「あらため」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あらため[動詞]
表面をあらため  跡をあらため  中をあらため  形をあらため  言葉をあらため  紙入れをあらため  刃こぼれをあらため  庭内をあらため  から一応あらため  葉色をあらため  ここをあらため  穴蔵をあらため  ひとつ中身をあらため  戸棚をあらため  裏をあらため  員数をあらため  テキパキとあらため  充分におあらため  それをあらため  傷口をあらため  舟をあらため  一党独裁はあらため  ためにあらため  顏色をあらため  食塩入れもあらため  入れ物をかわるがわるあらため  ものをあらため  小説に書きあらため  ようにあらため  玉帯をあらため  眉をあらため  身構えをあらため  号令をあらため  元年とあらため  黄龍元年とあらため  疲れをあらため  兜をあらため  日課があらため  愆をあらため  風貌をあらため  直ちに小説に書きあらため  これはあらため  態度をあらため  旧態をあらため  容をあらため  服をあらため  数をおあらため  支度をあらため  ことばをあらため  軽装にあらため  態度をおあらため  装いをあらため  考えは、あらため  ものを、変えあらため  眼をあらため  ここであらため  かさにふるってあらため  まわりをあらため  焼け跡をあらため  善昌とあらため  堂内をあらため  隈なくあらため  丁寧にあらため  疵口をあらため  詞をあらため  品を一応あらため  一軸を一応あらため  死骸をあらため  正行とあらため  疵をあらため  からだを一応あらため  筒袖をあらため  江戸を終るまであらため  戸棚をあけてあらため  板などを払ってあらため  二階をあらため  死体を一応あらため  写真全部をあらため  ところで一々にあらため  家を一応あらため  寝巻を払ってあらため  身内をあらため  注視してあらため  恵源とあらため  叮嚀にあらため  くそこらをあらため  裏側をあらため  馬をあらため  調子をあらため  事をあらため  クリストフはよくあらため  山岸敬明とあらため  制度をあらため  ことにあって、そういうあらため  毎日書きあらため  高とあらため  重ねにあらため  死顔をあらため  家内を残らずあらため  あいだを一々にあらため  風俗慣習をあらため  声をあらため  衣をあらため  名札をあらため  個所をあらため  ずみをあらため  下をあらため  裏表を長くあらため  面目をあらため  語調をあらため  姿勢をあらため  盥をあらため  姿を一々あらため  指導的態度をあらため  考え方とをあらため  財布をあらため  周囲をあらため  自分をあらため  毛をあらため  様子をあらため  心持形をあらため  習慣をあらため  鍵をあらため  服装をあらため  六平はもっともらしく又あらため  古文書をあらため  中もあらため  傷をあらため  丹念にあらため  顔をあらため  人数をあらため  髪をあらため  それがあらため  打ち所をあらため  膝をあらため  居住いをあらため  衣服をあらため  首をあらため  数をあらため  読み方にあらため  死などをあらため  旅人を一々にあらため  あとであらため  たか言もあらため  



前後の言葉をピックアップ
改め  改めよ  革め    改め  アラタメテ  あらためて  改めて  検めよ  あらためよ


動詞をランダムでピックアップ
くいちがっつみとっ運び出さ馴れる挑めおきろ歩こ簸る困り果ておおせくすぐ垂れ下がるぶちこわす叫べ染めろ衝く忘れ去見離し追返すつまり
形容詞をランダムでピックアップ
ふがいなくいぶかし人間らしく気遣わしいなれなれしいちかかっ薄ら寒酷かろ照れ臭かっつましい気ぜわしかっ薄い寒い物淋しかっ暑かろはげし侘しい旨かっ騒がしけれ相容れなけれ