「あろ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あろ[動詞]
機会があろ  者があろ  ことは屡々あろ  姿があろ  理由があろ  ことがあろ  みちみちも、どうあろ  ほんとうにそうでもあろ  事があろ  罪があろ  鉄板があろ  邪魔でもあろ  鉄門があろ  事もやあろ  話があろ  遺恨があろ  人影があろ  ふしぎがあろ  要があろ  議論があろ  書くことがあろ  ものがあろ  見方によっていろいろあろ  愛人が同時にあろ  意味があろ  縁があろ  沙汰があろ  感想があろ  関係があろ  はずがあろ  この世にあろ  人間があろ  果てしがあろ  目的があろ  からでもあろ  人があろ  どこにあろ  彼方にあろ  真実偽りがあろ  油断があろ  責任があろ  病人があろ  遭難者があろ  差があろ  無理があろ  不審があろ  事情があろ  ぐるものがあろ  心持ちがまたとあろ  怪塔があろ  最右翼ではあろ  虎退治があろ  胸に覚えがあろ  間があろ  女があろ  自信があろ  申し分があろ  反省ではあろ  飼犬を殺して、あろ  情熱があろ  わけがあろ  心得があろ  それはいい、あろ  気があろ  必要があろ  美点があろ  貸家のあろ  人は必ずあろ  場合があろ  確かにあろ  風情があろ  意図があろ  点があろ  ところがあろ  例は沢山あろ  準備はいろいろあろ  何があろ  支障があろ  一歩があろ  本もどっさりあろ  手段のあろ  隙があろ  相談があろ  所に、あろ  仮借があろ  手がかりがあろ  何とあろ  どれくらいあろ  息子さんがあろ  誉があろ  大衆向きにはどうあろ  情偽があろ  美しい人たちがあろ  意義があろ  筋があろ  海があろ  ゴシップではあろ  動機があろ  人間はまたとあろ  咆哮しつつあろ  ご利益があろ  勇気を生じたでもあろ  たちなどあろ  智慧があろ  沢庵圧ぐらいあろ  金ッ気などのあろ  われを忘れて仰いでいると、あろ  お目こぼしがあろ  しかしまあ、どうあろ  処が世にもあろ  謙遜でもあろ  方法はどうあろ  種があろ  不思議でもあろ  理屈はどうあろ  局もこうあろ  天地がでんぐり返ったってあろ  気概はどうあろ  杞憂ではあろ  思いつきなどあろ  間邪魔ではあろ  批難が或いは当て嵌まるであろ  直接に深くあろ  併し単に深くあろ  それがあろ  思考が正しくあろ  内容が如何あろ  ものではあろ  裏面があろ  ばかがあろ  恋があろ  対立があろ  残滓があろ  意志がどうあろ  それがどうあろ  不都合のあろ  さし当り逓信省にあろ  顔があろ  場合はどうあろ  ことを、あろ  ところにやって来たでもあろ  偸見せられていたでもあろ  程があろ  緑地があろ  言葉があろ  合戦中であるからでもあろ  躊躇があろ  余りあるものがあろ  由緒があろ  分があろ  慎しみ深くあろ  なかったものがあろ  ことのあろ  望があろ  何がどうあろ  想出があろ  伏勢があろ  趣きがあろ  キリまであろ  浪があろ  悪評があろ  いくら所天がどうあろ  この世に又とあろ  奇があろ  彼女があろ  ことに変わりがあろ  年はどうあろ  覚えがあろ  理由はどうあろ  愛嬌があろ  変りのあろ  一そう結構ではあろ  紛雜があろ  子があろ  處があろ  町中に、あろ  行燈があろ  法があろ  事のあろ  なかにあろ  甲斐があろ  情夫があろ  亭主があろ  声量があろ  の理があろ  不自由はどうあろ  妖術などがあろ  所にあろ  別に面白い事があろ  不徳があろ  願があろ  かかわりがあろ  お方があろ  