「あか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あか[動詞]
らちがあか  あきもあか  いつみても、なんぼうみてもあか  それきり眼をあか  所に屈み込んで、あか  マントも着ないで凍えあが  ゑのあとについて段梯子をあが  埓があか  効果は、一層あが  埒があか  ドアがなかなかあか  さが湧きあが  プロフエツシヨナルに出来あが  梅見れどもあか  船をあか  無慈悲を怨み、あか  のではないが、どうしてもあか  埒はあか  ひとをあか  やうに湧きあが  暇にあか  江戸友禅ももうあか  眼があか  別れ話しが持ちあが  梯子投を駆けあが  一二三四五六七、さあか  目口もあか  それもあか  みな外にすみあか  冬子が、あが  がたぴしして、なかなかあか  三日四日、あか  いつまでたってもあか  あくかあか  口をあか  縁側へ駆けあが  唾液とに脹れあが  一ト息に駆けあが  目があか  目はあか  のにあか  玄関にかけあが  記實にあか  歓楽をあが  ですよ。もう出来あが  二階へ駈けあが  鼻をあか  池が出来あが  配合が見れどもあか  血相して駈けあが  内陣があか  そのまま階段を駈けあが  いつまでも聞きあか  ドアがあか  埒もあか  むりに口をあか  幕はなかなかあか  念をあが  一つ出来あが  ものを、あか  奴だ、しっかりと押えてあか  鍵があか  彼女が眠ってしまうまで、あか  扉を押してみたけれどもあか  飛して駈けあが  なに、あが  岸へあが  上まで、あが  素直にあか  扉はあか  扉があか  戸があか  錠がなくてはあか  あかないな、あかなければあか  らちはあか  だんだん埒があか  色こそあか  縁をあが  上へと駈けあが  景色をあか  いつまでも埒はあか  ラチがあか  陸へあが  上をあが  息吹きを浴びて起ちあが  幕があか  穴があか  喜びをあか  格子戸さえすらりとはあか  壇にあが  消息をあか  埒のあか  壁をながめながら、あか  たんすがあか  心が湧きあが  堅きもちひをあか  いつまでたっていてもあか  景色にあか  底から震へあが  上に駆けあが  方をあか  当分埓があか  贖罪、あが  扉が、あああか  家はあか  扉のあか  梯子段をかけあが  それが若し滞りなく出来あが  レールが撥ねあが  風景を、あか  左右にねじってみても、さっぱりあか  孔でもあか  完全に出来あが  どよめきが、あが  日は少しも見あか  内臓模型をあか  念が湧きあが  表へ飛び出して、あら、あが  室があか  厭きもあか  隙間のあか  気にしなけりゃあか  どこさ逃げあが  土地であか  此処へあが  甲板へあが  らちくちがあか  議論などをあか  ことやらをあか  道路に駆けあが  めて、あか  目をあか  埒すらあか  門を推してもあか  声が涌きあが  後景として、見あか  目もあか  奉公にあが  何度きいてもあか  いつまでも埒があか  二階にあが  塊が湧きあが  それを開こうとしたが、なかなかあか  泊りのあか  からラチはあか  癖をあか  身の上をあか  鍵が違ったらしく、すぐにはあか  中心に湧きあが  無数のおもひが湧きあが  夜をあか  三日にあか  らちのあか  風のしらべにさそはれてみれどもあか  山、あか  日もあか  つて、こつこつと出来あが  先へ出来あが  のかあか  跡に残して、あか  戸はあか  私はあか  窓はなかなかあか  窓があか  黄金にあか  また上にあが  埓のあか  つて出来あが  はなをあか  

