「鳴く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 鳴く[動詞]
てっぺんで鳴く  千代千代と鳴く  文鳥がちちと鳴く  千代千代とも鳴く  顔を見て鳴く  ことさらに鳴く  声で鳴く  鶏がいかに屡々鳴く  千鳥が鳴く  山羊もめをとで鳴く  河鹿が鳴く  猫が捨てられて鳴く  虫が鳴く  ろぎも鳴く  朝蝉が鳴く  何か鳴く  鶯が鳴く  ホウホケキョと鳴く  藪鶯が鳴く  矢羽根よ、鳴く  やうに鳴く  そこまで来て鳴く  中へとびこんで鳴く  虫がやるせなく鳴く  牛が鳴く  いつまでも長う鳴く  蚊の鳴く  蜩が鳴く  晴間に鳴く  草むら青み夏むしの鳴く  鷄の鳴く  狐が鳴く  何をそんなにおどろいて鳴く  一番早くに鳴く  蠑螺は鳴く  こゑの鳴く  ぴよぴよと鳴く  鷄も鳴く  鶏の鳴く  蛙が鳴く  山鳥のほろほろと鳴く  だんだん強く鳴く  薄らあかりに鳴く  百舌鳥のあわただしく鳴く  タイアが鳴く  小鳥の鳴く  鴉が鳴く  時刻に、たけだけしく鳴く  木菟が、ぽう、と鳴く  つんぼになるくらい鳴く  沼地に鳴く  夜は鳴く  小禽が鳴く  身に寒く、鳴く  暁から鳴く  てこほろぎの鳴く  つつこほろぎの鳴く  うちに来て鳴く  まつてゐて鳴く  ふし蚊帳にとんで来てとまつて鳴く  蚊帳に来て鳴く  蚊帳にゐて鳴く  鶴さはに鳴く  鳥が鳴く  語り蟋蟀の鳴く  声をそろへて鳴く  おなかが空いているから鳴く  虫の鳴く  切なる振に鳴く  花と咲け鳴く  群り鳴く  中からも出て鳴く  空に鳴く  カッコウと鳴く  まついて鳴く  うつ雉子の鳴く  蟋蟀が鳴く  一番鶏の鳴く  二番鶏の鳴く  パッタリ、鳴く  休みなしに鳴く  鴎の鳴く  ホウホウと鳴く  キキと鳴く  梟の鳴く  はずれで鳴く  上にとまつて鳴く  地虫の鳴く  イヤーって鳴く  音色で鳴く  鳥かと思っていたら、読んでやっぱり鳴く  ふくろうの鳴く  ふくろうが鳴く  すっぽんが鳴く  ように鳴く  近くで鳴く  鹿の鳴く  ものさびしらに鳴く  朝鳥の鳴く  樹に鳴く  横網鶯の鳴く  河鹿の鳴く  月あかりに鳴く  蛙の鳴く  美事ににゃあん、にゃあんと鳴く  牛の鳴く  木兎が鳴く  チイと鳴く  コンを鳴く  鴉の鳴く  のではないかと思うほど鳴く  方で鳴く  郭公の来鳴く  ホトが鳴く  ほととぎすが鳴く  鈴虫の鳴く  寿鶏が鳴く  烏が鳴く  ケンケンと鳴く  坂本牧場に鳴く  石垣のすみで鳴く  空を舞って鳴く  蓑虫をも鳴く  親を慕って鳴く  ちやがちや鳴く  外で鳴く  そと鳴く  鶏が出て鳴く  誰かその鳴く  一喝をうけて、鳴く  夜をこめて鳴く  つた、鳴く鳴く  鶏が鳴く  児の鳴く  親鳥が鳴く  蛙がよく鳴く  如ぞ鳴く  田居に鳴く  雁の鳴く  枝蛙の鳴く  雀が鳴く  蝉の鳴く  來て鳴く  底で思い出し思い出し鳴く  上に、高く低く飛び交いながら鳴く  山鳩が鳴く  蛙はしきりに鳴く  何かの鳴く  ホロホロ鳥が鳴く  蟋蟀がよく鳴く  陰などでよく鳴く  からからと鳴く  たかたと鳴く  コオロギが鳴く  そうに鳴く  鶯頻に鳴く  秋蝉初て鳴く  藪に鳴く  ゼニトリゼニトリと鳴く  杜鵑の鳴く  鳥が頻りに鳴く  こおろぎが鳴く  烏の鳴く  鷽が鳴く  野に鳴く  小鳥たちは鳴く  