「静」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
静に首桶の蓋をとり  静に掌の上にある  静におしなさい  静にいっている  静にしろ  静にしねえ  静におしなせえ  静けき  静に庭や他の自然を眺める  静にお休みなされませ  静にこなたを振り向いて  静に輝いてゐ  静に沁み込んで来る  静に響く  静に私の肩へ貴き御手をお掛けになりました  静に続けた  静に尋ねてみた  静に座禅工夫にいそしむ  静な雪に誘われて坐った  静に息が絶えた  静に一間ばかり前に指をさした  静に曾遊の記憶を呼返した  静に枝垂れた  静に来て  静に歩行いた  静にござれい  静な夜星を眺めて居りますと  静に自分たちの横を行きすぎさせておけるだけの  静に腰掛けている  静にしていなければいけない  静に枕の上に休らっていたが  静ではあるが  静としていて  静に猪口を傾けながら  静まつてゐる  静に心安く歩く  静な淋しい境に休息させると  静まつてゐた  静に眼を本間さんから離して  静に療養をしたので  静に壇を上って  静にお米の肩に手を載せた  静に寝ていた  静に頭を坂田の肩にもたせかけた  静から動へ移らんとする  静に風呂敷の結目を直して  静にのべひろげ  静にひろげる  静に裏口を出た  静にさう  静に開戸を開けなければ往ない  静に吹き  静におさまり返つて  静としてゐないに  静と立ってると  静に叩いた  静な寝息を通はせて  静に過去の悪行を考へた  静に小鳥を飼ひて  静としていられないから  静と枕をしている  静に納まって  静に練る  静にこの襖を開けて  静に云う  静やかに舞うたりけり  静に頭をあげて  静でなければならない  静ならしめ  静を命ずるも  静を守るの  静の境界をこえて  静に出て行ってしまった  静に上った  静に長椅子から立ち上った  静に壁際を離れながら  静に傾き尽き  静黙冥坐する  静に内省するに  静な微笑を浮べた  静に云うと  静に彼の方へ寄って来た  静にしてくだされ  静ったように鎖してあった  静にお聞きなさいなね  静にして居たまえ  静に坐りつづけています  静に寝かして置けば  静に眠って  静にしてくださいませ  静に寝て  静にして  静に舟へ乗りなさいよ  静に女の後へ立った  静に目をつぶって居て  静に揺ぐ  静に臥被の  静に糸を繰りながら  静に眼を瞑じて  静に大兄の顔を見上て黙っていた  静に置くと  静な暗闇に垂れ下った  静に死んでいった  静にだんだんと訶和郎の周囲へ流れて来た  静に彼女の方へ動き出した  静に反耶の傍へ近寄った  静に彼女の部屋へ帰って来た  静にいった  静に杉戸を開いてみた  静に考えて見た  静に隣室に眠って居る  静ってる  静にお経をあげていると  静に正太夫の切腹をした  静に聞け  静に考察すれば  静に紅茶を飲みながら  静に椅子から立上ると  静にまた元の椅子に腰を下しました  静にこう私をたしなめました  静に藻の中に隠れていた  静まつて来た  静に眼を返して  静に伏してあり  静に散った  静に吐いてゐました  静に月を観  静に愛しながら  静っている  静と傾いたる  静に漂って来ました  静に漂つて来ました  静という末むす  静のところへ持たせてやってくれ  静は顔を染めて  静がしおしおと帰って行って  静だけが悲しそうな顔もしていない  静に走って来て  静にかぶりをふりつ  静になったから帰ろうという  静に動いている  静に致せ  静の明神がお憎みになって  静退的を説く  静に夢の海へ漕いで出た  静に川波の声も聞えず  静に流れた  静な停車場がある  静にピアノの前へ歩み寄りました  静に聞召せ  静になったが  静に微睡んでいる  静に椅子に身をもたして取り留めも  静に露が下り  静に移ってゆく  静に眼を瞑った  静に歩いた  静に平田の側へ行ってみた  静に見て居る  静にせい騒ぐと殺すぞと  静に起きて  静に聴いていられる  静になった  静なささやきである  静な寝息ばかり洩してゐた  