「頷き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 頷き[動詞]
こつくりこつくりと頷き  南条紋太郎が頷き  勝手に頷き  主人は頷き  甚内はただ頷き  二度大きく頷き  何事もなく頷き  言葉が頷き  私は頷き  其人は頷き  先生は軽く頷き  生活に対する頷き  紳士は黙って頷き  顔を見合わせ、打頷き  ようにしてうんうんと頷き  ハハアと頷き  苦切って頷き  纔に頷き  幾度も頷き  満悦そうに頷き  米さんが、しなよく頷き  溜息と共に気取って頷き  ニタニタと頷き  中斎は頷き  折つてゆるやかに打頷き  四郎は頷き  大様に頷き  それを聞くと、深く頷き  手を当てながら頷き  ように頷き  ようにして頷き  彼女は頷き  ものと見えて頷き  更めて打頷き  ように言いつつも、頷き頷き  がために、漸く忘れ果てられたを頷き  襟にうずめて頷き  島田虎之助は頷き  黒と頷き  垣間見てこそ頷き  丹平は打頷き  満足そうに頷き  無言で頷き  合ひ、頷き  捉へて頷き  眼ざしで頷き  男は頷き  娘が頷き  槇氏も頷き  境遇を頷き  なほも軽い頷き  御者は黙して頷き  馭者は頷き  美人は黙して頷き  欣弥は頷き  乙者は頷き頷き  それを聞いて頷き  小森は頷き  お松とは頷き  それにいちいち頷き  それに頷き  げに頷き  信次郎は頷き  のなら黙って頷き  感じの頷き  東屋氏は頷き  少年は頻りに頷き  靜に打ち頷き  警視は頷き  梅から聞いて軽く頷き  ものをいわせて頷き  叱咤に似た頷き  顔が頷き  水島は頷き  顏で頷き  助手に頷き  澄子は、いちいち頷き  白雲が頷き  独りで頷き  中川は好くこそ気が付かれたりと頷き  我意を得たる如く頷き  のだ、こう考えてしきりに頷き  姥はやがて打頷き  心は頷き  悠然として打頷き  それを頷き  伯爵は頷き  高峰は頷き  彼は頷き  何か頷き  役人も頷き  白雲は頷き  坂本も頷き  雑誌より放し、頷き  眼で頷き  笑顏をして頷き  笑顔をして頷き  これを聞いて頷き  女は、頷き  獨り頷き  二人は頷き  様子をながめて、軽く頷き  二三度軽く頷き  俊夫君は大きく頷き  二人はかう頷き  寄り合い打ち頷き  讀過一番、頷き  一人で頷き  彼は又頷き  素直に御頷き  愉快さうな頷き  出家はあらためて、打頷き  大袈裟に頷き  その男はこくりと頷き  上人は頷き  ミリヤアドは頷き  愉快そうに頷き  幾度となく同じ頷き  それへ頷き  誰彼となく、いちいち頷き  口をもぐもぐさせて、うんうんと頷き  したり顔に頷き  加十は軽く頷き  署長は頷き  幸田は頷き  真名古は頷き  かすかに頷き  保治は深く頷き  毛虫は互に頷き頷き  清左衛門は頷き  夫人は頷き  同感してふんふん頷き  之を見て、打ち頷き  貌を見合わせて頷き  八も、頷き  容易に頷き  静に頷き  われは逆らわで頷き  継母は打頷き  後しめやかに頷き  親は軽く頷き  曖昧な頷き  いたいけに頷き  顔を見あわせて、頷き  猪首で頷き  溜息をして頷き  機械的に頷き  雪は深く頷き  心よしと頷き  気のない頷き  心に飛び込んで来て、互に頷き  ような頷き  通もうかと頷き  色気の無い頷き  二つばかりゆっくりと、頷き頷き  学生は頷き  彼女は黙って頷き  血の気を浮べて頷き  一同は互に軽い頷き  げに打頷き  役人は互に頷き  小田さんは頷き  そうに頷き  近藤女史は大きく頷き  次も打ち頷き  私は黙って頷き  こと、頷き  マダムは頷き  独で頷き  鴉も頷き  老女は頷き  私が再び頷き  時われ自も亦頷き  百人長は頷き  女は黙って頷き  



前後の言葉をピックアップ
肯か  頷か  うなずか  肯き  首肯き  点頭き  うなずき  肯きゃ  肯く  首肯く


動詞をランダムでピックアップ
ひっぱりゃ泣き駈けろみなぎら嵩ん打ちつける推し移る考え付い突あたったらしこみ飛びこめ書き送るついて説け連れ出せ振りだしわだかまっ降り積っ取り掛かれ熾ん
形容詞をランダムでピックアップ
はらだたしいほどよく素ばやくほこらしっぽい縁どおいなめし怖くっあやうくろかっ華ばなしい懈くにくけれいとしかっふと小憎らし見にくき罪ぶかい奥床しかっ手重い