「あがっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あがっ[動詞]
壇へあがっ  一寸ばかりあがっ  四宮理学士が駈けあがっ  中に伸びあがっ  二階にあがっ  物があがっ  上へあがっ  外から縁側へあがっ  高座にあがっ  男があがっ  顫えあがっ  背中に這いあがっ  弾ねあがっ  階段をあがっ  梯子段をあがっ  叫び声があがっ  声があがっ  声のあがっ  米があがっ  蚕さへあがっ  部屋にあがっ  二階へあがっ  書斎へかけあがっ  岸へ這いあがっ  バタバタ階段をあがっ  頭の禿げあがっ  喊声があがっ  若者がごそごそとあがっ  上に飛びあがっ  肴にあがっ  二階へ逃げあがっ  靴音をさせてあがっ  たよりにかけあがっ  上にあがっ  海面にぽっかりと浮きあがっ  凱歌があがっ  自分のからだがふわりと浮きあがっ  音をたてて持ちあがっ  しずかに浮きあがっ  巨船はだんだんと浮きあがっ  海面に浮きあがっ  パイクソンが、あがっ  それから二階へあがっ  家内があがっ  ように起ちあがっ  私はあがっ  所から這いあがっ  藤坂をあがっ  一面にあがっ  白ねこがあがっ  額が禿げあがっ  ようにあがっ  ゆらゆらとあがっ  煙があがっ  海から陸へあがっ  水位は刻々あがっ  水位はぐんぐんあがっ  叫喚があがっ  二階へまたあがっ  上瞼の青黒く腫れあがっ  父親の青黒く腫れあがっ  ようにして起ちあがっ  顫いあがっ  オムレツが出来あがっ  フクジロを見ては、もうすっかりおびえあがっ  額の禿げあがっ  雨が既にあがっ  十一月には、あがっ  ヤミまであがっ  丸公があがっ  意気いよいよあがっ  外から垣をかきあがっ  あなたなら好いがと思って、あがっ  膝へあがっ  お礼にあがっ  網にかかってあがっ  何人もいなくなっているので起ちあがっ  ようになってふいとあがっ  ようにされてあがっ  アイデアが浮かびあがっ  火の手があがっ  往来へあがっ  ポンズであがっ  家を見つけ、あがっ  七本、出来あがっ  あいだには出来あがっ  フィルムが出来あがっ  壁から土煙があがっ  荷台にあがっ  拍手があがっ  陸にあがっ  陸へあがっ  てっぺんに駆けあがっ  うめき声があがっ  轟音が巻きあがっ  上部にあがっ  裾野から頂上へ高く巻きあがっ  砂浜に駆けあがっ  ラリーはあがっ  リップまであがっ  半分ほどゆがんで持ちあがっ  悲鳴があがっ  山が赤く浮かびあがっ  二階へ駆けあがっ  斜めにあがっ  ように噴きあがっ  砂浜にあがっ  意外に軽く浮かびあがっ  違いに浮かびあがっ  計画が持ちあがっ  計画は、もう出来あがっ  さかんにあがっ  雨があがっ  スピードもあがっ  煙もあがっ  種があがっ  甲板へあがっ  甲板へかけあがっ  階上にかけあがっ  五度とあがっ  村人にえっさえっさとあがっ  信号があがっ  ずんずん上にあがっ  海底から浮かびあがっ  ぎりと音をたててあがっ  ぎりと上へあがっ  ように、ひどく腫れあがっ  まんまるい月があがっ  それっきりふたたび浮かびあがっ  割れ目から匐いあがっ  ワンワン喚声があがっ  背後で見ていると思うと、あがっ  四人であがっ  奇声があがっ  頭髪がすっかり禿げあがっ  月給があがっ  男が禿げあがっ  産声があがっ  肝腎だ、そうあがっ  朝飯もあがっ  ぐうっとのどもとへ逆もどりをしやあがっ  慄いあがっ  ものか、さあ、早くあがっ  てっぺんまであがっ  ほうからあがっ  鯉が躍りあがっ  濠から駆けあがっ  縁側にどかどかとあがっ  煙があがり、いったん軽く浮きあがっ  ぼくたちはあがっ  階段を駆けあがっ  坂をあがっ  女伴はもう起ちあがっ  方へあがっ  結婚話が持ちあがっ  坂路をあがっ  室へあがっ  人魚があがっ  お宮にあがっ  神さまにあがっ  石段をあがっ  部屋へあがっ  歓呼があがっ  それから坂をあがっ  烟がほの白くあがっ  学校をあがっ  小学校にあがっ  三郎もあがっ  座敷へあがっ  崖に飛びあがっ  証拠があがっ  あざやかに浮きあがっ  ものをつくりあがっ  わたしは起ちあがっ  私は起ちあがっ  上にも這いあがっ  階子へ逃げあがっ  腕ではあがっ  声が湧きあがっ  方へ伸びあがっ  ヌーと伸びあがっ  発作的にふるいあがっ  陪審長が起ちあがっ  立派に出来あがっ  故障なしに起ちあがっ  心のままに高く這いあがっ  椅子から起ちあがっ  椅子から飛びあがっ  空想家扱いにしやあがっ  花束があがっ  体が腫れあがっ  身内から湧きあがっ  顔が浮きあがっ  ひと声叫びながら飛びあがっ  侯爵が起ちあがっ  顔が出来あがっ  公事書はあがっ  床几から飛びあがっ  腰をかけていたが、やがて驚いて起ちあがっ  彼女は起ちあがっ  から起ちあがっ  そこから飛びあがっ  彼女は悲しみながら起ちあがっ  それからまた起ちあがっ  マデライン嬢はおどろいて飛びあがっ  僕は起ちあがっ  