「頼母子」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

頼母子[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
頼母子を営む  頼母子を二十五年間にかけてすまして呉れよと書き  頼母子は片づいた  頼母子からは自由になっているが  頼母子のごときものも発達する  頼母子などのことが現われ  

~ 頼母子[名詞]1
年百十五円の頼母子を  ことにして頼母子は  野原の頼母子の  島田は頼母子からは  頃から頼母子などの  

~ 頼母子[名詞]2

複合名詞
秀頼母子  頼母子側  



前後の言葉をピックアップ
タノモ  頼もし  頼もしから  たのもし  タノモシ  頼もしい  たのもしい  頼もしかっ  たのもしかっ  タノモシキ


動詞をランダムでピックアップ
掘り返せ立ちすくま立会えつぶせるおしむ取交せ追出しのか仄めく潜めれおどり上がっ落とせる息吹く起きあがる踏みこたえよ成りたて打ちつづけぬすみ行きついこづきまわし
形容詞をランダムでピックアップ
わるがしこいよわき手軽う貴く浅から歯痒かっうら淋し恥しくっ険しかっせわしなく恨めしく恨めし果てしなきすくない手広もの凄くもろうおぼつかなかろさくく望ましから