が黙ってすわってい  病気でねてい  姉さんは死んでい  赤い鳥がないてい  横啣えにしい  世間から狂人扱いにされてい  脅威となってい  冷笑が染み込んでい  ゆらめき迫ってい  のを感じてい  のを聴いてい  霊感だけが残ってい  シミジミ味わずにはい  ら中がい  発頭人になってい  塔上から透視してい  犯人がわかってい  大抵知ってい  雑談に耽ってい  絶命してい  十分間停電してい  附近一帯に亙ってい  客となってはいりこんでい  顔に浮べてい  ことが出来ぬと信じてい  住われてい  時、極めて落つい  ものがちらちら落ちてい  賑ってい  心配そうに眺めてい  息づかいをしてい  色を呈してい  かなりに伸びてい  発散してい  目星がついてい  人とはきいてい  検てい  時節を辛抱強く待ってい  汀になってい  角火鉢の大い  頬を支えてい  容子の可い  お姫様と申しても宜い  傍についてい  気立の可い  お辞儀をい  紛失をしてい  帳場に坐ってい  背を円くしてい  呼吸づかい  可哀そうで見てい  可恐しい  どこかで聞いてい  鼻が覗いてい  十三年生きてい  わしがってい  小半時経ったと思うと、見てい  顔をして、へい  風立ちもい  艶雑巾をかけてい  顔色をしてい  験のある祈をされて、居ても立ってもい  内を見抜いてい  目を見据えましては、うっとりしてい  何か、いろんな恐しい  ことことと鳴してい  女やい  金子は盗まい  一杯日の光りを含んでい  けがましい  煩さがってい  彼を呼んでい  上に休らってい  活いてい  愚図ついてい  助長してい  がちになってい  晴々としてい  それを実は打ち消そうとしてい  混同してい  幻を投げかけてい  母となりたがってい  方を覗いてい  お母様が帰ってい  何かしら慌ててい  茶を飲んでい  兼子に話してい  気が張ってい  四五日待ってほしいと云ってい  小綺麗にしてい  お河童さんの子が遊んでい  方をじろじろ見てい  私にはよく分ってい  いつまでもじっと縮み込んでい  敏はしくしく泣いてい  昔家に使ってい  いつまでそうしてい  ほつれ毛が震えてい  私達が余り黙ってい  四五日考えさして欲しいと云ってい  想像に浮べてい  前方に押し進んでい  心をばかり気遣ってい  説得しようとしてい  中に響いてい  眼は少しも濁ってい  ことになるだろうとは、少しも思ってい  ことは何とも思ってい  口から引出したがってい  根を下してい  落付き払ってい  夢想を描き出してい  問題として残ってい  四五日になってい  色に輝いてい  子に育てたいと思ってい  嬌態を帯びてい  言葉を裏切ってい  いつまでも黙ってい  鼻汁を垂らしてい  彼は考えてい  筈だと思ってい  永井を嫌ってい  あなたが云ってい  仕方なしに立ってい  生涯独身を続けると云ってい  僕を信じてい  綺麗に晴れてい  玩具をいじっては微笑んでい  子だとほめてい  未来に懸ってい  ぼんやり見てい  匂いが交ってい  仄見えてい  頭をかかえてい  ぼんやりつっ立ってい  何処へ行ってい  女からお辞儀をされてい  引寄せてい  幾代は云ってい  箱を持ってい  父様も帰ってい  締れ上ってい  眼を吸い取ろうとしてい  白粉に包まれてい  胸に縋りついてい  首を垂れてい  手をかけてい  風をして立ってい  奥へはいり込んでい  二人は暫く黙ってい  いつのまにかべそをかいてい  何処にも現われてい  面倒をみてやってい  珍らしそうに眺めてい  手がつけられないで残ってい  小さな手附を、しきりに眺めてい  頭がかっと熱ってい  何かしら待ってい  ことは分かってい  しょんぼり坐ってい  子供のことばかりを云ってい  眼の光りをよく知ってい  身を揺ってい  兼子とが立ってい  相談してい  その後で届けたらと云ってい  役は暫く佇んでい  間机につっ伏してい  上で、もう眠りかけてい  一人腕を組んで坐ってい  位に少し落ちてい  ように蹲ってい  若葉がほんのりと見えてい  中に澱んでい  六畳へ忍び寄ってい  彼はなお暫く佇んでい  皆闇に包まれてい  ぼんやり坐ってい  彼女は黙ってい  濡んでい  手を合してい  煙が立ち昇ってい  笑い声がしてい  面白そうに遊んでい  あなたによく似てい  余念なく遊んでい  帯から下がすらりとしでい  いやに黙ってい  依子はもう眠ってい  一滴たまってい  きりで、ぐっすり寝込んでい  変にちぢこまって眠ってい  依子は黙ってい  いつまでもしくしく泣いてい  補助を受ければよいと思ってい  永井から貰ってい  ことにこだわってい  頭に深く残ってもい  ただ一枚はいってい  エプロンをめくってい  胡坐をかいてい  胡坐をかいて坐ってい  いつまでもじっと佇んでい  光景を見てい  ぼんやり外を眺めてい  様子を見守ってい  ことがあってもただ庇ってばかりい  室に寝かされてい  あなたを起しに行こうかと思ってい  占領しようとしてい  先刻までおとなしく遊んでい  方でも早くも気付いてい  自分が慕われてると思い込んでい  一人で苛立ってい  彼は暫くじっとしてい  彼は黙ってい  犬が通りすぎるまで佇んでい  可なり苦しめられてい  幾代は長くつめてい  息使いをしてい  顔がぼーっと赤くなってい  息使いももう静まってい  全体がぐったりしてい  枕頭についてい  襟から覗いてい  頬をすっと掠めてい  唇が、色褪せてきっと結ばれてい  眼を閉じてうとうとしてい  顔色も失せてい  間脉膊をみてい  ものが潜んでい  片隅に縮こまってい  彼自身もい  依子はじっと抱かれてい  二人は少し離れて坐ってい  むっつりしてい  前に置いて遊んでい  つてもい  言つたのをい  慘ましい  から怺へてくれたつてい  譯をすればい  やうにい  ところでもい  うそれでい  うからが、い  買つて來とい  やうに、どうでもい  事はどうでもい  一寸でい  これはどうも、へい  のにもい  今でなくてもい  からまだい  母はい  指先でい  何、どうでもい  のだから、どうでもい  心持にい  外へ出歩いてもい  ぼくは立ってい  ぼくは見てい  不動産エージェントは、そう言ってい  高台に建ってい  バランスがちょうどいい  位置してい  サンフランシスコにい  ような、あるいはつながってい  彼女は言ってい  大嫌いだと言ってい  口をききたくない、とも言ってい  朝食だと、言ってい  朝食としてい  大統領が、かつてい  友人はさらに言いかえしてい  梅干を忘れてい  こちらにむかってい  かわりに使ってい  あなたがたを愛してい  ぼくにさえ、痛いほどに伝わってきてい  重荷だと言ってい  どこかで頼ってい  拘束力が残ってい  女性は言ってい  建築業を営んでい  昔から住んでい  祖父が住んでい  家も、ともにたいへんに気にいってい  なかに置いてい  風格を持ってい  ひとつひとつ見てい  家族がい  彼は言ってい  お香が漂ってい  棚につまってい  棚にむかって立ってい  端に立ってい  印象の、縁どりをしてい  呼応してい  陽焼けしてい  顔にのびてい  ニュアンスが重なってい  まさか、と打ち消してもい  確信につながってい  ぼくはよく知ってい  彼女をよく知ってい  ことをそう呼んでい  彼女を知ってい  昔とすこしも変わってい  三冊持ってい  あいだホノルルにい  日本にい  片手に持ってい  微笑して見てい  日常が横たわってい  ぼくがよく知ってい  いまでも残ってい  子供がひとりい  離婚してい  カトラス4ドアが停まってい  ここに停まってい  なかに感じてい  いま運転してい  距離をとって、並んでい  カーヴしつつのびてい  造りとなってい  ひとつにまとまってい  スロープになってい  ラナイは高く張り出してい  貿易風が降らせてい  真似してい  姉が連れてきてい  女優さんが着てい  姉たちを見てい  さがまだ残ってい  花屋を営んでい  奥に建ってい  居候してい  謎に満ちてい  足音は軽く優しく、くっきりとしてい  酌しかできないと言ってい  相当に知られてい  ダンシングを教えてい  ひとりで住んでい  ひとりでい  人とは、ちがってい  熱意をこめてそう言ってい  シャーリーに告げてい  三津子は言ってい  ジューンと呼んでい  影響が濃く出てい  体をしてい  三津子は、笑ってい  スニーカーを持ってい  二本、持ってい  ジムとは、よく釣り合ってい  一足、持ってい  まっ青に晴れてい  太陽の光はまぶしく強く、降り注いでい  感触がちがってい  山火事が起こってい  突端にい  雰囲気となってい  ぼくはたいして欲しいとは思ってい  彼女が言ってい  かげろうが立ってい  応対してくれてい  彼女が思い描いてい  色はまさに求めてい  スニーカーをはいてい  シャーリーは言ってい  アルコーヴにい  彼女がい  なかでは、かつてそうしてい  マークゥイスを走らせてい  知人から買ったと言ってい  ひとり、むこうにむけて歩いてい  風が常に吹いてい  落ち着きへと、つながってい  なかには、見てい  場所へむかおうとしてい  そこへむかってい  ように、いつもとなえてい  そればっかり考えてい  ドロシーは、驚いてい  驚愕してい  熱心に聴いてい  上に横たえてい  限度いっぱいにまでふくらんでい  ぼくは思い出そうとしてい  ことを競いあってい  シーンを持ってい  彼が着てい  ヘレンは言ってい  調査されてい  技能を持ってい  博物館に通って調べようと思ってい  波乗りをやってい  ぼくは親しくしてい  海へひっぱりこまれてい  背景は、い  元気にしてい  操作してい  レンズを見てい  男性が立ってい  笑顔を作ってい  片隅に焼きこまれてい  店を持ってい  繁盛してい  日記をつけてい  英文字で大きく入ってい  英語で入ってい  一九三二と入ってい  リケリケ・ハイウエイに入ってい  直線でのびてい  なかに織りこみたいと思ってい  開拓者たちが着てい  シャツと呼ばれてい  最初からハワイにい  トンネルに入るまで、黙ってい  ぼくは黙ってい  一枚の写真を見てい  検免島と呼ばれてい  橋が横切ってい  肩にかついだりしてい  日本女性が歩いてい  カメラを見てい  彼らは楽しんでい  アローハと言ってい  一本、走ってい  ひとつずつ撃ってい  ひとつだけ残ってい  ライフルとよく似てい  友人は言ってい  かすかにゆらめいてい  スタンドへいき、まだ残ってい  なににも使われてい  いくつもならんでい  窓のまえにい  双眼鏡が入ってい  シャツにくるまって、入ってい  ところに停まってい  ヴァイカウントにむかって歩いてい  ヴァイカウントにむかってい  ドレスを着てい  正面から受けとめてい  停止してい  陽ざしを受けとめてい  相手になにか喋り、笑ってい  ドレスが、よく似合ってい  素足にはい  ゆっくり歩いてい  中央にむけて歩いてい  いくつも並んでい  彼には入ってい  十年近く使っていると言ってい  利用されてい  両側に続いてい  熱心に見てい  町にい  毎日を過ごしてい  とき言ってい  日時を、書き添えてい  セダンにしようと思ってい  リストを見てい  対応してくれてい  佳子は見渡してい  一軒家は、建ってい  そうに見てい  ソックスとを持ってい  桟が走ってい  ように、広がって落ちてい  広告看板も出てい  広場に立ってい  濃厚に残ってい  頑丈に出来てい  ドアは大きく開いてい  店主は言ってい  余裕を持ってい  上に横たわってい  一九五四年がくっきりと美しくよみがえってい  ようなのは、い  両手で押さえてい  家は建ってい  キャロリンから借りて乗ってい  なかから完全に消えてい  佳子も、まだ気づいてい  家庭にい  コーヒーを注ぎながら笑ってい  なかを走りまわってい  スロープとなってい  佳子はすわってい  横すわりしてい  上に開いてい  絵本を読んでい  目が出来てい  佳子はきいてい  完全にとり囲んでい  ラナイにい  海を見てい  雲が白くくすんで流れてい  道路を走ってい  通路を歩いてい  クリスマスの飾りつけが出てい  彼は着てい  事務をとってい  ニュースを読んでい  メーターが空いてい  眼鏡はまだよく似合ってい  上に持ってい  柔和に笑ってい  面白い奴ならい  笑わずにはい  両足にはい  天井が、ほんのりとすすけてい  作動してい  数分だけ過ぎてい  一列にならんでい  シルエットになってい  斜めにかさなってい  小さな容器に入ってい  半分はふさがれてい  視界をふさがれてい  陽ざしをも、写しとってい  装置が、ならんでい  年月にわたってよく使いこまれてい  雑然としてい  さかんに売ってい  さをたたえていっぱいにつまってい  朝食を食べてい  町に住んでい  ドライヴァーをやってい  集まりに出かけてい  虚空を見つめてじっとしてい  なかによみがえってい  人が飼ってい  ときそこにい  正確さをきわめてい  ワラスはなぞりなおしてい  ワラスは生きてい  彼が住んでい  ふうに見てい  たまたまヒロにい  彼方へ戻ってい  奥さんが言ってい  ワラスが住んでい  点在してい  簡易住宅が、ならんでい  枝を広げ、太く立ってい  アイスクリームを食べたりしてい  活動は、すでにあらかた終わってい  ラジオを持ってい  同調のとれてい  スピーカーから大きく出てい  西から存分に浴びてい  活動をおえてい  人は歩いてい  路面電車が走ってい  父親は言ってい  期待して、待ってい  妻が住んでい  かたわらで待ってい  家は、すこしも変わってい  お茶が出てい  ケーキが出てい  母が言ってい  ように、たいへんによく出来てい  関心を持つにい  形にならべてい  微笑を浮かべて見てい  紙に包まれて入ってい  印刷してい  引き渡しがおこなわれてい  何本もならんでい  木にかくれてい  五十ドルを越えてい  老人もい  妻をともなって来てい  ガムをすすめてい  席に乗ってい  球技を教えてい  ひとつ、立ってい  まっ白に輝いてい  航空母艦に乗り組んでい  ヘレンを見てい  土台になってい  星を象ってい  ストーリーに分かれてい  舞台にしてい  ぼくとはつながってい  ぼくは思ってい  作用してい  私のい  のかどうかも疑はしい  奔走してい  嘱されてい  坂路を登ってい  腹稿をこしらえてい  花をつけてい  春が萌えてい  頭に浮べてい  前を歩いてい  二条になってい  冷たい雨が降ってい  音をさしてい  女伴はもう起ちあがってい  対手になってい  相模屋にい  坂路をあがってい  女が歩いてい  揮返って立ってい  京浜地方を流れ渡ってい  血が滴れてい  方角を考えてい  変死してい  のかとい  私は、い  髪を長く垂れてい  皇子は望んでい  金銀で飾られてい  馬車に乗ってい  こととたいそう違ってい  物思いに沈んでい  いちばんいいであろうかと迷ってい  人々からおそれられ、よく知られてい  空は澄んでい  影がほんのりと浮かんでい  お姫さまがい  音を聞いてい  拾つたのだとい  疎開学童から来たとい  無条件降伏をしてい  顰面して聴いてい  それはもうい  梔子だとい  涙が浮かんでい  のではないかと思って見てい  おかしげになってい  空に残ってい  航海していようかと思ってい  露子をじっと見てい  私はよく知ってい  しらを探してい  上にとまって、さえずってい  五日、とまってい  意識がい  結婚は思ってい  感情と見られてい  指定席は持ってい  ひとり往来を歩いてい  独りでい  街道を歩いてい  ぼんやりとながめてい  ときはさびしいと思ってい  げをはやしてい  おじいさんを見てい  山が、うねうねとつづいてい  陽炎が立ってい  海が笑ってい  日に光ってい  海鳥が飛んでい  小さな穴があいてい  五つあいてい  うずくまってい  笛を吹いてい  波間に浮かんでい  笛に、見入ってい  一つ一つ、つついてみてい  波間にうすれて、見えたり、消えたりしてい  花を開いてい  花は美しく咲いてい  ぼんやりと立ってながめてい  二郎はしばらく考えてい  今日も停まってい  盃を嘗めてい  気の廻ってい  眼附してい  傍で聴いてい  墓地になってい  一月程も経ってい  口調態度がすっかり変って来てい  後で云ってい  厄介をかけて来てい  蔭で笑ってい  誰も来てい  手脚を伸して寝そべってい  君は、そうしてい  ものを考えてい  中でも封じ込まれてもい  食わず飲まずでもい  三百が来てい  調子で、並べ立ててい  彼はすっかり参ってい  顔してい  横目をやってい  もの、出来てい  一文だって借りちゃい  了解してい  肱枕して寝てい  なりで眠ってい  顔を視つめてい  入学準備をしてい  女なぞ引張り込んだりしてい  先刻から気にしてい  一人テーブルに坐ってい  雑談をしてい  袴を穿いてい  髪をい  疲労を感じてい  盃を動かしてい  気がされてい  兄と遊んでい  方へと向けてい  つき歩いてい  時分口にしてい  恍れてい  女だと思わずにい  顔は知ってい  十時を過ぎてい  先刻から傍に坐って聴いてい  彼等の住んでい  お仕事をなさってい  手を動かしてい  勉強をしてい  枝ばかりになってい  ものが、ついてい  足をかけてい  とげにつきさされてい  上にのせて、ながめてい  きものをきて、あをい  こどもが、そろり、そろりと、い  お前はい  頑固に出来てもい  柱暦を売り歩いてい  人の活きてい  心持ちで立ち去り難く佇んでい  北斎は尚もじっと佇んでい  駕籠止めい  駕籠側にい  えい戸を開けい  俯向き首垂れてい  根岸御行の松に住んでい  前へ坐り詰めてい  居間にい  燈火を掻き立てい  金弥、抑えい  尊稱を以て名い  それも疑はしい  心持に動かされてい  お話ししようと考えてい  おかげだと思ってい  いるかしれないと信じてい  処をもってい  傾向を持ってい  私の属してい  一義としてい  人に知られてい  時にいい加減こじれてい  生活を見出してい  生活にくっついてい  才能を信じてい  実力を持っていると信じてい  処はないと信じてい  同感してい  心持になりかかってい  独立してい  重荷とあきらめてい  原則としてくらしてい  生活を持ってい  事だと思ってい  返事もしないでい  心持をかく見破ってい  最初から過ってい  ことをしきりにいってい  後援者になってやろうとしてい  手を焼いてい  自分に隠してい  事をよろこんでい  結婚前に知ってい  教育はされてい  一時よくいわれてい  平気にしてい  海にも棲んでい  景色を眺めながら休んでい  まり姿は変ってい  何処にい  波間に見えてい  夫婦が住んでい  店で売ってい  松の木が生えてい  夜もごうごうと鳴ってい  赤ん坊が泣いてい  蝋燭を造ってい  さとが籠ってい  たか、または、い  描てい  行末を思うて悲しんでい  絵を描いてい  戸口に立ってい  月の光に輝いてい  それに見入ってい  波がうねうねとうねってい  泡が立ち上ってい  巻煙草を持ってい  時刻にまだ起きてい  眼先にちらついてい  いつまで眺めてい  幾つもの私有地に分れてい  幾筋も開かれてい  ものを考へてい  髮をい  景色をながめながら休んでい  上を照らしてい  まり姿は変わってい  ゴーゴーと鳴ってい  ろうそくを造ってい  さとがこもってい  ものか、または、い  行く末を思うて悲しんでい  あわが立ち上がってい  當飛んでい  相手もみつからず、い  狐がい  穴をほって住んでい  中にしゃがんでい  からっと晴れてい  きんきん、ひびいてい  しずくが光ってい  水が、どっとましてい  おしになって、もまれてい  何かやってい  網をゆすぶってい  黒子みたいにへばりついてい  木ぎれなどが、ごちゃごちゃはいってい  きらきら光ってい  兵十がい  おはぐろをつけてい  髪をすいてい  人があつまってい  何かぐずぐず煮えてい  六地蔵さんのかげにかくれてい  屋根瓦が光ってい  さきつづいてい  ふみおられてい  位牌をささげてい  何だかしおれてい  床についてい  麦をといでい  くらしをしてい  後から見てい  んは、その、い  ぼんやりと考えこんでい  かすり傷がついてい  んが思ってい  松虫が鳴いてい  わにかくれて、じっとしてい  あかりがさしてい  うつって動いてい  そばにしゃがんでい  からずっと考えてい  縄をなってい  筒口から細く出てい  十個もはいってい  定枝がい  独身者めいてい  あとにい  父親の生きてい  凝視めてい  下を覗いてい  横顔に明るく映えてい  何か年より老けて見えてい  気性を呑み込んでい  眼鏡を掛けてい  ところで働いてい  気がひけてい  みな未だかたづいてい  お茶など出してい  義枝はあわれなほどひねしなびてい  さをたたえてい  商船会社に勤めてい  金目がかかってい  幹事にあげられてい  何かいそいそとしてい  うちに、しゃんと立ち上り、べつに痩せてもい  たかはんも到頭い  たまれんようにならはったと、さすがに見抜いてい  化粧室に行ってい  子供を覗き込んでい  先づ少いといつてい  倦きてもい  戯談をい  戯談などをい  かいって、ぐずついてい  ごろごろいわせてい  耳をすましてきいてい  のをまってい  老人までがおおぜい  別れを惜しんでい  わたしもまだ生まれてい  しか持ってい  下からばかり見てい  みんな黙ってきいてい  僕はきいてい  決意があらわれてい  むねをおりてしまってい  しろについて来てい  音をきいてい  同情せずにはい  中でおもってい  どこかが悪くなってい  んごろ鐘を撫でてい  弁当を持ってい  ぢやあ、い  僕も然うしようかと思ってい  洋行と称してい  岩倉公一行欧洲旅行以来途絶えてい  ものと解してい  米国人が沢山乗ってい  会話してい  於て勝れてい  全盛を極めてい  中へ這入ってい  ノタリノタリと通ってい  折柄細雨が降ってい  ところから雨傘をさしてい  筏船さえ通ってい  人間が乗り込んでい  煩悶いてい  位置に出来てい  部屋が出来てい  部屋に陣取ってい  舞台を持ってい  世界を立ちい  形式を備えてい  比較して進んでもいず劣ってもい  ことばかりを書いてい  夥だしい  おおまかに作られてい  斜めに延びてい  斯うでもあろうと思い込んでい  相対して並んでい  説明されてい  部屋は充たされてい  音が聞えて来たりしてい  現出してい  幾筋かに織られてい  右往左往してい  椅子にいつも腰かけてい  ピアノを奏してい  ドラムをひっぱたいてい  ハープトマンに似てい  一人面白いダンサーがい  のが乗り廻してい  別嬪がい  籠城してい  蘭亭さんも来てい  朝から粉雪が降ってい  そこに残ってい  視覚を更に鋭くしてい  剥脱してい  あいだ郷里を離れてい  印象をとどめてい  考えめぐらしてい  仕事を眺めてい  夜更しをつづけてい  急を告げてい  家には潜んでい  陰翳が抉られてい  歪曲に満ちてい  殺気を含んでい  水はひっそりとしてい  食堂はいつも賑わってい  子供心に印されてい  清二は張切ってい  今迄ぶらぶらしてい  式場は既に整ってい  人々はただそわそわしてい  キラキラ輝いてい  腰を下ろしてい  笑顔をしてい  加減に聞流してい  態度もキビキビしてい  釦を数えてい  応対しながらじろじろ眺めてい  手紙を書きつづけてい  気がきいてい  顔つきに現れてい  三月ほど立遅れてい  広島が遅れてい  紛糾してい  気持を紛らし続けてい  安定してい  空気はひどくザラザラしてい  むき出しで晒されてい  無数に動いてい  弁当をひろげてい  緑は燃えてい  元気でい  時代から店にい  顔は憶えてい  一箱いくつ這入ってい  方で、じろじろ眺めてい  縫工場にい  東京で見なれてい  うんざりするほどきかされてい  結托してい  立騰ってい  予習が行われてい  兵舎に充てられてい  ように弾んでい  順調に進んでい  気分でい  彼を眺めてい  冷然と見詰めてい  ものは何時のまにか見喪われてい  身に備わってい  殆ど病みつきになってい  ここに踏みとどまってい  艶を湛えてい  気に懸ってい  穏かに凪いでい  それから、つぎつぎに憤りが揺れ、もう凝としてい  時まだ生きてい  顔つきを想い浮べてい  夜も更けかかってい  あてもなく歩き廻ってい  部屋に来てい  正三は憂わしげにただ黙々としてい  姿を現さなくなってい  卓上に置かれてい  匿されてい  気持でい  壕が蹲ってい  路傍で遊んでい  持歩いてい  リュックを持ってい  カバンを拵えてい  のかと待ってい  交替してい  機雷投下ときまってい  濃厚になってい  29五百機来襲を報じてい  訓示が行われてい  場合知ってい  目をやってい  生動してい  精気に満ちてい  喰入ってい  耳を脅かしてい  大急ぎで歩いてい  大分高くなってい  空襲警報に移ってい  門は開け放たれてい  堤まで来てい  群に気づいてい  雑沓してい  警告してい  前から規定されてい  身支度もしてい  正三は背負ってい  引ぱり出されてい  まり集合してい  声のしてい  国民学校へ通ってい  工場疎開はのろのろと行われてい  ミシンの取はずしは出来てい  座敷に敷かれてい  一脚ぽつんと置かれてい  気魄も備わってい  頭にこびりついてい  家は焼けないで欲しいといつも祈ってい  前から妻としてい  忙殺されてい  から夢をみてい  うつらうつらたどってい  順一は聴いてい  調子はまだ整ってい  空に漲ってい  波多野乾一がい  コロガッてい  担任してい  ポカンとして聞いてい  糸がついてい  アタマにつき纏ってい  アタマを使ってい  ペテルスブルグにい  弁舌がすぐれてい  連戦連敗させられてい  城下の誓いをさせようと企ててい  同盟しようと策してい  却って反目嫉視し合ってい  大学にい  女性的な、愚痴っぼい  心持ちになってい  さへすれば、い  それならとい  ら開けたとい  絵具代がないとい  岩角を噛む恐しい  原稿用紙をのぞきこんでい  出鱈目をいってい  頸にかけてい  機会が与えられてい  保有してい  ことを、よく覚えてい  空襲下に戦いてい  地底戦車隊が待ってい  水平に折れ曲ってい  顔をのぞきこんでい  先生、ぐずぐずしてい  ところが残ってい  休憩をしてい  万年筆を走らせてい  幕で美しく飾られてい  踊はまだ始まってい  老若男女がかなり集まってい  改名してい  情調を備えてい  雅量をもってい  必要から言馴れてもうすっかり落つい  声などもただ笑って聞いてばかりもい  満喫してい  画面に漲ってい  蘭学を学ぶでもなく、のらりくらりとしてい  権勢を揮ってい  彷徨ってい  其前に立ってい  寝間に眠ってい  茶を止めい  物化でもい  ことは、歩いてい  事には、い  方迄歩いてい  七十一歳になってい  中旬になってい  以前から了解が出来てい  国語にも通じてい  首都プノンペン市は出来てい  五人列んで佇んでい  おいでなされい  牢獄まで辿り着い  王の持ってい  王笏と、穿いてい  傷ましい  歯など大方揃ってい  尊敬を払われてい  岩とばかり思ってい  夫れへお掛け下されい  呼吸を封じて立ってい  詳細く聞かしてくれい  鮮かに見えてい  自ら消化してい  小国民がい  陸地におおわれてい  二人で住んでい  吉原にい  ものを言い合ってい  ベタいちめんにはりついてい  匂いが立ちこめてい  ドキドキしてい  枕元に坐ってい  いちめんウジョウジョと這い廻ってい  紐を引きちぎろうとしてい  口を、大きく開けて死んでい  反響してい  往来に倒れてい  こっちを眺めてい  ひっきり無しに飛んでい  腹這いに進んでい  前進してい  銃声は聞えてい  土方を睨んでい  疵養生をしていてい  肩へかけようとしてい  自分が伏してい  顔中をしかめてい  風が、凍ってい  鎧が、考えてい  土まみれにしてい  袖を汚してい  旗を立ててい  整頓もなく騒いでい  幾十艘となく、繋がれてい  槍が閃いてい  槍を閃かしたりしてい  兵が落ちて行ってい  そうに、黙ってみてい  眼を血走らせてい  押出してい  無言で俯いてい  胆が勝れてい  押合って降りてい  手をあげてい  噂が立ってい  出入してい  金に代えてい  まま坐ってい  近藤は、暫く、黙ってい  晴上ってい  一昨日まで、従ってい  馬でくると云ってい  手踊を習ってい  上へ、腰かけて話してい  喫ったり、笑ったりしてい  沢山に加わってい  睨合ってい  立札が立ってい  砲先をのぞき込んでい  何んじゃい  障子を開けると、ちらちらと降り出してい  有志が、出迎えてい  流行唄を唄ってい  一人で、守ってい  弾丸を見ようとしてい  上下させたりしてい  顔だけ出してい  前進を眺めてい  混合して、眺めてい  うるささとを感じてい  事ができると考えてい  蔭にい  何か叫んでい  半分無くなってい  眼は輝いてい  射撃してい  唸りが響いてい  両側へ垂れてい  手綱を解いてい  方へ走ってい  ステッキをついてい  以前と変ってい  職場がちがってい  愚弄してい  人柱がたってい  封建性はなかなかとりのぞかれないといわれてい  台所となってい  生活にかかってい  一隅を借りてい  場合ではなくなってきてい  人々にもたれてい  勘定方をしてい  薄黄色く射してい  頃部下として使ってい  酒を呑んでい  提燈を持って立ってい  豪奢振り、何と羨しい  一足おくれて歩いてい  そうにどんより曇ってい  横行してい  後手へ廻されてい  身分となってい  泣きながら、呑んでい  泥棒はしてい  不思議と思ってい  大阪までも響いてい  大阪町奉行を勤めてい  人を避けて籠ってい  ここお開け下されい  信用下されい  雨戸をあけい  首級お受け取り下されい  駛ってい  感慨深く佇んでい  粂を愛してい  言葉も出さず黙ってい  安心しきって眠ってい  矢が立ってい  痕があらわれてい  報知せてい  機をうかがってい  さを見せてい  篝火が、妖しく凄く燃えてい  ようにあたってい  ほのかに射してい  陰影をつけてい  京城にい  ものと決めてかかってい  北陸にこんな美味い  非常にい  九町もあるい  中でかんがえてい  赤ずきんちゃん、なんだかまるできいてい  ダンスしてい  病気でよわってい  森じゅうかけまわってい  目までさげて、なんだかいつもとようすがかわってい  さまをさがしてい  おばあさんも、まだ生きてい  虫の息になってい  頭をい  緑につつまれてい  つるがまきついてい  雨戸が淋しくしまってい  人々を見てい  空をまわってい  羽をいっそう赤くしてい  指先を見てい  指先をみつめてい  指にはさまれてい  真青に晴れてい  どこまでも澄んでい  瞳は、黒く澄んでい  きれいな服を着てい  ちゃんを思い出してい  ペーパアを引受けてい  註文に応じてい  助手を使って引き受けてい  先祖から伝えられてい  失くしてい  肉体に備えてい  罠を仕込んでい  上げ下げして、おとなしく泳いでい  表現欲を失ってい  静かにもう泣いてい  旧居で使ってい  ものぐらい心得てい  料理屋と知ってい  生れ付き抜けてい  先で掬ってい  血が流れて来てい  捉われてい  真面目さが透ってい  授ってい  恍惚と眺め入ってい  思いなやんでい  心に苦しめられてい  ように見上げてい  両手で撫でてい  どこか疲れてい  応待してい  浮寝してい  潮はかなり引いてい  新劇俳優がゐてもい  私を訪ねて来てい  事を覚えてい  永年使用してい  心に沁みてい  世界をつくってい  輸入もしてい  種本ともしてい  統一とをもって形づくられてい  直感してい  契機には何一つ迫ってい  危急についてそれだけ知ってい  域を脱し得てい  把握されてい  真相はとらえられてい  場合全く考えられてい  痛感してい  往来から見えたりしてい  工場へでも通ってい  気の毒さを感じてい  出世にとどまってい  助けとはなってい  二万人近く増して来てい  ことにふれられてい  機微を穿ってい  予想もしてい  娘さん二人をもってい  がきされてい  出来事が待ち設けてい  自由は与えられてい  困難をもってい  交換されてい  日刊平民新聞をやってい  的からはずれてい  みな出席してい  ひとえを着てい  あとに残ってい  警察官ともみあいをやってい  赤旗を無理やり取りあげようとしてい  それを取られまいとして争ってい  盛んにもみあってい  ワメキ叫んでい  ネジふせたりしてい  それを取られまいと守ってい  役まわりを勤めてい  名はほとんど現われてい  雑誌を出したりしてい  提携してい  淀橋あたりに住んでい  講演会をやったりしてい  当時よく使われてい  理由はないと考えてい  包容していくべきだと考えてい  婦人連も来てい  中心にして向かい合ってい  大の字に寝てい  男と、いろいろ言い争ってい  判断しかねてい  大逆事件が起こってい  欲求が深く潜んでい  譲歩しないだろうと思われてい  国民がそう思ってい  部分もそう思ってい  文化をつくり出してい  頽廃してい  みんなが腐ってい  力は持ってい  ダラディエの属してい  レイノーの属してい  異をもってい  対立をもってい  一言も触れてい  矛盾をもってい  史眼は及んでい  範囲だけ許されてい  ところに云われてい  役割を持ってい  袴をばさばさとはい  思いを語らずにい  間には忍んでい  蔵して生きてい  能力をもってい  ところに来てい  夜店の出てい  方を見ながら歩いてい  仕事場になってい  風で喋ってい  頃生きてい  活気が溢れてい  ときを待ってい  家へ来てい  目に入れてい  っぱなしになってい  好意をよせてい  態度でい  図書館にい  外側を暫くだまって歩いてい  煙草をふかしてでもい  感情は苦しまずにい  感情を貫いてい  そのままにい  加賀山さん、おきてい  顰蹙され切ってい  杉は黙りこんでい  不器用でい  礼拝に出てい  幹事をやってい  こっち側で聞いてい  天井を眺めながら聴いてい  気分を牽きつけられてい  慈恵に通ってい  ところにしめてい  レコードが鳴ってい  諳誦してい  通りがかってい  朝、それとなく待ちかねてい  関心を抱いてい  引きのこしてい  ぼんやりめくってい  いらっしゃいよ、ただ待っちゃい  学位しか持ってい  打合わせはされてい  杉などがい  勉強してくれとしか云えないにきまってい  あっちにい  色があらわれてい  ことを考えつづけてい  常務その他をやってい  ここで暮してい  さわがてきぱきしてい  明瞭に感じて聞いてい  瑛子が本当にい  問題も感じて来てい  深みがないと焦立たしい  十分に与えられてい  俤が浮んでい  皮膚をもってい  試験が迫ってい  前列にい  送別会なんてつまらないと思ってい  交流してい  そのままちっとも真直ぐあらわされてい  司会をやってい  十分代表してい  はる子は暫く眺めてい  ぼんやりと漂ってい  瑛子が出てい  夕方でも来るかと思って待ってい  心をはなそうとして暮してい  声にふくまれてい  声に響いてい  大臣をしてい  むき出しで入ってい  細君とが撮ってい  脚において、並んで立ってい  結婚さえしてい  ものが潜められてい  良人をもってい  不自由なく食べてい  成長してい  問答をきいてい  ところへ持ちこんで休んでい  一羽翔んでい  正面から風にさからってい  点にやっと浮いてい  梢が揺れてい  力が漲ってい  無駄づかい  腕をさし交しにして暫く黙って考えてい  ことをきいてい  計画を立てて来てい  表紙を凝っと眺めてい  表情で黙ってい  宏子はやや暫く黙ってい  本をよんでい  自分を見つめてい  趣味も持ってい  学生たちも持ってい  自覚してもい  真剣につきつめられてい  一度だって瑛子は思い及んでい  竹藪を眺めてい  客のい  手紙が来てい  商業へ通ってい  辛抱して貰ってい  披瀝してい  人だかりがやきつけられてい  それを踏んまえて立ってい  ペンキで塗られてい  小舟に似てい  膝をゆすってい  ことなどは考えてもい  学校をとうにやめてい  英文学にい  今夜会えるだろうと思ってい  ことと考えてい  拘泥もしてい  下にしいてい  感傷をも通って来てい  落着を得てい  単純化されてい  カロリー料理って出てい  評価され、愛されてい  熱心によんでい  理屈なんかきいちゃい  満員となってい  動揺が生じてい  内部崩壊が企てられてい  ぢや、ただい  三町ばかり離れてい  邸へまいってい  源さんがいってい  先刻座敷を見てい  ように廻してい  爺さんがい  御汁、よろしかったらおかえい  陽ちゃんがい  熱心に繰ってい  あきず何か話してい  制服でい  先刻から弄ってい  思いに捕われてい  二時過ぎまで起きて騒いでい  川から此方はからりとしてい  体を埋めようとしてい  夫のい  角度で現れてい  動きとかかわり合ってい  どころが置かれてもい  見解がはっきりきまってい  見解をもってい  ニュアンスを持ってい  ままに感じられてい  ことと判ってい  面白い観察を書いてい  ことがとりあげられてい  ものをも見てい  思いもしてい  内包されてい  課題とされてい  作品が与えられてい  ロストフへきてい  目つきもしてい  隅をさがしてもい  ひとがい  みんなよろこんでい  女が搾られてい  談笑しながら休んでい  親切に眺めてい  勉強をやってい  何処にもなくつてい  中にあればい  いちばんおそれてい  なんでも駆けまわってい  感心して聞いてい  野原に生えてい  ぼんやりと見下ろしてい  さに震えてい  うえもなく渇いてい  不安におそわれて震えてい  下界を照らしてい  生活に疲れてい  人は眠ってい  魔物がすんでい  唄をうたってい  地平線に渦巻いてい  方をながめてい  ものが乗ってい  皮ばかりにやせ衰えてい  島にでも救われてい  間、住んでい  貴様、探して見い  奥には苛立たしい  からみんながい  女こそい  今式でい  僕にはどつちでもい  結局どつちでもい  ちやつとい  此処でもい  云ふ儚ない、い  自由と、赦しとがあつてい  宗教があつてい  樹つとい  仕事にい  足跡を見つけるにや丁度い  天草のい  それでゐて角立たしい  それ見い  しかしたら、始めてい  教へてもい  眼醒しい  厭だとい  彼は連れてい  以来何処とい  行つてるだらう、宜い  花輪のい  描がい  心はい  ぐる時、い  堯は寝てい  九度八分に上ってい  何でもよく分ってい  妊娠してい  食麺麭を食べてい  食麺麭をやってい  配達して貰ってい  七度六分に下ってい  眼を開いてい  苛ら苛らしてい  病院を建ててい  七度三分に下ってい  枕頭で暫く黙ってい  堯は眠ってい  容態は変ってい  ものが混じてい  不安になってい  眼球が少し寄ってい  小さな手を握ってやってい  研究所へ通ってい  意識を失ってい  眼をしてい  直覚を持ってい  附添看護婦とが黙って坐ってい  私達は落ち附いてい  横浜に行ってい  ぼんやり眼を見開いてい  眼はもう寄ってい  枕頭で起きてい  ぼんやり見開いてい  一隅が見えてい  穴を開いてい  枕頭に坐ってい  家で寝んでい  用をしてい  大分北に外れてい  意志であると信じてい  私は云ってい  大分弱々しくなってい  像などがはいってい  慴えてい  ようにじっと寝てい  チアノーゼは起してい  私達は思ってい  机にもたれてじっと坐ってい  一時になってい  陣痛を覚えてい  霽れてい  闇が深く澄み切ってい  手を握ってやってい  家も知ってい  仕度調ってい  二十日近くも後れてい  頭とを持ってい  堯を見てい  好悪を持ってい  昼間持ち続けてい  妙に黙り込んでい  披いて見てい  私達が楽しく話していると喜んでい  発育が遅れてい  白眼が青く澄んでい  顔をして寝てい  札がついてい  薬がはいってい  午後からはついてい  君が来てい  私達は暫く黙ってい  手をじっと握ってい  覚悟はしてい  僕がいつも云ってい  気持ちをはっきり握ってい  神経過敏にはなってい  二百八十日余りになってい  唇を結んでい  私はそれでも暫くじっとしてい  雲が流れてい  静に寝てい  呼吸をしてい  まま吸収されずに残ってい  呼吸をじっと見てい  堯を愛してい  布が被せられてい  眼を少し開いてい  そのまま坐ってい  顔に押し当ててい  芳子とを思い違えてい  胸に組んでい  眼を少し開いて微笑んでい  小さな蒲団を敷いて眠ってい  方をじっと見守ってい  へん面白くやってい  一軒出てい  べろべろ舌を出して遊んでい  いびきをかいてい  勘定はいくらになってい  一つぶも入ってい  くさりかたびらは着てい  位さがしてしまってい  ようにこぼれてい  ぶんぶん鳴いてい  さまがえるが来てい  はなしをしてい  ときはもうおひるになってい  大の字になって寝たりしてい  地面に美しく落ちてい  あまがえるは、寝てい  みんなちゃんと立ってい  音はまだつづいてい  覚悟がきまったと見えて、持ってい  所へ行けとも仰有い  手紙を読んでい  何度も繰返して仰有い  事をまだ覚えてい  云はれずにい  誇りがましい  姉様がい  社会生活を営んでい  こととされてい  ものとされてい  妻にもち、たのしく暮らしてい  ょきっと突き出てい  俺をにらんでい  おばけ、と思ったので、持ってい  今朝はあわててい  性器を出してい  礼儀としてい  力をもっていると信じてい  北東亜細亜に広くおこなわれてい  少女が坐ってい  村じゅうざわめいて、眠ってい  陰部が実際に腐ってい  タカってい  退散させ得ると信じられてい  恥かしき、唯い  霜にも当てじとい  裸にしてい  心地がい  何処まで書いてい  勇しい  安南人でもい  愛相がい  やつてもい  商店街と覚しい  神さん、ほれ見い  鉄橋こそい  応はしい  違ふらしい  予定通りにい  頭がい  なにから話をしてい  飛行機へ乗せてもらへるなら、さうしてもい  土をい  讃美してい  眼覚ましい  ことになり、い  晩、丁度い  貧民をい  一つ時を愉しましめるてい  意見を聞かしてい  方々でもい  予想なりを聴かせてい  たか、い  二つ残つてゐてもい  わけではなかつたが、さうかとい  母とい  錯乱してい  矢庭に馳せてい  草木なしにはい  厭はしい  うの竜胆らしくてい  花摘みとりて見ればい  若い僧形とい  家に棲んでい  横に坐り続けてい  対きあってい  相違ないと思ってい  内心ひどく恐れてい  妻は気がついてい  ぼんやりと考えてい  どこを歩いてい  ためしっとりと濡れてい  顆がいっぱいについてい  がちゃがちゃさせてい  靴先を視詰めてい  靴先についてい  ことを言わずにはい  一緒に歩いてい  気が落つい  間に落つい  理近かるべしとい  遊于梅園丈夫はい  から少しぬるくしたら善からうとも思ふたがい  痛所をい  無遠慮にい  処をい  私も御い  人間至上主義とい  最後まで押し進めてい  少女心のこよなくい  敵が攻めて来ましたよとい  網倉とい  生れ替りだとい  有情非情同時成道などとい  位だとい  宿つてゐるともい  里とい  やうだとい  のだが、まだい  一つほめられてい  門をあけてもい  じいつとやすんでゐてくれい  そこらをうろうろあるい  馬から下りてい  薬をい  それにい  花が、そこらい  顔から肩へ、もうい  答へいたしてい  詞をい  山のい  川水が青くせせらい  幾つでも食べてい  介をい  ねこの子がはいってい  箱のすみでふるえてい  きみ子さんがい  赤ちゃんを抱いてい  赤ちゃんに見とれてい  お父さんは、考えてい  ねずみがい  少女日はい  三人あゝい  しきもの悉ねたむい  云ひてもい  人か、い  一スウの小い  空気が、い  瞳までを湿ほしてい  何でもなければそれでい  どれがい  二匹でい  逼ってい  まま突立ってい  日は沈みかかってい  樹木も生えてい  日は暮れてしまってい  二人は餓え切ってい  一人二人動いてい  市街地に出て一杯飲んでい  合せ目をとじ付けてい  斜めになって立ってい  四軒までならんでい  往来に向けて開いてい  人が住んでい  火花が飛び散ってい  向側まではっきりと照らされてい  男が働いてい  色に見惚れてい  まりをしてい  唸りを立ててい  町はずれに来てしまってい  勾配を取って下ってい  遠くに来てい  家並を圧して立ってい  戸外に立ってい  べっかんこをしてい  事は心得てい  赤坊がまだ泣きやんでい  腹を立ててしまってい  風は吹き募ってい  影に立ってい  遠く荒涼として拡がってい  音で募ってい  跡は聞いてい  腹に立ってい  擅にただよってい  火の気は絶えてい  乳は枯れてい  時勝負はきまってい  ままに何時の間にか寝入ってい  ように鋭く切り込んで来てい  中でがつがつと震えてい  風はしてい  割合に整ってい  色を湛えてい  ままで黙ってい  風は吹き落ちてい  底気味悪く晴れ渡ってい  秋耕をすましてい  あかざととびつかとで茫々としてい  風にたわみながら光ってい  色を見せてい  まわりで働いてい  烏もい  昨夜事務所にい  鉄瓶がかかってい  二つ三つころがってい  直訴がましい  入口から眺めてい  所のものを借してやるといってい  姿を見守ってい  所とも覚しい  独笑いを漏してい  晩酌に酔いしれてい  柏に着てぐっすり寝込んでい  口にあてがってい  ぼんやりと過してい  小屋といわず存分に腐ってい  農場を譲り受けてい  諢名してい  女を待ち合わしてい  怒りに震えてい  世話役をしてい  身じたくはしてい  がらがら震えてい  一人として借金をしてい  闇をすかしてい  彼れは憤りにぶるぶる震えてい  そこに隠れてい  傷だらけになってい  上にぶっ倒れてい  自然をよごしてい  から水滴が絶えず落ちてい  焚火をしてあたってい  中はどんよりと暗く湿ってい  座に割り込んで黙ってい  頬杖にして居眠ってい  微笑をほほえんでい  勝負に耽ってい  勝負ばかりしてい  休なく降り続けてい  上を這ってい  そうにだらけてい  事もし得ないでい  藁をざくりざくり切ってい  雨垂れを見やってい  身をよせてじっと聞いてい  亜麻にしてい  滑らかにしゃべってい  ように青くなってい  方に丸まって痛い痛いといいながらまだ泣きつづけてい  さし向いに罵り合ってい  右手に握ってい  早口にいい募ってい  狂態を見つめてい  惜んだりしてい  ままよと思ってい  彼れは少し疲れてい  妻から嫉妬がましい  博徒らの張ってい  広葉になってい  ようが土台ちがわい  女もい  間を縫ってい  某もい  三人人がい  おいおい泣いてい  ものを取出してい  物は衰え細ってい  事を見守ってい  渇き切ってい  仁右衛門は有難いと思ってい  くそこらを見廻してい  川森さえ居残ってい  それを心から淋しく思ってしくしくと泣いてい  姿をさらしてい  上に宿ってい  蚊をたたき殺しながら泣いてい  忘られてい  娘が坐ってい  垢抜けがしてい  頃博奕に耽ってい  昔にけし飛んでい  最初から目星をつけてい  すれすれになってい  下で遊んでい  時先頭にい  地面に転がってい  馬はまだ起きてい  二足とも折ってしまってい  ぼんやり河面を眺めてい  消し描いては消して流れてい  中で思い浮べてい  妻は眠ってい  音をさせずに黙ってい  打撃から跳ね返ってい  彼れになってい  そこにもい  失神して倒れてい  誰でも知ってい  小屋にい  賭場にさえい  それを知りぬいてい  競馬以来廃物になってい  のは知れ切ってい  今から知れ切ってい  冬を迎えてい  右手に隠して持ってい  眉間を喰らわそうと思ってい  農場にい  事務所から想像してい  皮が敷きつめられてい  安座をかいてい  がらかに吹いてい  間は聞き直したり、補ったりしてい  頭をすくめてい  湯気を出さんばかり赤くなってい  赤坊もい  薄ら積ってい  間をおとなしく撫でてい  何かを見詰めてい  事するでねえ、傷ましい  物をしてい  雪を打振い打振い  雪道がついてい  馬も持ってい  籠めてい  一生懸命にならずにい  笑を含んでい  顔全体を引き締めてい  場所に立ってい  腰つきが少しもふらついてい  色はまるで現れてい  一男を眺めてい  ちゃんと分かってい  水夫をしてい  仕事をむしろ楽しんでい  彼を待ち受けてい  笑みを浮かべてい  小づかい  代りをしてい  前に下ってい  さわやかに吹いてい  今まで立ってい  腹の中ではらはらしてい  鉄材にぶつかる恐しい  一斉にとまってい  先頭に立ってい  さっきまでい  監督と並んで立ってい  人夫たちのたぐり寄せてい  頭を働かせてい  梁にしっかりと結びつけられてい  仕事が残ってい  わきへのけられてい  職工頭をのせてい  声もまじってい  一心に見つめてい  涙があふれてい  それからあたりをきょろきょろ見まわしてい  両手をしっかりとつかんでい  今まで見てい  輪を描いてい  十七になってい  ようにさせてい  日をくらしてい  質に富んでい  音があるといわれてい  水汲みが初まってい  朝日に輝いてい  すれすれに深く茂り込んでい  淵をつくってい  小首をかたげてい  対手にくらしてい  落第ばかり続いてい  終日室にこもってい  失望させられてい  お宅へとどけようと思ってい  ペエジばかり繰ってい  ことのできないほど慌ててい  磧を見てい  晴晴しい  酒場にでもい  尊敬をもってい  運動が起りかけてい  敬愛してい  友人がい  故郷にい  ところに出してい  階下へ降りたり上ったりしてい  人が坐ってい  表は落ちついてい  お太鼓とを見つめてい  たいがい大丈夫だとも言ってい  方がやりい  なおむつかしい  三度引っかかってい  時分から人に可愛がられているから馴れてい  反対だと思ってい  そとに永く立ってい  話をしい  手招きをやってい  気にしたりしてい  執拗につづけてい  中腰になってまで、しばらく躊躇うてい  返事をよこすって言ってい  私は黙り込んでい  顔をして、気まずく黙ってい  桃割をじっと見てい  私は呆れ返ってい  温和しく瞬いてい  気持を含んでい  帽子をかむってい  恰好よりも、ずっとませ込んでい  だんだん解りかけてい  天才をもってい  ときから印刷工場に勤めていたといわれてい  保護されてい  たいがい父がしてい  みな燈明がともされてい  ことだなどと言ってい  下男のい  読書などしてい  燈明配りが始まってい  私は見てい  栂が立ってい  納ってい  虚無僧と同じい  私はもってい  見知り顔もできてい  上に坐ってい  ことを見てもらってい  参詣人のい  私にはよく判ってい  三度顔も見知ってい  器量をもってい  さに富んでい  盗癖をもってい  袂へ捩じ込んでい  横目でちょいちょい見てい  横目でじろじろ見てい  光沢をもってい  瞬きをしてい  宙に這うてい  私はじっと見てい  内陣になってい  いるかと見てい  内部から見てい  可愛い靨さえ浮いてい  不動としてい  年寄たちは言ってい  監視をしてい  疑いはかかってい  ところに休んでい  不安そうに言ってい  ふしぎがってい  だらしなくなってい  間待ってい  絶対に知らすまいと思ってい  時に迫ってい  節穴から一心に見詰めてい  うしろ姿を見てい  行列を眺めたりしてい  三本立ってい  眺めもしてい  頭にきざみ込まれてい  窓がついてい  美貌とは決して係ってい  水は涸れ込んでい  隙見をしてい  いつまで立ってい  私はしばらく考えてい  理由をつかんでもい  何者かがい  ように暫くでも持ってい  彼女と同じい  寂然としてい  ように取り残されてい  室にばかり籠ってい  水汲みをやったりしてい  判断してもらってい  お寺詣りにつれてあるい  暗示したりしてい  頬にもってい  それを信ぜずにい  気の毒に思ってい  父が言ってい  百本入ってい  誦んでい  経をよんでい  あとで言ってい  釜鳴りがしてい  さを湛えてい  胴を磨いてい  私もほしいと思ってい  彼を避けるほどになってい  名前が知れてい  娘と仲よくしてい  前垂れをしめてい  ハンカチなぞ持ってい  機嫌にしてい  目をして送ってい  彼はもってい  表は笑いながら言ってい  夜露に打たれたり、更けて帰ったりしてい  味を知ってい  変に思ってい  私にしてい  感情をもって接してい  そうに言ってい  まり目をかけなくなってい  心になって考えてい  臥ってい  非常に瘠せ衰えてい  鳳仙花がもう咲いてい  熱で乾いて赤く冴えてい  庭をながめてい  私どもはしばらく黙ってい  光を見せてい  明日来るから待ってい  私どもは暫く黙ってい  目ははや湿ってい  お玉さんはややためらってい  ものがうすうす知ってい  さを感じさせるほどになってい  静かに祈ってい  ことを信ぜずにはい  はいはしないかと窺うてい  様子をきいてい  表は黙ってい  手を見つめてい  柔らかい果物をたべてい  庭にも射し入ってい  否定してい  私たちはまた暫く黙ってい  発熱してい  毎日詩作してい  書斎にこもってい  病気にかかわってい  病熱に輝いてい  自分を知ってい  友愛をもってい  表もい  咳入ってい  このごろ毎日家で責められてい  上で組み立てられてい  表のしてい  方だと思ってい  ときに逢って話したいと思ってい  雨のふるのによくい  舞妓がい  お玉さんなどと会ってい  力をこめてい  しか離れてい  今までい  記帳場にい  ように架ってい  重みに輝いてい  砥がれてい  なかに、そらと同じい  処処にむくれ上ってい  音をつづってい  人もなくなってい  三度会っていて知ってい  加減をわるくして寝んでい  この間云ってい  頭を撲りつけられて殺されてもい  満点をつけてもい  救はんでい  心配せんでい  瀰漫するとは、い  流れに流れて、あの恐しい  周章しい  蒲団へ小い  母さん、話してい  叔母さんがもう起きてい  やつとい  体のい  水滴を受けてい  愚劣さに、い  細そりした、然し骨ばってもい  渾然としてい  窓から空を見てい  雲がかけてい  婆やきりい  殆んどのってい  尾形は少し酔ってい  時和服を着てい  寝床も片付けさせていたし、坐り直してい  一人きりでい  婆やもい  清子もい  稲光りがしてい  いつか雨が降り出してい  水しぶきがしてい  ところを見てい  後にくっついてい  胸をふくらませてい  硝子戸がびりびりふるえてい  二三十歩行ってい  蛙がまだつくばってい  蛙がいなくなったと騒いでい  自転車を洗ってい  なかったかしらなんて考えてい  腹を悪くしたといってい  歯をみてい  眼をしてきょとんとしてい  自転車に乗つてい  傘を借してあげればい  洗つてい  腹を悪くしたとい  ふきだしてい  おもしろいあそびにしてい  ゆくえをながめてい  ふうに泣きかなしんでい  こちらをみてい  きれいにわすれてい  ごちそうをたべてい  ところであそんでい  王子にかわってい  くさりをひきずってい  けらいが、しゃんと立ってい  胸にまきつけてい  そうになったので、やっとたがをはめて、おさえてい  ことになったので、ふさがってい  抑圧してい  己れに附されてい  中立的立場に立ってい  匙から食べてい  戦争熱であおられてい  疑念を抱いてい  強調して来てい  日本的特徴がつよくあらわれてい  逸脱を決して悲しんでい  社会党左派といわれてい  差別されてい  法律顧問をしてい  運営されてい  軍事官報を読まされてい  これまでよまされてい  統制されてい  実行されてい  自由を受け入れてい  十箇条から成りたってい  清算されてい  批評なしにはい  一般に読まれてい  存在を許してい  形態はとってい  非難を受けてい  共和主義者と信じられてい  マイクが近寄ると逃げてい  軍歌ばかりをつぎこまれてい  委員会がつくられてい  中絶されてい  余り注意されてい  短波受信をしてい  軍事統制を行われてい  蓄積してい  審議されてい  民主的になってい  一九四五年八月以後戦時中緘口令をしかれてい  問題となってい  原則的とりきめが行われてい  教育を行ってきてい  特別科学教育を行ってい  ためにも行われてい  中等学校にも行われてい  入学させてい  教壇から追われてい  計画をたててい  予告されてい  ようにして進められてい  すべて軍事費にくわれてい  関心を向けてい  水準にまでも達してい  査定してい  投書をのせてい  ことを告げてい  中心となってい  勤労階級のおかれてい  現実がとらえられてい  現実が伝えられてい  関係も描かれてい  打破しようとしてい  義務を果してい  富国強兵政策によってい  教育が全くみすてられてい  殆ど行われてい  千分の一にも及んでい  従来使われてい  文章によって書かれてい  仮名づかい  動詞をもってい  楽観的見解はもってい  教育で仕立て上げられてい  進出してい  戦争協力させられてい  侵入してい  考え方から閉め出されてい  自由を奪われたりしてい  協力さえしてい  想像されてい  人に知られないで暮してい  充分高まってい  信者を多く持ってい  政治的訓練を経てい  立場におかれてい  官僚でおさえられてい  可能が失われてい  ブルジョア革命を経てい  否定が信じられてい  封建的絶対主義につつまれてきてい  孤立してい  戸口をふさがれてい  人々に愛されてい  生活力にも富んでい  中断されてい  余地をのこされてい  ようにして殺されてい  日を待ってい  ことに対して感じた憤りを忘れてい  封建に圧せられてい  しか書かれてい  戯曲を書いてい  作品を送り出してい  機会を奪われてい  理解を欠いてい  有効に働いてい  生命さえおびやかされてい  上演禁止をされてい  選択をもってい  観客としてい  戦争中全くつぶされてい  傷はまだ治ってい  温存してい  ソングは生れてい  系統に属してい  音楽教育から閉め出されてい  オペラをもってい  ものは認められてい  領域に入れられてい  反抗精神を示してい  花柳界においてい  とまどいしてい  間眠ってい  所蔵してい  日常生活から抹殺されてい  提携を考えてい  一人として活躍してい  何処かでこしらえあげられてい  石川達三が加えられてい  種子をまこうと思ってい  消毒されてい  十分知らされてい  予定されてい  網羅してい  一般に知らされてい  文化団体があげられてい  団体があげられてい  のをみても、甘やかされてい  目的を与えられてい  モードはすたれてい  生意気で、い  あちこちあるいてあるい  それもい  名が並んでい  素朴に考えられてい  文学史にも記されてい  内部を塞いでい  滑り歩いてい  いちばん透きとおってい  言葉をきいてい  心づかいが満たされてい  言葉を喪ってい  悲壮がはじまってい  雨雲が引裂かれてい  呼吸づいてい  場所になってい  雨に痛めつけられてい  色彩を失ってい  雨をすっかり遮ってい  これまで歩いてい  二年間通ってい  何度も語ってい  彼にとってはもう慣れてい  絶望的に降りつのってい  身を縮めて話し合ってい  ぼんやり立並んでい  引続いてい  壁に貼りつけてい  写真が、い  息が切なくなってい  幻影で覆われてい  庭さきにちらついてい  予想で、ぐったりとしてい  ように澄んでい  妻はしばらく黙って考えてい  考を追払おうとしてい  打診してい  二人づれで見舞に来てい  儘になってい  廊下まで、べとべとと湿気てい  緑が射とめられてい  対けてい  清澄が棲んでい  中にも流れ込んでい  ように動いてい  海が白く光ってい  ように、歩き廻ってい  曲り角を歩いてい  片手を震わせてい  あざやかさがひとり取残されてい  待兼ねてい  悲痛がピンと漲ってい  召集されてい  笑みを浮べてい  魂に還らせてい  頃何かしきりに考えてい  穂で揺れてい  叢もうっすらと色づいてい  並木がはっと色づいてい  幻想となってい  いままで閉じてい  時刻は来てい  予感がしきりにしてい  ものを感じながらも、押黙ってい  日が短くなってい  家路に急いでい  気持で、ひとりゆっくりと歩いてい  理解に立ってい  固持してい  純文学を守って来てい  技術的範囲に限られてい  形をもってい  規定してい  教養をもってい  部屋かですごしてい  花も咲いてい  夜が明けてい  称んでい  一本道が通じてい  ように集ってい  色に咲いてい  