「頼ま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 頼ま[動詞]
人に頼ま  お話を頼ま  ふうに頼ま  兄さんに頼ま  婦人から物を頼ま  夫婦になってくれと頼ま  用事を頼ま  人を頼ま  接待役を頼ま  姉から頼ま  伝言を頼ま  監督を頼ま  御主人から頼ま  事をも頼ま  詫言なぞは頼ま  よう剣術を教えてくだされと、頼ま  幽霊に頼ま  療治を頼ま  あっちこっちから療治を頼ま  手を下げて頼ま  明日までは頼ま  関さんに頼ま  親爺に頼ま  博士から頼ま  原稿を頼ま  さんに頼ま  誰に頼ま  娘に頼ま  手紙を頼ま  最初に頼ま  ように頼ま  慧鶴は頼ま  力を頼ま  政府を頼ま  事を頼ま  技を見せてくれと頼ま  古河市兵衞に頼ま  奴に頼ま  他家から頼ま  外国から講演をしに来てくれと頼ま  吉川さんに頼ま  大木のかげと頼ま  加勢を頼ま  絶対に頼ま  父に依り頼ま  ほかに頼ま  手伝いを頼ま  人より頼ま  何を頼ま  マティルダに頼ま  ウォーカーに頼ま  新小説からたびたび頼ま  用件を聞き洩したり頼ま  方から頼ま  暮、頼ま  あいつ村口多鶴子に頼ま  途中まで送ってくれと、頼ま  勝は頼ま  千絵様から頼ま  夕方お前さんが頼ま  さらいこれあり、頼ま  アインシュタインを頼ま  余輩はどんなに頼ま  草刈に頼ま  亭主なんぞは頼ま  兵で、頼ま  植木屋を頼ま  のを頼ま  君達に頼ま  他人から物事を頼ま  わたしは頼ま  ことはやらしておいて、頼ま  吾から頼ま  万吉に頼ま  恋仇、頼ま  丞様に頼ま  そぼろ助広を抜いて脅しにふりこむと、頼ま  そち達に頼ま  事情をわけて頼ま  仕事に頼ま  使を頼ま  母から頼ま  物を頼ま  わたくしは頼ま  石屋に頼ま  見えになって、頼ま  工風は無きかと頼ま  そんなら頼ま  わたしが頼ま  誰からも頼ま  そくにもなりますまいが、せめて頼ま  福日社から頼ま  仕事じゃあるまいし、いわばほんの頼ま  大工を頼ま  顔に、頼ま  編集者から原稿を頼ま  奥から頼ま  やうに頼ま  叔父さんは、頼ま  二行程書いてくれと頼ま  家から頼ま  梅渓右少将様からお頼ま  親方から固く頼ま  嫌とはいえずに頼ま  から読んでくれと頼ま  為に、わざわざ頼ま  夫などは頼ま  丞殿から、頼ま  宗友に頼ま  俺が頼ま  北京警務庁に頼ま  のは頼まれなくても頼ま  碁を頼ま  隙がない、頼ま  馬鹿野郎、もう頼ま  事は頼ま  合宿を頼ま  森さんから頼ま  仕事を頼ま  嫁さんに頼ま  言伝てを頼ま  庄七さんに頼ま  竹田さんから頼ま  留守居は頼ま  自動車を頼ま  司令官に頼ま  なぞと、頼ま  のは、頼ま  十日も経つと、また出して見て洗い直すまでにして、頼ま  日に頼ま  中途から頼ま  行つて欲しい、と頼ま  雪子から切に頼ま  ことを頼ま  辰夫に頼ま  限度に応じて、頼ま  相談もなんにも頼ま  一度は行ってくれと頼ま  から、頼ま  若い者を探してくれと頼ま  谷口さんに頼ま  選者を頼ま  から笠支配人に頼ま  もの、頼ま  ちょっと平岡さんに頼ま  店から頼ま  ッ、決して頼ま  いっしょに連れて行ってくれと頼ま  呂布に頼ま  使いを、頼ま  