「騒い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 騒い[動詞]
翼を乱して騒い  んだと騒い  それに騒い  中へ潜り込むやら騒い  軒で騒い  夜中まで騒い  浮れ騒い  三人いつしよに飲んだ飲んだ騒いだ騒い  便所に落ちたといつて騒い  一緒に騒い  人が足りなくて騒い  子供達が騒い  所で騒い  手風琴を弾いて騒い  人々も、唯、あれよあれよと立ち騒い  何か騒い  註文があって目出度い目出度いと立ち騒い  ことをいって騒い  大学生を見習ってしっかり騒い  あいつらはなぜこんなに騒い  喫茶店だから、わざと騒い  もんだから、わざと騒い  者が騒い  頭を傾けて、騒い  その男は騒い  心は胸苦しく立ち騒い  肝腎だ、そうあがって騒い  底浪が立ち騒い  めえ、痛がって騒い  胃ケイレンを起して騒い  一週間ばかり騒い  ざわざわと騒い  花に向かって、飛びつこうと騒い  精神病院だとわかれば、騒い  胸が騒い  軍人が騒い  下に迎え、あれよあれよと騒い  中で騒い  整頓もなく騒い  二時過ぎまで起きて騒い  先に騒い  蛙がいなくなったと騒い  なつたと騒い  ように群れ騒い  てめえが騒い  放火だ、と取り騒い  鼠が騒い  月の光りにまじりながら狂い騒い  土手で騒い  なにを騒い  下へ騒い  総力戦だなどと騒い  ために、こんなにも騒い  ソーダーフアウンテンで騒い  景気好く騒い  露路口で騒い  銚子を並べて騒い  提灯もありゃしねえ、騒い  箱をかかえて逃げて行きやがる、と騒い  のと騒い  口々に騒い  悪童たちが忍び寄って来て、わいわい騒い  三味線をひいたり騒い  ことを言いながらワイワイ騒い  各社とも騒い  狼狽へて騒い  やうに騒い  二人ばかり騒い  百姓ども、あれよあれよと騒い  武士ども騒い  旗が騒い  一瞬によごされて、騒い  何事かと騒い  様に騒い  ワヤワヤと騒い  何を騒い  皆がそんなに騒い  右往左往して騒い  他愛もなく騒い  彼が騒い  夜遅くまで大いに騒い  素人が騒い  将校連も、時々来ては騒い  前に来て騒い  相手に騒い  真剣に騒い  笑い崩れたりして騒い  さかんに騒い  夢想して、こうして騒い  結婚するとかしないとか騒い  ニューフェイスで騒い  一処に寝ようよなどと騒い  子供たちが集まって騒い  魚があわて騒い  一ばん派手に騒い  者も立ち騒い  一しょに立ち騒い  ゆうべはどんなに騒い  一角で少々立ち騒い  越しで騒い  ように沸き騒い  者もおどろき騒い  酒機嫌で騒い  上下では騒い  ざわざわと高く騒い  皆さん陽気に騒い  声が騒い  山分けするので騒い  女中が騒い  一匁いくらとかで売れるって騒い  しまえなんて、騒い  海が騒い  民主主義はいかんと騒い  ゆさゆさ頭を振って騒い  男女が集まって騒い  胸が苦しく焦り騒い  客の騒い  術もなく騒い  汝らは、みだりに立ち騒い  名前を除くといって騒い  周囲に騒い  よそでも騒い  生徒が騒い  怪我人があったと騒い  座敷で騒い  みんな起きて騒い  嫁が騒い  一人で騒い  人達は騒い  にわかに騒い  今、じたばた騒い  奇声を出しながらしきりに騒い  風に騒い  波は立ち騒い  亜米利加式にじゃんじゃん騒い  落ちをしようとまで騒い  陽気に騒い  人々は口喧しく騒い  声が、立ち騒い  鏡丹波ら、ワイワイ騒い  閃光を散らして騒い  明君を取り巻いて、なぐるといって騒い  畑を作るといつて騒い  面白そうに騒い  歌を歌い、よくふざけ、よく踊り騒い  海面は色濃く波打ち騒い  限りわめき騒い  大吉瑞だと騒い  それを騒い  胸は騒い  友達が騒い  一晩中陽気に騒い  ように騒い  アしない、騒い  