静に枕元を離れようとした  静に冴えて  静に扉を出ました  静にうなだれていた  静にもちあげました  静な跫音がすぐ傍で聞えたので  静に傍へ寄って来て  静に聞えていた  静に入って  静に立つてゐた  静に自分の心の深みにおりて  静に立っていた  静に歩み寄って  静な調子で云い出した  静まつて来ると  静な秋を楽しんだら  静に消えてゆく  静に静に空気が流れ込んでくる  静に洗う  静に悠々と取って返す  静と留まる  静な野中に聞え  静ってしまっていた  静になって  静に高原地を登っていった  静に針を動かしている  静として居ました  静に優しく問ひ続けた  静になりやなる  静に潮の匂のする  静に半日を語り明して帰った  静に焦立つ  静にしてい給えよ  静に襖が開いて  静に坐ってしまった  静に身を引いた  静に紫の壜を電気にかざして  静に高く高く昇ってゆくが  静に落着いてはいたが  静に彼の側に寄って来て  静に涙が湧き出て来た  静に蒲団から顔を出した  静にその診察に身体を任した  静にその下の抽斗から懐剣を取り出した  静に秋子の手を胸に抱きしめた  静な勝手を見るばかり  静に腰をかけた  静に上って見た  静としていた  静に室に入って行って  静に深そうに淀んでいる  静に流れ  静に鮭の皿を運んで来た  静に後にゐる  静に師匠の唇を沾してゐる  静に席へ返つて  静になるらしい  静に眼で尋ねました  静慮する  静に行動を起した  静けきに散る  静に会釈し  静は子供心にも恥づ  静は何の気もつかず  静の手をピチリとひねり  静を叱り  静お静と呼寄せての  静は涙ぐみながら  静の一部始終をききて  静の慕ひ来りし  静を手離すべき  静に代はりての詫手紙持たせ  静の事いひ出でては  静よりの手紙届きぬ  静は目下同地なるある  静に落ち着いていた  静な日南の隙を計って  静にここを引揚げて  静の成行に就き  静には何処かに色ッぽい風がある  静は自分と関係してる  静の眼の前へ突き出した  静は銀之助に寄り  静の肩に掛けかけたが止した  静に渡した  静に分れて  静を奪つて来る  静に話をし  静に立ち上りかけました  静に口を切った  静まつて居る  静にしろと  静に養うに堪えない  静に待っているより  静り返っていた  静に述べ始めた  静に帯止めの金物を合せた  静に歩みより  静になったと思う  静に手を傍の火鉢の上にかざした  静った真夜中の深い闇の静けさを破って  静なるを喜びつつ  静には死なれるし  静な安らかな瞳を見せる  静っと沈黙した  静っと思案していたが  静な煙った  静に横山と向き合って坐った  静に手を打って  静に喫った  静な息をついた  静に歩み寄った  静に開いて  静という仲の町の芸妓が頼まれた  静は田町へ行って  静も真っ蒼になってふるえて帰った  静も一時はひどく困ったが  静は占い者の判断をいつわらず  静は親切に言った  静が仲の町の茶屋へ遊びに行って  静は綾衣の名を指しはしなかった  静に微笑んだりして  静に手を引きましたよ  静にノックしました  静に底から洩いて来て  静に立って居る  静にしてるが  静に二人に接吻して  静に死に就く  静に己の分を守って  静に進む  静にめぐって  静な棲居らしく見せた  静に見守る  静に被告の席近く進んだので  静に抜き放たれた  静った伏見の町へいつの間にか這入っていた  静に飛んだ  静に担がれて行きました  静って一時森としたかと思うと  静に沈重いた  静なときには一室を締めきってとじこもっていた  静な問答がはじまる  静に金儲けのことや物質上の報酬のことを考えた  静に視て居る  静に落着いて見えたけれど  静が舞ひたりけるに  静の舞に示現ありけるとて  静も勤める  静な素朴な姿に活きています  静を買い  静に視ている  静が舞いたりけるに  静な日和を見ると  静にいと蕭やげる夜の森のかげ  静なるおもむきを  静なる池のおもてに  静なる顫動さながら隠れし  静にあらず  静に聞たまえな  静にいいました  