「陰」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 陰[動詞]
面倒で陰    

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
陰から少し青ざめた  陰から呆んやり出て来ると  陰もあり  陰で糸をひいている  陰でこそこそしているばかりで  陰にかくれて立って聞いていた  陰に立って聞いていた  陰に肯定のある  陰から声が聞こえた  陰でする  陰に喪はれ  陰が盛んになれば  陰では符牒でよんである  陰を宿して  陰に實際的な生活問題まで含まれて  陰へ下りて  陰を出て  陰に婆さんが叮嚀に畳んで置いた  陰にいる  陰なら私は安心して  陰をくぐる  陰にかがんでしまう  陰にその暴漢が待っていた  陰であなたの声を聞いたり  陰になっている  陰に立っていた  陰といよいよ明らかにして  陰に家数二十には足らぬ  陰より走せ出ずるあるのみ  陰からこれを望んで言った  陰にはいりました  陰へでも寝る  陰から走り出て  陰へ身を隠しながら  陰に押しやられ  陰の声の効果が現れ過ぎた  陰とし  陰に当ると  陰からりすが五疋ちょろちょろ出て参りました  陰や家の背後に繃帶をした  陰に何かを感謝している  陰から様子をうかがっていた  陰の者になつて居る  陰を盗み出して  陰に隠れていた  陰を歩いていた  陰に陽に動揺を与える  陰に立って  陰から見守つてやりたくなる  陰には杉の木が一杯に植ゑつけてある  陰を見た  陰では言ふもの  陰ふかい地べたから一票でも多くかき集めようと  陰に子供の幻を描いて  陰にも一人いるよ  陰に雪はポツポツ残っていましたが  陰で冷や汗を流す  陰になる  陰になつたりするんでせう  陰に坐  陰に井戸が在る  陰の港に到着するという  陰にみちた  陰で或人に云った  陰を覗き込んだ  陰から出て来てかの  陰からかの女の女性の顔が覗き出た  陰を額から頬へ流し去って  陰にかくまって  陰から改札のところを見ると  陰をひろげてゐる  陰のさした  陰から秀頼の姿を消した  陰で拳をにぎり  陰になりし  陰ですこしでも此等の話を聞き漏らすまいと  陰から覗いて見たが  陰にかくれました  陰から蜂がぶんととび出して  陰からスルスルと忍び出た  陰が次第に濃くなり  陰へ隠れたが  陰から現われた  陰でこせこせ生意気な悪いたずらをして  陰で実に苦しいやり繰りをして  陰にこもって  陰にこもった  陰から此の容子を見ていた  陰にかくれていて  陰に響いて  陰に引きこもっていると  陰になりながら見えなくなって往く  陰にお立ちになって居られる  陰に身を隠しはしたけれど  陰を帯びて  陰から現れてくるが  陰の噂しますまい  陰を拾い拾い  陰や大きい昼の月のかかつた雑木林の梢を思ひ出したりした  陰へ廻って  陰になつかしいうつり香をただよわせて居る  陰できいて居た  陰には最早すつかり濡れて  陰から僕の隙を鋭くヂイッと窺ひ  陰からソッと首だけ突き延して疑り  陰から進み出たが  陰へ危ふく沈没し  陰の遊動円木に腰をかけて  陰にたたずんで  陰を出た  陰にひそんだ  陰にそっと身を潜めて  陰なる廃村田万里の郷士あがり  陰を往く  陰にナイフの刺さった  陰へ倚った  陰にかくれてたたずんでいた  陰には圧迫した  陰にひそみ  陰を漂わせながら  陰にかくれていましょう  陰にさ  陰へ退却してしまうしか  陰を振り  陰にたたずんでいた  陰に引入れしめ  陰暗がこの場面に次第に募って来た  陰に見た  陰に隠れてはいても  陰に一軒の小家があって  陰の所は薄蒼くさへなつて来てゐた  陰にいて  陰から奔進してくる  陰で抜毛のついた  陰にこもつた  陰から無数の小艇があらわれ  陰で読んでしまった  陰からおどり出て  陰で同役が万年平番士の玄蕃殿と悪口をたたいた  陰に陽に庇い立てでもするどころか  陰聴きをしている  陰をもつてゐるだけで  陰にかくれる  陰に入って踞んで居た  陰に陽に推輓してくれるので  陰に以下の恐ろしい生活が転々と附きまとうて居たので  