方ではただにやにや鳴く  庭で時々鳴く  えこうろぎが鳴く  秋よ、つくづくと鳴く  きがうちはつくづくと鳴く  ちりと、まだ、鳴く  頬白の鳴く  黍畑こほろぎぞ闇に鳴く  とこほろぎの鳴く  何処で鳴く  うぐいすが鳴く  うぐいすの鳴く  朝でなくても鳴く  水鶏の鳴く  豚の鳴く  院殿坂に鳴く  音を鳴く  畑中に鳴く  蚯蚓の鳴く  鶯の鳴く  祈祷鳥が鳴く  奥に鳴く  祈祷鳥がまた鳴く  ホーホーと鳴く  から晩までしゃあしゃあ鳴く  八千代とぞ鳴く  柳に鳴く  鳥の鳴く  壁虎がきちきち鳴く  壁虎が鳴く  その間に鳴く  眠猫が鳴く  轡虫の鳴く  ひつじは鳴く  彼等の高く鳴く  春さき此鳥の高く鋭く鳴く  枝に、近々と寄り添うては鳴く  阿漕ヶ浦で鳴く  犬が鳴く  枝、鳴く  闇夜に透かすと、鳴くわ、鳴く  こたまだ、と鳴く  一齊に鳴く  池に鳴く  苑一面に鳴く  感けて鳴く  古井戸をのぞけばわっと鳴く  昼も鳴く  沢山に鳴く  庭で鳴く  一羽燕ぞ鳴く  時鳥が鳴く  時鳥の鳴く  森で鳴く  オヤ梟が鳴く  秋虫一度にみだれ鳴く  声をそろえて鳴く  鳶が鳴く  ジィジィという鳴く  梟が鳴く  翼を納め、鳴く  チャアとばかり鳴く  方向に向けて飛びながら鳴く  中に飛びながら鳴く  静止して鳴く  場合には飛びながら鳴く  雁などが飛びながらおりおり鳴く  チッチョと鳴く  夏鳥がなきます、鳴く  翼を噛みて鳴く  血に鳴く  何と鳴く  咲鶯も鳴く  蜩の鳴く  ククと鳴く  うによく鳴く  子を慕うて鳴く  夜蝉がまた鳴く  蝉は鳴く  久しぶりに鳴く  鳴き不如帰が鳴く  あちらで鳴く  こちらでも鳴く  蝉よ鳴く  眼がさめ鳴く  ぎが鳴く  卵を産んだと鳴く  稀れに鳴く  梢に鳴く  曲折して鳴く  こほろぎも鳴く  百舌が鳴く  行々子が鳴く  きれぎれに鳴く  子を振り返り見てしきりに鳴く  鳩の鳴く  毎朝鶏の鳴く  雲に鳴く  水に鳴く  搖かさで鳴く  帆柱に鳴く  方で鳴いては止み、止んでは又鳴く  きりなしに鳴く  ときにも鳴く  夜中に鳴く  羽根は鳴く  面白味は勿論、その鳴く  うまおいの鳴く  鷄が鳴く  河原に鳴く  小鳥ちろちろと鳴く  からすの鳴く  クラポオの鳴く  雀の鳴く  きりぎりすの鳴く  手をとり鳴く  雲雀の鳴く  口で鳴く  魂全体が鳴く  鶯は鳴く  鳩がくううくううと鳴く  所々で鳴く  こっこううと鳴く  家鴨ががあがあ鳴く  それを、すだき鳴く  蝙蝠が鳴く  心あって鳴く  茄子の鳴く  鵝鳥が鳴く  鳥になって鳴く  來り鳴く  山鳩の鳴く  声を鳴く  恋にこがれて鳴く  四声ぐらい鳴く  烏ばかり鳴く  日暮れ方になると、ブンブンと鳴く  夜鳥の鳴く  驢馬の鳴く  雛蛙の鳴く  蟇の鳴く  蝉が鳴く、何と鳴く  蝉が鳴く  空を横切って頻りに鳴く  ヒグラシが鳴く  鶏は鳴く  だんだん虫の鳴く  食はうと鳴く  雉の鳴く  いっしょに鳴く  梢に来鳴く  中で鳴く  そばへとまって鳴く  所で鳴く  調子はずれに鳴く  がれに鳴く  別れも悲しきに鳴く  常世を捨てて鳴く  友千鳥諸声に鳴く  独り音をぞ鳴く  秋蝉の鳴く  島がくれに鳴く  杜鵑が鳴く  黒つぐみが鳴く  今ぞ鳴く  猫が鳴く  野辺に鳴く  梢で鳴く  猫のあまりに鳴く  かわいい声で鳴く  時候をよく鳴く  見当で鳴く  