静に読書して居りました  静に安心を与へて  静にいう  静なる京の夜に震動を起しはせぬかと  静になるにつれ  静もっている  静に頭を横にふった  静然上人が参内した  静臥しあらん  静にあるきやんす  静に大東京の隅々までを照していた  静に手紙の封を切った  静に刻んでいた  静に揺り起そうとした  静に開けて  静に女童に従うと  静に衝と抜けて  静にもちあがり  静に地平線の方へなだれ落ちていた  静という方面がなければならぬ  静に運命の一転するを  静に火鉢の灰にさして  静に開いた  静に乗っかりながら  静臥すべきベランダにあった  静に頷いた  静な噴水の周囲を悲しみのように廻っていた  静に静に開けたが  静の反語ばかりで成り立っている  静に考えている  静にあけ  静にせよとの  静はもう十年も前日清戦争の終った  静や長女の順やそれが生んだ  静に馬を進めてゆく  静に馬を歩ませてゐる  静に帰っていった  静に眠る  静こころなき青年の濃かな気息に依て  静に其処此処をさまよひ歩く  静に寝返りをして仰  静に明いた  静に本でも読んで暮らす  静にそう言うと  静な屋敷町に在る  静にかう  静に鼻から出している  静にした  静にそこから下り  静に巻の首から読み返して見た  静に時がたっていった  静に室を出て行った  静に女の背に手をかけた  静に飲む  静といふ睨みのきいた  静り返  静にしなければいかないと申す  静に白い日を吸って  静の前に逢わせたいよ  静といえば  静になる  静なときだと予測してゐた  静な時にあたつてゐる  静な時を無駄に過してしまつて  静に炭火を移させながら  静な夜を丸心の洋灯に照らしていた  静に更けた  静な趣と反照する  静もりを保ち  静に帰ってゆく  静に歩を移していた  静に臥ていらっしゃる  静に通って行く  静に動き出す  静に大沼の真中へ石を投げた  静に言う  静に言って  静に余生を送るの  静になさい  静に歩いてきた  静な御威光がございました  静に盤面を御眺めになった  静にその小屋の前を通りぬけました  静の状態のうちより動の響きを聴き取るだけの  静にうなってゐる  静にめぐり過ぎる  静と申す  静に土の匂を運んで来た  静に書斎の中を歩き出した  静に染めていた  静であるべき大地の一角に陥  静に煙草を喫みながら  静に展いて  静にしてくらっせえ  静に吸いつけた  静に鬢の毛を撫でていた  静と心を沈めると  静った廓へ入ったので  静ってタキシの響も聞えない  静な居心地の好い海岸へ名残を惜むような感傷的な気もちになって  静として動かなかった  静にそれを守り遂げる  静につき  静に蜘蛛を掌に取上げた  静に私たちを見下してゐた  静と呼ばれているという  静への打擲折檻はむろんのことににらんだ  静の悲鳴が近所にもしばしば聞こえたという  静とは姉妹ぐらいにしか見られない  静の父親なる  静の父なる浪人者の藩名もそれでわかった  静が訴え出た  静の悲鳴があったという  静のほうを顧みると  静のふっ  静にながめたい  静に身を起して立った  静もりかへつてゐる  静な夕を感ずる  静にしろよ  静にしていた  静に彼の方へ歩み寄った  静に階段を上って行った  静な登り坂になっていて  静になるという  静な川筋を眺めまわした  静に暮れて  静に横たわっている  静に霧の底に横たわっている  静に登っていた  静に燃えている  静に辷り落ちて来る  静に山の影を浮べている  静にこの家の前を通りすぎた  静な笑い声が上った  静な通りを歩いて  静な室を二室抜いて  静にきいていた  静に掃きにかかったが  静に払く  静を養う  静としてはいないから  静にそして徐々に動き出した  静に流れてゆきつつあった  静に落付いていた  静に佇んでいた  静に落ち付いた  静に聞え  静にお聞き下さい  静に聞いていた  静に枕を向へ返して  静り返り  静に衾の方を向きますると  静に垢を落してゐる  静ながら慕はしい  静な物音に耳をすませた  静に絶望の威力と戦ひつづけた  静に曇りし  