今じゃもう、こごえあがっ  わたしがあがっ  手証があがっ  裏口から這いあがっ  凧があがっ  つまみながら、高くあがっ  空に浮かびあがっ  どこまでもあがっ  高みまであがっ  西の丸へあがっ  舳のあがっ  気になりゃあがっ  四方からまくれあがっ  船影が浮かびあがっ  船脚のあがっ  廻廊へあがっ  道人も起ちあがっ  勢いで浮きあがっ  鮮かに浮きあがっ  火の手のあがっ  調べがあがっ  証拠はあがっ  タネがあがっ  物干場へあがっ  相談が出来あがっ  どっかへあがっ  丸太梯子をよろけあがっ  櫓裏へあがっ  どこへあがっ  失礼ですがあがっ  笑いをしながらあがっ  縁にあがっ  長雨があがっ  ぼんやりと浮かびあがっ  ほうじゃ竦みあがっ  纒をひっかけながらあがっ  天井裏へあがっ  それからすこしあがっ  屋根裏なんぞへあがっ  熱があがっ  沸えあがっ  こちらであがっ  それを押し押しあがっ  縁側へあがっ  縁側へ駈けあがっ  素直に帰って行きゃあがっ  なかも乾きあがっ  中に浮きあがっ  うえに這いあがっ  雪花をつけて凍みあがっ  面に浮かびあがっ  浜へあがっ  居どころから飛びあがっ  爪さきあがりにあがっ  網があがっ  安心してあがっ  舟をあがっ  嘘をつきゃあがっ  成績がよくあがっ  効果があがっ  刹那、湧きあがっ  重箱を持ってあがっ  益本があがっ  駕から半身をのり出して、黄色く浮きあがっ  磯へ飛びあがっ  背すじを這いあがっ  血があがっ  颶風の如く捲きあがっ  狼はすっかりおびえあがっ  橋の下から飛びあがっ  波のあがっ  戦捷後持ちあがっ  伺いにあがっ  ビールびんなどが飛びあがっ  紫色に脹れあがっ  伊右衛門は飛びあがっ  濛々とあがっ  お早うを言いにあがっ  傾斜を牽いてあがっ  贅沢べえぬかしゃあがっ  判然と浮かびあがっ  眼が赤く腫れあがっ  段々を駈けあがっ  ところかと思ったが、段々をあがっ  ものがあがっ  火焔があがっ  前にあがっ  室にあがっ  ように捲きあがっ  拇指は、だがなんと、大きく脹れあがっ  ちょとあがっ  崖へあがっ  ょうすこしでも陸へあがっ  崖をあがっ  から、たとえあがっ  ことはありませんが、ついすると掻きあがっ  ままで浮きあがっ  諸々にあがっ  レベルもあがっ  雲の上に浮きあがっ  気になって起ちあがっ  域まであがっ  事件が持ちあがっ  兵庫屋にあがっ  煙管をしまって起ちあがっ  ら抜き身を振り廻しゃあがっ  物なんぞを振り廻しゃあがっ  真似をしやあがっ  階子をあがっ  火消しがまっさきに駈けあがっ  豆があるのですぐ浮きあがっ  鬨の声があがっ  二人のあがっ  爪を立てながらあがっ  狼があがっ  私もついてあがっ  煙がもうもうとあがっ  上へは這いあがっ  君は、こんなに儲かったかといって、躍りあがっ  危険速度まであがっ  右手があがっ  自動車はあがっ  宮門から火があがっ  仮宮も出来あがっ  二人だけを残して、いつの間にか膨れあがっ  名があがっ  近く水煙があがっ  衝動がこみあがっ  機会に飛びあがっ  座敷にあがっ  日があがっ  死体は、あがっ  石段を駆けあがっ  おおどかに伸びあがっ  悚みあがっ  先に立ってあがっ  掘割へあがっ  ようすであがっ  拝見にあがっ  アーチが立ち、からみあがっ  言い方を忘れてしまって、たまさか、たれかに会うと、アガっ  丘へあがっ  人ちがいでなければあがっ  ままにあがっ  なぎさによせあがっ  屋上へかけあがっ  帰りにあがっ  スッカリ腫れあがっ  黒煙があがっ  裾がめくれあがっ  離れ離れになって起ちあがっ  上へ這いあがっ  僕等は暫くしてあがっ  頭はつるつるに禿げあがっ  電気看板のあがっ  和がりに躍りあがっ  豹一には思われて、すっかりあがっ  泥があがっ  女が起ちあがっ  足をはたきながらあがっ  一方では捲きあがっ  濁流が渦巻いて、膨れあがっ  慄えあがっ  空間に浮きあがっ  行灯がまた浮きあがっ  中年者で、禿げあがっ  お迎えにあがっ  日はあがっ  立ち勝れりと思いあがっ  鐘台へかけあがっ  ことをしやあがっ  蝋燭のあがっ  得意先へあがっ  首だけ出来あがっ  目にも、そうして出来あがっ  女振もあがっ  月があがっ  画名があがっ  媒人口ばかり利きあがっ  榻にあがっ  曾は思いあがっ  僕は飛びあがっ  ように飛びあがっ  坂道をかけあがっ  うえに、飛びあがっ  丸木氏が出来あがっ  今度みごとに出来あがっ  ものが、あがっ  丸木は、たいへん思いあがっ  官吏であると、すっかり調べあがっ  方が飛びあがっ  ピクピクしやあがっ  浮みあがっ  店へあがっ  そこまで行かずあがっ  僕はひらっと飛びあがっ  ガラスマントをひろげて飛びあがっ  今度こそはまるで飛びあがっ  望楼にあがっ  岸へ逃げあがっ  上まで逃げあがっ  士気があがっ  嘲笑があがっ  感称もわっとあがっ  傾斜をかけあがっ  牀から起ちあがっ  