「あやしん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あやしん[動詞]
なにごとがはじまったかとあやしん  それをあやしん  夢を見てあやしん  錯覚ではないかとあやしん  張飛はあやしん  玄徳はあやしん  孫策はあやしん  監視人があやしん  二はあやしん  大将はあやしん  心をあやしん  みな彼をあやしん  ことばをあやしん  のではないかと、あやしん  同僚があやしん  藤房はあやしん  ちょっと、あやしん  私をあやしん  のではないかと、ふと、あやしん  自分にあやしん  素子があやしん  断言ぶりをあやしん  のかをあやしん  気配をあやしん  彼はあやしん  



前後の言葉をピックアップ
怪しみ  あやしむ  怪しむ  怪しめ  怪しゅう  怪しん  あやす  アヤス  あやせ  綾瀬


動詞をランダムでピックアップ
握りしめあがなうおきわすれたいらげなまめい斬る漬けこん価するみわたす枯らす身罷っ蒙れ借り切ら付けんあてはまる謀る手馴れつとめるひり
形容詞をランダムでピックアップ
暑く疎いまばゆかっあったかかっ低きこすきしおらしきいさましくぼろいだだっ広い硬くっ心無く涼しいておもあつくるしい豪く擽ったかっ口汚い間遠かれ