陰へ伴い  陰へ移るであろう  陰になった  陰は湿地で蛇が多いのでボクサーは蛇をつかまえて売る  陰から洩れた  陰に伏せておき  陰で心配していましたが  陰がうごいた  陰にあらず  陰でわたしは生れた  陰暗と匍いまわっている  陰から立って  陰に身を隠して待ちぶせた  陰にかくれて  陰へ身をひいた  陰に或る不正が存在するとの  陰でもないかと思って  陰に籠ります  陰にしばらくたたずんでいた  陰でお前さんを実に賞めていたので  陰を宿す  陰が宿る  陰は次第に深くなってゆく  陰がいつもより一層深々と宿っている  陰を湛え  陰を宿した  陰が宿った  陰が宿ってきた  陰にある  陰のある  陰にそうしたペトロンを控えている  陰に濡れ  陰に潤んでいた  陰にいた  陰に大きく潤い輝いていた  陰で鍋の肉を小皿に取りわけ  陰から見ると  陰を出ないまえから  陰干の渋柿のような色になった  陰から出て  陰では先生のためになかなか尽力しています  陰へはいりましょう  陰から現われたが  陰で止まったが  陰にも陽にも隠す  陰に冷笑して  陰醜なるは  陰へかくれ  陰を辿って歩いて行った  陰へ隠れた  陰の方へあやめは走った  陰に佇んで  陰のものだから陽のものを一つとり合わせて見よう  陰だが死ぬと変りますね  陰の形をする  陰で悪く云うけれども  陰に陽に当面している  陰に入って  陰から上半身を出して  陰に前妻の姿をちらと見た  陰に大鎌は閃きて  陰いまだ相見ぬ  陰を酔っ払ってよろめきまわり  陰に居てした  陰に籠って聞えました  陰にこもってくる  陰になって  陰のない笑顔をむけると  陰の力が働いていた  陰に隠れてしまったが  陰が翳した  陰から房毛をのぞかせて  陰では心配しているらしかったが  陰にかくれて見えないのに  陰にかくれ  陰へ追い込んでしまった  陰あるところ必ず太陽のある  陰に止まって眠っており  陰で画ばかり描いている  陰に入江を見つけて  陰に立っている  陰にその情の深いのに感じた  陰に人をやって  陰では色々の手数を掛けても  陰の感じられない  陰に籠った  陰から顔だけ出して  陰をまといながら  陰からそっと女の方を覗いた  陰に小間使のような十七八の島田に結うた  陰になり  陰の一面が見える  陰で白い花に水を灌いでゐた  陰になつて暗い紫灰銀色の空気に沈んでゐる  陰をしずかに歩いてこなたに近づいて来た  陰でその体はよく見えないが  陰に腕組みをしながら  陰微の犯罪も私にはアリアリと映じる  陰では鶴子の悪口ばっかりいってる  陰殺の気に道端の草どもも恐れおののいて薙ぎ伏す  陰から顔を出した  陰を六七人ずつ一団になった  陰になつて寝てゐる  陰にこもって聞こえてくる  陰に隠れた  陰に伏せて  陰からのそのそと出て来ました  陰には我を談理の低級に蹴落したる  陰で糸を牽かれて起った  陰に歌を詠じ  陰に泊っている  陰暗な夜の物影がしずかにはいずっていた  陰に隠れて泣いている  陰を脱けて  陰で主人の方はぐつすり眠つてゐる  陰に屈み込む  陰に隠れる  陰になって出かけた  陰でなく面と向って  陰に腹這いになりながら  陰に木の葉を敷いて寝ましたが  陰にしめつたど  陰となって向い合った  陰にさまざまの小き蕾も見ゆるかな  陰に顔を引っこめて仕舞う  陰に汽車が停  陰になつた自分の小部屋にはいって  陰にたたずみながら  陰にすさまじいdesireの火が激しく燃えている  陰の中にうようよとうごめく  陰つたり照つたりして  陰の方から静かにあらはれてくる  陰を弾ね返すほど  陰でビカビカ輝らせて  陰からにらんだ  陰で休んでいたが  陰に腰掛けて  陰の水際に一人の丸く肥ッた少年が釣りを垂れて  陰であるいはまともにばかにされるか  陰からまたしても  陰に羨まれる  陰になって見えなかった  陰に隠れて  陰ではいざ知らず  陰で親の名誉に関わる  陰へ飛出して行った  陰で腰を振って  陰へ小さく隠れて  陰に隠れようともせず  陰にまわった  陰から戸外をすかして見て  陰で手回りの荷物を取り出して  