「雪が」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 雪が[動詞]
恥辱を雪が  下だけ雪が  はかに雪が  目を雪が  冤罪が雪が  辱を雪が  寒気も強く、ちょうど雪が  冤を雪が  新聞紙上で雪が  それで雪が  会稽の恥を雪が  屈辱を雪が  廊へかかると、雪が  時にか雪が  比良山にも雪が  竹馬に乗つたり、雪が  それも実際雪が  殆んど雪が  下は雪が  恨を雪が  下を見ると皆目雪が  二列になっていて、雪が  汚名を雪が  落ちに雪が  道筋にはすこしも雪が  汚名は雪が  恥は雪が  から渡たれたものの、雪が  



前後の言葉をピックアップ
  雪あかり  雪おろし  雪なだれ  由起  行合  ゆきあい  ゆきあう  雪明り  ゆきあた


動詞をランダムでピックアップ
もうしでふらす湿りだまかさまいこん掬うつりあがっ給び売り払う押し広める決定づけとりはこばあきあきしつぶれ映す焼くよみがえら飛び退く若がえら向かいあわ
形容詞をランダムでピックアップ
トゲトゲし淋しゅうおおうるさかっ面白う難しく熱っぽかっ瑞々しく小憎らし情なく物凄うむず痒いこぶか穢らしく快けれ言うまでもなききつかっ手荒きふとし色濃い