形容詞

~ あか[形容詞]
あまりにあか  

~ あか[形容詞]
花のあか  梅干のあか  蓼のあか  梅ぼしのあか  鼻はあか  

あか[形容詞]
あかさ  あかン  

名詞

あか[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あかでまっ黒になっている  あかの他人に手引をする  あかの他人にみだりに使わせられて  あかにまみれ  アカぬけたものに限ると  あかにし  あかがひ  あかがひの  あかたふしの淡の郡にいます  あかの他人は食膳の旨からんことを希ふ  あかねいろ大和島根の春花に映  あかの他人を見るごとくではない  あかの他人にちがひなかつた  アカデミイ会員に推されて  アカデミイ会員の候補に立つ  あかと黒の先だって中はやって居た  あかの浮いてる  あかないものはいつまでたってもあかない  あかない仕掛になっている  あかない宇宙艇もあるかも知れません  あかの他人でないような気がして来る  あかないうちに遠慮会釈もなく締切の期日がとつくに過ぎ去  あかのつまった  あかのついた  あかの他人であるような意地悪く冷酷なところがあった  アカだとされて  あかべをした  アカの他人が進んで  アカだというようなことをいいふらし  あかない場合もないとは限らなかった  アカに共通する  アカではないようだというような事になって  アカが飛び出して  アカやなんかとは違うしなあ  あかほどの理性を持っている  あかの他人のように見えた  あかの他人のような顔を見ると  アカ抜けているが  アカぬけているね  アカといえば  あかの他人のおのれらに食われて堪ろうか  あかの他人に思っていた  あかがねの霧たちこめて  あかがねのような夕空を見ながら  あかない前に来た  アカぬけしていて下卑た  あかの他人の一旅客としてここに泊って  あかの他人でも静物といえば  あかのたまって居る  あかの他人みたいな目つきで自分を見る  あかの他人のかれこれ容喙すべき  アカの他人が咎めても  あかにしだった  あかにしであればあるほど  あかにしだが  アカと申しますが  アカを沢山食べている  アカと申します  アカを押流した  アカが沢山出来ます  アカを飽食していた  あかの他人はなかりけり  あかがねの箱の中にかくれているので  あかがねの箱からはいだして  あかづきたとにはあらねど  あかでももらって煎じて飲みな  あかもたまるじ  あかほども物を明かさねえ  あかがにの指のような赤いさんごをながめていましたが  アカぬけたような気分になるから  アカデミイも新しい演劇のために何物かを与えるであろうがと言っておられる  あかはありませんか  あかの他人が一生親密の関係を造ると  あかない奴には手がつけられない  あかか銭じゃ買えんとな  あかっぽい大髯をつけて  あかない引出へ入れます  あかないかもしれません  あかがね  あかが奥方となりし  あかはその間に万事己が意に任せて  あかの顔に瞳を据え  アカデミイ制度を移入するに際し  アカの他人でいまどきこんなおせっかいをする  あかをおとしておいて  あかがねの柱が立っている  あかがねの柱に映って  アカの溜まり  アカを汲み出して置く  アカデミイでは使ひません  アカデミイ会員の作を上場してます  あかの他人から名前を呼ばれた  あかない五銭白銅をもらつた  あかは赤なり  あかの他人の昔に帰ろう  あかがねの匣があって  アカデミイ会員よりも文章をよくしたと  あかの他人のごとくその書に親しめぬといふ  あかっぽい頭髪がうつむいた  あかの他人のおせっかいや小さな権力から生まれ出づるものではないことを得心して  あかの他人に当たる各家は製作上の真理に頷いて貰いたい  あかを汲み出せ  あかの他人である北沢を観察し  あかあるい日の中に紙屑籠を引っくり返した  あかへしますわ  あかを洗い落とす  あかを洗ひ落すかするより  あかを落して  あかの他人に等しいものになるであろう  