形に肖てい  卵に似てい  あんまりひどいのに、しばらくは呆れてい  語がついてい  からだをゆすぶってい  峯が美しく聳えてい  そこらを歩いてい  カン蛙はまだすっすっと歩いてい  ペネタ形になって流れてい  お酒に酔ってい  みんなぐうぐう睡ってい  まま睡ってい  半分死んでい  ブラブラあるい  真似をして笑ってい  食傷してい  一晩中ふるえてい  外へい  らしっちゃあい  昔もい  お前を待ってい  物心がつくと死んでい  己を忘れてい  霊魂は飢えてい  顔をみたがってい  命を持ってい  空気を盛ってい  諸家によってされてい  ちゃんと理解してい  方向を試みてい  当りかたから角度を鈍らされてい  方向をとってい  それぞれ工夫がこらされてい  文化映画的にかかれてい  連関において考えられてい  反映されてい  関係によってい  姿では、まだはっきりもしてい  支配されて来てい  目的を以ていそしんでい  可能とされてい  無邪気に感じてい  風に扱われてい  現実には持ってい  髭を生やしてい  配給されてい  努力しないでい  選手にい  肉體をい  畫集をい  そつちの方へ歩いてい  町へ出てい  家を出てい  ところを分けてい  寫眞機をい  仙人じみてい  慾張でい  者は、やはりがりがりでい  右手、い  何時でもい  云はなくたつてい  わたくし、させてい  御飯が余計い  従事してい  確信を持ってい  存在意義を押し出してい  詳述してい  中に込めて考えられてい  中に持ってい  当時従ってい  数年来沈滞してい  性質を異にしてい  否定し去ってい  云々され始めてい  於て言われてい  見解を示してい  パン種の入ってい  従来理解されてい  論議に終ってい  外へ押し出されてしまってい  関心が欠けてい  ものを多く持ってい  出版活動をしてい  上にされてい  政治経済知識を著しく欠いてい  雑誌を持ってい  相貌とい  ときでも、い  眼に映じてい  天を限ってい  林が続いてい  程に散ってい  湯元にい  偃松が生えてい  張り渡してい  今しがたまで粘り付いてい  登りに懸ってい  雲が流れ寄ってい  展開してい  雪に焼けて、少し黒ずんでい  姫が住んでい  衣姫と呼びなしてい  実を摘んでい  滝なども懸ってい  さにい  あたり迄辿り着い  裂け目がついてい  湧出してい  道が壊れずに残ってい  私は思わずにはい  都会にい  限り展べてい  羆をい  村医をつとめてい  名人がい  家へ泊まってい  瀬音ばかりを響かせてい  火石からできてい  丘を望むと、い  背中だけ出してい  顔を見合ってい  穴住まいしてい  から、もうい  専門であると思ってい  湯がい  のをきくと、案外、まるで似てもい  ことは、一応はっきりしてい  からまりあってい  それが向けられてい  生態とかを、い  目標を持ってい  人類の憧れてい  金城鉄壁だと思われてい  スースー外へ抜けてい  そこまで判ってい  ラジオテルミーと呼んでい  金属板で出来てい  辛抱してい  美事に伸びてい  附着してい  方々に夥しくついてい  一人が見えなくなってい  一筋でももってい  手がかりをもってい  頭脳をもってい  しかししい  間考えてい  世界に働いてい  実験室から匍い出さずにはい  二間ばかりも切れてい  シスタントをつとめてい  ようにして、しゃがんでい  独言を言ってい  実験はやってい  朱色に輝いてい  接地されてい  といふところまで思ひい  ことがあつてい  青年はどうすればい  はじめて面目を改め得るてい  なほ使はれてい  それが間違ってい  正鵠を得てい  人間未生以前から存してい  加はらず、かとい  一日がかりで、ためつすかしつ、い  家へ出掛けてい  行つてあげてもい  ひとと来たら、い  ゆきさんとい  心臓に来るからとい  リヤカーで曳いてい  半分にすればい  あたしたちは、い  つもりであつたが、なんとい  言ふまい  月ぎめでも年ぎめでも、どつちでもい  結果がい  ソラ豆はい  写真にとらせてい  食はせろとい  買つてあげてもい  声が散らばつてい  鴉が住んでい  かげを求めてい  言葉に満ちてい  顔を埋めてい  寄つた餡餅を並べて売つてい  ポーが生きてい  死骸の浮いてい  シャーロック・ホームズの住んでい  小説を思い出さずにはい  観察力が優れてい  平素よく心がけてい  法医学教室にい  鑑定を行ってい  人々の考えてい  探偵小説雑誌を読んでい  光を発してい  心理を示してい  身をよせてい  彼岸花がおびただしく咲いてい  南向きに寂しく立ってい  墓にのぼって頻りに鳴いてい  家鴨数十羽が群れ遊んでい  風情を見せてい  八時をすぎてい  燦めいてい  一角をぬいて聳えてい  ブランコに乗ってい  徽章をつけてい  機織虫が鳴いてい  好きだつてい  まり重んじられてい  普通考えられてい  そのまま日本ロマン主義になってい  山川草木皆具佛生とい  親子が興じあひたるい  君がい  意味を有ってい  科学的常識を有ってい  既成品としては与えられてい  科学主義者に、判ってい  羨望せしめるてい  方が、どんなにい  例を除いて、い  意味が本当に分ってい  毎日喰べてい  集成に走ってい  いままで持ってい  きれいに削られてい  枝は、おもしろく曲がりくねってい  たたずんで見てい  小刀がはいってい  だれか、見てい  おまえなんか知ってい  私をよく知ってい  朝晩、どんなにでも働こうと思ってい  下で、横たわりながら、そう思ってい  ナイフは、もう赤くさびてい  そうに落ちてい  白痴がい  可怖がられたりしてい  居心地わるく感じてい  亭主がい  商売でもしてい  木が飛び生えてい  木はい  十五年以上暮してい  永年住んでい  縫物をして、やっと暮してい  甥がい  ことが感じられてい  正直に働いてい  松叢を見てい  提出されてい  文学とが結びあわされてい  据ってい  発生させてい  十分紹介されてい  要因は含まれてい  作家が陥ってい  中でだけ描かれ組立てられてい  芸術的リアリティーをもってい  マルロオ等によって唱えられてい  文化的行動が起されてい  反撥してい  可能性となってい  ように見られてい  ナウカ社から発行されてい  力を有してい  健康性を保ってい  プロレタリア文学に欠けてい  文壇的風潮をなしてい  うちに含まれてい  自意識されてい  偶然にたよって成立ってい  個人主義的要素をいささかも含んでい  明確にしかつかまれてい  地盤にのこされてい  足枷として見てい  領域から勇飛してい  必要が感じられてい  十分持ち得ないでい  選に入ってい  予期されてい  関心をあつめてい  矛盾を示してい  どこに潜んでい  内包してい  道を示し得てい  高まるとも低まってい  幻を喰って生きてい  ようをしてい  身につけ得てい  知識人中心に扱われて来てい  用としてい  物を云ってい  特徴が語られてい  十七年留守をしてい  投獄されてい  随筆化されたと云われてい  芸術的現実に終ってい  作品を送ってい  一部が持ってい  そこにまで到ってい  ものが流れてい  ものであると認めてい  意外に感ぜずにはい  ちゃんと定まってい  会津藩でゆるされてい  特権をもってい  勲功に基づいてい  擱いてい  本質に、ふかく根ざしてい  一言もふれてい  ことを認めずにはい  ものだろうと思ってい  くりすたらい  舞ひたいあをい  独占されてい  一戸あたり八百円という恐しい  文化を持ってい  靴をはいて画かれてい  主にして画かれてい  役割しか演じてい  役割をはたしてい  知識階級がもちつづけて来てい  ことを、考えてい  子とが住んでい  中はじめじめしてい  一面に波打ってい  雨に封じられてい  上に試みられてい  秋が現われてい  うちに浸ってい  書物を読んでい  都に出かけようかと思ってい  住ってい  口にしてい  光を含んでい  絶壁になってい  きらきらと輝かしてい  取り入れに出かけてい  皆小作に入れてい  野菜畑を持ってい  薩摩芋まで作ってい  柄に屈めてい  彼女はいくら痩せても、丸くふっくらとしてい  一つ幾日も懸ってい  野菜が育ってい  外に逸してい  藁束の間に遊んでい  地蔵様にお詣りしようと思ってい  殆んど刈られてしまってい  百舌鳥が啼いてい  俗とい  黄英とい  秋にい  眉毛を持ってい  読者にまじってい  こんにゃく売りをしてい  しかしだれもい  隅っこで遊んでい  住宅地を売ってあるいてい  丹精してい  手数がかかるかを知ってい  方から廻ってきてい  げてい  しろで、並んでみてい  小学校にあがってい  級長をしてい  ときもやはりわらってい  何語を教わってい  お母さんとがならんでい  こんにゃく桶をかついでい  人間になってい  自然すぎるほど落つい  ふしつけの宜い  遊びもい  建築を見て歩いたりしてい  のはい  店へさうさいさい  そこから逃げ宜い  親子四人もい  月そそぐい  言の葉も得ずい  高嶋屋の使ってい  停留場に立ってい  物騒だと聞いてい  風呂敷へ包んでい  記号はついてい  何にもしてい  こっちへ這入ってほどい  実印とが這入ってい  関係をつづけてい  手許に送られてい  借家が並んでい  色が薄く残ってい  銭を待ってい  あれほど好く晴れてい  中も曇ってい  芸者でもしてい  どこに出てい  宮にい  跫音も途絶えてい  まん中ごろと覚しい  バスももう通ってい  いつか新聞に出てい  彼氏が来てい  一時寂としてい  神代帚葉翁が生きてい  馴染になってい  から全く廃せられてい  事はてんで考えてもい  櫛比してい  策を講じてい  まま大正道路に残ってい  丸髷にしか結ってい  隠れ住んでい  留守番してい  虫干をしてい  里に囲われてい  其まま黙ってい  商売してい  稲妻が閃いてい  休憩所にしてい  熟知してい  書くことを忘れてい  むかし北廓を取巻いてい  蜻蛉のとまってい  通には出てい  中休みをしてい  人が聞いてい  処へ行かずにい  円タクを走らせ、やがてい  ものばかりになってい  事を知らせてい  髷に変ってい  何云てやんでい  其境涯をさほど悲しんでもい  左程悲しんでい  しか見てい  気がしなかったなら、既に裂き棄てられてい  事はわかりきってい  いつものように窓に坐ってい  夜店の並んでい  人の乗ってい  車を待ってい  蓄音機を鳴し立ててい  紙が下ってい  澄江となしてい  横町を歩いてい  初めは全く見忘れてい  前から顔を知り合ってい  四竹を握ってい  岸ばかりさまよってい  銀座通を歩いてい  日曜日に当ってい  処嫌わず昼寝をしてい  ごとに出逢ってい  ところから、い  銀座からは遠のいてい  電柱のかげにかくれたりしてい  日光下駄をはいてい  之を察してい  これを知ってい  事情を知ってい  一般には行きわたってい  殖民地に働いてい  珈琲を売ってい  礼を交してい  同一に視てい  彼岸を過ぎてい  ように言われてい  事を許されてい  事を聞いてい  洋服を着てい  浴衣ならいい  能く知ってい  それはあたかも、待ってい  なかった態度によく似てい  自ら娯しみとしてい  起臥してい  風習がい  議論もしてい  事を少しも恐れてい  感を抱いてい  民友社で出してい  草花のように咲きそろってい  拾い読みをしてい  喜びに浸ってい  随伴してい  緊張させてい  死ぬ前に考えてい  創作心理から考えてみても、考えてい  わされてい  気のつかないでい  限定されてい  解式だけを知ってい  環境条件があまりに漠然としてい  洞察されてい  一部しか見てい  存在を認められてい  応用が進んでい  人にもよくわかってい  教程を怠けてしまってい  若い頭はまだ固まってい  田丸先生友田先生からいい聞かされてい  片隅で小さくなって聞いてい  それっきり何年も忘れてい  物色してい  夏がい  /″\しい  今日退院してもい  絵をお描けになればい  乾肉をつくって待ってい  麦を割ってい  碁を囲んでい  北側に坐ってい  南側にい  北側にい  僕は小い  名著をもってい  便利、よろこびが加わって来てい  んだろうと思わずにい  註をつけてい  形象してい  意味ふかくのべられてい  探究にふれて語られてい  役目もはたしてい  記述してい  ものを吸いつけさせて遊んでい  ままに放られてい  何ももってい  自由になりきってい  一方にそのままもってい  中では一向活かされてい  体得させられてい  教えもしてい  裏を流してい  光が潜んでい  一ヵ所開いてい  間に落ちてい  目明し根性を出すなよ、といわれてもい  気をすくませてい  声を待ってい  油断しぬいてい  噂に聞いてい  笑いが含んでい  戻りを待ってい  イイエ誰もい  一鼠がい  扱い事か、くらいに考えてい  ものと悩んでい  ジッと立ってい  執念くうかがってい  お十夜は、ないとは決して考えてい  門札は掛かってい  爪先で探っていたかと思うと、脱げてい  勝手に見散らかしてい  戸閉してい  吉報を聞きに来てい  ここには、住んでい  くまなく探してい  うたた寝してい  崖に、うっとりと寝転んでい  襟あしに燃えついてい  掌が重なってい  真意を感づいてい  孫兵衛は、あたかも、忘れてい  居所と定めてい  死をきわめて、待ちかまえてい  切ッ尖に張りつめてい  鏡だけが立ってい  名まで知ってい  閾をふみかねてい  銘までみてい  腕ぐみをしてい  角柱に伸びてい  アア落ちつきはらってい  一生涯、脅かされてい  のも知ってい  名を洩らされてい  蝶番いがついてい  羽目板がつづいてい  時まで、握りしめてい  綱は、取り乱してい  席にまじってい  あくびを噛んでい  匕首の尖を透かしてみたが、折れてい  婦人がい  手をつかえてい  ものにきまってい  行方しれずになったと、言いふらしてい  さにみちてい  釘付けになってい  ところは、深く聞いてい  お嬢様、い  向うで急いてい  上から垂れてい  結びコブシが作られてい  縄の朽ちてい  隅にい  そうでい  皿に残ってい  そうに食べてい  野郎がい  おじさん、い  獅子に出てい  皿を洗ってい  たしかに見えてい  火の手は上がってい  闇を仰いでい  突ッ尖に攀じのぼってい  ジッと見てい  よそごとに聞いてい  腰につかまってい  組屋敷も、また、案じてい  櫛が落ちてい  女のさまよってい  右手につかんでい  身に感じなくなってい  千絵様のい  檻となってい  努力をつくしてい  煙を防いでい  火となってい  安心はしてい  火の粉をかぶってい  手に入れようと計ってい  ベソを掻いてい  紫色に這ってい  口もきかずにい  綱の着てい  自分の着てい  ここに落ちてい  気配を探ってい  右手に持ってい  姿を見すえてい  縄を絡げてい  息を計ってい  二つ見えてい  駕屋もい  油断しきってい  虚空へ向けて斬ってい  見事に狂ってい  相手にねばり強くつかまれてい  屋敷にい  後ろに立ってい  陽に乾いてい  態で立ってい  客はこんでい  どこでい  色を浮かべてい  旅で暮らそうと誓ってい  愛着をよびさましてい  土地そのものだけには懐かしまずにはい  往来を見張ってい  目算ははずれてい  殺意はしきりと動いてい  ドップリと暮れてい  ことを、とうに覚ってい  山内を駈け抜けてい  爽やかに晴れてい  騒ぎは消えてい  のは知れてい  茫然と見つめてい  焼跡を眺めてい  二人は立ってい  丞も立ってい  暗然としてい  雪も払わずに立ってい  音もなく降り通してい  積ってい  正月をするっていってい  駿河台とかいってい  それを考えあぐねてい  元天満与力をしてい  巣にい  二人は酔ってい  お十夜だけが知ってい  わき見をしてい  孫兵衛は笑ってい  侍を、じっと見つめてい  怪訝そうにしてい  話もしてい  話はきいてい  丞めをつけ狙ってい  焼け跡に立ち廻ってい  この間うちから心待ちにしてい  こっちで察してい  支配所へ急いでい  何か考えこんでい  完全に助けきれてい  底で呻いてい  真相を残らず打ち明けてい  力を貸そうと誓ってい  胸騒ぎをさせてい  蓮見茶屋に上がってい  気を締めてい  真味に迫っているので、よいほどにあしらってい  仆されてい  まっ青になってい  ちょッと待ってい  人だかりとなってい  田楽屋で飲んでい  話をぬすみ聞きしてい  俺だって、黙って眺めてい  体を抱き止めてい  のを抱きとめてい  間、張りつめてい  炯眼は、疾く、こう見破ってい  時とを得てい  中に隠れて、ハラハラしてい  分ならばとホッとしてい  按配では、さだめし斬合いになるだろうと思ってい  なるたけ世間から忍んでい  姿を探してい  合力に出てい  中にまじってい  カジカんでい  会いたい会いたいと念じてい  姉を、よく覚えてい  シャクリあげてい  腕をあててい  我慢して働いてい  のに呼んでばかりい  姉を見上げてい  綱は、折り畳んでい  薄黒く浮いてい  泡を立ててい  ものが澱んでい  空は赤く映えてい  すすり泣きに泣いてい  お母さんさえ生きてい  才が生きてい  技術がついてい  あてを狙ってい  気が重くなってい  心に誓ってい  ゆるやかに流れてい  妹弟を見捨ててもい  抱っこしてい  手へ預けてい  スヤスヤ寝てい  びらせてい  ッくに逸してい  ちょっと足を止めてい  人立ちがしてい  その間にもワイワイと騒ぎ立ってい  裏を歩いてい  買物をしてい  これで取ってくれい  小半刻ほど話してい  心に計ってい  三間行き交わしてい  身を泳がせるやい  灯がチカチカと照り返してい  在職してい  姿を見つめてい  大阪表にい  気を失ってい  山奥に暮らしてい  活躍してい  心を動かされずにはい  身などについても、ぽつぽつと調べてい  ことは見抜いてい  掏摸は働かぬと誓ってい  屋敷を出られまいと諦めてい  感激につつまれてい  薬を忘れてい  火が崩れてい  指を繰ってい  客房を借りうけてい  先に寝んでいてくれい  留守をしてい  一緒について行こうと考えてい  本道に入ってい  返辞をしてい  鍔裏を押しきってい  どこだか知ってい  ちょッと持ってい  それを持ってい  闇をかすってい  妙だ、い  身を貼りつけてい  闇に消えてい  ことをいって、ぷんぷん当り散らしてい  虫の息をもらしてい  心待ちにしてい  自分一人と思ってい  心はとりとめもなく乱れてい  膝に正してい  そち達に頼まれい  冷静になるべく悶えてい  ジッとうつむいてい  原を走ってい  机に向ってい  腕をくんでい  磨きをかけてい  ことを、見てい  大急ぎにまいってくれい  丞がい  それを入れてきてくれい  ついでに、磨きかけてい  足を飛ばしてい  丞から打ち明けられてい  ものがかかってい  茫となってい  次の間にすえられてい  吉報を待ちわびてい  そこにうっ伏してい  朝酒でもあおってい  朝飯を貰ってい  皺をよせてい  方へ、うっ伏してい  お前、なんだか知ってい  一言、い  気をしっかりしてい  誰にも信じられてい  ことは、必ず忘れてい  手探りをしてい  目が利いてい  江戸に待ってい  丞様にすがってい  私なら、い  いつか匕首が光ってい  容体を見まもってい  茫とさせてい  お前さんの、待ちぬいてい  上がり框に腰かけてい  一目会いたいといってい  かき廻してい  桐油紙が掛かってい  先へ歩いてい  俺もそう考えてい  貰い泣きをしてい  ジッと待ってい  ジッと涙ぐんでい  時に、あんなに泣いてい  秘し隠しにしてい  膝にのせてい  消息をすら絶たれてい  思惑に疲れてうなってい  雲は晴れてい  想像は当ってい  名刀をさしてい  ささえてい  肌を見まもってい  者にかまってい  手に提げてい  双方を眺めてい  短銃を携えてい  不審に思ってい  鴻山は、い  身の上を調べさせてい  様子を、のこらず聞いてい  原にい  人数が休んでい  紐を結んでい  養育して取らせい  あたりを駈け廻ってい  反古を見つけて、ヒソヒソと読みあってい  愚図愚図してい  丞もい  爪を研ぎぬいてい  心理を知ってい  霜をい  美徳であると知ってい  皆眼鏡を掛けてい  才能豊富だとも思ってい  二三挺順に消してい  和尚はまじりと見てい  進藤延一、へい  ト伸上って見てい  寐込んでい  お供を願いたいんで、へい  様で、へい  お前さん、可い  いらっしゃいます、へい  娼妓でい  頼母しい  袖畳にしてい  めてい  火の着いてい  附着いてい  威勢よく云ってい  あまつてゐるなら少しでもい  数字はわかってい  安政四年までまもられてい  大切にしなければいけないと仰有い  好きだから大切にしてい  知らん顔をしてかかってい  違いないと思ってい  それも開いてい  風も吹いてい  帽子だけははっきりとしてい  ちゃんと見えてい  声を出さずにはい  苦もなくつき抜けてい  野原に来てい  ように高くぶら下がってい  大事に可愛がってやってい  僕をこんなに困らせなければい  うそだと思ってい  帽子を売ってい  おとうさんがばかされてい  箪笥とが来てい  事にして黙って見てい  おかあさんに仰有い  眼も明けてい  右手で握ってい  自慢しい  通人がい  今なお売ってい  上等品は白く、やわらかく、ふうわりとしてい  漱石子が話してい  商売はしてい  名主にだけは許されてい  さかんにいばってい  監督せられてい  老婢がい  先生かなんかしてい  尾崎紅葉などがい  なんどとは夢にも思ってい  素人屋にい  宿をかえてい  教師に転じて、そこでしばらくい  筋はいっこうできてい  しんようしてい  今に見い  ところを見せようと考えてい  過去を持ってい  二年ほど連れ添ってい  男に書き送ってやってい  小唄をうたって、誤魔化して暮してい  エプロンを掛けてい  事を願ってい  事をしみじみ考えさせられてい  風に叱られてい  目に会ってい  煙突を見てい  箸を嘗めてい  君を殴ってい  醤油飯しか食ってい  札に替えて送ってやってい  銅貨ばかりになってい  茶を呑んでい  行李を締めてい  腹の中では悲しがってい  一ツ持ってい  二ツに折って用いてい  周囲を取り巻いてい  四軒ほども並んでい  一本横に貫いてい  柱はひどくグラグラしてい  先を擦ってい  事でも考えてい  事で誤魔化してい  匂いがこもってい  三尺帯をぐるぐる締めてい  ベタベタ張りつけてい  柔いせい  蔓草がはびこってい  一枚ぐらい混ざってい  商い店が揃ってい  レコードなんかを掛けてい  軒を並べてい  だんだん苦痛になって来てい  ように明るく燃えてい  通りへ行ってい  前を合わせてい  庭に立ってい  穴が明いてい  手附を見てい  ようにかき込んでい  影を見てい  入口にも射してい  ピクピクさせてい  七八本は描いてい  自動車が待ってい  ビンタ殴られてい  黄色い花を咲かせてい  仕事に行ってい  とっさんも、いたか、い  機会を狙ってい  ビラビラしてい  ようにふくれ上ってい  首を見ていると、耐えてい  幾つも飛んでい  男もい  君から手紙を貰ってい  班にい  金を送ってやってい  ように誇ってい  ままにひねくれてい  のだろうとは思ってい  元気に働いて生きてい  ごらんになってい  ねっしんに見てい  枯れ草を照らしてい  たくさん遊んでい  ようすを見てい  それを食べてい  ゃっきゃっと喜んでい  ように怒らずに、笑って見てい  私には許されてい  名が世に高くなってい  先生顔して何やら呟きを書いてい  傷一つ受けてい  小説も書いてい  一つも持ってい  小説を読んでい  全部逃げだしてい  んと思ってい  虚勢をはって見せてい  西岸に棲んでい  域にい  厳罰に処してもい  方がかえって優れてい  脂肪に富んでい  ゼラチン質にも富んでい  遊びにも行かれるなんてい  棚を暗く照らしてい  今夜もあぶれてい  客引きは、押してい  音をしばらくきいてい  番頭は見上げて、い  空気が重く澱んでい  何枚か続いてい  にきびをつぶしたりしてい  息を凝らしてい  明けはなたれてい  方に向けられてい  口笛を吹いてい  顔がうつってい  感じが出てい  おまけに著しく歪んでい  観察されてい  釘づけにしてい  声でなだめてい  なにごとか叫んでい  暫らく空を見てい  気持が乱れてい  暫らくあきれてい  脂肪を温めてい  間へさしこんでい  湯殿にはいってい  仰向けに寝そべってい  私を待ち伏せてい  上に寝そべってい  私はきょとんとして坐ってい  こと信用せんとい  顔をして、黙ってい  女と向い合ってい  盃が渡されてい  男に言ってい  製法について色々知りたいと思ってい  自覚をもってい  嗜慾をもってい  要訣と考えてい  話と似てい  当時行われてい  迷信を笑ってい  認識を欠いてい  強烈に活きてはたらいてい  瀰漫してい  これも、い  誰からも考えられてい  簡明に書かれてい  在学してい  事務員も云ってい  沈黙を守ってい  父がい  伯父から貰ってい  ことも、よく知ってい  矢杉はもう忘れてい  きれいに剃ってい  若者は急ぎたててい  独身者がい  中でぶつぶつ云ってい  危なげにふらついてい  仰天して、そしてぽかんとしてい  学校を出てぶらぶら遊んでい  応答してい  月がほんのりと浮いてい  隣室へ立つてい  何処へい  茶の間へ這入つてい  話を細々と織り込んでい  年がい  方へ近寄つてい  感じがい  隣室へ出てい  隣室へ這入つてい  方々がまだ生きてい  のんびりとしてい  みみずなんかで、だまして取るよりい  木にのぼってい  奇体だと思ってい  赤にしてよろこんでい  岸に座って待ってい  樹にのぼって見てい  木の下まで行って待ってい  水をみつめて立ってい  鳥を見てい  水を見てい  十疋もとってい  はじめから怒ってい  ぶんはだまって立って見てい  さっきからよっぽど怒ってい  のをふせいでい  近くまで行ってい  ばたばた防いでい  蝉ががあがあ鳴いてい  景色にかわってい  編輯に働いてい  主はい  尼の願いい  こにもい  下り森に入って、い  夕彼はい  樹下に潜みい  死骸はい  世話までして上げてもい  びらでい  一寸売薬商人がい  あしたは休んでもい  みちを行ってい  中へはひったってい  つたとい  理窟をい  開戸を開けなければ往ない  オペレットと称してい  葡萄棚が出来てい  葡萄が下ってい  藤棚になったりしてい  岐阜提灯が、ぶら下ってい  確かに違ってい  コカインが入ってい  罐詰をやってい  むやみにい  話ばかりしてい  僕はまだなんともいってい  しょんぼりと立ってい  懐手ばかりしてい  美学を講じてい  問題がいりくんでい  絶命にい  批評をきいてい  簪をしてい  花梢が見えてい  与兵衛が坐りなおしてい  遊びつづけてい  日課にしてい  彩りをあたえてい  岸をながめまわしてい  寂然と立ってい  鶴をながめてい  あざやかに浮きあがってい  柾屋がたってい  身代りだと申しましたが、それでもゆるしてい  ほうをながめてい  冬木は感じてい  空襲で死んでしまったと思いこんでい  あいだ辛抱してい  間にひそんでい  目礼をすると、い  十分に、むくいも受けてい  考え沈んでい  ように、うかがってい  駅にでも、い  おゆるしをいただいてい  負ふい  夜遊にでもい  ばかもい  方へい  水は、はた、ゆるく噴きい  炬火もえい  其昔、い  凉しい  けふどこへい  伊吹虎尾、どんなに恐しい  祕密を汚してみよう、傷ましい  まり自分勝手になってい  事には関してい  事に関してい  三種を主としてい  内に潜んでい  意味にはまだ使われてい  子婦某氏が来てい  心に留めずに、忽ち聞き忽ち忘れてい  当時存命してい  医業をしてい  東側のみを占めてい  上を横切ってい  媼がい  兼て知ってい  比丘尼がい  五十を越してい  巻をしてい  剥落し尽してい  本石町塩河岸に住んでい  巷に遊んでい  奥に仕えてい  分家を立ててい  謹慎を守ってい  部屋住でい  署してい  江戸に還ってい  二世小稲がい  玄冶店に住んでい  妻になってい  玉屋に残ってい  檀那としてい  摂津国屋に詰めてい  冬映、最も愛せられてい  遊芸には通じてい  張交になってい  二三人加わってい  稲本に通ってい  昼三がい  経歴を有してい  囲いものとなってい  寂としてい  三代目小稲と称してい  標札が掛かってい  二分金がはいってい  足掛四年寒川に住んでい  頗豪遊に誇ってい  懲して遣ろうと待ち構えてい  幅を利かせてい  親分として戴いてい  業としてい  書肆を開いてい  店が並んでい  南向に附いてい  目に触れてい  鉄唖鈴を振ってい  はればれとしてい  住職は好く存じてい  住職を訪おうともせずにい  忠実を以て称せられてい  名をえい  名は誤ってい  伊三郎がい  三十四歳になってい  みいちゃんと呼ばれてい  身振い  大事件に対して持ってい  四百二十七番に住んでい  好きでよくやってい  勝負をやってい  財産を持ってい  オックスフォード街に現われてい  窓を見つめてい  傾聴してい  後に立ってい  老人の持ってい  道路から囲われてい  書籍をかかえてい  味感がのこってい  フロックコートを着てい  身体を縮めてい  決心が充ち充ちてい  念に燃えてい  知悉してい  身体を伸び伸びと伸ばしてい  探査してい  見張りをしてい  ことを、落つい  出発しようと思ってい  管理してい  整理されてい  悲歎してい  微笑をかみ殺してい  こっちに向けてい  変化を与えてい  中央に映してい  まま展開されてい  識取してい  ために引きつけてい  混り光ってい  理由を、持っているかもしれないがあるいはまた、持ってい  我慢してきいてい  機械を調べてい  音もしないでい  ヘルダーを知ってい  五里霧中に葬り去らせてい  一ぱい立ち並んでい  模写してい  影絵を映してい  念願してい  モランが隠れてい  不正をやってい  以前から、気がついてい  実用性を持ってい  厳存してい  目標としてい  解答されてい  すべて真実から出発してい  境地を脱してい  文学はどうでもい  ものも書いてい  間で、悦ばれてい  講義してい  余り沢山読んでい  なにしろすっきりしていると思わずにはい  あちらにい  意向を持ってい  持回わられてい  そのままになってい  希望者が群がってい  歌をつくってい  それにつれて快く踊ってい  虻を眺めてい  薄赤く染めてい  半ばにも達してい  見境いもつかず棚引き渡ってい  腕をしてい  あたりまで来てい  迷信的潔癖性に富んでい  鞭にしてい  ようにきかなくなってい  軒先を目がけて、ほとばしってい  茜色に光ってい  夢魔を堪えてい  微かに聞えてい  伴奏になってい  血でも流れてい  保存さるるも厭わぬと云ってい  お茶の水と呼んでい  縁がきれてい  まま固唾をのんで待ってい  疎遠になってい  文章をかいてい  なかで結びつけられてい  発表されてい  冠絶したいとは願ってい  空想に耽ってい  僕を知ってい  史料で通ってい  今まで気がつかずにい  矛盾を感ぜずにはい  相違を挙げてい  今日までも生きてい  いくらもい  話を知ってい  ものを感じかかってい  思慮を欠いてい  テエブルにい  自分のつとめてい  考を持ってい  保存せられてい  異郷人と考えだしてい  識見のすぐれてい  村を統べてい  黙認してい  下級巫女がい  備ってい  采女がい  ことを禁ぜられてい  資格は認められてい  上に臨んでい  混同せられてい  民を統べてい  記憶が薄らいでい  方へ、移っていってい  編成せられてい  窮地に陥れてい  近年までくり返されてい  顔掩いをしてい  団体と見られてい  後にも、なお続いてい  空想だけは残ってい  のだと考えてい  最近まで行うてい  立ちのい  訳を知ってい  人たちよりも長くい  三晩泊まってい  私を殺すだろうと思ってい  鑵をあつめてい  開け閉てをさせてい  なかに死んでい  態度をそなえてい  養育院にい  家に踏みとどまってい  婆さんが借りてい  三日とつづけて住んでい  危険にも馴れてい  偏見などを持ってい  空家になってい  犬を連れてい  空はやや暗く曇ってい  万事できてい  威勢よく駈け廻ってい  一面にかかってい  犬をしきりに鎮めてい  犬はもうおとなしくなってい  さかんに燃えてい  平面に立ってい  紙をもっておおわれてい  そばについてい  ドアが堅くしまってい  ドアをあけようと試みてい  彼の申しい  ドアはあいてい  上にとどまってい  針が残ってい  ほこりだらけになってい  寝床にしてい  ように撫でてい  力がこもってい  愛情が満ちてい  十分に固めてい  上に眠っているらしく寝ころんでい  ちゃんとしまってい  私をじっと見つめてい  相好はまったく変わってい  天井にとどいてい  私にも分かってい  わたしを照らしてい  うちで言ってい  幻影に過ぎないと思ってい  露出になってい  女とおなじくはっきりしてい  あとがにじんでい  あたりから血がしたたってい  手紙を持ってい  水中に長く沈んでい  海藻がからみついてい  一つ横たわってい  子供がうずくまってい  月の光りにまじりながら狂い騒いでい  何物もい  今まで光りを奪われてい  自責とを感ぜずにはい  人間が働いてい  上に戻ってい  夜のあけるまで待ってい  あなたは笑ってい  感応をあたえ得るとしても、生きてい  動物は棲んでい  海賊であると認められてい  乳母に育てられてい  子供を持ってい  痕が残ってい  船に乗り合わせてい  豊かに暮らしてい  のを認められてい  楽にはい  釘付けにされてい  地位を占めてい  華麗に飾られてい  今はもう黒くなって湿ってい  たくさんにならんでい  さを保ってい  一七六五年と記されてい  順序正しくならんでい  液体がみたされてい  物が浮かんでい  まり異ってい  文字がしるされてい  木でしきられてい  なめし皮に巻かれてい  騷がしい  はればれしい  到着を待ってい  者はほとんどい  ように呪ってい  子供を睨みつけてい  気持に傾いてい  下に坐ってい  財布はなくなってい  張り番してい  アイビキしてい  誰にも分ってい  シノギをけずってい  見込みを失ってい  位してい  保久呂霊薬を売りだして当ってい  ように云いふらしてい  坐禅を組んでい  保久呂湯へ泊ってい  ちゃんと知ってい  裁判官のふるいとは大そう違ってい  坐禅をくんでい  それは常に勝ちつづけ勝ち誇ってい  復讐を狙ってい  前からたくらんでい  ジッとこらえてい  簡単であると知ってい  彼は怖しい  全員集ってい  ガタガタふるえて坐ってい  ガタガタ坐ってい  畑になってい  初五郎がい  満足を与えてい  湯を少しずつ飲んでい  船を持ってい  船頭と言ってい  営業してい  初五郎とは知らずに寝てい  月番に当たってい  門がまだ締まってい  急にささえとどめようともせずにい  のを待ち構えてい  顔を見おろしてい  書付を見てい  条理がよく整ってい  まつは始めておそるおそるうなだれてい  一人生きてい  書院にい  赦免仰せい  中絶してい  文体が下卑てい  上から見るとはなはだ紛らしい  趙と名乗ってい  時そばに聴いてい  阿Qは黙ってい  どこにも残ってい  富と名乗ってい  本気にせず、やっぱりひやかしだと思ってい  価値さえ認めてい  自然己惚れが強くなってい  人をさげすんでい  表面にい  阿Qはしばらく佇んでい  世の中は全く成ってい  中で思ってい  外へ去ってい  節だけ聴いてい  博奕場にい  阿Qはいつも勝ってい  こと偉張ってい  前から阿Qに侮られてい  真正面に向ってい  通学してい  辮子が無くなってい  間ふらりふらりと飛んでい  確かに聞えてい  脂漲ってい  覆面が掛ってい  ズボンを隔ててい  注意してみてい  注意して聴いてい  喋舌ってい  神威に打たれてい  馳け出しながら怒鳴ってい  趙司晨などもい  部屋に引込んでい  裸でい  阿Qはもちろん黙ってい  DONをよんでい  奴で痩せ衰えてい  うから心掛けてい  中に突き出してい  阿Qはしばらくためらってい  そこは繁りに繁ってい  たくさん筍が生えてい  青菜は伸び過ぎてい  尼は見つけてい  裏門に来てい  人達がどうして知ってい  大に違ってい  一杯握ってい  城内に行ってい  手伝をしてい  挙人老爺だと思ってい  手伝してい  まん中にい  さくらいに思われてい  袖無しが欲しいと思ってい  息をはずませてい  簷下に立ってい  分子がずいぶん多まじってい  村人はぐっすり寝込んでい  白装束を著てい  意見を持ってい  一途にこう思ってい  感心させられずにはい  得意のあまり叫ばずにはい  論判してい  耗ってい  何か想ってい  尼がい  尼は呆れ返ってい  不良分子が交ってい  逢いたいと思ってい  ニウスを聞いてい  上にわがね、しばらくためらってい  竹箸を挿してい  唾を吐き出し、ただ睨みつけてい  訪問したくは思ってい  投降すればいいと思ってい  恰好で立ってい  話を聴いてい  彼が持ってい  んとしてい  彼等は焦らずにはい  先々代に滞ってい  一人坐してい  十幾人も立ってい  披いてい  人はさげすんでい  膝を突いてい  親爺が坐ってい  自衛団が歩いてい  口を開け放して見てい  手は縛られてい  鉄砲を見てい  薪割を持ってい  臆病でい  タノモしい  樣にい  一時のい  何だか物足らぬとい  伯母さんにい  お前のい  から怖しい  こと信用してい  イノチにしてい  願いをいだいてい  撰にい  病ひあつく成りて、つぎて空しく成けるほどにい  兄さん、待ちこがれてい  長年使ってい  時間人事不省に陥ってい  街上に横たわってい  地面が乾いてい  三十分間人事不省に陥ってい  とき俊夫君がい  私はぐずぐずしてい  話をじっときいてい  松の木に縛られてい  中に乗ってい  僕は黙ってにやにや笑ってい  んで聞いてい  から胡弓を覚えたいと思ってい  鼓を持ってい  胡弓を持ってい  お銭を持ってい  馭者台にのってい  板がついてい  掌に握ってい  腹が空いてい  家が立ってい  札がかかってい  右にねてい  法被をきてい  衝立が立ってい  去年も来て知ってい  助はぼけんとつったってい  土間につったってい  方を見おろしてい  草鞋を穿いてい  垢がたまってい  そと探してい  風呂にはいってい  爺さんに似てい  お礼をくれたかはっきり覚えてい  松次郎がい  冬中ねてい  ときから耕してい  父親を苦しめてい  助は気張ってい  みんな黙ってい  ことをすっかり諦めてい  中までさしてい  胡弓を見てい  両側についてい  ように照ってい  ようにして坐ってい  天水桶はなくなってい  ひいきに預ってい  土台石にぶつけて、はずしてい  煌いてい  背後に坐ってい  音色を味わってい  一心にひいてい  聴手がい  胡弓など持ってい  あちこち傷んでい  気が立ってい  方を向いてい  土地が開けてい  島に成ってい  実など並べてい  帯だけを締めてい  腰にしてい  重石に据えてい  葉が跳ねてい  市助も少々酔ってい  日を避けてい  時すでに取ってい  事さえ忘れてい  初めから極ってい  能く喋ってい  面をただ見詰めてい  大分鳴きつかれてい  雪駄を揃えてい  ここで休んでい  のだけは見えてい  事を仰有い  髪が余りキチンとしてい  些とも乱れてい  若殿が殺されてい  なに、寝てい  非常に恐れてい  取引もしてい  加増まで頂いてい  玉さん、聴いてい  以て、ガッカリしてい  赤ン坊がい  老爺はピンピンしてい  眼定めて見たまえと言いすててい  ところ、思ひやり、い  慰め、い  さっきから荷車が唯辷ってあるい  友として見てい  正体の知れない恐しい  髪がかかってい  眼のしめりもなくなってい  何を聴いてい  ヤソを見てい  人たちとはまるで違ってい  一同を見てい  私を抱いてい  眼からそっとぬすみ見してい  わきに腰かけてい  右に坐してい  左にい  髪を持ってい  黄金の光りにも似てい  眼に燃えてい  耳に残ってい  二人がい  人は聞いてい  世界に送り出してい  手だけがい  歌をうたってい  栄光を織ってい  胸によりかかってい  脣をうごかしてい  皿を見つめてい  のが流行ってい  僕も知ってい  彼女を恐れてい  知り合いになってい  ことを言い触らしてい  親元をしてい  返済してい  断言してい  悲観してしまってい  夜が明け始めてい  まわりに附き添ってい  帽子をささげてい  絶対に知らせてい  若い婦人はほほえんだだけで、黙ってい  頭を突っ込んでい  固守してい  競争してい  役廻りを演じてい  男をさがしてい  上に寂しくともってい  刺繍をつづけてい  別に気にもとめてい  下で輝いてい  身内がふるえてい  彼女を見あげてい  相続してい  自活してい  ことは出来ないと考えてい  ことばかりをかんがえてい  瞑想にふけってい  どこをどう歩いてい  通行止めになってい  上にうつむいてい  ドライヴしてい  習慣になってい  おまえ、どうかしてい  返事がはいってい  乱れとがあふれてい  顫わせてい  前へ行ってい  花びらを飛ばしてい  街は鎮まりかえってい  外套で深く包まれてい  近くを往きつ戻りつしてい  二十分過ぎてい  腰をかけながら眠ってい  そこまで洩れてい  ランプがともってい  二つずつ並んでい  絹が懸かってい  額が懸かってい  一つ下げてい  寂として鎮まり返ってい  凭りながら立ってい  落ちつき払ってい  動悸を打ってい  夫人は眠られないので困ってい  ランプだけがともってい  あちらこちらへ揺すぶってい  男が突っ立ってい  彼を見詰めてい  夫人はやはり黙ってい  夫人は依然として黙ってい  返事を待ってい  法悦をいまだに覚えてい  一面には来てい  リザヴェッタは黙ってい  ナポレオンに似てい  こともまったく忘れてい  うちに描いてい  あたりに垂れて坐ってい  夫人は死んでい  彼をながめてい  一攫千金を夢みてい  装填をしてい  ように坐ってい  静けさがあらわれてい  彼女を見つめてい  信仰などをいだいてい  合掌して眠ってい  人たちが立ってい  蝋燭を持ってい  哀しみに沈んでい  年をとり過ぎてい  者扱いにしてい  静かに念じてい  一身を捧げてい  そのままにしてい  なかへさし込んでい  十五分過ぎてい  上に横たわって眠ってい  口によって繰り返されてい  字は寝てい  心をいっぱいに埋めてい  即座に支払ってい  人びとから尊敬のまとになってい  煙草をくゆらしたりしてい  元締をしてい  微笑にまたたいてい  角を伸ばしたりしてい  あいだ守ってい  切り札を配ってい  勝負をしてい  勝負まで待ってい  自分の持ってい  まわりに押し合ってい  手はふるえてい  札だと思ってい  から楽しみにしてい  目に見えてい  気心もよくわかってい  話は進んできてい  狐火だともい  さつきから荷車が唯辷つてあるい  ツとい  新年が考えられてい  致命にい  小十里しか離れてい  江戸へ帰って寝てい  万吉も生かしてはおけぬと罵ってい  ように、つかんでい  足元を、あまり見くびりすぎてい  お十夜はニヤニヤ笑って眺めてい  冷淡に落ちついてい  板敷となってい  肩からのぼりかけてい  起き伏ししてい  木が生えてい  寒気に凍え死んでい  役目できてい  下に立って、仰むいてい  妹を棲みこませてい  身を引っ込めたが、おおいかぶさってい  声を聞いて、隠れてい  のを知らずにい  輪にして提げてい  無残さを眺めてい  小柄が立ってい  ジッとこらえつめてい  遺伝されてい  束縛はうけてい  山野へ放ち飼いにされてい  自由所領とされてい  屋敷をもってい  終日シンと静まり返ってい  場所に苦しんでい  月がさしてい  つるぎ山にいるとは存じてい  ように致してい  江戸表にい  塾へ通ってい  大阪表を立ち廻ってい  旦夕に迫ってい  死相がうかんでい  蟄伏してい  世の中から忘れられてい  まり愚に返ってい  愛情にばかり囚われてい  雲に蔽われてい  壮図に燃えてい  十分に探ってい  歌を唄ってい  娘が見とれてい  これを持ってい  なにしろ大阪表にい  立慶河岸にい  大阪にい  住吉村にい  屋敷に住んでい  港場を流れてい  側にきいてい  煙草入れをとりだしてい  腰をすえこんでい  上で働いてい  重きをなしてい  いつまでも待たされてい  流布せねばよいがと案じてい  から、しばらく忘れてい  胸につかえてい  怨みがましい  ヒステリックにうわずってい  しろを向けてい  それを見せい  面白いがといってい  啓之助も笑ってい  感情にからみやすく漂ってい  だらしなく寝込んでい  先に廻って待ちあわせてい  お前が聞いてい  春雷が鳴ってい  繁華をみせてい  人足で埋まってい  帳場格子にい  お久良から話をきいてい  眼を丸くしてい  部屋もい  側にみてい  門口を見おろしてい  翌朝、起きるやい  細目に開いているので、覗いてみると、い  疲れをおぼえてい  垢を洗ってい  緒を結んでい  右に添って隠れてい  息をのんでい  姿を待ちかまえてい  変り者を待ち設けてい  店が控えてい  一掴みつかんで見せてい  ヒッソリしてい  街道を見張ってい  旅人を見てい  門まで出てい  札を睨みつけてい  手ぬかりをやってい  打をうって知らしてい  武士、い  何かひそひそとささやきあってい  前を離れるやい  左右にい  様子をして立ちすくんでい  罠を掛けて待ってい  はしかたがございません、へい  眼をつけてい  手を当ててい  腕をねじ上げられてい  形勢を眺めてい  体をかがませてい  地域に帰ってい  音が途切れてい  根方にもがいてい  猿ぐつわをかけられてい  人霊とを、ピッタリ結びつけてしまったかのごとく澄みきってい  目にうかべずにはい  桟橋を渡ってい  目を招いてい  禅機から発足してい  待ちもうけてい  経過を察してい  ことにも気がついてい  汝らの待ち伏せてい  持してい  後ろに廻ってい  周りを巡って動いてい  坂の下寄りへ廻ってい  孫兵衛にいわれてい  たむろをしてい  身を屈してい  身を隠し通してい  念をこらしかけてい  乱刃が迫ってい  汗をしぼってい  手ぎわよく片づけられてい  面をそむけて飛んでい  寄つて一本のい  きり落したので、い  雨で、い  上に照ってい  太陽天秤宮に入ると云ってい  ドラモンド灯を知ってい  のを読んでい  テーブルから遠く離れてい  興味を有してい  人だけは少し違ってい  埃だらけになってい  幾枚を繰ってい  鹿を狩りい  林を注意深く窺いい  幾カ所も残ってい  とくに裂かれてい  倚りかかってい  ために固くなってい  間にも読んでい  形をもとどめてい  上部は引き裂かれてい  間はぼかされてい  夜のあけるまで見張ってい  スタニスラウス様をい  老僕をい  幾人も歩いてい  行列提灯をつきつけたりしてい  何ものをも感じてい  尋常を脱してい  三十一文字にかいてい  長歌にかいてい  のであろうかと思わずにい  ものにかぎられてい  衣類で通してい  上からそれを眺めてい  ことしか考えてい  心持に知らず知らず乗ってい  十何人か働いてい  感情にふれてい  話はよほど変わってい  ことに向けてい  社会だけに限られてい  考えしか持ってい  躊躇も感じてい  胸の躍りを感じてい  何も思ってい  方へ軽く歩んでい  あなたに天国を見てい  真理を説いてい  その時まで垂れてい  栄光に輝いてい  燭台に燃えてい  ようにきわだって浮き出してい  すべて虹色にかがやいてい  さで光ってい  方に垂れてい  着物をつけてい  今まで閉じられてい  間さえぎられてい  現在目ざめてい  天国にい  物を言ってい  柱をさがしてい  ように残ってい  紙がはいってい  ことなども知ってい  夫になってい  羽毛をつけてい  剃髪などにしてい  風采でい  行進をつづけてい  そぞろ歩きをしてい  おもしろそうに酔って歌ってい  自分の子供と遊んでい  科をしてい  仲間をながめてい  いつまで寝台にい  無言で立ってい  あちらこちらにただよってい  水蒸気に包まれて淡く霞んでい  日光を浴びて美しく輝いてい  特長を示してい  彼女は知ってい  隙もないほどに深く結ばれてい  起伏がはっきりと現われてい  いっぱいに生い  十字架が建ってい  司祭館が立ってい  穀物をついばんでい  衰えを見せてい  外に行ってい  口唇に繰り返されてい  影が立ってい  重病にかかってい  馬はあせってあがいてい  掩ってい  手綱を持ってい  あちらこちらに高く低く揺れてい  髯をしめらせてい  これほどに深く、また烈しく恋してい  壁などを見せてい  下に散ってい  空想に墜ちてい  匂いに慣れてい  ために点けられてい  心を押さえてい  からだを伸ばして寝てい  麻布でおおわれてい  態度を持ちつづけてい  心持ちになったので、何分じっとしてい  神聖になってい  悲歎に暮れてい  魅力を示してい  肩を包んでい  姿を示してい  妖艶をとどめてい  いつまでも彼女を見つめてい  ような光りを持ってい  間お待ち申してい  ように巻きついてい  白薔薇に残ってい  ようにふるえてい  なかに寝てい  手をなめてい  そのままで三日も寝つづけてい  探りを入れてい  話が伝えられてい  悪魔であると思ってい  ランプを持ってい  薔薇色に透き通ってい  時におおわれてい  色に見えてい  色をなしてい  青い花をさしてい  花も枯れしぼんでい  あなたをお忘れ申してい  わたしを見てい  ことも、全く忘れてい  様子を持ってい  はずがないと思ってい  ままに委せてい  無駄話などをしてい  前から愛してい  あなたを捜してい  夢にえがいてい  今までに持ってい  わたしたちはい  感激があまりに生まなましい  旅行服を着てい  鞭を持ってい  着物をきていらっしゃると思ってい  手綱をとってい  胎内にい  生活を認めてい  ヴェニスで暮らしてい  私はそう信じてい  大邸宅に住んでい  めいめいゴンドラをそなえてい  彼女を愛してい  何物をも望んでい  ほかには、なんにも望んでい  そうに浮かべてい  印象がまざまざとしてい  あなたをたいへんに愛してい  彼女を恐れてもい  注意して避けてい  生活を保ってい  僧院長はよく心得てい  汗を流して掘ってい  呼吸をはずませてい  なかに遠く啼いてい  セラピオン師は、い  自分を保ってい  上を見おろしてい  知らないが少しく変わってい  際に揚げてい  上に休めてい  所にとじこめられてい  周囲を見まわしてい  そうに眺めてい  さきに見つめてい  あすこにい  ようにはっきりしてい  いつでも残ってい  ときに多く用いてい  返信を送ったりしてい  通報してい  色を変えてい  灯を眺めてい  方にい  十一時を打ってい  おいでになろうとは思ってい  者だと思ってい  上からぽたぽたと落ちてい  あいだ聴いてい  それを聴いてい  日光が映してい  唸り声を立ててい  ゆうべ来てい  通信をしてい  物がい  星がかがやいてい  危険がひそんでい  顔を隠してい  心持ちでい  夕日がまだまったく沈んでい  人がむらがってい  灯がはいってい  顔はちっとも変わってい  ランプをさげてい  背中をむけてい  さきに立ってい  ことだろうと思ってい  最後まで振ってい  何を買ってい  工合の可い  台にしてい  工合でい  午飯も控えたって言ってい  茶は沸いてい  左右へ分れてい  工合が可いせい  線を引いてい  うわなりでい  嫗が来て、い  いつ来て、い  地曳で急がしい  彳んでい  根に控えて見てい  艪を誉めてい  たか忘れてい  犬が泳いでい  二艘かかってい  品の可い  搦みながら、溺れてい  形に見えるにつけても、寝てい  抱え車夫が住んでい  障子が明いてい  しかとかけてい  鳥が寝てい  ものかげに隠れてい  上で見てい  棒のごとく立ってい  落着いて、可い  盟うのに適してい  通り、こんな恐しい  生命を捧げてい  徳もなくてい  魔法づかい  推つけがましい  方が可い  刃物を悠々と磨いでい  家を持ってい  厄介になってい  面倒まで見てい  父親を持ってい  悲しみを慰めあってい  実家に住んでい  生涯を考えてい  自分に言い聞かせてい  運命にまかせて落ち着いてい  十二時を打ってい  バーグレーヴ夫人が掛けてい  毎日まいにち取りかわしてい  ものであると言ってい  著書を持ってい  ように開いてい  全然ちがってい  写本を持ってい  まり俯向いてい  友情をたたえてい  名をつけてい  全部おぼえてい  彼女は来てい  はずにもなってい  町には来てい  ヴィール夫人に逢ってい  彼女の着てい  全然鬱症になど罹ってい  ロンドンから自分に逢いに来ていると言ってい  一生懸命に考えてい  給与してい  庭越しに聞いてい  夢中になって話してい  バーグレーヴ夫人に親しく逢ってみたいと言ってい  家までは行ってい  一貫して現われてい  利益を得ようとも思ってい  面倒が殖えただけだと思ってい  宰相が住んでい  情を慰めてい  夫人に逢いたくなって起ってもいてもい  腰をかけて休んでい  音を立てて吹いてい  門口に咲いてい  二処からちらちらと漏れてい  光を見てい  老婆を牽きつけてい  それにやってい  不審して見てい  使にやってい  山桜がぽつぽつ咲いてい  一番前を歩いてい  見当がつかないのですこし困ってい  青い鳥はまだ、く、く、くと鳴いてい  斜にできてい  内を覗いてい  強要をしてい  手を付けてい  方も、断られずにい  舌を捲いてい  余裕があって、らくに断ってい  ところがなく、堂々としてやってい  誰もしてい  隆盛をきわめてい  気なぞ、少しも持ってい  困惑さをみせてい  あれほどねばってい  厳命をうけてい  愛撫してい  思いを潜めてい  故事を学んでそうしてい  本は売れてい  承服してい  潔癖性は、こうせずにはい  頼みにしてい  不幸がつづいてい  数年来萠してい  心境は澄み渡ってい  落ち付き返ってい  超然としてい  暴れ廻ってい  時事新報にい  決心も熟してい  十月頃鵠沼にい  全力を出してい  一カ月以上彼と会ってい  車がうごき出してい  人を通じて、済ませてい  ぼんやり応接室にしばらく腰かけてい  僕を頼もしいと思ってい  マインレンデルを知ってい  ところまで進んでい  張り廻してい  もっと平生花瓶を壊してい  接近してい  ざはりもわすれがたかり君とみればかい  げにもい  才氣煥發とい  談論風發とい  樣がないとい  二人であるとい  先祖代々武勇を誇ってい  のがよいと思われてい  意見も出てい  性格に最も良く合ってい  常識で信じられてい  新しい時代が来てい  戦略をそのまま使ってい  方式をとってい  阻止してい  偉業にうぬぼれてい  潜在し始めてい  持久戦争になるだろうと考えてい  世界がひとしく認めてい  構築されてい  呼吸してい  人類が長くあこがれてい  覇者となってい  大英帝国もい  挙国一致、い  方針となろうとしてい  予言してい  時がまだ来てい  時が来てい  みずから慰めてい  五百年だと信じてい  仏教徒が信じてい  予言はやってい  三十年後には来ないと考えてい  政治的単位に分かれてい  成功してい  明確にもってい  行動してい  深刻さを欠いてい  持久戦争となってい  武力をもってい  軽視してい  二人は惚れ合ってい  波を打ってい  眉は秀でてい  時なんとも言わずにい  あなたを思ってい  男だとは思ってい  わたくしに分かってい  智慧しか持ってい  気が附かずにはい  それも分かってい  嫉妬をしてい  亭主を知ってい  あなたに惚れてい  夫を持ってい  たまたま読んでい  孝養ぶりをうなずいてい  生態研究をつづけてい  起き伏してい  真白になってい  耳目もととのってい  若い夫婦がひそひそと語ってい  しろへ長く垂らしてい  中はうっすらと暮れてい  若い女が立ってい  馬に乗ってい  顔へやってい  婢が来てい  眼を引かれてい  婢が立ってい  個の乗ってい  はずれに立ってい  盃を持ってい  赤味を帯びてい  間は親しくなってい  六つ七つ持ってい  中に寝てい  草が生えてい  花が淋しく咲いてい  処を掘ってい  崔の持ってい  五つ六つ入ってい  噂にのぼってい  方だ、とは思ってい  事実だろうと思ってい  方だとも聞いてい  自称してい  庭を眺めてい  人づき合いは限られてい  芸をやったり、休んだりしてい  上でやらせてい  出品されてい  もの、とひろい読みしてい  絵を褒めまわってい  うえもなく愛してい  人だと思ってい  尊敬さえしてい  それをよんで見て喜んでい  地口行燈のまえに立ってい  ように笑ってい  約束をしてい  ことばかり思うて沈んでい  お父さんにしい  小僧は面倒臭いとい  人はもうさげすんだとい  小説をよみふけってい  息をはいてい  ことについて話し合ってい  前から歩いてい  ことも出来ずにい  鋭敏になってい  哀願的な光りをおびて涙ぐんでい  心でじっとしてい  空を見つめてい  微笑を持って眺めてい  足元を見て笑ってい  表題を見てい  思出してい  方に歩いて来てしまってい  ように沈み切ってしまってい  なかにひそんでい  声がきこえてい  縫ちゃんがすっかりい  意識しなかつたであらう恐しい  ヨリ多く浸ってい  人生観を歌ってい  海軍葬広告と相隣りしてい  温泉地に遊んでい  その頃専ら称してい  以来知ってい  煙に巻いてい  奇才であるとは認めてい  寄席芸人じみてい  噂を聞いてい  男だろうと思ってい  周囲を見廻してい  姿勢をくずさないでキチンとしてい  通人的でないと思ってい  朝から晩まで話し込んでい  退社してい  機微に通じてい  一日遊んでい  能くいってい  漢方薬を用いてい  兼帯してい  厄介となってい  真実困ってい  骨を折ってい  喰べてい  厳ましい  物ばかり知ってい  顔をして冷ましてい  贅をいってい  悪語をいってい  羽織を着てい  一枚しか残ってい  流行語となってい  縁が遠くなってい  燻ぶってい  乗廻してい  貧乏咄をしてい  気品を重んじてい  紳士を任じてい  見識を取ってい  一緒に暮してい  から自然謹慎してい  頃から案外コソコソ遊んでい  冷笑ってい  今晩も来てい  納まり返っていたと笑ってい  けがしないと嘲ってい  称揚してい  風が残ってい  流れに棹さしてい  穿鑿と思ってい  頭を持ってい  拉丁語を知ってい  得意がってい  眼識を持ってい  詩を知ってい  植物に恵みある光りを浴びせてい  いつまでも見おろしてい  世界のい  きらきらと輝いてい  植物が生い  華麗とをそなえてい  皆それぞれに特徴を有してい  うちに植えられてい  心のままに高く這いあがってい  配列されてい  中年を過ぎてい  髯を生やしてい  あとがいちじるしく目立ってい  枯葉を除き、生い  保護してい  花を持ってい  夜はすでに近づいてい  危険が含まれてい  紹介状を貰ってい  性行を有してい  争いが長くつづいてい  有利と考えられてい  静かにうなずき合ってい  灌木が生えてい  香りを食べて生きてい  彼女は吸ってい  ひそかに思ってい  混乱してい  所は遠く離れてい  から差し出してい  毛とを持ってい  中空にさまよってい  気性とを持ってい  うちで争ってい  人をそれとなく避けてい  土色を帯びてい  理智のひらめきがみなぎってい  入り口に来てい  微笑をたたえてい  夢のように思ってい  血潮で波打ってい  平静が湧いてい  別に考えてい  表情に輝いてい  考えになってい  熱誠が輝いてい  匂いがただよってい  態度にあらわれてい  庭園内に限られてい  盛りと咲き誇ってい  匂いが散ってい  のを覚えてい  賦与されてい  特徴と考えてい  これまで醜く見えてい  回想とにふけってい  心が永く秘められてい  人物とはすっかり変わってい  いつまでも忘れてい  女性であると思ってい  心酔して登りつめてい  色が燃えてい  身体には流れ込んでい  さっきから手に持ってい  巣を作ってい  萎縮させてやろうと思いつめてい  あなたがほとんど夢にも考えてい  性質を持ってい  感覚を失ってい  上に這ってい  林に惹き付けられてい  あなたと一緒にい  別れ申そうと思ってい  