資格があろ  間にあろ  運ももちろんあろ  真相がどうあろ  連想がどうあろ  手紙に、どうあろ  権利があろ  立場がいかにあろ  なんの怖れやあろ  それに応じて高くあろ  収穫があろ  奴があろ  何事があろ  道があろ  設備があろ  必要からではあろ  好きだからでもあろ  自分があろ  仇があろ  皇叔があろ  かたにあろ  性格でもあろ  ほかにあろ  妙計があろ  報らせがあろ  鼓があろ  世の中にあろ  西丸様からお叱りを受け、どうあろ  画家かでもあろ  学生でもあろ  水害があろ  旱魃があろ  ひまがなくなったのででもあろ  今後どうあろ  夕べがあろ  何物かがあろ  時の声はこうでもあろ  後楯があろ  ことやあろ  お迎えがあろ  強兵があろ  死は近きにあろ  掌にあろ  途のあろ  不思議があろ  異存があろ  支度はもとよりあろ  他にあろ  勇があろ  差はだいぶあろ  見込みがあろ  幸福者があろ  通称があろ  影武者があろ  栄さんがあろ  私もかくあろ  所以でもあろ  事実があろ  関わりがあろ  しか知らないものがあろ  底にあろ  遠く後陣にあろ  わしが通るに、なんでさしつかえがあろ  軽率でもあろ  財産があろ  屈託があろ  所があろ  なんの用があろ  世の誹りは如何あろ  吉凶いかがあろ  器量があろ  礼儀でもあろ  イワレがあろ  立場がどうあろ  行きがかりがどうあろ  起りはどうあろ  男が多くあろ  対手があろ  音楽会があろ  事が、あろ  自分以外にあろ  結果はどうあろ  泊りに来た、するとあろ  今夜はどうあろ  詐謀があろ  目から左様でもあろ  食物があろ  汝了簡があろ  良心でもあろ  ことがまたとあろ  効目があろ  手法があろ  建造物があろ  常識がどうあろ  無我夢中でもあろ  禍いとなって、あろ  何処にあろ  訳があろ  覚悟があろ  手近にあろ  誤謬があろ  何者があろ  来世があろ  過去世があろ  用があろ  不平などのあろ  本があろ  ことを数えあげるとなおいろいろあろ  因縁があろ  斟酌があろ  仔細があろ  好き好きがあろ  原因があろ  永久にそうあろ  顔見覚えがあろ  私は呼んだでもあろ  彼女に勿論あろ  連れがあろ  ためしがあろ  楽にあろ  生涯にあろ  日があろ  二つとあろ  事実などはどうあろ  面倒があろ  盲点のあろ  飛道具があろ  褒美があろ  笑顔があろ  お金があろ  上がり下がりがあろ  能力があろ  法律がどうあろ  法律はどうあろ  物があろ  不可があろ  ゴセンタクがどうあろ  湯殿などがあろ  仔細のあろ  形はどうあろ  十倍以上はタップリあろ  身に引きくらべてでもあろ  税が高くあろ  洞察を与えたでもあろ  收まるであろ  ばほどなかろがあろ  わだかまりがあろ  慰めがあろ  偽善があろ  根本変りのあろ  人々は如何あろ  水田があろ  けじめがあろ  隔りがあろ  巧みであり力強くあろ  三義的変化は多少あろ  人寄場のあろ  気持があろ  屎があろ  ワキ師があろ  掻巻があろ  関りがあろ  世界があろ  筈があろ  であるから誤訳があろ  涙があろ  年があろ  自覚などあろ  丁子みだれがあろ  相違があろ  さまであろ  繃帯などがあろ  噂のあろ  権利のあろ  道理があろ  伍長でもあろ  大将でもあろ  ソンナ事があろ  身が、あろ  安否を気づかいつつあろ  減少率があろ  金のあろ  片腕があろ  愛着などあろ  事情がどうあろ  物思いがあろ  商工大臣でもあろ  思案のあろ  方があろ  両方があろ  折があろ  時があろ  望がどうしてあろ  家にあろ  箕で捨てるほどあろ  