「魔」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
魔の来たのに  魔なんかではなく思いがけない仏御前が出て来た  魔は一人一人がすれちがう  魔睡を嗅がしてもらつた  魔の手がのびて来ようとしてる  魔をそよがせる  魔の音楽をきいて  魔の歌を弾いた  魔の琴手がやって来た  魔よ名を蛇と呼ばれて拗  魔の力との直接的関係の可能性を疑う  魔の手は伸びてきました  魔の影はこの蚊帳の中にひそんでゐました  魔を払ひのけた  魔睡にかけてしまったかもしれない  魔睡してしまった  魔と考へられ  魔の手に引っぱられようとする  魔のスロープに飛びこんだ  魔がさしてる  魔が魅すと  魔に誘われし  魔を置き  魔に襲われて  魔のように見えて  魔がさしたという  魔のかげ  魔の住む  魔にみいられた  魔も王とすべきである  魔の跳躍はほしいままとなり得た  魔がさした  魔がさしたね  魔の如く彼を襲ひ  魔に捕へられる  魔がさせば  魔を追う  魔の門であると言われている  魔呵なる恍惚の浴霊に浸ると  魔とかいうものがさしたのに  魔が魅す  魔は彼を伏す  魔は彼を伏せず  魔の支配を逃れんとして  魔と戰ひ  魔と其軍衆とを亡ぼし  魔を指す  魔の縛を滅せん  魔の聲にでも決斷の臍を囁かれる  魔の呪詛を見せます  魔除けの用意をも込めてゐる  魔とか幽霊とか云う  魔が義理はりを知らうぞ  魔を呼んだ  魔がさして来た  魔の者にした  魔の海溝に於て突然敵の爆薬床に突入し  魔に襲われた  魔の抱擁のうちへ戻らねばならぬ  魔ぞ立てる  魔がしのびより  魔誤魔誤して  魔に憑かれておるでナ  魔の事件があったので  魔の声を聞いた  魔除けになるとかいう  魔の手が伸びたらしく  魔がさしたのよ  魔がさす  魔が掠めた  魔がついていたの  魔がついていますか  魔っちょだから実に私は途方にくれる  魔誤ついた  魔が妨げる  魔が忍んで  魔の手など意識しました  魔が忍んで来る  魔も太過ぎますね  魔の翅のような予感は前から薄々影を落としていた  魔睡剤を用ゆると  魔が消えてしまった  魔を誘拐して  魔に逃げられたって  魔誤魔誤してゐる  魔を呼び  魔で力に成りや  魔の河の速き流れのごとく恐ろしき一群永遠に走り出で  魔はいくらも居るが  魔を劫かして  魔の女に取合わした  魔の沼へ落込む  魔の戯れから  魔の笑いをもらした  魔のかざす  魔誤付いて  魔誤まごしていた  魔誤まごし  魔があるだが  魔を小言いって  魔のやうに覗いてゐた  魔がさしたとでもいう  魔がしき都ではありましょう  魔がしい  魔の色をますます濃くした  魔の電柱と云われている  魔のやうな時刻がつきまとふ  魔のひとときよとぼとぼと坂をくだり  魔の淵の竜窟鮫室の中に平然として入ろうとする  魔のさした  魔が寄ると申します  魔睡との底に凝り  魔の手にかかったので  魔のような気がして  魔と見えましてがすかな  魔の顔さえ見せておく  魔の咽喉笛を突つくのに  魔し去  魔かしたいと思った  魔かすことも出来ますが  魔に憑かれた  魔にも鬼にも勝た  魔の手に折らせおきて  魔のまへに理想くだきし  魔のわざを神のさだめと  魔に向ふつるぎの束をにぎるには  魔が肉と骨との間にはいり込んで  魔のごときものありて  魔がさしたとしか思われませんよ  