「あん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あん[動詞]
朝がた、あん  前額部をがあん  引用文があん  芸術家があん  君があん  女房もあん  それもあん  夕飯をあん  光つあん  何もあん  父つあん  柳にあん  んですか、ああん  ものがない、あん  萩原様があん  條虫だが、あん  わしは、あん  父ちゃあん  王子ロロー殿下が、なぜあん  頁へあん  おまけにあん  傍になったあん  それ以来神通川を渡ってあん  トゥロットが、ふざけがあん  私はしかしあん  北さん、あん  小十郎はがあん  あなたがあん  なんや、あん  楽隊にあん  空気があん  これは又あん  ゅうもんをやりまっさかいな、どうしてもあん  いつかもあん  そつちはなるほどと思ふけど、あん  父ツつあん  接吻があん  これは、あん  俺ハア、あん  ものをあん  時にあん  ことにあん  それがあん  ほんまにあん  手入があん  松つあん  何があん  大津太郎さあん  自分もあん  爺つあん  辻にあん  気持もあん  のはあん  出しになりあん  ア困りあん  一人として勸告しあん  お返し致しあん  兎に角お返ししあん  一人として勧告しあん  どれもあん  めんこいとっつあん  方が、あん  耳があん  俺よりもあん  自分があん  それをあん  私はあん  剥製があん  もっともあん  二人前以上もあん  菊枝つあん  美事ににゃあん、にゃあん  もの、あん  私があん  それでおとっつあん  林太郎のおとっつあん  それからおとっつあん  林太郎とおとっつあん  おっかさんもおとっつあん  歌舞伎役者にも、あん  事ならあん  あんた、あん  誰があん  なんかにはあん  何うしてあん  平凡にあん  バックもあん  点があん  無電小僧といえば、あん  魚でもあん  御多分に洩れずあん  玄関にあん  ここはあん  帰りになりあん  方があん  お母さんは、あん  御殿があん  あんがあん  柵をがあん  禰衡にあん  ことやが、あん  役者衆にも、あん  耳にがあん  中にがあん  両足をかわるがわる曲げて、だあん  こどもらはもうあん  一言も云わずあん  靴をはきあん  工作となると、あん  仕事もあん  みんなが、あん  エスさま、あん  縫様屋敷へ取りに行ったが、あん  ほかにあん  背後からがあん  兼ちゃあん  独りで見継いで居るなあん  奴にがあん  一緒になってあん  軌道があん  祖母もあん  失恋してあん  それにあん  教養もあん  順吉つあん  まめしくて居りあん  一緒して居りあん  さんおあん  お話し申してあん  ぁんつたびだび米子どもお話してあん  義助もあん  河童取りあん  子供じゃあん  即座にあん  船長さんは、あん  民衆にあん  今から思えば、あん  んではあん  ものがあん  鏡板ががあん  俺は断れと言ってあん  いつでもあん  訳がねえッていうが、あん  御覧なせえ、あん  私覚えはござりやせん、どうしてあん  自分だって逢いたくもあん  三千足もあん  金はあん  枯葉であん  あたりにあん  女衆にあん  風があん  お嬢さんに伺いますが、あん  上にあん  人にあん  ことでござるよ、あん  脇から見て居ってもあん  口があん  こんどはあん  明かりがあん  沙汰をしようじゃないか、あん  刃物を持っていないの、あん  つてつきつけたあ、とつつあん  可哀そうにあん  紡績工場などへ売られてあん  んかあん  こと、あん  嘉十はもうあん  向もあるがあん  望月様もあん  金があるといってあん  まらねえ、あん  様子があん  しこたま預けてあん  毛糸であん  庭にあん  父つつあん  店へあばれ込んで、あん  わたくしにあん  それにまたあん  お嬢様があん  それを考えたら何故あん  法王様はあん  無理はあん  親類もあん  殿様、そりゃ、あん  駕籠、すなわちあん  はいないし、あん  例のあん  廓内を出たこのあん  見た目があん  獣があん  ここまで、あん  気味だ、あん  のをあん  足があん  話を切り出したら、あん  つて、あん  俺があん  セリフをあん  それ位なら、あん  奥様に、あん  竹であん  誰もあん  ためにあん  金竜山にしてもあん  駄目よ、あん  私のい、あん  わたしどもは、あん  石があん  彼らがあん  余計なお世話かはしんねえが、もしあん  交際をしてみたが、どうもあん  娘にあん  僕があん  籠をあん  身にもなってみてもあん  一本とは、あん  啣えて見ているなんてあん  太宰って、なあん  なんでもあん  佐倉宗五郎というあん  仙太郎さあん  江戸情史にあん  道中があん  藁であん  私にあん  のもあん  間違つてもあん  お前んちにあん  ぼくもあん  訊ぎ申しあん  霧こいつはもうあん  道理があん  悪い男ではあん  省さんがあん  代り、あん  和泉屋へ暴れ込んで、あん  兄貴もあん  兄貴があん  綺麗だけれど、あん  範囲があん  ブンなぐりもして懲らしてやるが、あん  うちでも、めったにあん  歸んなさい、あん  父ッつあん  あれはあん  御酒を戴いてあん  登和さん、あん  何でもあん  備前屋もあん  かみなり師匠があん  筈だのに、なぜあん  蝋燭があん  管があん  女には限るまいが、あん  勢いがあん  江戸にあん  二つ三つ、なあん  客人が見えないではないが、あん  私にも、ははあん  少いようにしておいて、あん  ほん、困りじゃのう、あん  