於てどうあろ  意味でもあろ  有機的錬金術でもあろ  味があろ  お方でいらっしゃるのに、あろ  窮屈でもあろ  限界が無かろうとあろ  ニュースがあろ  のがあろ  腕にあろ  武士があろ  農家でも、あろ  争いが起ったらしく、あろ  度胸があろ  事情はどうあろ  人通りなどのあろ  熱があろ  覚えのあろ  犯人があろ  あやかしのあろ  家から来てくれてがあろ  其所らにあろ  嫌のあろ  人のあろ  内外にあろ  音がどうあろ  関係がどうあろ  冷淡さがあろ  この世にまたとあろ  城下があろ  余地があろ  思召はどうあろ  上から吾に数え切れない借があろ  土地とてそうあろ  浴客があろ  あやまりであったでもあろ  方々があろ  方法は色々あろ  ものを興すにあろ  大分利目があろ  趣味があろ  分化があろ  それはどうあろ  神様があろ  収容して余りあろ  余裕などがあろ  子供のあろ  傷などはどうあろ  何のたのしみがあろ  仕来りがどうあろ  守役たる効いがあろ  酒屋において、あろ  国にあろ  種々書き様があろ  天気はどうあろ  人間が又と世にあろ  吸込孔などあろ  ものが、あろ  吉原があろ  惜しみなどあろ  耳があろ  託して、どうあろ  異存のあろ  問題があろ  異論のあろ  価値があろ  地底にあろ  手がかりのあろ  ようがあろ  光があろ  失恋でもあろ  先にあろ  きれいな尼前が世にあろ  崩壊は近きにあろ  途中にあろ  憾みがあろ  切ッてあろ  別天地があろ  余裕があろ  書物があろ  目があろ  水のあろ  のじゃけれ、もうもんて来るじゃあろ  賢所でもあろ  変化があろ  闖入者があろ  めがあろ  義理があろ  公武合体ではあろ  表現力のあろ  人気があろ  主義はどうあろ  正体がどうあろ  造作があろ  援軍があろ  性質がどうあろうとも、こうあろ  どちらがどうあろ  一家中異議のあろ  趣があろ  興味があろ  手があろ  さがあろ  隠し芸があろ  交渉があろ  見覚えがあろ  世界中にあろ  人間がまたとあろ  どころがあろ  こっちにも出ようがあろ  間違いがあろ  やつがあろ  身は、なんとあろ  残りがあろ  ことの無かったでもあろ  間違いのあろ  性質がどうあろ  彼はどうあろ  予見があろ  疑問があろ  晴らしあろ  何の生きてきた効いがあろ  兵力は優にあろ  負債があろ  上下があろ  ひまはもちろんあろ  意見があろ  態度は、いかにどうあろ  変があろ  者のあろ  無理でもあろ  腕力のあろ  禍いがあろ  反論のあろ  余香があろ  極にあろ  いかがあろ  不足があろ  日輪があろ  ことは、たびたびあろ  爆撃機があろ  世にあろ  迷惑でもあろ  の道こそ終生如何あろ  道のりどれほどあろ  妖怪変化などのあろ  マドロス君があろ  好意があろ  性質があろ  現在はどうあろ  ことしばらくにして、あろ  故障があろ  騒ぎがあろ  戦いには、こうあろ  一面があろ  地位にあろ  あばたがあろ  ちょっと心当りがあろ  古井戸があろ  生前がどうあろ  毒があろ  十一二歳でもあろ  難儀があろ  静御前でもあろ  地盤を固めようとするにあろ  世はいかにあろ  科があろ  そうなじゃあろ  於てあろ  災難があろ  雲助以外のものがあろ  安否がどうあろ  それはそうでもあろ  ことはどうあろ  長州がどうあろ  何の係り合いがあろ  怪我などあろ  首尾もどうあろ  奴がの、あろ  便があろ  からではあろ  声があろ  思惑外れがあろ  美点善処があろ  頬へ押しつけて、あろ  旅館があろ  幾人子供があろ  ものも、もとよりあろ  功徳でもあろ  