木で鳴く  夜更けにも鳴く  つれ鳴に鳴く  木近くへ来て鳴く  ょうにょうとかわいい声で鳴く  汝よ何とて鳴く  猫は愛らしく鳴く  ひぐらしの鳴く  蔭に鳴く  もろ声に鳴く  庭に鳴く  霜うち払ひ鳴く  蟋蟀の鳴く  吐息たち何處で鳴く  ほととぎす心してこそ鳴く  ペタコが鳴く  夜間に鳴く  鷹が鳴く  鶏も鳴く  鳥鶏も鳴く  鴉がかあかあ鳴く  蟲の鳴く  麓へ来て鳴く  ここではその鳴く  地下にて鳴く  鶉の鳴く  歯切れよく鳴く  にしも鳴く  蛙も鳴く  林に鳴く  谷で鳴く  ヒョウヒョウと鳴く  ヒヨウヒヨウと鳴く  音と、鳴く  こほろぎが鳴く  熊蝉が鳴く  水湧けば鳴く  河鹿がしきりに鳴く  しづかな河鹿しきり鳴く  鵯の鳴く  夕方によく鳴く  ピーヒョ、と鳴く  時かあ、かあ、と鳴く  二声ずつ鳴く  根で鳴く  忠と鳴く  アホウクワと鳴く  母の鳴く  畜い、その鳴く  コケロめんどり死ぬまで鳴くが、死んで鳴く  午後四時に定まって鳴く  牡鶏同然に鳴く  壁に鳴く  今から一番鶏が鳴く  鳥一羽の鳴く  ようにその鳴く  牛大いに鳴く  凶物としその鳴く  鼠下り来りて鳴く  迎へて鳴く  一首ひぐらしの鳴く  秋風身に沁みて、うづら鳴く  正直爺さんポチが鳴く  百舌始て鳴く  百舌頻に鳴く  虫猶鳴く  幽かに鳴く  日ぐらしの鳴く  狐の鳴く  しみとほり鳴く  田に鳴く  夏蟲の鳴く  庭さきに鳴く  猿の鳴く  溪川に鳴く  中から蟋蟀の鳴く  海鳥が鳴く  樣に鳴く  月に鳴く  犬鶏の鳴く  音尻を引いては鳴く  父よと恋しがって鳴く  きいきいと鳴く  鵯は夙に来鳴く  チョットコイと鳴く  蟋蟀の紛れて鳴く  ぎよツと鳴く  店に鳴く  聲を消して、凄じく鳴く  うちに鳴く  舟が鳴く  こころみに鳴く  ぎれな蟋蟀の鳴く  牛の、しかられてもうと鳴く  轡虫が鳴く  おまえの鳴く  ここでも鳴く  それこそ、ちちろ鳴く  すべて虫の鳴く  怪禽昼も鳴く  蠅の鳴く  幾たびか鳴く  森に鳴く  山ほとゝぎす雲に鳴く  山時鳥くもに鳴く  確かに鳴く  鶴が鳴く  日に鳴く  境目に鳴く  関係で鳴く  以上鳴くといったら必ず鳴く  俺が鳴くといったら必ず鳴く  幸田、鳴く  鶴がなんで鳴く  地虫が鳴く  異口同音に、鳴く  ギャアと鳴く  上なんぞで鳴く  鶏も、もう鳴く  鴟の鳴く  千鳥頻鳴く  方に鳴く  玉ねぎ見い見いかえろ、かえろが鳴く  ために苦しがって鳴く  今も鳴く  ピユチクピユチク空で鳴く  湿原で鳴く  ニヤゴと又鳴く  身にちかく鳴く  虫がしきりに鳴く  今に鳴く  からすがしきりに鳴く  ウツクシヨシと鳴く  空を飛んで鳴く  ヒョロローンと鳴く  三音に鳴く  コロクと鳴く  夕暮に鳴く  上で鳴く  まわりで鳴く  皿持てこ汁飲ましょって鳴く  來て、その鳴く  八尺もあって、鳴く  光、こうこうと鳴く  山羊の鳴く  得顔にかしましく鳴く  剖葦はしきりに鳴く  明方にも鳴く  馬鹿に鳴く  蛙もさすがに鳴く  長吟して鳴く  穴で鳴く  ヂーと長くひっ張って鳴く  中へはいってきて鳴く  山に鳴く  秋の鳴く  種類の鳴く  中に鳴く  声を放って鳴く  カラスがいればさわいで鳴く  極って鳴く  水禽の鳴く  鴨ぞ鳴く  蜂の鳴く  茂みでやかましい程鳴く  盛んに鳴く  色鳥の鳴く  