「隔て」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 隔て[動詞]
往来を隔て  植込みを隔て  千里万里を相隔て  籠を隔て  十五年を隔て  十三マイルを隔て  海峡を隔て  三日を隔て  路地を隔て  一町ばかり隔て  唐紙で隔て  日を隔て  夢を隔て  週を隔て  百キロメートルを隔て  百年を隔て  湘江を隔て  顏色慇懃に隔て  障子を隔て  廊下を隔て  卓を隔て  道を隔て  顔を赤らめたが、少しも隠し隔て  土間から障子を隔て  者同様に思って隔て  彼をおし隔て  火鉢を隔て  幕を隔て  それを隔て  カーテンを隔て  泉石を隔て  垣に隔て  間を隔て  中に隔て  茗荷谷を隔て  音羽谷を隔て  庭を隔て  上下の隔て  階下を隔て  五尺の隔て  五尺と隔て  松を隔て  掘割を隔て  畝を隔て  袖垣一つを隔て  窓を隔て  敷居を隔て  世を隔て  塀一重を隔て  海を隔て  袱紗包を隔て  四尺を隔て  長火鉢を隔て  渓流を隔て  十余年を隔て  人に隔て  杉樹立を隔て  水を隔て  時ハドソン河を隔て  大樹を隔て  方二三里を隔て  昔を思ひ隔て  板塀一枚を隔て  大阪格子を隔て  板一重を隔て  襖を隔て  霧を隔て  小径を隔て  水田を隔て  ズボンを隔て  海老取川を隔て  何百里を隔て  三十ヤードとは隔て  数マイルを隔て  影二尺を隔て  遥か間を隔て  一室を隔て  ぺらな硝子戸に隔て  廊下で隔て  一人垣を隔て  世界を隔て  そこからさまで隔て  咫尺を隔て  造花を隔て  雲煙万里を隔て  玉造口を隔て  そこから木立を隔て  ことはできないが、ふと気づくと、さして隔て  障子一重で隔て  錠口を隔て  衝立を隔て  五間余りを隔て  四哩を隔て  大水が隔て  硝子戸を隔て  時刻を隔て  屏風を隔て  割りを隔て  數百年を隔て  川を隔て  四五町を隔て  泉水を隔て  中庭を隔て  通路を隔て  扉を隔て  空溝を隔て  溝に隔て  壁を隔て  八畳を隔て  几帳を隔て  谷中三崎町から谷を隔て  半町も隔て  親密になって、隔て  畳を隔て  畠を隔て  黄蓋などとも駈け隔て  大江を隔て  霧に隔て  アイゼンシュタイン河を隔て  壁に、隔て  十米突ばかりを隔て  格子を隔て  わずかに二三日を隔て  島徳右衛門が押し隔て  野菜畑を隔て  路次を隔て  流れを隔て  八十余里を隔て  敵と隔て  急流を隔て  遠く間を隔て  歳月を隔て  十数哩を隔て  一つ一つ板で隔て  そこから五間ばかり隔て  沢を隔て  谷を隔て  霞を隔て  相互いに隔て  廊下一つを隔て  野を隔て  海と隔て  土間を隔て  氷嚢を隔て  濠を隔て  壕を隔て  往來を隔て  池を隔て  芝生を隔て  小島に隔て  霧一重に隔て  房に隔て  硝子窓を隔て  畳廊下一つを隔て  十畳を隔て  茂みを隔て  竹垣一重を隔て  書院から泉水を隔て  見物に隔て  恰度廊下を隔て  彼これ間を隔て  折から処を隔て  畑を隔て  何となく浮世を隔て  別居生活を隔て  それから數尺を隔て  鳴門海峽を隔て  明石海峽一つを隔て  意気投合して隔て  そこから五十里ばかり隔て  戸を隔て  はる罅隙を隔て  母屋から板廊下を遠く隔て  硝子に隔て  額を押えたが、隔て  距離を隔て  嶺を隔て  入海を隔て  霧は隔て  扉で隔て  ものが隔て  唐紙を隔て  雨の曇りに隔て  三人間を隔て  