~ あか[名詞]1
甚太郎さんのあかが  芸術品はアカ  尾田のあか  ようだがあかの  豊旗雲のあか  サンスクリツトのアカは  埒のあか  大野はありゃアカじゃ  何れもアカデ  葉裏にあかと  二人のアカデ  内側からあか  新潟県中カンバラはアガノ  何十人かのあかの  ふちがあかべを  階級的にアカの  ッきりのアカの  さそうなアカの  曰く記實にあか  のはアカ  中からアカが  ヤマシだろうとアカ  爪のあかほどの  身体はあかの  美術のアカデ  夫から見ればあかの  ラチのあか  方がアカ  無断であかの  うちであかの  傷のあか  これはあかの  ラチがあか  序幕のあか  好みがアカ  こんどはあかの  間にあかの  ものをアカの  曽有のあかに  俗にアカと  上等なアカを  上等のアカを  眼のあか  花のかげあかの  つめのあかでも  つめのあかほども  駒はあかの  俗人ばなれがしてアカ  爪のあかは  二人のあかの  官公立のアカデ  三つ鍵を使わなければあか  西洋音楽のアカデ  あとはアカの  旅のあかを  火の光りがあかがねの  ダルマよりアカの  船底のアカを  鞘がすべりあか  穴のあか  外からあか  一つのあかがねの  近代のアカデ  ここにおいてあかの  生前にはあかの  自分にとってもあかの  ぢやあかへ  体のあかを  中であかを  歴史のあかを  

~ あか[名詞]2
もとよりあか  ないあか  すっかりあか  まったくアカ  ないアカ  よほどアカ  重きあか  まるであか  古いアカ  そんなあか  すこしあか  太いあか  さしてアカ  わがアカ  そのアカ  ややあか  決してあか  輝かしいあか  

複合名詞
アカステ  アカツキ  ぎんぎよのめあか  あかえい  あか褌  あかざととびつかとで茫々  あから  カウアカ  アカ汲  アカ柄杓  あかぎれ  あかぎれは  アミアカ樹  あかがい  あかちゃん  アカアカ  アカグマ国  アカグマ人  アカグマ最高行政官  アカグマ国イネ州  アカグマ国宮廷  アカグマ国人  アカグマ国独特  アカグマ軍  アカグマ地下本営  アカグマ国軍  アカグマ国側  アカグマ国攻略軍  対アカグマ国イネ州  いま西方アカグマ国イネ州  あか茶けた  油あか  あかインキ雨  あかぎれでいためる  あか膚  ッきりアカ  あか桶  おばあか  あか児  あかとら  あかとらさん  アミアカ  あか土色  あから顔  あかだらけ  白髪あから  アカ土  あかざとはめづらしい  あかあと  アカウミガメ  風あか  アカ毛もの  あかえびすども  手アカ  あかチャン  青アカ  あかまつ  アカルイ  肌あか  あか柄杓  アカゲラ  間あか  アカヒキ  明あか  あかさん  つてあか  アカシカ  歎くにあか  アガ川  アガシイ先生  半身あか  あかちゃん病気  あかさん春  水アカ  彼あか  襟アカ娘  あかすぐり  アカデミアン  劇評家兼アカ  クモモナクアカルイ  アカアカザ  アカボウ  ぎみあかあど  あか恥  襟アカ  足アカ  あか海亀  アガアテ  あか子  あかあと夕焼け  アカ子  此頃ハあかみち  アカスガ  あから様  あかねえや  アガピート  六三あかだま  九一あから  アガペ  苗あか  水不足あか田  



前後の言葉をピックアップ
赤谷川  阿賀  赤玉  阿賀川  飽か  赤石山  赤新聞  あか    赤砂糖


動詞をランダムでピックアップ
長けれ扱か追い越すかたらっ引き裂こ書きとめのぞみみむこ見受け眠らす呆れ成立ちゃ打ちあわ毀せ焼き払お振ろ飛乗り焦げるしめつけでっち上げ
形容詞をランダムでピックアップ
かぐわしき見やすいにがい腹ぐろいなき詮無く珍しいゆるしきわどくかぐわし怪しきがめつからきよう厭わし心弱待ち遠し愉しいしどけなく凄しつまんない