史学者に頼ま  シッカリと頼ま  僕が頼ま  世話して呉れと頼ま  アイヌが頼ま  関係もなく頼ま  挿絵を頼ま  随筆を頼ま  介錯を頼ま  翻訳の頼ま  翻訳を頼ま  保護すべく頼ま  ただで頼ま  時ではない、頼ま  ぼくも頼ま  伝を求めてしつこく頼ま  水木に頼ま  世話を頼ま  ために頼ま  唱和を、頼ま  一しょにいってくれと頼ま  夫人に頼ま  家内は頼ま  伊豆伍に頼ま  者なら頼ま  助太刀さえ頼ま  筆屋幸兵衛に頼ま  ほうも頼ま  夜番に頼ま  前まえ頼ま  商家に頼ま  団結も頼ま  附添を頼ま  雜誌などに頼ま  彼方此方から怪談を頼ま  怪談を頼ま  玄徳に頼ま  お世話をお頼ま  民に頼ま  為にも、頼ま  寺に頼ま  姫神に頼ま  神に頼ま  泊りにきてくれと頼ま  芸術座脚本部から頼ま  講演を頼ま  講演などを頼ま  僕も少し頼ま  時計を頼ま  息子を頼ま  何も頼ま  家へ連れて来て、何卒置いてくれと頼ま  何者に頼ま  誰人にも頼ま  お方に頼ま  汝らには頼ま  言伝を頼ま  七人に買って来て呉れてえ頼ま  事柄を頼ま  方は頼ま  何事か知らんが頼ま  留守居の無いので、頼ま  世話してくれと頼ま  手ほどきを頼ま  演芸会に出てくれとも頼ま  奔走、頼ま  端くれに連なり、頼ま  献策忠言、頼ま  他から頼ま  わたしも頼ま  事で、頼ま  極りが悪うございますが、頼ま  相談して貰いてえと頼ま  媒介親と頼ま  お前さんは頼ま  斎に頼ま  これを頼ま  木村さんからお頼ま  お前には頼ま  木村さんから頼ま  人力車を頼ま  二人も頼ま  方へ内々頼ま  尾上家に頼ま  末頃までは、頼ま  流暢には頼ま  流暢に頼ま  一枚病院まで頼ま  掃除を頼ま  掃除に頼ま  お手伝いに頼ま  里見にも頼ま  おっかさんから頼ま  何枚でも売れるだけ頼ま  診断を頼ま  貴様にはもう頼ま  女から頼ま  麹町署に頼ま  面倒を見てもらえまいかと頼ま  椿岳は頼ま  開扉が頼ま  彼は頼ま  じいさんから頼ま  それに頼ま  君に頼ま  急ぎの頼ま  一切の頼ま  母親に頼ま  しかも頼ま  私は頼ま  天窓を頼ま  お嬢さんからちょいと頼ま  彼家から頼ま  処人形町居廻りから使に頼ま  それ、頼ま  夏さんに頼ま  それが頼ま  別に仕事もないので、頼ま  石塔を頼ま  遊説に、頼ま  松さんには頼ま  何かでそう沢山頼ま  特別にお頼ま  許り頼ま  自分が頼ま  おじいさんいくら人がよくても、また頼ま  今しがた人に云ってくれるなと頼ま  多年恩顧の頼み頼ま  親戚から頼ま  きょう限り、頼ま  張番などに頼ま  ちょっと言伝を頼ま  ことまで頼ま  自分の頼ま  みな、頼ま  三両宛もらって頼ま  三両宛金を貰って頼ま  禰宜様を頼ま  事件を頼ま  医者を頼ま  ことは頼ま  お前様に渡してくれと頼ま  お松から頼ま  お前様に頼ま  父から頼ま  下調べを頼ま  加勢に頼ま  誰かに頼ま  誰にも頼ま  姉に頼ま  山ノ内憲政から頼ま  彼にとって頼ま  大事なおことづけを頼ま  女に頼ま  静枝に頼ま  手伝ひに頼ま  女衆から頼ま  裏口で頼ま  お金をもその頼ま  一緒に頼ま  備前屋で頼ま  内緒で頼ま  ものを描いてくれと頼ま  わけじゃあねえが、頼ま  