からあげます、あがっ  二階へつれてあがっ  率のあがっ  一斉に起ちあがっ  出来事以来なんとなく思いあがっ  実ぐらいに膨れあがっ  陣地から煙があがっ  火があがっ  乞いにあがっ  土手へあがっ  価があがっ  名はあがっ  砂へあがっ  時は段々をあがっ  そこに出来あがっ  段梯子をあがっ  急激に腫れあがっ  なかったが、出来あがっ  ベルに飛びあがっ  新らしく出来あがっ  彼女は飛びあがっ  あいだに結婚談の持ちあがっ  希望どおり二三箇所刺繍を附け加えて出来あがっ  ちゃんと出来あがっ  コオヒ代を払って起ちあがっ  企らみが浮かびあがっ  雨はあがっ  中へあがっ  水平線があがっ  家にあがっ  ところへあがっ  砂煙があがっ  歓声があがっ  身体があがっ  まり思いあがっ  少年が起ちあがっ  三年にあがっ  ように膨れあがっ  水の上へあがっ  あいだに浮きあがっ  つもりで思いあがっ  熊吉は起ちあがっ  どんどん足音たかくあがっ  崖路へあがっ  傍へあがっ  路へあがっ  傍にあがっ  石磴をあがっ  ふりであがっ  うず高く積みあがっ  うららかに晴れあがっ  ユモリストとして、徐々にあがっ  屋根裏へ這いあがっ  縁側にあがっ  日浦坂をあがっ  三上は浮きあがっ  波が湧きあがっ  彼はやがて浮きあがっ  中の間へあがっ  音がしたかと思うともうあがっ  仕度はすっかり出来あがっ  馭者台にあがっ  縁側へ飛びあがっ  つつこみあがっ  のはあまりに思いあがっ  しだいしだいにあがっ  先登に駈けあがっ  へやへと、かけあがっ  トントン二階へあがっ  小玄関から上にあがっ  ぐうっと上にあがっ  空中に浮きあがっ  まま宙に浮きあがっ  異はあがっ  上へ飛びあがっ  岸へあがっ  周囲にまくれあがっ  火の手が高くあがっ  旗もあがっ  ょっきり上にあがっ  二センチだけあがっ  一尺もあがっ  花があがっ  室内へあがっ  若党はあがっ  刀を持って起ちあがっ  目を円くして驚きゃあがっ  杖でも持ちゃあがっ  狂人にしやあがっ  扱いやあがっ  身震をしやあがっ  赭土を踏んであがっ  靴脱ぎへあがっ  それから上へあがっ  讓は起ちあがっ  揮り払うとともに起ちあがっ  梅雨があがっ  鳴き声があがっ  雨のあがっ  石段をふんで、駈けあがっ  平分線からウント北へあがっ  天井まで這いあがっ  お祝いをいいにあがっ  二階へ持ってあがっ  ふくふくと膨れあがっ  三段ばかりあがっ  颱風が出来あがっ  広縁へあがっ  木更津から飛びあがっ  いくつもあがっ  ように浮きあがっ  水兵さんが駆けあがっ  腰のあがっ  反射でほの白く浮きあがっ  脉はあがっ  幕があがっ  良一はあがっ  妙に生きあがっ  ヤードにも、するするとあがっ  濡れねこが出来あがっ  うえに、するするとあがっ  紫色に腫れあがっ  先に起ちあがっ  駕は、あがっ  坂にあがっ  出迎いにあがっ  順々に飛びあがっ  所へでも構わずあがっ  髭、すこし禿げあがっ  艇はすーっと浮きあがっ  腕が、高くあがっ  匍いあがっ  行く手にあたって、高くあがっ  紙凧がひっそりあがっ  眉がきりっとあがっ  軟らかに浮きあがっ  地代だって先月からまた少しあがっ  紙凧のあがっ  足から身内にあがっ  祝酒だ、とぬかしゃあがっ  妾なんぞにしやあがっ  横啣えとやりゃあがっ  ッて、掻きあげにしやあがっ  娘はふたたびあがっ  予とともにあがっ  空にあがっ  上に跳びあがっ  ふちに伸びあがっ  安心して、てくてくあがっ  鐘楼なんぞへ、あがっ  鐘楼へあがっ  演奏を終えて起ちあがっ  様子だったが、でも起ちあがっ  身体がフワリと浮きあがっ  踏段をあがっ  方々にあがっ  下から吸いあがっ  お祈りで生きあがっ  冷水でもあがっ  下流であがっ  老婆はあがっ  ようにしてあがっ  すっきり霽れあがっ  吃驚して飛びあがっ  底まで冷えあがっ  斜面を駆けあがっ  ごった煮が煮えあがっ  テッペンへ駈けあがっ  テッペンへあがっ  なかに出来あがっ  フロアから数インチほど浮きあがっ  きれいに浮きあがっ  山裾をすこしだけあがっ  俄かにひどく飛びあがっ  竿立ちになって躍りあがっ  幕はあがっ  ところからそこへ入って行ったので、乾きあがっ  綜合の、出来あがっ  乳があがっ  襟元が白く浮きあがっ  自分だけだと思いあがっ  慟哭が湧きあがっ  なかに浮きあがっ  水をあがっ  鳥は飛びあがっ  階段を荒々しく駈けあがっ  帆村は躍りあがっ  まま上にあがっ  音声があがっ  プールから飛びあがっ  お茶でもあがっ  むうッとあがっ  時にあがっ  何人かが来ているだろうかと思ってあがっ  線路に這いあがっ  ようにぶくぶくと膨れあがっ  ように脹れあがっ  跳りあがっ  家々から湯の烟りがほの白くあがっ  砂烟りが巻きあがっ  グチャグチャに踏みしだかれて、乾きあがっ  ツル君、はやくあがっ  面が出来あがっ  種まであがっ  物質で出来あがっ  言やあがっ  