魔睡薬に酔った  魔の口を開いた  魔が一しきりついたの  魔除けにしているが  魔除けに門にはる  魔とも云い  魔が魅したので  魔が魅したとでも言うより  魔つちよが口を利いた  魔の火と称する  魔の宿る  魔除けにお泊めなさる  魔が魅した  魔を除け  魔が来た  魔の棲む  魔除けになるかと思いましてな  魔の学問の中に足を踏み入れすぎた  魔を退くる  魔が差した  魔を叱するかの  魔は決して去らない  魔を操る  魔が翳すち  魔の通るより  魔の影につつまれて  魔の影はフィルムのなかに溶け込んで  魔の影が漾っていた  魔の姿からは遮られていた  魔の影は日毎に濃くなって行く  魔の影は人波と夕靄のなかに揺れていた  魔の咒符みたいな暗い物があるという  魔を殺してはいけない  魔の笑いみたいにカラカラと音を立てたからだった  魔の夢に憑かれている  魔の風が吹き落ちて来たか  魔の犯人と腕くらべをするに至った  魔がさしたと申しましょうか  魔の神にのろわれておった  魔の淵を思わせた  魔を持つてゐない  魔が附いたと見るより  魔の手がせまる  魔の笑いのような音をたてていた  魔の口をのがれて  魔がさして居りますから  魔の手が背後に寄って  魔たらしめ  魔となるより  魔のかげがさした  魔でもいわせたか  魔のこだまが山谷にくり返された  魔の兵を相手にしておる  魔もまた盛んなりと何かの本に書いてありました  魔が魅したのでせう  魔がつくとか  魔の淵のやうな大空にかかつてゐた  魔睡を批判しはじめる  魔の男の爪痕が深いいたでになっている  魔につかれた  魔が差す  魔のかたちになり  魔の口がいつも身辺にあったといえよう  魔がさしたって言いますわね  魔を信じ  魔の池のように恐れている  魔が忍びこんでくる  魔の声みたいな矢うなりが  魔除けの呪文ででもあったかの  魔の様な黒猫にのどをかみきられて  魔に魅せられていた  魔のような仄かな光に揺れて  魔の淵にするすると吸い寄せられる  魔かしますが  魔の通る  魔のような黒い雲がこの町の上を忙がし  魔っ児を上へあげろち  魔かして  魔かしていたが  魔が魅すという  魔が魅して  魔に眼じりを下げて  魔をふん縛ってしまうから  魔がさして飛んでも  魔除けに利用する  魔のムチにうごかされてでもいる  魔が跳るものと見える  魔の手が強く働いている  魔がさすというか  魔睡が必要になってくるぜ  魔睡に陥った  魔の支配する  魔の車とでもいい  魔に捕られた  魔に捉られたか  魔隠に逢った  魔の憑いた  魔がささねば出来なかった  魔がさして宿屋の著物を盗んだ  魔がさしたとはいうものの  魔かと疑ってみたくなるくらいだ  魔の業と見るより  魔の空間にすべりこんで  魔の空間に突入したので  魔の空間が考えられましょうか  魔の空間とが関係があると考えると  魔の空間を襲撃する  魔の空間にぶつかると思われる  魔睡薬が仕込んであるに  魔睡薬を用いて  魔睡余は内部の世界を熟視めて居る  魔睡や忍ぶ  魔睡す  魔多くして  魔がさしたとでも申す  魔にでも憑かれた  魔にうなされた  魔でもさした  魔が魅すぞ  魔に使われている  魔にとられたと言う  魔の袖や帆となりけん  魔の影が映りました  魔に憑かれてやる  魔の手がすでに伸びていた  魔がさしたというので  魔をはらってしんぜると  