「あまねく」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ あまねく[形容詞]
足跡あまねく  光あまねく  日間あまねく  簾あまねく  中あまねく  燈あまねく  程あまねく  枯山あまねく  汝あまねく  當時あまねく  勢力あまねく  闇あまねく  ほとんどあまねく  

~ あまねく[形容詞]
やうにあまねく  どこにもあまねく  威勢はあまねく  徳化にあまねく  威名天下にあまねく  地にあまねく  郡県にあまねく  闇をあまねく  國にあまねく  軽焼があまねく  一間にあまねく  四海にあまねく  名声天下にあまねく  各地にあまねく  名所などもあまねく  先代があまねく  理想郷としてあまねく  人類一般にもあまねく  六日目にあまねく  上にあまねく  全国一般にあまねく  何かがあまねく  交遊天下にあまねく  

あまねく[形容詞]
あまねく惜しみ  あまねく布令  あまねく行き渡  あまねく分布  あまねく世間  あまねく御飯  あまねく設置  あまねく徳  あまねく感得  あまねく世  あまねく内外  あまねく天下  あまねく問  あまねくこまか  あまねく食卓  あまねく日  あまねくカイーナ  あまねくトスカーナ州  あまねく山  あまねくイタリア  あまねくトスカーナ  あまねく天  あまねく森林  あまねく労働  あまねく推奨  

副詞

あまねく[副詞] ~ 1
あまねくくれなゐ  あまねく統一的に  あまねく修学  あまねく世界を  あまねく人類に  あまねく国人の  あまねく徒食の  あまねく人民に  あまねく人の  あまねく凡俗人等の  あまねく天下に  あまねく万象きよらか  あまねく人間に対する  あまねくドサクサの  あまねく義捐を  あまねく世間に  あまねく一切に  あまねく地に  あまねく天津神・国津神を  あまねく都鄙を  あまねく名山  あまねく世間が  あまねく探索  あまねく世人の  あまねく世に  あまねくこれを  あまねく世界の  あまねく俗間に  あまねく白鶏を  あまねく一町に  あまねく夜叉の  あまねく日本国じゅうに  あまねく慈悲を  あまねく名前の  あまねく諸国に  あまねく日本の  あまねく右舷  あまねくこだま  あまねく露語学生を  あまねく照  あまねく影を  あまねく常の  あまねく諸州で  あまねく天下を  あまねく下界を  あまねく潮の  あまねく獄を  あまねくあたりを  あまねく東を  あまねくイタリアの  あまねくトスカーナに  あまねく蒼より  あまねく上流人士に  あまねく旅行家により  あまねく異論の  あまねく人口を  あまねく十八シリングずつ  あまねく騰貴  あまねく引上げ  あまねく高率の  あまねく下落  あまねく平和の  あまねく何れも  

あまねく[副詞] ~ 2
あまねく聞え  あまねく降りかかる  あまねく探し求める  あまねく知る  あまねく満ちあふれ  あまねく巡っ  あまねく知られ  あまねく捜し求めた  あまねくゆきわたった  あまねく降りつもっ  あまねくたずねける  あまねく流行る  あまねく知られる  あまねく知らせる  あまねく知らしめたい  あまねく薫じた  あまねく告げしめた  あまねく行き渡った  あまねく知られざる  あまねく救う  あまねく行き渡っ  あまねく用い  あまねく伝えられ  あまねく眺め  あまねく茂る  あまねく感じられ  あまねく漁りつくし  

( ~ )あまねく( ~ )
暗くあまねく  あまねくほし  さらにあまねく  既にあまねく  濃くあまねく  世にあまねく  あまねく強き  するどくあまねく  すでにあまねく世に  ほとんどあまねく  



前後の言葉をピックアップ
普き  洽く  遍く  普く  普く  あまねく  遍く  アマネク  洽く  遍し


動詞をランダムでピックアップ
招ぜよ反り返呼び込も倣おかわくわるびれるしなお追い詰めへりくだる講じよ見限る轢かかいこみ取りつこ付け加えひたり掻い潜っはばかっそぼ降る流し込も
形容詞をランダムでピックアップ
みじか細かっひろ淋しから痛いたしく甘くあわただしけれ物珍しかっ面倒くさし数少な恥ずかしく熱苦しき物足りなかったどたどしい懐しくそらおそろしせつな凄まじ