ものがまたとあろ  温か味があろ  用事があろ  用件があろ  ドアがあろ  利便があろ  わけのあろ  恐れがあろ  しろ禅宗ではあろ  なかったからでもあろ  莫迦げた事があろ  節回しなどはどうあろ  きれいな国があろ  伴侶があろ  教育に抜かりがあろ  ちがいがあろ  ことよりも、実際はどうあろ  喜びがあろ  悲しみがあろ  否やのあろ  信義があろ  名分があろ  考えがあろ  友情があろ  路があろ  温泉宿があろ  ひばりでもあろ  美徳があろ  術があろ  入があろ  肩まであろ  影響があろ  憾があろ  ものが果してあろ  一行があろ  溝川へ、あろ  球団があろ  上野光子がどうあろ  夜叉ではあろ  前を横切ると共に、あろ  金力があろ  弁力があろ  何はどうあろ  河岸があろ  於てかれこれのあろ  勝利があろ  自然が美しくあろ  程度があろ  嘆きがあろ  どん底にあろ  殺陣があろ  剣山があろ  天才があろ  伎倆があろ  妾はどうあろ  性来悪人ではあろ  径路がとられたでもあろ  力があろ  迷惑ではあろ  このごろはそうでもあろ  出来事なぞ、あろ  姫柚子など、あろ  隙間のあろ  奴なんぞがあろ  ムダがあろ  幸福があろ  芸術がいくら沢山あろ  者が世にあろ  フランス人があろ  捜むれば数多あろ  時代があろ  ッてまたとあろ  前兆でもあろ  おりがあろ  二人とあろ  またまた機会のあろ  間隔があろ  念頭にあろ  温かみがあろ  異議異存のあろ  手段があろ  眼中にあろ  程度のもの、きついお叱りがあろ  恐怖時代があろ  のぞくことがあろ  他の譏りがあろ  かいがあろ  理由はいろいろあろ  壮大でもあろ  誰かに貸すのででもあろ  見解があろ  科学的テレヴィジョンでもあろ  連て来たなれば定めし驚いたでもあろ  利益があろ  根柢にあろ  処があろ  世界がどうあろ  他人がどうあろ  愁いことがあろ  方はいろいろあろ  苦情のあろ  一箇所でもあろ  そこにあろ  抱茗荷があろ  人通りなぞあろ  条件があろ  喜びが世にあろ  功があろ  通りがあろ  買手があろ  濶葉樹林とにあろ  お力があろ  有益ではあろ  ものが世にあろ  佯があろ  狂いがあろ  自分は決してそうあろ  さびしさがあろ  努力のし甲斐があろ  挙句、あろ  何のさまたげがあろ  面目があろ  困難があろ  才能があろ  さばきがあろ  生き甲斐のあろ  未来はどうあろ  ものと新しくあろ  努力が、どんなにいじらしくあろ  異があろ  機会がまたとあろ  天罰で、あろ  神馬草と呼んだでもあろ  御利益があろ  別れのあろ  行く末はどうあろ  容態はどうあろ  夏があろ  力でどうあろ  時節があろ  事は多くあろ  進歩があろ  八歳でもあろ  空家のあろ  曰くがあろ  からくりがあろ  治太夫、見ると、あろ  剣腕があろ  悲劇でもあろ  がいも、あろ  上がりがあろ  果ては、あろ  分別があろ  ことで引っかかりがあろ  知識があろ  気魄があろ  十分の金があろ  意味は種々あろ  手懸りがあろ  教唆者があろ  便利でもあろ  感じがあろ  家があろ  舞台があろ  こちらにあろ  前どうあろ  腕を広げて、あろ  小山ほどあろ  方がまたあろ  他に沢山あろ  日、色々あろ  眼があろ  ドレゴ様とあろ  益があろ  実力があろ  ことが又とあろ  場所があろ  学力があろ  欠点があろ  バーがあろ  事件があろ  争闘があろ  地上にあろ  身に覚えがあろ  射的屋があろ  咎があろ  ことがどうあろ  証拠があろ  開きがあろ  世界にあろ  どこへ行ったってあろ  範囲は狭くあろ  親しみがあろ  