毒薬で養われてい  熱望してい  今はもう疲れて鎮まってい  独りぽっちでい  胸をおさえてい  うちに残ってい  最初から含まれてい  合理的に作られてい  何か頻に話し合ってい  いつか窓際に行って、丁度明いてい  お前は知ってい  婆さんが住んでい  容子を窺ってい  窓から外を見てい  そうに見つめてい  呪文を唱えてい  時往来にい  妙子は、いても立ってもい  最後、この恐しい  容子を見てい  いつかもうぐっすり寝入ってい  眼にも触れないと、思ってい  さっきから透き見をしてい  声ばかり立ててい  耄碌はしてい  さっきから容子を窺ってい  中に死んでい  認容してい  人がおおぜい  無線電信も途絶えてい  保存されてい  生命がつながってい  充分にしてい  予知したり、あるいはい  机上で考えてい  昨日も感じてい  牀を想い浮べずにはい  ことに思い及ばずにはい  沢を見たりしてい  まま車に乗ってい  革紐が垂れてい  空虚でい  星を合せてい  外は残ってい  白いシャツがふくらんでい  人間に似てい  それに立ち会ってい  一般にたかまってい  ものは、頂いてい  座談会がのってい  二重どりしてい  わたしたちを考えさせずにい  予知されてい  機械化されてい  歓迎せずにい  猿しい  光を恐れて蹲る恐しい  意識しなかつた、恐しい  ミンナ離れちゃい  ヒネクリまわしてい  買集めてい  カン付いてい  吸殻だらけにしい  栄華として楽しんでい  朝から店に座ってい  艶々と飾ってい  標札が立ってい  樹膠が出てい  徘徊してい  そこは少し小高くなってい  手がついてい  路傍を歩いてい  獵師がい  態度を取ってい  現在棲息してい  さも籠ってい  鯨がい  精ぜい  前後に歩き廻ってい  勢力を有してい  舵輪にい  超然としているだろうと、当然考えてい  望遠鏡を持ってい  十七年も来てい  脚で立ってい  色がい  南方に出来てい  傷が出来てい  襟巻で隠そう隠そうと努めてい  望遠鏡でじっと立って眺めてい  喫んでい  上を見まもってい  額に流れてい  相貌はみにくくゆがんで、固くなってい  あなたに向かって動いてい  あたりを見まわしてい  ちゃんとそこにい  わたしの気遣ってい  部屋にとじこもってい  そば近くに立ってい  平静をよそおってい  わしであると思ってい  対照をなしてい  平生に慣れてい  話を隠そうと努めてい  船長のいったん鎮まってい  乱調とが伴ってい  私はややしばらく待ってい  眼は血走ってい  仕納めだとは全然思ってい  前後にゆすりながら、しばらく黙ってい  時でも、い  横ぎって流れてい  あなたを、まじろぎもせずに見詰めてい  天蓋をもって、その光りを小暗くしてい  あいだ待ち設けてい  うつむきに倒れてい  心に感じてい  それを終わりまで書かなければならないとは考えてい  時と少しも変わってい  寝床のはしにかけられてい  ゆくえ知れずになってい  さとい  戦争しましたが、い  場が少し暗いとい  親に叱られながら、こっそり読んでい  頃盛に出てい  題目がずらりと並んでい  二頁にぎっしり詰ってい  いつまでもあかず見入ってい  揺曳してい  時から町へあずけられてい  一杯に埋ってい  匂いが幾分残ってい  間になってい  仏壇は旧くすすけてい  経をあげてい  経をきいてい  こととは考えてい  八戒がい  悪いことばかりしてい  頃丁度八戒などもい  間土に埋れてい  まま保存されてい  前に使われてい  中に埋れてい  まま、積み重ねられてい  乾燥状態に入ってい  歳月が既にすぎてい  オアシスに辿り着い  寒風が吹いてい  寂としてかかってい  ものが全く加わってい  散乱してい  千二百呎をあましてい  崩壊はなおつづいてい  如くに蔽われてい  電燈をつけずに読み入ってい  お坊さんは本当にい  コーヒーを飲まねばい  性になってい  一しか受け持ってい  一種の実にい  上にそめい  身のい  満足させてい  軒をならべてい  人たちが住んでい  本当にあったことだと信じてい  腕環がかがやいてい  方に住んでい  月に吠え付いてい  幽霊が出るなんて言ってい  唄を歌ってい  一緒に住んでい  うろつきあるい  わたしは何もかも知ってい  鏡に映してい  何者もい  鎧戸もしまってい  物ばかり見つめてい  眺め暮らしてい  ことを思いつめてい  博士はじっと見てい  鏡に見入ってい  それを検めてい  ようにしたいと思ってい  一座にい  靄となってただよってい  悪魔めに喰い殺されてい  間わたしを苦しめてい  幻影に悩まされてい  色が現われてい  そのままに黙ってい  そばに坐ってい  行動を早くもさとってい  坂を越えてい  エドヴィナ伯爵を憎く思ってい  独り歩きに暮らしてい  村びとらはささやき合ってい  赤ん坊を抱えてい  老婆はもう冷たくなってい  一人残ってい  小娘は生きてい  廃宅に隠されてい  ことに気がついたと言ってい  助手を勤めてい  母体になってい  心のい  病院へはいってい  未来をちかってい  読書を禁じてい  手を握りあってい  口籠もってい  心をつかってい  彼女のい  物質的にもとりわけひどく困ってい  ぎりしめながらあてもなく町を歩いてい  前にたって見てい  外套も着てい  気持ちにさえなってい  上にうつぶしになってすすりないてい  私財を蓄えてい  ホテルに暮してい  明るみに出てい  屋上風景を眺めてい  組合わせにもあみこまれてい  日本に欠けてい  墓掘りをやってい  事をけっして考えてい  性質はよく知ってい  知らないことまでも知ってい  レースを作ってい  若い騎士を愛してい  婚約をしてい  さが残ってい  土地では本当にしてい  どちらかといえば沈んでい  指環をはめてい  慣習になってい  手伝いに出かけてい  紳士もい  婦人たちもい  扇にかくしてい  そうに押し合ってい  帽子を廻したりしてい  婆さんがかつて愛してい  猟衣を着てい  風貌をそなえてい  聖餐祭に集まってい  ときに愛してい  ここで、まだ死んでい  銅貨も持ち合わせてい  灯のついてい  ひと息にぐっと飲みほして、しばらく黙ってい  私は生きてい  名前までも知ってい  ように伝えられてい  部屋で死んでい  指環がはいってい  少年がすわってい  そうに照らしてい  しかたなくこうしてい  毒が入ってい  大将は考えてい  道具をい  嗔を帯びてい  声は訝に少しの侮を帯びてい  今まで結んでい  区分されてい  生殺与奪の権をもたれてい  下におかれてい  均衡がとれてい  枠縁からはみ出してい  関係してるだけで、始終ぶらぶら出歩いてい  依存してい  干渉がましい  浮き上ってしまってい  相貌を呈してい  調和統一がとれてい  坂田は云ってい  書斎にい  中津敏子を待ってい  万事うまくいったと笑ってい  俺がついてい  怖気を出すかしてい  不動産にはしてい  招じてい  中をうかがってい  想像とはまるで違ってい  あたしはもう寝てい  寝坊してい  銀座裏を歩いてい  一人で、飲んでい  表情はなお深まってい  ぼんやり聞いてい  昨晩一緒にい  頃酒とは縁遠くなってい  精力的になってい  中津はきょとんとしてい  一筋涙を流してい  ことも、すっかり酔ってい  整理がついたと思っていましたが、まだいくらか残ってい  敏子は黙って、かたくなってい  眼はうるんでい  坂田を見つめてい  デパートに勤めてい  夭折してい  我儘さが残ってい  細そりしてい  腕をくんで考えこんでい  硝子戸がたってい  眼付をしてい  そのまま釘付けになってい  敏子は黙ってい  筈ですけれど、よく覚えてい  台所を手伝ったりしてい  間だまってい  あたしもなんだか悲しくなって、涙ぐんでい  気にもとめてい  新聞紙包みになってい  隅に据えてい  眼はぎらぎら光ってい  赤みがさしてい  話をよく聞いてい  顔を伏せてい  底に隠れてい  星は淡くまたたいてい  女中たちも寝てい  ものを含みながら、輝きだしてい  彼は歩いてい  居を定めてい  くるくる舞ってい  感服してい  提灯を見てい  少女を愛してい  肩に寄り添ってい  僕達夫婦は言わず語らず感じあってい  背後に隠して、しぶとく立ってい  涙もこぼさないでしおれてい  時に着てい  表情をかまえてい  一匹一匹指で追っては殺してい  木目が透きとおってい  眼をとじてい  埃が溜ってい  縫物屋を知ってい  水につけられてい  大樹が繁ってい  うえに坐ってい  風格も堂々としてい  壁だけがぐるぐる廻ってい  五六匹も集めたりしてい  人の住まってい  庭にい  土をほじくってい  五十銭も残ってい  樹に囲まれてい  憶い出してい  知識階級に属してい  病室を設けてい  馬小屋だといってい  印度へ来てい  故国を長くはなれてい  婚約が整ってい  激昂してい  日付けになってい  恋愛をどう思ってい  断念しようとしてい  無鉄砲に厭ってもい  執拗に望んでい  ことが出来してい  マンネリングを愛してい  心から彼女を愛してい  ことをすでに知ってい  金髪とがくっきりと浮き出してい  シムラにい  ことに決まってい  ときまで忘れてい  心とを持ってい  二つはいってい  苦力の着てい  好奇心を持ってい  彼女自身も言ってい  ものだとばかり思ってい  毎日考えてい  ところまで垂れて坐ってい  身動きもしないでじいっと見つめてい  出来事を論じてい  態度をながめてい  雑談してい  何事も考えてい  女神はまだ怒ってい  失策について考えてい  いっぱいになってい  不義を大きく囃し立ててい  共鳴してい  揶揄ってい  口から出まかせにしゃべってい  ウェッシントン夫人に雇われてい  気が違ってい  出来事を話してい  のを立ち聴きしてい  五分遅れてい  小咄をしてい  うちでつぶやいてい  私も喜んでその申しい  路に待ち受けてい  灯までつけてい  心理状態を考えてい  さきにい  いつでも正しく保たれてい  みんなに話してい  ために、あまりに奪われ過ぎてい  ようにふらふらしてい  もう少し前へ進んでい  生き埋めになってい  幽霊に話しかけてい  血が流れてい  私をじっと見守ってい  わたし自身もあまりに疲れ過ぎてい  あなたに満足してい  名にはなってい  回収してい  目に逢わせようとは思ってい  どん底をさぐり廻ってい  私は見守ってい  自分をながめてい  西に傾いてい  眠るように眠ったが、あまりに疲れ切ってい  同情してい  さそうに笑ってい  雨さえ降ってい  独りごとを言ってい  手にい  手にやはりい  もの名刺入れを持ってい  批評してい  ウェッシントン夫人と話しながら歩いてい  発狂説に変わってい  看病してい  級にい  一級下にい  あれ程迄に愛し合い、理解し合ったと思ってい  永遠だと信じてい  様をただ眺めてい  人がどうなっているかも知ってい  刑務所で苦しんでい  毎日教室に出てい  友情を以て結びつけられてい  好意をもってい  品行方正といわれてい  カフェーにつとめてい  彼女のためてい  以前勤めてい  収入を得てい  小さな家を借りて暮してい  しろ、そう思ってい  妻をひどく好いてい  実現されるとは思ってい  妻を殺してい  女を、憎みながらも永く忘れずに思いつづけてい  ことを思いつづけてい  流浪しつづけてい  露子はかねて云ってい  ことをのみ云ってい  家に入りびたりにはいってい  彼女から逃れられないと感じてい  家をあけてい  立場に立ってい  起居を共にしてい  家へ備えつけて暮してい  露子はどう考えてい  本を読み耽ってい  側にねてい  感じがして黙ってい  之を用いてい  事をなお考えてい  薬を見てい  妻がおきてい  時烏鷺を戦わせてい  煙草を買いに行きつけてい  薬を眺めてい  紙包を見てい  主を待ってい  天井を眺めてい  頭痛を伴ってい  床を並べて寝てい  のだ、知ってい  今迄黙ってい  稍蹌踉蹣跚として歩いてい  自動車が停ってい  其処に動いてい  言葉をはっきりとおぼえてい  心臓が停ってい  上に出してい  胸倉を取られてい  ように見入ってい  所を見てい  私はこれからさきい  流れを葬い  理解力を全く失ってい  身体を見てい  私はとぼけてい  全部もって行かれてしまってい  薬を呑ませようと考えてい  外界にい  凡てを思い出してい  中に入れられてい  気もちに襲われてい  紙を入れてい  医者に通ってい  感慨にふけるとい  轉んでい  二三米先へ歩いてい  下へおりてい  のはよせとい  愛を感じてゐるとい  紳士がい  油地獄だなんてい  十六円余り残ってい  陰鬱なまた苛立たしい  ものがぽつりと据えられてい  けが、如何にも小さくはあるが、如何にもはっきり浮び出してい  雑踏を示してい  調子が現われてい  不調和に入れ乱れてい  人々とが、くっきりと際立ってい  身内に感じてい  ことも考えてい  興奮にも駆られてい  血管が浮いてい  皮膚とが、ちらちらと見えてい  中で握りしめられてい  私は浸り込んでい  所狭いまでに並んでい  一人、ぽつねんと坐ってい  硝子器と同じに、冴え返って澄みきってい  出口を穿たずには、どうしてもい  決行してい  風が吹き通ってい  中が熱くほてってい  浮わついて乱れてい  片隅で考えてい  新聞紙上でよく知ってい  室に暫くじっとしてい  煙草を吹かしてい  それは得てい  髯を剃ってい  問題に絡みついてい  不安が残ってい  前へおびき出そうとしてい  けが違ってい  余りに、暫くつっ立って見つめてい  没交渉に冴え返ってい  結び合わされてい  中で繰返してい  力が残ってい  方をじろじろと見てい  眼が凹んでい  さが漂ってい  彼女も黙ってい  私をまじまじと眺めてい  窓際で遊んでい  僕はやはり祈らずにはい  熱海がい  寄してもい  帰つた方がい  つて攫みい  のでなくつてい  拳固を持つてい  洪水がい  のを待ち受けてい  夕食ごろから静まりかけてい  蔓から生えてい  讃めそやされてい  自動車を用いつけてい  緊張し続けてい  子が入ってい  心を抑えてい  芸術社会に深く喰い入ってい  心情を含んでい  心身を徹して行かなければい  魅着し憑かれずにはい  男泣きに泣いてい  光は閃いてい  動き方をしてい  巴里で暮してい  ピサロの子を知ってい  勉強さしてい  姿を、よくも、黙って見てい  何も知らずにコソコソ話してい  背中が当ってい  ニヒリストになり果ててい  意味とも、また違ってい  ところとは思ってい  室内に漂わしてい  しとやかさを保ってい  随いてい  通路に遊んでい  青年は痩せてい  大事そうに着込んでい  関心を持ってい  雑誌で見てい  口へ運んでい  談話を聞いてい  かしこまってい  監督してい  それは、こましゃくれてい  之だけは覚えてい  自分のい  ベッドが持ち込まれてい  風呂がついてい  晴々と笑ってい  先に行ってい  地理に置き換えてい  世界地図が出来てい  中に、い  一しょに泳いでい  ふだんいじらしいとは思いながら、一層歯痒ゆがってい  遊び女もい  芸術家もい  悪党もい  脉をみてい  前夜なので、一層込んでい  見積りしてい  顔が萎びてい  絵を見上げてい  若い生命に火照ってあたたかく潤ってい  ポケットに揃えて差し込んでい  いつか絵を見てい  外に来てい  真実を語ってい  気分を見計い  八方に向け放ってい  席を取ってい  好感を持たずにい  口を触れさしてい  口が綻びかけてい  指揮権を持ってい  女性から一種の怯えをもって見られてい  何もかもを呑み込んでい  憂鬱に黙ってい  有頂天になってい  講演口調で喋ってい  二重になってい  女を見守ってい  テーブルに坐ってい  中へ織り込まれてい  支配力を持ってい  方向に逆い  反射的になってい  流れに織り込まれてい  小柄でい  背中を持ってい  知らん顔で待ち受けてい  背後に添えてい  男女が、目立って交ってい  ようにすましてただ立ち止ってい  露が溜ってい  しまいかけてい  急ぎ足になってい  遠い空でにじみ流れてい  外へはみ出してい  増減してい  露骨に現われて来てい  逃避を保ってい  返事なら出さなくて宜い  小布を冠されてい  房がついてい  対に着てい  国々へばかり廻されてい  小国にい  意見を蓄えてい  意中に蓄えてい  とき恋に破れてい  柵も出来てい  一般に使われてい  差も償えると思ってい  偏屈にさえなってい  一日じゅう釣ってい  関節炎で動けなくなってい  考えは持ってい  絶対忠実にこびりつかなけりゃい  ように感じて、好まなくなってい  大がい  性根を据えさせられてい  規矩男と歩いてい  菜果が充ちてい  間から赤剥けになって覗いてい  人家に取囲まれてい  頭が覗いてい  上から臨んでい  車を乗り捨てて、そこで待ち合せてい  上では実によく似てると思ってい  橋がかかってい  高札が立ってい  葡い廻ってい  さっきから持ち出してい  礎石を載せてい  坪に嵌ってい  挿画を見て知ってい  網をかけたりしてい  洋装をしてい  よう着こなされてい  のだろうかと疑ってい  何ものをも押えてい  さがらしてい  ことかとはらはらしてい  方へ暫く逃げてい  書籍が詰ってい  執着したりかかずらわずにはい  から今までじっと悲しく見つめ考えてい  潜在してい  あなたは仰有い  心境にまで進んでい  われをい  さに啜り泣いてい  湿りを帯びてい  シェストフについて云い続けてい  やけに振り廻してい  女をまじまじと視てい  何処かに漠然と潜んでい  僕をこんなに暮させてい  半面を持ってい  クレアートリスに説いてい  芸術家でい  字を書いてい  そのまま持ってい  女によく知れてい  微笑を湛えてい  食台に向ってい  あやしげに操ってい  中を探ってい  小児寄宿舎にやられてい  茂みにも含みかけてい  脚を驚くほど張り拡げてい  行人を眺めてい  崖を防いでい  区劃されてい  眺め廻ってい  閉口してい  総括してい  路を歩いてい  画論を立ててい  興味を持たれてい  覗き込んでい  乳白に淀んでい  立話をしてい  入口に待ち合せてい  前に休めてい  住宅街に棲んでい  助手をしてい  軌道にだけは乗ってい  あいだ私たちは話し合ってい  倦きかかってい  アルコールが廻ってい  種を持ってい  納得させようとしてい  のを心得てい  四十五分も待ってい  波止場を歩いてい  世話を焼いてい  注意して見てい  ところから恐ろしく切っ立ってい  二段になってい  しか考えてい  二壜はいってい  たっぷりしてい  水がいっぱいにはいってい  褐色を帯びてい  半分しまってい  部屋へ淡い光りを投げかけてい  ほうが、黙ってい  船が動いてい  風がそよそよと吹いてい  ことを知らずにい  偶然出逢ったりしてい  顔を見てやろうと待ってい  眼はどんよりと曇ってい  シャンパンを飲んでい  鼾をかいて眠ってい  何時間寝てい  色が変わってい  カーテンはぴったりとしまってい  熟睡してい  臭いはしてい  ひとりで吸ってい  天気と言ってい  窓があいてい  顔をしげしげと見てい  わたしは眠ってい  評判なぞはかまってい  あくほど見てい  彼のその申しい  前よりも更に沈んでい  まり船客が来てい  カーテンはまだすっかりしまってい  船長は待ち受けてい  船室にい  風に散らかってい  部屋に残ってい  窓があけ放しになってい  どこかに隠れてい  船中にい  彼が実際にい  戸を動かしてみたが、なるほど固くしまってい  絶え間なく輝いてい  静かに横たわってい  たしかに眼をあけてい  うねりをじっと覗いてい  そこにそうして立ってい  腹に溜ってい  ように乾いてい  寝床はまったく乾いてい  ひと晩じゅうこうして坐ってい  もう二度とあく気づかいはないと信じてい  やつを持ってい  冷静にしてい  仕業だと本当に信じてい  冷静でなければならないと言ってい  船中にこっそりと潜んでい  寝ずの番をするという申しい  なにしろ船長の申しい  指図通りに働いてい  四人も行くえ知れずになってい  敷布ははっきりと照らし出されてい  上床に寝てい  眼をそそいでい  風雨は起こってい  みな乾燥してい  十分に輝いてい  両手でおさえてい  顔をして突っ立ってい  戸口を守ってい  上にもつれかかってい  前に突っ立ってい  口を結んでい  そこに突っ立ってい  上に倒れてい  そばに倒れてい  からだを動かしてい  上に行ってい  私はまるで立っても居てもい  上着をこさえてい  タネリはもう居てもたってもい  鉛いろに変ってい  タネリは小さくなって恐れ入ってい  タネリは小さくなってしゃがんでい  蟹に変ってい  きれいにならされてい  鉢巻をして寝てい  入口にとまってい  歳廿のい  廿歳のい  灌木がい  薬屋で売ってい  通草一名木通に当ててい  一つになってい  無駄だと知ってい  竹村さんがい  美人ぶってい  仲好くしてい  見物に来てい  あまゆみちゃんが羨しい  限り安心が出来ないわ、一層殺しちゃい  変にじろじろ見てい  今まで抑えてい  機嫌をとっちゃい  番を待ってい  笑いを噛み殺してい  まゆみは黙ってい  あんたに断わられたら生きてい  まゆみがうろうろしてい  幕溜りから覗いてい  彼女を招いてい  竹村さんが来てい  死亡したと思われてい  釘にはある恐しい  事はないと云い張ってい  関係を知ってい  百合子と巫山戯散らしてい  のを見たと云ってい  庭先にいて聞いたとも云ってい  毒薬が入ってい  変だなと思ってい  立聞きしてい  酔ぱらっていらした時仰しゃい  竹村は黙ってい  のまで知っていながら何故黙ってい  眼をじいっと見入ってい  両方から砂丘がせまって一寸したくぼい  行く末を思い、ぞっとして、い  蠢動してい  当時退屈し切ってい  身をゆだねてい  性質を愛でられてい  席に着いてい  手を撫でてい  彼に感じてい  なかで死んでい  ことなぞはないと思ってい  ラザルスはじっと黙ってい  我にかえってい  言葉を待ってい  拳を乗せてい  拳に見入ってい  ように、い  沈黙は依然として続いてい  救いを求めたりしてい  眼に現われてい  ように死んでい  ラザルスは死んでい  びかれらのあいだに生きてい  ために或いは泣き、或いは祈ってい  げに煽ってい  餓死せんばかりになってい  食物を運んでやってい  荒廃とに任せてい  見境いなく着つづけてい  身をひたしてい  言葉をかけてい  ラザルスと話してみたいと思ってい  彫刻家がい  美として称えてい  月光にひらめかして見てい  月の光りを集めてい  うちで輝いてい  なに不自由なく暮らしてい  侮蔑してい  彼はこう思ってい  希望を持ってい  から、坐ってい  三日間あの世に行ってい  中で死んでい  お前さんは笑ってい  それからそれへと尋ねあるい  熱心に眺めてい  仕事に努めてい  それを見守ってい  今までに見慣れてい  暗示をあたえてい  一番愛してい  美の宿ってい  池へ落ちてい  身動ぎもせずにすわってい  直射されながら坐ってい  名前を呪ってい  あなたに谺してい  装飾されてい  大勢乗合わせてい  一団をなしてい  意志もなく、ただ全くぽかんとしてい  とくに静まり返ってい  だんだんに延びてい  皇帝も笑わずにはい  美酒に酔ってい  二人の恋人同士は互いに愛し合ってい  みぞを刻んでい  ままに任せてい  糸を紡ぎながら浮かべてい  人生を知ってい  ものと考えられてい  人物を知ってい  化すると聞いてい  内心恐れてい  眼力を持ってい  ラザルスは黙ってい  最初から思ってい  恐怖など宿ってい  休みなしに騒然とどよめいてい  家なれとい  大声にい  井ほらせけるにい  歌よみい  水にうちい  夜を恐れてい  様子を見て、じっと眺めてい  無茶苦茶に嬉しく楽しく暮らしてい  幸福が打ちくだかれて残ってい  彼は涙ぐんでい  ままで腐ってい  ように生い茂ってい  そこに寝てい  痕がありありと深く残ってい  いっぱいに詰まってい  物をつづけてい  そのままいつまでも黙ってい  指に残ってい  女が隠されてい  ように塞いでい  以てよくは解ってい  雷鳴が催してい  手にして立ってい  中から見下してい  ちょっともっともらしい  令状もはいってい  鋤を借り出して持ってい  本をしっかと携えてい  頂上までは続いてい  ピュウピュウと鳴ってい  倚り掛ってい  銀灰色を呈しながらむらがってい  飛上ってい  原形がくずれてい  山々にまつわりついてい  夕空をからりとのぞかせてい  薄光りを放ってい  棒立に立ちすくんでい  まさか首ではないだろうと思ってい  一ぱいに訪れてい  カン違いをしてい  慰撫していられるを見られい  閉籠もってい  主題にとってい  ひと一倍興味深く読み覚えてい  講義はよく聴いてい  体験であったと思ってい  京都に残ってい  支配人をしてい  平身低頭してい  ことを心から叫んでい  女とみてあなどってい  物好きな人がい  霊と同じい  私は出し得たと思ってい  それがよく現われてい  母はよく縫ってあげてい  歳月が経ってい  オナニスムにおちい  意味をもってい  ますますきびしくなってきてい  必然について、深く思いめぐらさずにはい  自由をうばわれてい  二十年前から、そう考えてい  敵意をいだいてもい  祖母が住んでい  奥に住んでい  自分がねようとしてい  机を置いてい  感動してい  紹介者をもってい  溌剌としてい  歴史には似てい  ふだん近くにい  一緒に並んでい  のかしらと眺めてい  時が経ってい  青山に住んでい  輾転反側してい  ことはちっとも覚えてい  人生漫画を描いてい  新聞などで見かけてい  客観的になり立ち得てい  老いさらぼい  つけ悪しきにつけ持ってい  主人公とされてい  日頃目をかけてい  情熱によって振い  十分描かれてい  もう一歩ふみ込んで書かれてい  法則としてい  上に築かれてい  ようには考えてい  ものとしてい  何にも描かれてい  武者小路氏によって使われてい  まともに見返してい  手前を待ってい  捨蔵さまのい  断食をしてい  縁先まで出てい  セリフがまじってい  水際までつづいてい  水際に倒れてい  まり水も飲んでい  ところに突っ立ってい  先から気がついてい  のかと思って、ようすを窺ってい  後生楽を並べてい  あれを聴いてい  あんたなんかに、かまっちゃい  え目にあってい  箱がさがってい  足を拭いてい  将棋を差してい  ひとつずつ読んでい  居所を知ってい  ことを見抜いてい  お客さまが、そうかそうか、とおっしゃってい  やつが乗ってい  寺小屋をひらいてい  暮しをつづけてい  根元に触れてい  みずから誇ってい  学生仲間に可愛がられてい  まりひろく読まれてい  骸骨が立ってい  頸を支えてい  瀑布に沈んでい  権威者とみとめられてい  主人は待ってい  技巧も共に優れてい  技巧が施されてい  まばゆいほどに輝いてい  ことをひどく嫌ってい  不安を感じてい  晃ってい  ぼんやりと眺めてい  涙が宿ってい  うちを見まわしてい  色が残ってい  眼をつつんでい  調和をなしてい  肢体のくつろぎを見せてい  それを見つめてい  陶酔に入ってい  うちにうつってい  霞を透して光ってい  骸骨がい  顔色はまだ残ってい  手腕を持ってい  そと暮らしてきてい  教授を申しい  独りで歌ってい  それでいいと望んでい  自分を慰めてい  ようで、また知ってい  何年もの間をさまよいあるい  夜会服を着てい  さを示してい  鼓動を持ってい  かばその光りをかくしながら光ってい  色を輝かしてい  ように見えてい  涙がにじんでい  頭を悩み苦しめてい  相違ないと信じてい  完全にしるされてい  空気がただよってい  ように見まわしてい  彼を見つめてい  魔法を続けてい  夢に描いてい  コスモを嫌ってもい  火が赤く輝いてい  鏡も失せてい  回復を待ってい  耳を立ててい  鉄鎚をつけてい  所所方方をさまよい歩いてい  コスモもまじってい  うろつき廻ってい  鏡が同時に失くなってい  コスモもかねて知ってい  近いうちに起こってくるであろうかと待ち望んでい  女が横たわってい  眼瞼をたたんでい  人が控えてい  のを恐るるごとくに、小さくささやいてい  声で話してい  一時間以上もこうしてい  目ざめになってい  そのままに眠ってい  中ほどまで渡ってい  コスモが立ってい  横腹を強く抑えてい  血がほとばしってい  前にひざまずいてい  ぴあの鳴りい  ほかにい  未練が残るとい  空へとんでい  ときえてい  らへと掃いてい  膝許へい  不安にしてい  歩きしてい  初任当時ちょっとここにい  腸捻転を起しかけてい  痩我慢を、書いてい  座敷に寝ころんでい  ここに寝ころがってい  酒気を帯びてい  場所に落ちてい  探索してい  これによって永らく腐り切ってい  そこでぼやいてい  腹を立てたりしているが、しかし、そうばかりもしてい  ことをぼやいてい  こいつァ、化かされるにきまってい  ところで寝っころがってい  のんきらしい  植木棚を見廻してい  バラ斑が出来てい  中を探してい  印籠を探してい  腕を引っ組んで考えこんでい  底に潜んでい  木立ちが茂ってい  人たちも住んでい  遊戯機関もそなわってい  広びろしい  自分の立ってい  感情がいっぱいに満ちてい  暫時楽らくとしてい  幽霊に見張ってい  彼についてい  ようにと念じてい  ことが出来ると思ってい  準備が整ってい  ようには感じてい  準備行動を試みてい  吐露しようと考えてい  片足をぶらりと垂れてい  景色をながめてい  適任者だと思ってい  ヴィラー君のことを考えてい  のだろうと察してい  私もそうだと危ぶんでい  一人になるまで待ってい  ここに待ってい  あなたを助けてあげようと思ってい  晩はおそくまで起きてい  意味はよく分かってい  静かに聴きすましてい  彼女はしばらく黙ってい  書物にむかってい  叔父を見てい  気がたかぶってい  腕をふりまわしてい  店を出してい  短靴なんかはい  部屋をとってい  のが、つめかけてい  それからいつも甘ったれて、泣いてばかりい  ママにはもう、なんにも残ってい  の、見ちゃい  原書には示してい  そうにささやいてい  侍女が立ってい  金蓮が立ってい  麗卿が待ち受けてい  亡骸と折り重なってい  鶴にたわむれてい  ことが出来なくなってい  鉄とい  圧迫せられてい  植民地視せられてい  世界史的使命を奪われてい  基礎附けられてい  聖書を深く読んでい  習慣だけは得てい  説明文が附いてい  胸を張って堂々と構えてい  ょろ松は、かんがえてい  写しを持ってい  てにをはぐらいは心得てい  顔つきで考えこんでい  帯地を選んでい  ッと待ってい  帯地をひっぱり廻してい  気軽に、へい  自分がいじってい  端を持って、てらしてらしすかしてい  ぐりかえしながら、あらためてい  端をてらして眺めてい  先手はまだ来てい  蹴出しなどをしてい  尼寺にい  まま草履を眺めてい  ほうにもい  人別ははっきりしてい  のをきいてい  足ぶみしてい  泥こそついてい  鱗がついてい  昨日きいてい  ものもい  ちゃんと筋が通ってい  ょろ松は考えてい  土がついてい  手がどうかなってい  長崎屋は、もうい  大戸をおろしてい  機織場になってい  呉絽を織らされてい  長崎屋へ送ってい  手にとって眺めてい  下になってい  焼跡をうっそりと眺めてい  獅子噛ませ、い  街上に倒れてい  俯ぶせに倒れてい  懐中にしてい  そのまま残ってい  なにひとつ所持品が失われてい  仕業だとされてい  首っぴきをしてい  与力筆頭が、い  上にのっかってい  耳にもい  アごうせい  獅子噛んでばかりい  時はうだうだいってい  あなた今日はちと、どうかしてい  色が流れてい  さむらいを眺めてい  ほうへ廻りこんでい  さむらいが死んでい  仕業だと見こみをつけてい  小遣にありついてくべい  何んな恐しい  山犬は宜い  先日もい  印度文字とい  出品したとい  何をい  ひとりひとりジロジロ睨めまわしてい  俺がい  忠助をひっ撲い  骨も徹れとばかり睨みつけてい  腕を組んで考え沈んでい  読み下してい  苦虫を噛んで突っ立ってい  瞠めてい  四五間むこうをゆっくりと歩いてい  膚が出てい  傷もついてい  ようにむらがってい  高声で話し合いながら、笑ってい  水の手が切れかかってい  手代がわりに働かされてい  ものにすれば、だまってい  ひねりひねり、うっそりと聞き入ってい  給仕に出てい  台所でうろうろしてい  掛合いをしてい  顎十郎を待ってい  数字に関してもい  古風は羨しい  ア、い  露路口で騒いでい  眠るように死んでい  医者が言ってい  お前が突っ張ってい  さらいまでしてい  検死にまじって見てい  梅吉と言ってい  自身番にい  撥を持って死んでい  出入りしてい  伺いしようと思ってい  角太郎さんがい  顔をしていたと言ってい  んざあ持ってい  天井を見あげてい  時刻もたってい  ききに来てい  まり静かなので、いないとばかし思ってい  鍼を打たれて、もう死んでい  千賀春が坐ってい  酌をしてい  中へ投げい  うつむいてすわってい  ところで笑ってい  千賀春さんはもう死んでい  のだろうと、い  話を聞きながしてい  桜色をしてい  目から包んでい  顔色して立ってい  前途へ出てい  可訝い  筋骨逞ましい  谷戸一里、い  お気をつけられい  踏伸ばい  呼吸を詰めてい  ここが可訝い  傍目も触らずにい  さまで案じずにい  聞惚れてい  一包提げてい  なか、行けか、去れだか、来い  面を被ってい  斉しい  風してい  私どうかしてい  門口に倒れてい  ここに倒れてい  私にも分ってい  人はどうしてい  蟻が這ってい  二人で立ってい  心を静めてい  膝に抱かれてい  引提げてい  足もぐらぐらとなってい  奥を覗いてい  一ヶ所、開いてい  小座敷が並んでい  蟇が覗いてい  トッチてい  人間界を離れてい  俯向けに出てい  のが湧いてい  縁側でも開いてい  気味の悪い恐しい  風通しの可いせい  心咎がしてならないので、しばらく考えてい  襟許に落ちてい  気がどうかしてい  中は可訝い  上が透いてい  工夫をしてい  起返ってい  時そうやってい  投掛けてい  そこに立っちゃい  波を立ててい  それにも及ぶまい、と見い見い  胸を撫でてい  女学校に通ってい  恋うると極めてい  躾構っちゃい  いつまで入院をしてい  力餅を食べてい  緋色をしてい  透見をしてい  圧えてい  貴婦人は知ってい  若い女は泣いてい  にぎやかだと思いこんでい  姿がなければ怖しい  道になってい  腹の中では呟いてい  中につつまれてい  変だと思ってい  男を斬りすててい  オブってい  ように疲れてい  返事にしては良く出来てい  女を斬り倒してい  女を指して美しく響いてい  それに吸いよせられてい  気にせずにい  時に似てい  雪はポツポツ残ってい  空いちめんにかがやいてい  願いになってい  心が生れてい  羞恥に似てい  心にも馴れてい  満開が訪れようとしてい  ジッと坐ってい  蕾のふくらみをはかってい  彼は泣き、祈り、もがき、ただ逃げ去ろうとしてい  首が集められてい  骨がのぞけてい  目の玉もくりぬけてい  女に憎がられてい  脛をだして歩いてい  腹が立たなくなってい  お喋りしてい  鐘をついてい  退屈してい  梟にも似てい  動作は生き生きしてい  いつものように首遊びに耽ってい  女は待ち構えてい  さっき山の上から見つめてい  空も見えなくなってい  ように苦しんでい  それも分らなくなってい  勇気が失われてい  下にねてい  ことを突然思いだしてい  ことなどを考え耽ってい  知覚まで失ってい  怒りは消えてい  さのみが溢れてい  山でなきゃ住んでい  一緒でなきゃ生きてい  お前と離れて生きてい  涙にぬれてい  男なしでは生きられなくなってい  距てられてい  山坂になってい  それを思いだしてい  彼は怖れてい  パラパラと落ちてい  花びらがしかれてい  涯から吹きよせてい  息絶えてい  目は霞んでい  花びらがつもってい  不安は消えてい  桜の森の満開の下に坐ってい  虚空がみちてい  花びらになってい  時にはもはや消えてい  器材が入ってい  世話をしてい  切りまわしてい  子供なんか見てい  影響はたいして受けてい  全然欠如してい  概念しかもってい  ケースが相当かさなってい  ネッカチーフをかぶってい  タクシーをとめて待ってい  フラフラ歩いてい  あいだ本人を見てい  苔色になって死んでい  うつらうつらと思いうかべてい  点々と白くなってい  あなただって、負けちゃい  教師がい  横眼でながめてい  花売りをしてい  恰好はしてい  花なんか売ってい  ホノルルで聞いてい  まり繁盛してい  ひと、い  アルバイトなんかしてい  腹ばいになって寝てい  ぼくは酔っぱらってい  夜が明けかけてい  上着を着てい  悪いことをすれば、だまってい  拳銃をじっとながめてい  中で遊んでい  心に念じてい  ところに建ってい  ため息をもらしてい  それっきり二十年間、わかれてい  トキショと呼んでい  いまとなっても、色あせずに、はっきり残ってい  六年間、い  ためにわなわな震えてい  生返事してい  胸が、どきんどきんと騒ぎ立ち、い  思案してい  ソバカスなんか、よく覚えてい  中で、い  それを怒らい  んで、うっとりしてい  叔父がい  しるしでもついてい  戸があいてい  三平は、い  定めになってい  棟梁手伝いがい  六棟にわかれてい  嚥みこんでい  ゴロついてい  四人突っ立ってい  以前からわかってい  ほうから、い  トバ口に立って、うっそりと眺めてい  いつまで突っ立ってい  ぼんやりと見あげてい  うしろ姿を眺めてい  身を入れてやってい  ところで遊んでい  当にしてい  凧をあげてい  からせがんでい  道具立てが揃ってい  ころまで行ってい  部屋で寝ころがってい  大ごとになってい  骨を折らされた、と言ってい  ことは、まだ届けい  中間部屋に寝ころがってい  眼を伏せて考え沈んでい  約束ができてい  ブラさがってい  方向から吹いてい  眼をそらしてい  子供に売ってい  凧屋から出てい  やつがい  事件だとは思ってい  うそうなってい  後生大事にかかえちゃい  重みがついてい  一どでい  一しよにい  泉へい  どこまでい  よそへい  着物をぬいでい  からよつぽどとほい  つて迎へにい  一しよにつれてい  赤ん坊もい  そばへい  女の子は、もってい  女の子は、かぶってい  着物一枚着ずにふるえてい  肌着をきてい  リアリティは真に迫ってい  草になってい  中にうずもれてい  声でさえずってい  そこここに残ってい  きれいに乱れてい  光を放って、輝いてい  音をたてて流れてい  月の光にさらされてい  貧民窟が建て込んでい  雪におおわれてい  明かりもさしてい  光はさしてい  世界をさがしてい  子供を抱いて立ってい  女は泣いてい  手足まといになって、どんなに困ってい  女は、しくしくと泣いてい  ため息をついてい  かすかに照らしてい  子供を探して歩いてい  河が流れてい  草が茂ってい  町から遠くはなれてい  二人はいつも、楽しく仲よくして遊んでい  人影のい  上にわびしくまわってい  のものを持ってい  笛を造って吹いてい  いっしょになってさえずってい  機械をながめてい  ょうを仰いでい  てゐたとは恐しい  悩しい  メチルでも飲みかねないてい  どれぐらゐ清潔でい  鮭を獲ってい  声がしてい  的にしてい  潮時に獲れずにい  漁師は黙ってい  前に置いてい  魚を割いてい  頭髪も縮れてい  蕎麦切が縺れ合って見えてい  わが子を見てい  年比になってい  室に籠ってい  病気にさえ罹ってい  姿を何時の間にか見てい  ように、穿いてい  売卜者のい  頭髪にさしてい  酒から遠ざかってい  恐怖を感じてい  私は思い込んでい  利用せられてい  犯罪とせられてい  腹が立ってい  丸山君の名は聞いて知ってい  事にきめてしまってい  鼻が赤く、大きくはれ上ってい  ウイスキイが少し残ってい  遊びにやって来てい  野蛮人になりさがってい  打撲傷を負ってい  ものとも何とも思ってい  英雄豪傑にのみ限られてい  金杓子を持って待ってい  かけらを拾いあつめてい  話あっていると、眠っていると思ってい  自分のしわざではないと言いはってい  腕を組んでうつむいてい  のを、だまって見すごしてもい  みな懐しがって、寝ころんでい  十五ミニュートも遅れてい  待伏せなすってい  水ばかり飲んでい  あいだ愁然としてい  顎十郎は、組んでい  手遊びをしてい  なにも盗んじゃい  中へ落ちてい  チャンと睨んでい  いつものように仕事をしてい  水をかけたまでは覚えてい  話をしながら帰って来てい  きれいに消えてしまってい  だれにも話さないでい  万人日常よくよく心得てい  以前からもってい  今まで少しも心づかないでい  闇がりまぎれにきけば、まだい  習慣が行われてい  ように、じつと耐えてい  一すじ残ってい  著物はひどく破れてい  停滞してい  千倉へ行ってい  何だか気が立ってい  それを笑ってい  これ、見い  見知り置きくだされい  そこにつめてい  老中阿部伊勢守は待ちかねてい  慶祝のい  介抱をお命じになってい  ところ、やらせて見い  出むかいい  色はしてい  間おし黙ってい  水に落ちてい  話をききすましてい  当にして待ってい  行方を探しまわってい  身になって探してい  狩場に立ちい  さそうに眺めてい  弁舌を聞き流してい  ト円心に翳してい  から受取っておいてくれい  炉壺にい  打懸けろい  骸骨を踊らせておりますんで、へい  小楊枝を削ってい  威勢の可い  下目づかい  一つすると、固くなってい  ます、へい  膝を抱えてい  一分一寸ですから、開いていても、塞いでい  佃煮が入ってい  嚥んだりしてい  木の下で、うろうろしてい  稲を扱いでい  山茶花を眺めてい  相当にやってい  三人は黙り続けてい  それから三四年姿を見せずにい  稲扱き機械を売りに歩き廻ってい  あいだ目をつけてい  売れと言ってい  さし画がついてい  化粧箱がおかれてい  上に飾られてい  斜にして、置かれてい  裸婦に通ってい  插画をみてい  風情には、観てい  自信は持ってい  何うしてい  手を組みあって、こっそり行ってみましたが、どのざしきにもたれもい  一どこっそり、ざしきをのぞいてみましたが、どのざしきにもたれもい  なかをまわってい  はしかにかかってやすんでい  子は寝てい  みんながざしきであそんでい  おもちゃを持って、きちんとすわってい  手を置いて、そらを見ながらすわってい  子供はだまってわらってい  子供はもうい  入口にこしかけてい  手前勝手から出発してい  大別されてい  考察が間違ってい  物を食べてい  沈滞してい  母性ばかりで生きてい  心を移さずにい  模倣してい  問題に困ってい  誤解してい  資格を備えてい  不幸を感じてい  経済的能力を備えてい  両親が揃ってい  母体としてのみは生きてい  具備してい  雨さへ降るしすさみはてたよゆるしておくれい  夜はしんしんと更けてい  手がさむしい  口に甘いはい  思いきり悪くしぶってい  危難をおすくいねがい  ことも、まるっきり知っちゃあい  直ちに相続を願いい  事情になってい  ちょっとおうかがい  骨やすめをしながら待ってい  ぼんやり見あげてい  候なんぞと言っちゃい  こっちを睨んでい  アよく知ってい  ことをおっしゃってい  甲府勤番にい  最初っから睨んでい  前からこの世にい  俺のい  ざらいをしてい  剣気のぬしは、死んだと思われてい  かげながら守ってい  紹介しようと思うてい  類蔵がい  先刻より気づこうてい  屋根が壊れてい  従来最高峰と認められてい  手筈だ、というてい  処と聞いてい  職業としてい  朝夕遊びに来てい  標本を作ってい  縁日などに出して相当売れてい  四人が集ってい  噂に移ってい  瓦灯口になってい  御徒町にい  損得をいってい  仕事が運んでい  同様でまるでなってい  気が利いてい  本なんぞも、い  から礼言つとい  松造さんとこの、へえい  総領がい  須山さんから、借りて作つてい  音楽にのって踊ってい  ポーズを捨てた、ちょうど走ってい  私だっても存じてい  カタカナも知ってい  ものも知ってい  こちらを見て、サッとはにかんで、持ってい  好奇心を抱いてい  完成させてい  ぜんぜん通ってい  木戸うちからは出てい  門も通ってい  となりに坐ってい  眼つきをしてい  顔をおっつけてい  鳶でも飛んでい  木ッ葉微塵といったてい  足もとに落ちてい  羽根が落ちてい  とみこうみしてい  草がそうとう踏みにじられてい  草が倒れてい  ひきそってい  木戸うちにい  所望になってい  眼つきを鋭くして、なにか考えこんでい  中へしゃがんでい  腰にはさんでい  手をかけてひきあけようとすると、い  中間部屋で寝っころがってい  月の光にすかして眺めてい  同慶のい  木戸も出てい  一杯やってい  門番のい  ちゃんと網膜に映じてい  式服を着てい  今まで見えないでい  枝ぶりを見せてい  本を捜してい  本になってい  数株並んでい  伯父は何もかも見抜いてい  女中もい  ひそかにぶらさがってい  すべて乾いてい  八丁堀へ着いてい  残念だと呟いてい  塩まいてい  五十吉を何と思ってい  心がすんでくると言い言いしてい  ことさえ喜んでい  頼りにしてい  足袋を縫うてやったりしてい  川風を染めてい  ことを薄々かんづいてい  淀川を下ってい  火鉢をせっせと磨いてい  死後路頭に迷ってい  ことを何とも思ってい  一途さに似てい  間暇さえあれば嗅いでぶつぶつ言ってい  さをしのんでい  さにまるで燃えてい  んですが、い  帳面ばかり、ひっくりかえしてい  空嘯ぶい  いつまでもじゃじゃばってい  いまさっき、なにかしきりにコソコソやってい  贋金でもつくってい  版木で起してい  版木をひねくりまわしてい  尊像はすこし変ってい  雲がくれしてい  ょろ松は、受けとって眺めてい  眼をすえて眺めてい  ためつすがめつ大黒絵を眺めてい  床几にかけてい  水茶屋なんぞでのっそりしてい  嫌気がさして、ころがってい  べったらになってい  大黒屋に集ってい  強盗をはたらいてい  茶釜にい  屋根にい  両側を占めてい  植込みになってい  便所になってい  一面も持ってい  高等科を受け持ってい  忠実に打ち込んでい  落ち葉がしてい  銅色に光って散ってい  光を照り返してい  中を駆け回ってい  女生徒が残ってい  目を覚まさないでい  田中が交じってい  洋服を弄ってい  服は落ちてい  咥えて歩いてい  先生に届けようと思ってい  ほうを見詰めてい  特別かわいがってい  なかったことを思ってい  ことが書かれてい  鈴木女教員を責めずにはい  ことばかり突き詰めて考えてい  だんだん哀れっぽくなってきてい  感情を抱き合ってい  自分の勤めてい  校長に宛てられてい  もので、長々と書かれてい  膝下にお導きを承りたく願ってい  ポケットの中で行われてい  生徒のい  わたしに与えてい  行為をしてい  ポケットを探ってい  わたしを慕ってい  それを教えてい  歯で噛まれたらしく、ぐしゃぐしゃに傷んでい  金が入ってい  穴だらけになってい  本屋の受取りが入ってい  ものが入ってい  追想してい  洋服がぶらさがってい  三日月形になって覗いてい  鰊に似てい  味を持ってい  包蔵されてい  部屋を貸してい  アパートに住んでい  借金が嵩んでい  臆病でいじけきってい  苛立しい  気分になってい  人から遠ざかってい  全速力でい  ペテルブルグに近づいてい  人も交ってい  方がずっと込んでい  いずれも疲れきってい  薄黄いろくなってい  様子をしてい  のかを知り合ってい  役廻りを勤めてい  ことをこう呼んでい  物語が、始まりかかってい  言葉を覚えてい  向側にぶら下ってい  紙きれが載ってい  意識とを語ってい  奥にともってい  船でい  船だぞい  船を眺めてい  今まではずんでい  さっきからつくづく見てい  辛抱づよく待ってい  ことが始まってい  釘にかかってい  人間が乗ってい  ひとのい  沢庵桶からたくあんを出しかけてい  それを食べかけてい  水もまだ乾いてい  整頓されてい  長閑に行われてい  帆影を見かけてい  ものは見てい  盗人がい  息をひそめてい  便りをもらいたいぐらいに思ってい  文づかい  肩をふるわせてきいてい  船に乗ってい  まわりをしてい  仕事だと思ってい  めしが煮えかけてい  むかしさんざ使われてい  本道をなしてい  筋をひいてい  域を脱してい  前進しすぎてい  伝統とはまるきりちがってい  唯物論時代を経てい  市民一般のおかれてい  源泉からだけは生れてい  追究してい  疑いとして出されてい  不思議なほどふれられてい  ちがいとしては抉り出されてい  二別二様に分れてい  ままで育てようと努めてい  大衆にとって、買って読まされてい  発足しようとしてい  恐怖してい  反射として書かれてい  対象をどう見てどう感じてい  状態におかれてい  条件にかけてい  仕事なんかしてい  ことがかかれてい  時代が来ている、と云われてい  傾きが何故生じてい  博士を悩ましてい  文通もしてい  回復されてい  ものと喜んでい  エネルギーが宿されてい  博士のもってい  中で行われてい  敵味方に分れてい  密猟をしてい  から通じてい  犬とふざけてい  男女連れがかけてい  南が開いてい  袂を掻き合わせて佇んでい  紫菫が咲いてい  水平線ばかりを見詰めてい  指環はめてい  角帽をかぶってい  卒業はい  とき引き離されてい  本人がい  ことになろうとは夢にも思ってい  学校だって出来てい  躑躅が咲いてい  幸雄は黙ってい  顎を撫でてい  上に登ってい  囲りにたかり見てい  心を乱されてい  方へ歩いてい  まま合点合点をしてい  お人形さんがい  寒中余り水に濡れては震えてい  牡丹が植えられてい  のを知ってでもい  泛べて見入ってい  花から遠のいてい  後頭部を見てい  方便に求めてい  頂点まで育ち切ってい  文芸評論が収められてい  発展はさせられないでい  曖昧にしかとらえられてい  まま止ってい  結論の流れい  ふりはしてい  筋に代えられてい  人間が動かされてい  自分自身に対してい  説明とはなってい  自分としてわかってい  風にはっきりとは分ってい  兎に角小説をかきつづけてい  模様を見てい  若い男は、近頃愛してい  燈籠を持ってい  女房に似てい  喬生はぽつねんと立ってい  彼はうっとりとなってい  上衣を着てい  家内がい  者がありません、すこし休んでい  門口へきてい  なかったのですが、一度持ってい  そうに垂れてい  客もい  顔は蒼白くなってい  ほうからじっと見てい  気になって歩いてい  堤を帰ってい  湖心寺の前へ来てい  夕月が射してい  前へ立ってい  上へ引きあげられてい  牡丹燈が微白く燃えてい  下にしんなりと坐ってい  間から喬生の着てい  はしが見えてい  ようにして死んでい  几によりかかって坐ってい  壇を構えてい  戟を持ってい  口が利けなくなってい  指摘しようと思ってい  だって黙ってい  板子をひっかぶってしのいでい  縊められて死んでい  錠口になってい  五人がすわってい  佐原屋清五郎が倒れてい  円卓についてい  上へさしかけてい  顔つきあわして坐ってい  ムンズリと坐ってばかりい  ものが重苦しくたぐまってい  盃をふくんでい  口を噤んでい  目を落してい  艪を漕いでい  小用をたしていたが、やはり疲れてい  水を叩きまわってい  見物ばかりしてい  時も、まだ降ってい  足跡ぐらい残ってい  ほうを眺めてい  とき座敷にい  誰ひとり椅子から立っちゃい  胴の間に坐ってい  がまんしてい  なにごとも始まってい  立ち読みをしてい  びした声でうなずいてい  首に巻いてい  ア、よく見てい  のだろうとは、うすうす察してい  八月十五日までを辿ってきてい  提起されてい  誠実さで論じられてい  ことを奪われてい  はてに咲きい  論争が行われてい  さかんに行われてい  意欲を欠いてい  確立しえてい  成長もしてい  動因に立ってい  結実してい  印象に立って行われてい  直接姿をあらわしてい  もとより知ってい  明瞭に語られてい  かたからいくらかずつわかってきてい  死について考えてい  身にうけてい  響きがこもってい  聴えて来ずにい  上にふうわりと浮いてい  何時までも遺ってい  金蓮が出てい  裾が微に見えてい  髑髏と抱きあって死んでい  白骨と重なりあって死んでい  比愛してい  きれいな燈籠を持ってい  者がありませんが、すこし休んでい  門口に来てい  方からじっと見てい  話をしながら飲んでい  伴れて往かれてい  牡丹燈籠が微白く燃えてい  蓋から喬生の着てい  端が見えてい  几によっかかって坐ってい  世話してい  唖になってい  習慣とい  半面でしてい  トルストイは知ってい  ものを知ってい  批判は下せてい  態度はとってい  ものは少しも出てい  私も思ってい  随筆を書いてい  自重してい  腹をさすって、笑ってい  まり沈吟してい  それまで隠れてい  とぼけ切ってい  藁馬をひきずりまわしてい  あいだをのたうちまわってい  話を聞きすましてい  つもりにしてい  蛇がい  又右衛門が待ちかねてい  三人を睨めつけてい  まま眼を見あわせていたが、そうばかりはしてい  ガチャガチャいわせてい  なにが現れてくるかと待ってい  朽穴があいてい  朽穴をためつしかめつしてい  空うなずきにうなずいてい  我々どもがまかりい  清姫は泣いたり恨んだりしてい  闇につくばってい  それが、日ごろまめまめしく立働いてい  ことしかしてい  温泉にもい  葉蔭にそよいでい  しか出てい  頃から聞かされてい  しるしではなかろうかとさえ思ってい  お祭りであろうと思ってい  中で念じてい  態度だと思ってい  夜だか知ってい  上品がってい  一つしか持ってい  洗濯をしてい  原因か考えてい  生活に置かれてい  文学的であるとして考えられてい  ユーモアがあふれてい  上向線を辿ってい  弊害はさほど及ぼして来てい  資本主義的害悪から超然としてい  探偵小説集が出てい  傍に立ってい  気持になってしまってい  合理的解釈を持ってい  一見物的証拠が揃ってい  内心に潜んでい  しか実際に現れてい  方法を知ってい  ことに気づかずにい  関係をもってい  部分しか書かれてい  現実のものとして確りからみあってつかまれてい  追求されてい  文章がのってい  表明してい  作品を評してい  それこれ考えてい  ひとつが、い  上下を眺めてい  四五本ならんでい  こをしてい  おうかがい  そこまでとは思ってい  坐りになってい  差しつおさえつやってい  用心棒をつとめてい  役についてい  繩をい  神妙にい  然々としてい  沈考してい  香を焚いてい  ときにもう匂ってい  あいつの身についてい  眉を寄せてなにか考えてい  裏に住んでい  元日、とうぜんとしてい  揚棄したい、飲まずにはい  私自身にもはっきりしてい  化方に通じてい  なにひとつ咽喉を通してい  約束になってい  んじゃい  鑷でも入ってい  むむ、と唸ってい  ことにい  アコ長は、へい  ッちまおうと思ってい  そうにもじもじしてい  今まで、なにか考えこんでい  光でためつしかめつしてい  狸がい  一枚おちてい  アコ長は、ふうんと言ってなにか考えこんでい  邪魔をしたら、かならずなにか仕掛けてくると思ってい  華やかに輝いてい  入口を流れ込んでい  一疋吠えついてい  男が乗ってい  病院にでもはいってい  胴中を切り抜いてい  きらきら明るくてい  非常によく似てい  農夫が働いてい  ようだと云ってい  ように空いてい  物語を語ってい  うららかに賑わってい  人達が流れ込んでい  西洋人が占めてい  今の苛立たしい  世に遊んでい  そうであるが、聞いてい  洞簫を吹いてい  ビーイングによって棲まわれてい  応用もされてい  ものを有ってい  面目をよく表わしてい  想像して羨ましくまたゆかしく思ってい  ゆっくり腰をかけてい  ものを云ってい  切符を差し出してい  場所がちがってい  朝やりかけてい  無意識にいじってい  何か書き止めてい  均衡を失ってい  のが残ってい  鋏が入ってい  隣に坐ってい  妙にニヤニヤしてい  節約をしてい  濫費をしてい  粗食をしてい  事ばかりはしてい  子供を背負ってい  点検してい  議論してい  注文してい  別々に飲んでい  汚点をつけてい  片側に居並んでい  疲れたからだを休めてい  背後に立ってい  疲れとにやつれ果ててい  押入を片付けてい  欠けらが散らばってい  進行してい  何かに書いてい  ことを書き連ねてい  バラック通りを歩いてい  朝よく晴れてい  気を付けて見てい  女も少しはまじってい  そうだと思いながら見てい  一生懸命に眺めてい  崖で見てい  余も見てい  暇人を釣ってい  艫にしゃがんでい  風に靡いてい  客も来てい  いっぱいに溢れてい  一人で間に合ってい  身嗜みをしてい  開業してい  類が雑然と並んでい  温かに焚いてい  ちゃんと出て控えてい  病気で休んでい  給仕をつとめてい  元通りになってい  商売をやってい  商売をつづけてい  小料理屋をやってい  三四人残ってい  愚痴ばかりこぼしてい  阿呆だとばかし思ってい  腕守をしてい  わきをむいてすっ恍けてい  家にひっこんでい  家が古いのに、よく乾き切ってい  ところに突っ立ってジロジロと眺めてい  油を売ってい  ようは変ってい  火の手があがってい  水をかけてい  目測りをしてい  十吉はうなずいてい  中をかきまわしてい  血を吐いて死んでい  チョクチョク吉兵衛をひっぱりこんでい  ところに落ちてい  屏風箱のかげに落ちてい  スリと眠ってい  ちょっと顔を伏せてい  スリと寝こんでい  白壁だけだと思ってい  たしかに生きてい  そばでしゃがんでい  お前さんも知ってい  ようすをしてい  火口が入ってい  さっきから訝しく思ってい  墓いじりばかりしてい  ぼんやり考えこんでい  今朝出掛けたつてい  植木鉢などい  蛙でもい  話を纏めてくれとい  ふつとい  勘定してもい  間接にい  ためとい  芽をい  金づかい  無我夢中でやってい  今そう思ってい  阿古十郎が追いまわしてい  面をして寝てい  ちゃんとそれがわかってい  水を流してい  番人まで召しつれてい  水馴棹をつかってい  金巾をいじくってい  ンなかで見られようとは思ってい  医者が詰めきってい  船を返そうとい  たしかに鯨はい  蓆一枚やぶれてい  ひとわたり調べまわってい  最初っからい  のか眠ってい  眼をさましてい  始末をしてい  伏目になって考えこんでい  関所を通ってい  飲ってい  心に養い得てい  中で述べてい  生活条件いかんにかかってい  医学的記述は示されてい  写真が出てい  興行者が知ってい  夫々執筆してい  讚してい  延長してい  僕でい  あたしを追ひ出しとい  つて行つとい  そん時、断つとい  家柄はあつちでもい  直接話を持ち出さなかつたつてい  銀座をブラブラと歩いてい  按配にすいてい  事実に気がついてい  小説には限らないけれども、い  検事をしてい  藤枝はかねて望んでい  悪漢達に恐れられ憎まれてい  怪腕を振い  かなり親しくしてい  ままよ、とい  商売をついでい  事務所に来てい  斑に光ってい  峰が重なり重なりしてい  渓川に沿うてい  そこここに流れてい  線をつけてい  爪さきあがりになってい  風の音がしてい  空を支えてい  気を張ってい  光が漏れてい  室にも点いてい  俯伏しになって泣いてい  邪神は、い  往って坐ってい  中へ入って待ってい  鹿があまりい  腰に付けてい  手首に纏わり着い  随いてきてい  野猪が唸ってい  シケてい  世間話をしてい  顔もよく覚えてい  骨身を砕いてい  ものを、なぜもうすこし生きてい  ようにもてなしてい  涙が出てい  薄笑いをしながら聴いてい  とたん、寝てい  アんだ知ってい  前を行きつもどりつしてい  