静安さを乱さない  静に歩いてゆく  静の廬を離れて  静に表の格子を開く  静に妹を制しつ  静実に連れて  静に言ふ  静の三昧は外から見ると  静より動への切り替へが  静にして居ったばかりでは  静に平吉の顔を見上げている  静に眺め渡す  静に巴里の夜景を見下している  静に書を読み  静な坂の中途に小じんまりした  静な裏手から人なき境内に歩入って  静なる夜に何の夢か見  静安さが彼女から発していて  静り行く  静き夜に恰も人の啜り泣くが如くなるを聞き付け  静に考えてみると  静な朝夕を送り始めた  静に蒸発した  静に地平線より落ち行きて  静に聞いていましたが  静に障子が開くと  静に何か口の内で祈念している  静に横になっていました  静にしていなくっちゃいけないぜ  静に水面の油を舐めていた  静に取扱ってもらいたい  静に廻り終ると  静ったホールの疲労に鋭い快感を感じて来た  静に宮子の傍へ坐ると云った  静にメスを取り上げた  静になすっては  静ったベルトの掛けかえを練習した  静に周囲の動乱を眺めていた  静に装甲車が通っていった  静に上っていった  静に参木の胸へ額をつけて  静に聞えて  静に見送っている  静に食事している  静に微笑んでいてくれれば  静に受け容れていたが  静に指輪を僕の方に押し戻して  静に見守  静な潮に従って流れて行く  静な道を行く  静な村落が戦後一変して  静に各人の途を自ら見出して行く  静に強く主張する  静に振返って  静に煙管を置いて  静とした  静に私を諭して  静に翔けてゐる  静に翔けている  静に涙をこぼす  静に成る  静になつて見ると  静に私の手をはなさなければならなかつた  静も久も家へもうおはいり  静と寝かして置いた  静に囲んでいる  静に言葉をついだ  静もり返っている  静に支えていてくれる  静に娘をさとしている  静としている  静に横たわって居た  静に坐に直り  静なる日や秋の雨ふる  静に出でて  静に辿って行った  静にうごく  静なるはるの日のしらべを  静なりまだうら若き朝の空きらめきわたる  静に三度まで踏み  静に横たわっていた  静に前後を思ふてかしら  静に之を聞く  静にそれを眺めていると  静に用をしながら  静と入れてくれた  静と音の立たぬ  静と聞いていて  静と眺めてさえいれば  静と其の姿態を見  静と黙って  静と思いに耽っていた  静と独りでいても  静としていると  静と内の様子を見ていた  静として置きたいが  静と耐えて  静と堪えながら  静に横たえている  静に二日も眠らしておけば  静な一村から起つた  静に繊維を溜めて  静の極となった  静に牛を追ひながら  静に牛を追いながら  静に跣足のまま庭に下りていった  静になると  静に立っている  静に顔を妻の方へ向けながら  静はおとなしく下を向いた  静はおげんさんの仕事をいっさい引受けた  静は半年ほどたって  静を背負い  静はまた気分が悪いと言い出した  静が死んだとの  静もりに返つた  静に飲み乾して  静に立ち上った  静に開けた  静に部屋へ入って来た  静にしている  静に答えた  静にしておいてくれとか仰  静に眼を開いた  静にさしといてくれ  静にさして置かなければいけませんね  静に仰  静にしています  静に身体を動かした  静に襖をしめて  静に遠ざかっていった  静に首を振った  静に流れ出してるらしかった  静に考え  静に落付いて食べると云う  静に書を読むべきを  静にしておいで  静に聴いて居る  静に歩み寄つた  静で穏かな一日の終りを示していた  静に聞えた  静におまいりをなさいまし  静に土間へ入って  静に土間を出て  静に大跨に  静り返った  静に生活を冥想する  静に銀座の方へ歩き始めた  静な夜の公園を歩いていた  静な夜の空気を震わして  静な部屋で眼をつぶる  静に片足ずつ階段を降りて行った  静にポケットから燐寸を取り出して擦ったが  静に右へ廻すと  静ったのを見計って  静に男の羽織着物を畳んで  静慮以外に心をまどわす  静に過ぎ去って行った  