彼は起ちあがっ  玄関をあがっ  瞼が腫れあがっ  ほうへあがっ  裏山へ駆けあがっ  ことができませんでしたけど、どうぞ、どっさりあがっ  上甲板へあがっ  クレエは飛びあがれるだけ飛びあがっ  射撃台へあがっ  水瓶を持ってあがっ  さァ、どうかあがっ  ここまであがっ  椅子から躍りあがっ  ズンズン空へあがっ  そばまであがっ  逆せあがっ  そのまま岸に飛びあがっ  心持ち赤茶けながらくっきりと映えあがっ  奇妙に膨れあがっ  人気が立つと、逆上せあがっ  から熱が出て、逆上せあがっ  カラリとあがっ  舞台へあがっ  お家にはあがっ  肩のあがっ  階子段をあがっ  雨の、やっとあがっ  通り出来あがっ  扉があがっ  熱が出て腫れあがっ  家運はあがっ  上へ、あがっ  頸を攫んで引っ立てて行きゃあがっ  尊大で思いあがっ  物干にあがっ  妹があがっ  業蹟もあがっ  お手伝いにあがっ  衝と起ちあがっ  わたしは初めて起ちあがっ  悲鳴叫喚が湧きあがり、吹きあがっ  輜重車に這いあがっ  上に伸びあがっ  暴虐が持ちあがっ  車に這いあがっ  軒から火の手があがっ  上まで裂けあがっ  気焔が、いよいよあがっ  ノコノコとあがっ  孔生は躍りあがっ  死体があがっ  死体が浮きあがっ  捜査主任は禿げあがっ  一分以上経ってもあがっ  隅が禿げあがっ  なにもあがっ  事実もあがっ  刎ねあがっ  午から陸へあがっ  何をあがっ  庁にあがっ  夜空に浮きあがっ  叫びがあがっ  熱気があがっ  方で浮きあがっ  土足であがっ  顔付で伸びあがっ  ポチがあがっ  方は出来あがっ  ところまであがっ  綱を持ってあがっ  ものが浮きあがっ  スコールがあがっ  潮はあがっ  どこまであがっ  水はあがっ  ダビットもつづいてあがっ  張もあがっ  怪鳥まであがっ  ダンジリに飛びあがっ  ますます、あがっ  わたしはすっかりあがっ  火をして、あがっ  途方もなくあがっ  寐間へあがっ  まま起ちあがっ  商売はあがっ  廂から捲きあがっ  軽快にあがっ  段六さん、あがっ  しかし、すっかりあがっ  反証ばかりあがっ  どんどん日給もあがっ  ところにでも飛びあがっ  貰いにあがっ  一生けん命延びあがっ  陸へ走せあがっ  とこへ来なかったので、もらいにあがっ  溺死体があがっ  変屈者に出来あがっ  宙へあがっ  表二階へあがっ  列を作って、そうして時々、そっと伸びあがっ  横を越えて這いあがっ  武者足場へ跳びあがっ  ところへ駈けあがっ  道もえらばず駈けあがっ  鬨の声がどっとあがっ  やうにあがっ  皮がまくれあがっ  ままに、そのまくれあがっ  食事をあがっ  奉公にあがっ  懐から釵を出して起ちあがっ  後からつづいてあがっ  仕組みに出来あがっ  上がり框から少し伸びあがっ  声を出しゃあがっ  足早にあがっ  武士のあがっ  結晶で出来あがっ  怪談が出来あがっ  んですが、あがっ  棒で撲ったり、縛ったりしやあがっ  火の見梯子へ駈けあがっ  ここへあがっ  葵があがっ  ぐでんぐでんになってあがっ  なんだって黙ってあがっ  乾は腫れあがっ  ぬいぐるみがあがっ  からんであがっ  近所へあがっ  溜堀を浚うとあがっ  そいつが出来あがっ  絲満があがっ  登久はいきなり起ちあがっ  うえに飛びあがっ  溝から這いあがっ  ように赤く腫れあがっ  縁側へ這いあがっ  七は突然起ちあがっ  ひと口、なんにもございませんけれど、あがっ  堤へあがっ  呼吸もつかずに駈けあがっ  蚊いぶしを忘れて出て行きゃあがっ  ことを触れて歩きゃあがっ  式部はすぐに起ちあがっ  藤江も伸びあがっ  中には起ちあがっ  衝っと起ちあがっ  なかったが、それでも時々起ちあがっ  仕出来しゃあがっ  冬靄の高きにはあがっ  こっちへあがっ  船へ逃げあがっ  船にあがっ  死骸が浮かびあがっ  隠れ場所からピョンと飛びあがっ  元気が浮かびあがっ  急に飛びあがっ  色が浮かびあがっ  堅固に出来あがっ  場に躍りあがっ  見事に出来あがっ  三題噺が出来あがっ  物干へあがっ  床几を起ちあがっ  七のあがっ  七は更に伸びあがっ  年をしやあがっ  刃物三昧をしやあがっ  つもりであがっ  徳もよんどころなしに起ちあがっ  沖に浮きあがっ  お国は伸びあがっ  岸へかけあがっ  縁へ這いあがっ  四ツ頃から雨があがっ  商人はあがっ  ッと、浮かびあがっ  帆村が躍りあがっ  は種があがっ  本堂へあがっ  六尺も飛びあがっ  七は飛びあがっ  奴らがあがっ  ここらへあがっ  女中が再びあがっ  草鞋をはきゃあがっ  さをしやあがっ  陸へ這いあがっ  甚蔵も伸びあがっ  二階を見なければ、あがっ  化けやあがっ  階子を駈けあがっ  台所にあがっ  寄り道をしやあがっ  落ちでもしやあがっ  二三メートル上に飛びあがっ  女ふたりに云い込められて、逆上せあがっ  屋へあがっ  瞼は赤く腫れあがっ  そこへ駈けあがっ  空へあがっ  大抵は出来あがっ  床の間に飛びあがっ  