仕切布で隔て  二十ヱルストを隔て  五十ヱルストを隔て  廣い河原を隔て  のを少し隔て  板一枚を隔て  樹木を隔て  道路を隔て  客を隔て  横町を隔て  町を隔て  物揚場を隔て  多摩川を隔て  数十里を隔て  寸分の隔て  竹垣を隔て  屋根を隔て  もみじを隔て  百里を隔て  幾重もの群集に隔て  堀割を隔て  二三十町ずつを隔て  時日を隔て  四百哩を隔て  千里を隔て  谿間を隔て  一間ほど隔て  塀一つを隔て  遠く二人を隔て  三尺程隔て  中を隔て  二三十歩を隔て  一千年以上を隔て  簾を隔て  一番近く谷を隔て  都百五十年を隔て  卓子を隔て  通りを隔て  溝を隔て  儘深谷を隔て  大西洋を隔て  幽明を隔て  それから一二里と隔て  金屏風で隔て  安曇野を隔て  宇治川を隔て  時間を隔て  一間を隔て  電車通りとを隔て  早崎海峡を隔て  靴を隔て  関に隔て  六年を隔て  雲霧を隔て  軒を隔て  梢を隔て  底へ隔て  大河を隔て  万里を隔て  森を隔て  國道を隔て  沢は、隔て  人垣によって押し隔て  上下に隔て  時折障子を隔て  屏風一重を隔て  五米突ほど隔て  世間を隔て  垣を隔て  間へ隔て  塀を隔て  所を隔て  部屋を隔て  林を隔て  沼を隔て  七間を隔て  百歩を隔て  六里を隔て  深淵によつて隔て  あやめを隔て  植込に隔て  数代を隔て  数千里を隔て  風に隔て  二間ほど隔て  幾間かを隔て  雑木林を隔て  戸一枚を隔て  一つ向うへ隔て  かなり間を隔て  ふすまを隔て  十数町を隔て  災といいましたろう、あのくらい、隔て  二三間を隔て  井戸を隔て  山脈を隔て  宮殿から谷を隔て  幾間か隔て  襖一枚を隔て  径を隔て  世間と隔て  畳二畳半ばかり隔て  二重を隔て  時を隔て  時代を隔て  数町を隔て  座敷を隔て  隅田川を隔て  敵に隔て  磨硝子を隔て  四丁を隔て  田圃を隔て  雪渓一つを隔て  いつか十数町も隔て  間三尺も隔て  廊下に隔て  間二丈を隔て  ひと間を隔て  家来の隔て  国を隔て  卵塔場を隔て  妙に隔て  事聞きたうなりて、果ては隔て  衣ヶ関を隔て  雲を隔て  路を隔て  羽目板を隔て  色を隔て  牢格子を隔て  河を隔て  二十四時を隔て  ような、隔て  無産勤労大衆とを隔て  四十年も隔て  私に隔て  壁で隔て  閾を隔て  月日はさほどに隔て  彼らの隔て  人々に隔て  永劫に隔て  峡谷を隔て  六尺を隔て  十間とは隔て  三窓を隔て  上唇とを隔て  帷で隔て  二人を隔て  幾世紀とで隔て  四五十歩を隔て  住居を隔て  山を隔て  十歩を隔て  仏土を隔て  生を隔て  丘で隔て  それから幾千年かを隔て  一里余を隔て  数百里を隔て  おいらに対しては相当隔て  二人はすでに隔て  部分から山脈で隔て  其れ程までにお隔て  夜をし隔て  屏風で隔て  御簾を隔て  靄に隔て  あやなくも隔て  霧な隔て  五十歩を隔て  門柱を隔て  他に隔て  几帳だけを隔て  八重山吹を隔て  花とを隔て  卓子を相隔て  同情とを隔て  ことを、隔て  横へ、隔て  渓を隔て  堀を隔て  裏通を隔て  流を隔て  ことも隔て  平野を隔て  声はあれど隔て  線に隔て  何かを隔て  尋ばかり隔て  峰を隔て  夜をや隔て  同胞は隔て  室を隔て  芝地から隔て  寝室を隔て  扉一つを隔て  線が隔て  自分たちを分け隔て  