静によりかかった  静に聞き過された  静まつて行つて淋しさが増すばかりだつた  静な心で見上げてゐました  静に扉を開きて  静に一間の中をあちこち歩む  静が動を制したらしい  静に眠っている  静に動き出した  静に眠りて  静に寂しく暮れてゆく  静にシヤツの襟のネクタイを結び  静に友田の顔を見返した  静になつたあたりは絶えず下から上つて来る  静な横町をあちこちと歩き廻つた  静な家はないものかと歩き  静な家を知らないかね  静に割箸を取  静だけど下にはお客様がある  静に瞼を合わせていた  静慮は悟道に入る  静けく  静にはぐくむ  静に無際限に波動し初める  静に懸っている  静に動いたり  静に顔を挙げて  静にその傍に歩み寄って  静に音信れた  静に更け行く  静まつて居ると  静に出て  静の還元的感化と云います  静黙の扉前に立てる  静黙の扉に立つて  静黙の扉前に立つ  静に微笑んだ  静と言ふ  静な兄の顔を眺めた  静に雨も遠かりしが  静に送る  静に蜂の血を啜り始めた  静なるを淑とす  静に自身の権利を護らん  静に話しかけてみた  静な海がどうしてあんなになる  静にその傍へと寄つた  静に外へ出て  静な瞬間にふいとなる  静な朝目を開いた  静にその硝子戸棚の前を去って  静にまた話を続け始めた  静な処へ行こうじゃないか  静に歩き出した  静な家を知っているから  静に下に置いた  静に夜風の肌を撫でる  静にベンチから立上り着物の裾前を合せ  静な風の声は近いところに水の流でもある  静に格子戸を明けると  静に飲み直しましょうよ  静な土手際で電燈の光の明い処でもあったら  静な櫂の音に雑って若い女の声が聞える  静に左右を顧みたり  静に海野に打向ひて  静を保ち  静にお考へあひなり  静と火薬庫の方へ通抜けて  静な温泉町があります  静な感じを受けます  静に前後の事情を通覧すれば  静慮とを要するなり  静だから入らっしゃいよ  静に頷きて  静に雨戸の戸一枚ソトその半ばを引きたまいつ  静に敷居を越えたまいぬ  静に居つ  静にして貰いましょう  静になさいよ  静に坂を下つて来た  静に通りすぎた  静な気分に魅せられて  静こころなく呼吸しつつ  静な水面に鳴いてる  静に自家の玄関へはいった  静なことはあるまいと思う  静に竹箒を動かしながら  静な悦びがしつとりと薄明く溢れてゐた  静に室に入っていると  静臥して居るほど  静に星を眺めていました  静に体から抜け出して  静に星を眺めてゐました  静に日が暮れていった  静に流れ出した  静に立昇っていた  静に照っている  静に十字を切った  静に視線を移した  静に水の上を滑った  静に過ぎ去る  静に神を念じて  静に開いて現われた  静に日光を浴びている  静に朝の装いをすまして  静な夕暮に惑わされた  静に二階から下りて来た  静に保っていらるれば  静にしておいでなさい  静に畳の上を滑って流れていた  静に梯子段を上って来て黙って  静に云った  静に入って来た  静に顔をあげて  静に言つてお呉れよ  静は那方へ行け  静に立ってきて  静に扉が叩かれて  静にドアをあけた  静に夜の雨音を聴く  静けきに  静にぞねむらせた  静もれる  静に室の端へあがった  静としています  静に掛直した  静な空気を顫わして聞えて来た  静に筆をとる  静にしててください  静に入つて来た  静に開封した  静にしてゐてください  静に渡ってゆく  静に睡っている  静がある  静の吉野隠れに入るので  静は捕われて  静を書きつつ  静は妾といえ  静に面罵された  静が七月のときになる  静にしても  静が産んだ  静の身柄一切を預けられた  静も見すててまでの  静が鎌倉で産んだ  静の子は死なず  静にその方へ寄って  静に懐から青い封筒の手紙をだして  静な生命の流動を妨げる  静な寝息を洩らしていた  静に春の木々を映している  静に片隅に蹲って  静な谷間に谺しながら  静に彼の上へ舞い下って来た  静に手を挙げて  静に一枚岩の上を歩き出した  静にこうつけ加えた  静に鳴いている  静に淋しくなった  静に聳える  静にしてしまう  静に煙草の吸殻をはたいて  静にお祈りなさい  