魔がさしたとでも申しますか  魔がさしていけねえ  魔がさし  魔と言い  魔はどこへうせた  魔がさしたのう  魔に吸いこまれる  魔睡させられてしまった  魔がさしたので  魔の住み  魔を嚇すが  魔の慴伏し  魔誤付いている  魔誤付かせた  魔も身を隠して  魔の手のあって  魔の火と称えて  魔の火と云ってね  魔の悪戯はあると見える  魔に捉られた  魔の手をのばすと  魔が通っている  魔が掴む  魔がかい  魔がさし通していた  魔がさすと  魔の船を追った  魔にもその意味が分って  魔は一声しか呼ばない  魔でも,人を呼ぶ  魔の物搗き  魔が兄弟二人で住んでいて  魔に取られてなる  魔除けになるかも知れない  魔除けだと考えずにはおられません  魔と握手したかの  魔の小路だというのに  魔を以て魔の浄相を仰ぎ見ようとする  魔がさすと云う  魔がさすといけませんからね  魔と怖れに満たされた  魔避けの為にはなったと思う  魔のように通る  魔の人魚が歌ってる  魔を追い散らす  魔除けの祈祷でもしてもらう  魔がさして踊り出すとかいって  魔の踏切と云われている  魔が姫君に憑いている  魔のようにあたりいっぱいを暗くして  魔が魅すって聞いたが  魔がさしますで  魔の国だと思っていた  魔でもさしたか  魔ともつかぬ  魔をなす  魔がさしました  魔や心に入りか  魔の為す  魔がさして来ました  魔の乗ずる  魔だと思いましたが  魔か分らないほどの  魔が取り去った  魔を平らぐるに足るなど信じた  魔の乗物と信ぜ  魔の淵の底まで覗かせない  魔の通った  魔の爪牙から離さなかった  魔は黒犬や老猫形を現ずると信じ  魔が人を犯す  魔の化けたので  魔の力を借りて  魔が化けた  魔と書く  魔もからむ  魔がさしてた  魔ありて揉みしようなる  魔が射した  魔は目のなかに日がさしこむので  魔は赤い頭巾をふったり  魔の乱舞は見られなかった  魔が自分に投げ与えた  魔がさしている  魔睡から覚めてからは  魔睡から覚めて  魔のような迷執を持ちはじめた  魔の手が妾の方へ伸びかかっておりますが  魔のやうに二人の前に現はれなかつた  魔かと思われる  魔かと思はれる  魔の森へ近よった  魔の森に迷いこんでいる  魔の森へ入ろうという者はあらせんわ  魔の森の方角で見たという  魔の森に踏み迷って  魔の森に燃えるは  魔の森の方角に何ものかを認め  魔の森に分け入って  魔の森の方向に火柱が立つといった  魔の森へお入りじゃった  魔の森の中に落としてしまった  魔の森において発見された  魔がさしたとでも云おうか  魔の海として近づかない  魔に醉ふ  魔の時刻と云はれて  魔の手を伸した  魔かというべき  魔の渦巻の中に捲きこまれてしまう  魔の水門に向けたではないか  魔の島に姿をあらわした  魔の手をのばしはじめた  魔誤ついている  魔を降すの  魔は我が胸に重りきて  魔といい  魔が通る  魔がさすと見えます  魔の物を知己にするから  魔だの天狗などという奴が居る  魔の居る  魔のやる  魔がさしたと云う  魔がさしたといふ  魔に知らせる  魔が差したとでもいう  魔のごとく忍びよる  魔の目のやうな秋の月はお幸のやうな常識に富んだ  魔がさしたか  魔の海へまでも往ってしまうかもしれない  魔の手を伸し  魔の海を脱れなければならないが  魔の海を脱れ出るが  魔の海で死なしたくは  