「あやめ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あやめ[動詞]
伯爵をあやめ  人をあやめ  人をむごたらしくあやめ  兄をあやめ  浦をあやめ  のをさいわい、あやめるともなくあやめ  わたくしがあやめ  命をあやめ  父をあやめ  音蔵があやめ  三人をあやめ  旅人をあやめ  これまであやめ  ためにあやめ  

名詞

あやめ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
アヤメも分たぬ  あやめ咲くとはしほらしやと  あやめもわかぬ  あやめの名を呼ばれる  あやめは赤毛氈を掛けた  あやめが黒地に金泥をもって  あやめは居ないという  あやめは席を退いた  あやめを訪ねて来た  あやめに逢いたいと言った  あやめの阿  あやめのことをお訊きになる  あやめが行方不明となった  あやめがあの独楽を手に入れた  あやめは断った  あやめを付け廻し  あやめの疳に障り  あやめには荷厄介の物に思われて来た  あやめは悪戯をしてしまった  あやめはそう思った  あやめは心をそう定めた  あやめも空店から走り出し  あやめは思ったので  あやめは呼んで  あやめは気がついて思った  あやめは立ち上った  あやめが雇ってくれた  あやめとなる  あやめの顔を見詰めながら  あやめは主税を探しにかかった  あやめは云う  あやめは云った  あやめの顔を見詰め  あやめの顔を見守った  あやめも唾を呑み  あやめは門の方へ先頭に立って走った  あやめの方へ突き進む  あやめをお八重と間違えたらしく  あやめの手が素早く内懐中から抜かれて  あやめが一人で坐っていた  あやめは唄い出した  あやめの声には艶があった  あやめは唄っている  あやめは溜息をし  あやめは立ち上ったが  あやめは縁側へ出て行って  あやめは眼を移し  あやめは座敷へ引き返し  あやめの声がそう云った  あやめは云って  あやめと一緒に住む  あやめの寄せてくれる  あやめの心に従わなければ  あやめの泣いている  あやめと一緒になろうか  あやめは涙の眼を見張って  あやめという女と住んで居るよ  あやめとははっとした  あやめとの住居から奪い  あやめやお葉の母親だけあって  あやめとが身体をよせながら  あやめはあやめで又思った  あやめを引っ抱えて  あやめが突いた  あやめは木立をくぐって走った  あやめは逃げるに  あやめは走った  あやめとは振り返って見た  あやめとが寄り添っている  あやめも消えてなくなった  あやめとを飲み込んだ  あやめとはハッとなった  あやめは怯えた  あやめも立った  あやめは前歯を鳴らしながら云った  あやめも続いた  あやめが驚喜の声をあげた  あやめは褄をかかげ  あやめにもわからなかったが  あやめが下を見下ろしている  あやめはそれには答えず  あやめの声が遮った  あやめなどを討ってとるより  あやめとお葉とが立っていた  あやめは叫び  あやめは勘兵衛に引導を渡し  あやめと主税とは夫婦になり  あやめがかをつて来ると  あやめも分らぬ  あやめもわかず  あやめがある  あやめが咲いてゐた  あやめの露けく咲いてる  あやめに活けかへる  あやめの歌合といふを試みけり  あやめを隔ててこなた  あやめも知らぬ  あやめの二人名の女文字になんとなく通う  あやめもつかぬ  あやめも分らずもつれ合った  あやめを移し植えて  あやめは池のほとりを囲み  あやめの株も残さずに植え代えてしまった  あやめはとうに花をちぢらせ  あやめさせ合う  あやめとかきつばたの区別のつかん  あやめもいかにわく  あやめのねのみ泣かれん  あやめもわかず泣かれけるねの  あやめもたへなる  あやめと引き煩いながら書き続くる  あやめを踏み分けて  あやめも分かず迷う  アヤメとツバメの手拭はうちにもつかっています  あやめを看  アヤメがぐらついている  あやめ咲くとはつゆしらず  アヤメといえば  アヤメと呼べば  アヤメはまさにハナアヤメといわねばならぬ  アヤメがあったからだ  アヤメといっていた  アヤメの名が廃れた  アヤメと呼ぶ  アヤメとなり  アヤメがこんがらかって  アヤメを美花の咲く  アヤメとしているけれど  アヤメは陸草だから水中には育たない  アヤメの花と同じ様子をしている  アヤメやカキツバタと少しも変わりはない  アヤメといった  アヤメとなった  あやめの花も咲きました  あやめの花が縁日の夜店に出はじめて  あやめをふかしながら  あやめも分かぬはした  あやめの園にあづまやを建つ  あやめ咲く園の細道いくめぐり  あやめの目にたつ  あやめの上をとぶ  あやめの花を見た  あやめの前という美女を君からいただいて  あやめが咲いて  