三四度知り合ったに過ぎなかったが、こうして頼ま  介に頼ま  麻薬を受取っているので、頼ま  爺さんに頼ま  ちょっと往って来てくれと頼ま  近頃は頼ま  一つ話を書いてもらいたいと頼ま  貰ひたいと頼ま  使いを頼ま  奴もないので、二度と頼ま  承知でございます、お頼ま  働き故、頼ま  一人残つてセルギウスに頼ま  彼女に頼ま  エディターに頼ま  頼山陽が頼ま  町内から頼ま  男と見込んで頼ま  道庵だ、ずいぶん頼ま  いくら男と見込んで頼ま  口から何事か頼ま  道庵は頼ま  男に頼ま  銀床から頼ま  間に、頼ま  人から頼ま  丁寧に言って頼ま  能登守から頼ま  お松に頼ま  ものでなくて頼ま  おまえさんに頼ま  ブラウエンベルグ氏に頼ま  一二泊を頼ま  留守番を頼ま  後を頼ま  公使に頼ま  牧野さんに頼ま  銀様に頼ま  ことを、頼ま  仕方がねえ、頼ま  士官に頼ま  からひそかに頼ま  作家ならば頼ま  何時も頼ま  弁護を頼ま  上官から頼ま  用を頼ま  方でも頼ま  助に頼ま  庵主から頼ま  貴公から是非にと頼ま  民友社から頼ま  谷山さんに頼ま  お母さんに頼ま  ものだ、頼ま  身の上を頼ま  殿様に頼ま  階級は、頼ま  番人に頼ま  道庵から頼ま  書肆に頼ま  福次郎どんに頼ま  田邊校長から留守居を頼ま  田辺校長から留守居を頼ま  事まで頼ま  殿様にお頼ま  商売でございます、それで頼ま  喧嘩ならば頼ま  それは、お頼ま  娘たちに頼ま  間違いでもあられては、せっかく頼ま  んなさいと頼ま  途中で頼ま  あとを頼ま  彼女は頼ま  不動産屋さんに頼ま  友人に頼ま  先生に頼ま  懐刀と頼ま  雑誌社からでも頼ま  雑誌社から頼ま  耕作を頼ま  時祖母に頼ま  わけではなく、頼ま  冨子に頼ま  代筆を頼ま  據ろなく頼ま  貴下、頼ま  ホームズに頼ま  町で頼ま  一本槍に頼ま  大黒を頼ま  面を彫ってくれと頼ま  その後も種々頼ま  南条力に頼ま  それはもちろん、頼ま  連中に頼ま  南条に頼ま  わたしに頼ま  忠作は、その頼ま  お松から岩見銀山を買うべく頼ま  若い人から頼ま  二人に頼ま  幟など頼ま  のであるし、駈けつけてくれと頼ま  大書を頼ま  母からよく頼ま  他人から保管を頼ま  からね、よろしく頼ま  出たとこ勝負で、頼ま  力自慢で頼ま  ことが頼ま  殿様に申し上げてくれと頼ま  ところまで頼ま  貧乏神から兄貴とも親分とも頼ま  くれないといふ、折角、頼ま  祈祷を頼ま  性分でしてね、頼ま  角さんから頼ま  金助も頼ま  エエ、その頼ま  角に頼ま  雪は頼ま  たんちんに頼ま  殿様が来るとか来ないとか、頼ま  ここへ頼ま  お松としては、頼ま  読うで呉れと頼ま  他人に頼ま  支倉さんから頼ま  支倉に頼ま  弁護士を頼ま  それも頼ま  庄司に頼ま  庄司署長から頼ま  味噌漬を頼ま  そっちでも頼ま  人さんから頼ま  自分はただ頼ま  人からチョッと頼ま  一同からたつてと頼ま  Mさんに頼ま  合図をしてくれと頼ま  雨乞い神事に頼ま  刀目利まで頼ま  シーを習い出し、頼ま  房総方面へ頼ま  誰に聞いてみても、あの頼ま  気違いでもない、頼ま  貴兄から、こう頼ま  満洲に行って貰いたいと頼ま  