「あつめ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あつめ[動詞]
枯枝をひろひあつめ  これほど拾いあつめ  よりよりひたいをあつめ  力をあつめ  醫者に思ひをあつめ  雑木をひろひあつめ  思いをあつめ  人をあつめ  學者數人、召しあつめ  首脳部をあつめ  ゴム風船をよせあつめ  額をあつめ  ものをよせあつめ  土木用具などをあつめ  木片をあつめ  者を呼びあつめ  心をあつめ  聴覚にあつめ  崇拝をあつめ  かぎりをあつめ  腕にあつめ  きれい首をあつめ  枯杉をあつめ  眼をあつめ  気力をあつめ  将卒をあつめ  拾ひあつめ  注意をあつめ  上にあつめ  一万つぶずつあつめ  不安をあつめ  耳目をあつめ  観衆をあつめ  作品をあつめ  民間有識人をあつめ  関心をあつめ  神経をあつめ  手を借りあつめ  三拾いあつめ  頭をあつめ  鑵をあつめ  金貨を掻きあつめ  生命をあつめ  全員をあつめ  食いものを素早く掻きあつめ  平面にあつめ  たそがれの光りをあつめ  下役を呼びあつめ  目金をあつめ  銀貨をひろいあつめ  かけらを拾いあつめ  敬愛をあつめ  ゅう一同をあつめ  花粉をあつめ  視線をあつめ  目をあつめ  茶碗をあつめ  ひとつみんなから慰問金をあつめ  社員からだって、あつめられるだけあつめ  不平をあつめ  申込みをあつめ  美女をあつめ  馬首をあつめ  ひとりであつめ  宗教物ばかりをあつめ  草木をあつめ  お手伝いさん達を駆りあつめ  一身にあつめ  例のちらちらする幻を拾いあつめ  陰毛をあつめ  陰毛を拾いあつめ  それを拾いあつめ  金をあつめ  注目をあつめ  投票をあつめ  票をあつめ  女をあつめ  花びらを寄せあつめ  今度はあつめ  ものがあつめ  三集にあつめ  文芸評論があつめ  集にあつめ  見聞記があつめ  物語があつめ  ジャーナリストをあつめ  腹心をあつめ  眸をあつめ  山のごとくあつめ  兵力をあつめ  未央殿にあつめ  類まで狩りあつめ  柴を伐りあつめ  鎧光をあつめ  賢をあつめ  精兵三千をあつめ  賢才をあつめ  例外をあつめ  署名をあつめ  人気をあつめ  演説をあつめ  記事をあつめ  ものをあつめ  埃をあつめ  原料を買いあつめ  出所にあつめ  眉にあつめ  大将をあつめ  ひとつにあつめ  顔をあつめ  実を拾いあつめ  諜報を悉皆あつめ  見聞をあつめ  釘などを拾いあつめ  資料をあつめ  統計をあつめ  木苺をあつめ  内外へはこびあつめ  残党をあつめ  みなここへ呼びあつめ  部下をあつめ  味方をあつめ  情報をあつめ  軍をあつめ  将をあつめ  襄陽にあつめ  みやげ物をあつめ  ていねいによせあつめ  品物を買いあつめ  商品を買いあつめ  宝石を拾いあつめ  のを買いあつめ  友達を呼びあつめ  首をあつめ  耳にあつめ  たくさん、あつめ  衆臣をあつめ  小舟をあつめ  百姓をあつめ  同志をあつめ  臣下をあつめ  詩集にあつめ  船をあつめ  狙いをあつめ  一ヵ所にあつめ  道士をあつめ  枕頭によびあつめ  朝臣をあつめ  群集をあつめ  灰を掻きあつめ  消失事件と共にあつめ  勢をあつめ  百姓たちを呼びあつめ  群臣をあつめ  情報があつめ  将星をあつめ  ひたいをあつめ  人骨をよせあつめ  一つところにあつめ  注視をあつめ  成果でも洩れなくあつめ  片方ずつによせあつめ  信望をあつめ  まわりにあつめ  材料をあつめ  料理を狩りあつめ  ラジウムその他をあつめ  一個所にあつめ  放射物質だけをあつめ  全員をよびあつめ  隊員をあつめ  罐詰を買いあつめ  印象をあつめ  代表をあつめ  史料をあつめ  コマ人をあつめ  面々を呼びあつめ  人達を呼びあつめ  友伴れをあつめ  子供たちをあつめ  死骸をあつめ  綱なぞをあつめ  板切れなぞをひろいあつめ  舳にあつめ  セメントを買いあつめ  稲にあつめ  ばにしてあつめ  なかににげこんで、あつめ  燃えるイラクサをあつめ  エリーザのあつめ  夜光虫をよせあつめ  材料御あつめ  それ等をあつめ  ものを抱えあつめ  ブンゼン燈などをあつめ  彼は、あつめ  