足掻てもいかんよ、騒い  意地だと騒い  入れ物に飼おうとして立ち騒い  門外で騒い  静かに致せ、そう騒い  心配して泣いて騒い  から、只騒い  水が騒い  漆よりも色濃くむらむらと立ち騒い  んでしょう、恐しく騒い  それは騒い  何かして騒い  戸外に騒い  泥まみれになって、ぎゃあぎゃあ騒い  饒舌りながら騒い  朝からみんながわあわあ騒い  表向きに騒い  水夫が固り合って騒い  サロンで騒い  情けのと騒い  あれあれと立ち騒い  むやみに騒い  家出におどろき騒い  風にして騒い  人心が一方ならず騒い  ことのないほど悦び騒い  人々もおどろいて騒い  九時ごろまで騒い  ッて騒い  押つけようといって騒い  アと騒い  矢部がいくら騒い  幟をたてて騒い  いっしょに騒い  豆戦車を明けようと思って、ずいぶん騒い  なるたけ人中で騒い  主人に替つて、大いに騒い  曲線をなでまわして、騒い  がやがやと騒い  護謨風船を揚げて騒い  八右衞門は騒い  ここで騒い  土人どもが騒い  夢中で騒い  ようでなく、騒い  大勢女中がずらりとならんで騒い  薬よと騒い  総出で騒い  今日パリじゅうが騒い  勤王佐幕勤王佐幕で騒い  面々が騒い  命乞いをするといって騒い  うつぶせになって騒い  警察も騒い  町で騒い  強もてで、騒い  お客が騒い  お前を見たがって騒い  口々に言い騒い  ーっと騒い  貧窮組が騒い  手玉に取って投げたと言って騒い  面白半分で出かけて行って見ると、ワイワイ騒い  云つて泣いたり騒い  天下中の人が騒い  んかも騒い  ムチャクチャに騒い  人が騒い  大分戸外で騒い  暑いときはわあわあ騒い  のだかわからずに騒い  下船するとかしないとか騒い  酒を飲んで騒い  酔つてワイワイ騒い  今、ワイワイ騒い  人間の騒い  者共が騒い  大勢して騒い  犬がそんなに騒い  其処で騒い  大勢よって騒い  そっちのけにして騒い  大勢して読んではワイワイ騒い  物置へ隠れたと言って騒い  門外でも騒い  彼が下りろと騒い  喧々囂々と騒い  みんなで、騒い  下へと騒い  心の騒い  群集の騒い  授業中に騒い  呶鳴ったり騒い  真上をさして騒い  岡焼めらが騒い  ドンチャンと騒い  盛んに騒い  のと言って、騒い  でたらめな歌をうたって騒い  かに坊主頭を見せてがさがさ騒い  ッきゃと騒い  紛失から青くなって騒い  鼠を伏せて頻りに騒い  気になって騒い  ことにわあわあ騒い  酒を呑んで騒い  西洋人が来たと騒い  のと取り廻いて騒い  友達に見せて騒い  子供が泣き騒い  夜明け近くまで騒い  貧窮組の騒い  珍らしがって騒い  梅が散り騒い  夜をいななき騒い  中心に、騒い  声をあげてはしゃぎ騒い  何だとか云って騒い  シャンだなんて騒い  芸者を呼んで騒い  立ち給うな、立ち騒い  総立ちに起ち騒い  ためには、騒い  時も笑い騒い  動物園では大いに騒い  右往左往、騒い  大勢で騒い  外で騒い  男でも、捨てられたとか捨てたとかいって、後で泣いたり騒い  火事だ、と騒い  きりに踊り騒い  器量いっぱいに踊り騒い  仕事だといって騒い  道後も騒い  童達が騒い  胸も騒い  お坊さんたちが騒い  お祭じゃないの、夜どおし起きて騒い  中から首を出して騒い  女が騒ぐほど、騒い  方々でワイワイ騒い  なんどと騒い  口がいくら騒い  動的表現係がいくら騒い  ほかの子らも騒い  こっちじゃ笑ったり騒い  境で騒い  おしまい、逃げたって騒い  異口同音に罵り騒い  人だかりがして騒い  ところを離れきれないで騒い  お前、騒い  知らないで、飲めよ、歌えと、騒い  辛抱をすればできるし、夜っぴて騒い  多数が群がり集まって、罵り騒い  米友は、そこで大いに騒い  