「預け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 預け[動詞]
当分其方へ預け  牧場に預け  昨日、預け  浄土三部経とを預け  玉を預け  金を預け  銀行へ預け  云はずに預け  時計を預け  上体を預け  親類へ預け  親類共へ預け  手前に預け  どっかへ預け  主人へ預け  親類に預け  赤羽が預け  手を預け  ホテルに預け  駅に預け  手許に預け  妻に預け  理由があるとして、預け  人に預け  ところに預け  一時お前に預け  幸阿弥陀仏に預け  其處に預け  椅子に預け  背を預け  家に預け  貴様に預け  下宿屋や又は預け  スクリーンに預け  マシンに預け  利腕を預け  代官所へでも預け  そっちへ預け  わたしに預け  認印を預け  利休へ預け  関白殿下より預け  ランスロットの預け  帳場へ預け  伜を預け  持主シツペから舟を預け  二人の子を預け  榮子が預け  中に預け  手へ預け  提灯を預け  里方鳥羽屋に預け  差配人佐兵衛に預け  郵便貯金に預け  方を預け  宣教師に預け  熊手は預け  私達に預け  手に預け  里へ預け  紙包にして、預け  銃砲店に預け  店へ預け  うどん屋へ預け  里に預け  郵便局にでも預け  彼女に預け  ひとりが預け  郵便局へ預け  乙吉が、預け  私に預け  黒川に預け  部落に預け  方へ、とばかり言うて、預け  餅屋へ預け  お前に預け  もとに預け  姉夫婦に預け  ちゃんと話をつけて預け  方へ預け  質屋へ預け  私どもでも少しばかし預け  篠谷に預け  土蔵に預け  銀行に預け  国を預け  政府に預け  所に預け  俊雄に預け  お金が預け  項を預け  高弟に預け  娘は預け  文珠屋へ預け  庫に預け  わりのう預け  敢て預け  綱を預け  妻などに預け  御文は預け  そこに預け  客分として預け  尼院に預け  亭主に預け  百姓に預け  七度、預け  米屋に預け  金庫に預け  家へ預け  すべて彼に預け  先に預け  化粧箱を預け  山岸芳夫に預け  将に預け  中へ預け  志を預け  スタンレーが預け  鉄砲十挺を預け  吏に預け  定期貯蓄で預け  方もまた、預け  里ぶちを払って預け  エリスに預け  主人に預け  城を預け  ふたりへ預け  身柄を預け  兒兄弟が預け  マッカアセイ方に預け  笑声を洩していたが、預け  ほうに預け  十年他に預け  次郎に預け  体を預け  別当へ預け  部下に預け  鉢を預け  頭髪を預け  罪科をしばし預け  玄徳から預け  それを預け  のものを預け  内弟子に預け  お母さんに預け  内弟子として預け  ところよそへ預け  他家へ預け  空明にして預け  身を信じて預け  銚子屋に預け  命を預け  姉に預け  お守を預け  貴方へ預け  袈裟文庫を預け  皆私に預け  此方へ預け  ものを預け  無理に預け  子供を預け  召使いに預け  男に預け  写真を預け  浜村銀行に預け  新橋まで預け  国元へ預け  空掛け声は預け  離室へ預け  ゆかりに預け  質札を預け  お金を預け  父の預け  同人に預け  弁護士に預け  お寺へ預け  僕に預け  こっちへ預け  投ッ放しに預け  これを預け  簪を預け  風に預け  特に津和野藩へ預け  佩刀を預け  七万も預け  お父さんに預け  竹山茂吉から僕に預け  ホテルに引き上げて預け  私だけ預け  仕込に預け  口を預け  其方へ預け  それから他へ預け  他へ預け  天へ預け  ロンドンに分けて預け  菊池君夫妻が見えたといつて、預け  エスパーニャに行くので預け  内に預け  財産をも預け  階段擬宝珠に預け  親類でもあって、預け  名主へでも預け  お前さんに預け  些とべい預け  主人善右衞門に預け  物を売り、預け  貴方に悉皆預け  山口屋に預け  天地に預け  多助に預け  証拠に預け  云ひなさるか、預け  から、預け  女房に預け  ものはない、預け  他所へ預け  手許へ預け  留守を預け  手荷物を預け  広沢に預け  車を預け  コオトなぞも預け  おまえさんには預け  カピに預け  許へ預け  ところへは預け  邸に預け  自分を預け  木山が預け  伯母に預け  荷物を預け  親戚へ預け  宿屋へ預け  受持として預け  何も預け  本家に預け  都合があるからと、預け  時はお隣りへ預け  宿へよく頼んで預け  幹事室に預け  茶屋に預け  みんな当家へ預け  役宅へ預け  安心、預け  猫に鰹節を預け  よそへ預け  娘盛りの子を預け  いやだと思ったら、預け  手前を預け  助に預け  二ヶ年間先払いで預け  親戚に預け  父を預け  問題は、預け  東京へ預け  オーバーとを預け  人手に預け  遠国へ預け  時は、預け  上に、さきほど預け  若い女を預け  老女殿に預け  そつと預け  確かに預け  横から上体を預け  爺さんに預け  御手許に預け  お寺に預け  山へ預け  清澄山へと預け  私も少し預け  向島へ預け  人で、預け  ところへ行って預け  武蔵に預け  宮本武蔵に預け  屋敷に預け  新村に預け  別々に預け  町家に預け  前章に預け  僕は、預け  肝心の預け  寺に預け  金庫へ預け  女の子を預け  女に預け  安宿に預け  米を預け  右馬介に預け  毎日荷物を預け  夜遅く貞を預け  家にでも預け  所へ預け  共犯を預け  楼主に預け  光に預け  侍所に預け  和子を預け  検事に預け  青竜王が預け  その男に預け  門へ、きびしく預け  忠円僧正が預け  馬を預け  足利家に預け  おれに預け  いずれへか預け  湯へ預け  大蔵邸に預け  