~ 静[名詞]1
間に退いて静に  文鳥は静に  台詞を伸ばして静に  あなたの静け  今宵は静に  やうに静に  奥底までに静に  音が静に  澄子は静に  宿りを求め静に  源吉は静に  跫音を立てず静に  更めて静に  蘆中の静  何か静  気持がふいと静  波をも静に  彼が来て静に  笑が静  私は静に  とりと静  偶然かうした静  森と静  今度は静  判事は静に  気持で静に  遠野は静に  風も静に  山も静  滅多に静として  戸を静に  彼は静に  豊子が静  僕は静に  両君と静に  線路際を静に  沈深にして静  静者をして静  反対して静を  誰かが静に  墓窖よりも静  終りて静に  急に静  勘次が静に  一羽ずつ静に  夜は静  都を離れて静  門は寝静  木も静に  そんなら静に  方から静に  まんま光君は静に  其手を静に  今は静に  微笑しながら静に  前へ静に  上から静に  腰は静に  彼女は静に  胸を押しのけると静に  籠めながら静に  あたりが寝静  前に坐って静に  平太郎は静に  刀を収めて静に  ロマーシは静に  ミスラ君は静に  鯉は静に  寂と静  稍気が静  俊吉は静に  内に静  今日も静に  木の葉が静に  街の静  前の静  煙草のけむりを静に  月を見ながら歩けるほど静で  心を静に  底で静って  顔も静と  どこからか静に  手を曳かれて静に  足音を静に  浪が静に  女が静に  音するは静  浴衣は静に  京成電車の静  横町は静に  何かが静に  間に静に  横って静に  上で静に  矢島さんは静に  まつて静に  札幌は静け  伝蔵は静に  道を説く静  様に静  それは静  竹山は静に  片足を静に  女の童は静に  声が静に  一めんにつけて静に  雨の降る静  彼女は静  おれは静に  私は黙って静  づゝ気が静  一緒に静  静に静に  根を静に  今度は静に  声が静  衆の寝静  住っている静  おだやかで静  湛へながら静に  あたりが静に  三人で静に  ーんと静に  慶子は静に  凡てが静に  中西が静に  辞退もしないで静に  夏は静と  雲は静に  む朝は静け  元の如く静に  激情が静  横を廻って来る静  表現すれば静と  誰ですと静に  幻に静  心は静  上杉軍は静に  前日の如く静に  銀之助は静と  後は静の  銀之助は静の  成程比べて見ると静には  前に静には  経験に依ると静は  のが静で  親指を静の  手を静の  札を出て静に  銀之助は静に  つても静の  話をし静に  婦人に向って静に  とりとして静  侍女たちを寝静  病さえ静に  往来は静  自分だけ静  玄関へあがって静に  横山は静に  それを受けて静に  指先で静に  声は静で  真黒に静に  為を思ひ静に  径を静に  址をば静に  生を静に  刀身が静に  二人は寝静  上あたりを静に  音が静って  昼間でも静  父との静  マリヤは静に  娘も静に  大池は静  扨こそ静の  小町も静も  小町や静  やうに静  ものの静や  堤下の静  燈のちらつくも静  ぎられたる風の静  爾先ッ潜りをするから困る静に  艦長は静に  身を埋めて静に  目配せで静に  急に静に  四辺の静に  苦笑して静に  西大寺の静  道が分らねえから静に  太陽は静に  宵を静に  眼を静に  瞼は静に  朝日を静に  襖を静に  死体は静に  さと静も  軽症者の静  妻は静に  動と静の  すつかり静  硝子戸を静に  次女の静は  汗と静  オブローモフは静に  無気味なほど静に  澄が静に  山の手の静  煙を静に  それが静に  ような静  温泉も静に  動と静との  座敷で静に  身動きをもせずに静  馬までも静に  硝子窓は静に  一番海の静  一番渦巻の静  海の静  例のごとく静に  しんとして静  人間を静に  ままに静も  人々などが静に  身体を動かさないで静に  桐さんも静  ように静に  引籠り静に  間を縫って静に  