玄関を隔て  胸の隔て  關守に隔て  義理に隔て  相模湾を隔て  紙一重を隔て  彼女と隔て  魂とを隔て  われわれを隔て  ギャップによって隔て  草原を隔て  一間ぐらいを隔て  それから十余間を隔て  二十間ばかり隔て  地獄を隔て  一代を隔て  机を隔て  辻を隔て  梓川を隔て  壁一重を隔て  小山一重を隔て  谷一つを隔て  五里を隔て  数里を隔て  心に隔て  自分とを隔て  四フィートばかり隔て  五十メートルを隔て  いま数年を隔て  檜葉垣を隔て  鐵條網に隔て  それから三尺を隔て  霞に隔て  襖一重を隔て  三人は隔て  一間半ほど隔て  一歩を隔て  生垣を隔て  二日を隔て  五間を隔て  炉を隔て  五六町を隔て  一里を隔て  四人が離れたり、かたまったり、隔て  年月を隔て  洋卓を隔て  山川を隔て  三間ばかり隔て  五十歩ばかり隔て  別々に隔て  花を隔て  霎時と押し隔て  二千余里を隔て  二間ばかり隔て  板戸を隔て  太平洋を隔て  数歩を隔て  ガラス窓を隔て  松林を隔て  桑畠を隔て  彼方へ隔て  学生に隔て  仮面を隔て  数年を隔て  田を隔て  二間を隔て  幾輪廓かを隔て  部屋から隔て  時谷を隔て  四千メートルを隔て  一紙を隔て  二十間を隔て  時より、全く隔て  五町を隔て  荒川一条を隔て  丘を隔て  一重だけは隔て  事務卓を隔て  テーブルを隔て  四マイルを隔て  三町と隔て  七キロメートルを隔て  そこから一つ二つ小間を隔て  谷底を隔て  浮世を隔て  例の隔て  場所を隔て  何かで隔て  露次を隔て  溝川を隔て  露路を隔て  一町を隔て  天井板を隔て  峠を隔て  向うへ隔て  広野を隔て  中廊下に隔て  間とを隔て  五丁程を隔て  二寸を隔て  岸を隔て  六間道路を隔て  行幸道路を隔て  街を隔て  ものを隔て  電車道を隔て  今行幸道路を隔て  他人から隔て  葦簾を隔て  一丁を隔て  壁に隔て  靄を隔て  障子一重を隔て  モルガンは隔て  僕を隔て  沙漠を隔て  橋懸で隔て  小山を隔て  裂け目から谷を隔て  地蔵岳鳳凰山を隔て  断崖を隔て  渓谷を隔て  甲斐駒を隔て  南北百余里を隔て  くつぬぎを隔て  空白を隔て  往還を隔て  庭木を隔て  窪地を隔て  間三尺とは隔て  入口を隔て  刈田を隔て  ころ新堀を隔て  電車線路を隔て  ランプを隔て  境界に隔て  八里を隔て  小路を隔て  百数十里を隔て  年代を隔て  植込を隔て  二十年を隔て  台所と隔て  庭樹を隔て  九年を隔て  九百マイルを隔て  何か隔て  雲に隔て  町から田圃を隔て  河原を隔て  平原を隔て  鉄漿溝を隔て  さは、世に隔て  山河を隔て  谷間を隔て  瀬戸内海を隔て  大利根川を隔て  洋を隔て  年を隔て  たまたま谷を隔て  一二間を隔て  小川を隔て  山は隔て  ストーヴを隔て  いま十歩を隔て  此方に隔て  立谷川を隔て  空地を隔て  木槿垣をもて隔て  そこから道を隔て  事もないけれど、隔て  のという分け隔て  爐を隔て  宛然世を隔て  四十里を隔て  三間ほど隔て  物に隔て  仕切に隔て  平田を隔て  四畳を隔て  竹窓を隔て  一人ですから、遠く隔て  入り海を隔て  戯れ言も隔て  数間を隔て  靄でも隔て  露地を隔て  床を隔て  黒塀を隔て  今は互に隔て  十里を隔て  谿河を隔て  これを隔て  小烏瀬川を隔て  