居眠りしてると思ったら起きてい  棺桶を、へい  すりかわってい  復習ってい  もう一度おうかがい  米をかわいがってい  棺をおろしてもいなければ休んでもい  背中から離れてい  土を跳ねながらせっせと掘ってい  手がかりが残ってい  米が寝てい  穴蔵へ入ってなにかしきりにゴソゴソやってい  のを見とどけると、へい  中ノ玄関で待ってい  上下をつけてい  介添になってい  荒らしまわってい  画室に帰り着い  戸をい  鉄亜鈴をい  手拭いを切らして弱ってい  のも、またもって、やむを得ざるにい  手近にい  上身を反らして立ってい  マゴマゴしてい  まま意地きたなくいすわってい  生残ってい  つまみながら、うっそりとなにか考えこんでい  尻をにぎられてい  金を出してい  気になって頑張ってい  ことが、い  数馬が、きっと恨んでい  先刻からここで悩んでい  ほうじゃ死んだと思ってい  ほうばかり眺めてい  数ばかり数えてい  酒など呑んでい  金をもってい  嫌疑がかかってい  時現場にい  近くに働いてい  前から働いてい  現場付近をうろついてい  男によく似てい  人相にもあてはまってい  信奉してい  事実となってい  少女がい  ルイズがい  あそこに行ってい  相当年もとってい  ボーイとして働いてい  ここにふらふらしてい  代りに勤めてい  ベッドにはいってい  部分に切りわけられてい  事ははっきりおぼえてい  一九〇七年一月三十一日リュー・サンモール七六番地に住んでい  女に養われてい  バタクランに行ってい  妻がい  息は絶えてい  心臓は突刺されてい  のどをしめて死んでい  集ほど振ってい  ダレてい  生活を続けてい  切望してい  春にあこがれてい  芸術だと信じてい  所は遠ざかってい  液体が入ってい  渦を巻いて掻き廻わされてい  顔を近づけてい  私は尚も叫んでい  女房は生きてい  お前を殺したとばかり思ってい  お前は生きてい  今まで歩いてい  確かに変ってい  態度さえ見せてい  不安を感じずにはい  第三者によって操られてい  番に当ってい  卓子にい  二人連がい  蔭に坐ってい  カフェーに来てい  速達にして出してくれと仰有ったのでよく覚えてい  ように泡立ち乱れてい  喝采を博してい  正岡警部がい  学業をはげんでい  ここにはほとんどなく、いつも、ひっそりとしめりかえってい  碑銘が刻まれてい  夕食を摂ってい  周りを取巻いてい  海を眺めたりして暮らしてい  海を眺めてい  香りが立ち迷ってい  痕が光ってい  ずれ落ちてい  それも、ぞんじてい  すじをひいてい  ような、ともしい  香水をつかってい  下に隠してい  面を眺めてい  眼をつぶって伺ってい  窓を染めかけてい  中は、ひっそりとしずまりかえってい  床を洗ってい  気が焦ら立って来て、じっと立ってい  もっと早く気がついてい  ひとりで暮らしてい  入口にも漂ってい  食堂を眺めてい  ケープをつけてい  懸念も持ってい  死にたいと思ってい  二人乗ってい  舗石をしっとりと濡らしてい  少女が乗ってい  定価がついてい  ちの娘が立ってい  市街を眺め渡してい  巴里に住んでい  なりもふりもかまってい  周りを取り巻いてい  前庭になってい  文字を眺めてい  粛然としてい  こちらを眺めてい  紙に書きつけてい  不審にしてい  紫赤色に染めあげてい  記憶が、忘れてい  間激情と戦ってい  屋根屋根を眺めてい  竜太郎は泣いてい  人波が群れてい  叫び交わしてい  ジッと眺めてい  竜太郎は知ってい  ところに飛び散ってい  凝集されてい  眼見てこようと思ってい  心がしらじらとしてい  昏睡してい  身をやつらせ、未練がましく悶えたり恨んだりしてい  ところを持ってい  薄目をあけてい  滴がたれ落ちてい  銃口をむけてい  三人坐ってい  絶えまなく出たり入ったりしてい  横列になって並んでい  瞶めてい  不審をあらわしてい  名前になってい  なかに沈み込んでい  風貌を示してい  キューピッドがついてい  下を見おろしてい  糞がついてい  海に向って泣いてい  不幸になっても、せめて、生きてだけはい  いつまでも繰り返してい  なかで聞いてい  昔に忘れてい  懐で温めてい  竜太郎は、すっかり忘れてい  銃身をのぞかせてい  何かひそひそと語り合ってい  若い書記生らしい  丁寧に切り抜かれてい  胸に迫って、いても立ってもい  それから暫くつづいてい  肩があらわれてい  顎を突き上げてい  刃を起してい  光を投げてい  ようにゆらめいてい  ように響いてい  方へ流れ込んでい  鮮かに残ってい  姿を追い求めてい  柔和にたれ下ってい  人垣ができてい  竜太郎を見おろしてい  人が跪いて祈ってい  信念を欠いてい  統治してい  好意を持たれてい  一語もさし挾まずに聞いてい  表現せずにい  ことを、つくづくと感ぜずにはい  返事が、わかってい  ものが出来てい  頬をぬらしてい  悲劇的結末をはっきりと知ってい  竜太郎は、うすうす察してい  中に流れてい  画材に似てい  アウレスキーがい  ようにキチンと揃ってい  仔細に眺めてい  竜太郎を眺めてい  堵列してい  ほうに傾いてい  推移を眺めてい  王宮にい  化膿を気づかわれてい  礼服が溢れるばかりにうち群れてい  花のように揺れてい  姿が見えてい  整列してい  ように静まりかえってい  闇をたたえてい  うちに育まれてい  みなまで、聞いてい  眼を開けてい  うえに落ちてい  微妙に、ちがってい  間肌につけてい  竜太郎の持ってい  角が丸くなってい  身にしめてい  ぶんが願ってい  意味がはっきりとわかってい  厚意は終生忘れませんと言ってい  御幸福を祈ってい  体をゆすってい  安全器をはずしてい  ぼんやりと白く浮いてい  二人は、もちろん、助かろうとは思ってい  結婚を避けてい  混乱しい  行列してい  恐怖に打ち拉がれてい  間突っ立ってい  反駁してい  哄笑しい  態度を見せてい  往来を歩き出してい  射出されてい  怪気焔を揚げてい  髪毛が散らばってい  くせに、ひどくこんがらがってい  寮に来てい  着物を縫ってい  顎を撫でながら、とほんとなにかかんがえてい  つもりで待ちかねてい  鮨売を待ってい  間で待ってい  ころはまだ訊いてい  これをいちいち調べてい  辻占を読んでい  のだと睨んでい  座にい  口を揃えて褒めてい  手をおいて聴いてい  恥だから、そうと気がついてい  今までつくづく伺ってい  寮にい  差しでがましい  キマってい  双生児でもこうまでは似てい  口をあててなにかしきりに囁いてい  客待ちしてい  平生君を知ってい  確定出来てい  気持を味わわずにはい  いきさつを聞いてい  カフェで飲んでい  君ァ、すこしどうかしてい  ネクタイを外してひっくり返ってい  外出しないで待ってい  津村を待ってい  日以来会ってい  三人がい  恰で違ってい  悪漢だと深く疑ってい  三十秒も睨み合ってい  男は、い  誰だか、い、い  お酒を呑んでい  やり方はよく知ってい  靴跡がついてい  望みを持ってい  一致すると仰有い  名を使ってい  姉に恋してい  財産に恋してい  山川牧太郎だと思ってい  共同生活をしてい  人相はハッキリ分ってい  ここ五日ばかりあぶれつづきで弱ってい  三年三月も浸ってい  さっきから相談を持ちかけたくてムズムズしてい  横恋慕をしてい  ひとり合点できめてい  源にはぞっこんまいってい  まり返ってい  ノラリクラリとやってい  顎十郎は、なにかしばらく考えてい  念入りに検めてい  急所を射抜かれてい  勤番にい  ままで、またしばらく考えてい  ごとを吐いてい  首をひねってい  ほうから申しあげようと思ってい  そばへも寄っちゃい  者は知らなくてもい  疲れをやすめるのに、これ程い  大変にい  それは、本当にい  ものがはい  者がたべてもい  事とい  私達は小さくてい  熔鉱炉とい  つた時にはどうすればい  それは覚えてゐてい  手でい  上にこすりつけてい  平らにして見てもい  為めにい  手を翳すだけでい  爆発は怖しい  何百遍でもい  倹約をしいしい  方が猶い  云ふよりも寧ろい  事が分ればそれでい  眼もい  千倍してもい  そとを見てゐると、恐しい  それは実にい  傍に踞い  植ゑない方がい  やつてみてもい  花粉でい  のはごくい  皆な食べてい  幹にしつかりとくつつい  猫のい  さに見積ればい  のどがかはい  行つて蜂をい  あすこにゐてもい  巣箱にはい  外見もい  女王蜂はめい  のがひとり残ってい  手も出さずにうつむいてい  ブツブツ言ってい  一本いってい  ことは聞いてい  赤痣が出来てい  あっしはもうい  三年も生きてい  ためつすがめつして眺めてい  ここに突き刺さってい  もっと錆が浮いてい  眼をよせて眺めてい  アコ長はなにか考えこんでい  腕組みをしてい  四人を見てい  痴呆面もしてい  ふうにうまく出来すぎてい  いま噂になってい  部屋のすみで泣き伏してい  からちょっと問いつめてやろうと思ってい  地面に横たわってい  ように割られてい  血がこぼれてい  眼をもって眺めてい  粉が少し着いてい  兄さんと話してい  顔を覚えてい  服装はよくは覚えてい  ソフト帽をかぶってい  顔をよく覚えてい  のか、俯きになってい  名刺はまだ持ってい  俊夫君はしばらくじっと見つめてい  男かが持ってい  他行してい  大村さんはまだ生きてい  状態を呈してい  住所が分かってい  俊夫君はしばらく、俯いて考えてい  目を移してい  一二枚は残ってい  方は流行ってい  丸刈りにしてい  とおり今まで生きてい  主人は生きてい  俊夫君は軽くうなずきながら考えてい  お子さんが座ってい  写真を見てい  僕は何とも思ってい  あいまいにしてい  から大村氏を恨んでい  ものがあまり行われてい  とおり大の子煩悩であるとすれば、生きてい  三時近くまで働いてい  正面から見て似てい  石川五郎とは名乗ってい  私はむらむらと湧きい  履歴を持ってい  数分の間熱心に読み、読み終わるなりじっと考えてい  俊夫君をじっと眺めてい  誰も住まってい  東泉寺に住んでい  今しばらく待ってい  先刻からあたりを見まわしてい  顔を知ってい  数軒ならんでい  それを深く恨んでい  時分から懇意にしてい  石川が待ってい  貧乏になってい  十九から二十三までい  三十七までい  ものは持ってい  北海道にい  人も思ってい  活をしてい  もっと自由が許されてい  寄与をしてい  ことが出来てい  病人をひかえてい  足を包んでい  朝から来てい  半纏一枚しか着てい  へいげいしてい  巨船を作ってい  石垣を築いてい  卑怯がましい  意志を支えてい  神経衰弱にかかってい  微吟してい  もっと元気にみちてい  様子を訊いてい  溜飲を下げてい  痛痒もおぼえてい  白眼で見つめてい  屹然としてい  戦場のごとく入り乱れてい  黙然としてい  どこやら物騒がしく駈け廻ってい  腹を切ってい  襖越しに聞いてい  気にされてい  ちょっと御寝所へ行って揺り起こしてあげい  のを、なお睨めつけてい  熱があがってい  気が散ってい  それへ乗ってい  ようにうるさく思ってい  姿を隠してい  女あしらいに馴れてい  自由は解かれてい  橋杭を交わしかけてい  お前だって、うすうす知ってい  ことをおいい  橋の下をこぎ抜けてい  にわかに、すぼめてい  色へ追ってい  話を交わしてい  肘をもたせて休んでい  気にふさいでい  影を引いてい  策をしぼってい  さな顔を知ってい  動き放題に、怖がらせをしゃべってい  大阪にはもとよりい  白粉をつけてい  キシませてい  ドットと鳴ってじれてい  きのう私がいってい  渇きぬいてい  トップリと暮れてい  足どりを踏みしめてい  油断はしてい  私を逃がすまいとしてい  ツイのまずにい  痙攣を起こしてい  顔をはいてい  立慶河岸をよく流してい  さっきからあなたにいて、待ちくたびれてい  気を配ってい  家へ帰り着いてい  行燈だけはついてい  影をたたずませてい  動悸がしずまらずにい  まわりを廻ってい  態にい  万吉も戻ってい  涙でこらえてい  さにおののいてい  桃色になってい  所へ頼ってきてい  ところはないと思ってい  吹っかえしてい  大阪へ来てい  狼藉にこらえてい  いつまでも腹が立ってい  二階で、しみじみと察してい  浪人がい  涙まじりに悔いてい  あんないまわしい  苦にしてい  桜色になってい  私、生きてい  鬱気でい  びしょ濡れになってい  帯揚ひとすじ残ってい  首を振ってい  フラフラとしてい  米、知ってい  誰もが笑わずにい  何も忘れてい  前かがみにあるいてい  やつが持ってい  花にそらしながら歩いてい  侍は、おもむろに、突きだしてい  大阪表へまぎれて来てい  手が知らせてい  お久良は、まだ黙然と、迷ってい  もっともには思われるが、何せい  静かに揚がってい  二つ三つの瀬戸物を洗ってい  所に澄んでい  幾日を過ごしてい  夢を結んでい  万吉はよく知ってい  雨宿りをしてい  昨日も話してい  櫛にからんでい  無理にいましめてい  まま、黙思してい  先を逃げ歩いてい  鬱結してい  一年、思いつめてい  恋と知ってい  渡世をしてい  心情を、よく知ってい  廃人とは思ってい  それと察してい  常々心にわだかまってい  手むかいい  笑うまいとしても笑わずにはい  姿を見くらべてい  時に、分りきってい  ここを動かずに、待ってい  姿が躍るやいな、待ちかまえてい  あなたに潜んでい  男を見てい  大阪詰でい  時雨堂に潜ってい  一角も、ぜひなく引っつかんでい  句を作ってい  短冊を睨んでい  いつになくこざっぱりしてい  上五だけを書きかけてい  諧謔を交わしてい  姿を思い浮かべてい  ひとりで悦に入ってい  ブラさげてい  うたた寝をしてい  源内は思い出してい  息をぜい  事情などを聞いてい  何か考えてい  天満にい  渦を起こしてい  死骸が片づけられてい  人も乗ってい  一杯ぐれい  草履も切れてしまってい  近くをぶらぶら歩いてい  観音様を探してい  大阪が恋しい、と嘆いてい  遠眼鏡に興じてい  トロンとたるんでい  相手もい  今そこでしゃべってい  ものが追い廻してい  遠眼鏡を覗いてい  そうに刻んでい  気がつくまで睨んでい  ジッと黙ってい  姿態を見つめてい  弥蔵をこしらえてい  女を殺してい  お礼を忘れてい  ひそかに固く握りしめてい  苦虫を噛んでい  川長にい  編笠をかぶってい  襟元をつかませてい  苦笑いしてい  後ろ向きにしゃがんでい  ここを動かないでい  居所をさがしてい  家へ帰られい  底に呼び起こしてい  阿波へまいってい  そうだが、して、い  そちを捕えようと致してい  あなたをお探し申してい  待ちぼうけてい  町端れに暮らしてい  悩みをもってい  ものなら、い  手を抱えてい  フト頭を濁してい  顔を見まもってい  そちに匿われてい  所へ帰って、しばらくすなおを装ってい  側にもい  米もさすがに少し考えてい  細道を歩いてい  歩みに連れてい  森で死のうとしてい  万吉は仰むけに寝かされてい  涙をうるませてい  一月寺にい  それを避けてい  将棋をさしてい  声をくり返してい  門番がい  声を送ってい  門番は、さしかけてい  窓に寄ってい  おいでになってい  さっき賭将棋をやってい  冗談いうねい  墨がかすれてい  阿波にい  外に待ってい  しろ向きになってい  赫として、見つけ次第にと恨んでい  旦那の見てい  鼠薬は入ってい  真偽を観ぬこうとしてい  今日まで戒めてい  宵闇がひろびろと戦いでい  ように取り澄ましてい  所へ来てい  万事は、わっしが心得てい  町へ入ってい  河岸ぶちを駈けてい  荷造りをしてい  気を病んでい  鳴りをしずめてい  無為にい  注意いたしてい  今夜から四国屋へ潜んでい  抜け目なく心得ておいてくれい  それもうすうすは察してい  思案をい  うちは、そうしてい  前からお久良に言いふくめられてい  後へさがらずにい  打粉をたたいてい  わきを探ってい  者が付いてい  宵から察してい  手当てをしてい  のを待ちぬいてい  療治なんかを待ってい  中を見下ろしてい  打ち水に濡れてい  何か言いよどんでい  静寂が残ってい  もてなしにあずかってい  酒も少しは飲んでい  三位卿はピンとしてい  神経を冴えさせてい  楽にい  ことにはと控えてい  鐘をふりかえってい  外を探ってい  途中気をつけてやってくれい  お久良はニヤニヤ眺めてい  入口を、よく見張ってい  下も探りましたなれど、何せい  後ろを閉めてくれい  天井裏を見あげてい  藁ゴミをじっと見てい  人を吸うべく待ってい  お久良が来て立ってい  優しみが溶けてい  姿を待ちあぐねてい  提灯がい  米はまだ来あわしてい  音をさせながらすすってい  夕方からここにい  代を取ってくれい  おれもこうしちゃあい  可愛い子だな、疲れているといってい  蔭にかがみこんでい  打合せに駈けだしてい  気配、ざわめいてい  ッとい  お冠が曲りかけてい  年ごろもよく似てい  閉って、組みついてい  気をつけてくれ、なにせい  いねえくれい  動悸が鳴ってい  一念に歩こうとしてい  正体なく寝入ってい  あっちこっちを見廻してい  たしかに見届けてい  小屋に寝てい  たか、知っていたら教えてくれい  座をしめてい  気持がい  灯は思い思いに帰ってい  江戸に生い立ってい  小間使となってい  四国屋へ嫁いでい  胸につつまれてい  江戸に残ってい  内からさまよってい  不安を持ってい  縁を思って、こうまでしてい  寮からい  鎮みきってい  から眺めてい  間を駆け廻ってい  眼配りを忘れてい  水路を睨んでい  苦悶を感じてい  固唾をのんでい  何か考えずにはい  形となってい  舷を叩かれてい  相当に疲れてい  中にまぎれてい  体がかがまってい  面をくるんでい  ワナワナふるわせてい  裏に噛みついてい  容易に抱き出されないで弱ってい  二人と入れ代ってい  歯ぎしりを噛まずにはい  顔にみなぎってい  遠くへは離れてい  立ちもならず、い  船蔵へ向って駆けてい  空気が漂ってい  多寡をくくってい  スッカリ気がめいってい  苫をかぶってい  髪をくるんでい  身をひそめてい  気構えをとってい  ほうを逃げ廻ってい  あれまでにほれてい  違いないと察してい  そこは、い  達磨部屋へころげ落ちてい  ように白くあふれてい  外海へつきだされてい  ッ伏してい  ッ、い  田舎にめづらしい  かぎりを尽くしてい  さんごなどで飾られてい  花のように御殿にい  死をおそれてい  お送りなされてい  足もとに平伏してい  瞑目してい  占い者は、じっと祈ってい  星が輝いてい  星に現れてい  馬と駆けてい  占い者は、いとまを告げて、い  荒波が打ち寄せてい  谿谷になってい  焚木を拾ってい  いつまでもつきまとってい  充分には行き渡ってい  通りでい  話を沢山知ってい  詩人にもなれてい  神様だけが知ってい  いままで少しも知らずにい  ものまでもこうやってしみじみと見て楽しんでい  一家団欒を賑わせてい  者にも知らせてい  お母さんを知ってい  私はもう、歩けないくらいに酔ってい  キクちゃんは、じっとしてい  ように眠ってい  何も知らぬほど深く眠ってい  下に寝てい  中へ眠ってい  ことはどうでもい  のも怖しい  ことそうやってい  上にのせてしばりかけてい  ガラス窓が閉められてい  こに並んで埋められてい  紐をといてい  内容はちっとも知ってい  処理について話してい  お忙しいのは分ってい  ところに腰かけてい  腕組みしてい  光を見つめてい  只中に埋ってい  よそに行ってい  受皿へどけてい  熱心に云ってい  方は見ず暫く黙って歩いてい  滲透してい  ようにして考えながら、黙って歩いてい  こないだ話してい  亢奮とをもって読みまわされてい  うすい電燈がついてい  前もかまわず憤ってい  線をもってい  印象が漂ってい  宏子はしげしげと眺めてい  しろを撫でてい  それがじっとしてい  中に、暫く黙ってかけてい  友達がつき合いい  のがいいなって云ってい  朝夕眺めてい  もと宏子の使ってい  感受性をもってい  軽蔑を感じてい  鴨居には貼られてい  自分の書きかけてい  上にやや乱れかかってい  非常ベルがついてい  三四人かたまってい  机にい  バスを待ってい  わけ目をつけてい  顔を暫く黙って見守ってい  玄関がしまってい  っ放しになってい  順二郎もい  レコードを暫くきいてい  程斜かいに育ってい  あっちこっちしてい  上へ倒れてい  玄関があいてい  感情を害してい  客間は、ひっそりしてい  仕度が出来てい  壁ぬりい  狸のい  鉄靴はい  渦を巻いたりしてい  それはまだ新しい、ちっとも汚れてい  手を延ばしてい  ものが濃く浸み込んでい  破片がくっついてい  纏綿してい  まま、うとうとしてい  幸先がよいとい  からに怖しい  なにか、怖しい  穴をあけてい  心痛はい  芸道は恐しい  猿を見てい  父親のい  編みものも交ってい  仲店を歩いてい  向うに立ってい  少年に似てい  何も現してい  且、い  ところがい  重宝さをだけい  毎日浅草に出てい  鳥、と書いてい  屋台でも売ってい  においは持ってい  グラマーを見てい  時自転車に乗ってい  人力車がい  提灯が点いてい  点からい  トーキーはまだ始まつてい  トーキーがつまらないとい  現象をさえ生ぜしめるにい  だれが何とい  魚が泳がないとい  精神異常、こうい  不幸にしてい  ものと心得てい  料簡でい  ものはまだい  淘汰はまつたく行われてい  ふうにい  雅量を持つてい  教養であるとい  殊勝さは持ち合してい  選択がまつたく行われてい  会社ともにい  せいに認めてい  監督がい  人はめつたにい  ほうがなおい  みにしてい  朝御飯がよく出てい  朝御飯がふっくり炊けてい  飴色をしてい  宛名を書き忘れてい  監禁されてい  師範学校にい  氣味だとい  好きで被入い  干渉しなくても可い  日からトオカルは目しいてい  ことが出来ると言われてい  何を見てい  人は言ってい  把ってい  前から憎み合ってい  東方に見えてい  彼は眠ってい  物音が死に絶えてい  つきお前と別れてい  西から微風が吹き出してい  盲目でい  髪がひっかかってい  死人を見つめながら坐してい  谷間を流れてい  月夜になってい  河のながれにも輝いてい  布を洗ってい  ように垂れてい  上に吹いてい  彼は聴いてい  返事をしないで、なお聞いてい  老人となってい  気味だとい  遠慮を為い  枕元へ置いてい  条件を具えてい  鳶が群れ飛んでい  船室に引込んでい  情趣を帯びてい  翌朝港内をこめてい  山から目ぼしい  街路に照り付けてい  笠になってい  水を飲みに来てい  生存競争をやってい  勝負がまだ付いてい  五彩にいろどってい  白葡萄酒を命じたりしてい  さっき暴れてい  漾わしてい  婦人が立ちふさがってい  仙台へ着いてい  夏中ぽつりぽつり咲いてい  陸地が続いてい  氷がつながってい  庵にい  住持に事えてい  一所に寝てい  隣室に寝てい  往ってしまってい  甲板に立ってい  マントも着てい  帽子も、かぶってい  眼をつぶって、じっとしてい  気がかりになってい  のが判ってい  のは、起きてい  間違いだと知ってい  汽船に乗り込んでい  マントも持ってい  情熱も消えてい  鞄をかかえてうろうろしてい  名前を聞いて来てい  筆頭に挙げられてい  福田と書かれてい  相川まで行ってしまおうかとも思ってい  福田旅館と書かれてい  皆、言ってい  行儀正しくなってい  応対をしてい  声になってい  怺えて黙ってい  頃まで、眠らずにい  きらいかと思ってい  私も、もう気取らなくなってい  私にでも、わかってい  鞄かかえて歩いてい  がらんとしてい  水が濁ってい  五品も附いてい  言葉になってい  大勢を示してい  根本になってい  国交回復はおこなわれてい  交換してい  循環論法で動いてい  心配をい  女中達とふざけてい  造船所に勤めてい  爺いさんがい  から生きてい  米擣をしてい  坊様と云ってい  日なたぼっこをしてい  籠められてい  朝から晩まで拝んでい  己はどうするかと思って見てい  力瘤を入れてい  ことを思い出さずにはい  能力ばかりをさしてい  産褥についてい  ザラメをすくいこんでい  そこについてい  眼を見はってい  今すぐぼい  ことに思い及んでい  小作をしてい  麦を作ってい  五六人も見てい  これでえい  所だとい  五色軍談だとい  大事ないとい  博勞がい  日和だとい  博勞を見掛けてい  狂女をさしてい  から乘せてい  一口にい  塀がとりまわされてい  空気をかたちづくってい  町すじに漂ってい  跡かたもなくなってい  塀が延びてい  煉瓦でつくられてい  もと占めてい  人が行ってい  二三台待ってい  即売されてい  おろしをやってい  密集してい  裁物板に向って坐ってい  そこらに見てい  一台も通ってい  雑木林をうっとり眺めてい  サヨ自身にわかってい  払底してい  世帯をもってい  寒い晩、寝い  上におきかえってい  灯をつけてい  目を照らし出してい  感銘にい  いくつか並んでい  空室があるかどうかきい  けが歪んでしまってい  諧謔がひとりでに溢れてい  家をさがしてい  夜なんかはおちおち眠ってい  赤坊ケープがつくり出されてい  中に描かれてい  ものを感じて来てい  稼ぎ手として離すまいとしてい  住込みでつとめたりしてい  詩人になろうとしてい  女で、そうやってい  しんからすいてい  飛行公園になるとか云われてい  風にひるがえしてい  日の丸の旗は見えなくなってい  様子はまたこまかくうつりかわってい  上に転がってい  外米八割と書かれてい  自分でも気づかないでい  日が来てい  団扇をつかってい  編輯がされてい  名とを示してい  体に何一つつけてい  肩が描かれてい  頭をよせかけてい  内庭に向ってあいてい  心を満してい  とくなはれとい  無花果が欲しいとい  唄ざますとい  つた博勞がい  世界中で云いふるされてい  わきから思ってもい  瞬間に考えてい  現実に即して考えてい  私たちをおびやかしてい  音楽をきいてい  雪でい  何處でもい  麦わら帽子をかぶってい  板羽目になってい  土間になってい  ズボンをはいてい  在住してい  事業をつづけてい  島へ立退いてい  一緒に働いてい  わたしも弱り切ってい  原住民に限られてい  此処にはい  死骸も残ってい  骨も残ってい  あとも残ってい  ひとりで寝てい  そばに寝てい  眼をかがやかして聞き澄ましてい  かたまりが漂ってい  流れを見つめてい  空はまだ美しく輝いてい  たぐいが生い茂ってい  都合よく出来てい  影がいつの間にか浮かんでい  火がちらちら揺らめいてい  小やみなしに降ってい  九時を過ぎてい  部屋も鎮まってい  雨水に浸されてい  一枚垂れてい  隈なく探してあるい  卑劣さがい  編輯をしてい  伝統としてい  老松町に暮してい  これまでつとめてい  童話にあらわれてい  反応せずにい  それとして話してい  しか咲いてい  噴煙をあげてい  のが入ってい  上にかかってい  老木が繁りあってい  青年がいってい  霧を醸してい  雀がい  縄張を守ってい  真実わるい、と思ってい  娘は、笑ってい  無心に笑ってい  察知してい  画家が使ってい  おのれも許してい  左肺を少し悪くしてい  起訴にしてやってもいいと思ってい  それを見抜いてい  薄笑いしてい  ちの今日でさえ、い  此儘にい  道もまた取広げられてい  滅亡してい  古池などが残ってい  柳の立ってい  花の咲いてい  灌木が繁ってい  幾筋もかかってい  娘美登里の住んでい  内をのぞかずにはい  向きもまたちがってい  処を得てい  白鷺の飛んでい  浅草光月町に残ってい  小祠になってい  客を迎えてい  ことが見えてい  二人ばかり騒いでい  墓地も荒れ果ててい  蔦かつらに蔽われてい  車夫もい  大木が立ってい  眼界を遮ってい  日誌を失わずに持ってい  廓者などの住んでい  長屋のつづいてい  多年住んでい  吉例としてい  面目を失わずにい  話柄となってい  催しもまたつづけられてい  実在してい  哀調が漲ってい  きものが残ってい  春がきてい  春はきてい  雪も白くのこってい  鹿がすんでい  耳をたててきいてい  野原がひろがってい  花がさいてい  かおりがしてい  花がいっぱいさいてい  粗末ながらととのってい  間から差出てい  長時間話しあってい  充分に知ってい  真中につっ立ってい  気味が滞ってい  言葉もはっきりしてい  枝は暫く黙ってい  お願いしてい  室代が高くなってい  理論を持ってい  二つ空いてい  読書に耽ってい  呼鈴に、うとうとしてい  ことを感ずい  玄関にじっと立ってい  人影がしがみついてふらりふらり揺れてい  人影は、やはりふらりふらり揺れてい  蹲まってい  ものがぶらりと下ってい  鴨居からぶらりと下ってい  物も食べずに寝てい  枝はまだ黙ってい  のを、覚えてい  貯金をしてい  仕事をしたりしてい  技術を学んでい  自分が手ずから拵えてあげると云ってい  同人雑誌を引受けてい  吸収してい  見識ってい  彼方で働いてい  仕事がこんでい  陰鬱に沈みこんでい  女学生がい  物語を聞かしてやってい  香りとなってい  どこもきちんと片付いてい  単衣に着かえてい  おなかがすいてい  中でなんにも食べてい  心血をそそいで書いてい  時はよく分ってい  李は涙ぐんでい  尺八がかかってい  朝鮮にい  役人がい  尺八を吹いてい  それに適わしい  方法が働いてい  のが適わしい  方法が適わしい  明るみから匿されてい  ものを拡げ、含まれてい  性格づけられてい  権利を持ち合わせてい  非難を受けずにはい  Daseinにぞくしてい  資格を有ってい  性格それ自身により適わしい  内に含んでい  実践的動機が現われてい  規定を求めてい  必然的に導き出されてい  始めから許されてい  於て欲してい  自然生活を営まずにはい  伝統を形づくってい  従来期待されてい  事実存在してい  分類であるとは考えられてい  内に数えられてい  前から意味してい  名こそ適わしい  区別を与えてい  器量もい  あれでい  水をい  勝手にい  無駄でもい  ここまでは辿り着い  徳川に従ってい  磔にしようと思ってい  奥州からやって来てい  意気に感じてい  石田方がはっきり敗れるとは分ってい  徳川に親しんでい  留守を守ってい  厩にい  畏敬されてい  可なりうるさがってい  警戒せしめてい  薙髪してい  脇で待たされてい  目利きごっこをしてい  人夫達が、い  反間苦肉の策をめぐらしてい  いかように思われてい  幸村虚睡りしてい  戦端を開いてい  深手を負ってい  岡になってい  豪語してい  どれ程深く切り込まれてい  手傷を負ってい  鎧を着てい  覗ってい  戦いになってい  押立ててい  これに当ってい  二本闕けてい  いっしょに寝てい  喜久子から離れてい  中からへんになま白く浮き上ってい  気転を備えてい  大気は淀んでい  星の光りはかすんでい  ビルが真黒くつっ立ってい  中野卯三郎はまだい  それをちらちら見てい  湯はさめきってい  衛生器具を備えてい  中野卯三郎がい  西空にかかってい  とっさに思ったが、実は違ってい  若い女がい  こともよく知ってい  真剣さは、い  中野が言ってい  喜久子が言ってい  耳をしばらく見てい  黄色がさしてい  何にも見てい  おれは酔ってい  彼女はよく眠ってい  ゆるやかに動いてい  杳かに見えてい  君を本当に愛してい  べろんと出してい  末して、い  長らへてゐるより、い  つて後くされがなくてい  しまつたら、い  月が赤くつてい  これとい  嘉吉は、い  腰かけにい  のなら、い  行つた方がい  夜店もい  どこへ坐つてい  つた方がい  まことに眠ってい  のをいやがってい  劣等者と見てい  神のい  惶れに包まれてい  身にまとうてい  金いろに光ってい  口をつけてい  女が泳いでい  貝も持ってい  真珠を持ってい  あたりを眺めてい  緑色をしてい  ようにしがみついてい  煖炉はすっかり冷え切ってい  私は焦れ切ってい  ところで、のっそりしてい  血膿をためてい  一人で暮らしてい  乾燥室に入りびたってい  ところで酔いつぶれてい  ようすで焼け残ってい  凝固してい  薄黒く光ってい  命をつないでい  ようにして、おとなしく眠ってい  嬌めかしい  桃色に透けてい  クックッと笑ったりしてい  背中をさすりつづけてい  胸を打って、しゃくりあげて泣いてい  うそうそとよろめきまわってい  土間に運びい  夜明けまでつづいてい  ゆっくり喰ってい  傍に坐ってい  ひとり人間がい  しろに落ちてい  疑念は消え、もうすっかり忘れてい  ひとり島にい  寄航してい  半ば氷に埋もれてい  あいたまま死んでい  入口をふさいでい  くそこここと透かしてい  食事をつづけてい  こちらを睨んでい  ところにひっこんでい  ウイスキーをあおってい  生活がつづけられてい  悲鳴をあげてい  霧の中で遠雷がとどろいてい  今日あたりと思ってい  若い娘がい  父子がい  緘黙によって保たれてい  顔をして寝そべってい  それを保ってい  生物しか住んでい  まま眼をとじてい  深い闇に包まれてい  運命を感じてい  夕方近くになってい  無心に戯れてい  ほのかにまじってい  中は薄暗くなってい  藻掻いてい  上に坐りこんでい  柱暦に巻き込まれてい  嫌悪したり怖れたりしてい  いま膃肭獣がい  肉体が横たわってい  形象よりもたちまさってい  悲嘆に沈んでい  馬鹿にされとおしてい  ように仲よくくらしてい  あなたがい  いっしんにやってい  狭山に殺されてい  火が這ってきてい  かたまりになってい  料理を食ったりしてい  足がぶら下ってい  一本一本粗らになって生えてい  足先きとなってい  指を吊してい  足が落ちかかってい  危いですよ。足が落ちかかってい  ことなんかを考えてい  時には、もう寝入ってい  私はもううとうととしてい  片足が、ぶらりと下ってい  汽車は走り続けてい  どこかへ行ってい  座席を片付けてい  岸を走ってい  男が坐ってい  喉仏が高く出てい  黝ずんでい  スーツケースがのってい  それを指し示してい  それから暫く黙って坐ってい  頃には、もう立ち上ってい  ことを考え続けてい  隠見してい  あとあしがいっぽんしびれてい  あしならい  椅子は、い  どれもい  しびれがもうなおってい  のではなく、しびれてい  腕ぐみしてい  佐久間ばらい  調練兵が、どかん、どかん、ぶっ放してい  村にうずいてい  藩からは、睨まれてい  彼へ迫ってい  彦太は、迷ってい  村にい  釜で覚えてい  寝酒を酌んでい  内に立ってい  初めは、にやにや笑ってい  いつまでも黙って、眺めてい  手紙も、よく分りますだが、何せい  伊能矢柄が住んでい  並木になってい  六尺でもい  草履が、いっぱいに並んでい  書院いっぱいに居並んでい  雑多にい  憚りなく、笑ってい  あっけにとられてい  影が映ってい  得意にしてい  前にならべてい  帳面へなすりつけてい  往来ばかりじっと見てい  からにゃ、黙ってい  事だとばかり思ってい  話は、すっかり進んでい  疑問を、いっぱいに抱いてい  勿体ないものだと感じてい  行為は避けようと考えてい  苦情がましい  脚を見てい  快方に向ってい  潮風に磨かせてい  行く手によみがえってきてい  望みだけが占めてい  腕をくんで鬱いでい  苦念してい  沖へ近づいてい  潜伏してい  変装をしてい  死骸が抱き合って朽ちてい  内密に考えてい  一日前に立ってい  肌着になってい  孜々と書き綴ってい  手段だとは考えついてい  城下には帰ってい  苦笑を押えてい  言葉を切ってい  蚤取眼でたずねてい  稼ぎに来てい  名になってい  日和佐にい  きのう山支度をして、かねて望んでい  中へ消えてい  ウロついてい  影が織ってい  寸法がきまってい  お前さんが忘れてい  前なんで、すっかり忘れてい  ソボソボ降ってい  肩を揉ませられてい  雀躍りしてい  どこかへ立ち去ってい  使い馴れてい  失くして、困ってい  失くしたとばかり思ってい  業が煮えてい  そうにさびてい  変化を見せてい  しか徳島にい  道具箱からぬけだしてい  顔色をかえてい  背中合せに掛けてい  旅人といってい  手拭にくるんでい  から見ていろい  ブランと提げてい  ここで、おっ放してやろうと思ってい  ように固く結んでい  心配そうに考えてい  符合してい  ブラブラあるいてい  ギッギッと帰ってい  厳重を、案じてい  自白を聞いてい  巣を食ってい  からどうしてい  水を呑んでい  手当てにも追われてい  断りに行こうと思ってい  ガヤガヤしばらくもめてい  境内を見廻してい  手を下すにい  のを待ち設けてい  ものを失ってい  目前にい  四人ほど駆けおくれてい  縄尻をつかまえてい  推測は誤ってい  もの狂いで、あばれ廻ってい  土岐鉄馬は斬られてい  シビれてい  美女が立ってい  血も止めてい  待ちあわしてい  血痕がついてい  横顔を眺めてい  山地へ分け入ってい  森を出て見張ってい  勘へくり返してい  星越峠を踏んでい  かげが残ってい  目みたいに光ってい  肩を支えてい  うつうつとまどろんでい  眠りつかれずにい  宿命をもってい  睫毛をふさいでい  合口に掛けてい  廊下を駆け廻ってい  ように研げてい  鬼のようになってい  春を染めてい  それに代ってい  常識的にわきまえてい  搏ってい  流れに添ってい  男と考えてい  疑惑にしてい  下手を踏んでいると、い  何かヒソヒソささやいてい  最初にい  外へ這い出してい  魚のごとく動かずにい  川島郷に棲んでい  ッ蒼に変ってい  まさか川島にい  村にも忍んでい  身を隠してい  ふたり暮らしで棲んでい  甲賀世阿弥を、みつめてい  畳屋に化けてい  覚悟をしてい  お十夜も、殺すべく握ってい  六蔵といってい  下男になってい  悪人を気どってい  ほかを探してくれ、い  当時すましてい  使いに出されてい  わしにもやがてやってくるだろうと思ってい  ようにつかんでい  ことを唱えてい  どこで見てい  天井裏に潜んでい  他国へ出てい  機を逃がしてい  落涙してい  中を狙ってい  眼が誤ってい  当てがわれてい  昏倒してい  綱もかれに添って働いてい  声をすら顧みてい  上へあえいでい  綱、覚えてい  ひとり安井民右衛門が斬り伏せられてい  力を失してい  綱を見てい  ようにと防いでい  顔が変ってい  わずかな間に失くなってい  ことはできないが、ふと気づくと、さして隔ててもい  目で探してい  男は、振り向いても、なお、這ってい  草の根に呻いてい  空が鳴ってい  丞が捕われてい  影が、い  筋をこわばらせてい  何かぶつぶつ言ってい  耳を掘りながら聞いてい  背にあたってい  山をふり仰いでい  心配をしてい  危惧を感じてい  絶息してい  何万石を夢みてい  何かくわえてい  いつか歩きだしてい  西に目立ってい  龍耳老人、うなずいてい  丞は立ってい  首をかがめこんでい  臆測はあたってい  影さえ持ってい  洞窟で落ちあってい  亡骸にすがってい  老人を見つめてい  威嚇か、解しかねてい  丹花をちらしてい  かなたに隠れてい  ふしを口ずさんでい  しろから組みついてい  淵に立ってい  顛倒してい  逆上ってい  意識をもって待ってい  行動に移ってい  実がい  目を待ってい  目的はまだ達しられてい  微笑が待ってい  著が立ってい  ような紛わしい  支配を有ってい  光芒を奪われてい  条件は具わってい  まり区別されてい  見地が横たわってい  存在を続けてい  相反してい  直接連続してい  緊密に結びついてい  曖昧に止まってい  建前としてい  交渉を持ち過ぎてい  特色を有ってい  特色を欠いてい  仮定してかかってい  特色をなしてい  関係を有ってい  根拠を有ってい  日常使ってい  知識に深く通じてい  解決しようとはしてい  時間を有ってい  のでもなければ、い  同一が横たわってい  圏外にぞくしてい  科学論的に、一向ハッキリしてい  科学方法論を持ってい  自然科学的精神を、物語ってい  ブルジョアジーと戦わねばならなくなってい  前に与えられてい  之によっては少しも与えられてい  方法が成り立ってい  しか意味してい  遙かに下回ってい  來ても、い  縁を歩いてい  葉を捲いてい  光も冷たくなってい  後からきてい  夕映えてい  色がうっすらと映ってい  絵になって見えてい  寺へ行ってい  そのままじっとしてい  枕頭に立ってい  涼しい風が吹いてい  月の光にぼかされて黄いろく見えてい  簷を並べてい  頂にかけて歩いてい  一めんに生えてい  簷が見えてい  爪さきあがりにあがってい  額がかかってい  欄干も見えてい  月を観てい  から傍に立ってい  手をとり合ってい  ためにあわてて起きて帰ろうとしてい  袍を着てい  そうに見おろしてい  蟹が入ってい  悶掻いてい  保姆もい  居所を捜してい  変でございます、どうか忘れずにい  一めんに繁ってい  二人を待ってい  女になってい  そのままぐったりとなってい  私に化けてい  乳を飲ましてい  かかしをつれてい  コケ、い  花畠になってい  画学校は実にのんびりとしてい  人もかなりい  校長を兼ねてい  人物ばかり描いてい  わずかに自分を慰めてい  毎週描いてい  百人ばかりい  参考としてい  月給日が来ても、い  弁疏を為い  具合悪いとい  小遣取りにい  なぞ吹合せしよりい  証文を入れい  深川亭にい  二階から首を出してい  友達に見せてい  贔屓にしてい  泊りに行ってい  三人で暮してい  ように云ってい  喧嘩をしてい  性でないとあきらめてい  水で洗ってい  模様が消えかかってい  愛に溺れてい  ものになると思い込んでい  んだろうと思ってい  独りで並べてい  状態で暮してい  たくさんだと思ってい  ものをとしきりに口説いてい  今日には差支えなく暮してい  自慢を聞いてい  風邪を引いて寝てい  窓から首を出して、振り向いたら、やっぱり立ってい  磯に立ってい  ものだと聞いてい  粗末に取り扱われると聞いてい  からにしようと思ってい  いい加減に聞いてい  毎日先生先生と呼びつけてい  忠告がましい  覚悟でい  蕎麦とかい  蕎麦を忘れてい  天麩羅先生とかい  汽車に乗ってもあるい  湯壺を泳ぎ巡って喜んでい  中で泳ぐべからずとかい  たしかにどたばた暴れてい  鼠一匹も隠れてい  大分はれてい  から黙ってい  先であやつってい  水に浸い  一生懸命に釣ってい  さっきから大空を眺めてい  江戸っ子でげすと繰り返してい  おれは動かないでやはり聞いてい  から、ええ寝てい  了見でい  おれの乗ってい  今時分でも、い  面白そうに笑ってい  一人不足ですがと考えてい  途中をあるいてい  今までだまって聞いてい  弊風はい  先生それはさぞお困りでございましょう、としばらく考えてい  気立のいい  風邪を引いてい  二三日暮してい  間男でもこしらえてい  みんなマドンナマドンナと言うとい  約束が出来てい  一週間ばかり寝てい  事には構ってい  方ばかり見てい  湯壺で逢うとは極まってい  お雑煮とかい  あれを忘れずにい  字を知ってい  そこはまだ考えてい  山嵐はそうだなと考えてい  博物はえへへへへと笑ってい  恥かしいとも思ってい  向側に坐ってい  出立はい  んだから、じっとしてただ見てい  これならよかろうと思ってい  気に掛ってい  ところはまだ煮えてい  それじゃ、い  帝国万歳とかい  早合点してい  縦覧してい  有様を眺めてい  袷を着てい  一人ごとに廻ってあるいてい  吹聴してい  安閑として、留まってい  月はまだ出てい  べらんめえに似てい  言訳がましい  両人共だまってい  二階で寝てい  下度候以上とかい  聾してい  色をたたえてい  旅行してい  燈明が上がってい  印録されてい  肥料になってい  とき/″\おみやをもつてい  祖母ちやまに来てい  祖母ちやまは、かけてい  ものに止まってい  何かをなし得ようとは思わないだろうし、又そう思われてもい  権威が備わってい  コヅキ回されてい  力を入れて来てさえい  忽せにしてい  意義が捉えられてい  けじめはハッキリついてい  一現象であるから、い  出先意識も持ってい  ものが設けられてい  計画してい  安心だと思ってい  新聞等に表われてい  思い違いしてい  干与してい  云えるし、い  監視に任じてい  結局は当ってい  報道がそんなに間違ってい  価値を有ってい  口を利いてい  方が偉いと考え出してい  説法されてい  資格を持ってい  判明してい  接近しすぎてい  のだとばかり信じてい  力を入れてい  対抗意識を持ってい  ことは誤ってい  方が進んでい  成立してい  大衆性を有ってい  経済闘争団体に止まってい  動向に止まってい  客観的現実とはなってい  客観的には有ってい  時期に這入ってい  機会を得てい  主役を引き受けるともいってい  完全になし得てい  外敵から幸福に防がれてい  規定にぞくしてい  如何になってい  直接関係を有ってい  直接関係してい  国でもい  まり重きを置いてい  社会体制に這入ってい  から寝ずに待ってい  輪郭は知ってい  批評を下してい  後影響として残ってい  夫婦喧嘩をしてい  民族礼式などにかまけてい  嬌羞をもってい  処女地をもってい  指摘してい  哲学者がい  論客には触れてい  反省なしにはい  関係づけずにはい  苦闘してい  近代性を有ってい  有名にされてい  エポックをなしてい  原始仏教解釈でグズグズしてい  宇井伯寿博士がついてい  ための、い  初めから問題にしてい  一年経ってい  者は沢山い  傲語してい  思想界に占めてい  哲学畑にい  初めから殆んど全く変ってさえい  序文が付いてい  制限を取り除こうと思っていると答えてい  マルクス主義哲学だと考えてい  内にすでに現われてい  誤解を悲しんでい  於て優れてい  名調子にい  間が抜けてい  ヨーロッパ大戦後まで生きてい  教養に止まってい  思想にまで昇ってい  思想となってい  常識になってい  ば著しく有ってい  検討は加えられてい  民衆性を有ってい  軌道に沿って動いてい  条件にしてい  大衆的現象を持ってい  問題を含んでい  ジャーナリズムに数えてい  感度を有ってい  価値尺度を持ってい  合理的で堂々としてい  亜種だとばかりは考えてい  地位におかれてい  ことはほとんど顧みられてい  価値とを認められてい  者には案外知られてい  威力とを持ってい  意図してい  方向を持ってい  傲然と嘯いてい  イデオロギーが横たわってい  従来洩れてい  建前に立ってい  一流大新聞だけを読んでい  一体従来対立してい  工夫を始めてい  変質を遂げてい  大体評論雑誌を含んでい  文芸物読書界の衰えてい  崩壊に臨んでい  まり注目されてい  見識を持ってい  のか、一向判ってい  做してい  統制に服してい  提出してい  民衆がい  文化意識もまだ持ってい  しか知能生活を持ってい  条件を持ってい  取り返しがついてい  ようにして待ってい  遺憾ながら持ってい  意欲してい  政治的意見も含まれてい  明らかにされてい  有たれてい  チャンと心得てい  まり考えられてい  大学当事者は心がけてい  認識を有ってい  ものと結び付いてい  知能が進んでい  能力が優れてい  対立を見せてい  時間が充分経ってい  言論統制機能が高まってい  現金は無くなってい  汎濫してい  お客としてい  ベッドに倒れてい  音を立てて洩れてい  顔をして死んでい  独立を保ってい  大都会に降ってい  男女がい  中を、よろめきながら歩いてい  単独講和させようとしてい  かたちだよ、一寸羨しい  書簡箋にい  心配しないでもい  安心しろよ、何だい  狐婆ア奴、どつこい  私も未だ見ないんで御坐い  キタナラしい  何だか羨しい  家をほうり出されるかも知れないぞ、あゝ、怖しい  ハヽヽ、うまくい  くらがりにかくしてい  平均してい  努力しつづけて来てい  戦死者墓地となってのこってい  燃えつづけてい  平和は求め叫ばれつづけてい  人権がふみにじられてい  用心と書かれてい  先頃上映されてい  これまでひたかくされてい  さでふりかかってい  解決されようとは全くしてい  原因とさえなってい  問題として扱ってい  針を運んでい  ことを思ってもい  隣村に勤めてい  ままに過ぎて来てい  何心なく持ってい  あたりを横切ってうつってい  ことをたのまれながらつい渋ってい  我知らず団扇づかい  目を配ってい  女を入れてい  裏地をはってい  一日うちにい  かた堪えてい  どこかで待ってでもい  裾をはためかせながら立ってい  車輛にい  顔をして笑ってい  拾ひましたとい  しかね、さうかとい  下を眺めてい  手をかざしてい  真後を向いてい  後姿を見てい  いつかきき覚えてい  仲間がやって来てい  手をやめて眺めてい  パジャマを編んで入れてやってい  買物を見てい  鏡台がのってい  ところまで行ってい  門松を立ててい  心持をくんでい  住してい  腕を揮ってい  発達をしてい  相当に出来てい  絵であっても喜んでい  天味を知ってい  発明されたと報じてい  危機は迫ってい  言明をのせてい  十分に知ってい  組織してい  組織されてい  明記してい  努力しつづけてい  真実を開かれてい  趣旨について語ってい  良心も病んでい  獨語をい  今にい  顏とい  からね、い  ぢまつてい  三笠が映ってい  焦点が合ってい  なりがひどくい  彼女ばかりはいてもい  柳さんがい  給仕が出て行って暫く経つと、キチンとしまってい  警部をしてい  から火なんぞおこしてい  こっちからわざわざ届けなけりゃ見てい  物産に勤めてい  ミサちゃんが羨しい  楽観してい  事業はやってい  中に働いてい  退社手当随分どっさりおもらい  本質はちっとも分ってい  婦人雑誌をひろげ読んでい  雑誌購読会をもってい  舗道を眺めてい  会社につくられてい  妻楊子で拡げながら、考えこんでい  往来を眺めてい  番人ぐらいに考えてい  それも違ってい  これまでうっかり見そこなってい  柳はい  四十分ピクニックもい  連中がやって来てい  ひともい  ラッパをもってい  机から菓子屑をはらってい  仲間いりをしないで歩いてい  ソーダ水をのんでい  事務所に借りてい  はる子がい  一本床に落ちてい  みんなから信用されてい  洗面所にい  そりゃそうだけれど、い  一つもやってい  わきについて歩いてい  ことを云うとは考えてい  それがまたよく似合ってい  解釈してい  かたはされてい  不満感を与えてい  茶番をのみかけてい  素人写真を撮られてい  そこで働いてい  幾分なりとも知ってい  クビになったのよ、い  洗濯をやってい  小母さんがい  鸚鵡がい  中では切り離されてい  お金集めはい  ざっと二時間ばかりい  坂田の喋ってい  頭で考えてい  穴銭沖本だなどとは思ってい  何だかそこにそのまま立ってい  断髪を梳いてい  四五人でぶらぶら歩いてい  まま通してい  だって云ってい  日記帳をつけてい  何か頻りに考えてい  全身で感じてい  教科書にはのってい  口をさがしてい  寝台に寝てい  目で見てい  一大銀行に、先ずいてもい  出来事を知ってい  座を占めてい  人物もい  受け手にばかりなってい  銀行は、いてもい  禁物にしてい  大勢団欒をしてい  銀行員チルナウエルもい  男を一々覚えてい  両方共塞がってい  紙巻烟草を持ってい  中のいてもい  目醒ましい  一切してい  こと夥だしい  のをぶら下げてい  懸想してい  おもちゃになったりしてい  女には似合わしい  一対だと称せられてい  一しょにい  我居間に閉じ籠ってい  銀行のいてもい  半年間は、いてもい  さを忘れずにい  それを行って見ずに、ぐずぐずしてい  リスでも、もう眺めてい  暇乞もせずに、こっそりい  宮殿にい  頃から、少しずつよくなってい  水をみつめてい  そうに見廻してい  公務のうけつぎがつかえてい  千絵と見くらべてい  小首をかしげあってい  不審がってい  ちょっとうろたえて、ひろげてい  介が待ってい  心ひそかに待ってい  手をのばしかねてい  紙きれが吹きつけられてい  ところに運ばれてい  ふたりが帰るとともに忘れてい  窓によってい  皆がそんなに騒いでい  目のやりばとしてい  膝にのせて眺めてい  下に落ちてい  顔色もうすく変ってい  いつになくひがんで見てい  境遇を知らせまいとしてい  糸でかがってい  晩も、寝つかれずに悩んでい  千絵はふるえながら考えてい  声をかけてい  心が探りあってい  気もちに誘われてい  用があるならば待ってい  今頃そこらにい  対手につかまれてい  冷笑して見てい  道のむこうへ捨てられてい  支度をして待ってい  駿河台にい  編笠をうつむけて居眠ってい  眺め廻してい  姿を見せずにい  渦にまいて流れてい  そこに落ちついてい  阿波守から貰ってい  手酌をかさねてい  死首がくわえてい  薄笑いを含んでい  突ッついてい  セセってい  下手になってい  孫兵衛、い  彼自身知ってい  町を走ってい  門番もい  行燈が灯ってい  手先に踊らされてい  ふところへ飛び込んでい  穴蔵部屋へ押し込めてい  こっちも知ってい  そぼろ助広を抜いてい  血を見てさわぎあってい  筋を立ててい  不平にみなぎってい  右往左往して騒いでい  目算がすっかりついてい  グルグル廻してい  ことが起こってい  こめかみを打ってい  虚無僧を思いうかべてい  ものとすれば、当然、つけ狙ってい  どこかで聞かれてい  藩士がい  陰々と鳴ってい  六尺がい  太鼓、いんい  影をかくしてい  亡いものと信じてい  胴を通ってい  ように、会うやい  手に振ってい  小半町ほど逃げ越してい  瀬を知ってい  浪にゆられながら、快を叫んでい  危険を助けあってい  クルクル舞いしてい  怨みをのんでい  乙吉が、預けられてい  落胆してい  消息を探ってい  足がかりを探してい  刀を抱いて、寝てい  ことばづかい  大阪表へ来てい  文面をくり返してい  ものうげに倒れてい  外にかがみこんでい  ガタガタとおどってい  ほうへ逸ってい  竹藪を駆けぬけてい  手がかりを嗅ぎ廻ってい  非人を見てい  密談してい  締めにかかってい  蔵屋敷を見張ってい  見張りをゆるめてい  誰じゃい  対手を見つめてい  面目ないもいってい  蔭にうずくまってい  から気がついてい  蔭から這いだしてい  あいつに出し抜かれてい  きりと考えてい  先を急いでい  いつのまにか体についてい  頭巾袖無にくるまれてい  装いでかたまってい  から知らせをうけてい  胸にかけてい  中にかがまってい  覗きおろしてい  知らせを待ってい  二里もおくれてい  秘帖が隠されてい  死骸をみてい  銃痕がまったく癒えてい  葉にくるまれてい  のを罵ってい  人形箱は砕けてい  一緒に踏みつぶされてい  中から飛びだしてい  それを忘れてい  一心にふみしめてい  綱だと思ってい  滅してい  追跡してい  三位卿もよく聞かれい  死顔をしてい  最前から見すましてい  ほうへ逃げ散ってい  私のいいつけられてい  ように、つきまとうてい  心地がしてい  裾にすがってい  影は消えてい  痕になって残ってい  秘密としてい  老女ルシヤ様のつれてい  綱へ渡されてい  首級にそえて、お渡しいたしてくれい  口をかわされないでい  うから心にもってい  みずから裏切ってい  気持に迫られてい  悩乱にくるまれてい  目も放たずに見張ってい  丞はすくい取ってい  激情と闘ってい  今はつつんでい  お幸せを祈ってい  瞼をおさえてい  痕もみせず、泣いてい  自分から捕縄をつかんでい  かげへ歩んでい  様子を聞きただしてい  お前たちを待ってい  影へ送ってい  たかぶってい  そこへ来てい  一ツに寄せて聞きとれてい  国内にみちてい  話を聞いたりしてい  静養をしてい  ものがはいってい  一枚も持ってい  安倍能成さんが見えてい  一今までに余り知られてい  特徴が出てい  側で見てい  いくつも載ってい  練習してい  頃札幌へ来てい  出来だと思ってい  ちゃんと揃ってい  意気銷沈してい  銷沈してい  床の間にかかってい  大変褒めてい  一人で悦に入ってい  墨絵を沢山集めてい  絵に示してい  姿が如何にも生きてい  石に喰い入ってい  余り信用を置いてい  時間が迫ってい  日差しに照り映えてい  紙がちらばってい  双幅がかかってい  方が当ってい  廊下にでも落ちてい  記憶を持ってい  時間が来てい  ことなんか、もうすっかり忘れてしまってい  ものと諦めてい  ア、困ってい  病院へ行ってい  出し入れしてい  棲家はないと思って悦んでい  あたりに散ばってい  胸に描いてい  警察に知れてい  これだけ出来てい  引繰りかえしてい  大目に見てい  半開になってい  爪ほども気がついてい  天井から下ってい  丸福に落ちてい  正門前に待ち合わせてい  捜索願が出てい  同人を恨んでい  間忘れてい  もっと忘れてい  人間ばかりい  初手から勘定に入れてい  洋画家小野潤平が死んでい  寝床に入ってい  沼などに取り囲まれてい  読書してい  自分を愛してい  小野さんは、ひどく酔ってい  画室へ入って参りますと恐しい  上に冷たくなって死んでい  しかも、そんな怖しい  番組も持ってい  インヴァネスが破れてい  箪笥に入ってい  一体ピストルにのこってい  指輪を嵌めてい  顎にのこってい  矢鱈に歩き廻ってい  自暴酒でも仰ったと見えて強か酔っぱらってい  二人と知っちゃい  不仕合せに暮してい  折解けかかってい  私は恐しい  だらしなく泣き続けてい  通いになってい  事も聞いてい  殆ど忘れかけようとしてい  お世話なすってい  殿をお通わせになさってい  行末が心細くお思いなされてい  歎いてい  一ぱいにしてい  事なんぞ、知らずにいられたら知らずにい  お祈りし続けてい  事を言い言いしてい  うちは黙って聞いて、なんとも言わずに只泣いてばかりい  私も先ずそうしたいと思ってい  様子などお聞きい  思いやりしてい  不審そうにしてい  そうに言い紛らしてい  ような、い  十二三と聞いてい  子供子供してい  静かにほほ笑んでい  少女を見入られてい  だんだん震え出してさえい  そこに泣き伏してい  ようにそのまま眺めてい  返事なさらずにい  赫かせてい  あでやかにほほ笑んで見せてい  顔にしてい  いつのまにかお附けになってい  顔をなすってい  御相手をせられてい  ぼんやりと見入ってい  私に描かせてい  忌にこもってい  手習をさせたりしてい  風をしてい  一切お触れになってい  姿が老いぼれてい  まま無言で聞いてい  対い合ってい  此日記を附けずにい  けさも啼いてい  何も言わずにい  悶を遣ってい  それがそのまま失せるもよいと思ってい  ものになりかかってい  ひとり目をつむってい  考えで追い続けてい  ままにさせてい  ように閉じてい  下すってい  住いたいと年頃思ってい  一めんに立ちこめてい  稲束が刈り干されてい  訣をしてい  其処此処御礼まわりなどに歩いてい  何処からお聞きになって知ってい  身体つきなどはまだ細々としてい  報告してい  返事はどうしようかと迷ってい  殆ど困ってい  返事のい  中庭からお這入りになってい  纓を吹き上げてい  簾のかげにい  それをおさえようとして騒ぎ出してい  君に言ってい  相手にしばらく物語られてい  押問答してい  物音ひとつ立てず、しいんと静まり返ってい  そのまま無言でい  好意さえもちながら、黙って聞いてい  声が啼き渡ってい  一人で困ってしまってい  さっきから消えてい  それには少しも気がつかずにい  