ももの静  若殿様は静に  元の静  空間を静に  情を受けし静と  銃声は静  山を静に  一文字を結んで静  元来は静  火を移して静に  方から寝静  廓中は寝静って  ように静として  ステッキを静に  これは静  名を静と  障子を静に  ところを静に  春の静  男も静に  何と思ったか静に  夜は静に  街路は静  簪は静  舟一艘通らない静  日は静に  縁に沿うて静に  底に静に  目に見えぬほど静に  わたしは静に  辺りを静に  父が静を  手足を静としては  群集は静に  群が静に  結局訳の分らぬ静に  ものが静  方に静に  筆者は静に  しんとするほど静  寂然として静  小路を静に  日の静  眼をば見開ける静け  孤立の静  それに繋がって静に  庵室の静の  姉は静に  心が静  行徳は静に  今迄の静の  浮子の動く迄の静の  聖女ジェネヴィエーブが静に  鴎外先生は静に  ように静  らで静  つもりで静に  今までの静  日輪が静に  言葉を静に  今夜だけは静に  鍵が静に  急激に静  眼前で静に  腕が静に  男が静に  家族が静に  精神的嘔吐物を静に  音は静  処を静に  行手を静に  むかしの静  威力とを以て静に  足音とは静に  民弥が静に  民弥は静に  ようで静と  父は静に  Whittierは静に  貢さんを起さずに静と  まわりに浸して静に  女神は静に  経過を静に  下に静と  山ずみの静  頭を使わないで静に  感情を静に  夜に静に  琴は静なり  耳を傾けて静に  中で静に  裾から静と  間に静と  私は静と  それを静と  眼をやって静と  のを静と  空に静に  風の静  前者は静に  ひつそりかんと静  四辺が静に  気が静  境内は静  かたと静に  久子さんは静に  信子は静に  終日口を噤んで静に  啓介は静に  気配が静に  下に静に  陳弁を静に  何処からか静に  一時は静  樹島は静に  下でおさえながら静に  村も静  上を静に  勝子が静  警部が静に  手で握って静に  身は静に  下に静  知的認識による静  時間が静に  ものに静に  到達点を静に  球を静  己には静  母は静に  塀とで隠して静に  汽車は静に  動一つは静  森は静に  長閑に静  一トしきり静にな  後から静に  あまり人の歩いてゐない静  やうな静  添つたなり静に  物音は静  意味は静  夢を静に  青眼は静に  紅木大臣は静に  里にて静  門を静に  天地を沈めて静に  ちよいととまつて静  旅僧は静に  これを静の  私は静  個性が静  賢者は静に  其頃風も静に  二人で静に  落着いて静に  婦人は静に  女子は静に  俺は静に  波の静  シーンと静  星の静  それを見ると静に  さんはある静  どこか静  身を摺り寄せながら静に  裾前から静に  処で静に  ボートの静  看護員は静に  而も静に  考察と静  昼間は静  稲は静に  目を眠りて静に  これは静に  火の手が静  銀座となりぬれば静  千鳥が静  かくまで静  何時か静  耳につくほど静  侍は静に  四方が静に  実験者が静  私は仰向きに静  靄が静に  水蒸気が静に  光が静に  空気が静に  舟が静に  音を立てないで静に  襖が静に  丘は静に  孝太郎が静に  時富子が静に  富子が静に  富子は静に  ドミトロフ君が静に  臥て静に  花さくみちの静け  松の静け  キジ猫森閑と静も  上に静  月光に濡れて静  八郎は静に  前に静と  音が静  別居して静に  不思議であると思ひながら静に  水面を静に  中に静に  義経と静の  立場にある静との  近く義経と静の  白拍子の静の  旅館も静け  それを聞くと静に  前には静  大男は静に  鳴り虫が静に  十二時の如く静に  蘿月は静に  電車通へ出ようとする静  うちで静に  

~ 静[名詞]2