民居を隔て  道頓堀川を隔て  思案橋を隔て  双方を結び附けつつ同時に隔て  空気を隔て  遙かに隔て  羽目を隔て  数千哩互を隔て  高原一帯を隔て  ぼんやり霞を隔て  蓮堀を隔て  膜に隔て  吹雪を隔て  わずかに二里を隔て  地勢を隔て  いくつにも隔て  岩に隔て  一間と隔て  五尺位を隔て  数日を隔て  砂原を隔て  海山を隔て  薄紗を隔て  三百数十里を隔て  中間十年ばかりを隔て  土手を隔て  三歩我等を隔て  葦を隔て  岩畳を隔て  道からそれを隔て  中間を隔て  人々定によりてかく隔て  面水氣に隔て  数千哩を隔て  八哩を隔て  雲煙を隔て  障壁を隔て  炎に隔て  霞棚引き隔て  谷は隔て  原を隔て  二つ三つ部屋を隔て  裏通りを隔て  梧桐を隔て  一尺五寸ばかり隔て  一里半隔て  丁ばかり隔て  宇和島から遥に隔て  交通も隔て  処流れを隔て  テエブルを隔て  田畑を隔て  野原を隔て  山々を隔て  和尚を隔て  部下を分け隔て  橋ひとつを隔て  街路を隔て  水田などを隔て  行程を隔て  波濤を隔て  大川を隔て  殆世を隔て  小道を隔て  注意し合ったが、駈け隔て  父と隔て  らばかりを隔て  時とを隔て  樋を隔て  里ほど隔て  視界に遠く隔て  荒川放水路を隔て  鐵瓶を隔て  水たまりを隔て  谷川を隔て  数哩を隔て  鉄芯に隔て  その後時間を隔て  兄を隔て  ・通りを隔て  私達はまた長い隔て  家を隔て  山一脈を隔て  一艇身半を隔て  四尺ばかりを隔て  子とを隔て  硝子一枚を隔て  方へと隔て  姿より隔て  自分より隔て  存在より隔て  丈を隔て  隣国を隔て  

名詞

隔て[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
隔てをおいている  隔ての襖をサラリと引き明けて出て来ましたは  隔てが出来て来て  隔ての関を破って  隔ても思案も度外視した  隔ての取れた  隔てがある  隔てに置いて  隔てにして  隔てがなくなった  隔てが無くなった  隔てのない種々な話をした  隔てをおいて  隔てのある  隔てのない中に礼儀があって  隔ての壁がみんな取り外された  隔てをおかれる  隔てができて  隔てがましく思われている  隔てを置きながら  隔ての磨ガラスを透して射す  隔てを取り去ってしまった  隔てをおかない  隔てのないように教えていても  隔てが出来て  隔てをしました  隔てを作って  隔てをせないできた  隔てはどんな場合にも出来まいのに  隔ての戸のしめられる  隔ての襖をそっと明けると  隔ての襖をあけて  隔ても見せないから  隔ての襖を開けて  隔てを取つて  隔てがあると怒らんしよ  隔て無く其作物を批判し  隔てが取れて来た  隔てを置くべき  隔てにはこだわらずにいるので  隔てが出来ないだろう  隔てが出て来る  隔ての襖を細目にあけた  隔ての襖が二寸ほど開いて  隔ての襖を荒っぽく引きあけて  隔てはこうして毎日のように書いている  隔ての障子が立てられてゐなかつた  隔ての屏風を取払って  隔ての襖を蹴開いて  隔ての襖をガラリ引開け這入って来たは  隔ての襖に触れて  隔ての襖が開いた  隔てがあるから  隔てを取払って  隔ての襖を開いた  隔てのないほどにあまえた  隔ての四つ目垣がことしの夏は妙にさびしいようだと思って気がついて見ると  隔てをおかずに話ができるという  隔ての襖が紗のように透きとおりました  