目をつむってい  姿を、ついい  偸見せられてい  こともなく蘇らせてい  さを残してい  私に言ってお寄こしになってい  返事ばかり繰り返させてい  心を向け出してい  事も言われようと気構えしてい  更らにすげなく言い続けてい  ようにして聞いてい  縁先きに漂ってい  中から再びうっとりと蘇らせてい  沈黙させてい  物を言わずにい  当分入らっしゃらないかも知れないと思ってい  日々を迎え出してい  事をまだ話してい  所為にしてい  事を勘づいてい  そとに打ち萎れてい  殿の久しく絶えてい  ようにさえなってい  私はなれなくなってい  散らし書きをし出してい  厠にはいってい  長雨にはいり出してい  小止みもなしに降りつづいてい  ゆき場のない、じっとしていたくともじっとしてい  私にもよく分かってい  自分がそうやってい  調子になって来てい  いつまでも見入ってい  控えになっておられるかと思ってい  目にかけてしまってい  それまで忘れるともなく忘れてい  空に浮べ出してい  い集ってごった返してい  法師共がおおぜい  自分自身を見出さずにはい  切なる希いとに充たされてい  自分には分かってい  心もちにさせてい  ようになられてい  悔いやらを感ぜずにはい  殆ど手に入れられるばかりになってい  徐かに巻き出してい  さそうにしてい  何んとも言わずにい  心いちめんに張りつめてい  右舷に眠りい  中段に小さくなってい  人なしと思いい  濡鼠のごとくなりい  猛威を振い  身を厳しく縛りつけい  板のごとくなりい  天井に懸りい  さはなおやまず、い  端然として坐しい  化石しおれり、い  ただちに凍死なん、い  仮面をかぶってい  別に仮面をかぶってい  条件が揃ってい  主計少尉になってい  混り合ってい  家庭が貧しいと聞いてい  別に自慢とはしてい  わけではなく、い  資金は太ってい  雰囲気が漂ってい  遠慮して遠のいてい  和服を着てい  それを、なぜ隠してい  借金をしてい  悪いことはしてい  額を抱えてい  ことを何もかも知ってい  遠慮がましい  俺一人だけ腐つて行けばそれでい  ぁんがたうとう出て行けとい  ぼっちやんとっちやんだとい  何んとい  やうにかうい  子をうんとい  色だとい  名刺でい  鉄格子が嵌ってい  内地で親しくしてい  家も空いてい  から当分それへ入ってい  葉巻をプカプカやってい  誰もいないと思ってい  咽喉を通らなかったが、そのうち、い  意地わるくふさいでい  隅に落ちてい  毎日をわずかに慰めてい  鉄扉でできてい  ことにはなってい  錘りがついてい  常例になってい  佐渡おけさを叩き鳴らしてい  鉄扉を睨みつけてい  ように動かないと思ってい  腕金をすっかり起してい  かげに寄ってみてい  扉になってい  灯があかあかと点ってい  錠前がついてい  錠が下りてい  僕は予め知ってい  境に立ってい  傍に落ちてい  横に掛けてい  親友だと聞いてい  当時東京に住んでい  女が立ってい  胸に抱いてい  感じをもってい  生命をとられかけてい  賑いを呈してい  彼等はなにかヒソヒソと話しあってい  扮装になってい  僕は一度来て知ってい  どこまでも続いてい  灯がうつってい  チロチロと燃えてい  それからそれへと見つづけてい  陽がさしてい  頭が永く載ってい  ように引込んでい  トンと忘れてい  膚につけてい  秀蓮尼が座ってい  勢を示してい  錠がかかってい  米国にい  とき秘蔵してい  在所を探してい  母親もい  それよりもぐずぐずしてい  ジッと見つめてい  襖を指してい  いつまでもいつまでも待ってい  帽子も被ってい  儘入ってい  指紋まで出てい  函を持ってい  大切なものが入ってい  書類が入ってい  二重底になってい  風情を持ってい  これを見逃してい  つけなどい  興に乗じて着てい  モノにはなってい  適用を誤ってい  一般にとおってい  字面が使われてい  書物に出てい  一本立ちに突き立ってい  花が付いて咲いてい  他動的に迷わされてい  書生をしてい  五十日ばかりい  福田病院にい  休養してい  心を動かされてい  目的を改めて見たりばかりしてい  大変可愛がられてい  本ばかり読み耽ってい  馬島病院にい  制められてい  ように読んでもらってい  避暑に行ってい  うちから書きたくて書きたくてむずむずしてい  のを罷めていたが、やっぱり書かずにはどうしてもい  メランコリイになって泣いてばかりい  詩ばかり作ってい  末までい  勉強はしてい  まり好意を持ってい  工事担当員になってい  間路頭に迷ってい  春まではそっちで食べてい  間恋し合ってい  補助を受けてい  中に堪えてい  求職に苦しんでい  いつか一度お話ししてみたいと思ってい  裏隣りにい  七年間声だけを聞いてい  避寒してい  鳥かと思ってい  蔭に立ってい  ジッと押さえてい  鼻緒がギュッと噛みついてい  ものを使ってい  硝子になってい  ヒッソリ閑としてい  ギーッと動いてい  噂さをしあってい  熱海へ行ってい  処分したいと考えてい  運転をしてい  今まで流れてい  ゴッタがえしをしてい  唯一人でやってい  ことも判り切ってい  若い婦人が立ってい  学生だと思ってい  いつものように鍵がかかってい  木ネジをねじこんでい  組立を急いでい  女学生に、あまりに頼りすぎてい  桃枝から手紙が来てい  学士だけが知ってい  匂いがしてい  縷々として続いてい  何一つ書きのこされてい  所持品も違ってい  伯父は暫く考えてい  匍いまわってい  恟々としてい  半分ばかり減ってい  しょんぼり腰をかけてい  研究室内に泊ってい  筈だが、どうしてい  パジャマ一枚で震えてい  門衛のい  ベッドに寝てい  孔が明いてい  ガタガタ慄えてい  何か囁き合ってい  恰好して歩いてい  検事とは喋ってい  前からそれを考えてい  先登に立ってい  繃帯をしてい  部屋で寝てい  何しろ疲れてい  頭髪についてい  大変弱ってい  隅によってい  こっちに立ってい  調整がいってい  白光が深く浸みこんでい  眼をしばたたいてい  プスリと刺さってい  生物があるとは信じてい  上へ抛り上げられてい  眼を悪くしてい  沈澱してい  視力を奪われてい  靴を履いてい  彼自身が握ってい  今も尚覚えてい  衣類所持品をもってい  延髄を刺しつらぬいてい  今やってい  深山氏を疑うとなれば、喋ってい  暗室内へは行かないと云ってい  一面では大いに疑ってい  創作じゃないかと思ってい  今日は探しに歩こうと思ってい  袂を抑えてい  予審判事が駈けつけてい  白状してい  的がかかってい  友達扱いにしてい  座席が並んでい  人が入ってい  しろにい  画面に見入ってい  写真にとっては、打ち興じてい  先刻から耐えてい  灯火が点ってい  鳥渡やすめに来てい  安閑としてい  物が赤く見えるといってい  誰も思ってい  普及してい  中に隠して持ってい  排斥してい  狼狽してい  便器が並んでい  ボストンバッグが置かれてい  間隔がいくらか遠ざかってい  シェパードがい  懐中電燈で執念深く捜しまわってい  午すぎも寝てい  場所へい  若者がついてい  注射して殺されてい  口論してい  果汁が入ってい  匂いが残ってい  ことを語ってい  奥に押しこまれてい  ッかきまわされて捨てられてい  一ツ残ってい  小包はまだ来てい  波川巡査一人しか見てい  モヒを売りこみに来てい  私が与えてい  節約してい  ピイピイしてい  表面に現れてい  ような怖しい  顔にかえってい  御子様もい  とき庭に放されてい  読書にふけってい  乱世と仰有い  密輸品売買にたずさわってい  何度でも、い  様子をうかがってい  上気して歩いてい  一番急所を外れてい  なかった怖しい  腕輪がついてい  腕につけてい  チャンとまかれてい  対坐してい  輸送してい  平静をとりもどしてい  康雄に怖しい  MarieMairとい  ものを抱いてい  ものは残ってい  肖像は残ってい  顔であったという言いつたえが残ってい  容子をしてい  ところにまでも運んでい  時から生きてい  頭をかかえこんでい  ベンベンとして坐ってい  涙あこぼしてい  店に勤めてい  喧嘩でもしてい  私も待ってい  マジリマジリしてい  そのままで待ってい  ニコニコしてい  いつまでもいつまでも微笑してい  範囲も、依然としてハッキリしてい  絵も持ってい  質問が出されてい  場面に滲み出して来てい  出現を待ちい  傍らで聞いてい  中いっぱいに拡がってい  市長夫人は黙ってい  まり勝れてい  上へ散り乱れてい  良人とい  頃訪ねてい  首を傾げ、しばらくじっと考えてい  さっきから黙って聞いてい  これだけ順序よく揃ってい  表面きりしか見てい  暢気でい  ゾロゾロ続いてい  樹木に囲まれてい  夜空にすくすくと聳えてい  建物が立ってい  樹木が繁ってい  熱心に招いてい  何物かを招いてい  欧羅巴にはい  中へいっぱいに射してい  エチガライが知ってい  エチガライを疑ってい  迷信も知ってい  最後に、引き上げようとしてい  雑種を呈してい  太陽は没してい  椅子へ腰かけてい  者だけにかしずかれてわずかに生きてい  私達は生きてい  一人に住み込んでい  いつか渡ってい  間ものも云わずに向かい合ってい  極致を備えてい  圧力さえも持ってい  気楽らしいなどと思ってい  布衣でい  日夜憑ついてい  出家をしてい  死病に憑かれてい  命数は定まってい  一人も持ってい  私だけには解ってい  君が意気込んでい  一人黙って眺めてい  理窟にはかなってい  先刻持ってい  懸命に考えてい  お爺さんが待ってい  後を追ってい  車中では眠ってい  香爐からは煙りが上がってい  水は凍ってい  様子を呈してい  奇怪とに充ちてい  国を立ててい  不安に襲われてい  一再ならずはいってい  泉が湧いてい  常磐木が茂ってい  魚が住んでい  水禽がい  伝説を持ってい  真紅に塗られてい  侍女頭をしてい  幼少時から肌身放さず持たせられてい  老人は黙って聞いてい  静かに浮いてい  予言されてい  地図を持ってい  いつまでそうやってい  洞穴は開いてい  そのまま建ってい  回鶻人が生きてい  ことに思ってい  地下で生きてい  朝陽に輝いてい  艶も萎れてい  南方支那の産まれと覚しい  錠はいつもおろされてい  灘子街を歩いてい  掠奪されてもい  時とちっとも変ってい  点もってい  運命を待ってい  方から下がってい  決心が見えてい  そこに平然と坐ってい  ほのかに浮いてい  私は立ってい  闇に立ってい  一列に並んでい  私あなたを知ってい  意味を知ってい  世人はそう云ってい  話に聞き惚れてい  愚民を騙かしてい  秘密が保たれてい  面紗に隠れてい  容貌が着いてい  誰だって質問かずにゃい  いつまでも無言で聞いてい  室へでも行ってい  屋内にも充ち満ちてい  人が出盛ってい  軒にかかってい  感嘆してしばらく立って眺めてい  支那船が浮いてい  腕時計とを代わる代わるに見比べてしばらくじっと考えてい  公園は立ってい  音楽堂は立ってい  音楽は始まってい  ように集まってい  彼方にい  音楽が続けられてい  燈火ばかりを見せてい  まま倒れてい  口もとばかりを見詰めてい  んと知ってい  捕虜になってい  滑稽味を帯びてい  僕の立ってい  南洋へ渡ってい  賊船を見てい  巨鳥が住んでい  横に黙って立ってい  数千年前に生きてい  サンダカン市に来てい  人々が集まってい  上陸してい  海岸通りを歩いてい  間泳いでい  全体に感じてい  触覚を感じてい  縄梯子が掛かってい  小屋には住んでい  先刻まで掛かってい  籠もってい  中で求めてい  泉が湧き出てい  どこかで見てい  私はしばらく見てい  最初は恐れてい  鰐がい  沼沢地方を歩いてい  煙草ばかりポカポカ吹かしてい  いつまでも室にい  枝から巻いてい  麻痺してい  私はじっと立ってい  乙女だけには恵まれてい  気絶してい  真夜中に近づいてい  跡がついてい  それを見ると、踊ってい  機会を失ってい  廻りをしてい  杭にやっぱり縛られてい  自分でも覚えてい  土人に追われながら逃げてい  判然とは覚えてい  幾時黙ってい  私達が長らく探してい  有尾人にだけは恐れてい  手には持ってい  湖畔に立ってい  毛で蔽われてい  一番前にい  催眠状態に墜ちてい  島を歩いてい  考古学にも通じてい  冒険心に富んでい  何にも持ってい  自分が生きてい  生活を恐れるどころか愛してい  ジョンソンと慣れ親しんでい  三十年も経ってい  小屋が立ってい  平和に住んでい  燈もってい  疲労れてい  真昼になってい  湖水を見守ってい  地球に住んでい  不文律が行われてい  十里四方に拡がってい  祠を眺めてい  私達を守ってい  君のことをちっとも悪くは思ってい  空想にふけってい  岩窟に帰ってい  蕃地に停まってい  一面に浮かんで泳いでい  方へ傾きながら走ってい  三番目にはいってい  穴が開いてい  向きに押し寄せてい  円錐形を呈してい  面に漂ってい  三分の二余りを減じてい  一羽もい  間佇んでい  輪舞を続けてい  底とも覚しい  交替交替見廻してい  燻ぶしてい  単語だけを知ってい  私を見守ってい  上制限されてい  梯子は既に尽きてい  私がいち早く見付けてい  希望に充ちてい  以前よりは一層加わってい  その時まで乾いてい  眼前に拡がってい  小鳥もい  小鳥さえい  表情を持ってい  読者があればい  存在を知らないか、また知ってい  ガラスが曇ってい  土くれをつかんでい  数人会してい  顔を見合わせてい  宝石が光り輝いてい  秘蔵されてい  一面に取りついてい  週刊タイムスに出てい  夕刊を見てい  写真をながめてい  岩陰などにい  別々にまるでちがってい  心臓をかすってい  片すみに残ってい  姿を乱されてい  ようにけし飛んでい  ライオンを飼ってい  三疋ずつついてい  時間議論をしてい  そばで聞いてい  意気込みでしゃべってい  まともに吹きつけてい  子供を連れてぶらぶら歩いてい  猫のふるまいを見てい  構内を歩いてい  簇生してい  背にすがってい  ひとり咲いてい  色と映え合ってい  繁殖してい  流木が散らばり、引っかかってい  ようにそそけ立ってい  夕映えが残ってい  並行線を劃してい  便利であろうと思って見てい  男の子がい  品玉がよく見え過ぎて、ばからしくて見てい  馬が倒れてい  頭から腹から浴びせかけてい  休息してい  連載されてい  毎日見てい  三毛がい  花さく蕗の薹を見い  役者が立ってい  かしこにできてい  ものは、なんとい  夢を知ってい  模造してい  ヴァイオリンをやってい  感じは、い  人々が住んでい  家族はなくなってい  この声を聞いてい  饑えてい  何時頃もいでい  落葉がい  ブランコしてもい  声が騒がしく聞えてい  銀行に勤めてい  雑誌を執って覗いていたが、なんだかじっとしてい  西洋料理も出来ると聞いてい  立場になってい  割前を考えだしてい  勘定などを聞いてい  二つばかり見えてい  昨夜客のい  銚子を持ってい  何を覗いてい  今、むこうから見ると弾いてい  婢がい  中へ入ってい  往来が全く絶えてい  乗物に乗ってい  近臣がい  宗もまだ残ってい  ことばを出さずにい  気色を伺ってい  これまでい  一羽おりてい  最初黙って聞いてい  足軽に持たせてい  息をつめて見てい  のに死んでい  ふだんほめてい  ふだん望みをかけてい  顔を押し当ててい  甘利を討たせい  笛でも吹いて聞かせい  城はまだ落ちずにい  肌に着けてい  使にまじってい  みんなきらきらしてい  なかも見えてい  道をおぼえてい  芽をだしてい  みちへはいってしまってい  工合が悪くなってしまってい  山羊が迷って来てい  バイブルも持ってい  一疋で迷ってい  なかにかくしてい  ちゅうちょしてい  革むちをもって怒って立ってい  子どもさんが連れて来てい  からお礼を云ってい  向うに行ってい  みんなごちゃごちゃにゆれてい  カフスをはずしてい  ぼくそう云いたくてい  みちへかかってい  黄いろにひかってい  山猫を釣ってあるい  青黝くかわってい  あかしだと思ってい  わたくしを見てい  ところへ持って行ったりしてい  ミーロはしばらくだまってい  うまいだろうと思ってい  あやしいと思ってい  娘が立ってい  たなごころをあててい  へんむしゃくしゃしてい  水に入れて呑んでい  うちから行ってい  ぼんやり注いでい  あちこち見まわしてい  まっ黒にそらにすかし出されてい  のしゃんとした葉もついてい  樺の木にのぼってい  半分以上もってい  みんながちらちら行ったり来たりしてい  きらきらひかりながらゆれてい  輪をかいてい  テーモが来てい  みんなの呑んでい  ことばかり見てい  デストゥパーゴは、もうよほど酔ってい  しかたなくやってい  後光をだしてい  そうになってだまってきいてい  給仕が待ってい  沃度ホルムをもってい  がやがやがやがや云ってい  南へ来てい  ファゼーロはまだしばらく泣いてい  ファゼーロはしばらくだまってい  二時を指してい  帳簿から写しものをしてい  兵隊はそら恐しい  乘つて出てい  方でい  そんならも少しい  ペロリとやりたかったので、思ひ切ってい  兎もさうきい  部分サブシとい  山辺にい  写象として欠けてい  雪ふりてい  花遠みい  好餌としてい  わたしはい  ナイフでい  どっちでもい  怪死してい  事にかまってい  二寸ばかり斬られてい  蟷螂が止まってい  血だらけになってい  一把持ってい  捜査を続けてい  一丈がたりないとい  殘してい  咎をもつてい  所有者も、い  江戸のみに限られてい  ものを着附けてい  ので造ってい  一手に引受けてい  ことは特によろこばれてい  松山に待ってい  からたち寺と呼ばれてい  のは珍しいといわれてい  做されてい  暫らく眺めてい  雑誌社から郵書が来てい  みな飛ばずにい  小鳥が啼かないでい  魚が泳がないでい  ことがしないでい  何としてもそうしないでい  あるかないでい  物を言わないでい  たしかに人は歩かないでい  赤にしてい  もっとしないでい  私がそう言おうと思ってい  鳥のうたわないでい  何だかを考えないでい  アラムハラドを見上げてい  道を求めないでい  鳥の飛ばないでい  樹は高く深くしげってい  ほか家でもけらい  はじめは堪えてい  樹もまた感じてい  まっ青で光ってい  間があると思ってい  右手でつかんで立ってい  髪の毛をい  書斎には、かうい  石を下してい  双葉関は、どうしてい  両国にい  二人ツきりでい  台湾に出かけてい  許を尋ねてい  厳禁してい  辺から、どんどんと称してい  物売りがい  八万騎をもって誇ってい  銭を貰ってい  治郎公なぞと呼んでい  層をなしてい  我が国にい  字義にしたがい  一国にい  世界にい  場合にい  智力発達するにしたがい  沿革にしたがい  末段にい  いるかを知ってい  無知で済んでい  科学界をただ漫然と暗く眺めてい  黒味を帯びてい  巻煙草をふかしてい  ロンドンで開かれてい  年月がたってい  人物になり切ってい  ことを報じてい  魂を持ってい  話柄を持ってい  軽業師として知られてい  充分気づいてい  変装したと覚しい  得心が行ってい  荷厄介にしてい  憐んではい  誰だって憐れまずにはい  洋傘を持ってい  しょっちゅう床に倒してい  フランス人を絶えず楽しませてい  ものを見守ってい  人を見つめてい  証明し、い  広場を歩いてい  静けさがみなぎってい  ために破られてい  道路面から特に高く建てられてい  第一原理を持ってい  見当違いとも覚しい  手掛りをも持ってい  半ばを過ぎてい  朝食をしたためてい  やり方を考えてい  食塩を入れてい  砂糖がはいってい  いつまでもまごまごしてい  半分しか飲んでい  眼にたたえてい  品物を見廻してい  突進してい  昼飯時は、もうとうに過ぎてい  ように、つづいてい  矮木林となって、もう果ててしまってい  たそがれが、いつの間にか襲って来てい  両側にくばってい  巡査等はもうほとんど眠りこけてい  窓を指さしてい  ガラスになってい  真中にあいてい  方がちょうど出て行こうとしてい  異様に光ってい  まばらな、い  見当がついてい  たしかに何か言い出そうと構えてい  姿に見入ってい  私が見落してい  影が立ちこめてい  あなたに沈みかかってい  星がちりばめられてい  金色に満たされてい  姿を深めてい  向うをながめてい  別に目立つふるまいもしてい  手懸りを握ってい  後に追迫ってい  熱心に話し合ってい  地平線にかかってい  ら耳を傾けてい  神秘について話してい  人々が考えてい  木かげにい  星をもつかんでい  月だと考えてみられい  不思議なひびきを持ってい  今まで被ってい  ところがふくらんでい  牧師をしてい  ハートルプールにい  何も這入ってい  ように、たじろいてい  現物を握ってい  銀鈴の如く澄み渡ってい  帽子をとって立ってい  たか否かは、疑はしい  やうだと見惚れてい  齒ぎれのよい肌合を差してい  女丈夫とい  あばずれ女などを多くさしてい  センチメンタルだとばかりもい  關東べい  男がうるさいとい  毛のないとい  千枚ばりとい  学生生活を為ずに過して仕舞ったと云っても宜い  本郷区役所と並んでそびえてい  朱が入ってい  字になってい  住職をしてい  情熱を持ってい  充分ととのってい  問い方の大い  胸裡にわだかまってい  近く感じずにはい  探究を目ざしてとりあげられてい  承認せずにはい  念を抱かずにはい  ほこりともしてい  研究せずにはい  要求により適わしい  規定されずにい  ものを有るに任せて見てい  形だけは知ってい  東京でい  これもい  目にも留めずにい  水位遣らずにはい  生存をしてい  母からよく聞かされてい  身にしょってい  教会に成ってい  其儘残ってい  一番大切にしてい  花瓶などと共にかざられてい  色どりよくつみ上げられてい  地に低くたれてい  口上で申し上げようと思ってい  車が、駈けてもい  城を見てい  それまで心得てい  旦那と来てい  一厘だって抜上がってい  時鳩尾に巻いてい  主になって隠れてい  一条心得てい  一人入ってい  時、空いてい  肩を落して坐ってい  叩頭をしい  泣えくさるんじゃい  猿を踊らしてい  のを、もじもじと見てい  芝居で泣いてい  舞台を見い見い  舞台に出てい  一つ持ってい  気の可い  背後向きになってい  ここは可い  何だか擽い  向うから金子くれい  金子出い  一人剥いてい  蔭に、踞ってい  難題といっちゃ、聞いてい  用を済まい  金子を払わい  頭つきが似てい  気がかりなよって、見てい  檜扇を取って挿してい  そないして、話してい  むぐむぐ柿を頬張ってい  前髪摺れに支いてい  含羞でい  袋一つ持ってい  両方別れてい  身に附けてい  夫婦は、平伏してい  一やい  猿を舞わい  太鼓たたいてい  素袍ひらつかい  千代鶴やい  動脈を刺し貫いてい  端然としてい  目を閉じてい  事が、い  袋を出てい  事で、使わい  的となってい  ウドウドも持ってい  病が侵入して来てい  病気にかかってい  から有難いと思ってい  様に縮れてい  ように潰れてい  慾張り過ぎてい  長老になってい  隅に寝てい  自信に充ちてい  パラオ中にい  口碑が伝わってい  自分が懐いてい  自分の懐いてい  大抵天主教を奉じてい  輸入されてい  渉猟してい  真偽を疑いかけてい  エルサレムにい  光を照りかえしてい  心耳にとどまって、い  余白が残ってい  種々相に触れずにもい  年はふけてい  関心されてい  文明史的自覚が燃えてい  勇気はもとより持ってい  愛がまだ眠ってい  女性はいかに美しく、磨きあげられてい  山中を歩いてい  ように思い込んでしまってい  今まで気が付かないでい  欺されてい  印銘されてい  何かしら話をしてい  無料診察を引受けてい  渾名を奉ってい  欄干を嗅いでい  夫を悲しませてい  不正であると固く信じてい  目とをもってい  惰眠を貪ってい  隙間から一部始終を覗いてい  間沈潜してい  決心がつかないでい  之をしてい  中から疾うに磨滅し去ってい  痴情に耽ってい  地上二間位は登ってい  中年男がい  半分落ちかかってい  跡を留めてい  青年の交ってい  マーチを吹き続けてい  微笑を浮べてい  薄笑いを漲らせてい  波を煙らせてい  勉強の出来ないのに弱ってい  胴に触れてい  もやもや水蒸気を昇らせてい  一生懸命に急いでい  物音に充ち満ちてい  八時十五分になりかかってい  何か尋ねられてい  巡査と話したりしてい  焚火を囲んでい  尻を炙ってい  悲劇を語ってい  水蒸気さえ昇らせてい  歩みをつづけてい  目についてい  彼にも勿論わかってい  感銘を残してい  炎を動かしてい  のを持って歩いてい  岸が切り立ってい  産卵するとばかり思ってい  胃袋にも、数多く入ってい  ゴロゴロ寝てい  ゴロゴロ昼寝ばかりしてい  氾濫してい  知らぬ顔の半兵衛を極め込んでい  所に寝てい  満足に睡ってい  老爺が立ってい  前後を争ってい  五町にい  ようにして辿り着い  将棋を指してい  吾輩に向い合って腰掛けてい  記憶にも止まってい  昼飯に立ったりしてい  遠慮しい  大雪になってい  松篁が這い廻ってい  牛やを写してい  分化してい  四五年もい  コロールに住んでい  咳をしながら歩いてい  大体決めてい  顔を睨んでい  ものが起ってい  手入が行われてい  存在をも認めてい  絶縁状態に陥ってい  おもちゃにしてい  道にも通じてい  頑固にそう信じてい  民族の住んでい  そう調子よく進んでい  任ぜられてい  仲間になってい  から、一旦従ってい  穴住居してい  程度に達してい  日本全体にわたって、住んでい  こととなってい  殆ど関係の無いものの如く、ただ漠然と考えてい  有力に行われてい  蝦夷が遺ってい  蝦夷がい  程度まではわかってい  浜に取り遺されてい  待遇を与えてい  頃まで残ってい  普通に日本人の如く思われてい  連絡が保たれて、い  これを認めてい  日本民族になってしまってい  流れを承けてい  系図を持ってい  郷里にい  移住してい  極みに達してい  極みに陥入ってい  熱愛とをもってい  意識せられてい  依拠とを求めずにはい  排擠してい  洞察してい  エンファシスを帯びてい  法華経を説いてい  一笑にふされてい  尖鋭となってい  自若としてい  最高潮に達してい  六月十七日にい  損われてい  一生待ち望んでい  念にみちみちてい  把持者は落ち着いてい  現実化してい  政治的関心を発せずにい  抗争せずにい  関わりを持たずにい  習慣にむしばまれてい  青年時代から胸間に掲げてい  読書せずにい  勇気をもはや持ってい  教育を考えてなどい  さし当り就職難にあるとも云ってい  椅子には腰かけてい  歪曲はされてい  歪曲などされてい  貧窮してい  何かが分ってい  意味を述べてい  美徳と信じてい  願いも含まれてい  直面させられてい  なに一つ覚えてい  見物にでかけたりしてい  長篇講談に読み耽ってい  千人斬りなぞ読んでい  肩車で乗ってい  瞳が潤んでい  裏山に逃げ上ってい  地蔵が立ってい  雑貨屋を営んでい  三日、休んでい  自覚していたので、余計ひどくなってい  駅頭に張ってい  切端しが残ってい  談笑を交してい  畳一面に染みてい  シドロモドロに乱れてい  胸を病んでい  予感してい  彼岸のものとして美しく眺めてい  亡霊扱いにしてい  川合が生きてい  失なってい  雑役にこき使ってい  ぼくたちを拝み廻ってい  行軍してい  絶望と諦めにおとし入れられてい  頭脳にも恵まれてい  キュウキュウ泣いてい  皮だけになり、張切ってい  どこかに棄ててい  小銃さえなくしてい  銃後にい  運命主義者になってい  玉砕をきかされてい  尾を曳いてい  友達に持ってい  嫌悪まで感じてい  開放感が伴ってい  のにも惹かれてい  恥かしがってい  傷を持ってい  靴下を穿いてい  不潔さにそろそろ気づいてい  最後まで云うまいと思ってい  親密にしてい  性質になってい  救いとして信じてい  もとに返ってい  巣を営んでい  ひとに似てい  快楽を慎んでい  妻子と違い、い  言葉を送るとかきい  どこかに必ず生きてい  自由とい  意味を成してい  本所に住んでい  多勢住んでい  影を投げかけてい  殊に僕の住んでい  僕の知ってい  釣竿をのばしてい  勇気は持ってい  誰にも恐れられてい  尻目にかけながら、にやにや笑って歩いてい  先から目をあげずにい  志を持ってい  木造に変ってい  下流にかかってい  今は残ってい  河岸を使ってい  河岸を歩いたかどうかは覚えてい  驚嘆をもらしてい  何だったかを知ってい  そこに来てい  浪にゆすられてい  国はないと信じてい  出征してい  日本を考えずにはい  筈になってい  愛惜を持ってい  辺に残ってい  両側に並んでい  界隈に集まってい  花を盛ってい  子供心にも愛してい  芋を洗ってい  河岸へ通ってい  家鴨なども泳いでい  生憎はっきりと覚えてい  けれんを使ってい  詠嘆を感じずにはい  戸板をかざして立ってい  頭へ塗ってい  僕の通ってい  火事を避けてい  最期を遂げてい  人は大抵助かってい  中に加えられてい  大川に通じてい  両国駅に変ってい  そこへかよってい  建築の立ってい  自動車を並べたりしてい  驚嘆してい  今では残ってい  稲荷ずしを食べて話し合ってい  五月のぼりの翻ってい  僕の住んでい  花崗石を削ってい  橋梁を横たえてい  明治時代に変ってい  苔が生えてい  櫓を押してい  棹を差してい  気さえ起してい  尤も船ばたに立ってい  船ばたに立ってい  昔に変ってい  設備も整ってい  確か広重も描いてい  路に住んでい  植木屋の住んでい  大川にい  夜網を打ちに出てい  すっぽんだったなどと話してい  事実とは思ってい  詩的恐怖を持ってい  河童もい  匂も持ってい  面かげをとどめてい  柳を思い出さずにはい  比翼塚も建ってい  道標を示してい  ゴム毬をついてい  矢張り毬をつき続けてい  法律書を売りつけてい  辟易せずにはい  ものを売りつけてい  カルシウム煎餅も売ってい  水を撒いてい  趣を具えてい  何本かそよいでい  修行してい  敬意を感じてい  人様のい  水が出てい  水の上に出てい  溝へ転げこんでい  いつかどこかへ見えなくなってい  驚嘆せずにはい  界隈に住んでい  そうに歩きまわってい  辺もすっかり変ってい  ピストル強盗清水定吉の住んでい  目をくらませてい  自在にしてい  ロマン趣味を感じずにはい  ここに建ってい  枝をのばしてい  当時から在職してい  裁縫を教えてい  骨になってい  ちゃんと残ってい  いつかうんこをしてい  歌を愛してい  小屋をかけてい  屋根は反ってい  四人集まってい  ものの立ってい  画趣を持ってい  景色は残ってい  ペンを執ってい  印象記を読んでい  あたしのい  電車も通ってい  葛飾北斎が住んでい  悪御家人が沢山い  往来を見てい  蝙蝠も沢山い  雀さえ飛んでい  花ばかりさいてい  わずどこまでもあるい  みずうみをたたえてい  さよなきどりがすんでい  こともわすれてい  ぶんがもってい  世界じゅうがしってい  ふちに、すんでい  なかでやすんでい  あれをきいてい  ことと、おもってい  きらきらかがやいてい  わけがわかってい  ように、ぴかぴかひかってい  よなきどりにい  学者ぶってもい  それをよんでよくわかったといってい  とおりやってい  こころからしたってい  かわりにえらばれてい  会をやってい  しんかんとしてい  さよなきどりを、てらしてい  はたをもって、すわってい  のぞきこんでい  ことりは、じっとしてい  皇帝をじろじろみつめてい  あたりは、まったくおそろしいほど、しいんとしてい  ところから、さしこんでい  ひとりもまだ、かえってきてい  一、い  樣式美とい  丸岡君に連れてい  労働者のよく知ってい  下に黙ってやらしてい  彼等がい  コブランツに行ってい  過去に崇め祭ってい  尊敬をもってめぐらしてい  指揮されてい  全フランスを蔽うてい  掌中に握ってい  点において遅れてい  解放に進んでい  もっと遠くを見てい  思想がいろいろと分れてい  憧憬をよく知ってい  中に論ぜられてい  ものとすらいわれてい  上に錬えられてい  いっさいのものにかつて結びつけてい  方面に欠けてい  勝利は得られてい  ようにもできてい  方へ向けてい  革命にあこがれてい  再建しようと夢みてい  ひそかに崇めてい  彼等に教えられてい  固執してい  思想しか持ってい  無政府主義的宣伝には染ってい  助手をつとめてい  要因をなしてい  サラダをせっせとつくってい  切れはしがはいってい  ものではないと思ってい  環境のものとは、だいぶちがってい  毎日食べてい  二年間行ってい  逆流してい  解釈しか示してい  いくつも傷ましい  人達の死んでい  下に出てい  心持でい  不思議そうに選り出しては弄ってい  心持がしてい  心もいくらか紛らされてい  気もしてい  縁が繋がってい  入れ替り立ち替り酒に浸ってい  ッとりしてい  姿見がつるつるしてい  ッとしてい  いつまでも話し込んでい  医師に仕立てようとしてい  部屋にうようよしてい  莨を喫してい  工合を見てあるい  台所へ出て、ゴシゴシ働いてい  幾度となく通ってい  路次を眺めてい  からじろじろ見てい  なぞ帰ってとてもい  滌いでい  顔を見入ってい  何してい  酒も飲んでい  口を控えてい  額を撫であげながら、黙ってい  そこまで決まってい  年を取り過ぎてい  子供連に囃されてい  道楽をしてい  行く先は大抵決まってい  そうになめてい  ッくらをしたりしてい  気がして、黙ってい  引っ張り出して見てい  急に出てい  傍をまだもぞくさしてい  のが聞えてい  側を離れてうろうろしてい  ことを働きながら言い合ってい  文身などしてい  一緒に坐って聴いてい  ようにしてふざけてい  太夫は言ってい  文句に聴き惚れてい  ところへ坐り込んで威張ってい  流連してい  火を点してい  竿にかかってい  高鼾で寝込んでい  溝際を伝って歩いてい  誰やらがつけてもらってい  燗をしてい  猟ってい  精いでい  羽子など突いてい  厭味を言ってい  東京へ来てい  大分左前になってい  顔を出し出ししてい  鏡に向ってい  髪を引っ張ってい  物ばかり並んでい  茶箪笥などはつるつるしてい  向うからじろじろ見て笑ってい  ことすら知ってい  公園知ってい  不思議そうに見てい  気になって、長く見てい  ハタハタと吹かれてい  酌をしたりしてい  縁を拭いてい  体を悪くしてい  いつまでも寝てい  外へ注いでい  スウスウ聞えてい  台所から外を見ながらしゃがんでい  番しながら考え込んでい  大分見えてい  足をのろのろと運んでい  たたずんで、しばらく考えてい  庄はただ笑ってい  ところを拭いてい  様子を、じろじろ見廻してい  目元に笑って、黙ってい  口を歪めてい  法学生とで持ちきってい  毎日毎日茶屋酒ばかり飲んでい  前垂などをかけてい  帳場に坐り込んでい  方へ入り込んでい  顔を抑えてくすくす笑ってい  薄日に光ってい  いくらも並んでい  着物を洗ってい  手元を眺めてい  安火に寝てい  生活に浸ってい  有福に暮してい  主人のい  倚っかかってい  コーヒを運びなどしてい  庄にも見え透いてい  亭主を恐れてい  始末してい  頭脳に滲み込んでい  方々見てあるい  のすら、見てい  かい耳を傾けてい  寄食ってい  莨を喫しながら、ただ笑ってい  畳が青々してい  教師をしてい  挨拶してい  弟嫁に話しかけてい  顔を、時々じろじろと眺めてい  肩をたたいてい  手を突っ込んでい  蚕を飼ってい  そこへ入り込んでい  血も続いてい  いつまでも考えてい  居睡りをしてい  小父の脱棄てを畳んでい  弟を見てい  独りで遊んでい  海酸漿を鳴らしてい  庄そこにい  傍に黙ってい  いいわけをしてい  渇えてい  大分募ってい  目から涙をにじませてい  幾個も並んでい  そこに立って見てい  独りで呟いてい  方に引っかかってい  四下をきょろきょろ眺めてい  骨も立ってい  時二階に寝てい  横目に眺めてい  額際も曇ってい  置き場を換えて見たりしてい  ごろ寝をしてい  下に縮まってい  莨ばかり喫してい  戸棚に凭れて、うっとりしてい  方も、ひっそりしてい  時から何も持ってい  買食いだけはせずにい  奥へは黙ってい  うちを眺めてい  一日曇ってい  後始末をしてい  話に引き寄せられてい  ことを描いてい  迹を掃いてい  鳥に聞かされてい  そこらはもう薄暗くなってい  蜩が啼いてい  窓に腰かけてい  母親は畳んでい  母親は立ってい  下に突っ立ってい  匂いをさせてい  白粉を塗ってい  膝を崩してい  奥はもうひっそりしてい  マジマジ見てい  声で言って澄ましてい  一人ここへ廻されてい  前から奥へもよく解ってい  庄としばらく話し込んでい  ことまで見てい  鳥の言うほど洒落てもい  縫直しがまだ出来てい  視してい  内もひっそりしてい  そうに取り纏めてい  灰を振ってい  気が進んでもい  体つきものんびりしてい  風で立ってい  雑踏してい  その間をぶらぶらと歩いてい  顔ばかりしてい  方に頑張ってい  芸妓をしてい  東京から出張ってい  方に囲われてい  浅草辺をまごついてい  年をしてい  ヒステレーに陥ってい  継子がい  下宿屋を引き払ってい  そこへ引っ越してい  庄は笑ってい  日本橋にい  振りをして、やっぱり笑ってい  指頭で拭ってい  顔が、見てい  教室になってい  そうに覗き込んでい  ここに遊んでい  ランプが点れてい  形などを直してい  糺も黙ってい  母親が引き取られてい  弟も相変らずい  吹きつけてい  客が立て込んでい  心持で、じっと考え込んでい  心持で聴き流してい  不断着を縫ってい  方を見に行って、い  昨日から方々東京を見てあるい  弁ってい  実業雑誌を見てい  雑貨店を出してい  弟もちっとは考えてい  復ってい  寝息をしながら、すやすやとねてい  顔だと思って眺めてい  母親がもう働いてい  火も興りかけてい  目算立てしてい  懐中時計を見ては、しきりに待ち遠しがってい  方も休してい  逆上目を冷やしてい  耳を引き立ててい  昼ごろまでずるずるにい  講釈本を読んでい  髪を釈いて梳いてやってい  今もそう言ってい  上で拡げて見てい  宵から来て待ってい  検べなどしてい  外へ延ばして、ぐったり寝込んでい  年がそんなに違ってい  笑いをしてい  叔母に勧めてい  手帳に書きつけてい  大分進んでい  欠をしてい  体は一層忙しくなってい  景気づいてい  日を暮したが、そうしてい  独りで謳ってい  おかしがったりしてい  講元をしてい  彷徨いてい  どきどきしてい  針を持ちながら居睡りをしてい  まま午睡をしてい  ッたりたおれてい  余にもなってい  顔を顰めてい  どこかに引っかかってい  叔母から聞いて知ってい  共謀になってい  用事が出来てい  食物屋がぎっしり並んでい  ッと坐ってい  血が軽く躍ってい  膝を崩して坐ってい  庄は考えてい  押し問答してい  叔父はもう着いてい  体を動かしてい  蔭に眠てい  洋服屋へ行ってい  田舎へ行ってい  傍に附いてい  際限なく附いてい  病院長をしてい  日を暮してい  ものかと、恥じもし惘れもして聞いてい  柄を見立ててい  叔母がい  独りで留まってい  幾個も空いてい  叔父は笑ってい  二十日もい  ら笑いばかりしてい  見積りをしてい  田舎くさいと思って眺めてい  いつまでも目が冴えてい  血色が多少よくなってい  燥ってい  ことすら出来ずにい  年を聞いて惘れてい  厭気がさしてい  大げさに言い立ててい  叔母にも解ってい  叔父はにやにや笑ってい  心がまた沈んでい  花に耽ってい  毎日碁ばかり打ってい  花を引いてい  色が変ってい  一緒に遊んであるい  ことを想い出してい  母親は、そうしてい  局部を洗ってもらってい  四ヵ月になってい  叔母は聞いてい  百日生きてい  印象も残ってい  蔭で聞いてい  手に触らせてい  体が弱ってい  いろいろに考えてい  叔母は苦しがって泣いてい  疲れた手を動かしてい  影が涼しく戦いでい  時食べかけてい  唸り声を洩らしてい  碁を打ってい  呼吸遣いをしてい  加減を見てい  眠りに沈んでい  樒に湿いをくれたりしてい  べりながら、黙ってい  後片着けをしてい  一同を待ってい  姿を、じろじろと眺めてい  涙が浮んでい  帯を締めてい  声で言ってい  しかたをしてい  毛布を着てごろりと転がってい  幸さんも寝てい  体になって、い  床摺れも出来てい  病人は寝てい  遊びに耽ってい  叔父は残ってい  晩から気にしてい  饒舌をしてい  母親もなにかとなく知ってい  ように黙って、離れてい  下からまじまじ眺めてい  耳を当ててい  メートルグラスに注いで飲んでい  顔を眺めて立ってい  ものを拡げて見てい  饒舌を始めてい  ワイシャツ一つになって臥そべってい  物干しで、しばらく涼んでい  倚りかかって、疲れてうとうとしてい  看護婦が出たり入ったりしてい  家を開けてい  ちゆきこっち行きしてい  紋を染めてい  見積りを立ててい  だらしなく散らばってい  時間附けなどを見てい  立ち替り附いてい  男などもい  支度に取りかかろうとしてい  そこへ来て見てい  湯に浸けてい  気にしては、訊いてい  煮物を摘んだりしてい  捫着してい  側に立って泣いてい  お題目を唱えてい  そこらに彷徨いてい  浮わついてい  庄とひそひそ話し合ってい  側から目をつけてい  ものを挿してい  増上寺を見てあるい  心持に寝入ってい  相談に行ってい  羽織などを着込んでい  お茶一つ飲まずにい  庄も飽き飽きしてい  箸を着けてい  家の片着けにかかってい  紙などを拡げて眺めてい  細工物を取り出して見てい  側にくっついてい  庄は捻ねくってい  端唄を謳ってい  ところにもい  ことなぞ考えてもい  いつまでも聴き耽ってい  ものを、うっとりと眺めてい  遊びに来るので、近しくしてい  体につけてい  相談会を開いてい  事務など執ってい  月給を取ってい  弁当飯も食ってい  会社を盛り立てようとしてい  額に達してい  新聞を見たりしてい  算盤で弾いたりしてい  口を利き合ってい  下で聞いてい  ことを話し合ってい  綴くってい  欠をしながら言ってい  傍からまじまじ見てい  叔母のい  脂で黒く染まってい  部屋中に行き遍ってい  溜息を吐いてい  店へ坐り込んでい  日が暮れるまで向い合ってい  景気がついてい  二階にまだ寝てい  母親は笑ってい  パタパタになってい  下女働きをしてい  家に閉じ籠って考えてばかりい  蒲団を被けてい  ようで、永く見てい  傍に縮まってい  話などしてい  家に隠れてい  部屋に隠れてい  酒でも飲まずにはい  酌をしい  奥座敷に寝てい  昨夜二人でおそくまで起きてい  様子でも知れてい  糺とも知ってい  遊び友達を持ってい  学費を取り寄せてい  末ごろから海辺へ行ってい  病を養ってい  間数が少く、まだ整ってもい  体はい  ものなら、もうとっくに移ってい  顔を、まじまじ眺めてい  女に耽ってい  娘でい  間まごついてい  から聞いて知ってい  姑が頑張ってい  近所に取ってい  興味に耽りながら話してい  宿を取ってい  旅芸者に出てい  家にぶらぶらしてい  肉づきもよくなってい  元気づいてい  肺尖加答児だと称してい  前から感づいてい  ころ悩まされてい  受け取りに出て来てい  蒲団を被って寝てばかりい  母親も伝え聞いて知ってい  左前になりかけてい  ようだし、こうしてい  逼塞してい  営ってい  こともなく暮してい  ここへ入り浸ってい  何にも知れてい  家で逢ってい  遊び行るいてい  のを、結句悦んでい  芳村のい  噛りついてい  髪を直してい  着物も着替えて待ってい  庄はじっとして落ち着いてい  庄は出たり入ったりしてい  きり、まだ帰ってい  肩を並べて坐ってい  振りをしていたが、そうとばかりに澄ましてい  それから寒い通りを縺れ合って歩いてい  心も多少落ち着いてい  片着いてい  増から聞いて知ってい  図書館へ通ってい  顔を想い出してい  図書館通いを続けさせてい  振りをして黙ってい  ところに坐ってい  火を掻き廻してい  から夜具を卸してい  声を立てて突っ立ってい  庄は呟きながら、やっぱり突っ立ってい  調子を合わせて、何やら話し込んでい  部屋に入り込んでい  餅を切ってい  前に構え込んでい  私ちゃんと知ってい  落ち着きはらってい  外に立ち尽してい  傍で笑ってい  あなたになぞ係り合ってい  気もまだ残ってい  愍んでい  一人を守っちゃい  人を知ってい  二階に寝てい  耳を傾げてい  縫直しに取りかかろうとしてい  ものと決まってい  懇意にしてい  瀬戸物屋をしてい  こともよく解ってい  双方が知ってい  小金を廻しなどしてい  洋画家に縁づいてい  見舞いに来てい  じまいになってい  ように可愛がってい  公然に言ってい  交際は続いてい  着物を引っ張ってい  病勢がもうよほど進んでい  家をよく知ってい  あいだ打ち絶えてい  居所も知らずにい  家に住まってい  顔も覚えてい  病気で始終悩まされてい  奥で臥せってい  愛想を言ってい  顔色を見てい  いつまでも後を引いてい  自慢話も出てい  そこに飲んでい  愚痴談で知ってい  気が進んでい  家に行ってい  葉桜ばかりが残ってい  先が急いでい  手紙のことなどを想い出してい  十人余り出迎えてい  男などがい  フロックを着けて坐り込んでい  口髭を捻ってい  屋内がまだひっそりしてい  日影は闌けてい  いつまでも騒いでい  酒を呷ってい  消息も絶えてい  うえまで漂ういてい  東京から皆さん随分い  方に構え込んでい  手擦りに凭れてい  血を引いてい  気にかけてもい  中を窺いてい  帳場にでも坐ってい  相手に騒いでい  品評などをし合ってい  男を知ってい  ッたり坐ってい  将棋仲間に加わってい  勘定をしてい  耳に挟んでい  いらいらしてい  顔に笑ってい  片側町を歩いてい  家へ行ってい  薄ら笑いをしてい  話にごまかしてい  外はもう更けてい  町をすごすごと歩いてい  姿がちらほら見えてい  正雄が来合わせてい  様子を見て、にやにや笑ってい  先刻から気を揉んでい  火を弄ってい  庄にも解ってい  いつまでも冴えてい  家を訪ねたりして遊んでい  ことについて思い惑うてい  糺は笑ってい  前からよく行きつけてい  どこかで繋がれてい  顔を見い見い  数珠玉などを数えてい  亭主運のまだ決まってい  幾個も嵌めてい  笑いが浮んでい  蔭づたいに歩いてい  方へ来て坐ってい  三日東京へ出てい  間に起ってい  家がひっそりしてい  奥で寝てい  方を見廻ってい  十分ここに落ち着いてい  金縁眼鏡をかけてい  なかを見廻してい  方へ出てい  凭せてい  涙が溜ってい  体に合ってい  学資もろくろく送ってもらえなくなってい  水をやってい  雑巾がけをしてい  砂埃でざらざらしてい  今まで寝んでい  涙を一杯溜めてい  薄笑いをしてい  そこにもじもじしてい  紐を結びながら言ってい  銚子に残ってい  今まで差してい  夕風が吹いてい  胡坐を掻いてい  話と実際とは、随分違ってい  庭へ飛び出してい  病気で困りきってい  それで滞ってい  のは、解りきってい  顔にも現われてい  血でも吐いたらどうすらい  面影を遺してい  後からくすくす笑ってい  プラットホームを歩いてい  温泉へ行ってい  くしてい  得心してい  母親に来ていてもらってもいいと言ってい  大概解ってい  部屋を見廻してい  柱もしっかりしてい  庭になってい  差し交してい  骨董商をしてい  手伝いでもしてい  周りを飛んでい  子供などもい  書類を取り出してしきりに何やら調べてい  くらかえってい  室で話し込んでい  ここへ囲まわれてい  飲食いをしたりして、ぶらぶら遊んでい  顔をして、起き直ってい  突伏しになってい  腕を擦ったりしてい  なかはひっそりとしてい  ころ日課にしてい  口吻を洩らしてい  磯野に聴いて知ってい  折打してい  隅はもう薄暗くなってい  むやみに逐い廻してい  ものが遊んでい  なかに残ってい  ざあざあ降ってい  十日余りになってい  明りが見えてい  影もちらほら見えてい  体中びっしょりしてい  暮れまで話し込んでい  箱へ入れてい  一人がい  ばらばらになってい  肩を波打たせて苦しんでい  ようになって考え込んでい  菊の履いてい  船橋屋へ辿り着い  友だちをい  彼をい  前へ辿り着い  插入されてい  かさに見てい  青年になってい  教育について抱いてい  先生になってい  外国へ出かけてい  叔父が迎えに来てい  ものがひそんでい  推察してい  棚になってい  カーテンもなくつみ重ねられてい  黒髪のかげにかくされてい  そこに暮してい  波翳がさしてい  呼吸がぜい  笠のい  男を激しくい  眼にい  夜露のい  感激がい  とき梅毒患者だとい  云ふ恐しい  湯女もあまたい  毛ほども絡まりついてい  一点も染まってい  純情に渇してい  二つの意味が含まれてい  陋俗までが、なお依然として行われてい  尋常とされてい  習俗となってい  近年まで残ってい  仕業と考えてい  者の着てい  多く行われてい  水葬ばかり行われてい  現今でも残ってい  信仰が含まれてい  もの後生を念じてい  暫らく教員をしてい  風葬が行われてい  インフレーションで苦しんでい  心も荒んでい  親切を求めてい  人は知ってい  牢屋にいれられてい  氣にい  君、どうしよう、書いてもい  仙台で学び遊んでい  仙台医専にい  用心なんかしてい  みさえ漂ってい  ように騒ぎまわってい  街を歩きまわってばかりい  落語やらがかかってい  建築物が立ちならんではい  東一番丁に到底かなわなくなってい  十一時頃までやってい  夜店もひらかれてい  敏感に触れ合ってい  体で歩きまわってい  時代に生れてい  山をうろうろしてい  話は聞いてい  内心あこがれてい  ふだん心に思ってもい  乞食でい  勉強しようと思ってい  帽子に似てい  姿を捜してい  僕を避けてい  船から降りたら、もういなくなってい  一つ欲しいと思ってい  山にあると聞いてい  隔絶されてい  西湖にたとえてい  西湖を慕ってい  しかし、少しも似てい  風景を、ずっと愛してい  斜陽に赤く輝いてい  欠席してい  勧奨してい  年々増加してい  廃止されてい  どこにも澱んでい  ため坐ってい  濛々としてい  初めから医術とつながってい  渇望されてい  活気汪溢してい  都であると聞いてい  カラアがよごれてい  自分には大いに気にいってい  弟さんに似ていると言ってい  ひとたちも驚いてい  情熱をこめて褒めてい  笑い崩れたりして騒いでい  関西訛りがまじってい  理由ひとつだけで結ばれてい  私にもはっきりわかってい  藤野先生がよくおっしゃってい  生徒が、にやにや笑って立ってい  鳥鍋でもつついてい  待遇を受けてい  名刺を持ってい  閉口している、と言ってい  津田氏みずからしさい  バルチック艦隊もい  周さんから聞いてい  突込んでばかりい  私も、かなり酔ってい  一ぱいに射し込んでい  幹事たる者は持ってい  周さんと仲良くしようと思ってい  理想を持ってい  兄弟喧嘩なんかしてい  伝統が残ってい  教育勅語に、何と仰せられてい  ぎろりと光ってい  中村雀三郎一座が先代萩をやってい  受けであったろうと思ってい  はじめから見てい  前まで来てい  偏見を振りまわして生きてい  ものを食べてい  家庭では食べてい  危険人物だと思ってい  いまでもはっきり覚えてい  小屋がかかってい  空地に立ってい  月はまだ落ちてい  顔を見合せて黙ってい  業を継いでい  励行せられてい  しびれを切らして待ってい  ふだんあまり親しくしてい  失礼してい  衝撃を与えてい  周さんのかねて考えてい  溜息をついて言ってい  たくさん持ってい  熱をあげてい  者はまた、い  全部知ってい  如く甘えてい  狂態を眺めてい  笑い草にしてい  代名詞くらいに考えてい  忠だけをすすめてい  教育はしてい  皆泣いてい  種になってい  藤野先生もおっしゃってい  のだと意気込んでい  入荷してい  あれこれ選んで買ってい  試験問題を、あらかじめ漏らしてもらってい  下宿にとどいてい  のだろう、くらいに軽く考えてい  神妙らしくしてい  力こぶをいれてい  何かお役に立ちたいと言ってい  書生さんが遊んでばかりい  解剖実習など、いやがってい  信仰を持ってい  解剖実習くらいで蒼くなってい  振りを装うてい  まましばらく黙ってい  津田氏から聞いて知ってい  体得してい  欠点をもってい  エジプトにい  我等を導きい  奴隷にはなってい  それぞれ収容されてい  赤面してい  理論に酔ってい  身を投じてい  やけ酒を飲んでい  ものだとは思ってい  字もい  態度をしてい  礼教を信じてい  中をさまよってい  何であるか、わからない、いや、わかってい  不幸にして当ってい  あなたに今まで少し甘えすぎてい  気になりすぎてい  手紙が、かえってさっぱりしてい  畏怖してい  三段論法にさえなってい  死ぬ覚悟を持ってい  裏切者と言ってい  日本カブレと言ってい  民族を裏切らなかったら、さいわいだと思ってい  文章は、まるで、なってい  耳をすましてい  一分間だけ立ってい  雪がしきりに降ってい  本人にも、はっきりわかってい  沸騰してい  競争相手だ、と言ってい  著作物もまじってい  文芸を試みてい  食事を続けてい  目撃せられてい  朱筆を入れて下さってい  者はい  受け応えばかりしてい  表情はしなくなってい  勉強は、ちっともしてい  周さんを最も愛してい  誤解せられてい  気持も含まれてい  前から徐々に行われてい  あなたが、ついて来ると思ってい  民衆から離れて暮してい  これ迷ってい  周さん自ら称してい  写真を撮ってい  良心を振い  構想を久しく案じてい  見込を附けてい  紹介してもらおうかとさえ思ってい  送状が附け加えられてい  小説を好んで読まれてい  時日には、必ず待ってい  場合になってい  実生活同様まだるっこしい  所謂背水の陣を布いて生きてい  肚をすえてい  視めてい  ように、生えてい  号令で、跼んだり起きたりしてい  窓ぎわにい  恰度その頃開催してい  部屋で送ってい  部屋を照らしてい  色合を見せてい  月日を送ってい  眺め暮してい  のが、い  人、痩せてい  考えごとをしてい  殺人に値してい  靴を穿いてい  ように揃ってい  心は二度と振い  浴してい  武士が乗ってい  滑らかに照ってい  虹で飾ってい  人たちを眺めてい  針を動かしてい  微笑さえ浮かんでい  戸はもう下ろされてい  下に残ってい  旧家だといわれてい  湯気が立ってい  嫌いぬいてい  片耳を剃い  飯を食べてい  顔をしい  習慣としてい  因業だったので憎まれてい  追従してい  一番近く並んでい  合力を乞うてい  上に、ころがってい  空想してい  玲瓏としてい  瑪瑙色に映えてい  ように蒼いまでに白く見えてい  背にして立ってい  着物を抱えてい  顔見て恐がってい  面に見入ってい  湯槽から躍り上がってい  階段を上がってい  部屋部屋を探し廻ってい  顔をかくしてい  権はしばらくじっとしてい  寂然として立ってい  斑を置いてい  心配そうにして坐ってい  心にかかってい  辺をウロウロしてい  ことばかりを思ってい  湯治客もい  纒ってい  怨みもしてい  炉端に集まってい  廊下でつながれてい  音が聞こえて来てい  死ぬよりい  世の中のくはしい  霧に包まれて眠ってい  大胆になってい  勇気を得てい  出発点に立ってい  ひとすじ流れ出てい  まりができてい  ざまにへし折られてい  まりにしてい  それまで眠らされてい  私たちは並んで坐ってい  ときにも枯れてい  涼しげに敷かれてい  うつつに聞いてい  ものを見つめてい  躊躇をしてい  的中してい  嘘をついてい  からだに巻きつけてい  ほやほやと立ってい  日向ぼっこして遊んでい  下からながめてい  猿さん、ながめてい  下でながめてい  甲羅をくだかれて死んでい  みごとになってい  柿ばかりが残ってい  子がには泣いてい  子がにがまだ泣いてい  中にかくれてい  ばたばたやってい  証書も取り換わしてい  特に断ってい  有がってい  反動的思想を持ってい  仏慈悲を知ってい  遺恨に思ってい  虱を取ってい  方則とがい  丸のみにさせられてい  肥料にでもなってい  洞穴が出来てい  枯れ草を敷いて坐ってい  強盗が沢山集まってい  からじっとしてい  幹に突っ立ってい  小便をしかけてい  岸まで聞こえてい  砂糖が散らばって落ちてい  まり上ばかり見てい  ことは聞き及んでい  根を掘ってい  下りになればよいと思うてい  不自由はしてい  ちゃんと決めて行われてい  中は荒れてい  わしがこうしてい  柱にもたれて眠ってい  上にさしてい  上に吹き込んでい  イうたた寝をしてい  姿に包まれてい  ことを快く聞いてい  ものさえい  ちがいないからと、こう申してい  痩枯れてい  痩になってい  乎としてい  眼を閉じてじっとしてい  ことを知らさないでい  心で考えてい  死体にかじりついてい  先刻と同じい  日もくれてい  闍利がい  心狂うてい  虫までがい  考え方は変ってい  時分は到って漠然としてい  バス炭坑見学とだけは繰りい  確定的に考えてい  頃ピリニャークにくっついて歩いてい  物を書いてい  統制に掘りかえされてい  試掘が行われてい  折から手のすいてい  六時をすぎてい  四辺を眺めてい  一方を占めてい  端に坐してい  静かに立ってい  病人が来てい  さ四寸にも余ってい  小鼻が動いてい  向う側に坐してい  声によく似てい  王九媽はい  十二時もすでに過ぎてい  飯は済んでい  王九媽が立ってい  うち居ても立ってもい  瞠ってしばらく想い廻らしてい  皆生きてい  土地に残ってい  注意して尋ねてい  丈夫に出来てい  田舎へ行けばあるだろうとおもってい  器械はい  から永持ちはしませんよと云って断ってい  跡だとい  跡とい  分量とい  名の知られてい  有名になってい  讃美歌を有ってい  小舎へ辿り着い  そうに咲いてい  人懐つかしい  時代もないと思ってい  芳芬に染まってい  いつまでもここにい  六茎を括りつけてい  蘭科植物も生えてい  期待せずにい  満喫させてい  言をはいてい  身にそなえてい  必然からはっきりとは掴んでい  文章にもってい  ワグナア祭典が行われてい  発行してい  軍国主義教育でやしなわれてい  心につよくのこってい  寸劇などに興じてい  講演旅行に出かけてい  うえにい  暇はあたえられてい  うちひしがれてい  だつおもいで省みずにい  まじめにならないでい  囲繞いてい  洛外北山に住んでい  噂は聞いてい  タラタラと並んでい  口、結んでいても開いてい  床を延べて伏せってい  物を仰有い  民弥へ云ってい  隣部屋に寝てい  奥歯を噛みしめてい  民弥はいつ迄もい  いつ迄もいつ迄もい  会話が交わされてい  檻でも出来てい  ご覧なされい  弁才坊めが云ってい  化粧もしてい  頸を低く垂れてい  男女が話してい  軽口ばかり利き合ってい  いずれも整然と並べてあり、一々取り上げて調べてい  考えに耽りながら歩いてい  外聞も構ってい  人形いじりをしてい  若い武士とが立ってい  面白そうに見てい  地上へは倒れたが、隠し持ってい  行手へ突っ立ってい  グルグルと取り巻いてい  社の大い  以前から手に入れようと望んでい  人影など映ってい  上へと上ってい  腰など曲がってい  お嬢様、何と仰有い  