眉をあつめ  全快写真を探しあつめ  便をあつめ  貝がらをあつめ  芭蕉五月雨をあつめ  前半にあつめ  網翅類をよびあつめ  愁眉をあつめ  眼にあつめ  蛍をあつめ  ぐるりにあつめ  ウマの借りあつめ  私があつめ  からを盗みあつめ  それを掃きあつめ  仲間をよびあつめ  団員たちを呼びあつめ  僕は色々と聞きあつめ  数篇とがあつめ  嫁さんに掻きあつめ  トタンをあつめ  一室にあつめ  心とをよせあつめ  大ぜいあつめ  連中たちをあつめ  救援隊員をあつめ  水夫もあつめ  偵報をあつめ  山陽にあつめ  幕舎にあつめ  庭上にあつめ  水をあつめ  短篇のみをあつめ  立派さをあつめ  粋をあつめ  妓をあつめ  手であつめ  いちど博多に呼びあつめ  事こまかにききあつめ  一両は、どうやら掻きあつめ  桝を数多くあつめ  布をもらいあつめ  それを苅りあつめ  五十束七十束と苅りあつめ  それをかず多くあつめ  スケッチにしてあつめ  馬出しの広場にあつめ  矢作にあつめ  袋をあつめ  芽をあつめ  椈とのうれひをあつめ  胞子をあつめ  買ひあつめ  破片をひろいあつめ  首を寄せあつめ  兵を呼びあつめ  みなここに呼びあつめ  工匠どもをあつめ  雀をよびあつめ  人足をあつめ  者共をあつめ  話を寄せあつめ  子供を呼びあつめ  猫を呼びあつめ  まわりに呼びあつめ  たぐいを掻きあつめ  みんなを狩りあつめ  唐辛をあつめ  番頭どもを呼びあつめ  土産をいろいろと買いあつめ  南京玉を買いあつめ  店から少しずつ買いあつめ  粛とあつめ  身にあつめ  子分をよびあつめ  他人のあつめ  伝兵衛のあつめ  人を呼びあつめ  人足どもを呼びあつめ  味方をよびあつめ  都からよびあつめ  子分らを呼びあつめ  若い者共をあつめ  子供をあつめ  同好者をあつめ  間へ呼びあつめ  子分らをあつめ  三男をあつめ  怒りもならず、拾いあつめ  情報もあつめ  智識をあつめ  色をあつめ  親類などを呼びあつめ  駒をあつめ  速度をあつめ  居間に呼びあつめ  敵をあつめ  兵をあつめ  意見を聞きあつめ  料金をあつめ  菊をあつめ  暴れ者をあつめ  方々から仕事をあつめ  遺骨をてんでに拾いあつめ  徹宵額をあつめ  種類をあつめ  レコードをあつめ  寵をあつめ  家臣をあつめ  衆智をあつめ  美術品があつめ  苦心を探しあつめ  記録をあつめ  職人をあつめ  醫術とか、いろいろあつめ  そうなど取あつめ  智慧をあつめ  小石をあつめ  ボンヤリ額をあつめ  一つところに寄せあつめ  こっとうばかりあつめ  一つ一つをひろいあつめ  ばがあつめ  布をあつめ  米初穂をあつめ  茶坊主どもまでを狩りあつめ  信頼をあつめ  経歴をあつめ  落葉を掃きあつめ  講堂にあつめ  三人をあつめ  これらを拾いあつめ  拓本をあつめ  人目をあつめ  花をあつめ  あれは、買いあつめ  身一つにあつめ  一堂にあつめ  自覚をあつめ  本にあつめ  餌をあつめ  影をあつめ  沢水をあつめ  森でひろいあつめ  兵隊をあつめ  ないちょちょうのはねをあつめ  感想をあつめ  限り見聞をあつめ  諸侯伯をあつめ  いまなじりにあつめ  僧たちを呼びあつめ  衆僧をあつめ  侍どもを召しあつめ  人数を駆りあつめ  一つにあつめ  視聴をあつめ  時にあつめ  手にあつめ  笊へあつめ  眼に媚びをあつめ  小児たちをあつめ  者をあつめ  脚本をあつめ  力を奮いあつめ  罐詰物などを買いあつめ  芸妓たちをも駆りあつめ  ことを多く書きあつめ  五六人額をあつめ  一門にあつめ  氣をあつめ  警察から情報をあつめ  形であつめ  鴉を呼びあつめ  中であつめ  総合カタログをあつめ  酔をあつめ  志ありてあつめ  全力をあつめ  子弟をあつめ  豊富にあつめ  活動家をあつめ  通信をあつめ  野菊を摘みあつめ  少年たちをあつめ  部下をよびあつめ  片隅によせあつめ  自分にあつめ  枯れ枝をあつめ  食器をあつめ  五少年をあつめ  そこにあつめ  草をあつめ  毎日毎日木片を拾いあつめ  液をあつめ  一同をあつめ  翠眉をあつめ  三つ額をあつめ  板をあつめ  僧侶をあつめ  