喧々囂々として、騒い  溺死人をあぶって騒い  波が騒い  時代におくれるとか先んずるとか云って騒い  綱よと騒い  引揚げるといって騒い  人があんなに騒い  ことをなんのかんのと騒い  なにか、騒い  蠢めき騒い  炬火を望んで相当騒い  頃までわいわい騒い  のを見て、更におどろいて騒い  みたいに騒い  どこにも見えぬと、立ち騒い  侍臣は立ち騒い  声をあげて騒い  みながまだ騒い  顔をして騒い  俄かに騒い  俄かにうろたえ騒い  中でばかり騒い  今はあんなに騒い  何かごたごた騒い  者はおどろいて騒い  教育教育と騒い  金儲金儲といって騒い  宵から飲んで騒い  者もさんざんにしゃべって、騒い  熊が出るなんて騒い  首まで拾って来て立ち騒い  皆あれあれと立ち騒い  悲鳴をあげてうろたえ騒い  ゆうべから碌々に寝ないで騒い  色をかえて立ち騒い  野暮に立ち騒い  口々に罵り騒い  ときにも、ちょいと騒い  ワッワッと、騒い  まんまで騒い  時と、騒い  不良共は騒い  顔で騒い  奉公人らが立ち騒い  しまえと騒い  為吉は蒼くなって騒い  市民の騒い  勝手に騒い  雀が騒い  凱旋踊りじゃと、騒い  一に騒い  ように泣いて騒い  娘は泣いて騒い  御飯が足りないって騒い  評議をするやら、うろたえ騒い  迂闊に立ち騒い  一生懸命に泣いて騒い  おっかさんは泣いて騒い  景気よく飲んで騒い  内外に立ち騒い  あれあれと騒い  目で騒い  当人がわからないって騒い  胡見沢は騒い  一ばい人心が騒い  同化して苦しんだり、怒ったり、騒い  周囲で騒い  夜中に騒い  ッと云うから、騒い  西瓜で騒い  刎ねて騒い  草が騒い  ピイチクピイチクやかましく囀って騒い  瘤を叩いたりしてキャッキャッと騒い  ねぐらを取られて騒い  波が高く騒い  了えば、いくら騒い  木立ちの青葉が悩ましく揺れ騒い  人が見つけて捕まえようとして騒い  下にきてわいわい騒い  腹を立てたり騒い  雲霧ごっこだといって、騒い  唯がやがやと騒い  皆一塊になりながら、罵り騒い  みたいに泣き騒い  大げさに騒い  波は何やら騒い  ために騒い  ハコを出して浮かれ騒い  おれが騒い  こと子供たちと騒い  竹槍蓆旗で騒い  岸に騒い  上で飲めよ唄えと、さんざん騒い  方々で騒い  血道を上げて騒い  どれだけ取られたと騒い  仕方がありません、泣いても、騒い  アレアレと騒い  吃驚して騒い  ツて、一しきり騒い  ッて一しきり騒い  穏かでないにきまっているから、騒い  雨を降らさんばかりに騒い  調子に乗って騒い  先へ立つて騒い  肺病に効くと騒い  一時仰山におどろき騒い  わし自身は騒い  検地騒動とかで、えらく騒い  民衆が騒い  ドノ辺まで騒い  下に立ち騒い  欝したりして騒い  人たちの泣き騒い  ようにも言って騒い  役人などが騒い  人々は立ち騒い  今さらまた泣き騒い  誰が騒い  首を突き並べて騒い  蓮葉らしく騒い  にわかに立ち騒い  夫人は泣き騒い  僧が来て騒い  女房の泣き騒い  上では、わいわい云って、騒い  面白そうに酔って騒い  ことを言って騒い  人たちは騒い  皆泣き騒い  大勢釣竿を持ってわいわい騒い  夜の明けるまで騒い  ことを言って、引き揺らんばかりに騒い  心も格別騒い  男が騒い  用意に騒い  大騒ぎに騒い  のを寂しがって騒い  文明開化だといって騒い  虹を見て騒い  あれを取りまいてこんなに騒い  心は騒い  ほうは騒い  いろいろに言って騒い  たくさんまいっていて騒い  皆が騒い  ことができずに、ただ騒い  人たちが騒い  上から下まで集まって来て泣き騒い  心が騒い  一切れを置き、騒い  者が泣き騒い  皆は騒い  世間が騒い  うちぢやと騒い  