「あしらっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あしらっ[動詞]
鼻であしらっ  返事をしてあしらっ  ややかにあしらっ  ちょっと一もと芒をあしらっ  ウクレレをあしらっ  先きであしらっ  真味に迫っているので、よいほどにあしらっ  彼をあしらっ  いい加減にあしらっ  糸をあしらっ  独活をあしらっ  程に、あしらっ  赤線をあしらっ  赤をあしらっ  のではなく、かるくあしらっ  常人なみにあしらっ  ちょっと蝶々もあしらっ  螢をあしらっ  枝ぶりにあしらっ  ところまで、あしらっ  私があしらっ  関羽はよいほどにあしらっ  南天をあしらっ  助を、何とかあしらっ  加減にあしらっ  日月とをあしらっ  ようにあしらっ  いいかげんにあしらっ  モールをあしらっ  石燈籠をあしらっ  化助をあしらっ  人参をあしらっ  ニヤクヤにあしらっ  何とでもせよ、と優しくもあしらい、強くもあしらっ  豆腐にあしらっ  かげんにあしらっ  算木をほどよくあしらっ  志津三郎は軽くあしらっ  何となく無愛想にあしらっ  無愛想にあしらっ  後ろへあしらっ  空池をあしらっ  操布であしらっ  先であしらっ  程良くあしらっ  通り軽くあしらっ  バナナをあしらっ  奴で、どのくらいにあしらっ  所をあしらっ  金銀をあしらっ  三味線楽もあしらっ  上手にあしらっ  装飾をあしらっ  丁重さであしらっ  初めから鼻であしらっ  手など握れば握らせておいて、しかも靡きもせず、あしらっ  別格にあしらっ  冷淡にあしらっ  なあにと軽くあしらっ  百姓とばかりあしらっ  徳はどうあしらっ  忠顕はあしらっ  おだやかにあしらっ  威力を以てあしらっ  歯であしらっ  銀様をさえ軽くあしらっ  桜にもあしらっ  ものをあしらっ  草花をあしらっ  もので、あしらっ  黒をあしらっ  着色写真をあしらっ  さいぜんお雪ちゃんをあしらっ  初め鼻であしらっ  ものに過ぎないといって軽くあしらっ  品よくあしらっ  花をあしらっ  指先であしらっ  手であしらっ  これをこうあしらっ  舌頭であしらっ  手ぎわよくあしらっ  樹をあしらっ  相当にあしらっ  地方音をもってあしらっ  温顔にあしらっ  身内でも軽くあしらっ  器用にあしらっ  住職は、やっぱり軽くあしらっ  程度にあしらっ  それを抱きとめてあしらっ  朴の木をあしらっ  虫をこらえてあしらっ  一時はどうあしらっ  鼻さきであしらっ  玉藻もよいほどにあしらっ  木賊をあしらっ  つもりであしらっ  跡はどうあしらっ  長椅子をあしらっ  福寿草をあしらっ  茂みをあしらっ  微笑であしらっ  山野一郎をあしらっ  小池をあしらっ  楊柳をあしらっ  自分をあしらっ  恋愛を軽くあしらっ  敵が向ってきても、またなんとかうまくあしらっ  松もあしらっ  変化を美しくあしらっ  好い加減にあしらっ  平気であしらっ  注意して柔かくあしらっ  模様をあしらっ  滝をあしらっ  ことで、いい加減あしらっ  装飾的にあしらっ  羽などをあしらっ  花模様などをあしらっ  模様があしらっ  次郎をどうあしらっ  私でも、あしらっ  いつまでも牛をあしらっ  牛をあしらっ  血をあしらっ  賑やかにあしらっ  前へでて軽くあしらっ  緑などあしらっ  家内をあしらっ  葉をあしらっ  花を極めてあっさりと低くあしらっ  つれです、快よくあしらっ  野菜をあしらっ  壁がみをあしらっ  オートミールにあしらっ  ステッキをあしらっ  樹木をあしらっ  張扇であしらっ  のを軽くあしらっ  者と思ってよいほどにあしらっ  花鳥をあしらっ  むちを軽くふりながら、やまがらをあしらっ  伝六をあしらっ  冷然とあしらっ  のと、あしらっ  花火をあしらっ  のをあしらっ  竹をあしらっ  糞力を軽くあしらっ  ようにしてあしらっ  水をあしらっ  根府川石をあしらっ  ことを、どうにかなると軽くあしらっ  巧みにあしらっ  青茅数株をあしらっ  人魚でもあしらっ  



前後の言葉をピックアップ
あしらい  あしらう  あしらえ  あしらお  アシラッ  アシラヒ  あしらわ  アシル・ルーサン  安代  足業


動詞をランダムでピックアップ
追廻さ躍りかかる感じ取らかけ込み追いすがろ打ちのめさあてがっかかわりあっ耳立て考へる赤らむ話しかけれ物思わふんする燃える浚わさらけだすしびれるかく生み出し
形容詞をランダムでピックアップ
賢し著いなけれ拙かっわびしい面映ゆかろあわただしけれひろしうれしけれいけずうずうしい無し賢くっ恥ずかしからにあわしいうれしい済まなかっくどい数多う不甲斐ない小面憎く