隔てのふす  隔てのない話しぶりに接しました  隔てがあると  隔ての襖を開いて見ると  隔て連れて行った  隔てがあって  隔ての襖が細目に開く  隔ての襖がサラリとあいて  隔ての襖がひとりでにあいて  隔てのない間柄として取扱う  隔ては中垣の建仁寺にゆづりて汲かはす庭井の水の交はりの底きよく深く軒端に咲く  隔てがまし大方は見て知りぬ  隔てもなく愛し給ふなれ  隔ての襖をサラリとあけて  隔てをおかれていた  隔てを意味する  隔ての障子が締め切ってあった  隔てを致しましたろう  隔ての唐紙をがらりと開けた  隔ての襖の傍までくると  隔てを忘れて  隔てがあって逢わずに死なせてしまいましたわ  隔てを覚える  隔てができた  隔てなれども心かよはずは八重がすみ  隔ての襖もあいていないから  隔てを開いて  隔てによって織り出される  隔てのないものの言い  隔ての関のように思われた  隔てに寄り添っていた  隔てのない心を持っているかを思ってみてください  隔てのない進言をお聞きになる  隔てがあった  隔ての垣には唐竹が植えられて  隔てにしてあった  隔てというものもなくなって  隔てになっている  隔てで会話がなさるべくできていた  隔てのない会話の進んでいく  隔てもあなた様に持つ  隔てになっていても  隔てというものは何一つ残さない  隔てに几帳だけを置いて  隔てをお除きくださらない  隔てには立てて  隔てではあるが  隔てになった  隔てで設けてあった  隔てになる  隔てを置かずに  隔てがあったし  隔てのない取り扱いをこの家ではしている  隔てのない相談をする  隔てを見せず吹き通う  隔てがましい  隔ての物を立てて  隔てなどを残しておかない  隔てを置いた  隔てなき心ばかりは通ふとも馴れし  隔てがその中に立てられているという  隔てを取り除こうとする  隔てを持っていないから  隔てで時々あなたへ直接その時その気持ちをお話し申し上げて  隔てというものを見せる  隔てのお襖をスツと開ける  隔てをして愛さないと  隔ての几帳を横へ押しやって  隔ては作ってあったが  隔てのない妻としてはだれよりもお愛しになる  隔てもなく親しみ合った  隔てを仮に几帳などでして  隔てのない友情を持ち合った  隔てをお置きする  隔ての一つ残されている  隔てをお持ちになって  隔てをめされますかの  隔ても置かずに  隔てがとれて  隔ての襖を開いて覗いた  隔てに常日頃意地を持ち  隔てなさを示したりしても  隔てがあってはならない  隔ての葭簀の陰になって  隔てを忘れ  隔て大きく胸を張った  隔てもなき雑談を始められる  隔ての網を張る  隔てが出来た  隔てを破って  隔てが全くとれてしまった  隔ての関を据えて  隔ての生垣には枝折戸などがあったが  隔て無き交りと為れり  隔てを越して  隔ての青いカーテンを寄せると  隔ての襖は初めっから  隔てのない愛敬がその顔にも表れていた  隔ての襖を明けると  隔ての障子があいてるので  隔ての障子を物蔭より詰めやしたりけむ  隔ての戸とをこれにて兼ね  隔ての襖を音も立てずに開けてみた  隔ての煤けた  隔ての障子を開けた  隔てもなくばしきかよはむに  隔ての壁に仕掛けがあって  隔てをやかましくいう  隔てなく話す  

~ 隔て[名詞]1