根拠がないので、やたらにがんがん騒い  悲鳴をあげて騒い  何といって騒い  夜明け近く迄騒い  処でいくら騒い  気か、騒い  劇しく鳴らし騒い  一家心中だのと騒い  竹藪も亦騒い  場所に騒い  岸に立って騒い  今日になって騒い  庭に騒い  今まで騒い  方は騒い  方ではまだ騒い  木が騒い  んだと言って騒い  のをつかまえようとして騒い  こいつらが騒い  見合いに立ち騒い  基督敵産まれたといって騒い  鳥が鳴き騒い  人々が騒い  今まで慌て騒い  すったもんだと騒い  賑やかに騒い  枝がしきりに騒い  一同はわいわい立ち騒い  方へいって、ワイワイ騒い  損害だと言って騒い  大勢人が騒い  鳥の騒い  ばらばらと、動いて、騒い  気が騒い  毎晩十二時一時ごろまでもキャッキャッと騒い  噪ぎ出して騒い  足をひたして騒い  一人一人花の名前をつけて騒い  多人数集まって揉みに揉んで騒い  嫁に行かねば死んでしまうと騒い  がやがやと立ち騒い  珍らしそうに立ち騒い  問題にして騒い  紛失したといって騒い  なにかわやわやと立ち騒い  徹夜して騒い  皮等を取り乱して食べては騒ぎ、騒い  昨夜も夜通し騒い  村あたりで、騒い  ことをして騒い  お前たちが泣き騒い  医者も蒼くなって、騒い  つて、騒い  いやに騒い  小一時間も騒い  メルチセデクが騒い  大勢人だかりがしてわいわい騒い  一日みんなを笑わせては騒い  今さら余が騒い  烏が驚いて飛び立ち、ひとしきりやかましく騒い  かしましいほど鳴き騒い  一時前まで鳴き騒い  無気味に騒い  はりに騒い  血が騒い  なつて騒い  さかえ屋へ上がっていやしたが、面白く騒い  多勢で騒い  そうで騒い  うちから取り騒い  向うで騒い  カメラを向けて騒い  雪沓などを取り騒い  酌をよんで飲んだり騒い  のと、騒い  みな泣いて騒い  キヤツキヤツと騒い  浪は立ち騒い  日本でもやかましく騒い  人生だと騒い  川波が騒い  休みなしに騒い  内山下町で騒い  公園で騒い  今朝日比谷で騒い  日比谷で騒い  日比谷公園で騒い  のもの、いくら騒い  自分は、泣いて騒い  一群がすでに漁り騒い  血眼になって騒い  鼓動は騒い  落第だとか騒い  連中が騒い  三四人で、騒い  往来で騒い  夏から騒い  問題で、あんなに騒い  何かわいわい騒い  寒い、と騒い  坂井では定めて騒い  時に立ち騒い  風邪に騒い  それから家々で飲んだり食べたり騒い  なつて啼き騒い  数匹、ぎゃあぎゃあ騒い  あちらで騒い  夜更けまでひどく騒い  顔色を変えて騒い  つてからいくら騒い  腹いせに騒い  鶏が騒い  いくらあなたが騒い  縁談のと騒い  部落では騒い  梢で騒い  発表したというので騒い  ガヤガヤと騒い  キャッキャッと騒い  ボーイを連れて来るといって騒い  血が立ち騒い  いくらでも騒い  ひと間住居などと騒い  敦圉いて罵り騒い  言ッて騒い  二人ばかりで騒い  下では騒い  顔が、取り巻いて騒い  者が、あんなに騒い  影を見つけて騒い  家で騒い  人々が怖れ騒い  煙草をふかしながら騒い  おかげだとか、わいわい騒い  合評会の如く、ただ、わあわあ騒い  男衆の騒い  彼は、わいわい騒い  それにつづいて騒い  一しょに騒い  庭下駄だなんて騒い  世間で騒い  旗をたてて騒い  人々が立ち騒い  敷物を払って騒い  一人で飲んで騒い  不敬罪とか騒い  酒壜をかかえて、わあわあ騒い  首を集めて騒い  村にはいりこんだ、と言って騒い  あたしなんか、どんなに騒い  昨日下宿しようと騒い  ッて、騒い  何か頻りに云い争いながら騒い  夢中と為って騒い  柳生衆が押しかけて来ると騒い  蛇皮線を弾いたりして騒い  魚が騒い  大ぜいで、きゃっきゃと騒い  