向島から堤へあがっ  気を出しゃあがっ  図体をしやあがっ  どんどん上へあがっ  留吉はあがっ  縁側に這いあがっ  江戸川に浮かびあがっ  時に、逆上せあがっ  江戸川に浮きあがっ  看板があがっ  頼みがあってあがっ  みな悲憤して起ちあがっ  話が出来あがっ  庭土は白く乾きあがっ  梯子をあがっ  母があがっ  水があがっ  つや子がわざわざあがっ  水しぶきがあがっ  雨こそあがっ  上り框をあがっ  人びとは起ちあがっ  十太夫は禿げあがっ  腕のあがっ  益雄があがっ  妙に思いあがっ  私はすっかりあがっ  潮見博士は飛びあがっ  狼はおびえあがっ  客堂へあがっ  いっしょにあがっ  許宣のあがっ  上にいつの間にかあがっ  ますますさえて気味悪いまでに美しく浮きあがっ  邪魔にあがっ  九度五分にあがっ  者につれられてあがっ  上に延びあがっ  家だけあがっ  追憶が湧きあがっ  六階へあがっ  夜あけ近く六階へあがっ  雨は漸くあがっ  人騒がせをやりゃあがっ  戦火があがっ  九度一分にあがっ  段をあがっ  クラネクはもう起ちあがっ  ベルセネフは急いで起ちあがっ  そのまままたぐんぐんとあがっ  ますます鮮明に膨れあがっ  それも忽ち晴れあがっ  階下へおりてゆき、またすぐあがっ  恒子は飛びあがっ  大屋根へ持って、あがっ  水を引いて立ってあがっ  日死体があがっ  煙のあがっ  下から胸へぐっとあがっ  三階へあがっ  あとからどかどかとあがっ  ウオッと叫ぶと飛びあがっ  のは、自惚れあがっ  爪先で伸びあがっ  カギに引っかかってあがっ  お次は思わず伸びあがっ  気焔はいよいよあがっ  膳をもってあがっ  から、少しでもあがっ  結果があがっ  そのまま出来あがっ  気がぬけて、乾きあがっ  心に浮かびあがっ  床几にあがっ  江戸中が竦みあがっ  もろともに起ちあがっ  ぼんやりと浮きあがっ  石油箱から飛びあがっ  下から匍いあがっ  ように湧きあがっ  雲があがっ  座敷は暑くて、乾きあがっ  寝台をみると、乾きあがっ  乗客はおどろいて飛びあがっ  馬鹿安にあがっ  せいせきはぐんぐんあがっ  植木鉢に這いあがっ  ぷかりぷかりと湧きあがっ  八割まで出来あがっ  焔が高くあがっ  からだが浮きあがっ  さが湧きあがっ  種はあがっ  海賊熱はいよいよあがっ  反抗心が湧きあがっ  二階へ駈けあがっ  悲しみは赤く腫れあがっ  祖父ちゃんがあがっ  中途まであがっ  女ぶりがあがっ  抽斗へそっと入れて、起ちあがっ  今があがっ  がちに出来あがっ  報告にあがっ  みみずばれに腫れあがっ  ように裂けあがっ  三つも裂けあがっ  山が出来あがっ  一寸二寸とみるみる溢れあがっ  嘉ッコが飛びあがっ  声が高くあがっ  エッサラとあがっ  掉りながらあがっ  丘をかけあがっ  水位があがっ  胃の腑までもつきあがっ  まあも少し、あがっ  陸戦隊があがっ  スッスッと涌きあがっ  烏はかっとして思わず飛びあがっ  烏は飛びあがっ  皺だらけに巻くれあがっ  ために伸びあがっ  象の背中に飛びあがっ  まっしぐらに駈けあがっ  証拠もあがっ  玉藻はすっくと起ちあがっ  私は、ひどく思いあがっ  手の甲が赤く腫れあがっ  日は高くあがっ  楼上へあがっ  岡へあがっ  真っ赤に染めあがっ  水が盛れあがっ  力で浮きあがっ  穴から川面へ浮きあがっ  川へ浮かびあがっ  階をあがっ  城へあがっ  能力があがっ  余韻を引いてあがっ  横鬢のところが、こう禿げあがっ  露は、カッとして起ちあがっ  対馬守は、すっくと起ちあがっ  ものが起ちあがっ  坂道をあがっ  土地が狭いので、思ったより安くあがっ  無器用に抱きかかえ、起ちあがっ  のだったが、浮かびあがっ  ものが出来あがっ  一足先へあがっ  女っぷりがあがっ  小屋全体に高くあがっ  手に持ちあがっ  座敷ごと浮きあがっ  統一して、そして漸く出来あがっ  勉強部屋へあがっ  蕗子さんがあがっ  方にあがっ  ひとりであがっ  しろにすこしはねのあがっ  一年ぶりで出来あがっ  素子は、出来あがっ  それが仕立てあがっ  間へあがっ  しかたなくあがっ  顔役に成りあがっ  舷梯を駆けあがっ  ピヨンと飛びあがっ  きれいに出来あがっ  トックリをジロジロ見やあがっ  上り口をあがっ  よそから証拠があがっ  舟を目がけて飛びあがっ  内へあがっ  庭口から縁側へあがっ  銀は再び起ちあがっ  古河君と一緒に表二階へあがっ  じだんだを踏んで飛びあがっ  客などがあがっ  はしご段をあがっ  芸者に出来あがっ  だんだん二階へあがっ  湯をあがっ  胸に込みあがっ  高はあがっ  跟いてあがっ  ことがあって、わざわざあがっ  玄関からそっとあがっ  ちゃんと種があがっ  裾はまくれあがっ  二階へつかつかとあがっ  から月給もあがっ  腰から冷えがあがっ  おねがいがあってあがっ  我々はあがっ  縁談が持ちあがっ  子を背負ってあがっ  畑へあがっ  前から雨があがっ  