「静まり返っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 静まり返っ[動詞]
森と静まり返っ  中は静まり返っ  隣室はすっかり静まり返っ  あたりもすっかり静まり返っ  あたりは静まり返っ  二階はひっそりと静まり返っ  あたりはしいんと静まり返っ  休止して静まり返っ  冷然として静まり返っ  中空に聳えて、ただ静まり返っ  シンと静まり返っ  何も気がつかずに静まり返っ  中に静まり返っ  室内は静まり返っ  心はしんと静まり返っ  私は深く大きく落ち附いて静まり返っ  村落は恐ろしいほど静まり返っ  終日シンと静まり返っ  シーッと静まり返っ  形で、静まり返っ  間で、やがてしいんと静まり返っ  擾乱が、静まり返っ  人通りが、いつしか静まり返っ  とくに静まり返っ  それからまた静まり返っ  急に静まり返っ  人声も静まり返っ  物音ひとつ立てず、しいんと静まり返っ  向うに、黒く静まり返っ  森然と静まり返っ  練もののみが静まり返っ  室内はいよいよ静まり返っ  非常に静まり返っ  耳を傾けると、しいんと静まり返っ  秘に静まり返っ  ように静まり返っ  神妙に静まり返っ  程に、ひっそりと静まり返っ  厳重にとざし、静まり返っ  厳重に下ろされ、静まり返っ  ようにして、静まり返っ  色を吸いこんで静まり返っ  痙攣を起こしもせず、静まり返っ  路上の静まり返っ  変異もなく、静まり返っ  音などが、相次いで聞えてきたが、やがてしいんと静まり返っ  あたりはひっそりと静まり返っ  あたりがしいんと静まり返っ  ように、がらんと静まり返っ  思想は、捉え難く静まり返っ  ギラギラ光らせながら、静まり返っ  ように、静まり返っ  中はしんと静まり返っ  森閑と静まり返っ  漣もないほど静まり返っ  人々を抱いて、じっと静まり返っ  あたりはしんしんと静まり返っ  そうもない、静まり返っ  空の静まり返っ  ヒッソリと静まり返っ  それがしいんと静まり返っ  暗やみとなって静まり返っ  こちらから見ていると一際じっと静まり返っ  しんと静まり返っ  どこもしんと静まり返っ  皮膚は深く静まり返っ  念を押すと、静まり返っ  のも静まり返っ  見物は静まり返っ  家は更に静まり返っ  満座粛として静まり返っ  植込から向うは、しんと静まり返っ  なかったように静まり返っ  シーンと静まり返っ  新緑が、ひっそりと静まり返っ  鈍色をした、静まり返っ  泊り客もないとみえて、静まり返っ  森を映して静まり返っ  底深く静まり返っ  通り森閑と静まり返っ  一座はしんと静まり返っ  あたりが、しんと静まり返っ  二人は静まり返っ  息を呑んで静まり返っ  ふだんよりひっそり静まり返っ  冷く静まり返っ  七つ八つの金魚は静まり返っ  者が、静まり返っ  見物が、静まり返っ  地面も、ひっそりと静まり返っ  ものがひっそりと静まり返っ  大空が、寂しく静まり返っ  うちにひっそりと静まり返っ  中がしいんと静まり返っ  枯蓮の静まり返っ  さで静まり返っ  混乱がそのまま静まり返っ  街路は静まり返っ  土蔵も静まり返っ  番所では、ただ、静まり返っ  ダラリと静まり返っ  重みに静まり返っ  土下座をきって静まり返っ  んと響くばかり静まり返っ  中はひっそりと、静まり返っ  思耽っていると、突然静まり返っ  ようにピッタリと静まり返っ  それは静まり返っ  かしこもひっそりと静まり返っ  音さえ聞えたくらい、しんと静まり返っ  中はひっそりと静まり返っ  物音もなく静まり返っ  奇妙に静まり返っ  今まで静まり返っ  動揺が全く静まり返っ  なんで静まり返っ  寒げにあたたまってる、しみじみと静まり返っ  それきりまた静まり返っ  極端に静まり返っ  動揺もすっかり静まり返っ  ようしいんと静まり返っ  電燈の光りが静まり返っ  枝を離れて、静まり返っ  さにあらず、静まり返っ  にわかに静まり返っ  次には、ふたたびひっそりと静まり返っ  中段、もう静まり返っ  事物、あるいはまた、静まり返っ  面白いとも言わず、静まり返っ  時としては、静まり返っ  空気は静まり返っ  博士を見るや、期したるがごとく静まり返っ  一瞬間すべてはひっそりと静まり返っ  顔は静まり返っ  方向へ、静まり返っ  不気味に静まり返っ  いつ行って見てもひっそりと静まり返っ  それが静まり返っ  木立が、如何にも静まり返っ  木の葉一つ揺がない静まり返っ  者が並んで、静まり返っ  街路はひっそりと静まり返っ  んと、またしいんと静まり返っ  野原、静まり返っ  間、静まり返っ  あたりが余りに静まり返っ  一ツも鳴かず、静まり返っ  物みなが凍てついて静まり返っ  ほかは、ひっそりと静まり返っ  ことに静まり返っ  それから後はひっそりと静まり返っ  寂然と静まり返っ  しんとして静まり返っ  天地はひっそりと静まり返っ  いずれもしんと静まり返っ  茂みはひそと静まり返っ  気配もなく、しいんと静まり返っ  あたりが静まり返っ  ヒッソリ閑と静まり返っ  様に静まり返っ  宮中はひっそりと静まり返っ  シンカンと静まり返っ  下に静まり返っ  夜はさらに静まり返っ  灯をはさんで静まり返っ  すべては静まり返っ  眼を見据えて、静まり返っ  なかは静まり返っ  完全に静まり返っ  廊下は静まり返っ  天地がひっそりと静まり返っ  忍従しながら静まり返っ  真白に静まり返っ  気に静まり返っ  積雪に静まり返っ  内は静まり返っ  姿勢で、静まり返っ  家影を引いて、静まり返っ  界隈はもう静まり返っ  あたりはしんと静まり返っ  森はひっそりと静まり返っ  姿も少なく、ただ静まり返っ  水を打ったごとくにしいんと静まり返っ  室内はしんしんと静まり返り、更に深く静まり返っ  上半身は静まり返っ  のではないかと思われるほどに静まり返っ  閑と静まり返っ  うちが静まり返っ  静かに、静まり返っ  静かに静まり返っ  眼に見守られながら、静まり返っ  ところどころに静まり返っ  テンポが静まり返っ  位凝然と静まり返っ  波も立てないで静まり返っ  死体は薄べったく静まり返っ  顔を見向わせて、静まり返っ  莫迦にしんと静まり返っ  建物は静まり返っ  山もことごとく静まり返っ  夜の静まり返っ  家が、ひっそりと静まり返っ  



前後の言葉をピックアップ
しずまり  鎮まり  静まり返  静まりかえっ  しずまりかえっ  静まり返ら  静まりかえら  静まりかえり  しずまりかえり  静まり返り


動詞をランダムでピックアップ
なみする征し恐れ入ら飛び込めるたれこめ乗移ったちわら取りかたづけよみがえる溶け込ま呼び入れる咲き匂っはぎとらたしなめ愁えつき刺さっまきちらす突き抜かわき出押し退けよ
形容詞をランダムでピックアップ
いとしく角からがめつから痛ましにぎにぎし手早かっこうるさい数少ない済まないいまだしまめまめしいわるからありがたけれ照れくさかっくい見易き悪から間近かっやかまし心づよ