山岡屋に頼ま  山岡屋から殺してくれと頼ま  事の如きは、頼ま  前に頼ま  神仏を頼ま  のですが、時々頼ま  ようにと存じて頼ま  仲人にべえ頼ま  アンちやんに頼ま  ほかに何ぞ、頼ま  後見などを頼ま  ことではないと思って、頼ま  神主は頼ま  諸方で頼ま  頼みさえすれば、いや、頼ま  七之助に頼ま  猟師ならば、頼むも、頼ま  同行を頼ま  我々だって、見込んで頼ま  くせに、一方では、頼ま  干渉を頼ま  攻撃し、頼ま  書を頼ま  留守居を頼ま  推選を頼ま  貴方に頼ま  どじを頼ま  五十嵐あたりに頼ま  面倒を見て上げたかったり、頼ま  お前さんでなければ頼ま  さらぬこと、頼ま  諸方へ頼ま  人様から言伝を頼ま  人様から頼ま  ハ、頼ま  親類から頼ま  代参を頼ま  誰袖に頼ま  お雪ちゃんに頼ま  股肱と頼ま  祈祷などを頼ま  姉から何も頼ま  出所を洩らしてくれるなと頼ま  どこまでも頼ま  膝組みで頼ま  通り、頼ま  揮毫を頼ま  藤さんに頼ま  叔母さんから頼ま  こっちでも頼ま  だれに頼ま  倉婆あに頼ま  いくらでも頼ま  徳次兄いに頼ま  牢番たちによろしく頼ま  花鳥から頼ま  承知しないで、頼ま  のに頼ま  奴らが頼ま  おれ達は頼ま  主人に頼ま  異人に頼ま  手伝いに頼ま  長五郎に泣いて頼ま  俳句を書いてくれと頼ま  番頭さんから頼ま  辰さんに頼ま  わたし達に訊いて来てくれと頼ま  何者にか頼ま  女房に頼ま  お力さんから頼ま  用人から頼ま  謎となっては頼ま  次第、頼ま  儂はただ、頼ま  他人にも頼ま  親たちに頼ま  村田君、頼ま  北原さんから頼ま  室内も頼ま  取持ちを頼ま  今、ああして頼ま  買物があるなら頼ま  神を頼ま  足で頼ま  生やさしく頼ま  次第によっては、頼ま  上に、頼ま  角から頼ま  それから兵馬としても頼ま  特別に頼ま  続きものを頼ま  子供は頼ま  奥歯を噛んでみたが、それにしても、頼ま  里村巡査に頼ま  家内に頼ま  わけでもなく、頼ま  情を明けて頼ま  方が、頼ま  わしに頼ま  時でも、頼ま  福太郎が頼ま  宗聞法師から頼ま  書写を頼ま  百姓家から仕事を頼まれましたが、頼ま  病人からの頼ま  将来を頼ま  からと頼ま  信平に頼ま  見納めじゃなくって、二度と再び頼ま  承知をするにもしねえにも、頼ま  おいらだって、頼ま  どっちかと言えば、頼ま  方を頼ま  誰も頼ま  名指しで頼ま  相手に向って、頼ま  ことにまで頼ま  ものが頼ま  のでございますが、そうでした、頼ま  方も、頼ま  留守を頼ま  従順に受け、頼ま  通りに頼ま  案内を頼ま  百瀬から手紙で頼ま  小萩からまで頼ま  応援を頼ま  嬢さんに頼ま  柱とも頼ま  島津齊彬に頼ま  殿樣に頼ま  女たちから頼ま  人たちに頼ま  ものに頼ま  先方から頼ま  白木さんから頼ま  君達が頼ま  のや、頼ま  朝日新聞に書いてくれないかと頼ま  鑑定を頼ま  下のものに頼ま  ヨシ子さんに頼ま  私が頼ま  博士に頼ま  汁を吸おうなんぞという骨折りは頼ま  我々が余儀なく頼ま  ものが、頼ま  宰領として頼ま  舟を頼ま  今ここへこうして突然に、その頼ま  角親方が頼ま  浪費せよと頼ま  フォン・コーレンからくれぐれも頼ま  