年始にあがっ  渡しをあがっ  さきへあがっ  鳴きやあがっ  みな起ちあがっ  上へかきあがっ  成績があがっ  両足が腫れあがっ  階段を駈けあがっ  ムクムクと膨れあがっ  垂直に飛びあがっ  煙一筋もあがっ  五度ばかりあがっ  足許から匐いあがっ  三倍にあがっ  だんだん上へあがっ  窓が伸びあがっ  決然として起ちあがっ  ペンキで塗った膨れあがっ  修理は、出来あがっ  水上に浮かびあがっ  空に向ってあがっ  リンゴをあがっ  夕立があがっ  顛えあがっ  反対に、躍りあがっ  お酒を相当あがっ  メタフィジカルに出来あがっ  周囲に出来あがっ  上まで飛びあがっ  ほうへとあがっ  五十あまりの赤く禿げあがっ  冷気に融けて、また、すうっとあがっ  円らかにもれあがっ  一斉にあがっ  うちに出来あがっ  から永井があがっ  声で言ってあがっ  平一郎もあがっ  女があがっ  学校へあがっ  糸であがっ  三十分ばかりいて、又あがっ  きらいでなかったら、やはりあがっ  部屋に駆けあがっ  心がむらむらと湧きあがっ  突嗟に起ちあがっ  洋装のまくれあがっ  プラットホームに飛びあがっ  決死隊員が出来あがっ  地上にあがっ  撮影早くアガっ  午後五時すぎ、アガっ  中がアガっ  面へ浮きあがっ  匐いあがっ  底から段々苦しく浮きあがっ  手をついてあがっ  方へ巻きあがっ  お稲荷さんへかけあがっ  しずかに持ちあがっ  柿の木へかけあがっ  月が浮きあがっ  牛丸平太郎が、躍りあがっ  応接室へあがっ  うえへあがっ  床から這いあがっ  頭に出来あがっ  籐椅子から延びあがっ  時、青くなって、飛びあがっ  眼鏡だが、ややすこしく禿げあがっ  馬車へ這いあがっ  挿話が持ちあがっ  恰好よく結いあがっ  はしにあがっ  たこは一度あがっ  意気はとみにあがっ  岸にあがっ  堤にあがっ  上品に出来あがっ  途端に飛びあがっ  薄ら明かりに浮かびあがっ  ベリヤーエフは起ちあがっ  名声はあがっ  中学校へあがっ  おれを切りゃあがっ  鶴は飛びあがっ  巧妙に出来あがっ  城に駈けあがっ  力に飛びあがっ  四尺ほどもあがっ  口唇がひどく腫れあがっ  底から湧きあがっ  信号旗があがっ  嚇かしゃあがっ  背中一面が青く腫れあがっ  しずかに起ちあがっ  玩具にしやあがっ  長城はもう出来あがっ  俄かにあがっ  二階をあがっ  はてに浮きあがっ  笠をはずして、禿げあがっ  うねり廻り、まきあがっ  血が湧きあがっ  岸にあふれあがっ  瞼も腫れあがっ  女は突然、跳びあがっ  きりッと出来あがっ  ようにぶいぶいと浮きあがっ  んだ、出来あがっ  阿賀妻らはあがっ  九分通り出来あがっ  空に浮きあがっ  市街らしく一応出来あがっ  太陽もすっかり墜ち、ずいと湧きあがっ  藩士が見兼ねて駈けあがっ  空は晴れあがっ  片足ずつ起ちあがっ  大沼喜三郎があがっ  段梯子を駈けあがっ  ッ先に跳びあがっ  浜にあがっ  涯から揺れあがっ  紺青に晴れあがっ  高倉は気づいて跳びあがっ  焔があがっ  青空高く高くあがっては落ち、あがっ  鬱蒼と膨れあがっ  中から、ひっきりなしにあがっ  鞍壺へ飛びあがっ  顔いちめん腫れあがっ  一緒に飛びこんだり這いあがっ  術で驚かしゃあがっ  上へとあがっ  そこにあがっ  潜水艇は、すっかり出来あがっ  くさりがまきあがっ  邸にあがっ  隻手にして起ちあがっ  帆村を躍りあがっ  むかし人身御供があがっ  んをあがっ  わけですっかりあがっ  下から持ちあがっ  土下から匍いあがっ  上によじあがっ  階段をかけあがっ  階まで、あがっ  中で飛びあがっ  二十四階へ飛びあがっ  土煙があがっ  ように、浮かびあがっ  心にも、しだいに浮かびあがっ  想像で出来あがっ  処にあがっ  心から湧きあがっ  室にかけあがっ  お詫びにあがっ  稼業があがっ  乍ら二階へあがっ  小舎が出来あがっ  悔恨がふきあがっ  乳母車があがっ  かいにしやあがっ  舞台へ飛びあがっ  殊に舞台へ飛びあがっ  顔一面に腫れあがっ  男どもが駈けあがっ  騒動が持ちあがっ  まま乾きあがっ  とき機体がスーッと浮きあがっ  吉報をきくと、躍りあがっ  シグナルはがたりとあがっ  冷気が這いあがっ  所にあがっ  掃除をしようと思ってあがっ  髪の毛は焦げあがっ  うえに浮きあがっ  皮相的な、浮きあがっ  ようにからりとあがっ  人を踏み付けにしやあがっ  まねをしやあがっ  家にかけあがっ  軽気球があがっ  山にあがっ  雲にあがっ  ところへでもあがっ  老人につれられてあがっ  膝へ飛びあがっ  霧があがっ  焚火があがっ  見舞にあがっ  春蚕のあがっ  あなたがあがっ  んまであがっ  こんど宮崎さんへあがっ  宅をしめきりてあがっ  篠原様へもちっとあがっ  ハネがあがっ  ハネはやっぱり少しずつあがっ  袖やら、はねのあがっ  宅へあがっ  煙筒から煙が青く黒くあがっ  眉はあがっ  二三日梅雨があがっ  