ほかに隔てを  妙に隔てが  何んな隔ても  上下の隔ても  大なる隔てが  青年を隔てに  障子ばかりを隔てに  自分との隔てが  己との隔てが  二人は隔ての  立し分け隔ては  六尺ばかり隔てを  庸太郎という隔ての  台所の隔ての  今では隔ての  何の隔ても  源三に隔てが  二間の隔てを  位置などに隔てを  些とも分け隔てが  ふだんから分け隔ての  自然に隔てが  無遠慮に隔ての  仲垣の隔てが  政夫さんに隔てを  目金越しでは隔てが  茶の間との隔ての  アミとの隔ての  ミジンの分け隔ても  人も分け隔て  嫁との隔てが  敵かと思ふ隔てが  中との隔てが  二吋とは隔てが  土蔵一側の隔て  ような隔てが  此邸の隔ての  税関の隔て  藩士とかいう隔ても  唐突に隔ての  心覚えの隔ての  足音がして隔ての  賤上下の隔ては  川の隔てが  中庭との隔ての  人には隔てを  主客の隔てが  ような隔ての  事の隔てが  合の隔ての  静かに隔ての  明け開いた隔ての  上下の隔てが  私とは隔ての  間の隔ての  室と隔ての  次の間と隔ての  上框とを隔ての  給ふは隔てが  妹と思せばこそ隔ても  ほどにたがいに隔てを  子供たちから隔てを  言語の隔てを  月日の隔てを  これも隔てが  心の隔てを  此處三十里の隔て  銀様との隔ての  過去の隔てによって  表との隔ての  それだけを隔てに  あなたに隔ての  政治についても隔ての  こちらからも隔てに  小山が隔てに  几帳だけの隔てで  中廊下だけが隔てに  何も隠し隔てが  間に隔てという  几帳を隔てに  病床との隔てに  御簾の隔てを  中の隔てには  御簾で隔てに  襖子だけの隔てで  近所との隔てが  几帳だけを隔てに  右大臣へ隔ての  不意に隔ての  親王の隔てを  ふうな隔てが  ほうとの隔てを  私へ隔てを  これほどの隔てで  あなたは隔てという  娘だけを分け隔てを  中に掛けて隔ては  主従とはいえ隔ての  何も隔てを  私に隔てを  千重子は隔ての  のに分け隔てが  友情に隔てを  高原を隔て  あいだに隔ての  主従の隔てを  障子は隔ての  程の隔て  地物の隔てを  戸外から隔ての  蓋と隔ての  者にも隔てを  心置かず隔ての  殆ど一紙の隔ても  海と隔ても  内部の隔ての  賤の隔てを  常連とは分け隔て  

~ 隔て[名詞]2
何だか隔て  段々隔て  こう隔て  すぐ隔て  何となく隔て  こんな隔て  早速隔て  遠く隔て  大きな隔て  そういう隔て  その隔て  この隔て  ない隔て  そう隔て  突然隔て  気まずい隔て  がたい隔て  あまり隔て  ちょっとした隔て  きびしい隔て  まだ隔て  すっかり隔て  少し隔て  

複合名詞
一本隔て  二三百里隔て  其晩一間隔て  隠し隔て  一隔て  これ位隔て  かけ隔て  河一つ隔て  遠く隔て  すべて隔て  川一つ隔て  谷二つ隔て  何一つ分隔て  上下隔て  一間隔て  すきかげ隔て  立隔て  里隔て  霞隔て  隔て心  づつ隔て  一つ宛隔て  隔て昔  



前後の言葉をピックアップ
隔たれ  隔て  隔てん  隔てよ  へだて  へだてよ  隔てる  へだてる  ヘダ・ガブラー  ヘダ・ガブレル


動詞をランダムでピックアップ
思えれ儲けれつるし穢れひっつくさしかけるおぎなっ踏み外せ躱す堪えよ問合せる吸い取るちぎっ売り出せみかね噛み締めれひねりだす首肯いたれさがる引き降ろす
形容詞をランダムでピックアップ
あおじろく片腹痛悲しくっ愛しつたなきみよくこの上なきよわよわし薄きよそよそしゅう重かっうら若く粗し普きよかれ木深い目映物足りなのぞましから