「あや」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ あや[形容詞]
落し穴あや  婆あや  古いあや  返す返すあや  形勢あや  他あや  ばあや  

~ あや[形容詞]
言葉のあや  眼もあや  たくみにあや  心のあや  血をあや  上手にあや  薄墨のあや  おまえのかあや  今までかあや  目もあや  渡りのあや  道にあや  花ぞあや  闇のあや  露よりもあや  留守にあや  庭をあや  時のあや  夜のあや  一時のあや  人間すらもあや  僕はばあや  望みにあや  

あや[形容詞]
あやさ  あやなゴブラン織  あやふげ  あやん  あやふき  あやつつてむかう岸  あやまり  あや言葉  あやな景観  あやつの  あやふし  あやー  あやつつてゐ  あやだけにはいつまでも  あやしめるなり  あやしめるさま  

名詞

あや[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あやに畏きすめ  あやにめづらしき姿かたちをおもひうかべ得られん  あやも直感的に分る  あやにくに夢の無き事あり  あやにくに見えた  あやを見て居られる  あやとうなづかれぬ  あやは国王の夫人の称号から出て  あやに咲き乱れている  アヤを逸早く洞察し  アヤがあると  アヤを解いて  アヤはわけなくとける  アヤがある  アヤをすっかり見ぬいてしまった  アヤがあるな  アヤをほぐして見ようか  アヤがなければならぬ  あやとこそ思ひし  アヤが判らない  あやをつくり  あやなき物をも思はするよ  あやをかいくぐって  アヤして見せた  あやを読みとろうとする  あやに見送られて  あや阿魔つちよが口を利いた  あやふい一線に手綱をひきしめてゐる  アヤして見せる  アヤして見せて  アヤすように呼んだ  アヤすように言った  あやに寝そべったり  あやを知らない  アヤがかけよって来て  アヤと腕を組み  あやにくに哀なる  あやをつけたりして  アヤかるようにしたら  アヤという十八になる  アヤの実母は三年前に死んで  アヤは胸に病いがあるから  アヤは病身をおして父の死顔に一目挨拶にと来たものの  あやに走ると  あやにゆらゆらとゆらめきわたる  アヤは見えなかったが  あやを打つたり  あやなる極彩色にぬりつぶされて行く  あやのお話をきいてよろこんで  あやでさえもよしとはしない  あやにしたり  あやの給仕で夕飯をくってしまった  あやがあまを下手にやり損じると  あやに取って  あやのお関さんと相談して  あやにめづらしき姿かたちをおもひうかべえられん  あやになる  あやと表情饒かな微妙な振舞とに溢れるばかりの  あやなくも隔てけるかな  あやにくなと言っても  あやにくな  アヤなされてゐる  あやになって  あやにくにも正面からさしてきていたので  あやにくにこんな時に大将からの使いが来たなら  あやにくに梅の花の香は箱を洩れてする  あやがいて  あやというものだけが残っている  あやがいなかったら  あやにくに虫歯病む  アヤを合わせて  アヤの薬代を払った  アヤが起き出し  アヤがチャブ台を出す  アヤが大分手のこんだ  アヤを方面委員の手で療治させよう  アヤやそのあたりを見廻した  アヤだって安心して  アヤは方面委員の世話で慈恵病院に入ったが  アヤが死んだ  アヤのお骨をひろって  アヤのお骨壺をのせた  アヤの骨壺を見た  アヤの骨をどこへ埋めるにも  アヤの骨壺がしまってある  あやんもっとほかの話して  あやん喧嘩した  あやに対して抱いている  あやを吐きつくした  あやに拾い読みして貰っていると  あやに素直に饗応された  あやに尊み  あやにゆかしみ  あやがわかろう  あやに織り込まれている  あやにややっこしい  あやとして取り入れられた  あやに案内してもらって  あやに一寸挨拶をし  あやがお茶をあの小窓から渡した  あやに煽られて  アヤは背中の荷物をゆすり上げて  アヤの説明を聞きながら  アヤの形容に依れば  アヤから説明を聞いて  アヤに尋ねた  アヤの冒険を批評した  アヤは興奮して  アヤの勇敢なところを大いに見せびらかさうといふ  アヤの取り集めた  アヤに案内されて  アヤは悲しさうな顔をした  アヤは走  アヤに言ひつけた  アヤは怪力を発揮し  アヤの肩に手を置いて  アヤは現在も私の家に仕へてゐるが  あやに手紙を出す  あやに可愛がってもらっても  あやにしき嶺は妻戀ふ  アヤもみえない  あやに畏き高千穗の聖火は今に燃え  あやにかかずらう  あやが運んで来てくれた  あやは口がきけない  あやは犯人であり得ない  あやとして観ても  あやはその以前から長く奉公していた  