ここからもあがっ  ぱッとあがっ  八十九度まであがっ  中から這いあがっ  ように駈けあがっ  二階へ、どんどんとあがっ  足音があがっ  音になって湧きあがっ  二度三度湧きあがっ  山の端に伸しあがっ  日が、ぬっと伸しあがっ  如くして、又更に浮きあがっ  やる気になって、飛びあがっ  女中もあがっ  女中がつづいてあがっ  森はいつもよりもひときわ浮きあがっ  堤をあがっ  彼は黙って起ちあがっ  処をあがっ  畝りあがっ  さらしの屋上運動場に逃げあがっ  時屋上に駈けあがっ  沼に浮きあがっ  母親はつかつかとあがっ  方から誰やらあがっ  木橋のむこうにかわきあがっ  とき、しろくかわきあがっ  疵みたいに浮きあがっ  ところ、浮きあがっ  みな浮きあがっ  石段にあがっ  絶えまなしに涌きあがっ  初めにあがっ  男は、跳びあがっ  逆まいて湧きあがっ  岩を伝うてあがっ  僧はあがっ  学校にあがっ  縁側から這いあがっ  地価があがっ  瘤で出来あがっ  土瓶のをあがっ  十銭まであがっ  式台にあがっ  六畳間にあがっ  乳をあがっ  宙に飛びあがっ  うっかり船へあがっ  塩汲があがっ  丘陵に駈けあがっ  こちらへあがっ  島へあがっ  私も、ずいぶん思いあがっ  満身が赤く膨れあがっ  二階へかけあがっ  肚であがっ  襟がすうっとあがっ  そのまま二階にあがっ  二階にかけあがっ  昇降口をかけあがっ  信号旗がするするとあがっ  旗があがっ  艦橋にまで躍りあがっ  波間より浮きあがっ  水柱がむくむくあがっ  頂戴にあがっ  眺むれば、淡々とあがっ  時化があがっ  桟橋へあがっ  発起人になってもらいに、あがっ  土があがっ  そこから島にあがっ  浮木が打ちあがっ  頭まで腫れあがっ  陸地にあがっ  三倍ほどにはあがっ  渡船をあがっ  手杓も凍てあがっ  たこがあがっ  久助君はあがっ  かってにあがっ  彼らがあがっ  裾がたくれあがっ  お願いにあがっ  次郎があがっ  んを、おりたりあがっ  花火があがっ  気持が浮きあがっ  なぞえを這いあがっ  茶道具とをもって、あがっ  モンペが出来あがっ  十位へあがっ  みなさんであがっ  十一人すべてが躍りあがっ  頭が、またぽっかり浮かびあがっ  鉄梯子をあがっ  回廊にあがっ  雁鍋へあがっ  お香物もあがっ  空中に浮かびあがっ  だれかがつかまえにあがっ  かくがぼーっと浮かびあがっ  島にあがっ  船首にあがっ  岩にあがっ  山を、あがっ  島に飛びあがっ  まわりいちめんにうちあがっ  大声にさけんで、飛びあがっ  一羽が飛びあがっ  とんとんとあがっ  段々をあがっ  ように凍てあがっ  垂幕があがっ  先にあがっ  高度があがっ  眼が少しく持ちあがっ  眼が少し持ちあがっ  半分ほど出来あがっ  碁盤縞に膨れあがっ  癖にしやあがっ  展望室へ駈けあがっ  僕たちの駈けあがっ  壇上に駈けあがっ  隙間からちろちろと這いあがっ  向うにあがっ  膝にあがっ  傾斜面をあがっ  それを見にあがっ  糸杉の巻きあがっ  ことを言いあいながら、一度あがっ  花火はまだあがっ  天井裏にまで飛びあがっ  眼は怯えあがっ  ものが揺ぎあがっ  評判は見る見るあがっ  あと晴れあがっ  滾々と湧きあがっ  怪光があがっ  ボヤでも出しゃあがっ  赤に腫れあがっ  厄介ごとが持ちあがっ  手の平でもって、おびえあがっ  足場に伸びあがっ  はじめて持ちあがっ  いつまでもお酒をあがっ  お酒をあがっ  どこであがっ  開いた窓から、あがっ  ちゃんと証拠があがっ  驚きを感じながらも、いかにも思いあがっ  山へあがっ  舟へ這いあがっ  小僧部屋へあがっ  確証があがっ  庭から離れへあがっ  海女で育ちあがっ  口から歓声があがっ  頂上まであがっ  たよりに、あがっ  上まであがっ  階段をがたがたと踏みならしてかけあがっ  雨もあがっ  おりから雨があがっ  ように延びあがっ  血管までがうっすら膨れあがっ  ものか、もしくはいくらか飛びあがっ  ひらひら空へあがっ  女に育ちあがっ  ッとあがっ  ズカズカ上へあがっ  鉄胤は決して思いあがっ  それがあがっ  谷から這いあがっ  里から山へあがっ  喚声があがっ  ちょと待っていたが、なかなかあがっ  ちょと待ったが、まだなかなかあがっ  たしかに二階へあがっ  唯物的に出来あがっ  気がつくと、おどろいて、跳びあがっ  小坊主が、ひょこひょこと起ちあがっ  劇場が出来あがっ  小屋は折角出来あがっ  なにかねたがあがっ  看板のあがっ  供物があがっ  怨霊とおじけあがっ  いねたがあがっ  白い影は忽ちすっくと起ちあがっ  黄金で出来あがっ  ときであがっ  ねたがあがっ  清夫は飛びあがっ  家人があがっ  罪があがっ  目色を変えながら、走っていきゃあがっ  ゆうべ出やあがっ  出やあがっ  鼻血をだして赤く腫れあがっ  細工をしやあがっ  刎ねおとしたが、いつの間にかまたあがっ  楼にあがっ  方から湧きあがっ  飢えに目覚めて、湧きあがっ  