君は頼ま  名は言わんでくれと頼ま  行つてと頼ま  兄貴に頼ま  男やない言うて頼ま  知らない、もう頼ま  米搗きが頼ま  児だ、頼ま  しみで、頼ま  ナゼ道庵に頼ま  様に頼ま  妻に頼ま  親達から頼ま  者は、頼ま  逢ふほどをいつと頼ま  世をば頼ま  これは頼ま  ように、実は頼ま  勝手に頼ま  こっちでは頼ま  こちらは頼ま  わけでも、頼ま  頼みも頼ま  何ですか、喜んで頼ま  前からの頼ま  誠をかわれは頼ま  われも頼ま  大将に頼ま  私に頼ま  御法ながらぞ頼ま  咳嗽は頼ま  だれも頼ま  權作老爺さ頼ま  自身の頼ま  権作老爺さ頼ま  演奏を聞かしてほしいと頼ま  演奏をたびたび頼ま  添ふかげとたれか頼ま  ぬれば思へどえこそ頼ま  んだぜ、頼ま  何と言って頼ま  服従、と言わないまでも、頼ま  んじゃありませんよ、頼ま  八卦人相見に頼ま  調査を頼ま  素直に頼ま  なほ生ひさきの頼ま  紀伊守から頼ま  あとではもう、いくら頼ま  奥様からよろしく言ってくれと頼ま  みなよくわかる、と頼ま  知人から頼ま  政友会が頼ま  田中屋がたに少なからず、見かけて頼ま  吉本にでも頼ま  伴から頼ま  おりに頼ま  今日職を頼ま  吉良には、頼ま  ひとり、頼ま  紹介を頼ま  敏子に頼ま  浄写を頼ま  知合いに頼ま  指定して頼ま  桂小五郎様に頼ま  樹明君に頼ま  方に頼ま  楚王に頼ま  役人に頼ま  自分に頼ま  なんにも知らねば、いくら頼ま  提供せぬばかりに頼ま  肖像画を頼ま  三人で、頼ま  仁心より頼ま  近所からの頼ま  ことを頼まれるだろうと、その頼ま  無法者まで、飛びこんできて、頼ま  から是非どうぞ、と頼ま  んだが、頼ま  ものかと思っていたので、頼ま  老人を頼ま  ことなら、頼ま  日本橋磯五に頼ま  和泉屋に頼ま  締めくくりを頼ま  磯五に頼ま  忠相に頼ま  一高でなければ頼ま  君などはもう頼ま  雑誌に頼ま  余も頼ま  口も利かず、まして、頼ま  家庭教師を頼ま  壮六に頼ま  県庁あたりから頼ま  斉藤さんに頼ま  めえ、頼ま  世話やき頼ま  黒田君に頼ま  島さんから頼ま  春に頼ま  何か頼ま  春さんに頼ま  許から頼ま  偽筆を頼ま  者から頼ま  方にも頼ま  叮嚀に頼ま  却つて出そびれて頼むにも頼ま  夕ぐれであらうと頼ま  夕ぐれと頼ま  ひとから頼ま  ちょっと聞いてくれって頼ま  山口さんに頼ま  子供から産んで呉れと頼ま  ナナエに頼ま  書くことなぞまで頼ま  仲好く頼ま  行方を探しだしてと頼ま  左門に頼ま  晩には、頼ま  あとで頼ま  一つ大いに頼ま  徳川幕府などを頼ま  かたを頼ま  ものを頼ま  爺さんから頼ま  帰りを頼ま  暇を貰って頼ま  行つてよく頼ま  わしが頼ま  小刀を、磨いでくれと頼ま  安宅商会から頼ま  様子を探ってくれと、こう頼ま  広告を頼ま  小父さんに頼ま  お前誰に頼ま  捜索を頼ま  ついでに、頼ま  ようにと頼ま  脚本でであれ、頼ま  脚本であれ、頼ま  母に頼ま  空想を頼ま  男で、頼ま  文芸批評を頼まれないとは限らないし、頼ま  代表に頼ま  頭をさげて頼ま  旅あきんどながら、そう頼ま  君はいかん、もう頼ま  