から茫としてい  以前から交際を結んでい  ストストストストと下ってい  年月、心掛けてい  頃どうしてい  オッとそうそう縛られてい  あなたを走ってい  道も出来てい  疲労切ってい  身を躍らせて飛び込んでい  乱闘を見てい  時洛中を歩いてい  道草を食ってい  男女が話し合ってい  根城を構えてい  妻にしようと、狙ってい  これでお別れい  苦心してい  多聞兵衛が、死なずに活きてい  民弥までい  誤解をしてい  洛中洛外にはびこってい  桐兵衛一味がい  蟠踞してい  さに染めあげてい  シャンデリアが点いてい  飢え渇いてい  ちゃんと前から知ってい  薩張り満足せられてい  尾形警部が言ってい  薩張り判ってい  噂になってい  中に住もうなどとは思ってい  幸福に暮してい  起居してい  安心をしてい  血に飢えてい  さに満ちてい  二階へ駆け上ってい  息は止ってい  白眼を剥いてい  瞳孔も開いてい  手に遊ばしてい  チアノーゼが薄く現われてい  臨終を見てい  新婚生活をひやかしてい  方は画かきだとばかり思ってい  わけじゃなかろう、と言ってい  短刀を持ってい  笛吹川さんは、死んでい  ことなく暮してい  花のように咲いてい  誰彼に浴びせかけてい  あとにのこってい  大当りをやってい  宛勝ってい  手伝いに来てい  窓近くにい  先程から不思議に思ってい  小やみになってい  渦を捲きつつ垂れ下ってい  雨はもうすっかり上ってい  なかに浮ばせてい  戸外にまで流れてい  一つ置かれてい  液体が残ってい  身体をゆすぶってい  嫂が知ってい  お手伝いさんたちとしてい  あちこちと探しまわってい  間に立って苦しんでい  これやと選りわけたりしてい  窓から街道を見下してい  家に勤めてい  二台並んでい  捜査をしたいと思ってい  まり荒されてい  男性がい  人は遂に来なかったらしいと申してい  知らぬ顔をして泊ってい  勝見にたよってい  ことを祈らずにはい  犯人と睨んでい  肉腫が出来てい  ことだと言ってい  何から何までよく知ってい  休職してい  兄の死んでい  事実を見落してい  自記されていようとは思ってい  算盤をパチパチとはじいたりしてい  上下に動かしてい  尾形さんも、そうは思ってい  だんだん下ってい  円滑に動いてい  変化をしてい  急降してい  傾斜で動いてい  せいだと思ってい  変化を示してい  変動を生じてい  ように帰ろうとしてい  階段的変化を示してい  衣服をつかんでい  方をジロジロと見廻してい  なぞやってい  呆気にとられてい  ポケットから指紋帳を出して較べてい  搬ばれてい  指紋がありありと残ってい  島に暮してい  私を覚えてい  結末は、まだ本当についてい  全然虚構であるとは思ってい  河童が棲んでい  さに痩せてい  人一倍強い自惚れを持ってい  百姓娘をまごつかせてい  楓を連れ出してい  極意に達してい  泛べたりしてい  風をくらって、逃げてやろうと思ってい  鳥居峠に籠ってい  常人とは異っていると思ってい  暫らく唸ってい  洒落に、甘んじてい  東西南北、い  子分がい  山門へ寄ってい  姿は消えてい  大坂中に鳴り響いてい  気も遠くなるくらい甘くしびれてい  声を覚えてい  顔を見せまいと誓ってい  尻餠を突いてい  中まで探してい  ように催してい  百姓娘に贈ってたまげさせてい  顔でしばらく聴いてい  城内におとなしくい  術で飛んでもい  全部舞ってい  収まりかえってい  念仏しか残ってい  月を仰いでい  まごまご曝してい  どこかへ消えてしまってい  楓がい  行方を探してい  盗賊はぶらついてい  恨みなど忘れてい  天に登ってい  三つできてい  六つばかり提げてい  急にぶらぶらさせてい  入口ができてい  大将についてい  右いおい  横目で見てい  大将を見てい  猿のこしかけがついてい  お母さんが叫んでい  何か怖しい  はずや、とい  汗に汚なくして、小い  何方でも可い  もの犯してい  ことを、今さらながら、い  キョロキョロ見くらべてい  われわれに与えられてい  感謝にとどまってい  顔色をうかがってい  薄田中佐殿もわかってい  じゅうを見てい  みんなになってい  古女房などい  チョット三人を見てい  所にグズグズしてい  そこに坐ってい  スッカリ忘れてい  ことも言ってい  結婚するとかしないとか騒いでい  製作をしてい  それは心得てい  ことに小さくこだわってい  それに行きたいと言ってい  一日の安きを盗んでい  軍部で言ってい  絶対に入れないと言われてい  二度、しかも悠々とやられてい  椅子を立ってい  それまで立ちすくんでい  眼をむいてい  われわれ国民は、だまされてい  官僚に、だまされてい  役人をやってい  獅子の分けまえにあずかってい  突込んでい  ふうに、だまされてい  私らが、い  危険にさらされてい  エテカッテをしてい  君たちがくすぐってい  ボンヤリしてい  なりゆきを見てい  ホンの少しばかりだけど持ってい  ことと知ってい  津村のかけてい  内に来てい  とこにきてい  チョットしぶかわがむけてい  あれもよく似合ってい  尻目に見て、かかえてい  大野のかけてい  のと持ってい  特攻隊に出てい  品物は、い  内にい  何か言おうとしてい  自分のかけてい  腹では思ってい  個人的に知っちゃい  人々が論じてい  一般国民は、だまされてい  進歩的考えを持ってい  われわれ映画人が、かつて犯してい  二銭銅貨一枚しか残ってい  入江になってい  合図に、さしも熱しきってい  独り涙含んでい  水を与れてい  猿階子が掛ってい  足元に寝てい  そこらを見廻してい  チャラチャラいわせてい  ふりもしてい  いずれももう出払ってい  クリ動かしてい  目映しい  隣に寝てい  三四人飯を食ってい  前で立働いてい  戍ってい  のだが、そうして奪られてばかりい  嚊、羨しい  女房とボソボソ囁いてい  遊びに出てい  駿河半紙へ刷ってい  夜万年屋のい  世間師をしてい  亭主が遺い  女房は弱りきってい  物を分けてやってい  者のい  クツクツ笑ってい  いつまでも寝返りばかりしてい  騒ぎを聞いてい  夕飯を食べてい  私は始終を見てい  ことに決ってい  妙に考えこんでい  何んだか泣いてでもい  談してい  旅から旅を渡り歩いてい  いつまでも転々してい  意を図りかねてい  親ともにい  どこのい  五十銭遺い  傍で聞いてい  笑談にしてい  根を据えてい  乗客が話してい  女房はすっかり悄げ返ってい  町へ行ってい  流行をい  集めになりましたな、へい  首をのべて待ってい  問題に対してただしく答えてい  あんばいになってい  声高く叫ばれていて、い  彼は書けなくなってい  在宅してい  まじめに信じてい  二冊とも、まだ売れずにい  街は、にぎわってい  教師を雇いい  チエホフに似てい  そうに微笑んでい  軍事探偵であるとも言われてい  ころまだ生きてい  意地わるくかかってい  父をきらってい  ものになると信じてい  彼は、怠けてなどい  略歴をしらべてい  翼をひろげてい  話題にされてい  右側に坐ってい  隅に小さく組まれてい  ひとりとして描かれてい  カツレツを切りきざんでい  彼に似合って来てい  あなたがだまってい  渾沌としてい  はじめから知ってい  そればかりを祈ってい  ほんとうは怒ってい  詩とでもい  小説を書いたとしたなら、い  工合ひがよくい  扁平胸とい  聲高く叫ばれてゐて、い  ぱしから讀んでい  主人公をい  心がい  題目でい  ブルウル氏をい  語句をい  忠告は、い  自身をい  眼ぶしい  塾にい  最中にい  一にい  十にい  それはやがて恐しい  彼女と同じく死んでい  埃でい  品々を蓄えてい  旅楽を傷つけはしないだろうと考えてい  旅から旅へと暮してい  菫青色に輝いてい  下に来てい  長屋根をいただいてい  中に乗入れてい  一二枚かかってい  英吉利名で通ってい  熟達してい  雰囲気がみなぎってい  翳がこめてい  想出を沈めてい  呑込んでい  ましゅうしてい  畏敬を交えてい  品評をしてい  驚きに燃え立ってい  芝居じみてい  パタパタやったり振ったりしてい  顔に見入ってい  ことだけは知ってい  立罩めてい  ポコボンポコボンと啼いてい  眼がただならず輝いてい  扉がスーッと開いてい  真剣らしく、またそっと立ってい  ボートを守ってい  中流に出てい  腕を振い  じいと見てい  不思議にありありとこびりついてい  独り物思いに耽ってい  様を見てい  川面にたれ下ってい  敵を持ってい  河中にい  ように黙ってい  部屋を探して欲しいとい  変化するにしたがい  ところにしたがい  差にしたがい  時にしたがい  人間世界にい  所言にしたがい  眼は笑ってい  筆を渋らせてい  一万円も持ってい  暫らくもじもじしてい  枕元に飾らないと眠れないと言ってい  放浪者じみてい  火が揺れてい  戦争になりかけてい  表通りから消えてしまってい  しょんぼり眺めてい  辟易してい  一階まで降りると、いつの間に降りてい  それまでむっと黙ってい  扉を押してい  手を掛けてい  扇風機に立ってい  煽情的に染めてい  閉店時間を過ぎてい  顔をにやっと見てい  服を暑くるしく着てい  ニイッと見てい  マダムは離さずぎゅっと押えてい  好奇心も全く消えてしまってい  海老原は知ってい  弄してい  灯りがついてい  立ち話してい  韜ませてい  灯が点ってい  胸をひろげてい  ように色あせてい  人に喜んで読ませてあげてい  医者から聴いてい  中で殺されてい  中で転がってい  楽屋入りをしてい  不潔がってい  胸を焦がしてい  ひっきりなしに送ってい  背中を向けて固くなってい  女に見えてい  ものだと思い込んでい  日頃慎ましくしてい  ダンス芸者をしてい  川音を聴いてい  浪費してい  知らないと言ってい  たび言ってい  ひそかに探してい  殆ど諦めかけてい  たまたま持ってい  情緒が薄暗く薄汚くごちゃごちゃ漂うてい  仕事にしてい  独身だと思ってい  うちに酔うてい  眼をしょぼつかせてい  裾を押えたりしてい  宿屋へ呼び寄せて会うてい  時期を失してい  ちょぼんと立ってうなだれてい  手をこすってい  せんに働いてい  女に通ってい  前よりもなお汚くなってい  一所懸命やろうと思ってい  不義理をしてい  野宿してい  間で寝てい  蝨をわかせてい  大阪駅で寝てい  血で汚れてい  狂暴めいてい  ギラギラ残酷めいてい  頭をもたげてい  昔働いてい  理髪店は恐らく焼けてしまっているだろうし、よしんば焼け残ってい  ことにしたが、背負ってい  毛布をおろしてくるまってい  白米なぞ食べられぬと諦めてい  口髭を生やしてい  袋を売ってい  理髪店はやはり焼けてい  人だかりがしてい  誰かがあいてい  京都へ張ってい  横で、背負ってい  手に持ち、拡げて立っていると、黙ってい  台湾飴を売ってい  十五円五十銭になってい  掏られてい  サクラがい  小説を考えてい  調子に乗ってい  放浪を書こうとしてい  雑閙に揉まれて歩いてい  料理衣こそ着てい  足袋をふと見てい  暫らく言い詰ってい  酒に、いくらか酔ってい  目になってい  アパートにい  風の音を聴いてい  つて聴いてもい  夏から延ばされてい  羽がい  南北に建ってい  絶縁同様になってい  背を見せて蹲んでい  から迯れようとしてい  向うに消えてい  倉が持てい  種播きに出掛けようと思ってい  まりよったら見い  足は鈍ってい  中につけてい  水菜畑を眺めてい  群れを眺めてい  方へ靡いてい  いつまでも這入らずにい  ために黙ってい  もの、黙ってい  お前、黙っていやい  姉やん見やい  小っちゃい  何か考えているらしく黙ってい  ことも出来なくなってい  安次に向ってい  秋三に動かされてい  者にい  母親に突きかかっていきたくなったが黙ってい  人達は帰ってい  顔を黙って眺めてい  今まで忘れてい  霞が流れてい  ように鋭く曲げて冷たくなってい  気持が流れてい  入口に下ってい  小屋へ運ばれてい  安次の着てい  恩施しなら、い  左右に揺れてい  中軸にして辿ってきてい  内に限られてい  生活が動いて行ってい  悩みにもがいてい  自由にさしはさまれてい  訓練されてい  進行状態にはふれてい  中心として語られて来てい  づるが与えられてい  題目がまとめられてい  現実で示されてい  疑問を抱かずにい  追求してい  ことになって来てい  うしろ姿を振りかえってみてい  お初と話してい  案じ申してい  間からしいしい  こないだからおいでを待ってい  金魚をみてい  仲居をつとめてい  月詣りをしてい  別に気にもかけずにい  通りをみてい  柱にかかってい  手代をしてい  根になってい  小村さんから届いてい  袷が余りおくれてい  足し前にしてい  あなた、動かしてい  ように云うてい  あと取りがい  問屋をしてい  内儀さんにもうすうす分ってい  店で働いてい  不如意を補うてい  安閑と遊んでい  金に追われてい  気を安くしてい  内儀さんにもうすら分ってい  給金をやってい  大尽のおひい  気もちでい  孤児院にい  一人で受けもってい  気もちが次第に結ばれていって、い  金壺眼の子がい  肚ではもう決めてい  内儀さんは持ってい  垢程も思っちゃい  屋と話しこんでい  鉢を眺めてい  あたしがい  それに惹きい  眼を通してい  母にはきかされてい  執着がなく、まあ、生きてい  お初の働いてい  から借財がかさんでい  顔でにやにやしてい  息を切らしながら立ってい  前まで着てい  内儀さんがつつましやかに立ってい  気もちが始終ぬくもってい  中をかくさず話してい  毛嫌いしてい  夢の中で涙をぽろぽろこぼしてい  ようにひっそりとしてい  生前目をかけてい  これを快としてい  いつまでものんべんだらりとしてい  あたりをゆるゆると拭いてい  人差指に巻きつけてい  枯枝に停ってい  お初は何やらためらってい  傍を歩いてい  尾扇が加わってい  同棲になってい  仲をさかれてい  ことを云いつけられてい  楊枝を削ってい  知らぬ顔をしてい  ちょっと考えてい  金をもらってい  袖は思わず飛びのい  田圃道を歩いてい  目あてにしてい  茂七とのみ思いこんでい  左門を殺そうとしてい  血みどろになってい  袖は泣きじゃくりしてい  宅悦と話してい  伊右衛門は貼りかけてい  小平ははらはらしてい  添乳をしてい  岩は暫く考えてい  顔を避けながらもじもじしてい  小平のさしてい  宅悦はふるえてい  嬰児を抱いてい  鴨居に刺さってい  刀が落ちかかってい  裃をつけて立ってい  姿で押しこめられてい  ずたずたに斬りきざんでい  嬰児を抱いて寝てい  とろとろと燃えてい  助がい  藁で磨いてい  鮒がかかってい  鯰がかかってい  此の世にい  根をまわしてい  助とい  岩の着てい  血に変わってい  袖は死んだと思ってい  どころに困ってい  袖が探してい  もと己の仕えてい  蛍が飛んでい  上にとまってい  皆がいますぞ、い  ゆらゆらと寄って来て、抱いてい  其方が育ててい  ひょうしに抱いてい  時傍にい  一人残らず斬り伏せてい  水気のない、い  盛名を聞いてゐたので出かけてい  人たちはたいてい知ってい  変人だと思われてい  市木さんが知られてい  多く知られてい  職業も持ってい  所々破損してい  表札が出てい  風雨に黒ずんでい  市木さんというだけで知られてい  額は少し禿げ上ってい  頸筋にそよいでい  日に限ってい  肩からぶらさげてい  スケッチブックを入れてい  尺八を持ってい  音を度々聞かされてい  それを携えてい  飄々乎と歩いてい  真正面を向いてい  前日から颱風警報が出てい  風はあったがからりと晴れてい  所々に傾いたり倒れたりしてい  二間ばかり倒れてい  一人で立て直してい  修理されてい  竹垣で仕切られてい  合せになってい  ぼろぼろになってい  陽が当ってい  ぼろぼろにくさってい  市木さんはぐずついてい  鉛筆で写し取ってい  一心に描いてい  市木さんは突っ立ってい  猫が横たわってい  二匹飼ってい  猫にはなりきっていないが、だいぶ大きくなってい  私は聞いてい  三日もい  様子を窺いすましてい  ものが籠ってい  身扮をしてい  矛盾もなく、受け容れられてい  心臓も弱ってい  戦争中から戦後にかけて入れ替ってい  一切出さないと言ってい  頭にも残ってい  方で、痩せてい  和服に着換えてい  兵児帯をしめてい  背中に垂らしてい  風に受け取ってい  縁側近くに突っ立ってい  頭髪を短く刈りこんでい  ちょっと旅行してい  通知状が来てい  思い惑ってい  杯を取り上げたりしてい  海苔が出てい  それには聞いてい  誌されてい  家に引き籠って、ひっそりとしてい  自分でやってい  声で読んでい  少年がい  ぞろぞろ通ってい  童話については黙ってい  夕陽を眺めてい  一つ転がってい  重畳してい  渦をじっと眺めてい  渦が巻いてい  ゅーっと巻き込んでい  家屋を持ってい  勝手は知ってい  足首を揉んでい  繃帯が散らかってい  時と少しも変ってい  鋲でとめられてい  書物が並んでい  妙な取り合せで並んでい  白紙が積み重ってい  感染してい  相手など長くしてい  機会は持ってい  美化してい  対照されてい  綜合的に掴んで示されてい  リズムで行ってい  血に流れ合わされてい  一生を貫いてい  さをつくり出してい  聲を尖らせなくたつてい  方がいきでい  あれがい  何しにい  先生を少ししてい  女学校などに勤めてい  才媛がい  女中のい  愚痴をこぼしてい  先生も説かれてい  私もそう考えてい  私はうっかり暮してい  小遣銭を貰ってい  みな母へ渡してい  監理してい  夜遅くまで起きてい  さそうに、けろりとしてい  間話しこんでい  好きだと言ってい  面持ちをしてい  母もそう思ってい  気分は残ってい  私が囚われてい  心配ありげに撲い  門際に寝てい  悌が残ってい  四五軒も残ってい  姿をとどめてい  三人が住んでい  ものに思われてい  門前で引き止めてい  浮してい  縁になってい  色に染め分けられてい  柿ばんでい  ように波打ってい  相が現れてい  色が現れてい  方に少しにじり寄ってい  真正面にうけてい  紫ずんでい  のを、抱いてい  背中合わせになってい  制裁法を具えてい  男を雇ってい  裏に出来てい  窓が切り抜かれてい  中途になってい  鏡が嵌まってい  浮き浮きしてい  等分に見比べてい  矢柄が止まってい  締が幾重にも回されてい  薬草切りを突き立ててい  色が浮いてい  通り緩やかに回ってい  稽古本を見てい  調子が続いてい  上層がもくもくと聳え立ってい  情景が現れてい  屹っと結んでい  空に飛んでい  大輪を作ってい  一等車になってい  張りが弛んでい  観覧車を眺めてい  存在は、とうに死んでしまってい  空間を眺めてい  夕焼雲が横切ってい  平常通りに整ってい  喘ませてい  邪魔されてい  下向きを怖れられてい  式部が挿してい  筆が勤めてい  最後に挿してい  白鼈甲をお挿しになってい  髪を近付けてい  眼を曝してい  二十を越えてもい  机にかけてい  停車場へ来てい  ように、しばらくは黙然と坐ってい  調子を失ってい  さを漂わしてい  視線を遊ばせてい  瞳に漲ってい  房子はしばらく立ち続けてい  雑誌を拡げてい  ベンチに坐ってい  蓄音機を御聞きになってい  返答もてきぱきしてい  あたりを封じてい  注意を集めてい  どこへも通じてい  茫然と佇んでい  戸へ押しつけてい  指を埋めてい  殺意が閃いてい  声もなく動いてい  すゞしい  五日路とい  のもめづらしい  連れにい  關東方面でい  油とうやとい  つてすゞしい  應擧寺とい  案内しようとい  乘せろとい  てゐますと、い  近く出てい  らへとい  砂を踏んでい  研究的といつてい  場合もあらうかとい  同行しようとい  表廊下へ出ると、めづらしい  子供達へとい  柿葉とい  ことを忘れがたいとい  先づ休んで行け、とい  神もめづらしい  こともめづらしい  表日本であつてい  戲れてい  のを止めて、い  同道しようとい  延長と見てい  慈善庵とい  私達に指して見せてい  單純にい  粕漬でも送らうなどとい  私達にい  菅田庵あたりは、もつと知られてい  鷄二にい  から探してい  高等学校に通ってい  それに従ってい  片附いてい  模様が違ってい  品物がごたごたしてい  きり、動いてい  影が写ってい  二つ並んでい  無言になって、じっと坐ってい  空気に漂ってい  岡山あたりだろうかとか、い  いつまでも云い出しかねてい  中に見張ってい  一杯湛えてい  電灯が消えてい  就職すべきか迷ってい  師事してい  意志が阻んでい  歩みを運んでい  啄いてい  妻を痛ましく思ってい  濛々とあがってい  運動を起こしてい  信子が話してい  地続きになってい  ように気味悪く光ってい  夫に秘してい  太腿が出てい  腿が生えてい  傍にいなくなってい  印象を強めてい  霜柱が光ってい  連想を持ってい  文科にい  干渉し合ってい  志望してい  Oがい  空を流れてい  夕暗が迫ってい  話を思い出してい  なかから生えてい  牛はついてい  たくさん集まって見てい  感動を抑えてい  路を持ってい  展望を持ってい  類がはえてい  みな一つ宛小石が載っかってい  日なたを作ってい  葉などに染まってい  なかからおりて来てい  それを聞き澄ましてい  理性が信じてい  どこか似通ってい  絶望を背負ってい  途はないと信じてい  苦笑いよりは北叟笑んでい  そちを待ってい  態度に変ってい  まま、やっと噤んでい  そうにのぞいてい  ぼんやり見えてい  間きつねでい  武士においい  ままに白く立ってい  何千となく重なり合って死んでい  呪文を唱えながら、持ってい  白眼視してい  生涯もよくわかってい  何がい  ものなどは、もう疾くに消えかけてい  顔にくっついてい  鉢巻きにしてい  松葉杖をついてい  燻かしてい  恩給証書ももらってい  言葉を、嫌っていたし、怖れてもい  中に燻ってい  そのままもじもじしてい  間心に潜めてい  中に潜められてい  彼女に示してい  涙が溜まってい  たんじゃ、い  爺さんも言ってい  終日黙々としてい  時から乾燥きってい  心を浮き立たせてい  父娘揃ってふさぎ込んでい  頭を擡げてい  決意に満たされてい  中に握り合わされてい  顔を押し当て泣いてい  悠長に燻ってい  気持ちが満ち満ちてい  眼が赤く腫れあがってい  鼻で嗅ぐよりはい  隣家にい  葉を振い  山を浸してい  二合五勺に辿り着い  両々対立してい  準備もしてい  瓦斯燈がさびしく点れてい  男が住んでい  肖像を引受けてい  山高をかむってい  造花屋でこしらえてい  貯蓄があるらしいと言われてい  壁に架けられてい  肖像画に見入っていたが、何時の間にかしくしく泣き出してい  さを踏みしだいて、睨んでい  それはきっとお叱りを受けるだろうとは思ってい  静かな肥りを小ぢんまりと伸べてい  わたくし、どうしようかと迷ってい  街路を明るく射してい  四時には帰ってい  物音を引いてい  松岡がい  安堵してい  中で苦しがってい  ことで解ってい  誰も立ってい  明るみが浮いてい  部屋を見廻ってあるい  口へ出かかってい  一緒に動いてい  夕方、い  時も気がついてい  階下にい  位置もすこしも変ってい  んですか、へいぜい  鼻さきで笑ってい  階段に立ってい  むきに隠れてい  大学へ通ってい  デクデク肥っちゃい  ように少しふくらんでい  梢を持ってい  距てて向い合ってい  陽気に振舞ってい  短歌を作ったりしてい  人間がついうっかり忘れてい  趣きを異にしてい  当時からふけ込んでい  そうにいかってい  居を構えてい  私に与えられてい  ことが判ってい  両側に立ち並んでい  大体午前九時三十分に決ってい  眼にでも気がつかずにい  何も入ってい  現実的興味に変じてしまってい  増大させてい  地獄を駆けまわってい  いやに血走ってい  樹てまわしてい  立体面を築き上げてい  宇宙をつくってい  鋭角三角形でとりかこまれてい  最後を遂げてい  幕はふかぶかと降りてい  街路へまで響いてい  九時を廻ってい  計画を抱いてい  ことが書き綴られてい  恋に陥ちてい  気持を持ってい  若い心を持ってい  私にわかってい  日頃呼んでい  死ぬまで思ってい  ことを隠してい  臆測が若し間違ってい  のじゃないかと思ってい  姉の生きてい  大変須永さんを褒めてい  呑気に生きてい  あるかのように思い込んでい  野原でのたれ死してい  パンにも困ってい  わず、してあげてい  理解していると思ってい  膏を塗り、微笑んでい  けが、わかってい  一人さえ、おわかりになってい  ものにならないほどに愛してい  誰よりも愛してい  私だけは知ってい  奥さまをおもらい  御子だと信じてい  私はてんで信じてい  報酬も考えてい  さもしい根性は持ってい  一生永く生きてい  私は少しも怖れてい  食事をなさってい  上気して赤くなってい  遠くを眺めてい  私だって思ってい  白絹でも、こっそり買って来てやろうと思ってい  嬉し泣きに泣き崩れてい  折を、うかがってい  運命を知ってい  人を売ろうとたくらんでい  気持を見抜いてい  時は、ちがってい  私は、ちがってい  私は潔くなってい  心は変ってい  私はやはり潔くなってい  度胸がついてい  ゲッセマネの園にい  みじんも愛してい  人について歩いてい  ものわないと思ってい  自分を褒めてい  小説集を読んでい  いちど見たいと思ってい  ニュウス映画を見てい  手当は尽してい  魂のゆくえを思わずにはい  傍に控えてい  用などを足してい  慈愛が籠ってい  役を勤めてい  調練場となってい  店を開いてい  営業を続けてい  児を持ってい  営業をつづけてい  看板を懸けてい  白扇を遣ってい  鉄扇を持ってい  工手学校に通ってい  一年生きてい  声は陰ってい  箒を逃れてい  破れを繕ってい  糸を織ってい  失望してい  紫陽花が繁って咲いてい  奥さんここにい  愛養してい  意思を持ってい  細雨が寂しく降ってい  間断なしにしとしとと降ってい  一面に陰ってい  鞭を執ってい  皆湿れてい  車に揺られてい  中に遠く聞えてい  二十一だといってい  者も喜んでい  私も喜んでい  新聞などを読んでい  手紙などを書いてい  帯なども持ってい  彼女を可愛がってい  眼をかけて遣れといってい  成行を窺ってい  内所で書いてい  筆にいわしてい  もっと奉公してい  染風といってい  梅が咲いてい  昼でも薄暗いほどに茂ってい  軍服を着けてい  剣も着けてい  ままで倒れてい  剣は着けてい  靴も穿いてい  中に眠ってい  大尉と認めてい  顔が違ってい  狐に変ってい  軍服を着てい  烟にまかれて聴いてい  身震いしてい  一杯やろうと思ってい  なにしろ極度に疲れてい  球根がはいってい  根だけは残ってい  陰にかくれてい  色ばかり読んでい  ホトホトと叩きつけてやりながらも、ぬくもい  生活をして居ても、い  二筋に分れてい  地主屋敷に通じてい  穀倉が建ち並んでい  窓が明るく輝いてい  着席してい  一団がぼおっと霞んでい  頬髯を生やし、つっ立ってい  英語を喋ってい  笑顔を浮べたりしてい  リャボーヴィチにいても立ってもい  ものが残らず見えてい  対象が見えてい  聴くほどにい  肩を揺すぶって見せたりなどしてい  附合いに聴いてい  言葉をわめいたりしてい  馥郁と香ってい  んだろうと考えてい  一所懸命になってい  声をしてい  グラスを味わってい  小径にかかってい  まわりを縫いながら、うねうねと走ってい  小径とはどうにか見えてい  中に沈んでい  平気で歌ってい  本道に合わさってい  評定してい  火影を眺めてい  こと行ったり来たりしてい  天井を眺めながら考えてい  中に寄せつ返しつしてい  話声がしてい  相手にしゃべってい  鎧戸が下りてい  光を浴びてい  考えごとに耽り込んでい  話だわい、と思い込もうとしてい  両側に植わってい  リャボーヴィチもまじってい  坂を越してい  夜食をしてい  ぼんやりしていたので、黙りこくって飲んでい  表情が浮んでい  群などに、じっと眺め入ってい  今かと待ってい  まま黙然としてい  一めん紫金いろに染まってい  真暗で、ひっそりしてい  一かたまりに溶け合ってい  眼を凝らしたりしてい  シーツが浮んでい  足を停めてい  杙にあたって立ててい  前にさらけ出されてい  ためとも知れず、しきりに流れてい  様子で流れてい  一人のこらず出払ってい  日をすっかり忘れてしまってい  これだけはぜひ見たいと思ってい  閉塞されてい  ときは随分けばけばしい生ま生ましい  周りを掻いてい  下手からちょろちょろ流れ出てい  深みを覗けば薄く濁ってい  捕獲されてしまってい  エビカニなどがい  可なりい  畠がつくられてい  住居が建てられてい  芹が残ってい  五十歳を越してい  北京に行ってい  たくさん生えてい  それさえ無くなりかけてい  新鮮さを持ってい  埃がしみこんでい  恒吉はもう酔ってい  夫婦者が住んでい  闇取引をもしてい  加減に聞き流してい  あなたが本当に考えてい  遠くへ散らばってい  辰子も知ってい  まばたきもしないで見つめてい  警戒に当ってい  全身ずぶ濡れになってい  中につかってい  息もしてい  彼女がつかってい  しょんぼり立ってい  失念してい  縁先に腰かけてい  中を見つめてい  池を見てい  遠慮ぶかく、ひそひそ囁きあってい  若葉を伸ばしかけてい  可なり湧き出してい  消散してしまってい  仕度にかかってい  霧がかけてい  水はまだ澄みきらず、薄く濁ってい  霧がまといついてい  黒髪に蔽われてい  鳥居がまだ残ってい  土だけになってい  鳥居を眺めてい  顔になってい  笑い声を何時の間にか覚えてい  夜中に聞いているらしく真似てい  彼女を呼んでい  なつて来るとい  釣糸を垂れてい  娘が住んでい  社にい  しっとりおりてい  中に鳴いてい  小住宅区域に続いてい  軒並み町になってい  自分自身をも慰めずにはい  耳を疑わずにはい  詰責せずにはい  責任を負わずにい  感情を抱かずにはい  彼は、忘れてい  ように着飾ってい  社に勤めてい  給料を貰ってい  責任を負ってい  母親の子守唄を思い出すと、やはり帰らずにはい  たくさん坐ってい  二人立ってい  青年は言ってい  夫が立ってい  氣の小い  咒ってい  日々に苦しんでい  どこかへ抜け出てい  加味されてい  アと思ってい  彼も心得てい  タシナミを心得てい  松夫も知ってい  サジを投げてい  全面降伏してい  モミクチャになってい  何かに押されて歩いてい  アナタを愛してい  手を押えてい  フテブテしい  別世界へ走りこんでい  ロイド眼鏡をかけてい  水木由子が待ってい  恋愛心理に通じてい  彼はいまだに迷ってい  成行きにまかせようと考えてい  赤面せずにい  一まわり怖しい  敬語で答えてい  人格は認められてい  手と共にい  ために苦しんでい  お詫びせずにい  ことで苦しんでい  狂人ではないと思いこんでい  食通もい  行商に来てい  それが一向にわかってい  小女もい  人物ができてい  おろか大臣級になってい  混合してい  信念が表われてい  主人に従ってい  寿司を食ってい  立ち食いをしてい  印象を与えてい  こっちにい  何度か泣いたが、到頭い  藁でも散ってい  勇吉も坐ってい  女中に行ってい  ところへ行ったってい  気風を寧ろ誇ってい  ことはやかましく禁じられてい  答えしてい  爪をこすってい  重心をかけて小休みしてい  響は、いつきい  きのう弁当に入ってい  一団で撮られてい  顔が映ってい  ことを堅くとめられてい  火焔があがってい  箸でせせってい  流れを見てい  一切とりしきってい  汚点が滲んでい  先にい  ことなし散ってい  飯ごとしてい  なんも云ってい  腰をひねって乗りまわしてい  盛り上ってい  サイは待ってい  中にうずまってい  彦太はもうじっとしてい  彦太は、聞きたいと思ってい  色をうかべてい  顔色は、とたんに青ざめてい  獲物を追ってい  女の子があの恐しい  点々としてついてい  中心へ向けて凹んでい  今日は出てい  雪はやんでい  ように、はっきり見えてい  雪になれてい  足跡もついてい  二人が走ってい  雪の下になってい  傷をうけてい  手首についてい  彦太もまじってい  迷信をかついでい  ものがとんでい  ようにおびえてい  あげたいと思ってい  雪はとけてい  香がぷんぷん匂ってい  兄一造のこもってい  入口は半くずれになってい  手についてい  一造兄さんのこもってい  ようにかたくなってい  書になってい  んをしてい  外は高くなってい  中に生えてい  地上にすんでい  何万年もくらしてい  震動が交ってい  魔神といわれてい  ア、どうしてい  夕やみが忍び寄ってい  声、聞いてい  陽が、かっと照り映えてい  手も加えてい  口びるを鳴らして、かれはさっさと歩き出してい  頂上をさしてすたすたいそいでい  父さまは、いったいい  裸形を見下ろしてい  お湯へはいってい  何か話しこんでい  にこやかに答えてい  三つにひらいて坐ってい  眼は、いつも鋭く凍ってい  場所を知ってい  ものが漲ってい  唄をうたいだしてい  涙がきてい  道場にい  風は、いつの間にか烈しくなってい  千浪に語って聞かせい  異常な光りがきてい  三羽烏と言われてい  縁側へ踏み出してい  なかほどに待ってい  噪いでい  浪人者と覚しい  按摩をしてい  がやがや酔声を揚げてい  のばかりが揃ってい  入湯に来てい  弥四郎頭巾をかぶってい  弥四郎頭巾へ据えてい  夜更けに、い  んざ、ついぞ立ってい  聴耳を立ててい  ことじゃい  そこに倒れてい  手を取られて阻まれてい  会合を待ってい  心まかせじゃわい  右手にい  われを忘れて見惚れてい  猛獣のように藪かげに待ちかまえてい  谷底へいそいでい  血に滑ってい  わしじゃと思って、盛り立てて行ってくれい  中から、覗いてきてい  蝶々がとまってい  説明を聞きながらと見こう見してい  若妻千浪が、泣き濡れて倒れてい  ものを避けてい  地に伏して泣きじゃくってい  壁にぶら下がってい  機会を窺ってい  哄笑を噴き上げてい  信、すでに狂ってい  あたしゃ見てい  旅に出てい  煩悩小僧もじっとおとなしくしてい  しずかに言ってい  邪魔したくないと思ってい  捕物御免とは、逃げてい  今まで黙ってうな垂れてい  高札をふり仰いでい  藤屋にい  ふたり、さまよいあるい  瞬間やはり忘れてい  から隠れてい  葛籠笠をかぶってい  様子を、しばしじっと見据えてい  のか、にやっとほくそえんで歩き出してい  笑いに引きつらせてい  帳合いをしてい  ものが見てい  おんながい  部屋あ塞がってい  佐吉は、突っ起ってい  出しようがないので黙ってい  あちこち見廻わして集まってい  あたりを見廻わしてい  覆面に隠れてい  大騒ぎをしてい  どんどん道場まではいり込んで来てい  胸を衝かれてい  脇差を抜いてい  青眼に構えてい  湯へ行ってい  化けすましたとだけ思ってい  道に弱々しい光りを投げてい  ことも言っちゃあい  あたりにい  騒ぎにとりまぎれてい  田万里にい  前から怪しいと睨んでい  手前たちみんなここにい  一献傾けようとしてい  笑いを含んでい  大次郎が叫んでい  大刀片手に、すっと起ち上がってい  そばに構えてい  刀を擬してい  次の立ってい  壁際によろめいてい  出羽だとばかり思ってい  ちょっと不思議に思ってい  味方に引き入れたとばかり信じてい  見事外されて、踏み応えようとしてい  剣闘を眺めてい  町角に消えてい  看病に下りて来てい  佐吉は、あんなに恋い焦れてい  あれほど恋い慕ってい  女のい  侍かれてい  信さんがい  ぼんやり物思いに耽ってい  隅にうつ向いてい  気を取られていて、い  土間へ下りてうろうろしてい  そりと起ち上がってい  鳶が舞ってい  ところで、い  帯にも、い  首垂れて立ってい  一つ一つ大次郎には決ってい  出羽のい  視を頼んで残して来てい  それを待ってい  女髪兼安が抜き放されてい  十字に刻まれてい  何だか恐しい  手術に堪えて、怖しい  悪用されてい  ひとさえい  ことを思い出さずにい  写真はとられてい  者ごとに訊いてい  一人も笑ってい  辺に幾重にもかたまってい  男は黙ってイヤイヤしてい  表が出てい  羽でも生えてい  足駄さえ穿いてい  小川が流れてい  縁に着かないでい  衝心をしかけてい  背戸に涼んでい  様子はかわってい  女房にしてい  新聞で知ってい  杉なりに並んでい  帯も見えないくらい引合せて、細りと着てい  辛いこつたらない、い  ちやん、泣かんでもい  きく若い間はそれでもい  仲間扱いにはなってい  非人とも呼ばれてい  会議がひらかれてい  トリコとなってい  お気に召してい  難渋してい  手もとに集めてい  オヘタでい  並木先生にそそがれてい  観察が行われてい  笑いをうかべてい  から、そっくり残ってい  のを知っていたが、黙ってい  から知ってい  フリをしてい  すばらしさを忘れてい  肩を並べてい  影がかかってい  それがばかげてい  妓がい  何だかおっとりとしてい  大体見てい  隙でぶらぶらしてい  ことが、よく分ってい  ように、至極あっさりしてい  ぼんやり微笑んでい  髪結にだけは、元い  夢想さえもしてい  子供はよく眠ってい  天分を持ってい  気にやんでい  何かになろうとしてい  赤ん坊はすやすや眠ってい  彼女は笑ってい  絵は終りかけてい  真剣さが見えてい  顔だけが書かれてい  まり似てい  点が残されてい  ミヨ子は眠ってい  笑顔で受け容れてい  躊躇しい  間黙ってい  耳に聞えてい  嫉妬に似た苛立ちを覚えてい  感傷的に涙ぐんでさえい  二人とも酔ってい  自分が分らなくなってい  筋肉を、ぴくりぴくりさしてい  膝をくずして坐ってい  ものも持ってい  静に坐りつづけてい  仕方がないって云ってい  ぼんやり夢想してい  紙は古ぼけてい  附物をしてい  芸者に出てい  眼付でにっこり笑ってい  にこやかにしてい  即座に、ええいいわ、と云うにきまってい  枕にして寝そべってい  朦朧と歌ってい  憂欝に感じてい  何を求めてい  さにはなお堪えられまい、と思いなやんでい  停車場に、しばらく考えてい  声が聞えてい  ように凍ってい  旅籠も交ってい  紫陽花で包まれてい  んに取ってい  事を信ぜられてい  廊下に倒れてい  例ならず疾く起きい  中よりぞ現れい  何げなく咲きい  事を示してい  豊後海峡と呼ばれてい  百尋以上も深く掘れ窪んでい  岩があらわれてい  道をたどってい  看護者がつきまとってい  世話を続けてい  側に見てい  呼名をつけられてい  癖を持ってい  穿くれてい  全部空室になってい  中で仰向きに寝てばかりい  清潔を保ってい  営みにせっせと励んでい  直接板塀にぶつかってい  唄を唄ってい  静寂を湛えてい  ガクガク顫わしながら戸惑ってい  家人はまだ睡ってい  見舞いかたがた赤沢脳病院へ出向いてい  水面を覗きこんでい  血をつけてい  どこかへ寝転んでい  ものを沢山つけてい  頭をのっけてい  上へ飛び散ってい  裏をひねくり廻してい  顔一パイに漲ってい  屍骸を見遣ってい  梟が鳴いてい  低音で聞えてい  立竦んでい  てつッ立ってい  巧みにとらえてい  畳を凹ますほどにいつも擦りつけてい  位いあせってい  告知板がところどころに建ってい  幟がはためいてい  白い街道を歩いてい  事があつたら訊くが宜い  炊事をやってい  忰と坐ってい  何を考えるともなしにうとうとしてい  切れ切れに聞いてい  どこかにこびりついてい  心を引きつけられてい  箸を置いてい  顔が見えてい  人声がしてい  心に映してい  心をどきどきさして立ってい  相談しましょう、どうか騒がずにい  声は乱れてい  枕にして眠ってい  そこへ来て坐ってい  心が落ちついてい  傍を通ってい  船頭が漕いでい  二つ三つ光ってい  胴の間に寝てい  嘉市と云ってい  体が悪いので寝てい  首を締めてい  拳を握り締めて冷たくなってい  草がはえてい  川が流れてい  魚が泳いでい  たんぼが続いてい  壁にくっきりとうつしてい  上に、つっ立ってい  ことをこそこそ話し合ってい  そばにつっ立って笑ってい  影法師を見て笑ってい  太陽が高く昇ってい  男はそう言いい  顔をして黙ってい  影法師がいっぱい立ち並んでい  そこに立って笑ってい  平気でなお笑ってい  影法師が浮き出してい  ものですから、そうはっきりはしてい  ように浮き出してい  塀を見てい  ささやかに燃えさかり埋もれてい  寝室へ走つてい  蒲原夫人は引込んでい  長野へ向けて走つてい  スタスタ歩きこんでい  やうによろめいてい  円タクと同じい  奥へ消えてい  底へ沈んでい  叢から頭以上の大い  音を発しながら転がり落ちてい  浴室へ降りてい  携帯してい  散歩を試みてい  品性を有ってい  兵隊さんになってい  傍で、微笑んで聞いてい  誰も気がついてい  頭髪を長くしてい  一ばん派手に騒いでい  返辞ばかり書いて出してい  訓練を受けてい  日本男児だとは思ってい  アッツ島とは知ってい  隅に残ってい  私たちには、わかってい  名前を捜してい  ていねいに見てい  姓名を捜してい  私は、まだ少しこだわってい  皆無か、さっぱりしてい  説、ハッキリしてい  信仰は、依然許されてい  厳禁せられてい  見物人のい  空想もしてい  汗を流してい  戦争を呪ってい  宿命をあきらめてい  今日明日死ぬかも知れず、い  ことは忘れてい  なかったからあきらめてい  ことで、要するにあきらめてい  ものにおもってい  呪いがあるにしても、同時にあきらめてい  しか生活してい  しか実在してい  さを嘆いてい  見物し、とりかたづけてい  今日もなお生きてい  死體をい  おかみさんに、い  だまつて立ち上つて、あつちへい  イワンは、い  故郷へかへりたいとい  地を攫んで走ってい  虎となってい  兎の毛が散らばってい  虎などになったかと怪しんでい  のかと考えてい  これは恐しい  積りでい  暁の近きを告げてい  己の有ってい  意に副い  之は恐しい  二個貰ってい  遺恨骨髄に徹してい  んと待ってい  一パイ喰わされてい  名前が入ってい  風呂敷で包まれてい  餅を盗みかけてい  意見がましい  何と呼んでい  お茶屋とい  本場といつてもい  いおうとしてい  王も威張って負けてい  三人で暮らしてい  生計をたててい  わをかけてい  どっちにもつかずにおずおずしてい  母は喜んでい  嫁がい  知らないでい  田地を作ってい  それをたのみにしてい  庭を隔てて住んでい  皆耳をふさいでい  のか茫としてい  自分のやってい  一ぱい入ってい  母とよろこびあってい  葉ぐらいかかってい  三歳になってい  二成の持ってい  前から持ってい  何ダースも買いこんで持ってい  五つも持ってい  お茶を濁してい  坂西志保さんがい  人が来合わせてい  伊東温泉に住んでい  接収されてい  ッぽりだされてい  機会には恵まれてい  誰かが住んでい  もので、いたんでい  ことを伝え聞いてい  不可能だとはきまってい  精度に酔払ってい  力士もい  ラジオできい  稽古をしてい  ころ、そう云ってい  今も残ってい  手が現れてい  手は現れてい  前途有望と云われてい  ランプをつけてい  一人歩きにもそう怖しい  間がぬけてい  幽霊をせせら笑ってい  一途に思いこんでい  呪文を唱えて大そう怖れてい  愛食してい  珍事に類してい  勇名をとどろかしてい  ことは全く知られてい  シチュウを使ってい  シッポはあっさりしてい  飽食してい  子供はまるまるとふとってい  刃がきまってい  愛着を感じてい  高弟全部が集まってい  今まで握ってい  二名紋服を着てい  言葉で終ってい  四代中絶してい  ヒタ隠しに隠されてい  ことは案外知られてい  密接につながってい  爪をかんでい  軽蔑されてい  気がたってい  諸々にあがってい  そう小鳥好きがい  愛玩してい  名君になってしまうほど怖しい  いじめられ通しでい  ちゃんと持ってい  それをみてい  映画もよくできてい  夜ねてい  部屋ができてい  一つも残ってい  大者がい  女狐てい  至芸に達してい  ウワバミてい  アンマがい  指圧を覚えたといってい  知らないから、見てい  碁将棋ぐらい見てい  規定になってい  勢力となってい  話が伝わってい  消息通は云ってい  道中してい  ジッと見下してい  国から来てい  重大に考えてい  身動きもせずに考えこんでい  隣室にねてい  世界大戦は行われてい  怪談に打ち興じてい  オッ始まってい  三日分、だしてい  原子バクダンがい  不敗を誇ってい  ションボリ乗ってい  ゲリラ化してい  要心してい  足音に悩まされたと云ってい  熱中し、酔ってい  木村が全く見落してい  確信して勝ち誇ってい  実力を封じてい  三人ぐらしをしてい  のを拾ってきて食わせてい  諸方に限られてい  引越し先生がい  同居生活してい  ツツガ虫をこわがってい  悪戦苦闘してい  学長がい  類いかと思ってい  私はとっくに気づいてい  土着してい  イタチがい  子供は似てい  よせやい  ことはないと分ってい  理は弁えてい  気概にあふれてい  篤学者ときいてい  一モウケしてやろうともくろんでい  腹も減ってい  モヤシを盛りあげてい  女子供三千名が隠れてい  ジャガ芋畑になってい  さらされてい  信者がい  泥になじんでい  天気がつきまとってい  そうだなどといわれてい  黒犬もい  犬もい  許可されてい  たくさん乗ってい  ハシャイでい  ダンナもい  伊東にい  マンベンなくしい  ジッと黙って乗ってい  居間につくられてい  二階に住んでい  一字もふれてい  昔私の住んでい  碁会所へ来てい  碁に凝ってい  ベタベタ並べてい  賑やかにやってい  掃除が行き届いていて、い  旅館兼料理屋になってい  ものが主として考えられてい  仕事場に使ってい  アベック向きにできてい  入獄してい  毒気をぬかれたてい  久米正雄氏がつかってい  いまラジオでいってい  ときいてい  店構えがそろってい  異とされてい  水風呂につかってい  ことを心掛けてい  トグロをまいてい  タンタンとしてい  有段者がズラリとそろってい  夕飯を食ってい  稽古してい  まり人もでてい  追跡されてい  集団をなしてい  その時まで布教してい  日本に知られてい  風に考えられてい  フンドシに用いてい  ことを悟りきってい  横溢してい  類とは見なされてい  過少評価してい  車内ではただふるえ通してい  私の乗ってい  真向いに坐ってい  ギオンを歩いてい  演説をしてい  しか飛んでい  酒に飢えてい  カメを届けてもらったりして飲んでい  臭い酒を飲んでい  前後不覚に酔っ払って良く生き延びてい  露にうたれて寝てい  半分しか終ってい  彼らは慌ててい  お金をとり忘れてい  代り皿にこぼれてい  野菜などを売りに来てい  戦争中大関をとってい  サカナにのんでい  手をつけずにい  寝酒に飲みほしてい  下部に押してい  音速に達してい  毛の生えたてい  腰が流れてい  フォームも狂ってい  ところが狂ってい  捕手がい  ヘタすぎるから、見てい  優勝するだろうと考えられてい  応援団も来てい  選手がい  二塁をやってい  当時からかなり光ってい  素質を示してい  何しろ恐しい  糞つけい  執筆者たちが占めてい  批評せずにはい  完く封じられてい  燈下にしがみついてい  寄りとい  呪でもして待つが宜い  から宜い  内儀さんがあるとい  なぞとい  爲せるが宜い  貴君もい  手のひらを差出せば、い  失禮をい  おい程の宜い  逢ふが宜い  爲るが宜い  計もい  一昨年、宜い  問はれるに、い  處より、落つい  言ふても宜い  戀しい  淨へい  可能がましてい  眼目としてつくられてい  人民全体が扱われてい  ものとして考えられてい  平等であるとされてい  平等であるといわれてい  洗濯物をしてい  台所にしばりつけられてい  発言権をもってい  手によってされてい  感情を捨てきってい  十分共学されてい  共学されてい  ところまではいってい  ところしかいってい  興隆期にさしかかってい  経済能力を増してきてい  前掛けをかけているとはきまってい  人もそう感じてい  ばらばらに壊されてしまってい  中で伸ばされてい  話をもつと詳しく話して見るが宜い  ひと身上出しても宜い  勝手にやるが宜い  のが、宜い  これは又恐しい  癖恐しい  搜しや宜い  町中よりもい  一人で見にい  山もじっとしてい  旅館のこんだてに似てい  ものを着てい  主人と話してい  内でまだ動いてい  皆を呼んでいってみると、もうい  奥さんをおもらい  繊もい  たよりを待ってい  借家をしてい  老婆はことわってい  皆が怪しんでい  貧乏に苦しんでい  火桶にちょこんと小さくい  雀を可愛がってい  句は知ってい  祖母にも聞いて知ってい  飛騒いでい  植ってい  たよりなげに宿ってい  斜違いに落ちてい  目白鳥がい  時は、煩ってい  りうとりと居睡をしてい  二羽啄んでい  庭に咲いてい  時は澄ましてい  ように撥ねてい  何ぞせっせと縫ってい  たか綻びてい  頭にのせてい  ちょんと伝ってい  塀を伝ってい  んがい  つて來るが宜い  親分も宜い  組みさうな恐しい  為事をしてい  物も書いてい  三面にまで行き渡ってい  好意を表してい  何か考え込んで歩いてい  趣向を立ててい  矛盾してい  傘を並べて立ってい  それきり電車を降りるまで黙ってい  二つ三つしか掛かってい  皆塞がってい  一杯とは、黙ってい  空の見えてい  往って暫く聞いてい  応募脚本ですが、い  書類を片附けてい  目から見れば、い  鉦太鼓を敲いてい  一羽歩行いてい  人間は痩せてい  眠りをしてい  大勢小児が集ってい  幕が長いぜ、開けろい  めにまた叱られべい  待構えてい  間煩らって、寝てい  寿命、へい  足を返すまいと思ってい  籠めて消えずにい  掉ったり、避けつ払いつしてい  二人並んでい  掛をしてい  これが可い  方を見てしくしく泣いてい  極りの長し短しでい  二三年前まで上ってい  そんなら可い  稲ちゃんは、またそんなでい  小体に暮してい  鏡台に向ってい  紫陽花が咲いてい  一のは、そりゃ可い  艶の可い  散々饒舌らしとい  生きも遣らず、呻き悩んでい  虫の可い  二度目ぢゃと思うておくれい  行燈に凭れてい  ちょっと知己になってい  人なみに思ってい  生意気です、行過ぎてい  断念めれば可い  鼬もごちゃごちゃと小さく固まってい  竪皺を刻んでい  傲岸憎むべしとなしてい  三馬を卑しめて見てい  無言をつづけてい  作家とのみ思ってい  草双紙はもう行き詰まったと言われてい  黄色がい  紙数五枚となってい  生命としてい  本箱をしばらく探してい  三馬は黙ってにやにやしてい  口から共鳴を得ようと思ってい  興奮を覚えずにはい  袈裟衣だと思ってい  調子を下ろしさえすればいいと思ってい  心がすこしもわかってい  狙いが外れてい  芸術家的性格が、い  命をかけてもあはうと思ふならばとい  大坂にい  理路整然としてい  三人集ってい  糾合してい  志は、持ってい  末座にもい  貴殿がい  寄り下されい  相談ができてい  拙者はぜひお加え下されい  拙者も、ぜひお加え下されい  親しみを持ってい  兄事してい  平気を装ってい  雨戸をお開け下されい  佩刀を引き寄せてい  山田が持ってい  正眼に構えてい  太刀を構えてい  家来たちと、渡り合ってい  時姫路まで下ってい  転戦してい  薩軍に従うてい  警部になってい  結婚しないでい  結婚などしてい  八重を愛してい  旗本屋敷に住んでい  つれが現れてい  人たちからもきき、陰ながら案じてい  さに、涙ぐんでい  間、黙ってい  姉弟にい  顔をまじまじと見てい  いつまでも座ってい  のにまかせてい  拙者を待ってい  愛情とが籠ってい  うつむいて黙ってい  新一郎は、しばらく黙ってい  殺人だと思ってい  自責を感じてい  のではないかと思ってい  肺を侵されてい  生きものをい  いくらでも、い  眼をあけてもい  やうだから、また、い  やすませてい  後にしてい  乙姫がい  恩はどうでもい  邪魔をさせてい  言つてもい  あんたは、い  なにさ、い  ワカメが起つてい  から、い  願はしい  やつていただければい  サイズを測らせてい  通りとい  ひとりで出してい  ついで、い  区別はつかんといつてもい  あなたのをこつちへ譲つてい  なにもいらないとい  養女にもらつてもい  とつておけつてい  大騒ぎをしないでもい  村のどうい  娘は、なんとい  女として思い上ってい  柏木と呼ばれてい  ことも出来ない程、はしゃぎ切ってい  立派だとお聞きしてい  返事も出したり、出さなかったりしてい  それをすら見ようともせずにい  頼みに思ってい  歎き明かしてい  いつまでも戸を明けさせずにい  瞞しになってい  もう少し萎れかかってい  いまひと方が出這入りなすってい  気もちで見て暮してい  気を紛らわせようとしてい  癖がついてしまってい  しようもなくてい  道すじにあたってい  ものだから、いくら聞くまいと思ってい  あれだけは聞かずにい  一方では、い  下りになってい  へん離れてい  人少なに住んでい  歎かずにはい  日頃考え出してい  出になってい  のだから、こうばかりしてい  事を憎い憎いと思いつめてい  殆ど絶え間もなしに降り続いてい  痩せ我慢をしてい  加持を加えさせて見たけれど、一向はかばかしくはならずにい  我慢しい  心に与えてい  落着かずにばかりい  充分に癒え切ってい  手入れをさせてい  苗が生えてい  葉なんぞもすっかり萎れかえってしまってい  から遠慮をしてい  物忌ばかり続いてい  自分の飼ってい  傍で見てい  世間では騒ぎ出してい  しかしまあ、もうすこし待って見ようと思ってい  耳打ちしていらしってい  まま向き合ってい  気もちになりかけてい  音沙汰がなくなってしまってい  何となく降りつづいてい  自分は信じていたのに、なんぞと考え続けてい  心が驕ってい  夢を持ちつづけてい  だって、御いといなさらずにい  中で繰り返し繰り返ししてい  女の住んでい  二三本傾いてしまってい  事をお聞きしてい  ほんとうに悔やしい  常談ばかりお言いになってい  この間から思い立ってい  生憎人もごたごたしてい  勤を続けてい  私が言ってい  夢ばかり見せられてい  肝を食べられてい  手入れをさせ出してい  勤をしてい  殿がい  さっきから止めずにい  ものを涌き上がらせてい  ように侮やしい  朝ごとにお飲みなすってい  知らない夏草が茂ってい  戸を押しあけて眺めやってい  繞ってい  人どよめきがし出したので、巻き上げてい  それを取り次いでい  気色が悪いと言って、いかにも切ながってい  不便がってい  物も言えずにい  そこに泣き崩れてい  八つになってい  様子を見せてい  ら一面を物凄いほど立ちこめ出してい  殆ど絶え間もなしに啼いてい  歎かわしい  物思いばかりをしてい  この世に居なくなってしまうよりか、そうでもして生きてい  山籠りしてい  私は思わずにい  何を言われようとも構わずにい  の子も帰ってくるだろうと思ってい  殆ど忘れ去ってい  気にし出してい  何のかのと言い紛らしてい  顔をもたげては、こわごわじっと見入ってい  ことそれを見つめ出してい  ままに任せ出してい  人のおおぜい  へん御無沙汰申してい  物語を続けてい  こちらへ参ったらようく言って聞かせてやって呉れなどと仰せられてい  はたで見てい  物語などし出されてい  数日を過ごしてい  自分自身に向って言ってい  途方に暮れてしまってい  らに散らばってい  軟障までも御はずしになり出してい  いつまでもじっと身じろぎもせずにい  頃になってしまってい  ようなほどになってい  一しょに乗ってい  お答えしてい  刻にもなってい  留守居をしてい  返事もしずに居ると、睡ってい  障子ごしにい  向うでくすくす笑い出してい  此方が塞がってい  返事も出来ないほどになってい  大夫も大ぶ窶れてい  所などをあわてて片付け出してい  思いで見てい  日が暮れてしまったので、来てい  不思議そうに言い合ってい  しか都合がついたらすぐ往こうと思ってい  考えをとつおいつし出してい  いま考えてい  おもてなしをしてい  昔とは変ったなと思ってい  なかったようにしてい  番になってい  年を迎えてい  朝夕念じていると書いてい  月日が空しく流れてい  彼はもう飽き飽きしてい  思いしか残ってい  お触れが出てい  日脚が射してい  作務衣も変ってい  過剰に苦しんでい  紋を見つめてい  紋所とは限ってい  薪束を作ってい  顎を見ずにはい  色こそ褪せてい  安居をしてい  存分にお討ちなされい  弔い下されい  下にして続けてい  寝返りを許されい  眠りに落ちてい  何気なく歩いてい  心がありありと動いてい  余地は、少しも残ってい  兄自身がよく分かってい  兄弟をかなり傷つけてい  之進であるとは決ってい  ものと、刺し違えて死のうと思ってい  年を越えてい  日が、少なくなってい  関八州を尋ねてい  世になってい  涙をのんでい  縁者に当ってい  客は減ってい  不運をすでに知ってい  知になってい  同情が籠ってい  一時に和んでい  小姓組頭に取り立てられてい  うち寛いでい  自由を楽しんでい  台所で立ち働いてい  六十を越してい  目付をしてい  心に少しずつ湧いてい  間仕えてい  十石三人扶持しか取ってい  膳番を勤めてい  気持にさえなってい  ものを、話しはじめようかと思ってい  左平が、崩れてい  口調になってい  記憶から探り出してい  上に散ってい  言葉遣いまでが、すっかり改まってい  微塵も残ってい  板前を勤めてい  酒を浴びてい  読売にまで歌われてい  しかなってい  在国してい  動転してい  眉間に飛びついてい  条件がそろってい  羽振をきかせて威張ってい  羽振をきかせてい  ヘイゲイしてい  これは、ふとってい  女給一同が揃ってい  メガネをかけてい  ニセモノを見破ってい  中へ入りかねてい  お礼をいってい  糸車を回してい  そこにじっと座ってい  鬼が住んでい  坊さんはしばらく見ようか、見まいか、立ったり座ったり迷ってい  いっしょに流れ出してい  からながめてい  何だか怖しい  月が怖しい  やうに駈けあるい  戸外で待ってい  協和に陥ってい  座布団を干してい  記憶につながれてい  夜具ができてい  家に挾まれて残ってい  家は違ってい  道は憶えてい  知らない路を踏み迷ってい  衣服に染み入ってしまってい  手では掴んでい  照力を持ってい  火になってい  火夫が赤く動いてい  感じにつつまれてい  一里おき二里おきにならんでい  むかしから人がすんでい  わら屋根をかぶってい  馬もい  百姓となってい  のをやってい  年中苦にしてい  五年生になってい  ちゃんとよんでい  月がでてい  ように、とろんとかすんでい  尾をひいて、高く低くとんでい  木につかまって考えてい  一つぐらいは持ってい  おかあさんはだまりこくって、さおをあやつってい  そうに光ってい  水ぎわにあそんでい  おばあさんは、うんうんといいながら聞いてい  おもしろそうに泳ぎまわってい  むく犬がい  声でほえたててい  ごはんをたべてい  土間へきてい  ながら見上げてい  ひとりであそんでい  ようすをしげしげと見てい  林太郎をまじまじと見守ってい  顔色も変わってい  くちびるをくいしばって聞いてい  雑木林がつづいてい  にぎやかにないてい  鼻をならしてい  遠くからにらめていたり、ちっともおちついてい  しょっちゅうどなりつけながら歩いてい  