魔の海の大渦巻に捲き込まれた  魔の海で失って  魔の海の大渦巻のことを物語ったが  魔がさすという  魔なんぞに惚れられ  魔の仕事かも知れないとまで考えた  魔の手が立樹を動かす  魔を退き  魔は何処に潜んでいるか  魔のカーヴに近づくにつれ  魔のカーヴでやったら  魔睡がもつれ  魔の岬と呼ばれて  魔睡剤を掛けられた  魔睡剤に掛って仕舞って  魔睡剤を取り出して  魔除けのサンズ縄をおのれと木のめぐりに  魔がさして下らぬ  魔や霊に絡んだ  魔がさしたともいえるが  魔が出ていってから  魔のように門を駈けぬけた  魔となりて  魔の岩とよばれ  魔がさしまして  魔が咲かせたかも知れない  魔の者がゐると  魔の者が棲むでゐる  魔の手に攫われた  魔の洞穴の探検をおもひ  魔の洞穴のことはまだかくしておきました  魔の洞穴のことを土人たちに話してきかせました  魔とも変化とも見えないので  

~ 魔[名詞]1
じゃましようと云って魔の  編戸を思いきってあけると魔なんか  彼女の魔の  銀鈴の魔を  赤子は魔の  耳に入るまで魔の  年とった魔の  唱ふもの魔よ  人間と魔の  方面から魔の  自分におそひ掛らうとする魔を  一人で魔  西蔵の魔  共産党の魔の  委細かまわず魔の  灰色の魔の  夢の魔を  杉木立が魔の  ノスタルジヤだ魔の  火の魔の  もち前の魔が  魅力とが魔の  本来は魔を  東北農村の魔の  光景から魔  のが魔が  ためには魔の  廊下を鳴らして魔の  人は魔の  武器を以て魔と  賢人は魔と  死の魔を  奈何だと魔の  それが魔  俗にいう魔とか  身ぶるいする魔の  憑入る魔の  多喜の阿魔  俺に魔が  艦隊は魔の  火の魔か  袖うち振て魔ぞ  老の魔が  汝は魔か  魔誤魔  相手は魔に  レーヌ公園の魔の  いのちをうばっていこうとする魔の  宣伝省の魔の  不思議な魔の  私に魔が  のには魔  あやめの阿魔が  あやめの阿魔を  あやめの阿魔に  到達し兼ねて魔  從つて迷うては魔を  やくざ阿魔で  十六七の阿魔は  啻黒雲に魔  智にうなずいて魔の  翼を持った魔の  ベエコンは魔  傍に魔  ア阿魔を  青空が魔の  世間でいう魔が  なんたる魔が  負傷をするので魔の  底を知らざる魔の  それは魔が  俺は魔を  沈黙と魔  自由の魔の  東部北海道を襲う魔の  病の魔の  病の魔と  定子阿魔の  時ゃあ阿魔の  殆ど余を魔  巧く誤魔か  そりと魔の  二人は魔に  其処が阿魔  袂あげて魔にも  ゆふべをゆびさしますな魔の  葉子は魔が  マクスウェルの魔の  熱狂的人物を払い魔という  門にぶらさげて魔  民家が魔  あや阿魔  後家は魔  貧乏神の魔  神を忘れて魔の  魅した魔の  短艇に魔  事には魔が  中心は魔の  ぼんやりと魔の  外の魔の  忍びよってくる魔の  前の魔の  粂の阿魔を  一颯の魔の  白昼の魔の  登場を乞われて魔の  間にも魔の  自信を脅す魔を  虚空に魔の  彼は魔が  呪いの魔  呪いの魔と  大軍の魔の  出没自在な魔の  法盛んなれば魔も  世に魔が  月の輪が魔の  一時何かの魔  師範学校的世界観の魔  道誉という魔の  塩化エチールを魔  安静に魔  不気味な魔の  土牢の魔の  わたしも魔が  内省の魔が  何か魔  目ばかり光る魔の  山の魔に  ずぶてえ阿魔  カンテラの魔の  漆をかけて誤魔か  