手わけして、預け  画室に預け  どこへ預け  兎に角僕に預け  永井喜八郎に預け  他家に預け  素直に預け  帳面を預け  仕込問屋に預け  全部親類へ預け  ただで預け  俺に預け  加奈子に預け  源五はなおも預け  分別に預け  人参畑に預け  奥さんに預け  登子が預け  旗が預け  帽子は預け  吉に預け  女などに軽々しく預け  そちに預け  衛府へ預け  伯耆守長年に預け  あれを預け  あれに預け  銀行にも預け  町役人にでも預け  都会に預け  めえに預け  処へ預け  者に預け  そちたち二人へ預け  農家にでも預け  ところへ預け  これだけ預け  吾輩に預け  帆村君に預け  故郷に預け  番屋へ預け  主人方へ預け  そのままに預け  娘を預け  棺桶をそのまま預け  二階に預け  ほかへ預け  熊を預け  ほうへ預け  大親分に預け  次郎兵衛を預け  ほかに預け  白井屋から植新へ預け  先刻から門番所に預け  ひとまず高源寺に預け  町内組へ預け  蔵へ預け  そのまま女房へ預け  幸次郎に預け  箱を預け  浪人へ預け  荷になると見て預け  筆を預け  わたくしに預け  親元へ預け  月に預け  荷を預け  財産を持って来て預け  ように、預け  近所へ預け  佐渡幸に預け  巻を預け  桂介に預け  姐に預け  許に預け  外舅黒田兵庫に預け  利安に預け  里子にでも預け  尾張へ預け  伯父に預け  子を預け  母に預け  お金子は預け  触覚感を預け  トマト氏に預け  田舎に預け  方に預け  芸妓に預け  福松に預け  書物を預け  手荷物を預けるか預け  先へ預け  幕府から二万五千石を預け  手鞄を預け  最初に預け  厩に預け  店に預け  風呂敷包を預け  ところで預け  門前へ預け  ひとつ君に預け  信忠に預け  人のものにして預け  サントリーが預け  鍵を預け  一同お預け  郵便局には預け  持物を預け  女房を預け  奴に預け  一緒に預け  時から脇へ預け  姉が預け  鞄を預け  倉に預け  人たちに預け  一部を預け  部隊本部で預け  驛へ預け  腕に預け  当分君に預け  芸者屋に預け  花屋に預け  箪笥に預け  明日銀行に預け  草履を預け  尻切れ草履を預け  どこに預け  番台に預け  不足、預け  ものに預け  いつでも預け  父親に預け  技師に預け  機会にまで預け  身体を預け  君に預け  留守に、預け  稲村に預け  郁文堂に預け  銀行などに預け  潜水服を預け  塗笠を預け  水野監物に預け  ここに預け  拙者に預け  他人に預け  滝の川学園へ預け  所夫から預け  用意に預け  寺へ預け  ものだから、預け  彼に預け  伜貞助當年拙者方へ預け  書店に預け  美留女姫に預け  から妹に預け  叔父さんに預け  叔父に預け  宗助の預け  坂井に預け  貯蓄銀行に預け  田畑を預け  大阪駅へ預け  子あたしに預け  毛利に預け  江良丹後守に預け  なに実家へ預け  私に御預け  銀行へでも預け  質屋に預け  知人に預け  奧平家へ預け  駒井さんに預け  縁者へ預け  秋ホテルに預け  遊女屋へ預け  学校へ預け  盡へ預け  葛原冷凍に預け  物を預け  滝も預け  恭一を預け  家を選んで預け  次郎を預け  正木に預け  病人を預け  時まで預け  人質の如く預け  口入れ金を預け  乳母やに預け  白が預け  白馬が預け  どんじき屋へでも、預け  先生に預け  腰の物を預け  停車場へ預け  ハハハハ停車場へ、預け  身を預け  位牌を預け  おれが預け  判物を預け  外套を預け  小荷物を預け  村方に預け  大岡家に預け  京都へ預け  芸妓家へ預け  繕しに預け  宅に預け  あみ棚に預け  荷物は預け  蔵に預け  全部伯父に預け  農家に預け  諸家に預け  転々と預け  扇風器に預け  下駄を預け  座敷に預け  口に預け  ちょっと秋草に預け  笠を預け  一週間だけお預け  水茶屋へ預け  ように預け  偶然に預け  武左衛門に預け  ひそかに預け  細川家に預け  晩まで預け  あそこに預け  宿役人へ預け  宗門帳まで預け  問屋場を預け  米蔵を預け  家を預け  久吉に預け  鍵が預け  宿に預け  海員手帳が預け  アパートへ預け  うちに預け  安子を預け  飼犬を預け  麦藁帽子を預け  名は預け  懐に預け  三輪鶴に預け  ただいま、預け  米に預け  東京へ帰って来て、預け  床屋などに預け  約束代わりに預け  多根に預け  妹に預け  高円寺へそっと預け  芸妓屋へ預け  おまえらに預け  屋敷へ預け  私のも預け  綜合雑誌を預け  のを見付けて、預け  辞退したが、聞かずに預け  大金を預け  安穏寺に預け  他に預け  私を預け  数十人ずつ分かち預け  兼て預け  前茶屋へ預け  三千歳を預け  そのまま産院に預け  筒を預け  自分に預け  託児所に預け  昨夜お前さんに預け  特に典獄より預け  滿つるばかり預け  はずだがと、預け  幾つか預け  そこへ預け  乳母にも預け  御製を預け  一札書いて預け  木戸番へ預け  自身番へ預け  由は、預け  自分の預け  準備として預け  傘を預け  玉木勝三郎に預け  小堀義哉に預け  義哉へ預け  あんたに預け  幟を御預け  八円ばかり交ぜて預け  包みになって、預け  ニッケルを預け  かい御馳走は預け  相手に預け  森五郎に預け  身柄一切を預け  細川忠興に預け  つて大条玄蕃に預け  伊達宮内少輔に預け  素戔嗚に預け  頃は預け  それで拠ろなく預け  銀行へも預け  冬を預け  従者に預け  胸へ預け  定期で預け  誰かに預け  細川邸へ預け  誰に預け  我らに預け  