上でなきしきってい  気がついてみると、あんなにさわぎまわってい  ようにして、とぼとぼと歩いてい  しろ公はやっぱりとぼとぼと歩いてい  そこに見えてい  ーっとなってい  下へまきこみ、ひょろひょろ歩いてい  いつまで歩いてい  受付とかい  ところへ出たいと思いながら歩いてい  夏草がはえしげってい  夜露がしっとりとおりてい  しろ公へ、そう話しかけてい  まましばらくはふらふらしてい  そばにきちんとすわってい  林太郎がい  気をもまないで待ってい  しっぽをふってい  船室にもい  郊外を歩いてい  巡回してい  嫗が立ってい  眼を見せてい  建物が並んでい  あっけに取られてい  女が集まってい  旦那様がい  肩にかかってい  肩にかけてい  簾を照らしてい  みな玉からなってい  嫗も交ってい  ようにして見てい  手にかかってい  生活に困ってい  変へられてい  ために疲れてい  頭を晒してい  帯てい  彼の恐しい  霎時夢のように佇立んでい  ような凄い恐しい  凄味を帯びてい  からざる恐しい  別荘に雇われてい  十何年も住んでい  余ほど低く出来てい  聞澄してい  其んな怖しい  相続人に据えようという怖しい  何さま一種云われぬ物凄い恐しい  灯をともしてもい  顔をい  雪子を寂しく焦立たしい  針仕事もい  イコトヲ云ハナイデ欲イヨ、だつでい  マタ来月モ持ツテ来ルデセウ、だつでい  切りはしないかと、宜い  死ねば宜い  子供達にい  やつて下されば宜い  諦らめるが宜い  來るが宜い  歸るが宜い  つて見るが宜い  ために見て置くが宜い  天蚕糸でも宜い  安心するが宜い  松をい  搜すが宜い  八五郎などはもう、宜い  一人立泳ぎをしてい  腰から上を出してい  非常に可い  知識に達してい  森閑として静まってい  窓から覗いてい  何時迄も見詰めてい  船が浮かんでい  みんな痩せてい  水の上に立ってい  数十本ズラリと並んでい  彼等は持ってい  何物かを担いでい  頭上に担いでい  部屋を貫いてい  一切罪悪は犯してい  襟を正されい  体格でもい  ものはい  母だつてい  踊つてもい  明日お父さんだけ帰ればい  ぽかしたつてい  芸術鑑賞上一見識を持ってい  他と違ってい  のがかかってい  あいいと云ってい  頃少し凝りかけてい  幕府法律で禁じられてい  枠にはまってい  影響されてい  自身には封じられてい  道が開かれてい  大学を愛してい  疑問を抱いてい  気を狂わせられてい  克服について考えてい  使命を負ってい  全面でくずれかかってきてい  暗躍してい  法律をふりかざして行われてきてい  帝国主義と闘ってい  現実は進んでい  本も出てい  喉の干い  歴史がもってい  心の深められてい  十分の確信にたってい  確信がはっきりわかってい  きっかけをみつけ出そうとしてい  讚美してい  ことをこそのぞんでい  道をこわされ、生きてきてい  自由さえもってい  仕事しかしてい  任意とされてい  疑問をいだいてい  分別をもってい  こましい  習つてもい  俺は如何すればい  喋舌らうか、どうすればい  些細なことでもい  ことが記されてい  ことがきめられてい  ことなどが記されてい  意見が、正しくすぐれてい  ほうが、おもになってい  人によってずいぶんちがってい  考えとしてい  考えでできてい  草が青々とはえてい  裁判所がうけもってい  役所がうけもってい  仕事をうけもってい  ことをゆるしてい  二つからできてい  二つの議院からできてい  考えを正しくあらわしてい  憲法できめられてい  選挙権をもってい  財産をもってい  みんな選挙権をもってい  百五十日間ときまってい  國民に知らせてい  政党にもはいってい  ことが、はっきりきまってい  からできてい  檢査してい  ことが、かるく考えられてい  地方に分かれてい  これをはっきりきめてい  これまでかるく考えられてい  憲法がはっきりきめてい  父をい  事情がおこって来てい  毎夕、あの恐しい  躾を守ってい  おなかをすかしてい  立派だと考えてい  意味が仄めかされてい  ことがすっかり分ってもい  母さんが間違えてい  上から抑えつけられてばかりい  先達まで固く云いきってい  先に見てい  お母さんが生きてい  母への思いやりい  ものに見てい  傷しかもってい  言葉をもってい  根だやしになってい  続行されてい  娘さんがふえて来てい  計画性にはふれてい  帰朝者に知られてい  同感されてい  主義とかいってい  夫にまかせてい  シュークリフ女史はいってい  必要が示されてい  若い世代がくりかえしたいと思ってい  ことを仰有い  一種特別の苛立たしい  同情せずにい  眼が離れてい  十分にのみこんでい  セメントあけをやってい  灰色に蔽われてい  八分通り出来上ってい  雪を被ってい  泡を噛んで、吠えてい  袋を縫ってい  恋人の着てい  形をとってい  のだと信じこんでい  公表させられてい  記者に語ってい  捜査されてい  発覚してい  関心でい  もの、着てい  寸刻のやわらぎを求めてい  人たちによってしばしば使われてい  軍隊生活にい  離反としてだけに止ってい  なかまで入って来てい  明治以来全国にしみとおってい  感覚されてい  振りでよく分ってきてい  社会的条件が生れてい  幅があらわれてい  生き方を知ってい  言葉でいいくるめてい  モメントがはっきりあらわれてい  ことでもはっきり示されてい  ことにもあらわれてい  論議にとらわれてい  活動体となってきてい  あなにうちこまれてい  障害に面してきてい  文献に通じてい  能力は持ってい  ギャップをねらってい  文献を読んでい  ところまでいってい  連関をもってい  面へまででてゆかずにはい  性急にしてい  形で生かされようとしてい  民主化されてい  半身である若い女性が遅れてい  男子優越が残ってい  問題にもつながって考えられてい  解決されてい  重荷はましてい  結婚生活がこわれてきてい  知識がちっとも与えられてい  要素は、全くけとばされてい  追求せずにい  中に入ってしまってい  ことを悪くは思ってい  教官をしてい  ガスコアン大尉が座ってい  中に包んでい  葡萄酒を飲んでい  理解しかけてい  そのまま黙ってい  議論をきいてい  ことを避けてい  事実だけを話してい  ことに努めてい  ところにとどまってい  何も残ってい  似合わず激昂してい  心ひそかに祈ってい  今かと待ち受けてい  努力を尽してい  人たちのとは違ってい  三日前から実弾射撃演習を始めてい  止めをさしたいと思ってい  猛烈を極めてい  中尉とはしばらく睨み合ってい  号令してい  沈黙してしまってい  砲火も、もうめっきりと衰えてい  影もなく打ち壊されてい  応戦を続けてい  めちゃめちゃになってい  ここにも散らかってい  空気が澱んでい  砲弾裂傷を受けてい  昏睡してしまってい  それをきくと、忘れてい  憫まずにはい  一群れ秋空に色づきかかってい  響きをきくともなく聴いてい  ようにいわれてい  ことがすすめられてい  質的にい  主要部分を占めてい  ことだといって教えてい  朗らかに働いてい  それらについては語られてい  提言されてい  実収をもってい  低下してい  差は埋められてい  条件を多くもってい  疑いもはさまれてい  附加されてい  評価されてい  流動してい  物語となり切ってい  変転してい  女らしさで息づまるばかりにされてい  今日理解してい  困難は、い  浸透してきてい  複雑になって来てい  必要から職業についてい  二様にだけいわれて来てい  範疇からもあふれてい  手柄に止ってい  そこにゴタゴタにつみこまれてい  書斎になってい  唐紙もついてい  ゴーリキイの生きてい  船員がい  箱をもってい  抑圧に呻いてい  心は晴れてい  生を苦しんでい  誰もかいてい  誰にもかかれてい  一生けん命歌ってい  それに手伝ってい  一心に弾いてい  安心しながら、つづけて弾いてい  楽器をはじいて見たりしてい  一人ですんでい  すぎになるといつも出て行ってい  首をまげて聞いてい  うごうやってい  のとでは聞いてい  眼をつりあげてまだしばらくないてい  はじめはむしゃくしゃしてい  ことしてい  いつまでしてい  どんどん走ってい  血が出てい  水を一杯のんでい  首をまげて考えてい  ゆうべからしてい  気の毒そうにしてまたしばらく考えてい  ぼうと明るくなってい  風を吸ってい  ままうとうとしてい  下を向いてしばらくだまってい  工合をきいてい  手をあてて待ってい  目をつぶってぶるぶるぶるぶるふるえてい  ぶったままぶるぶるぶるぶるふるえてい  いっしょに走ってい  ふく膨らんでい  間を歩きまわってい  手が鳴ってい  アンコールをやってい  一生けん命聞いてい  眼をじっとしてひっそりとすわり込んでい  向うで云ってい  匂はしく清しい  被衣をかぶってねてい  血もなんにも流れてい  美くしい  心をい  ためにもなどと久しく話してい  ように落つい  昨日落つい  彼の可愛ゆらしい  心は段々と落つい  恨しい  兄弟のい  ことでしょう、い  物食いでは生きてい  ことばかり云ってい  口調で落つい  事を御はなしい  小男が隠れてい  悠然として立ってい  観桜席が出来てい  愛相よくこういうので、待ってい  座にもい  桜に見取れてい  時は開けてい  あっちへ行っていろい  十郎、下げてい  思案に余ってい  静かに見廻ってい  女房がい  双方とも黙ってい  中で戦ってい  摸索してい  岩波から出てい  絶版になってい  名もまだ広く知られてい  私は聞かされてい  のか決めかねてい  私どもは羨みながら眺めてい  学生仲間で話してい  哲学に憑かれてい  勉強されてい  ものとはまるで違ってい  難解をかこってい  初め自分に考えてい  聴講されてい  書物をよく読んでい  本を探してい  肯綮に当ってい  書きされてい  ドイツ語で書かれてい  予習をしてきてい  しか潤んでい  大学院にい  教授をしてい  しろ苦々しく思ってい  先生の目差してい  まり知られてい  理解を持ってい  頭を突き込んでい  国を憂えてい  誤りのきずをい  高松宮家に納まってい  これを見るのに、立ってい  それだからとい  猫ですから、かう聞かれると、すぐい  一たい、い  小言をい  そこの、ちつぽけな、い  時には、ほんとにい  前に現れてい  二つ巻煙草入れをもってぶらついてい  小作人をもってい  目撃してい  毛布にくるまってのぞいてい  赤旗がひるがえってい  自分の坐ってい  廊下できい  中にとまってい  夜食堂車にい  天候などきき合ってい  タシケントにい  のんでい  ウラジヴォストクへい  線にい  構内線路を横切って歩いてい  そうに思われてい  テスト氏を育てつづけてい  さかんにい  散歩してくるとい  野郎に結ってい  股引をしてい  下帯まで濡れてい  中に遊んでい  停泊してい  大将ペリーはまだ来てい  通辞さえい  通辞がい  手指を掻いてい  夷人を追いかけて、予て認めてい  思いのほかに凪いでい  姿を並べてい  煌々と照らしてい  躍起になってい  重用されてい  門を守ってい  男女が集ってい  窮屈そうに座ってい  民衆芸術を説いてい  紛々としてい  民衆的精神を持ってい  民衆的憤懣を持ってい  事は云ってい  表現をも持ってい  気落ちしてい  お日様をじっとながめて立ってい  お前さっきからここにい  空高く光ってたってい  橋をかけてい  中に青くさし込んでい  まんまるにしてい  ポッシャンポッシャン降ってい  ポシャポシャやってい  まっ白に光ってい  硅孔雀石でできてい  さきを持ってい  はなびらに残ってでもい  りんどうも、もうとても踊りださずにい  立派に変わってい  はなびらをもってい  膝に組んでい  声はかすれてい  見舞にい  お宮へい  虹の橋も、い  所有だとい  奨励してあるい  自分から言つて嘆息してい  一位を占めてい  全部を知ってい  組がちがうので、さほど親しくもしてい  深川に住みついてい  ことができたとしても、い  汚染が滲みだすかと、たえずハラハラしてい  あいだ無意識にさがし求めてい  悪人にまでは落ちてい  月ほど、ああだこうだと押しあってい  任かしてい  肉体は求めてい  フェリーボートで帰ってくるといってい  ことになるだろうと思ってい  気にもしないでい  注意して読んでい  手で撫でていたが、どうせ見ずにはい  ところでうすうす感じてい  どなたさまでいらしゃい  一人暮しをしてい  計画に入ってい  愛情がこもってい  のだとばかり思ってい  履歴書でも読んで知ってい  お前は怨んでい  一日じゅう壁に向って坐ってい  作用をもってい  家に働いてい  あさひを待ってい  北川千代と名乗ってい  乳児室にい  やうな怖しい  穢はしい  窮地にたちい  一寸一区ぎりつくだらうから、い  怕しい  墨をすつてい  婦人もなかなか負けてい  停車場に止まってい  メリコフも黙ってい  ちゃんと心得てい  メリコフを見張ってきてい  ちゃんと手筈ができてい  上に残していってい  心がしゃんとしてい  別室に待ってい  鞄を持って来てい  足許に引き付けてい  革帯を締めてい  家に詰めてい  張番してい  検査してい  なに一つ紛失してもい  更えてい  インドにい  マタ・アリはい  習性になってい  皮膚をしてい  政府が狙ってい  いまもよくわかってい  伯爵のい  強調されて、潜んでい  だれも忘れてい  聴取機につうじてい  一大ストックを備えてい  秘密条約を申し込んでい  制度になってい  中にあるとばかり思ってい  一石が投じられるか、あらかじめ知ってい  命令を受け取ってい  アリが来るというんで爪立ちして待ちかまえてい  尖端に踊りぬいてい  機嫌が悪くて、些か持てあましてい  眼を光らせて聞いてい  欠伸を噛み殺してい  ブレスト町を呼び出してい  ように沸き騒いでい  蒸気をあげてい  見張りが立ってい  登場してい  年代でわかれてい  給仕人に化けてい  料理店に住み込んでい  一隊が待ちかまえてい  占領地帯にはいり込んでい  ひとりたんまり儲けてい  歩を進めてい  処理されてい  停車場へ出迎えてい  厳重をきわめてい  ベルリンでは知り抜いてい  一つのいいぬけを持ってい  今度でそのゆいい  予報で待ちかまえてい  準備ができてい  二号にだけはわかってい  それを信じきってい  銃を擬して待ってい  多勢詰めてい  カラになると、待ってい  むなしさに満ちてい  半分ぐらい残ってい  一条件だと考えてい  組織しかけてい  一軒家をもってい  保証を受けてい  生活費をもらってい  ことを堅く言い渡されてい  僕は知らずにい  同情をもって見てい  豪遊してきた、と威張ってい  オッカアはふとってい  長屋がズラリと並んでい  オカミさんがい  ギャアギャアないてい  流石に光ってい  フーセンアメ屋がい  あたし達靴なんてはい  妻君にい  しか享けてい  横柄で、威張り返つて、い  憾みがましい  老爺が住んでい  雪がちらちら降ってい  興奮をあらわしてい  手紙で語ってい  世に聞えてい  事実をも知ってい  古色蒼然としてい  有様をほとんど示してい  ころから見慣れてい  窓は細長く、尖ってい  十分はっきりとさせてい  壁にかかってい  ぼろぼろにこわれかけてい  たくさんあたりに散らばってい  すべてのものにしみわたってい  私の期してい  なかに埋めてい  ずっと前から匙を投げてい  抽象性を持ってい  内部をあらわしてい  無機物界にまで及んでい  部分をなしてい  なかで、持ってい  銅張りになってい  唇に残してい  秘密とたたかってい  塔を圧するばかりに低く垂れてい  空想で思い浮べてい  椅子をまわしてい  ところへうなだれてい  ばった表情がみなぎってい  前から聞えてい  なかでもがい  僕には聞えてい  力でもひそんでい  姿が立ってい  あちこちとよろめいてい  怒りくるって吹きすさんでい  最初から諦めてい  男はやはりにやにや笑ってい  芸名を貰ってい  身装も光ってい  彼はわざと黙ってい  毒もはいってい  冗談まじりに話してい  年よりも若いといわれてい  毒がはいってい  延津弥は黙って聴いてい  延津弥はやはり黙ってい  手拭で絞め殺されてい  相談に行ったとか言ってい  頸にまかれてい  一人もとうから入り込んでい  解決してい  女は死ぬと言ってい  素知らん顔をしてい  蹈んぞり返ってい  虎七と争ってい  茶碗などもころがってい  家にじっとしてい  うろ付いてい  半月ほども隠れてい  のかと案じてい  ように踊らされてい  謎として残されてい  反感を懐いてい  回答は与えられてい  ままに引出されてい  家に隠まってい  脅迫してい  登場人物に限られてい  アッタレーアと名づけてい  生まれ故郷で呼ばれてい  産地でついてい  産地にい  刃で切りこまざいてい  ことさえ心得てい  生まれ故郷にい  六間ちかくも抜いてそびえてい  女だろうと思ってい  ものか迷ってい  草木は黙ってい  気を悪くしてもい  葉をつけてい  大木に生まれてさえい  木がはえてい  さまをじっと見守ってい  温室にい  たたずまいやを、ながめてい  あいだ、そうして待ってい  幹に巻きついてい  半ば雪をかぶってい  誰へ呉れてもい  ように恐れられたりしてい  鉄道馬車が通じてい  研究されてい  遊戯として見られてい  一課目とのみ見られてい  中堅として見られてい  字窓が未だ残ってい  看板が掛ってい  劃されてい  機関としてい  遊戯と見られてい  ものと思われてい  同列に見られてい  政治休息期に入ってい  浮れて躍り狂ってい  社会から矢張り小使同様に見られてい  尊敬せられてい  生活を知ってい  遊民と見られてい  全然社会から無視せられてい  能事としてい  初めごろまでさかのぼってい  なかへは入れてい  なかに響いてい  ほんとうに歓ばしい  本にとり集められてい  ものとしてうけ取られてい  重複してい  無産階級運動がおこってい  運動もおこってい  それは、まだ描かれてい  うちにたくわえられてい  人生について考えずにい  抱懐するにい  社会主義へ近づけずにい  集団にも属してい  上に奏せられてい  自覚しずにい  社会観をもってい  作者がちっともわかってい  追究されてい  比較しずにい  明晰さをかいてい  一年めがはじまってい  バネをもってい  うまやにとじこめられてい  成長しずにはい  加盟してい  半分しか表現してい  表現が強いられてい  準備してい  統一されてい  刀とを持ってい  因縁になってい  内々覚悟はしてい  きれいに諦めたらしく言ってい  口癖にこう言ってい  大勢手伝いに来てい  気ままに暮らしてい  世間から認められてい  得意としてい  徳望にかけてい  地位に立ってい  女ばかりを見馴れてい  雪を敷いてい  他人に踏み荒らされてい  春以来まったく変ってい  一緒に起き臥ししてい  治六にもよく判ってい  却ってなだめてい  望みをもってい  去年にまして賑わってい  匂いが迷ってい  八年前から身代も痛み切ってい  わしらも喜んでい  鐘を聴いてい  眼は冴えてい  膝に置いてじっと考えてい  あしたを待ってい  仕事と思ってい  興味を求めてい  耳うるさいほどに聞かされてい  空にしてい  八橋にあこがれてい  商売を見つけ出そうと考えてい  治六は黙ってい  方が黙ってい  考げえてい  世間に立ってい  看板をかけてい  今だからこそ遊んでい  ちゃんと見ぬいてい  首へかけて歩いてい  治六も諦めを付けてい  賑わいを眺めてい  能く判ってい  こっちでは何とも思ってい  こっちに対して快く思ってい  意味も含まれてい  相手を余りに見くびってい  一文字に引いてい  体格とをもってい  資格をそなえてい  金も持ってい  力も持ってい  こっちを窺ってい  内々心配してい  ように喜んでい  治六は思ってい  雷門まえをうろうろ歩いてい  席をつないでい  枕を抱いてい  鉢巻をだらりと垂れてい  胸高に結んでい  悪いことができい  から何心なくしゃべってい  機会を待ち設けてい  わたし達がい  けが茶屋に残ってい  もう少し待ってい  それまでおとなしく待ってい  曲がり角に突っ立ってい  未練らしくぐずぐずしてい  心持ちを見せてい  ゆくえを見るともなしに眺めてい  日はもう暮れてい  程に、ひっそりと静まり返ってい  奉公口を探してい  武家奉公をと望んでい  奉公させたいと念じてい  一人ぐらいは使ってい  着物も持ってい  仲光を謡ってい  針を急がせてい  光も思ってい  ように有難がってい  縁を切りたいと思ってい  流連をしてい  平気ではい  八橋はただ笑ってい  行く末を考えたりしてい  文通をしてい  溜め息をついてい  金をつかってい  自分が恐れてい  百姓になろうと思ってい  胡麻化されてい  八橋はしばらく考えてい  八橋は又かんがえてい  三日待ってい  もう一度二階へ行って、しきい  ことも出来ないと思ってい  見切りを付けてい  所に永くい  返事ばかりもしてい  大尽で押し通してい  徳利の乗ってい  自分を思ってい  見当がはっきり付いてい  自分を嫌ってい  彼は信じてい  心底から自分を思ってい  そうに話してい  治六がい  彼女からも聞かされてい  まさかこれ程とは思ってい  炭を煽いでい  御無沙汰をしてい  彼は黙っておとなしく聴いてい  ことはもう知ってい  おつきあいをしてい  臆病らしく考えてい  平気で落ち着いてい  儘ではい  欺してい  興味をもって聴いてい  雷門を歩いてい  のは判り切ってい  自分をだましてい  ゆくえをじっと見つめてい  影をふるわせてい  やつとは思ってい  嘘をつき通してい  ことを考えまいとしてい  ところに入りびたってい  亭主と話してい  ふうをしてい  暮れから催してい  真っ白に塗られてい  門に立ってもい  髪もむごたらしく乱れてい  八つ口もすこし裂けてい  俯伏してい  無尽にはいってい  倚りかかって泣いてい  いつまでも評議をしてい  弟子などはもう帰ってしまってい  正直にしてい  微塵も持ってい  光はよく知ってい  丞は黙って考えてい  つもりで待ってい  茶屋が違ってい  根よく待ってい  ことを思うまいと念じてい  ものと諦めようとしてい  今まで焦らされてい  自分でも思ってい  丞を貢いでい  横顔をうっとりと見つめてい  八橋も聴いてい  八橋にささやいてい  対話を聞いてい  前にさらけ出されようとは思ってい  徒らにぐずぐずしてい  酒に酔ってい  顔は蒼くなってい  こっちへ渡して貰おうと思ってい  料簡をもってい  次郎左衛門はただ黙ってあざ笑ってい  無心を言ってい  ここで持ってい  次の間にい  二つ三つかかってい  汗が浮いてい  方から遠ざかろうとしてい  今まで欺かれてい  障子を少しあけてい  ゆくえを見つめてい  力を失ってい  日まではなんにも考えまいと努めてい  夢のように吉原へ通いつづけてい  銘が付いてい  業物としてい  二つしか残ってい  平生から考えてい  いつまでも忍んでい  小やみなしにしとしとと降ってい  病気で寝てでもい  毛がこぐらかってぶら下がってい  几帳面に払ってい  俯向いて聴いてい  眼を拭きながらおとなしく聴いてい  衾をすっぽりと引っかぶってい  眼をあいてい  まま俯向いてい  無心がましい  一羽低く舞ってい  水田を眺めてい  嫉妬とがみなぎってい  八橋から遠ざかりたいと念じてい  から突き放されようとはさすがに思い設けてい  手段を講じてい  釣り出されようとは思ってい  さっきから日向に立ってい  そこまではよく考え詰めてい  夢のように淡く照らしてい  八橋は待ちかねてい  男と向き合ってい  ほとぼりがまだ残ってい  次郎左衛門を取扱ってい  大尽かぜを吹かせてい  丞もとうに知ってい  丞は黙ってい  桜が多く植えられてい  借りが出来てい  人を眺めてい  彼もさすがに知ってい  胸を決めてい  未練に囚われてい  八橋と向き合ってい  いつものように笑い顔をしてい  ひそかに祈ってい  平気で笑ってい  ように念じてい  吹き溜まりがうずたかく積もってい  そんなら、ちょいと行って来るまで待ってい  薄明るくなってい  微かにゆらめいてい  身に着けてい  時に、もう上がり切ってい  敵を待ってい  真っ黒に集まってい  胸に時どき兆してい  手当てを受けに連れて行かれてい  末年まで生きてい  目白に住んでい  赤鉛筆がはいってい  文章さえのこってい  強行してい  一月から警察にとめておかれてい  市ヶ谷刑務所にい  拘禁生活をさせられてい  留置されてい  関係がぼやかされてい  不具にされてい  卓越してい  借家に暮してい  擡頭してい  課題がとりあげられてい  理論はもってい  自分として書かずにい  上眼づかひにい  おくびにもい  うちであつとい  畑から帰ってい  日朝から曳いてい  豆を数多背負ってい  それを見ると背負ってい  隣家に集まってい  気質と思ってい  完成されてい  努力において、ちっとも古びてい  中へもあらわれて来てい  譲歩しようとしてい  歓声をあげてい  ように眺められてい  ことぐらい知ってい  一つ二つのことに触れられてい  非道さにふれてい  間にはおそらくい  生命を賭してたたかってい  単純だとは思われてい  混迷停滞しきってい  要因をひそめてい  国際性はかけてい  侮蔑と感じずにい  一度も落つい  二つがいつもかなり聞いい  不断いやに落つい  いくらかずつ収められてい  提唱されて来てい  鼓舞的に云われてい  運動がおこってい  明らかにして来てい  活動をしてい  旧プロレタリア文学運動に属してい  批判がふくまれてい  中にも現われてい  考察が少しも加わってい  日本プロレタリア文化連盟から出版されてい  克服されてい  現象にはふれてい  環境からしみこまされてい  暗がりにころがされてい  上をふんで歩いてい  ことについては黙ってい  ようにかきつけられてい  戦争によって強いられてい  書くことの出来ずにい  作品であり、ほんとに書かずにい  二重人格者となったかは、はっきりわかってい  患者に附いてい  虹は消えてい  犬をつれて遊んでい  中へはいってい  中枢が冒されてい  根本的に誤ってい  苦しみもだえてい  ひととはなれてい  気がまとまってい  心持がなくてい  原色版がどっさり入ってい  大仏壇が納められてい  畑で働いたりしてい  きりぬきをこしらえてもってい  きりぬきをもってい  自分によってどんなに扱われてい  段階に迫ってい  何年もすごして来てい  自家中毒をおこしてい  全然自覚してい  現実で苦しんでい  作者が見のがしてい  子供はどっさりい  把握してい  大衆失業にくるしんでい  階級のちがい  新聞にでてい  平和をのぞんでい  生活権が犯されてい  気力も失わされてい  英雄であり得るとともに、い  作者にもわかってい  下宿になってい  暴圧されてい  心もちが、かえりみられ、書かずにい  芸術運動もおこってい  明確にされてい  主張されてい  かたではっきりさせられてい  提唱されてい  要望もおこってい  文学としてあらわれてい  所謂文壇からもはなれてい  何ひとつ理解してい  当時は知ってい  分析批判されてい  解決されつくしてい  条件は、まだ決して多く加えられてい  十分把握してい  作者のもってい  プロレタリア文学運動のおかれてい  それを書かずにい  しらふで話されてい  檻に入れられてい  制約があって、い  棒ではじまってい  目覺ましい  消防予行演習が行なわれてい  もう少し行き届いてい  入場してい  訓練を持ち合わせてい  まり明白に現われてい  認識されてい  明白に認められてい  韻文になってい  学校へい  お母さんも出てい  わしがい  梯子をかけようとい  あたりをきょろきょろ見まわしてい  のか、はっきりおぼえてい  上でねむってい  夕がたになってい  べろべろによっぱらってい  くだをまいてい  兵隊もいなくなってい  お得意さんとにわけてい  のか、ひどくいそいでい  何も考えないで、ただ鳴いてばかりい  外とうをはおってい  男を、まじまじと見つめてい  霧がたちこめてい  男を見あげてい  あたりはすっかり明るくなってい  ざわめきが聞こえてい  ≪お得意さん≫がねむってい  熱心にしゃべりつづけてい  ひもがたれさがってい  何か結んだりほどいたりしてい  がちょうに対していだいてい  目をさまさないでい  のをゆるされてい  権利を持ってい  あたりに住んでい  自分が愛してい  静かで、暗くて、ひどくむんむんしてい  まりになってい  経験から知ってい  あまりを、がつがつ食べてい  まま、ねむらずにい  がちょうは、だまってい  姿勢ですわってい  ようすをいちいちじっと見守ってい  がちょうを見つめてい  おまえは、もうい  考えが浮かんでい  もの巣にまみれてころがってい  調子をすっかりのみこんでい  準備ひとつしちゃい  つぶやくのを聞いてい  燈火が、あかあかとともってい  そばをうろうろしてい  こっちをのぞいてい  音楽が鳴ってい  下でゆうゆうとねむってい  アラベラが出てい  光にみちみちてい  言葉をおぼえてい  微笑で、ひんまがってい  ようはなれようとしてい  帽子をかぶって歩いてい  頬をしてい  膝をかかえこんでい  農具をかついでい  水を、飽かずに眺めてい  ご先祖さま、みてい  拝してい  用捨なくつかんでい  みな武装してい  半月槍をかかえてい  貴重に思われてい  黙想してい  洛陽船を待ってい  人影がかたまってい  市が立とうとしてい  中に立ちまじって、まごついてい  彼もよくわきまえてい  無謀は、よく知ってい  簾を作ってい  黄河は暗くなりかけてい  星がまたたいてい  暈がぼっとさしてい  影を拝んでい  近所は焼けてい  悲鳴をあげて逃げまどってい  殺戮してい  象徴になってい  人がいないとのみ思ってい  尊称してい  誓願を立ててい  黄魔鬼畜を討ってどうとかぬかしてい  荷物があって困ってい  足だけを動かしてい  蓮花がいっぱい咲いてい  形だけ残ってい  骨などが散らかってい  独りで、うーむと唸ってい  こと待ってい  わしの待ってい  血をひいてい  足を止めてい  ことばを、聞きすましながら振向いてい  何か、いいつづけてい  郷土でいわれてい  昼夜行いすましてい  蝟集してぬかずいてい  大賢良師張角と、称えてい  巾でつつんでい  乱脈をきわめてい  城下にまで、満ちてい  何かいってい  これにい  商人が泊ってい  財宝でも持ってい  懐中に秘してい  人間かも知れないといってい  気持になれないでい  こちらを覗いてい  さっきから眼をつけてい  肌深く持ってい  そこまで来てい  ここに、じっとしてい  さき幾年生きてい  露命をつないでい  一心だけで生きてい  内から閉じられてい  扉をたたいて泣いてい  頼みにしがみついてい  劉備の打ちつづけてい  白木になってい  大地へほうり捨てられてい  唇から無意識に出てい  寸鉄も帯びてい  少年時代から片時もはなさず持ってい  一命をささえてい  間に、そう罵ってい  卒にはいってい  督を勤めてい  卒となって隠れてい  腰に帯びてい  将兵が泊ってい  李朱氾の眠ってい  来歴も聞いてい  そこまで、分ってい  六鼓門と呼んでい  人々は刈入れにかかってい  今、ようやく帰り着い  職人も通ってい  燈火もついてい  ように迎えてくれるであろうと思ってい  後ろ向きに腰かけてい  のも気がついてい  帰りを見に行ってい  十日ばかりは行かないでい  病気などはしてい  下僕もい  寝台で寝てい  牛もい  茫失してい  物音をさせてい  卓から子を呼んでい  文字などを見てい  余り涙にくれてい  夙く起きてい  牛のい  鶏のい  いちめんに揃ってい  端だけ見えてい  心静かに待ってい  まま大陸によどんでい  水番がい  火をおこしてい  嘘をおいい  峻厳に変ってい  おっ母さんに上げたいと思ってい  岸までくると、持ってい  声は、ふるえてい  子を打ってい  胸に考えてい  土民をよそおってい  ことばかり願ってい  額をうめてい  外へもれてい  蓆を織ってい  半ば笑いながら聞いてい  いつか羊仙のおい  後ろで呼び返してい  軒なみを見て歩いてい  換えに戻ろうかと迷ってい  混雑かと思うてい  いつまでも、考えてい  高札と睨み合って考えてい  声高に話してい  劉備も知ってい  横目ででも見てい  後ろ向きに見てい  髯をたくわえてい  高札と睨み合ってい  人物をほぼ観てい  本気を示してい  無礼はどうかゆるされい  心ではい  こっちにできてい  からから鳴ってい  呶鳴って、腰かけてい  害は見てい  秋かぜに吹かせてい  手もとへ返そうと思ってい  独りしてそう呻いてい  今まで佩いてい  服は汚れてい  上に立ち暮れてい  昼間ひろげてい  関門は、もう閉まってい  大地へとび降りてい  上下では騒いでい  看板がかかってい  さりと垂れてい  音声もおっとりしてい  図がかかってい  上でばかり語ってい  前からも心がけてい  尊公にもはなしてい  わしは、憂えずにはい  馴じまれてい  ゆうべから渇いてい  酒をくれい  喰ろうと思ってい  鶏がい  脚をつかまえられて、けたたましく啼いたり羽ばたきをうってい  息をころしてい  のどかに動いてい  音がくり返されてい  生々と息づいてい  麗人を思い出してい  独り考えてい  いつのまにか来てい  独りして笑ってい  音が止んでい  物でできてい  頭を下げずにはい  部屋へ行ってい  はなしを聞いてい  引揚げられい  神妙にしてい  冷淡に聞いてい  心はきめてい  ひそかに調べてい  所に立ってい  栄に会い、こんな歓ばしい  劉備さえ聞いてい  肚にきめてい  薪がくべられてい  祭壇を作ってい  祝いだといってい  ゆうべからそばで見てい  ことを訊かれたので、またふと、忘れてい  体形を整えてい  体をなしてい  時を待ってい  拙者も考えてい  劉備玄徳は、黙然と考えてい  劉母公がい  教育してい  壮士たちも、しばらく黙ってい  つもりで待ち構えてい  関羽は考えてい  のは知れきってい  わたしども民衆が待ってい  駿馬に積んでい  肉を売りに出てい  自分もそう考えてい  陣を備えてい  その間へ、待ちかまえてい  天日をも侮ってい  宴会場になってい  みちあふれてい  楼桑村に来て、しばらくかくれてい  軍務についてい  姿勢をとってい  援けてい  月日ばかり長びいてい  潁川にまとまってい  腹も立ってい  気色を害されてもい  行軍をつづけてい  さを、しみじみ思わずにい  畑に働いてい  大にして罵ってい  嘆じ合ってい  馬を進めてい  先刻から後ろ耳で聞いてい  先を、眺めてい  口々に云い交わしてい  山風にひるがえってい  業腹の煮えてい  生唾をのんでい  派遣せられてい  休憩してい  背をまるくしてい  涙にくれてい  ほうを向いて、見てい  玄徳は、立ってい  嘆息しては、振向いてい  もの、腐らずにい  駒にまかせてい  先刻からいろいろ考えてい  玄徳にも分ってい  ひと頃の張り切ってい  母を想い出し、また、思うともなくい  不平をなぐさめてい  聞き耳たててい  拱手傍観してい  張飛を止めてくれい  彼は、坐りこんで、まだ泣いてい  長居していると、い  一部隊しか残ってい  若い空想にふけってい  水を飼って、休んでい  大軍と戦ってい  顔にきざんでい  まぢかまで、攻め上ってい  耳を忘れてい  拱んでい  雲霧が立ちこめてい  恐怖をもてあそんでい  下に横たわってい  寄手を悩ましにでかけてい  上から真っ逆さまに落ちてい  任を負って下ってい  大兵と戦ってい  大賢良師張角と称してい  三賊将がたて籠ってい  ためといわれてい  力を奮いだすにきまってい  張飛も、見まもってい  時は、い  はなしに聞いてい  とたんにもう始まってい  一月あまり家をあけてい  何となく苦りきってい  衰弱しきってい  先を出しながら唸ってい  言葉はずいぶんうがちすぎてい  父親に可愛がられてい  気持がそうとう強くこびりついてい  乳をやってい  父は疑ってい  躯にしみついてい  継母がい  まんねんと喜んでい  人はほとんどい  人はい  将棋をしてい  ろを売ってい  水に浮いてい  丁稚が居眠ってい  こと立ってい  しょっちゅう来馴れてい  欠伸などしてい  心がうずいてい  裾短かく着てい  いくつも掛ってい  隅が残ってい  節まわしで唱えてい  夜店が出てい  横顔を見上げてい  一日じゅう泣いてい  浜子がい  点でも変ってい  何となく路地全体がなまめいてい  浜子がしてい  御堂筋まで伸びてい  夏簾がかかってい  味ってい  喧嘩ばかりしてい  底にはいってい  紅もさしてい  油をつけてい  方へ移ってい  玉子はい  母親になってい  継子になってい  上ノ宮町へ引っ越してい  文子に会える、とたのしみにしてい  祭見物に来てい  転々と移ってい  ことはもう忘れてい  秋には、あんなに憧れてい  景気も浮ついてい  客引をしてい  われを忘れてい  ことを想ってい  十五銭しか残ってい  おりから瀬多川で行われてい  二人暮しでもう寝てい  しょぼんと立ってい  裏側に当ってい  ようにうごめいてい  料理をつついてい  両足をきちんと揃えて、仰向いてい  声は老けてい  まさか死のうと思ってい  若い者を探してくれと頼まれてい  井戸水を貰ってい  軽気球がうかんでい  広告文字がぶらさがってい  ぼんやり聴いてい  先引きをしてい  金がたまってい  貯金だと思ってい  立看板が立ってい  署名をしてい  屋をしてい  秋山さんい  文句をいまだにおぼえてい  死を決してい  ように書いてい  たび言い言いしてい  風呂敷包を持ってい  姿勢をしばらく続けてい  屋などしてい  今まで生きてい  ホクロを濡らしてい  私も言おうと思ってい  落語もすたってい  自分も語れなくなってい  お歯黒に染めてい  もと髪結いをしてい  行灯が掛ってい  嫁づいてい  びにもならずに勤めてい  ころ千円を越してい  音のしてい  レコードが掛ってい  ぼそぼそ口ずさんでい  やうだともい  敬服せられてい  交際を続けてい  音信を交してい  保険会社に勤めてい  煙草ばかりを吸ってい  山田君から教えられてい  時から、そう思ってい  写真がかけられてい  内心ひやひやしてい  頭はだいぶ禿げ上ってい  あれ以上進捗してい  習得してい  叱られても黙って笑ってい  のを見て、い  いちども逢ってい  君を信じる、と言ってい  活躍中とか聞いてい  感激を持ってい  大隅君は、もう寝てい  仏頂面してうろうろしてい  涙を流しながら笑ってい  二枚が嵌まってい  壁で仕切られてい  山吹きなどが囲んでい  遊び相手になってくれてい  不思議なほどよく呑みこめてい  冬陽を受けて寝そべってぬくもってい  私を眺めてい  大鏡もそなわってい  から誰も見てい  だれか垣間見てい  内容が含まれてい  何程表面だけができてい  一筋も描かれてい  ものが案外解ってい  批評が語られてい  寂寥を増してい  与力が住んでい  崖になってい  米つき場までも出来てい  手入れをして住んでい  台所をうかがってい  西郷隆盛がい  団扇を使ってい  ようにきらめいてい  人間が横たわってい  女がひそんでい  四百坪にあまってい  ものはもちろん横たわってい  泥を浴びてい  靄が降りてい  草が生え伸びてい  何者かが忍んでい  密会してい  ように吠えたけってい  子細ありげに低く唸ってい  あとに付いて駈けあるい  ピストルを持ってい  中に突っ立ってい  犬はまだ低くうなってい  一つふえてい  うちから草むらに忍んでい  いるかどうかを調べてい  晩もい  新聞記事におどろいてい  わたくしも知ってい  歎息してい  鍬を持ってい  踪跡を晦ましてい  想像があたってい  下を掘ってい  権七夫婦が求めてい  ガラス戸越しに見詰めてい  しか経ってい  ポンコツに行きあってい  鮮かにやられてい  皮一枚でつながってい  唾ばかり吐き散らしてい  車庫に廻されてい  シッカリ握ってい  二三寸ばかりも抜け出てい  捉まってい  憂鬱になってい  ごろんと転がってい  めて見てい  のを憶えてい  唇をぱくぱくさせてい  息入れてい  たしかに死骸になってい  闇に消えてしまってい  線路を歩いてい  寄りそってい  半分以上も飛出してい  火をたたいてい  いつのまにかそこに来てい  きゃんきゃんとひどく鳴いてい  おかあさんから聞いてい  燃え出してい  音も聞こえてい  鳴き声もよく聞こえてい  遠くに来てしまってい  脇にしっかりとかかえてい  声を出して泣いてい  山になってい  乞食が住んでい  そりと歩いてい  のには気がつかないほどあわててい  間どうしようかと思ってい  火事をながめてい  あなた帰ってい  間歩いてい  から泣きやんでい  別々になって、よじれ合いながらもくもくと立ち上ってい  あたりをながめまわしてい  けんか腰になって働いてい  みんな変わってい  ポチが知らしてくれなければ焼け死んでい  ポチがい  みんなわすれてしまってい  友だちがい  ほんとうにポチが殺されるかぬすまれでもしなければい  それじゃなぜい  ポチだってどうしようかって考えてい  からがまんしてい  どこをうろついてい  物置きのかげにい  人足がかがんでい  ポチがまるまって寝てい  ろがいっぱいこびりついてい  真黒になってこびりついてい  からないほどきたなくなってい  まわりを飛び歩いてい  ほんとうに血が出てい  地面までこぼれてい  ように泣いてい  しかえようとしたら、い  涙でしじゅうぬれてい  わきにしゃがんでい  人の住んでい  思案に暮れて歩いてい  象眼されてい  土塀で鎧われてい  蒼味を帯びてい  顔を包んでい  武士が立ってい  拙者試してい  ままで立ってい  黄金十枚が載ってい  大学は黙ってい  屋敷だと思ってい  調子がこもってい  人、こうは思ってい  そうで見てい  天井から一基下ってい  千切れてい  頬から生血が流れてい  腰に下げてい  狂暴になってい  濶りしてい  あいつの腕が利き過ぎてい  お前か、見てい  神経質に見廻してい  あっしは見てい  腕を持ってい  人相はしてい  旅籠屋が立ってい  眉が下ってい  廊下が通ってい  裏庭になってい  渡り縁で繋がれてい  風致を害してい  充血させてい  膝をつくと、もうおどおどと脅え込んでい  たかえ、肥えてい  ようで、着ふくれてい  寝ずの番だって人間だ、夜っぴて起きてい  四方を取り巻いてい  雨戸がビッシリと閉ざされてい  錆てい  神様が住んでい  行衣を纏ってい  耳まで続いてい  キョトキョト恐れおどついてい  頃往来を走ってい  松吉は走ってい  手並、すっかり見てい  丁字形になってい  二階家が立ってい  顔に見え、おどついてい  茫然坐ってい  単衣が着崩れてい  辺りを歩いてい  芝居小屋が立ってい  郊外に、つく然として坐ってい  大藪が繁ってい  枝葉が靡いてい  前から眼を着けてい  ここ迄辿り着い  見当が外れてい  そっちを見てい  江戸中をほっついてい  私の住んでい  龕を捧げてい  露路に倒れてい  手が届かないと見え、寧ろひっそりと寂れてい  今まで休んでい  何を仰有い  内側へ飛び込んでい  会員に加わってい  大学を探してい  金を盗んでい  街道になってい  森々と生い茂ってい  飛脚が越えてい  林に淋しく射し込んでい  彼は思ってい  そうに呻いてい  飛脚は急いでい  腰にさしてい  中でぐびぐびと動いてい  仰向けに蹲んでい  目釘をしめして待ってい  上へあがってい  手にしたなり休んでい  一時刻ばかりもすると、廻ってい  半身から下を照らしてい  幹に執ついてい  口を開けてい  幹にとりついてい  あたりに横たわってい  蒼黒くなってい  鉄槌で鍛えてい  鉄槌を揮ってい  足を投げだして寝てい  破れでぐるぐると巻いてい  それに化けてい  御馳走だとい  動揺を感ぜずにはい  勤務してい  しわくちゃになってい  紙にしみこんでい  内地にはい  自ら現れてい  贋造紙幣を造ってい  ボンヤリ椅子に腰かけてい  眼を開けて笑ってい  札をこしらえてい  弁解がましい  んだと思いながら、黙ってい  くまなく調べてい  帳尻とが合ってい  帳尻を合わしてい  帳尻の合ってい  屈辱には馴れてい  打合せをしてい  何かに使ってい  彼は、はっきり分ってい  ところがなくて砕けてい  顔で喋ってい  表情とを持ってい  外へ出かけに開いてい  駒を動かしてい  鮮人から贋造紙幣を受取ってい  兵卒が立ってい  営倉に入れられてい  後方に残ってい  札を渡したって云ってい  眼は訴えてい  ものを追おうとしてい  ゃ生きてい  一尺ばかり斬られてい  静かに流れてい  者がなくなってしまったと思ってい  偽札を掴まされてい  ロシア人も、掴まされてい  流れ拡まって行ってい  主任警部が待ってい  はい、出来てい  ように湿ってい  それに見とれてい  秋色をなしてい  人たちが出たり這入ったりしてい  十一月だと云うのにまだ青々としてい  お家によく似てい  せいか、じめじめしてい  杖にすがって歩いてい  中へ流れてい  誰か人がい  水を汲んでい  灯火を入れてい  住居にい  だれがさがってい  少時おがんでい  声高く読んでい  金物を売ってい  肉をたべてい  襟あてをしてい  びっくりして見てい  讃めてい  映画理論はまだ出来てい  気組みは持ってい  割合背反してい  常道になってい  心理をおのずから醸し出してい  左翼とか呼ばれてい  間に、横たわってい  抜け穴を有ってい  メーターは立て直してい  出勤前だとい  広告を見て駆け付けたとい  君がいふならとい  暴露されてゐる、とい  新国劇だとい  方でしたとい  商売ですなとい  ものですなとい  さへあるとい  思つて探してましたのにとい  これがい  家主さんは透かさずい  ものに即してい  独自性に立ってい  独自さとぴったりしてい  同人でい  わたくしはふとってい  風流なすさびと思われてい  ところに引止められてい  唄がひびいてい  私はすっかり忘れ果ててい  私は、忘れてい  透明なうたい口を噛みしめてい  唄を繰りかえしてい  ものが降ってい  白じらしく晴れてい  運命になってい  幾花もむらがってい  ゆと歌ってい  大震災後住みついてい  歌境は、少しも乱れてい  災禍に押しつめられた、苦しい、い  まま忘れるともなしに忘れ去ってい  前に行って、見てい  これが読めたらと思ってい  本なんか無くなってい  いつか中も願って見ようかと思ってい  いつか中とはい  埃を見てくれい  顔さえそうしてい  そんなら、掃いてくれい  五味を取って貰ってい  物を案じい  前に座ってい  ようにいいつづけてい  中にわきい  変革ぐらい知ってい  誤りを犯してい  ただ一日いくら鼻をたらしてい  ところにつながってい  アッピールしてい  中から外を眺めて採りい  骨格をなしてい  もっとめざましく生ま生ましい  悲観的因子をなしてい  天才はめぐまれてい  時代と共に育ってい  過去において真に生きてい  時代に生きてい  自分も来てい  タイプライタアを打ってい  文学新聞に出てい  奴等はなかなかうまく考えてい  十分、まだとり扱われてい  そこまでは行ってい  平田良衛君を知ってい  わきを歩いてい  ソヴェト同盟にい  ところから五十銭だまを握ってい  自ら階級的見地で扱われてい  数年来下十条に住んでい  それと闘ってやっと来てい  範囲には止まってい  私もう、い  電燈会社だかに勤めてい  事務所できい  書記めいてい  街燈はついたがまだすっかり暗くはなってい  今朝七時からお待ちしてい  わたしには分ってい  雨が降り出してい  中に坐ってい  様子をそれとなく見てい  弁当を食い倒されてい  からおとなしく待ってい  二人出てい  六十日もい  音をききつけて、待ちかねてい  国際的見地からはっきり掴んでい  発展せずにはい  のの、のっかってい  誰が、い  ことを語り合ってい  伊勢海老が、まだ生きてい  髭をゆるくうごかしてい  折紙をつけられてい  卑劣と似てい  スローガンになってい  狂奔してい  役者に似てい  くらしには困ってい  皮をむいてい  初段をとってい  何時間でも見せてい  場面や、い  めしつぶは冷え切ってい  厳粛にうなずき、なおも見つづけてい  二十回以上も、まあ、とあきれてい  中に黄色く浮んでい  男爵は、あわててい  女中をしてい  小間使いがい  男爵は、い  返答をして堪えてい  あたし、残らず聞いて知ってい  昔から信じてい  ことなさい  不能者にさせてい  仏頂づらをしてい  おまえなんかに慰めてもらおうとは思ってい  怪我なくてすんだ、とほっとしてい  君がはいってい  トランクひとつさげてい  怜悧に甘えてい  しずかに待ってい  移行してい  植物に似てい  現象と全く似てい  さから、と解してい  親切にもてなしてやらなければいけない、とそう思ってい  気さえしてい  何かを待ってい  ロケーションに来てい  こまかい雨が降ってい  皆さん陽気に騒いでい  顔にあらわしてい  そうに笑って、少し言い澱んでい  結婚しようかと、思ってい  十年まえに呼びつけてい  出現を待ってい  やうなにほひがい  どんどんあるい  ぼくがい  いさみにい  窒息させられてい  状態に耐えられなくなりかけてい  名の出てい  生活とかけはなれてい  いい加減に残されてい  日をどうにか生き延びてい  低迷してい  小説をかいてきてい  純文学作家たちがしてい  問題を押し出して来てい  本質をもってい  意味をふくんでい  それを突いてい  リアリティーをもって描かれてい  意企してい  ビヤホールで、賢くも確りもしてい  中にもただよってい  同人雑誌についてふれてい  読書を奪われてい  土をかけてい  眼のするどい画かきが、ぷんぷん怒って立ってい  挨拶を忘れてい  のをみてい  たくさんがんばってい  喧嘩をきいてい  しかたなくおとなしく聞いてい  ちゃんと前へ立ちふさがってい  術のまだできてい  慌だしい  足駄はい  こんどロシアへい  様子もよく視てい  開業をしてい  真似事をしてい  何遍も書いてい  歴史を書いてい  ことに極まってい  古びが附いてい  コントラストをなしてい  幾ら病人が溜まってい  ゆっくり盆栽を眺めてい  茶をしてい  年々宿根が残ってい  棕櫚が立ってい  当時八犬伝に読み耽ってい  翁が特に愛してい  湯を注いで、暫く待ってい  合せにしてい  ここに存じてい  病院で勤めてい  羽根を衝いてい  年号を見てい  倚り掛かってい  腮を押えてい  暑中休みで帰ってい  なあに、寝てい  皆じっとして据わってい  望診してい  頭にそっくり持ってい  目前に現れてい  約束通りに、遺れられずにい  池で泳いでい  のをむしってい  斜にして据わってい  花房は暫く擦り合せてい  聴診してい  ちょっとそうして待ってい  出入をしてい  匂いを知ってい  株式界にい  額を集めてい  綺麗に分けてい  疵を持ってい  穿めてい  サッキ僕等を出迎えてい  妾が間違ってい  ピストルが這入ってい  司法主任も相当弱ってい  チョット触れてい  訊問してい  四五日前から何だかソワソワしてい  服むらしい  一つも掴んでい  仕事をしていると聞いてい  屍体が着てい  二時頃までピンピンしてい  ジットリと汗ばんでい  二つ貼ってい  先生と思ってい  ステッキを握ってい  真赤にして云ってい  新四谷怪談とか云ってい  裏書きされてい  殺意を持ってい  洞察して、信じ切ってい  血の気がなくなってい  大工道具を担いでい  非常手配がまわってい  ソックリそのまま持ってい  高笑いしい  爪印が済んでい  気分を描きあらわしてい  女優群を断然抜いてい  下を掻いてい  昂奮してい  眼鼻を持ってい  油断してい  涙を拭いてい  妾に惚れてい  事を忘れてい  二階で、向い合ってい  署名してい  荒しまわってい  ところから、そう呼ばれてい  二三町も離れてい  つながり合ってい  後を嗣いでい  免状まで持ってい  街道筋を見渡してい  十手捕縄を預ってい  その頃流行ってい  身を持崩してい  厚顔ましい  皆オジサンオジサンと云って懐いてい  特別に可愛がってい  家に残ってい  昔から睨んでい  厚顔さを憎んでい  カマケてい  生蕃小僧が知ってい  ヤッツケられてい  親子関係になってい  誰も知るまいと思ってい  棒立ちになってい  一生懸命に考えまわしてい  台所で暫くボソボソやってい  人が夜通し寝ないで見てい  相談しましょうと思って待ってい  肩を震わして泣いてい  眼を潤ませてい  事を忘れるともなく忘れてい  愛好してい  活字が重なり合って踊りまわってい  説明を付けてい  トコばかり廻ってい  エラクなり過ぎて恐しい  チョット盗み読みしてい  加減ドンキホーテ扱いにされてい  何かで聞いてい  楽屋裏に隠れてい  全部、いつの間にか閉されてい  さに埋もれてい  場内一パイに冴え返ってい  光景を窺ってい  冷然と聞いてい  蠱惑しい  あっしが思ってい  あざみ笑いをしい  凝固してしまってい  もどきとも附属芸ともい  七八年居、い  其那とこに居い  たくさん買ってい  何というかきい  紹介してい  胸についてい  上にのッけてい  死に場所を探してい  明日、死のう、と思ってい  運が、わりい  もの、ザラザラしてい  さをもってい  街で遊んでい  街に落ちてい  リボンがついてい  風やい  ダンスをしてい  のを買ってい  娘にい  はつてくれたが、い  ミヂンもなく、い  本人は案外い  えりなさい  ひとり稽古をやってい  のを取り出して鳴らしてい  まねをしてい  たかそれも覚えてい  反響に聞き入ってい  聴衆は待ち兼ねてい  演奏してい  予備知識はもってい  のはあまりにぶしつけだと思って控えてい  顔が浮かんでい  たかほとんど全く覚えてい  あんたはん、お見い  ふくろふらしい  一番温和しい  梟がい  底にまっくろに突き出てい  星座にすかし出されて見えてい  ゴホゴホ唱えてい  ふくろうが、じっととまってだまってい  方で鳴ってい  勢も増し、ただい  梟がとまってい  まねをしたりしてい  それから何か云ってい  お父さんのとならんでい  ように、じっとおとなしくしてい  上の空で聞いてい  頭だけはじっと垂れてい  斯うしてい  プリプリしてい  眼から落ちてい  お母さんはしくしくしくしく泣いてい  下に落してい  ように黒くて光ってい  ばたばたばたばた云ってい  眼を瞑ってい  上をあるいてい  紐を引き裂こうとしてい  穂吉さんは、けれども泣いちゃい  私はのぞいてい  首を垂れてだまって聴いてい  ゴホゴホ咳嗽をしてい  処を吹いてい  ように、少しゆれたり明るくなったり暗くなったりしてい  穂吉が来てい  巣がつくられてい  中に落ちてひいひい泣いてい  ぼんやり夢のように聞いてい  三人まっすぐに立ってい  瓔珞をかけてい  合掌して立ってい  俄に何とも云えないいい  息がなくなってい  苦笑もて、ゆるしてい  鼠がい  忠告は、まちがってい  めぐりあるい  事情は、ちがってい  ころから、芽ばえてい  名前知ってい  のを、ほめてい  仕合せね、とうらやんでい  鞘におさめてい  雑誌読んでい  ソファのかげにい  言葉、わすれてい  兄に恋してい  行為と考えてい  ひとりで微笑んでい  食事してい  気をつけてお呉れ、い  全廃してい  可哀そうに思ってい  師走にい  まんま、めそめそ泣いてい  中天に懸てい  開てい  付てい  一枚開かってい  仕事を急いでい  私は宜い  口から言い悪くい  姉大概解かってい  不自由なく暮らしてい  読書をも勉めてい  一所に暮してい  糊口を立ててい  手でやってい  局に通ってい  置てい  のは薄々知ってい  見た目は湿んでい  姉の来てい  方が宜い  初めから気が付いてい  裏になってい  手際が見てい  一寸と立てみてい  焼てい  何んでも宜い  うそがさえずってい  きれいだといってい  田舎がいいといってい  しかられなくて、よっぽどいいといってい  お兄さんは、考えてい  ぴょんぴょんとおどらせてい  口もとを見つめてい  内心びくびくしてい  ことをだまってい  静かでのんびりしてい  ーんとしてい  眼を細くしてじっとしてい  ジャレてい  ぼんやり往来を眺めながら立ってい  土塀は大方崩れかかってい  廻りがずっと空いてい  本堂は随分古びてい  日が当ってい  一緒に転んだり、追い駆け廻したりしてい  癖森君はニヤニヤ笑ってい  外に食み出してい  坊さんが立ってい  のかよく分らなかったので黙ってい  鉄鎚で叩いてい  坊さんが来ないか見てい  ものを掴んでい  手に握ってい  贋紙幣を拵えてい  傍に転げてい  線を引いて盗んでい  名を出すまいと、どんなに調べられても黙ってい  來て貰えばい  何んでもい  主人にい  なつてどうすればい  由達には住みい  關係であつてい  今日一日でい  ことにしてもい  ゲエとい  経験から執筆をひかえてい  明言してい  巻頭言などを書いてい  影響をおこしてい  ことときっちり結びついてい  潮流に合してい  関連してい  注意をよびさまされてきてい  注目してい  前年度において示してい  血によごれてい  萌芽をもってい  通りませい  言ふわい  生命を取られい  盻に見てい  里へも帰さぬとい  人間でさい  殆ど可い  術中に陥らうとは、い  一人景色を見い  男をい  むざとしては却つて冥罰が恐しい  概括してい  良心的に行われてい  正直にも行われてい  非常に嫌ってい  直接影響してきてい  ヒューマニズムを求めてい  民主的文学を求めてい  中心でこしらえてい  出版社をこしらえてい  現象を持ってい  闇におしつぶされかけてい  実状に陥ってい  下でやろうとしてい  カムバックしたといわれてい  新人がい  尊敬もしてい  十分にやられてい  やぼに苦しんだりしてい  本を閉じた、と書いてい  文学的人間的感動をもってい  ように禁じられてい  良心に立って書いたと思ってい  ことが行われてい  錯雑してい  作品を示してい  確立がされてい  力説してい  人間的能力をもってい  可能を与えてい  間沈黙してい  作品を作ってい  試みがされてい  四回しか出てい  身がまえがくずれてしまってい  羞恥論をやってい  敏感に生きてい  中心的に扱ってい  親から聞かされてい  二回に語られてい  記録として語ってい  ことなどを聞いてい  少年によってつくられてい  腹にすわってい  本質がつかまえられきってい  態度を示してい  能力が育てられてい  覚醒してい  ところにのこってい  思いもいいもしてい  しんから会得してい  経歴をもってきてい  関心をもたなければい  客観的叙述にかけてい  存続してい  偏執的にも扱ってい  学生運動を貫いてい  本質をつかんで描いてい  さとして描き出してい  リアリティーとしてもちこんできてい  全然欠けてい  内に向ってい  過剰物がついてい  形象性をもってい  四冊しか出てい  新日本文学会に集ってい  迷惑してい  角度から扱ってい  個人的押し出しが匂ってい  確立させてい  主張から拡大されてい  線を示してい  心持が示されてい  一つも示されてい  基調となってい  語彙をうけついでい  さをいってい  幼稚さももってい  苦労を知ってい  上にくっきり出てきてもい  気品を生じてい  ところから流れはじめてきてい  研究をあまりしてきてい  論文がのってい  実感でわかってい  気に残ってい  研究して落つい  今日まで来てい  論文をかいてい  たしかについてい  選が行われてい  逼迫してい  本に書かれてい  申上げてい  隅できいてい  変化を心得てい  時宜に適してい  殴り合いが起ってい  人だかりができてい  殴り合いは終ってい  オンブしてい  フランしてい  話にはきいてい  名前を心得てい  もっと強く働いてい  本屋にでてい  的をついてい  命中してい  身代もつぶしたくないにきまってい  屈従主義とに甘んじてい  域に入ってい  ことを怠ってい  選挙されてい  