~ あや[名詞]1
古今のあやに  余は疑えりあや  心理のあやも  のがあやに  着物のあやを  じき筆のあやと  目もあやに  あれだけのアヤを  事件のアヤを  ア複雑んだアヤが  凧合戦のアヤを  複雑んだアヤが  テッキリなにかアヤが  言葉のあやとこそ  涙にあや  五色のあやを  言葉のあやを  人形をアヤ  ゆきばあやの  気持にあやが  夢のあやを  一人のせてばあやに  上からアヤ  種はアヤ  延はアヤ  孫でもアヤ  眼もあやに  野良着のアヤが  とめはアヤと  情のあやに  話にあやを  忠実さにアヤ  おしまひにはばあやを  眼もあや  親切なばあやの  花子さんはばあやの  文字のあや  眼をあやに  兼ばあやの  感受性のアヤで  興行政策に依るあや  私に附き添って来たばあやの  数十冊のあやに  たよりにならぬばあやが  言葉のあやと  ことによってあやに  事件のアヤが  言葉のあやに  虎猫があやに  日があやに  闇はあやなしあやに  多賀さんというばあやが  白たすきをあや  エスターばあやが  妹のアヤを  ことのあったアヤが  手づるでアヤを  病人のアヤや  火葬場からアヤの  風呂敷をひろげてアヤの  そうにアヤの  戸棚にアヤの  人情のあやに対して  命のあやを  小説をばあやに  時間をばあやに  そこをしもあやに  心のあやが  目もあやにや  げなあやに  僕たちにアヤの  金木に於けるアヤ  紅葉のあやに  草木のアヤも  こころもちなどのあやは  微妙なあや  河があやを  目もあや  朝ばあやが  耳の聞えないばあやの  ものとすればばあやは  歴史のあやとして  元というばあやは  

~ あや[名詞]2
なにかアヤ  そのアヤ  深いあや  ひ弱いアヤ  そのあや  

複合名詞
あやふく鉄拳  シアヤ  あやふく  くもあや  ばあや  あやぎれもなくおはりよ  おいらあや  おいらぁや  あや按司  婆あやさん  アヤマチ  アヤマチ以上  通りアヤマリ  あやふき  平あやまり  アヤマリ  のりあや  アヤカシ  ばあやさん  あやふく笑ひだ  かなめあやふく  アヤ公  あや子供  あやふかりき  アヤさん  アヤ一人  あやつめら  あやふき命  アヤマルの  鬼婆あや  あやちや  あやちやん  あや目  あやごと  あやちゃん  あやつめ  あやかな人  あやふく落涙  ばあやさんお松さんそれ  あやさん  あや夫人  あや様  ばあやたち  あやふく屋根  婆あやあい  婆あや  あやふさ  あやふく舟  あやふく卒倒  あやふく羽織つて  あやふく乱  アヤたち  あやふく自分  アヤちゃん  神あや  二八あやがき  六あや  四一あや  



前後の言葉をピックアップ
  異な  あや        異い  あやい  怪い  異う


動詞をランダムでピックアップ
連だっとまれ震わし消し飛ば震えあがらいそぐ繰り入れ組伏せ拝する架かり湧こ輝っとどろかす躍りかかろながせるつれもどさ言い淀んたかめさらせる重なり合わ
形容詞をランダムでピックアップ
ほしく心地好いとおからおろかしいさむけれ目敏いとわし軟らかいいたましい忌々しかっ多けれのっぴきならなかっ頼もしきでかしこころもとなおそれおおく無う生白く心許ない真白し