みんなが騒い  狂気の如く打ち騒い  反感をいだきながら、騒い  女交りに騒い  雪景色を見て騒い  あいつらが周章てて騒い  血相をかへて騒い  押合って騒い  一処に飲まう、飲んで騒い  人だつてあんなに騒い  時になって騒い  峻がぽっと出てしまったので騒い  一昨日から芸者を上げて騒い  争議団員が、ワイワイ云って騒い  ただあてもなく立ち騒い  一番あわてふためいて騒い  私ひとり、何かと騒い  人魚だとか騒い  皆の騒い  鉄砲などを持ち出して騒い  雲が騒い  現場で騒い  子供らが騒い  幾度もぐるぐると廻ったり、ばさばさと立ち騒い  衛門の子ではないかと言って騒い  右往左往と立ち騒い  代官所へ届けるなぞと騒い  ことで、だからわいわいとたち騒い  腹が立って睡られぬほど騒い  一同が立ち騒い  色も失いつつ、うろうろとたち騒い  欄までできて騒い  総立ちになりながら、しきりとなにかわいわいとわめき騒い  門で騒い  更めて付けようと騒い  無性に心が騒い  市之助がまだ浮かれ騒い  場所で立ち騒い  いっしょに運んでつぶしちゃならねえと思って、わいわい騒い  行列と知ってか、わめき騒い  ひょっとこ踊りに浮かれ騒い  犬をつれて騒い  豚群が呻き騒い  野に放たれて呻き騒い  野に放たれ騒い  連中までがわいわい騒い  一行もいて騒い  さまかと、わいわい騒い  五人あるといって、わいわい騒い  土色に青ざめて、うろたえ騒い  これだけ騒い  わたくしも騒ぎだしましたら、騒い  行衛が知れないので、騒い  女たちは騒い  いま頃どんなに騒い  かいって騒い  まま風に騒い  一人が騒い  ねずみが騒い  ざわざわ立ち騒い  足痕を見つけたとか、見つけないとか騒い  傍で騒い  髪結は来ないかと騒い  発展しないと騒い  波に騒い  行方しれずとなって騒い  大事の如く騒い  血相かえて騒い  夜遅くまで騒い  書生さんだと云って騒い  諸侯も騒い  議場が度々騒い  地下室で騒い  途中で泣き騒い  こともできないので、ただ、うろうろ騒い  死神は、たのんだり、おどかしたり、叫んだり、騒い  合唱隊は随分騒い  猛鳥であるから、ぎょうぎょうしく立ち騒い  信号しようと騒い  気でなく騒い  何をそんなに騒い  声でひどく騒い  乱暴に騒い  常連と飲んだり騒い  皆起きて騒い  仕事、といつも騒い  磯近くにわいわい騒い  宵の口から、そんなに騒い  ひとり手に、狂って騒い  雲が頻りに騒い  夫を見て騒い  人が墜ちたと騒い  トラクターが騒い  日本主義を騒い  夢中になって騒い  それからみんなが騒い  歌つたり騒い  下で騒い  悶き騒い  藍だと騒い  彼だと騒い  今川勢は騒い  新聞じゃ相当騒い  落着きがなくなったり騒い  取りやらに忙しく騒い  雲が立ち騒い  館ではうろたえ騒い  供たちが立ち騒い  胸はあやしく騒い  一同はいよいよ驚き騒い  ようにうろたえ騒い  野原で喚いたり騒い  屋敷じゅうではおどろき騒い  人が集まって騒い  漁師たちが騒い  一たいなにを騒い  いつまでもひとりで騒い  羅馬法王なんかいくら騒い  それよりも騒い  寝室に這入つて騒い  人数は少ないが、騒い  人々が罵り騒い  程に激しく騒い  往来が騒い  小太鼓が騒い  



前後の言葉をピックアップ
  ザワ  さわ      さわい  沢井  沢入  沢右衛門  沢岡


動詞をランダムでピックアップ
もさ瞑ろ笑む春めく耳慣れ突き当たり上向け掬すれ難ずもてなさめぐりあえる溶かせ誇れ思わすめぐまれれふみならし掘りさげふきおろし掘出せ
形容詞をランダムでピックアップ
弱よわしい忙しのろくさ円けれ婀娜っぽかっ願わしき見にくき見よくきやす面白けれものみだかくなまめかしゅう心地好黴臭いほど近い青黒き憎く酸っぱ烈しき柔らか