ソノ阿魔  のだと誤魔か  手前は誤魔か  桃の魔  それを以て魔  雲間で振る魔の  直冬という魔の  南京豆ほどの魔が  彼等に魔の  いちどは魔が  膝栗毛の書抜きを遣らっしゃるで魔が  師匠が魔  馬力が魔の  光坊が魔に  菊は魔の  神か魔かと  空気がさせた魔の  ふしぎな魔の  怪物と魔の  例の魔の  梟も魔の  煙草に魔  男に魔  後の魔  夜の魔  花の魔  好事には魔  人のいう魔が  それは魔に  合掌で切り払えない魔という  何か魔でも  大正池は魔の  夢でなければ魔  多くは魔に  敬四郎の魔の  普通の魔の  ところへ魔が  心に魔が  角という阿魔は  福松の阿魔  クリストフは魔  時には魔が  運命の魔も  俗に魔の  銅像に攀じた魔の  中を魔が  時の魔という  晩に限って魔が  幽霊でも魔でも  津浪の魔の  山津波の魔の  カワウソの魔が  得体の知れぬ魔に  海の魔と  魔を以て魔の  途中で魔が  幾分か魔  横を魔の  世界は魔の  夜の魔を  死人に魔が  近くに魔の  百物語に魔が  私の魔の  健ちゃは魔が  人ともつかず魔とも  あれが魔を  頭に魔が  此人をたぶらかさんとて魔や  一つの魔が  内からの魔  外からさした魔  内からさした魔  内外から魔の  内からさして来る魔の  内から魔が  神か魔か  づべき法敵として魔が  スウェーデンで魔の  とんでもない阿魔  ウィエルスは魔が  これが魔の  二黒犬は魔が  蛸の魔  人よ魔と  ぢの魔も  梢を魔  毒瘴気の漂う魔の  圧倒し来る魔  彼は魔  土塀に沿って魔の  自分に魔が  自身に魔が  それが魔が  武坊が魔の  甚平が魔の  武夫が魔の  櫟林が魔の  お互いに魔が  靈は魔に  姿は魔の  木村の魔の  鬼か魔かと  艦首を魔の  フーラー博士の魔の  白人の魔の  時に聞いた魔の  物が魔  いっさいの魔を  例の魔だの  前述べた魔の  船が来たと魔に  アレが魔が  幻覚の魔  鬼であれ魔  果ての魔の  自分に魔の  南海の魔の  一呑みにする魔の  昔から魔が  唐人の阿魔なんぞに  数学的真理の如きも魔の  急に魔が  合鶏みたいな阿魔  岩ヶ根の魔の  天の魔も  船員仲間からは魔の  方からぶつかっても魔  懐中から魔  このごろよけいな魔が  アルプ・ウイスキーの魔が  都会が有する魔  愛見の魔と  付近は魔の  時わたくしに魔が  彼が魔の  音も聞こえず動く魔の  目的物が魔の  注意してくれた魔の  鬼とも魔とも  

~ 魔[名詞]2
長い魔  すっかり魔  こう魔  必ず魔  はて魔  おそろしい魔  いつも魔  果して魔  どう魔  白い魔  物凄い魔  悉く魔  ふとした魔  いかなる魔  この魔  ふと魔  どういう魔  わざと魔  どうも魔  まったく魔  そんな魔  その魔  怪しき魔  実に魔  とつぜん魔  まだ魔  怪しい魔  恐ろしい魔  新しい魔  ふっと魔  なき魔  よく魔  たとえ魔  どうやら魔  とにかく魔  全く魔  よほど魔  常に魔  にがき魔  まるで魔  あらゆる魔  大いに魔  恐るべき魔  あたかも魔  むざむざ魔  大した魔  宛として魔  こんなに魔  古く魔  とかく魔  遂に魔  あの魔  そろそろ魔  もう魔  きっと魔  まさしく魔  おそるべき魔  蒸し暑い魔  

複合名詞