主人がどうあろ  妾アどうあろ  わしはどうあろ  係りがあろ  成程こうでもあろ  私心があろ  仕事癖があろ  文学があろ  豊かにあろ  いくら茶室があろ  茶器があろ  お告げにいつわりがあろ  秘密根拠地があろ  便りがあろ  其他いろいろあろ  四辺はどうあろ  御会式があろ  古書になんとあろ  日本名のあろ  路などあろ  闇があろ  政府がどうあろ  玉目がどうあろ  相手がどうあろ  うまいものがあろ  場所でもあろ  実りがあろ  貫属があろ  本意はどうあろ  玉目三郎がどうあろ  川があろ  迦陵頻伽もかくあろ  抜目のあろ  差支えなどあろ  以上間違いのあろ  手前らを、あろ  挨拶などのあろ  意気張りがあろ  いつかされたとなったらこうでもあろ  食いものがあろ  男があろ  閏があろ  手加減があろ  救いのあろ  民主化があろ  興があろ  思いはどうあろ  見識があろ  結局外観はどうあろ  類似があろ  美があろ  変りがあろ  増水があろ  ものが又とあろ  勇気があろ  何処に又とあろ  消費があろ  何枚も重ねて着たでもあろ  故で、あろ  経験などのあろ  門があろ  見覚えのあろ  残額はいくらあろ  お土産があろ  なかったでもあろ  事が又とあろ  名があろ  色があろ  科学的根拠があろ  サービス精神からのものでもあろ  別などあろ  帰りがあろ  聴く必要があろ  検閲官以外にそうあろ  命のあろ  風味があろ  それも多少あろ  点はどうあろ  民主主義者があろ  神戸にあろ  露があろ  ものは、いかにあろ  他にもまだあろ  役不足のあろ  町人があろ  場があろ  記憶があろ  階級的対立などがあろ  予言としてでもあろ  全体社会だと考え又はあろ  設備のあろ  訳のあろ  異常のあろ  不忠でもあろ  環があろ  邪教があろ  信徒でもあろ  八人でもあろ  大江戸にあろ  痕跡があろ  血痕があろ  信者でもあろ  ことだって、あろ  心配があろ  ことができたでもあろ  ことを見て取ったでもあろ  破滅があろ  点ではどうあろ  不自由でもあろ  曲折があろ  明け暮れがあろ  海中へ落ち込んだでもあろ  機があろ  特徴が、あろ  所業など、どうあろ  重荷があろ  見込みなどがあろ  大切でもあろ  変革があろ  精神生活と共にあろ  穴から見ようとすれば見えたでもあろ  絶望などあろ  理があろ  武者修業があろ  天地にあろ  意味にも色々あろ  町があろ  真意はどうあろ  出入りがあろ  もっと稼ぎがあろ  自殺などがどうあろ  勝味があろ  われわれ仲間にあろ  結果が、どうあろ  差別があろ  省みる必要があろ  外にあろ  隙間があろ  人々がどうあろ  充分にあろ  背景があろ  武者修行があろ  どれほどあろ  人生などがあろ  どこかにあろ  利目があろ  変事があろ  曲者があろ  出来事とはいえ、あろ  淵源があろ  資格のあろ  五十位でもあろ  手帳でもあろ  今は斯くあろ  ためにどうあろ  手腕があろ  隠密があろ  原因がどうあろ  ことは、毛頭あろ  異議のあろ  相があろ  二人死ぬ必要があろ  科学者たちは数多くあろ  湯豆府とあろ  たかにあろ  金があろ  権威があろ  輝きがあろ  地があろ  覚へがあろ  期のあろ  世間にあろ  厭でもあろ  井戸があろ  今さら未練があろ  情のあろ  重量があろ  区別があろ  血友病が到底あろ  中にあろ  頭があろ  首があろ  態度にあろ  妨があろ  組織があろ  日本にあろ  軟骨でもあろ  姫御前とあろ  佳境に入ったでもあろ  時は信じていたでもあろ  ことが世にあろ  処方のあろ  ときがあろ  