ことを云っては、余計いけないと思い、ついぞ読んで下さいとは頼ま  後家さんに頼ま  好きで、頼ま  姿なぞは頼ま  あちらこちらより頼ま  琴師を頼ま  講演に頼ま  アありませんが、すこし頼ま  婦人に頼ま  何、頼ま  処へ、たとえ頼ま  訳です、ともかくもその頼ま  んですよ、あの、お頼ま  広告も頼ま  加納に頼ま  事務所長に頼ま  編集者に頼ま  四国へ移り、頼ま  母親のもので、頼ま  手塚に頼ま  速水さんから頼ま  房一から対診を頼ま  人間だから頼ま  餅搗きを頼ま  代作も頼ま  臨時に頼ま  廃しにして下さいと、頼ま  和木君からも頼ま  暇がないので、頼ま  くせ営口でまた頼ま  客は多く、頼ま  ひとから何か頼ま  あたしが頼ま  別に誰からも頼ま  伊達に頼ま  事と怪しみながら、頼ま  植木屋なんかに頼ま  他人から頼ま  いふ場合になると、頼ま  金子氏が頼ま  間柄で頼ま  近は頼ま  行つた留守を頼ま  祭礼を見に、頼ま  今誰かに頼ま  妹に頼ま  全体誰に頼ま  市郎に頼ま  仕立直しなどを頼ま  さまに頼ま  生前に頼ま  若槻にもちょいと頼ま  国民学校にも頼ま  らあ頼ま  侍さんに頼ま  小母さんに頼ま  明日を頼ま  かたより頼ま  取次を頼ま  口上を頼ま  他に頼ま  所で来てくれって頼ま  今夜も実は頼ま  夫から頼ま  他から頭を下げて頼ま  知人に頼ま  島田に頼ま  私もこうして頼ま  君江からくれぐれも頼ま  敬ちやんに頼ま  ところに頼ま  静かにしてくれ、と頼ま  彼女にきてくれなどと頼ま  おかみさんに頼ま  あれに頼ま  村長さんに頼ま  フリーダに頼ま  筆記を頼ま  報告などを頼ま  出入り先から売却を頼ま  圭子は、頼ま  高尾山など頼ま  てゐて呉れと頼ま  仕入れを頼ま  懇篤に頼ま  ア姐ごに頼ま  芸妓が頼ま  花魁に頼ま  助力も頼ま  道雄さんに頼ま  もんなら、もう頼ま  おら、頼ま  其役目に頼ま  おれも頼ま  処でも頼ま  此雑誌社から頼ま  令兄が頼ま  滞在し、頼ま  話が解せられず、ことに頼ま  子も頼ま  睡眠不足と頼ま  から痛痒を感ぜぬか知らぬが、頼ま  貴方には頼ま  放送を頼ま  金貸したろかと言いふらし、また、頼ま  のだが、けれど、頼ま  合図してくれと頼ま  死に際に頼ま  光広卿から頼ま  しか東京日日新聞だったかに頼ま  解説を頼ま  香具師、頼ま  博物館の頼ま  頼みありき頼ま  初より頼ま  近ごろは頼ま  何時頃人に頼ま  夏子から何事をか頼ま  医者は頼ま  秘密事件を頼ま  権田時介に頼ま  ン、頼ま  拾つたものだし、頼ま  円朝が頼ま  円遊に頼ま  諸方から頼ま  無理に頼ま  モデルに頼ま  童話なぞ書くことを頼ま  禊を頼ま  誰が行っても頼ま  中で頼ま  ように云ってくれと頼ま  宿を頼ま  喜介どん、頼ま  赤玉から頼ま  依頼される、頼ま  兄に頼ま  手伝いと、頼ま  事を、頼ま  立派に頼ま  仏を頼ま  女から指環を頼ま  友達に頼ま  合鍵を頼ま  旦那に、頼ま  演説を頼ま  白根村事件について話してくださいと頼ま  月十五円で貸してくれと頼ま  画工に頼ま  先生まで申出てくれと頼ま  大浦博士からこう頼ま  ヤス子は頼ま  所で頼ま  カテリーナ・リヴォーヴナが頼ま  