恋魔怪曲  魔笛  魔ども  斷末魔  胡魔化  魔酔薬  胆取り一人旅善魔  善魔  魔鳥  魔杖  魔薬  斷末魔純銀食堂車卓上  魔劫  情魔  魔情  科学魔  魔もの  夜魔昼魔  魔刀  魔舌紅舌  魔気  魔刃  フト魔  魔風恋風  魔風  魔火  魅魔的  魔衆  魔者  魔海  詩魔  魔鏡  隆魔山  隆魔山蓮照寺  魔所  通魔  胡魔  吸血魔  魔教サバト  魔教的冒涜  焔魔樣  黄魔鬼畜  黄魔  魔軍  風魔  魔形  煩悩魔祖父江出羽  金魔  殺人魔  魔人  魔都  復讐魔  いま復讐魔  一復讐魔  魔め  魔日  魔神の山  魔像  魔以前  魔醉劑  海魔  魔ッチョ  麗魔  魔ちょ  魔クラガシ  魔毒  魔夢  一大魔  しき魔鳥  魔味  魔品  十五弗胡魔化  下劣詩魔  魔ッ子  除魔  魔ひとり  綺魔  ハライ魔  東方魔国王  魔語  空魔艦  大空魔艦  いま空魔艦  空魔艦団  空魔艦遠征部隊  怪物大空魔艦  空魔艦二機  土産空魔艦  空魔艦征伐  怪魔  怪魔蠅男  魔党畜類  左舷前方ニトツゼン大海魔アラワレ  大海魔  国際魔二人  海魔灘  太平洋魔城  魔城  魔城爆破  お前さん胡魔化  艶魔  保険魔  田楽魔  魔宴  魔人魔獣跳梁  魔獣  魔魚毒蛇  好事魔  魔人魔術  魔醉藥  魔往来  魔雲  魔美  塚魔野  火魔  胴羅魔声  魔符  魔行  魔化読  魔国とこ  美魔  貯金魔  怪魔金属  怪魔の  魔化  空魔  宇宙魔ミミ族  怪魔ミミ族  魔国  魔風ニ苦シメラルルコトアリ  魔隠し  魔みたい  魔酔  魔鬼  魔酔剤  魔酔的雰囲気  魔酔作用  胡魔化そう  魔生徒ども  白色魔  魔処  生れつき胡魔  ヤッパリ魔者  シルクル魔  饑饉魔  飢饉魔  方言飛縁魔  一先づ魔宴  奇魔  身捨身仏魔  魔日つて言ふん  魔言  魔たる  魔僧  空魔事件  局部魔酔  いま芸魔  岸野搾取魔  大師堂五郎魔  五郎魔  妖気魔気  海魔地獄  予言魔  一魔教  魔業  寸前尺魔  魔油  鴦掘魔僧  魔それ  魔虫  魔笑仏涙  災魔  夜魔  魔物故  牡鶏同様魔  魔降伏  勧むる魔言  みな殺人魔  魔婦  魔声  胡魔塩  家魔  魔室  小判魔  剣魔左膳  剣魔  放火魔  魔縛  魔薬入り  魔人辻川博士  単身魔  かって魔  胴魔声  蒼ざめた魔  魔くら  万魔堂  銅魔声  地中魔  世事魔  魔っ子  みんな魔  みな魔  魅魔  半人半魔  半身魔  吉井勇作魔笛  敵魔懾伏  魔宮  魔藥  魔醉  云つて胡魔化  魔語人間  魔烟  魔氷  怪魔焔  魔焔  魔台  魔炎  窪魔  魔軍群集  魔達  神魔共  魔類  牛魔大王  一時魔鳥  魔都上海  振動魔  魔塔  魔民  魔海視  魔棺殺人事件  栂原山也気乃曾里縁魔乃土也以二山巓一為レ界  



前後の言葉をピックアップ
ポーヱ  ポーンポン  ポー川        まあ  マア  間合  間合い


動詞をランダムでピックアップ
しゃぶろ懸けろかむら狂せうめよ墜ちるしみ渡ら買い求めよしばりつける書きあげよ免れるながせるおくん失す冷えよ刷り上げるかけ込めやりなおす仕入れる洩らし
形容詞をランダムでピックアップ
煩わし蒼白く甘酸っぱく得がたいはかなけれすさまじい痛いたし心憎くにつかわしく思わしくなかっせちがらい太くったやすき由々しきかなしけれはなはだし初々しゅうかうばし黒っぽ生じろく