屋敷にあろ  邪魔があろ  の機があろ  那辺にあろ  事が沢山あろ  涯しもあろ  処にあろ  可能性が大いにあろ  文法的に正しくあろ  絹がどうあろ  ソツのあろ  囚人でもあろ  便宜があろ  国情がどうあろ  立つ瀬があろ  意志のあろ  半蔵は覚えがあろ  魅力があろ  一ヶ所でもあろ  死にたい兵隊のあろ  ワケがあろ  名はどうあろ  方法があろ  思惑もどうあろ  技倆があろ  気質ではそうでもあろ  今まであろ  境界があろ  見方ではあろ  神を下すとなると、あろ  教養があろ  知性があろ  ショパンでもあろ  狂いのあろ  識合があろ  気兼ねがあろ  ざらにあろ  意外のあろ  余地のあろ  雪駄があろ  わらじがあろ  ように思われたでもあろ  子細があろ  うちに、あろ  重宝にあろ  飄逸があろ  節があろ  ちゅうちょがあろ  藪にあろ  籠にあろ  善悪がどうあろ  手品があろ  ちゅうちょのあろ  上にあろ  二階にあろ  おかしいことがあろ  素姓身分はどうあろ  いわくがあろ  夫を、あろ  お嬢さんでもあろ  活動などあろ  廻しようがあろ  どこに沢山あろ  個人的結果がどうあろ  相殺されて余りあろ  脱漏がおそらくあろ  国があろ  芸術があろ  耕地があろ  肥料があろ  余りがあろ  傾向があろ  得意でもあろ  から何となく新しくあろ  重圧があろ  手配りがあろ  誰一人として異議のあろ  年齢をこして、人間らしくあろ  のものでもあろ  利き目があろ  食があろ  ものがあったでもあろ  名望があろ  悪意のあろ  虞れがあろ  影響のあろ  船があろ  奉公は辛くもあろ  解答がどうあろ  差別はどうあろ  闘争に踏み荒らされたでもあろ  声がかかったでもあろ  感情がどうあろ  当人はどうあろ  学説としてはそうでもあろ  沈思してそうあろうそうあろ  馬なんかあろ  必要なんかあろ  名誉に感じたでもあろ  説教があろ  連中はどうあろ  立場があろ  調べがあろ  ここで、あろ  枯葉でもあろ  治部少輔三成にもなんぞあろ  直江にあろ  のは当然でもあろ  地下室があろ  秘密があろ  註文のあろ  足場があろ  慥にあろ  世界に住み馴れ、どうあろ  多分短刀でもあろ  挨拶があろ  戦争があろ  地震があろ  はずのあろ  方のまたあろ  もののみあろ  跳り出ずにあろ  風のあろ  塔はどうあろ  破戒のあろ  僧があろ  作家があろ  解釈はいろいろあろ  国家についても、いろいろあろ  如何にあろ  藤原村辺りでも、あろ  ことはままあろ  落度があろ  法は、いろいろあろ  過去はどうあろ  頭を打たれたらどうあろ  なにがあろ  かにがあろ  ことをゆるしつつあろ  死があろ  結局何があろ  いくじなしにもほうずがあろ  嘘があろ  人などのあろ  斯世にあろ  妖怪変化があろ  騒ぎなどあろ  プロデガルがあろ  理論的にはどうあろ  不便でもあろ  念の為、押入れを捜してみましたが、もとより、あろ  どれだけあろ  櫛があろ  継続でもあろ  近くにあろ  省略があろ  



前後の言葉をピックアップ
アレンヂ  アレンヂメント  アレヴイイ  アレー  在ろ  有ろ  アロア  アロアア  アロイス・フォン・ヴェルネル  アロイヂオ


動詞をランダムでピックアップ
引替える蝕す哭き簸る食いつなぐ死にかけむくいる入り浸っ飛立ち纏めれ繋ぎおそわっ生まれ誑かそすれ違う尊べ立てかけるのりこなさ重なるなきゃ
形容詞をランダムでピックアップ
程よきむし暑かっ眩しかっしんど泥深いひさしきつめたうしめっぽくずるむさうふさわしかっ疚しから青白いりりしくうすけれおぞましそうぞうしく疎々しかっ小うるさくもの凄く