政見を持ってい  意見に富んでい  口実としてい  椅子を離れずにい  俯向いて立ったりしてい  前借で行ってい  腹をこしらえてい  下旬にはいってい  中に吐き撒かれてい  改札口前をぶらぶらしてい  小僧はこう言ったが、いかにもそわそわしてい  出札口前をうろうろしてい  窓から顔を出してい  空席を捜し迷うて駈け歩いてい  窓外を眺めてい  四五日逗留してい  種となってい  学校でも出てい  稽古でもしてい  ばかを晒してい  堀返されてい  会話を交わしてい  断えてい  蔭になってい  空家が、ちょこなんと建ってい  畠になってい  林檎畠に拓かれてい  惣治から送られてい  小遣いを儲けてい  悪遊びばかししてい  ものを聴いてい  ほかあるまいと諦めてい  思いかで、籠ってい  そこらじゅうに出てい  雪はほとんど消えてい  ことを言ってすましてい  惨めに生きてい  妄想に耽ってい  茅を差してい  憫笑してい  ものとして映ってい  念を抱いてい  継母だと思ってい  家族関係で揉まれてい  悧巧になってい  一生亭主と離れてい  空足掻きを続けてい  ぞろぞろ通り過ぎてい  気持を考え浮べなどしてい  叔父さんさえそう言ってい  桐箱にはいってい  名は聞いてい  ものやら持ってきて、較べてみてい  毎日帳場に坐ってい  前にもきちんと坐ってい  本でも読んでい  編輯室になってい  顔つきを、見なおさずにはい  装飾ができかかってい  首を傾げてい  ことをして生きてい  彼等は遊んでい  五十銭でもい  それが分ってい  それがまだ分ってい  まり関係してい  元帥になろうとしてい  上にそびえてい  頭をひしゃい  前に使ってい  ものだが、ひびきも入ってい  上でひねってい  原因してい  緒が残ってい  のに買わい  自分が使ってい  独楽をいじくってい  周囲を廻ってい  角力を見に行ってい  独楽を廻してい  眼球に映ってい  羽をならしてとんでい  作に優るとも劣ってい  素因は、い  無規律性交の行われてい  女性支配を齎してい  伝統に持ってい  しか残存してい  波動を伝えてい  色合いの深いつづれ織りを成してい  前提で成り立ってい  単位として行われてい  一まとまりになってい  研究者によって訳されてい  体制もできてい  期待も持ってい  日本語訳が出てい  刊行されてい  本にもなってい  ころ、考えてい  雑誌作りに携わってい  後ろ髪を引かれてい  専門家がい  熱がみなぎってい  専門家のい  市場が生まれてい  中で、考えてい  編集部から求められてい  算段が付いてい  中学から高校にかけてつかまってい  事情もかかわってい  必要ないと感じてい  区別して受けとめてい  体験を語ってい  光を当てないでい  ものも残ってい  作文にあてられてい  ことだけは、はっきり覚えてい  声が上がってい  懸命に試みてい  配慮を欠いてい  ために求めてい  さかんに試みられてい  向上に携わってい  実父を亡くしてい  努力が続けられてい  工夫が始まってい  会社で使われてい  世界中で使われてい  需要を満たしてい  中でつかみ取ってい  開発されてい  販売されてい  特許を取り直してい  退職してい  売り込みをはかろうと考えてい  民間にも通じてい  証言を書き留めてい  在籍してい  五十円ほどもしてい  歌から離れてい  なにを感じてい  姿を恥じてい  テーマとして組み込まれてい  実践してい  ままとなってい  社会科を教えてい  生活綴方運動に携わってい  形式にとまどってい  印象を持ってい  がんじがらめに縛り付けてい  力があふれてい  文集とは、通じ合ってい  転覆を免れようとしてい  ビラを書いてい  本に取り組んでい  作用を備えてい  微妙に揺れてい  我々は感じとってい  知恵も与ってい  作業もすませてい  ノートを作ってい  ここには入ってい  無意識に行ってい  固定して、あっけらかんと信じ切ってい  形と結び付いてい  小さなスクリーンが付いてい  結びつきは入ってい  活字を使ってい  電子本ができあがってい  絶版となってい  イラスト版なども出てい  シリーズがそろってい  目的地別には、分かれてい  ディスプレイが付いてい  百個ものキーがぎっしり並んでい  気が咎めてい  採用されてい  機能も備えてい  理由を挙げてい  イメージしてい  電卓程度におさまってい  小型化されてい  電子本化されてい  制作にあたってい  主張が込められてい  比率は、かなり違ってい  らてい  しょっちゅう紹介されてい  ものとは大きく異なってい  一二〇〇字程度が見えてい  しょっちゅう視線をずらしてい  プリンターが付いてい  液晶が使われてい  プロジェクトに携わってい  彼らは感じてい  機能がもともと備わってい  のではないかと受けとめてい  そのものにあると感じてい  しおりが入ってい  手が届きかけてい  四冊がおさめられてい  百万ページ分が入ると書いてい  台無しにしてい  広告が載ってい  紙に勝ってい  流れもはっきりと見えてい  背中あたりに収まってい  スペースを食ってい  頁をめくって引いてい  頃から持ってい  確認してい  上に移し替えられてい  冊子に詰め込んでい  機械で書いてい  まま使ってい  マシンで引いてい  十四万九千三百五十円についてい  人間もい  近くで繰り返し使ってい  プリプレスと呼んでい  判断は付いてい  力不足と考えてい  仕掛けが組み込まれてい  開発にあたってい  開発に携わってい  開発に取り組んでい  方針は固まってい  候補から外してい  追い込みにかかってい  限定的に位置づけてい  ものとは考えてい  編集作業に関わってい  DTPが広がってい  試みも始まってい  雑誌が、生まれてい  作業が進められてい  レポートしようと狙ってい  隅に引っかかってい  掲載されてい  意義が位置づけられてい  私のつけてい  下請けで働いてい  編集者よりはよほどなじんでい  プリプレスに関わってい  パーソナルコンピューターでも広く行われてい  ディスプレイ・ポストスクリプトも作られてい  私が感じてい  明らかに繋がってい  冊子に縛り付けられてい  富田さんが書いてい  機能も付け加えられてい  注釈機能にも活かされてい  本など読んでい  日で片づけてい  手を染めてい  得意になって続けてい  病気に付き合ってい  これを使いだしてい  期待はずれに終わってい  私がかかってい  医師から告げられてい  表現力を欠いてい  私は書き残してい  二度近く跳ね上がってい  四十度まできてい  構造が、すでに知られてい  関連して使われてい  唯一書き続けてい  一番恐れてい  ように向き合ってい  録画してくれてい  出版に向けてい  本に関わってい  会場を飛び回ってい  下書きを残してい  私はそれでも見ておきたいと思ってい  休日にあたってい  ようにめまぐるしく動いてい  潜水服を着込んで漂ってい  電話を入れてい  空襲まで残ってい  気丈に向き合ってい  実家が移ってい  血筋を色濃く残してい  ドキュメンタリー映画を実際に作ってい  助監督になってい  メガフォンをとってい  中には育ってい  鍵を握ると考えてい  コンサルタントとして雇われてい  ゼロックスを去ってい  心が止まってい  啖呵を切ってい  出版企画に取り組んでい  身体を抱えて考えてい  私は強く強く願ってい  力はもう、残されてい  新製品発表会に出かけてい  たくさん記事を書いてい  警戒はしてい  出来事を取り上げてい  疲れが残らないですむと、いちいちほっとしてい  ように感じてい  関与してい  心に開けてい  五十枚程度と考えてい  証拠が残ってい  二つのイメージがぶつかってい  のだとは気づいてい  心のあらかたを占めてい  私はただ、そんなふうに感じてい  アジテーションを行ってい  大切なことが消えずに残されてい  から私が組み立て直してい  課題に向き合ってい  拡張もほどこされてい  発売しようと考えてい  懸念が広がってい  謳歌してい  五百人もい  知り合いがいじってい  ように作られてい  世界に遊んでい  下宿でいじってい  当時最先端とされてい  二年半で離れてい  転換を果たそうとしてい  先取りしてい  容量を備えてい  決定的に異なってい  深刻な問いかけをはらんでい  組み合わせからなってい  レーザーディスクは、使われてい  から期待されてい  柱が掲げられてい  挑戦したいと考えてい  想定してい  洗練を欠いてい  仕組みが盛り込まれてい  制作ツールに向けると、はっきり絞ってい  モニターに浮かんでい  マック上で書かれてい  一年が過ぎようとしてい  本は終わりまでいっていると教えてくれなかったら、まだ書いてい  紹介されてい  虜になってい  中心に置いた物語りは終わりに近づいていましたが、触れてい  雑誌を起こしてい  決定稿が仕上がってい  文字だけを扱ってい  フロッピーディスクにはとてもおさまらなくなってい  たくさん組み込まれてい  反省点ばかりが残ってい  動画が占めてい  会場に出払ってい  報告が上がってい  喜びで満たされてい  原稿に取り組んでい  一人ぽっちで閉じこもってい  中で会ってい  リハビリテーションを進めてい  五年近くがたってい  間違いなく映ってい  活動にも乗り出してい  五十七に増えてい  続編を出してい  目から描かれてい  以前雑誌に載せてい  出品してい  連載中から楽しみにしてい  エキスパンドブックがそろってい  準備を進めてい  サロンが設けられてい  可能性を見通してい  マシンはもってい  シャープの出してい  会社に転がってい  試算が出てい  ペルシャ湾沖にかかってい  休職扱いにしてもらってい  フロッピーディスクに入ってい  どんどん広がってい  話題にしてい  アンチテーゼだと思ってい  出版社に任せてい  胸にも宿ってい  原稿にまとめてい  軌道に乗ってい  目覚めにも、いち早く気づいてい  資金難にあえいでい  仲間が加わってい  冊子も出してい  手仕事で貫かれてい  事務局からメールが届いてい  以前チェックしてい  千を越えてい  望遠鏡が集まってい  近況報告に添えてい  縁がなくはないと知れてもい  項目も加えてい  後回しにしてい  仕事に取りかかってい  ため、少し書き始めてい  動きには、かなりい  規模で溢れかえってい  当時取りかかってい  放映されてい  たくさんフィルムに収めてい  映画には盛り込まれてい  秘密扱いとなってい  時間を切りわけてい  リンクが伸びてい  確認できてい  作業してい  返事が届いてい  質も際だってい  反応してい  たくさん公開されてい  そのまま掲載されてい  エキスパンドブックは欠いてい  解答を寄せようとしてい  表示されてい  直前まで開かれてい  注文を浴びせてい  整理して考えてい  操作できるなら、こんなまどろっこしい  道具に仕立てられてい  電子辞書にも勝ってい  きりとなってい  前から現実のものになってい  フルに使われてい  普通に計算させてい  ネットワークに連なってい  三百五十冊にとどまってい  生き残りを図ろうと考えてい  きた知恵が溢れてい  根に抱え込んでい  留保条件は付いてい  道筋を見逃してい  目を向けてい  目標に据えてい  丹念に浮かび上がらせてい  それぞれ住所を持ってい  全文が載ってい  出展してい  活用されてい  手段として使ってい  リンクを張ってい  採用してい  十年以上がたってい  サーフィンを続けてい  言葉で締めくくってい  スタイルにしがみついてい  今、そう考えてい  攻勢をかけてい  アクロバットと名付けられてい  今、大きく花開こうとしてい  ページを作ったとしか考えてい  エキスパンドブックが持ってい  可能性を秘めてい  すべて与えられてい  姿はすでに見えてい  私はつねづね思ってい  何かがいるとも感じてい  目をそらしてい  寄り道を繰り返してい  淵にはまりこんでい  グーテンベルク博物館目指して歩いてい  ヴァカンスにあたってい  広場を埋め尽くしてい  笑顔を振りまいてい  ソーセージが並んでい  ドライフラワーも売ってい  徹頭徹尾真似てい  記憶されてい  二段組に仕立てられてい  模様で飾られてい  形式に従ってい  手書きに委ねられてい  これ努めてい  特別室におさめられてい  日課とされてい  櫃におさめられてい  畢昇によってすでに試みられてい  技術が生まれてい  前漢から使われてい  印刷術は、すでにくすぶり出してい  圧力がかかり始めてい  際に用いられてい  そのまま真似てい  分析してい  一般的に使われてい  手写本にならってい  忠実に沿ってい  否定してこう結論づけてい  手本としてい  中でも、際だってい  研究にあたってい  貢献を成してい  手写本が備えてい  愛着を覚えてい  手写本に対しても生じてい  構造物と分かちがたく結び付いてい  コンピューターを持ち込もうとしてい  願いが潜んでい  帰還船を待ってい  今、信じてい  顔をのぞかせてい  話は残ってい  あそこから最後まで続いてい  スタジオでとってい  話題に詳しく触れてい  特権を許してい  迷信を持ってい  方法であるとさえ信じてい  魔術的暗示を受けてい  自分たちをい  考えを持ってい  物などはいってい  始めから持ってい  必要とはしてい  クロポトキンが属してい  属せずにい  本質を疑わずにはい  国が向きあってい  海岸線をもってい  距たってい  イネ帝国といってい  増長させてい  ひらひらとはためいてい  お前はきょうこうしてぬけぬけと遊んでい  以前からアカグマ国に通じてい  セルロイド紙とをもって、うつくしく飾られてい  ように、はしゃいでい  友として、小さくなってい  抗議を発しないでい  舞台面に見入ってい  俳優が演じてい  昂奮しきってい  居眠りを始めてい  ところを夢みてい  日は暮れてい  身体をこまかく震わせてい  女の子が立ってい  飛魚はい  眼を閉じて考えてい  両足に履いてい  八十キロと称せられてい  想像もしてい  見えない敵を睨んでい  中で起き上ろうとしてい  上に、まだ転がってい  累々と転がってい  巨体を横たえてい  ように、赤く光ってい  変になってい  たくさん沈没してい  カモシカ中尉にも、おそらく分っちゃい  電波がとまってい  お喋りをしてい  故障になってい  完備してい  ここに集まってい  面積を占めてい  写真も、しきりに動いてい  ものがうつってい  明かにされてい  昼間とまったく違わないほど明るく見えてい  無線電話装置も持ってい  軍事年鑑にも出てい  身体をくねらせてい  只一人居間にい  階段に生えてい  前に並んでい  血の通ってい  前に睨んでい  無電をきいてい  遠方で聞いてい  空軍研究所長についてい  特に信頼をおいてい  こっちへ送らせてい  期待がかけられてい  海に向って開いてい  建造されてい  手柄をたてようとして、たいへん焦りぬいてい  凹凸になってい  まま、ぶらぶらしてい  ピカピカに光ってい  全部死んでい  わしは、じっとしてい  中に入れても痛くないほど、可愛がってい  注意申上げてい  心配しないでい  姿をもってい  切りはなしてい  観戦してい  只一人もい  損害も与えてい  機体から跳ねかえされてい  報告に接してい  皆、なってい  待ち佗てい  機械を組立ててい  艦が積んでい  ところまで迫ってい  再起をはかってい  人造人間に換えられてい  イネ建国軍に知られてい  役をしてい  君たち二人はい  河合も知ってい  修理はすんでい  出発を見ようというので大さわぎをしてい  ライトがついてい  ライトをつけてい  五分しか残ってい  前に集まってい  えんこしてい  さにやっとたえてい  でこぼこしてい  いつまでも続いてい  ネッドがいってい  インディアンがい  車に乗って走ってい  方々が裂けていたり凹んでい  スピードを出してい  青草がしげってい  天に向けてい  それに乗ってい  先に投げ出されてい  ネッドは死んでい  何かでひどく引裂いてい  広告文を覚えてい  ものを被ってい  疲れた色を見せてい  ところから見物してい  河合が立ってい  髪が禿げてい  大空をのぞいてい  まわりに集ってい  中でなにかぶつぶついってい  出発はい  山師だ、なんていってい  今に見てい  地上にうちたおされてい  ように崩して笑い続けてい  コーヒーを啜ってい  将来はこうなると知ってい  頃たいへん悩んでい  塔になってい  旗がひるがえってい  学会雑誌に出てい  注意されてい  人間のい  仕事を持ってい  ラジオ受信機が働いてい  状態となってい  まま停車してい  車はこうして、じっとしていたが、じっとしてい  転々として転げまわり、そしてはははは、ひひひひと笑い転げてい  塔をなしてい  九度は傾いてい  塔を見てい  影響はまだよく分ってい  ために、い  本館にさえい  本館に停まってい  本館に停ってい  何日も残ってい  表情を見てい  目にあう気づかい  それだけがい  部屋とはちがってい  耳をすませてい  地中にかくれてい  僕たちの住んでい  彼はたいへん疲れ切ってい  たしかにベルがけたたましく鳴ってい  者だと感づいてい  割合平気でい  おまわりさんがい  ひとりで働いてい  飛行機に乗ってみたいと思ってい  危険が迫ってい  信念をもってい  色が出てい  十数名しか乗組んでい  老人が交ってい  沸してい  立ちん坊をしてい  危険速度まであがってい  ことをよろこんでい  地球が輝いてい  あと二日でい  視界を遮ってい  ことが起るかと待ちかまえてい  花のようにならんでい  星がうつってい  ものもうつってい  舵輪とが入ってい  宇宙塵はまだうつってい  もっと一杯、引いてい  彼を護ってい  いっしょに振り廻されてい  身体を巻いてい  針路を定めてい  いま調べてい  ここも、たいへん壊れてい  博士はしばらく黙ってい  仲間が集ってい  山木もい  張もい  足をひいてい  油ですっかり汚れ切ってい  無事進空を続けてい  弾力はまだ残ってい  もっと稀薄であろうといわれてい  十分に行われてい  四方を見張ってい  密林とがうつってい  二つついてい  耳がついてい  三本だか生えてい  気の毒なくらい痩せてい  たくさん集結してい  一生けんめいに見てい  楽天家で、羨しい  度を加えてい  包囲されてい  あいかわらずはっきりと見えてい  おかしいほどはっきりとうつってい  宇宙艇をすっかり包んでい  皆おどろいてい  何にも食べないで生きてい  後に引張ってい  四五階になってい  鈴なりになってい  宇宙艇を包んでい  尻尾を垂らしてい  三少年が立ってい  顔色はすっかり変ってい  車体をしらべてい  一番しょげてい  電蓄がこわれてい  それからふりあげられてい  曲が響きはじめると、ざわついてい  君たちは踊ってい  ように硬くなってい  ものを巻いてい  火星へついたばかりであわててい  存在を知ってい  ちがいないと考えまして、早くおちかづきになりたいと思ってい  武器も持ってい  となりにい  それさえ分ってい  水晶をなでてて、占ってい  声高にどなってい  さっきから黙ってい  地球人だと思ってい  宇宙艇に残ってい  用意もできてい  火星にはすんでい  子どもが交ってい  博士の考えてい  附近までかかってい  風を黙然と聴いてい  董相国にも愛され、重く用いられていたと聞いてい  曹操を愛してい  態を見てい  私の求めてい  東郡に住まってい  人相書が廻ってい  料理しようとしてい  闇へ向って、急ごうとしてい  猪を求めてきて、もてなそうとしてい  掌を合わせてい  此処で待ってい  心を解きかねて、怪しみながら待ってい  悔いを噛まずにい  彼がたずさえてい  顔に、呻いてばかりい  都へ行っていたと聞いてい  わしも嘆いてい  成行きを眺めてい  ごらんに入れるから見てい  不敵をきわめてい  時を得てい  充実にかかってい  形勢を見てい  泰然とかまえてい  中央から惑星視されてい  我々が待ってい  密詔をうけていても、い  蛟龍がい  通過を待ちうけてい  県令をやってい  南下してい  丞相府は、なんとなく、色めき立ってい  心ありげに、いななきぬいてい  境をたたいてい  温水をたたえて捧げてい  山分けするので騒いでい  ように、忘れ果ててい  将がつめあってい  緊張を呈してい  鮑信が備えてい  敵をよろこばせてい  激戦は、もう始まってい  歌をよく謡ってい  輸送が絶えてい  馬も痩せてい  煌として冴えてい  木かげに潜ってい  辺りを見まわしてい  息をこらして潜んでい  作戦会議をこらしてい  萎縮してい  義軍を率いてい  前になるので、とんと見忘れてい  侍立してい  杯をもつと、ぐびぐび飲んでい  腰をすえてい  大将一人持ってい  馬弓手をやってい  面だましい  空を見まもってい  そばに付いてい  府内にい  一陣を擁して、控えてい  備えをながめてい  味方を制しながら、落着き払ってい  群れへまぎれこんでい  嘆じてい  陣をひらいて見とれてい  顔色を呈してい  これを眺めてい  内にひそめてい  動揺めかせてい  事情を語ろうと思ってい  申し訳なく思ってい  ところ意気銷沈してい  戦意は、さっぱり振い  ことなど按じてい  おのれ、まだい  待ちうけてい  光が跳ねおどってい  命をうけてい  方面へ出て働いてい  長安へ飛び去ってい  不審を抱いてい  山中へひいて潜んでい  昂げてい  鼠になってい  者を見ながら、なお戦ってい  所から眺めてい  危地に墜ちてい  うちに味わってい  道を捜してい  狂奔をつづけてい  徒歩立ちで隠れてい  たかに踏まれてい  辺りをさまよってい  ことを仰っしゃい  江に接してい  いつか夜は白みかけてい  影を揉みに揉んでい  陣地を布いてい  美観に見とれてい  岸へ這いついてい  今は恐れてい  行方をさがし歩いてい  歓びをあげてい  自害してい  希望は、決して失われてい  消火に努めてい  夕風に揺れてい  逍遥してい  星天を仰ぎ、じっと黙思してい  光群をかすめてい  さっきから見てい  物が添ってい  死体をながめてい  驚きに輝きだしてい  宝としてい  孫堅についてい  姿をくらましてい  秘密を知ってい  本国へさして逃げ帰ってい  一舟中に生き残ってい  節約を計ってい  見栄を張ってい  機会をうかがってい  木陰に待ちかまえてい  袁紹、い  幕下にい  道に満ち散ってい  瞑目して、考えこんでい  強請がましい  兄弟不和となってい  ほうから仰いでい  太湖に臨んでい  戦争にゆくらしい  完璧を期してい  一波紋が起ってい  二人が生れてい  にがりきってい  わしも見込んでい  訣別を告げてい  城中にい  母が聞いたら、必ず止めるであろうと、あらかじめ察してい  堅陣を布いてい  兵船をもって、一気に攻めかかってい  手具脛ひいて待ってい  兵は乗ってい  声ばかりあげてい  眸を焦い  従者の持ってい  妹をひどく愛してい  退屈を兆してい  予感にとらわれてい  気にもかけてい  城は、頑としてい  血にまみれてい  岩石を積みかさねて、待ちかまえてい  口々に罵ってい  上からうかがってい  下からわずかに出てい  内に残ってい  兵船をそろえてい  数にのぼってい  黙考してい  独り長嘆してい  太政太師と称してい  父とも号してい  春に酔ってい  神経をとがらしてい  董卓は、うなずいてい  歎息ばかり洩らしてい  市に売られてい  恩を知ってい  なにを仰っしゃい  なんで泣いてい  のをなだめてい  言々を聞き入ってい  ことを察してい  大官が、そんなに愛してい  眸を向けてい  恍惚とながめてい  離たずにい  うつ向いてばかりい  近頃、歓ばしい  善美をこらしてい  新たに起ろうとしてい  袖をひるがえして舞ってい  ことに、澄みかがやいてい  董卓は、うめいてい  羞恥ってい  胸がせまって、長くい  万死に値するが、どうかゆるしてくれい  うえにじっとしてい  昼を啼きぬいてい  閣を見まもってい  偸み見してい  胸も分ってい  牀に横たえてい  ように見つめてい  焔になってい  想いを語ってい  笑いさえうかべて聞いてい  顔を見せてくれい  階下に立ってい  内門に立ってい  煩悩にとらわれてい  昼を見入ってい  貂蝉を想ってい  鳳儀亭で待ってい  身を移してい  貂蝉を待ってい  香いにむれてい  身かを疑ってい  顔をあててい  心に秘めてい  前と変らず持ってい  胸に、とめどなく悶えて泣いてい  英雄と聞いてい  いつまでも、こうしてい  猜疑に燃えてい  曲欄にかがみこんで、泣きぬれてい  先へ逃げてい  首を見せい  興ありげにさわいでい  会と伝えてい  首を垂れて聞いてい  いるか、およそ察してい  胸を傷めてい  独りしくしく泣いてい  敬まってい  時というと、ひそひそ話してい  空をながめてい  草の如く伏してい  容貌をしてい  呂布が立ってい  たしかに血走ってい  忿怒にうな垂れてい  がちにきまってい  失礼ながら慕ってい  非難を怖れてい  義理に縛られてい  独りほくそ笑んでい  気性も分ってい  董卓に仕えてい  以前目をかけてい  唖然としてい  董卓と戦ってい  剣を握りしめてい  董卓を討たんとうかがってい  恨みとしてい  陽に透けて光ってい  ようにゆっくりと歩いてい  風呂敷包みを、ぶらんぶらんさせて歩いてい  散歩を続けてい  正体がハッキリしてい  夏には青々としてい  やっこしい  ギョロギョロと動かしてい  ところに、迷いこんでしまってい  話になってい  声は、少し嗄れてい  先に立ってすたすたと歩き出してい  農家が、ぽつんと建ってい  初め中年と思ってい  ものばかり見つけてい  向日葵だとばかり思ってい  話をされてい  ことは少しも聞いてい  信用しないに決ってい  細胞から出来てい  一寸顔をしかめてい  いつか膝をのり出してい  面映そうに見守ってい  火星がいつもよりも一際輝き増しかかってい  花に見入ってい  横顔を打ってい  けが、途切れ途切れにひびいてい  欣ばしい  衰運は、著るしい  悪政が続いたが、その著るしい  左右した著るしい  出発点とい  点にい  それはかなり疑はしい  愧死してもい  姿を見つけてい  動機をも見つけてい  如来を見上げてい  賤しい  時と変ってい  言葉にい  あすこで見かけるって云ってい  嘱託をしてい  夢をいだいてい  感受性を持ってい  団結力をもってい  開放力をもってい  不平ばかり言ってい  賭場へ通ってい  たいがい碁会所へ来てい  熱中して打ってい  遠慮深くはさまってい  それから三年すぎてい  退却させられてい  先生がお用いになってい  額をよせ集めてヒソヒソ話してい  君ちゃんは、もう、い  お客もい  女装については、知っちゃい  何か打ち合せてい  私も大いに酔ってい  片隅で打ち合せをしてい  目がすわってい  マゴコロがこもってい  家を立ち去ってい  気持がすくんでい  風呂がわいてい  子供もい  日月、こう思いこんでい  名があがってい  流しになってい  密着してい  皮膜でおおわれてい  解釈は与えられてい  解決したと考えられてい  ほう茫と押し拡がってい  海に切り折れてい  闇を見つめてい  ものが蠢いてい  蒼鉛一味に染め出されてい  顔をして押し黙ってい  向う側に立ち並んでい  咳をしつづけてい  形を作ってい  眼鼻立ちをしてい  横へ捻じ向けてい  泛んでい  円みをおびてい  笑いが湛えられてい  顔を持ってい  黙祷を凝らしてい  慨きになってい  奥に潜んでい  準備を整えてい  いつのまにやら、燃えてい  ために、しばらくむせび泣きしてい  航程を終ろうとしてい  仏蘭西船にい  かたわらにい  火箭を打ち上げてい  操舵してい  限りを尽されてい  遭難にふれてい  希望を繋いでい  員数どおり揃ってい  なぶるように揺すってい  曝らしてい  跛を引いてい  生存を続けてい  一九一八年から始まってい  惑乱を感じてい  静かに揺れてい  一つ作られてい  区画に分れてい  光が漲ってい  限りなく漂ってい  間に打ち倒れてい  錆色に照りつけられてい  聴取は終ってい  特質を具えてい  鍵で閉されてい  扉がまだ開かれてい  落着きすましてい  ものに見せてい  死後十時間近く経過してい  血栓がこびりついてい  卍に似てい  釦を外してい  全身に発してい  一面に飛散ってい  当時四人が占めてい  犬射さんは立ち上がってうろうろしてい  皺を狭めて考えてい  指差してい  伸子がい  形は、絶えず嘲るかのごとくびくびく蠢いてい  蠕動してい  萎え細ってい  皮膚色をしてい  ことを聴かせてい  戦女もい  姫君が住んでい  勇士がい  宣言してい  猪にさいなまれてい  それを嗅いでい  不審げに眺めてい  驀進してい  団子一つ浮いちゃい  玩味してい  五時を過ぎてい  影が拡がってい  縞をなしてい  俯向きながら歩いてい  二枚しか残ってい  私には見えずにい  分離してい  懼れられてい  防堤にまで、来てい  顔をみつめてい  気息いてい  海景を眺め暮してい  姿も知られてい  波頭を彩ってい  一面に覆われてい  油絵が掲げられてい  画像をしばらく見詰めてい  光靄が漂ってい  素通りしてくれると思ってい  艇長が属してい  倶楽部にい  魚油が灯されてい  喪服を着てい  鎖ざしてい  窓も鎖されてい  中に記されてい  十七年間機会を狙ってい  追従しきってい  隠れ衣がい  力を具えてい  ジーグフリードのい  法水を恨まずにはい  今朝がたまで続いてい  獅噛みついてい  望みに耽ってい  のを証拠立ててい  何か喋ってい  昔トリエステで消え失せてい  燃え屑が握られてい  それはとうに外されてい  ように、まったく死んだと信じられてい  移動が記されてい  ように冷たくなってい  顔を見合わせて黙ってい  上に取り戻してい  左右に動かしてい  おり夫人がい  挫いてい  明瞭と覚えてい  いっしょに過させてい  運動が現われてい  物音さえあればと待ち構えてい  呼吸もなく、長々と横たわってい  窒息してい  名で怖れられてい  朗読を聴き入ってい  不審を覚えずにはい  何よりも、怖れてい  私が覆うてい  エッセン男爵、もう宜い  水銀が飛び散ってい  陸に揚げられてい  陽炎を立ててい  斑点が浮上がってい  方だけ少し離れてい  ここに隠れてい  脱け出てい  ものが、揺れてい  蕾が開かずにい  艇長に向けてい  アマリリスを買っては、取り換えてい  中に投げ入れてい  一面に咲き乱れてい  卒業実験をしてい  ようにと勧められてい  一つ含まれてい  興味を惹いてい  実験を手伝ってい  鉄ははいってい  ベリヒテに出てい  素養も持ち合せてい  兵隊を仕込んでい  常時なされてい  頭は進んでい  基盤となってい  衰弱ぶりを示してい  それが当然にきまってい  奴はなってい  小さんの生きてい  現代には生きてい  現代に生きてい  実存してい  芸になってい  場所にもい  登場してもい  フテクサレてい  罪悪視されてい  参議院議員となったらよかろう、と云ってい  ものか知られてい  柔道三段ぐらいになってい  ものは割りきれてい  いふ感覚によつて拓かれるともい  青年が住んでい  山の手に住んでい  ことを云って泣いてい  癖がついてい  此方を見てい  往きわたってい  中から救い出されてい  玄関口で焼け死んでい  火柱を見てい  特に非難がましい  時長谷川君のい  畑俊六将軍がい  懸崖絶壁になってい  じい光景を呈してい  一角を赤赤と染めてい  藤葛を見つめてい  上下に靡いてい  容をして走ってい  粛然として立ってい  皆それぞれ洞穴を持ってい  なにひとつ残ってい  十万円とかで貸してい  青年がいるとは聞いてい  日焼してい  叔母が言ってい  自慢らしく言ってい  タタキに立ってい  顔をながめてい  朝からここにい  ようになって浮いてい  協力してくれたら、殺さなくとも、すんでい  ノオとか、言ってくれたら、すぐ、ひっつかまえてい  ように赤く染まってい  サト子は、ながめてい  澗で泳いでい  潮道を見てい  エグイ顔をしてい  なかを彷徨い歩いてい  しか久慈と言ってい  ひとが涼んでい  暑いので、押しあうほどには混んでい  玉を磨いてい  思いがしてい  ように抱いてい  いつまでも月をながめてい  うえをころげまわってい  うらみがましい  満足に持ってい  海軍にい  尻目づかい  錨繩をひいてい  中止しろと言ってきましたが、やめずにやってい  どこかに残ってい  向きになって寝てい  あいたままになってい  二十貫、切れてい  そうもないと、おっしゃってい  夜食もしてい  もの、やめちゃい  ドレスをもっているとは、思ってい  ブラブラしても、い  顔ですましてい  厚顔しい  ポーズをしながら行きつ戻りつしてい  重石になり、そうして立ってい  見せかけをしてい  へんを荒してい  述懐してい  二役をやってい  ここで待ってい  顔は、凛々しいほどにひきしまってい  位置にきてい  息を殺して隠れてい  後手づかい  妹さんだとばかり思ってい  蓮が咲いてい  家をもってい  海で泳いでい  そばで待ってい  カオルさんが、来てい  ママが生きてい  ママの生きてい  四阿が建ってい  なにを争ってい  スリッパも穿いてい  いちど、お目にかかりたいと思ってい  庭つづきになってい  出入りをしてい  縁は切れてい  なんだとも、思っちゃい  葉が、こびりついてい  写真が、ひっそりと乗ってい  闘病してい  もの悲しいほどキチンとかたづいてい  格闘してい  サト子にもわかってい  留守居を置いてあるだけ、と言ってい  朝からなにも食べてい  タイプだと思ってい  まめいた顔になってい  コオロギが鳴いてい  ほうを、じっと見てい  キザシは見えてい  のだろうとは、察してい  コォフィを飲んでい  おいでくださらないだろうと、あきらめてい  仲間づきあいをしてい  話が詰まってくれば、だまってばかりもい  玄関へ出てい  ひとりにしておいてくれなどと、言ってい  下に、しばらく立ってい  目つきでながめてい  あなたとふたりきりになりたがってい  邪魔をしてい  ぼくは、生きてい  ように愛してい  父を苦しめてい  婆やとなにか話してい  ときから気にやんでい  きょう美術館で会おうなどとは、夢にも思ってい  愛一郎は、い  娘を見たと言ってい  きれいな方がい  警察へ行って、愛してい  通信員がウロウロしてい  仕事に適しているとも、考えてい  かっこうで止ってい  ように凝り固まってい  グダグダ言ってい  喧嘩を見てい  通訳をしてい  ことじゃないかと思ってい  勉強に行ってい  バイトをしてい  ベルリンにい  所在なくながめてい  どころがなくて困ってい  横須賀でやってい  約束も、まだ果してい  ポンポン蒸気が、待ってい  前に、笑いながら立ってい  生々としてい  あんたがい  ぜんぜん仕事なんか捜してい  のんきにブラブラしてい  ふうに生きていこうかと、つくづくと考えてい  なにひとつ身につけてい  いちども行ってい  ヒーターが通ってい  行動を見てい  ことを思いだしてい  副長付をしてい  材木座に住んでい  顔で聞いてい  目を細めてながめてい  車が走ってい  神月が歩いてい  ひとだと思われてい  釣りだされたとは考えてい  腕時計を見ながら、なにか考えてい  パークしてい  うまいことを言ってい  ことばかり言ってい  どこか似てい  なかを見まわしてい  山岸さんだとばかり思ってい  坂田としては、来ずにい  オクレているとは、思っちゃい  もんだと、聞いてい  おやじも言ってい  アテがつくまで、だまって見てい  連れになって歩いてい  ショウバイをしてい  ガツガツしちゃい  アメリカから帰ってい  顔で、居すわってい  灯が入り、暗くおどんでい  通になってい  砂鉄をとってい  なにかをしてい  んだ、なんていってい  口髭なんか生やしてい  事務所で働いてい  鉱山歩きばかりしてい  鉱山で働いてい  みな二重生活をしてい  宅へ行ってい  ように、聞いてい  ところから、はじまってい  砂鉄を掘ってい  ラッシュで、えらいさわぎをしてい  折紙をつけたと聞いてい  目でたどってい  ほうは、すっかり照れて、赤くなったり青くなったりしてい  連れになって、歩いてい  通りを見おろしてい  離屋に寄って、話しこんでい  電報がきてい  ボスに、たのまれてい  我儘なんて言ってい  立ちかけてい  あいつらが集めてい  話だから、待ってなんか、い  しろ手に隠してい  ようにだまりこんでい  バアをやってい  外勤をやらされてい  水上さん、だまってい  なにも知らされてい  あたしたちも知ってい  あそこに住んじゃい  いままで黙りこんでい  仕事をやってい  中村も、そう言ってい  経済スパイだろう、なんて言ってい  アセテートの売込みをしてい  サト子さんを養ってい  ウィルソンから取りあげてい  なんでもして、待ってい  話をだまって聞いてい  由良課長が笑ってい  サト子は、精いっぱいにつとめてい  のだとばかり思いこんでい  別荘をもってい  ラジオで言ってい  満足して生きてい  あのころ、あんなに張切ってい  あいだ一人で暮してい  誰かが言ってい  久慈って言ってい  部屋に住んでい  八重と笑いながら話してい  何時間も、こうして話してい  色目なので、見とれてい  こと、おっしゃってい  今日まで、つないでい  暁子に、よくわかったと言ってい  時を消してい  身体をまげて歩いてい  大矢シヅも言ってい  歩道に立って考えてい  マネジャー、い  スタイルはひどく崩れてい  手もとにとめてい  女だと思ってい  対坐してみたいとねがってい  なにを考えてい  暁子さん、たずねてい  ことにならなければいいがと、おそれてい  話が聞けるので、たのしみにしてい  顔を見返してい  飯島に住んでい  軍艦にばかり乗ってい  生活をささえてい  一人で暮してい  ひとだと思ってい  遊び暮してい  煙をふきだしてい  ところがあるとは、思ってもい  ことはやってい  こちらをながめてい  顔をみくらべてい  パパばかりしゃべってい  愛さん、だまってい  機会があったら、言おうと思ってい  君にしたって、思っちゃ、い  いつか君が言ってい  ようにじっとしてい  額を曇らせて、じっと考えこんでい  私があしらってい  先に行って待ってい  さっきから呼んでい  待伏せをしてい  毎日、待ってい  しろに小さくなってい  しんみりとしてい  あなたのためにヤッサモッサやってい  ものがまるっきりわかっちゃい  ドキドキさせてい  結婚したいとも思っちゃい  脇にひきつけてい  ヤッサモッサやってい  天城が知ってい  木は植えてい  蔓が枯れ残ってい  翼屋で、のうのうと暮してい  ひとが住んでい  気にもしてい  食堂へ食べに行ってい  ここへお持ちい  ひとなんかい  写真、とっても、よくとれてい  モデルをしてい  手紙なんか、持ってい  サト子を待ってい  冷淡にかまえてい  野菜を売って歩いてい  ひいきにしてい  いま勤めてい  荻窪にい  事もなげに笑ってい  ときもう考えてい  駅口に迎えにきてい  ように萎れてい  花のように生々としてい  秋川から聞いてい  葎のしげってい  数寄屋が建ってい  なにも残ってい  パパが言ってい  庭で遊んでい  紹介だとばかり思ってい  青年だと思ってい  叔母さまがい  芳夫さんが、言ってい  法案も、まだできてい  法定鉱物にすらなってい  利用されるとはきまってい  坂田君もそう信じてい  有江老人が掛けてい  椅子に、しずまってい  まり、よく思われてい  父を愛してい  あなたを養ってい  ひとが言ってい  ことをやりかけてい  親父のやってい  神月さんが掛けてい  結婚したがってい  王位に即い  其にもい  あんじのもりは、このもい  みんな優しく、そうして大人びてい  様に思い、甘えてばかりい  とき以外は、生きてい  人柄を、とても好いてい  ちゃんと意識してい  美術学校にはいってい  発表したりしてい  閉口し、笑ってい  喫茶店に差し上げてしまってい  ころ姉たちが読んでい  毎月出てい  どこかに隠し持ってい  女の子がひとり生れてい  みんなから少し離れて立ってい  毒笑してい  さを解してい  心に似てい  のんきに暮してい  嘘ばかり教えてい  兄もにやにや笑ってい  ひそかに知ってい  懸命に茶化して、しさい  お待ちどおさま、と澄ましてい  ために、おそろしく気取ってばかりい  何だかもじもじしてい  兄を、そう呼んでい  ベッドにもぐってい  私をかつごうとしてい  神秘捏造をやってい  美貌を持ってい  年、可愛がってくれてい  初恋を楽しんだりしてい  買つてい  前にもい  誰れを恨んでい  云ふまい  嫂をい  家臣となってい  越前にい  不和になってい  眼を見かわしてい  気持にしみ渡ってい  働きにつかれてい  父が使ってい  余り苦心をしてい  誓文を含んでい  奮戦してい  好意を持ってい  へとへとに疲れてい  かげもなくなってい  永禄十一年四月だから、生れてい  腹の中にい  砲門を睨み返してい  傭医員として、来てい  使命を帯びてい  傭医員を勤めてい  キャムプを作ってい  夢にも知らずにい  ブルブルが続いてい  神経病に早くも囚われかけてい  以て知ってい  勇気を振い  クローム色に晴れ渡ってい  期待しい  手当を急いでい  毒気が含まれてい  皮が痛々しく擦り破れてい  軍医大佐は頻りに首肯いてい  焦燥たしい  姓名を読んだりしてい  骨が砕けてい  不承不承に聞いてい  同情させられてい  ドウモ可怪しいと思ってい  チャントわかってい  ろぼい歩き出してい  力が籠ってい  全身に輝き溢れてい  痕跡さえ残ってい  燃え輝いてい  真下に見えてい  さに盛り上ってい  山積かと思ってい  スッカリ麻痺してい  ように寝転がってい  処で待ってい  コッチに寝転がってい  者すらい  シインと並んで立ってい  気持で立ってい  聯想させられてい  本能は持ってい  位ふるえ出してい  ポケットに忍ばせてい  ウズウズしてい  勇躍して待ってい  涙が流れてい  横顔だけは濡れてい  緊張し切ってい  四分の一残ってい  誇りとなってい  ように、向い合ってい  私自身に立ち帰ってい  先で掘りかえしてい  様子を伺ってい  空からさしてい  衝動にかられてい  豚でもい  沼地にむかって進んでい  豚を見入ってい  面をして立ってい  眼に見てい  オンドル式になってい  毛布にごろりと横たわってい  軍衣にも現れてい  ゴロ寝をしてい  道のりを出かけてい  扉を開けて這入ってくると、待ってい  しか這入っていないと分ってい  慰問袋には馴れてい  のにきまってい  口を切ってい  顔を見合わして黙ってい  顔を見合わしてい  痩我慢を張ってい  彼等には分りきってい  殆んど貰ってい  土が凍ってい  モギ取られてい  保護色に守られて建ってい  火蓋を切ろうとしてい  奇妙な、焦立たしい  瓶が入ってい  鉄瓶造りをやってい  鰹船に行ってい  上に凍ろうとしてい  目撃してきてい  退路をも遮ってい  五六十頭にもなってい  小屋に残ってい  緊張を覚えずにはい  朝から不愉快そうにしてい  受け入れて来てい  働きがあって、それに日増しに愛してくれてい  日が続いてい  不思議がったりしてい  襖に埋めてい  女は知ってい  両手を握ってい  陽に光って、うねってい  いそぎ足に歩いてい  海が騒いでい  ほうへ上ってい  ぶんを待ってい  灰いろに傾いてい  春秋が流れてい  変化を、まざまざと示してい  形をかえてい  砂に隠れてい  地に据わってい  柱もわずかに残ってい  ままに踏みこたえてい  乱立してい  厚みを加えてい  三人の母にまでかわってい  誰かが待ってい  おうむ石を取り上げて挑めてい  ところから、そう呼んでい  絵を、よく見てい  夢、という忘れてい  ものとして酔い痴れてい  お久美を捉えかけてい  冷びえと冴えてい  引き気味にしてい  そうに歪んでい  お久美は、じっとしてい  ほほえみ返してい  蚊帳が揺れてい  顔が大きくひろがってい  女を打ちのめしてい  こころに転がしてい  馬鹿ばかしい  眼に痛いほど強く光ってい  ことをしゃべってい  伏見屋へ向くに任せてい  伏見屋は混んでい  壁に掛ったり、ひろげられたり、つみ上げられたりしてい  客に見せてい  笑い声を立ててい  お店者てい  そこにかかってい  絵と、向かいあって立ってい  冷えびえと冴えて見えてい  女を見返してい  白眼んでい  お久美も、知らずしらず、ほほえまずにはい  そばへ来てい  医者が、すわってい  ひとりで行ってい  女中頭をしてい  自分を抑さえてい  退屈を、持てあまし出してい  木の葉が、白くあえいでい  予告してい  裾をからげていそいでい  遠くへ走ってい  なかにしゃがんでい  青苔が、濡れて、光ってい  こと、じっとそうしてい  がらかに微笑んでい  けしきになって来てい  母屋へ走ってい  笠を掻いこんでい  微笑にゆがんでい  なかを歩き出してい  騒ぎになってい  小山から松原を抜けて、そこで絶えてい  ように食み出てい  ことも聞いてい  一度はいってみたいと思ってい  出帆しようとしてい  大騒ぎが起ってい  自動車がひっくりかえってい  トランクを担いでい  ちゃんとぎっしり詰まってい  から説明をしてい  間私どもが置かれてい  人自身さえも望んでい  中空にかかってい  先刻おいでになって、褒めてい  今日までに随分おおぜい  から、と、いつも仰しゃい  神父様は覚えてい  先生にお縋りしてみよと仰しゃい  先生、よく覚えてい  交際させて頂いてい  祝福してい  幸福に暮らしてい  少時しょんぼりとうなだれてい  犯行がこうはっきりしてい  がくしにしてい  痛快がってい  妾がよほど気に入ってい  何を訊いてみても覚えてい  庭に遊んでい  愛子をあやしたり、抱いたりしてい  愛子をあやしてい  むうっと黙り込んでい  なんだから、ほんとにい  両手でしめつけてい  赤ン坊はぐったりとなって、死んでい  あなたは何故抱いてい  殺意を生じてい  憤然としてい  妾に似てい  赤ン坊は死んでい  最初から廊下で、すっかり見てい  父にとても似てい  ものであると伝えられてい  品物がいっぱいになったと言われてい  さをときどき話してい  刀剣商をたたんでしばらくしもたやでくらしてい  祖父がつとめてい  面影が残ってい  店になってい  たくさんならんでい  絵ばかりかきつけてい  名をとってい  小さいころから人物ばかり描いてい  色をつけては悦んでい  夜店をひやかしてい  遠慮して言い出せずもじもじしてい  一緒にして眺めてい  本をかりては読んでい  かいたりして楽しんでい  絵ばかりかいてい  一助をつとめてい  画ばかり描いてい  学校でも行ってい  固定的に扱われてい  傲慢を志してもい  問題とされてい  批判を行ってい  文章は書かれてい  問題としてのみこんでい  戦闘的統一をもって固められてい  山岸しさい  先生を待ってい  連れだって歩いてい  草花が咲いてい  葉子が忘れようとしてい  ぼんやり足もとを見つめてい  掲示が出てい  こと怒ってい  水を眺めてい  みんな私は知ってい  最前からだまってい  さつきまで起きてい  畑もい  友だちが集まってい  きのうから出てい  ッ母さんとよんでい  下を向いてい  鸚鵡を持って来たので、ねそべってい  おもしろさを持ってい  二三年保ってい  身を立ててい  言いなりほうだいになってい  外聞も忘れてい  樋口のい  ばあさんと言ってい  しょうがよく覚えてい  頭に残ってい  席に小さくなってい  歌を聞きながら立ってい  風雪になってい  私は覚えてい  何を読んでい  机に向いてい  気風に染んでい  のを売ってい  色彩を示してい  群れが遊んでい  路傍で鳴いてい  芝居をやってい  特性をうがってい  八年間もい  靴下を編んでい  秋草が咲いてい  菊が咲いてい  客を呼んでい  ヴォルテールの住まってい  小道が通ってい  一言二言話してい  並み木がつづいてい  りんごが赤く熟してい  客間にかかってい  富札になってい  話を繰り返してい  分析しようとしてい  ただ一人番してい  それぞれ反物をもらって喜んでい  話し声が聞こえてい  切れを選ってい  歌などひいてい  いつでも忙しい忙しいといってい  人に投げつけてい  人がおおぜいよってい  のを拾ってはまた吸ってい  十五分ほど鳴ってい  松明を持って立ってい  紙切れが渦巻いてい  小車が並んでい  肩掛けをしてい  底から銀貨が光ってい  オルガンの低いうなりが響いたり消えたりしてい  からっ風が吹きあれてい  帽子は着てい  まま考えてい  ユーゴーの住まってい  暇があったらも一度行って見たいと思ってい  紙袋を売ってい  巡査がおおぜい  警護してい  マンドリンをひいて歌ってい  ドイツのと違ってい  国にい  のだと言っていばってい  煙草の煙でい  云つとい  世辞もい  お家もい  これくらゐでい  あなたに聴いてい  尊敬されてい  科学者が働いてい  頂上で死んでい  友達に遺されてい  友達から聞いてい  一つ預かってい  世話して呉れと頼まれてい  毎日書いてい  子供みたいに思ってい  谷底へ落ちてい  部屋へおしかけてい  楽しい気持でい  あとを追ひかけてい  方へ消えてい  若者がい  前へ運んでい  丘を蔽って静まってい  若者が立ってい  苦痛が現れてい  撰り分けてい  明りを振り向いて眺めてい  睥んで黙ってい  月から眼を放さずに立ってい  上で鳴ってい  頬を撫でてい  見上て黙ってい  頭椎を握って黙ってい  茫然として眺めてい  松明が燃えてい  運命を占ってい  外を見つめてい  羅と並んでい  山々を廻ってい  嶄然として優れてい  胸中に長く潜まってい  星とに祈ってい  爾を捜してい  まま二つの死体を眺めてい  真似をさせてい  宿禰を見詰めてい  有様を真似てい  鉾先を見詰めてい  装いを整えてい  玉鬘が懸かってい  中で眠ってい  剣が刺さってい  上に垂れてい  方へ去って行っても開いてい  方へ揺れてい  中へ飛び込もうとしてい  森が下ってい  持ち場を守って飛んでい  蜜柑が茂ってい  身を横たえながら目覚めてい  睥んでい  石灰洞から成ってい  岩壁から下ってい  奴隷がつけられてい  皮が纏われてい  顔を伏せて倒れてい  中を覗いてい  耶が立ってい  前で廻ってい  岩を叩いてい  傍に従ってい  前で止ってい  外に倒れてい  世界を見詰めてい  胸に溢れてい  訶和郎も消えてい  百合根を持ってい  顔を覗いてい  鶴が舞ってい  前に倒れてい  隅にひかえてい  口が開いてい  のが映ってい  紅に栄えてい  上に眠ってい  爾を愛するごとく愛してい  ように蹲んでい  毛皮を剥いでい  漬物が作られてい  汁を作ってい  幽かに聞えてい  人々を集めてい  今まで勝ち続けてい  ように反ってい  上から見えてい  隙に刺してい  ひらひらと舞ってい  寝顔を眺めてい  後姿を眺めてい  眠りは続いてい  手にたかってい  命に反い  踊りを見んとして待ってい  まま横たわってい  王に向けてい  角髪を打って鳴ってい  者は酔ってい  酔漢の呻きが漏れてい  転々としてい  方々から流れてい  女が消えてい  足は急いでい  指先を眺めてい  傍に突き立ってい  死体を眺めてい  頬に付いてい  ために揺れてい  足元に落ちてい  卑弥呼を眺めてい  まま泣き伏してい  恐怖となって映ってい  馳け廻ってい  剣が握られてい  姿に変ってい  ひとり胸底深く秘め隠してい  誰よりも深く重く感じてい  釧を付けてい  横わって眠ってい  頭に映ってい  鹿のように細まって落ちてい  前で眠ってい  隅々を眺めてい  爾を愛してい  従容として見詰めてい  隅々をさ迷うてい  眉毛を吊り上げて黙ってい  必勝を期してい  染衣を纏ってい  新らしく光ってい  肉体は弱ってい  対岸を見詰めてい  ただ一線流れてい  砂地が続いてい  夜は全く降りてい  空中に立ってい  疲労は一段と増してい  点々として横たわってい  鋒尖につきささられて燃えてい  矢を放ってい  止どまってい  方へ進んでい  身体を見詰めてい  爾を待ってい  もとに泊まってい  必要は、もとより認めてい  鎌倉に住んでい  案内をこうて入って往くと、待ちかねてい  妾になってい  何ひとつ明らかにされてい  伝承されてい  金成マツ婆さんが伝えてい  どこまでも長く続いてい  ように浮んでい  川がしらじらと光ってい  母さんがい  内心よろこんでい  毎日使ってい  気がなくなり、寝てばかりい  二つの洞窟がおたがいに通じてい  二つに分れてい  妻に先立たれて寂しく暮らしてい  昆布をとってい  老人が坐ってい  ぼんやりと見てい  部落が見えてい  入口で待ってい  幽霊がうようよしてい  きょろきょろあたりを見てい  火をつけていぶしてい  死体がいっぱい入ってい  自分は死んでい  底まで続いてい  怪鳥が住んでい  山のくぼみに投げちらかしてい  骨などしゃぶってい  この世からい  円形に低くなってい  周壁は案外崩れてい  見聞してい  ことのできるてい  処々崩れてい  雑草に覆われてい  供されてい  水平になってい  誰も喋っていず、食べてもい  膳が出てい  膝を並べてい  私に感じられてい  ままでなお書いてい  女が寝てい  ガレージになってい  絞殺されてい  ユニフォームを着てい  うから眼をさましてい  バットをふかしてい  バットに限られてい  煙がもうもうとたちこめてい  煙がたちのぼってい  五六本まじってい  いまではどうしてもやめられなくなってい  しょっちゅう蜜柑ばかり食べてい  夕刊が散らばってい  上へ垂れ下がってい  直観してい  態度を強いて装ってい  莨ばかりふかしてい  ょうばいをしておれば、い  電気もついてい  彼女はもう冷たくなって死んでい  さをは生きてい  情事関係をむすんでい  ゆっくり会おうと思って、待ってい  コートを着てい  きれいにそってい  以前からずっと信じてい  歯牙にもかけてい  私はどうかしてい  のをはっきりおぼえてい  足首が出てい  パトロンとなってい  今朝まで泊まってい  昨夜眠りがけに読んでい  上でひろげて読んでい  注射器をさしてい  ここへかくれてい  莨をふかしてい  人気しょうばい  山上が生きてい  その後山上の生きてい  山上は死んでい  間柄であったと言われてい  室を借りて住んでい  室は空いてい  相談してくれてい  みんな知ってい  誰をほんとに愛してい  欲得はなくてほれてい  自分でも言ってい  から顔はよく知ってい  から横に見てい  ここにもってい  時にはもう死んでい  いつか言ってい  心配しだすと、もう落ちついてい  三時少しまわってい  こちらもあわててい  咽喉をしめられてい  傷ができてい  そうに泣きじゃくってい  二十分もい  被害者は死んでい  息がたえてい  の子は殺されてい  ことをかくしてい  ほんとうに愛しあってい  隣からきいてい  羽は飛べるからい  わがままをい  犬さんのい  犬さんがゐて、い  まわりに遊んでい  いつものように夫婦仲よく並んで泳いでい  鳴き声を発してい  たくさん咲いてい  林間軌道を歩いてい  片手にさげてい  谷を見おろしてい  地べたにすわってい  きれいに離れてい  おもしろそうに話してい  西洋人のおおぜい  応接間に入り、暫く待ってい  のだと思い込んでい  家を間違ってい  一人でおとなしく遊んでい  らに落ちてい  死ぬ程苦しんでい  中に落ちてい  うたたねをしてい  気配がしてい  六時半、を指してい  確実に繰返されてい  歯刷子を持って笑ってい  調和を見せてい  マダムと呼んでい  嗽いしてい  ように痩せてい  平熱になってい  んだ、などと言ってい  知らん顔をしてい  隅にもってい  儘で話しあってい  結局私の考えてい  鮮やかに濡れてい  睫毛を持ってい  対照を見せてい  知らん顔をして待ってい  人が来てい  順を待ってい  隆起を持ってい  毳毛が生えてい  時、隣りに掛けてい  椅子に寝てい  形を造ってい  汗が載ってい  ようにゆれてい  蕾を持ってい  影が流れてい  虫酸の走る、じっとしてい  興味は持ってい  肘をついてい  近似形をなしてい  末梢神経的な、それでいて、居ても立ってもい  諸口さんも黙ってい  反復されてい  看護婦を呼んでい  こん限り喘いでい  隅を睨んでい  椅子にかけてい  番茶を啜ってい  摩擦音をたててい  寝顔を見守ってい  諸口さんが立ってい  カタストロフが待ってい  最近再発に悩まされてい  恋は眠ってい  表につけてい  具合を知ってい  矢ッ張り僕を愛していてくれてい  女をい  素直に喜んでい  口を引かい  貰へないけれども、それでもい  何といふい  義しい  人たちであらうか、羨しい  何うしてあんなにい  親不幸をしてもい  お召換へにい  はさを云ってい  嘱してい  様に思ってい  赤ちゃんが持ってい  教へてい  痛はしい  お銭をい  真直にい  ほんとうに拝んでもい  道にはい  舌はい  腕にまかせてい  目から溢れてい  おっかさんにい  言葉をおきかせしなかったし、ましてい  感謝すればい  中家中にひっこしひっこししてあるい  いやにむしむししてもうゆだっちゃい  それから落つい  そこに落つい  夕方からすっかり落つい  一日中机にかじりついてい  それからようやっと落つい  事は落つい  批評がましい  直訳を脱し切ってい  本質を突き止めてい  駐屯してい  馬革に包み得てい  入浴場で聞いてい  積極的意見を持ってい  大体まとまってい  ドイツにい  命名してい  林大八大佐らがい  ためとのみ思ってい  藉す人も生じさせてい  事変前から唱導されてい  思索を続けてい  軍備は、い  大体平衡がとれてい  曖昧を極めてい  消極的に見てい  勇気なく、ただ案外近しとのみ称してい  ため上京してい  ものは未だできてい  軍事学を知ってい  常識程度を越えてい  偏してい  於て占めてい  独立となってい  上奏してい  事となってい  協調を保ってい  常識となってい  見解を欠いてい  機動主義に傾いてい  人口を有してい  ことが出来ないだろうと考えてい  構築せられてい  作戦してい  要塞になってい  位置を占めてい  ボルトリに出してい  自任してい  報告を出してい  冬営してい  守備してい  警戒を怠ってい  泰然としてい  退却してい  継続せられてい  非常に似てい  完全に迷わされてい  優越してい  優勢を占めてい  大勢に押されてい  常識的に信ぜられてい  巧みに行なわれてい  ものと定まってい  考慮が充分払われてい  迫力を欠いてい  工事を施されてい  工事が行なわれてい  事情を異にしてい  破壊してい  戦争力相伯仲してい  屈伏するだろうと考えてい  婦人会でい  まり安心しては聞いてい  日本にはまだい  人ならばい  ジャーナリストがい  ことはまだ聞いてい  戦争でだまされてい  みな口を揃えてだまされてい  劃然と分れてい  際限なくくりかえしてい  なつて互にだましたりだまされたりしてい  協力してい  こつけい  保鞏につとめてい  先生であり、とい  眼を持つてい  人間がだまされてい  こととは、されてい  不可能とい  ますものがい  問題ではないとい  方、そして、い  一本も書いてい  ことだとかたく思いこんでい  ことだと信じてい  記述はほとんど何一つなされてい  最初から明らかにされてい  ことがわかつてい  こと自体がすでにこつけい  保証されてい  材料が備わってい  明らかに画かれてい  野村もい  紅茶をい  戦争にならされてい  ことに、おどろいてい  誤解を抱いてさえい  ことさえはばかられてい  賛美してい  心は落つい  力なく歩いてい  額は砕けてい  彼らは戦ってい  馬蠅が飛んでい  叱られてばかりい  兵を伏せてい  質となってい  虱がわいてい  蜿々と流れてい  旗がひらめいてい  斧を揮ってい  物を拾ってい  親分でい  御衣もびッしょり濡れてい  紫色してい  帝を励ましてい  肩書を賜わってい  還幸を望んでい  間に、かねて計り合わせてい  日頃こらえにこらえてい  いつまでこうしてい  兵数十万といわれてい  ことは