雑誌から原稿を頼ま  お礼をよくいって置いてくれと頼ま  んだから頼むも頼ま  一つゆつくり頼ま  主から頼ま  手をとらんばかりに頼ま  庭木を頼ま  馬籠へ頼ま  病家から頼ま  件を頼ま  三枝子が頼ま  ことで頼ま  それきり諦めて、頼ま  選者に頼ま  方でいくら頼ま  本多家から頼ま  チマ子に頼ま  銀ちゃんに頼ま  ひとつお頼ま  原則を緩めて頼ま  のだが又頼ま  清吉さんから頼ま  のなどは、頼ま  勧化をお頼ま  松原家から頼ま  売子を頼ま  お前さん、頼ま  方で、頼ま  どこのどいつに頼ま  仲人を頼ま  男に誓って頼ま  男と見込まれて頼ま  だれから親分が頼ま  やつに頼ま  越後から米つきに頼ま  令嬢に宜しく伝えてくれと頼ま  手に頼ま  んじゃねえ、頼まれたら頼ま  だれかに頼ま  お方から頼ま  九郎右衛門に行き会わなかったら、頼ま  言を頼ま  提灯屋に頼ま  馬乗りなんて頼ま  意見をきかせてくれと頼ま  濁酒を作ってくれと頼ま  診療を頼ま  お札を貼がしてと頼ま  親方に頼ま  大井夫人に頼ま  伯父さんに頼ま  ローレンスさんに頼ま  弟に頼ま  紫になど頼ま  からでは到底頼ま  倉に頼ま  面を頼ま  口に出して頼ま  それはとにかく、頼ま  無理やりに頼ま  正太さんに頼ま  正太に頼ま  応援に頼ま  あなたから逆に頼ま  彼等が頼ま  声で頼ま  留守居も頼ま  坊さんに頼ま  祓へに頼ま  念仏興行を頼ま  暮私が頼ま  左右太から頼ま  此上なく頼ま  話をして呉れと頼ま  講話を頼ま  何かに頼ま  さを冒して、頼ま  世話をしてくれと頼ま  身を頼ま  絵巻を頼ま  一ぺんに頼ま  連中と動き出そうと言うんで、そういう引っかかりで、いろいろと頼ま  二三年前に頼ま  享楽は、頼ま  奇妙に快い頼ま  ように、頼ま  まじめで頼ま  社から頼ま  好色漢が随分頼ま  我を頼ま  お上人様、頼ま  我は頼ま  汝は頼ま  大樹を頼ま  奴、よしよし頼ま  いかが、相頼ま  肖像画などを頼ま  わけで、頼ま  源として頼ま  百圓に頼ま  下足番だが、頼ま  小坂部に頼ま  息女に頼ま  ことをいわず、頼ま  綱を頼ま  画家に頼ま  病気を診てくれと頼ま  頼みをうける、頼ま  折、頼ま  信二郎に頼ま  者に頼ま  脚本も頼ま  寺から頼ま  大工はせっかく見込まれて頼ま  おれは頼ま  ねんごろに頼ま  弘さんに頼ま  弘に頼ま  私もお頼ま  横光利一氏、頼ま  つて、頼ま  ぼくなども、頼ま  ファン・レタアも頼ま  婉然と頼ま  いやな頼ま  おしもの望みとして頼ま  平賀さんから頼ま  それだけを聞き出してもらいたいと頼ま  情誼をこめて頼ま  彼を頼ま  丁稚を頼ま  籤引に頼ま  



前後の言葉をピックアップ
タノデスガ  タノデハナクッテ  タノニオ  タノハ  たのま  頼み入り  頼み  たのみ  頼み  タノミ


動詞をランダムでピックアップ
給わん上ら言い返しきたえあげつかまらおりあげる生み付け怯めくぐりぬけれさえずらくじく達しゃけなせ懸っ振り翳し尽かさ恨め攻め落そゆき悩ん無くなし
形容詞をランダムでピックアップ
残り多粗きせん無き手厚い賎しき遅き陰気臭うさん物凄き卑しく悩まし美し由無き生なましく弱く熟柿臭いさびしいめぼしい涼しい煙く