袂を振ふとき鳴く  のしと鳴く  鶏のくっくっと鳴く  くりかへし鳴く  くりかへして鳴く  虫も鳴く  パツチパツチと鳴く  小鳥とまつて鳴く  小鳥逃げつつ鳴く  鳥も鳴く  毎晩鷄の鳴く  蔭で鳴く  嬉々と鳴く  天井裏で鳴く  蟲かくれ居て啜り鳴く  千鳥も鳴く  葭切りの鳴く  影に鳴く  ゆるやかに鳴く  霊鳩しきりに鳴く  蛙が固まって鳴く  音は高く立ちながら、鳴く  だって鷺が鳴く  ひとりで鳴く  きゅうと鳴く  ぐぐぐぐ、と、鳴く  土中に在りて鳴く  声を出して鳴く  雁が鳴く  巣が来て鳴く  法師蝉が鳴く  モネーモネーと鳴く  実験用犬の鳴く  ほととぎすも、鳴く  閑古鳥が鳴く  秋に鳴く  途端虫の鳴く  簑虫もまた鳴く  草かげに鳴く  節おもしろそうに鳴く  仏法僧も来て鳴く  鶯も鳴く  コウコウ牝鶏が鳴く  つぐみの鳴く  小鳥が鳴く  つばめの鳴く  岡沙魚が鳴く  のがあろうか、あっても鳴く  奴は鳴く  それが鳴く  トントン、きりりと鳴く  虎、いかに鳴く  彼らが鳴く  道端に鳴く  狐も鳴く  人を見るときっと鳴く  おなかをすかして鳴く  鶯が来て鳴く  江戸まで持って帰ろうとは思わぬが、鳴く  鶯はただ鳴く  あいものだよ鳴く  ホーと鳴く  山鳩のまだ鳴く  必らず鳴く  ぎわに鳴く  逃ぐる事もなし鳴く  みかいかくろひ鳴く  來居て鳴く  萱村に鳴く  毛虫の鳴く  松蝉の鳴く  松の木に鳴く  耳にしみて鳴く  夕さり毎に鳴く  夕に鳴く  かじか鳴く  聲は相喚びて鳴く  行々子頻りに鳴く  枝に鳴く  人に鳴く  かし鳥の鳴く  聲にて忙しく鳴く  鵯ぞ鳴く  さびしみ鳴く  松に鳴く  聽けと鳴く  さわやかに鳴く  水にひたりて鳴く  風にさそはれ鳴く  兆とうたがへり総鳴に鳴く  音にぞ鳴く  声ふりあげて鳴く  声がして、その鳴く  段で、鳴く  黄鳥の来鳴く  犬の鳴く  二三匹の鳴く  音調に鳴く  メエエエと鳴く  其夜一番鶏が鳴く  カナカナがもう時々鳴く  雨が降って鳴く  螢も鳴く  ようにふき出して、しゅっしゅっと鳴く  畦をつたって走りながら鳴く  雉子の鳴く  私は鳴く  なかで鳴く  腹の虫が鳴く  空を寒むそうに鳴く  さで鳴く  さまに鳴く  鳥は鳴く  ふつかに鳴く  鶴も鳴く  ブウと鳴く  夜も鳴く  さへ鳴く  子規軒端に近う鳴く  こほろぎの鳴く  ほろぎが鳴く  盛に鳴く  夜鷹の鳴く  滑稽に鳴く  栗鼠の鳴く  尾をひいて鳴く  夜だけ鳴く  虫は鳴く  ふくろも鳴く  トッテクーと鳴く  しろからちらと鳴く  鴨の鳴く  二十六蝉も鳴く  晴れやかに鳴く  柔かに鳴く  芽も青く、鳴く  香も痒く、鳴く  露も苦く、鳴く  夜に鳴く  山で鳴く  カジカの鳴く  蝉が弱々しく鳴く  辺から牛の鳴く  



前後の言葉をピックアップ
なぎ倒し  なぎ倒す  なぎ払う  無くな  泣く  哭く  啼く  無く  無くさ  なく


動詞をランダムでピックアップ
とりむすぶ弾き出さ踏みしだき出で立つ合い使いこなす見交せ切り立て紛れ込ま起れねがうごうする立遅れ食わす打ち砕いなぐさん摘み取る翳そかよい呟か
形容詞をランダムでピックアップ
普くそこはかとなきえぐはやいのろわしくあおく賢き目ばゆい清きさみしきうさんく心細し耐えがたつめたうむずかしいこよないあだっぽくおびただしかっ愚かしくそぐわなかっ