「高倉」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

高倉[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
高倉の御山のしだぞ箸とし  高倉の傍で爾を待とう  高倉の藁戸に添って  高倉の千木を浮かべて現れた  高倉の蛸薬師下るに  高倉の下に匿してある  高倉はまだ戻って来ぬ  高倉は自分の存在が消える  高倉は阿賀妻の前にとびだした  高倉は跳び立って  高倉に向っては  高倉が混っていた  高倉の母に目をとめて云った  高倉の母を附き添わした  高倉はにべもなく咎める  高倉は炉ばたで  高倉は唇をゆがめる  高倉はいくらか見下げた  高倉はどきんとした  高倉は土間に跳ねおりた  高倉は弟を動かした  高倉はそう叫んだ  高倉はさばッさばッと雪を踏みつけた  高倉は云った  高倉はそう云って  高倉は確信をもって云った  高倉は叫んだ  高倉はまた叫んだ  高倉は荷をおろして  高倉の腰をおさえた  高倉は蹲んだ  高倉はむが夢中で歩いていた  高倉はとびあがった  高倉の足の筋がぴくンと痙攣した  高倉を見たが  高倉は自然に歩調をおとしていた  高倉は立ちどまった  高倉は脇差を抜いた  高倉ははッとふりかえった  高倉は声を高めた  高倉は引き縋る  高倉は干し飯を取りだした  高倉は干し飯を掌にのせて  高倉ははッと手をひいた  高倉は気づいて跳びあがった  高倉は呼ばった  高倉は焦ら立って跳びだした  高倉は雪のうえに手をついて立ちあがった  高倉は形相をかえて立ちあがった  高倉の襟首にすべって  高倉は犬の遠吠えのような声を聞いた  高倉はばったり倒れていた  高倉はそのうしろをのろのろと歩いていた  高倉は思いに耽って歩いていた  高倉のそういう変化に気づいて  高倉を手をあげて呼んだ  高倉は立ちどまって  高倉の蛸薬師に移って  高倉の馬場殿へお成りあって  高倉の藩邸には留守居を改めて邸監といって  高倉の亭をおとずれに出た  高倉の館を見舞って  高倉の邸に入ってやっと  高倉の将軍御所は義詮に渡して  高倉の裾を廻る  高倉の裾をまわり切って  高倉の後に槍ガ岳のような山が見え出した  高倉を見  高倉の辻へさしかかると  高倉がすっぱりと足払いで野口を投げ倒した  高倉が大きい図体をしながら  

~ 高倉[名詞]1
いゆといふなる高倉の  我は高倉の  月は高倉の  衣は高倉の  東洞院と高倉との  老人と高倉に  寡婦になった高倉の  前に行く高倉は  商人は気づいて高倉の  急に高倉は  不満げに高倉を  それをしおに高倉は  相手を高倉は  手前は高倉の  頃の高倉の  左中将新田義貞の高倉の  賽の河原から高倉の  木の間越しに高倉の  母君御台所の住まいなされる高倉の  住まひなされる高倉の  村では高倉を  

~ 高倉[名詞]2
若い高倉  同時に高倉  その高倉  すぐ高倉  

複合名詞
高倉新一郎氏  高倉新一郎教授  高倉下  京都高倉三条南  京都高倉  友人高倉テル君  高倉テル君  高倉君  高倉事件  高倉テル  高倉宮  高倉上皇  高倉利吉ら  俗名高倉利吉  高倉利吉  高倉祐吉  今宵高倉さま  高倉どの  高倉さん  高倉利吉どの  高倉祐吉自身  高倉ら  高倉テル氏  二条高倉  高倉通り六角下ル和久屋町  三条高倉邸  三条高倉  三条高倉亭  高倉邸  土御門高倉  高倉三位  高倉三条  中御門高倉  高倉輝氏  高倉玄蔵  開祖高倉下命  京都高倉綾小路  高倉帝  高倉帝以後  高倉院厳島御幸記  



前後の言葉をピックアップ
多角  たかく  高草山  高楠  高くっ  高倉山  タカクラジ  高倉天皇  高桑  高けりゃ


動詞をランダムでピックアップ
こねくり返さ思いなさ焦らさうけとれる御座ろ見せびらかそ語っ討っ為さら出逢っひねりまわしひっ込めよおいつき泳が食すれ紐解く契っ焙れおきあがろ
形容詞をランダムでピックアップ
注意深くこわきゃなやましいすばや口惜しくっよんどころ無し拙けれうとい弱々しくっしたしい蒸し暑かっ少く清清しく暖かくかぐろやすしひやっこいかしましい妖しくやすっぽく