幽静  そのまま静  やがて静  おのずから静  やはり静  全く静  どうしても静  実に静  どうか静  次第に静  いと静  恐ろしく静  あまり静  一層静  無い静  すぐ静  極めて静  段々静  一しきり静  なく静  無く静  再び静  余り静  其の静  いとも静  寂しく静  徒に静  いつも静  必ず静  じっと静  少し静  この静  その静  忽ち静  如何にも静  どうぞ静  これから静  軟かく静  遠く静  こういう静  やさしい静  多い静  なるべく静  じりじり静  深く静  しんと静  ない静  こう静  ゆめ静  更に静  すがすがしい静  たちまち静  やや静  清く静  優しい静  ふかく静  依然として静  よく静  小さな静  温い静  まあ静  優しく静  深静  ますます静  

複合名詞
静寧  静嘉堂  静源  静朗さ  一時静  院静  心静  もの静  竹林房静厳法印  静西  大納言僧都静遍  虚静  静安  静まつ  静つた時  静中  静さ  北静廬  静廬  我旧師河東静渓先生  静動二  幸村静  四海波静  静者  静ちや  静ちやん  静徹  弟孫静  孫静  叔父孫静  静日  静居  静中観物化  静和尚  普静普静  普静  静さん  静動  静つて  静歌  一揺静  日夜静臥中  静カナ言葉コレガ  変静  耳静  今井順静  静閑さ  物静  人静月  自ら静  静力学  波静  召二静女一  静申云  危く物静  静代  静臥椅子  静芸術  静閑  静不憫  ぴつたりと静  静ちやんさ  静乎  ッぱって静  皆静力学的  体静  閑談静読  静安寺路  ひとり静  静廼  静廼女  静廼スイートピー蔓  静廼熱  静廼三味  静廼時雨  眺め静  静力学的  射影的静力学的  静一人舞  静ぢ  静メン  南風一掃胡塵静ニ  静一人  四十一年八月静  静ごころ君  南ふく風静  静息  静葉  静蕭  何なに静  下谷区入谷町静蓮寺  境内静地院  一乱一静  妻静  静流  静ちゃん  レ動兵営静  静秋  枯淡虚静  静読静思  静むるのは  静山公  竹窓夜静  稍幽静  静ッ  静坊  安村静  静劇  静山  風静  天晴風静  午静  寧静  村上静文氏  山崎静太郎  腐蝕静  なほ静  流体静力学  昭和二十一年八月静話会出版委員会  ぱりと静  静安さ  喜多十三世能静氏  能静氏  喜多能静氏  能静師  師匠能静氏  恩師能静氏  先師喜多能静氏  亡能静師  能静氏愛婿  国吉静衛  孝女静  静明  静映像  静ツ子  鵜澤憲一様笠神静郎  静邃閑寂  一歩一歩静  数分の間静  三津木静  詩人竹山静雨  静母  影静  音静  静愛  静定  静鎮  志都宮尓忌静米  据ゑられた静臥椅子  まま静  静安寺  静むる  差向ひで静  静動相半ば  静処  静ニ処シテ以テ動  静むる事百  能静山  横静索  静つた和やかさ  静むるため鼠  火モ静マリ  独り静  静嬢  静ちゃんお父さん  静菓  いつか静まつ  たけ静  静葉さん  高久守静  暮色静春  通り静  つて静  街路間静  揃つて静  静中動  液体静力学  みんな静  ひつそり静まつ  三日間静  一羽静  井口静波  松浦静山侯  静視法  精進静  静まり  静海軍  静つたの  上静  湛園静語  伊藤静雨  静雨  斯ンナ静カナ海辺  静肅  静これ  静艶  静葉ねえさん  ひつそり静  死静  兄静  さちよ静  静弁坊  板倉伊賀守勝静  時静  夜久しぶり静  静冷  平穏静着  静淑  整静淑  静涼  おい静  静臥  静虚  静境  ふたり静ひとりしづか  功寺僧曇静  揚州興雲寺僧義静  義静  曇静  其肩近く静  梢静  文治二年静  



前後の言葉をピックアップ
      背か  セアアル  政五郎  せい  咳い  征矢野  


動詞をランダムでピックアップ
涸れもちゃ伝わっ凹ます集うきなさり苦りきふう丸め込む薙ぎ倒すびくつか狩出させせらわらっ勝てん入れあげるやぶる定まろ儲かり買いため乗っかっ
形容詞をランダムでピックアップ
たやすきあらかったまらなかっやさい人なつかしき手堅おそろしき冷たき甘うたのもしい正しくっうさんくさく遽しかっむごい甘し悔しゅう騒がしけれ喧しくっ青白う懐し