おいらをはめりゃあがっ  一段高く飛びあがっ  相談にあがっ  ネタは悉皆あがっ  階段からせかせかとあがっ  レバーであがっ  前へ出ますと、すっかりあがっ  姿で、大きく禿げあがっ  山ねこは、大きく延びあがっ  あわが浮きあがっ  後から二階へあがっ  拍手に迎えられて、起ちあがっ  一力へあがっ  頭に湧きあがっ  地膚そのままにくっきりと白く浮きあがっ  者があわただしくあがっ  耳をお聞かせにあがっ  苦心し、ようやく出来あがっ  違いにあがっ  ざわめきのあがっ  伝六は駆けあがっ  唇も腫れあがっ  四郎兵衛は腫れあがっ  どこおりなく描きあがっ  ファウルフライがあがっ  十一包みも出来あがっ  無数のおもいが湧きあがっ  そこから階段をあがっ  上で飛びあがっ  千五百尺ほどあがっ  嬰寧があがっ  男だったらあがっ  気焔はあがっ  改築も出来あがっ  眉がおどろくほどあがっ  ジョウはあがっ  二階へ連れあがっ  上へめくれあがっ  笑やあがっ  首かせが出来あがっ  オタマジャクシだってオカへあがっ  株があがっ  ように伸びあがっ  阿部医学士がすっと起ちあがっ  猛獣のように彼女は起ちあがっ  五厘ずつあがっ  髣髴として湧きあがっ  坑口まであがっ  コックをつかまえて、あがっ  腕木があがっ  機会が持ちあがっ  犯罪疑獄が持ちあがっ  これまでよりあがっ  だんだんスピードがあがっ  木屑が、起ちあがっ  候補にあがっ  てっぺんまで一気にあがっ  しろにくっついてあがっ  おしたしは案外美味しいわ、一寸あがっ  清潔にして、あがっ  物干しにもってあがっ  食塩をかけてあがっ  物価があがっ  五分ですっかりあがっ  解除まで待っていて、あがっ  松の木に駈けあがっ  奉公話が持ちあがっ  成果もあがっ  お誘い申しにあがっ  ころへあがっ  別室へあがっ  間に、からりと晴れあがっ  とき悲鳴があがっ  成果があがっ  舟にあがっ  非常にあがっ  太郎があがっ  陸へどしどしあがっ  稼業はあがっ  此家へあがっ  ドッとあがっ  蟹が突然に這いあがっ  女たちはまた起ちあがっ  上に這いあがっ  のが又這いあがっ  竹縁をあがっ  躪りあがっ  端へあがっ  びっくりしてかけあがっ  叫び声をあげるや飛びあがっ  道楽もんが出来あがっ  廃人が出来あがっ  地からむくむくと湧きあがっ  鮮やかに浮きあがっ  間からは、膨れあがっ  意地悪く出来あがっ  居にあがっ  僧徒も躍りあがっ  魚が浮きあがっ  予感に襲われて急いで起ちあがっ  薬籠を持ってあがっ  海岸にあがっ  事をしやあがっ  折せやあがっ  逃出しやあがっ  丘にかけあがっ  確証もあがっ  拵えに出来あがっ  奇妙にあがっ  ノッソリとあがっ  彼はいきなり起ちあがっ  こちら様へあがっ  前掛で拭き拭きあがっ  縁側から駈あがっ  離屋にあがっ  傍へ浮きあがっ  崖に突きあがっ  媽さんかがあがっ  竹縁にあがっ  よたよとあがっ  小坂部は起ちあがっ  半ば開かれてあるので、かれは伸びあがっ  梯子段をみしみしと云わして、あがっ  段へあがっ  生産があがっ  溜息をついて、すこし伸びあがっ  お勝手にあがっ  前輪にとどくほど高くあがっ  馬が飛びあがっ  壁を這いあがっ  月給のあがっ  裾がまくれあがっ  ますますまくれあがっ  平助は起ちあがっ  九匹はもう出来あがっ  冬は忽ちに起ちあがっ  彼は気がついて起ちあがっ  湯気のあがっ  執着に腫れあがっ  オカへあがっ  効果はあがっ  恐怖のあまり飛びあがっ  二留三留とたちまちあがっ  寝室へあがっ  老人はそう聞くと思わず飛びあがっ  翁があがっ  悲鳴を聞きつけてあがっ  指導員もあがっ  農学校途中まであがっ  学校に初めてあがっ  二階に駆けあがっ  叱声に聞え、かあッと、あがっ  女子選手達があがっ  三段位ずつ飛びあがっ  菊江はすぐ駈けあがっ  己の駈けあがっ  なり階子段を駈けあがっ  ようなたいへん思いあがっ  ちょっと二階へあがっ  からからに干せあがっ  突込みやあがっ  屋根がまくれあがっ  形がすうっと浮かびあがっ  普請が出来あがっ  頂上へあがっ  囂囂云いながらあがっ  喜びにあがっ  其処から歓声があがっ  石垣を這ってあがっ  下からぐんぐん伸びあがっ  下から上へ伸びあがっ  宙に浮きあがっ  ずんずん上へあがっ  とこへあがっ  天蓋まであがっ  



前後の言葉をピックアップ
揚っ  上がっ  騰っ  アガッ  挙がっ  揚がっ  騰がっ  上がったり  上妻  アガツマ


動詞をランダムでピックアップ
消せよ触っ持ち切る遣るはぐっ引き繕うむしゃおどり上がり利く毀れよ申込まぶっとばせぶち壊さのめり込ん燻ぼっとらえよ追い求める盛りあがっあんぜ備えれ
形容詞をランダムでピックアップ
まばゆし情なくいちはやくねばり強かっむつまじゅうひだるい速い妬ましまましいかたくるしくおおけない塩っぱく赤黒いうすぎたなくむつまじかっむず痒くっみよう見にくからこのましうまかっ