関ヶ原にあん  あんたがあん  企画にあん  水があん  それはあん  手前もあん  このごろはあん  わけではなく、あん  疵があん  しかしあん  つて取れあん  後嗣がまたあん  結婚式に、あん  のがあるにはあん  仕事があん  例があん  ぺい水があん  今度もあん  声があん  事ではないと云ってもあん  御用がおあん  つて父つあん  のでしたがあん  お前またあん  前にあん  蘭どのもあん  宇津木さあん  高があん  事だワ、あん  お医者さんだけが乗るべきあん  前後のあん  大ぼやきした、あん  夜、あん  夢路もあん  源松もあん  ことか、もともとあん  大声あげてあん  止度もなしにあんあん  一ぺんにあん  事言ふてもあん  事をあん  明治十七年、あん  すきをうかがって、あん  どこにもあん  火薬があん  場であん  んだよ、あん  王女があん  情にこそあん  生活があん  それじゃ、おっつあん  道つあん  中にあん  おとつつあん  女にもあん  率があん  なにしてるの、あん  薊があん  そ、そんな、あん  のにあん  便衣隊にあん  言葉をあん  三いろ、あん  ことじゃないとも言ったが、あん  私に食ってかかって、あん  いままであん  あたしもあん  理由で、あん  確か、あん  とき、あん  んですけれど、あん  内にあん  思い出とよぶにはまだあん  関係があん  時には、あん  どこかへ探しに行くといふあん  言葉にあん  黒田先生いいあん  今日は、いいあん  からな、どんなあん  つうんだ、あん  喜助さあん  壮六さんとあん  耳をがあん  境にあん  部屋に、持つて来られたとしてもあん  かもだあん  お金がもうあん  これはあん  なにも、あん  俺はあん  深井にあん  ショールをあん  破滅させ、あん  もので、あん  武どん、あん  不良少年に言いふくめてあん  誰だね、あん  間、決してあん  中があん  末山艦隊なんか、があん  私もそうだと思ってあん  ぐお願いいだしあん  肥料があん  文吾はん、あん  日には、馬鹿らしくてとてもあん  いふ暮しもあん  女があん  自分にあん  今までにあん  心持にあん  間にあん  それかと云ってあん  今もあん  貴方様があん  育ちがあん  ことを云っても、からだやあん  誰でもあん  絹糸であん  ヘソにあん  息子があん  迷つて了ひ、があん  ついでがあん  餓鬼とはあん  カミがあん  キヤアたあ、あん  教父つあん  投り込んでおいたわよ、もうあん  役人があん  んなら、あん  汗だ、あん  一人でいるよりゃ、こうしてあん  前もあん  留守に、あん  弁当があん  学があん  い池があん  横にあん  あたい黙りまへんぜ、あん  承知しまへんがな、あん  これにあん  兼ツつあん  こともあん  ことでもあん  馬鹿言はつしやるな、あん  まぐれあたりでもあん  年頃ですが、しかし、あん  口すぎさえ出来れば、なあ、あん  春ちゃんとあん  坊ちゃんがあん  なにもあん  のがあん  旦那があん  私もあん  丸辰のとっつあん  坊やお上手ね、そら、あん  何時もあん  僕もあん  気があん  かん子もあん  事もあん  預けたればとって、あん  口を思い切ってあん  乾草をあん  糸をあん  草であん  みんな、あん  収穫があん  まさか、あん  必要ないけど、ねえ、あん  変なとっつあん  利助が、あん  女房は、それではよくあん  自分もなんとかしてあん  足跡があん  帳面があん  ちやんあん  長助をあん  あたし先生に会ってあん  だんながあん  兄でありながら、あん  髪の毛だけでもあん  水から、ぽあん  用もねえのに、わざわざあん  三味線糸のあん  伯父さんにあん  落ち込みようがあん  髪があん  おまえがあん  品川沖であん  婦長さあん  お馬鹿さんだね、あん  吉田さあん  井上さあん  葉であん  最前からそう思い思いあん  ころ、ちょうどあん  かかとをあん  人もあん  なりさえすればあん  兄つあん  表書きはあん  者もあるが、あん  アやっぱりあん  枝であん  今迄にあん  花環をあん  輪にあん  格別、あん  さにあん  怒濤時代にあん  から、あん  私、あん  星があん  ヨシツネさんがあん  ひとがあん  風が強くあん  お母さんがあん  月があん  程度の、なあん  馬鹿ね、あん  奴があん  ちいちやいあん  方もあん  どれだらうあん  一則のこうあん  それじゃああん  君もあん  おとッつあん  今日は、ええあん  ですよ。わつしがあん  親父があん  背中があん  何年たったらあん  ッつあん  これじゃ、あん  崖があん  気持とあん  茶碗だって、あん  ばたあん  国際語だから、なあん  壁にあん  波蘭人も、ぶらじりあん  下っぱ闘牛士なんかのぼへみあん  姓があん  お嬢さあん  何言つてやあん  だれがあん  頃にゃ、ええあん  その後、あん  耳が、があん  乗組員があん  葉をあん  



前後の言葉をピックアップ
アヲギリ  アヲニョロリ  アヲヌマヌオシ  青人草    安良  アン  有ん  編ん  


動詞をランダムでピックアップ
きずつけせめつけうらねだっふさぎこんにこん眺めよ黙ろつかさどり切り出そ事欠き砕け組み入れろ穫れぬくまら寝そべっ卸せ切掛ける身ごもる巻き込む
形容詞をランダムでピックアップ
あぶなく疾しい物足りなねたあつぼったい大層らしく生新しく恥しゅうやかましかっ旨からほの暗かっ恐ろしけれ薄し煩かろ欲しい若く野暮ったく高けれ空しき憎らしく