~ あやめ[名詞]1
附近はあやめも  湯もあやめの  女太夫のあやめ  主税があやめを  葉掘りあやめの  女はあやめ  その後もあやめを  それがあやめの  高祖頭巾をかむったあやめ  曲独楽使いのあやめと  ようにあやめは  ヒタとあやめの  爪びきに合わせてあやめは  不意にあやめは  不平そうにあやめは  縁に立って見ているあやめの  背後からあやめの  主税とあやめばかりは  主税とあやめとは  襟を掻き合わせたあやめ  主税とあやめとが  主税とあやめとの  あやめはあやめで  主税はあやめを  横からあやめが  方へあやめは  主税もあやめも  主税とあやめとを  その後からあやめも  主税にもあやめにも  主税やあやめなどを  のはあやめ  真暗なあやめも  色にあやめも  あざみをあやめに  雨ふるあやめで  朋輩をあやめしかどにより  そこのあやめも  オバサンとアヤメ  毎日二本あてのあやめを  一芽のあやめの  移し植えたあやめは  いのちを競わしあやめ  花とあやめの  菖蒲とあやめと  何のあやめも  生ふるあやめのねのみ  燕子花いづれあやめを  潮來出島にあやめを  中でもアヤメ  謡のアヤメが  今日ではアヤメと  本当のアヤメが  本当のアヤメの  ショウブをアヤメと  ショウブに対するアヤメの  白菖がアヤメ  今日のアヤメが  ハナアヤメがアヤメと  中にあるアヤメが  謡のアヤメを  Irisのアヤメと  #古名のアヤメで  美花を開くアヤメは  構造はアヤメや  これをアヤメと  Irisのアヤメでは  右ショウブをアヤメと  Irisのアヤメは  右Acorus属であるアヤメの  名も消えてアヤメと  六日のあやめ  白黒のあやめも  路はつきてあやめも  づめて藁ふきてあやめの  廣園のあやめの  二つを喜ぶあやめ  園のあやめは  白妙のあやめの  どこかであやめの  

~ あやめ[名詞]2
もうあやめ  そうあやめ  このあやめ  にわかにあやめ  そのあやめ  やがてあやめ  又あやめ  いっそあやめ  いずれあやめ  しばらくあやめ  このアヤメ  単にアヤメ  皆目あやめ  白きあやめ  

複合名詞
あやめ團子  あやめ杜若  あやめぐさ  アヤメ科イリス  同属ネジアヤメ  あやめなぞ  五月あやめ女史  あやめ十二銭  アヤメ踊り  浪速あやめ  一体あやめ  今日あやめ  中あやめ  あやめ殿  アあやめ  瞬間あやめ  あやめ達  ぢあやめ  花あやめ鋏  あやめ模様  草あやめ  花あやめ  あやめ祭  あやめあざやか  あやめ踊り  あやめ踊り今様  皐月あやめ  あやめ酒  梅桜あやめ  月日あやめ大吉  あやめ会  あやめ草あやめ  君あやめ  呼びたまふこそうれしけれあやめ  あやめ香水  あやめ草あし  あやめふく頃  アヤメ科  全体アヤメ  ハナアヤメ  図アヤメ  アヤメ科中  とおりハナアヤメ  みかあやめぐさひく手  沢村あやめ  吉沢あやめ  若衆形吉沢あやめ  あやめ太刀  アヤメ香水  あやめ菖蒲草  あやめ草  あやめさく  



前後の言葉をピックアップ
あやまろ  彩水  アヤム・ジャンタン  アヤム・ベチナ  あやめ  文目  殺めよ  綾目  殺め  アヤメグサ


動詞をランダムでピックアップ
下り立つ攫め熱ら埋まっ合わす喜ん廻らくりだし下さ坐ら踏みにじくみ訓ずるそなわる乗越し惚れろ泥みくつがえろいがみ漕が
形容詞をランダムでピックアップ
度し難し果てしなきみっともなく残り多い易けれまわりくどいよわくかん高い甘ったるいいやしく草深き敏い臭くっいさぎよい喧しき待遠しかっおっかない苦しく心弱く