大勢よびあつめ  数百人をあつめ  人数をあつめ  者どもを呼びあつめ  人びとを呼びあつめ  士官をあつめ  生徒をあつめ  人たちを呼びあつめ  択りあつめ  作も拾いあつめ  顔をよせあつめ  頭数ばかりあつめ  こずえにあつめ  五名をあつめ  詩をあつめ  人々から断片的にあつめ  木屑を、せっせと掃きあつめ  隊員が、さらに呼びあつめ  人造細胞をよせあつめ  注意力をあつめ  追悼録があつめ  助郷までも狩りあつめ  雲助までも呼びあつめ  土豪土民をあつめ  写真を買いあつめ  一生かかっておあつめ  雷をあつめ  落ち葉をあつめ  マア、随分、あつめ  家の子郎黨をあつめ  ことを思ひあつめ  外国貨幣をあつめ  日光をあつめ  軍艦をあつめ  讚嘆をあつめ  燠を掻きあつめ  草叢へ呼びあつめ  興味をあつめ  金を拾いあつめ  皺をあつめ  乗物をあつめ  試験表をあつめ  人種をあつめ  幕僚をよびあつめ  全部甲板にあつめ  十名以上はすぐ狩りあつめ  味方を狩りあつめ  臣をあつめ  遺品をあつめ  商売であつめ  看護婦をおほぜいあつめ  一処にあつめ  尊崇をあつめ  喉にあつめ  喉をあつめ  こぼれ米拾ひあつめ  雑誌ボロをあつめ  人足を呼びあつめ  かけらをひろいあつめ  乗組員をあつめ  釘をあつめ  かめの甲をあつめ  太陽の光線をあつめ  板きれまで、すっかりひろいあつめ  屋根から雨水をあつめ  みんなのちえをあつめ  木材をよりあつめ  油煙をあつめ  みんなひたいをあつめ  お金をひろひあつめ  中庭にあつめ  客をあつめ  一点にあつめ  エスキモー人があつめ  投げ銭を拾いあつめ  当選小説ばかりをあつめ  徒党をあつめ  ここにあつめ  精華をあつめ  近隣をあつめ  二十数名をよびあつめ  これをよびあつめ  空地へよびあつめ  女中たちをよびあつめ  甲板によびあつめ  甲板へよびあつめ  村人を呼びあつめ  本をあつめ  しき蟲足下にあつめ  骸をあつめ  部屋へあつめ  実をひろひあつめ  ことをあつめ  花びらを拾いあつめ  金主を寄せあつめ  人たちをあつめ  一つ所にあつめ  名人をあつめ  方面から情報をあつめ  一生けん命実をあつめ  それから老人たちをあつめ  人々から志をあつめ  浄い志をあつめ  愛をあつめ  露をあつめ  こと/″\くあつめ  輿望をあつめ  たくさんお金を借りあつめ  それから水夫たちをあつめ  町で借りあつめ  そこに濃くあつめ  考える力をあつめ  ぐるりに熱く燃えてあつめ  全部をあつめ  なみをよびあつめ  ためにあつめ  文章をあつめ  能力をあつめ  類をあつめ  影向料とがあつめ  熱をあつめ  本を少しばかりあつめ  枯葉をあつめ  犬小屋にあつめ  姿へあつめ  畏敬をあつめ  ごろた石をあつめ  存生中にあつめ  短篇小説をあつめ  すべてをあつめ  寄付金をあつめ  豚をよびあつめ  糸をあつめ  用例をあつめ  何くれとなく書きあつめ  信望とをあつめ  石をあつめ  旅行中にあつめ  嘱してあつめ  ぼくらの方へあつめ  そこらから枯枝を拾いあつめ  落葉を拾いあつめ  大軍をあつめ  俺等みてえにてんでんバラバラに狩りあつめ  道具をあつめ  石拾ひあつめ  噂消息をあつめ  びとをダンスに呼びあつめ  家族をあつめ  弟子をあつめ  田楽狭間にあつめ  種をあつめ  それぞれに客をあつめ  匙をあつめ  椅子代あつめ  金持ちをあつめ  肴を買いあつめ  りつぱな薬草をさがしあつめ  後輩どもをよびあつめ  義士たちを呼びあつめ  腕白連をあつめ  石工があつめ  重心があつめ  幾本かあつめ  雑品をあつめ  連中を呼びあつめ  爆発力をあつめ  



前後の言葉をピックアップ
温海  あつみ  厚み  渥美半島  集めれ  厚め  集め  集め  集めよ  あつめよ


動詞をランダムでピックアップ
棚びく携える落て問い詰める張り合わせよ確かめ走り抜き澱ま力む計れよ明け放つつのぐみ住まわのぞまとびかから練れる凪い復せ引きあげるつるし
形容詞をランダムでピックアップ
からしおかしくみっともよくない正しき数多い仰々しから思わしいちじるしかっしかつめらし不甲斐なき厚ぼったい危なきつかっ貴く涼しき懶ううたがわしどぎつく