名詞

預け[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
預けなんぞして  預けに来た  預けはしないであろうという  預けの身となった  預けさえもした  預けまかせておいても  預けということになった  預けに行く  預けに来たら  預けに行こう  預けにきた  預けにやった  預けに来る  預けなされると  預け換えて置いた  預けに来たという  預けはしたものの  預けたればとって  預け置き積み置くを  

~ 預け[名詞]1
円を預けに  誰にも預けは  親族秋元摂津守へ預けの  私に預けさえも  銚子屋へ預けの  銀行へ預け  警察へ預け  後郵便局へ預けに  金を預けに  野山へ預けに  服を預けに  番所へ預けに  札を預けに  銀行に預けに  郵便貯金として預け  ところへ預けに  家に預けは  

~ 預け[名詞]2

複合名詞
永預け  一時預け  預け主  預けっ放し  里預け  銀行預け  寺預け  牢舎預け  郷党預け  町内預け  手錠町内預け  終身預け  儘預け切り  預け籠め  司預け  実家預け  実家方預け  一時預け  主人預け  一時預け所  家主預け  自身番預け  預けっぱなし  預け先  庄屋預け  それぞれ問屋預け  宿預け  こと預け  預け入り  預け物  



前後の言葉をピックアップ
アヅキガイ  アヅキボウトウ  預け  預けよ  預けん  預け入れ  預け入れ  預け入れる  預ける  あづさ


動詞をランダムでピックアップ
滑り落ちる誣いよくしけずっおさまり去ろ践めひきしめよ詰め切るぬらせしぼれおどりでつきとおさくりまわし突き返す晦まさ跳ね除け建っ思い出せよ来はじめ呼べよ
形容詞をランダムでピックアップ
手がたい親しきあかるかっのろくさい正しい詳しき囂しく塩辛き苦くっ五月蝿いとし畏多くあったかかっかわいかっ覚束無いこまかく優しくっくらかっ姦し