陰と陽とがあった  陰から顔を出し  陰を為す  陰には一疋や二疋いない  陰に跼んでいる  陰暗たる方三尺の監房にも心雲悠々たる閑天地を発見するに  陰には浮いているから  陰で批評の口に上る  陰で評していたが  陰で一面に裹まれていた  陰ではしきりにロベエル・コンシャアルの棚おろしをした  陰に始終恩人の姿に注げり  陰に母の心持を感じた  陰にこもって待ちかまえている  陰からマッチを擦って出した  陰に隠されていた  陰に隠す  陰へあかい鳥の巣や雲を焚く  陰との深みへ下りる  陰と雪の嶽から三十度の傾斜をもつてひろがりうすら  陰の文字をかくよ  陰ふかいすずやかな部屋に灯がともり  陰に泣きくれている  陰から老人の頭が見えて  陰へとお急ぎになる  陰などでよく鳴くので  陰の臺所ではおちかが  陰に感じたとしても  陰に身をひそめて  陰に店を出している  陰に潜んでいる  陰が至る  陰にかわいらしい赤いおうちが見えて  陰に人間の為めに生活した  陰に北風を避け  陰へ隠れて見えなくなった  陰へ蹲んで覗いていた  陰に見えがくれしたりしてゐる  陰では鍔の垂れた  陰の部分には怜悧さが宿っていた  陰微な瞑想と言った  陰微な暗躍があった  陰に陽に我が子の亀千代を保護した  陰に助力した  陰に顔たくひすむ  陰からほほえみ掛ける  陰と日向が出来  陰が往来を横ぎって消えた  陰然たる一大敵国を成すに到つた  陰から前へ出て来た  陰にひそんでいた  陰を探して隠れよう隠れようとしていたの  陰然相似たる所あるが如し  陰にかくれていた  陰から這ってゆく  陰から出て行った  陰を離れ  陰にひそと澄んでいた  陰があるから  陰でいう  陰から姿をなかば見せて  陰から躍って来て  陰からとび出して来た  陰は暗くあまねくこのすすけた  陰に休んでいました  陰暗だのがさつな藪にかこまれながら  陰から物の陰を伝い  陰にこれを忌む  陰が抱いてる  陰に隠されつつ  陰もなく瘠せ衰えて  陰に隠れたり  陰で聞き耳を立てていた  陰に身をちぢめて  陰で泣いていらした  陰の月ささぬ  陰へ来て  陰に入った  陰に陽に感化を与  陰に怯えながら瞬いている  陰にチラチラと灯を覗かせていたが  陰へ来た  陰に何か光っている  陰になって見えない  陰に事を謀る  陰に集合していた  陰を敷き  陰などに遊んでいる  陰に見えるではないか  陰然たる勢力をすでに感じた  陰を漂はせ  陰に柱へ凭れか  陰に貉が一匹唄を歌いながら  陰に響けば  陰に籠るかと聞きなされて  陰へ遠退いた  陰に消えた  陰に欠点をかくし見っとも  陰見させている  陰から肩を聳やかして  陰で向うを向いて  陰にはなるが  陰に痣蟹がいる  陰から匍いだした  陰で恋人の少女と楽しく語っていた  陰にひきずりこんだ  陰に潜んでいた  陰で会っていた  陰でお話をしていた  陰へいってみると  陰に姿を隠してしまった  陰へ隠れている  陰から顔をあげた  陰にカゴをおいて  陰から現れた  陰に陽にあらそいながら  陰に小さくかくれていた  陰にメクラの母がいた  陰に身を隠すぐらい  陰から思い思いに往復していた  陰に誰かが指図していたとすれば  陰で悪口の云い合い  陰へ射つて  陰を歩いた  陰に置き  陰に陽に一人なりとも主に導きたく存じます  陰とて立ちよれば  陰にあるばかりで  陰に近付いた  陰深な鳥の声を聞いて  陰の骨折りは廃す  陰で高時をうごかしていた  陰で赤い舌を出してよろこんでいやがる  陰でキラキラ光って  陰から楽師が首をのぞかせる  陰の例のベンチのそばへ行って  陰にどっと打ち倒れた  陰が深まってきました  陰に舟を止めて休みました  陰には槍ナギナタの十数名が隠れていて  陰のところに隠れては  陰から出て斬るとか  陰に千早の孤塁をたすけ  陰のものだから陽のものを一つとり合わせて見ようてんで  陰の形する  陰から白い浴衣を着た  陰の暗闇に吸い込まれて行った  陰からあらわれた  陰では亭主が女房を操っている  陰と日向の境を蟻がうろうろして  陰に柴刈りの女が一人休んでいた  陰をこしらえていた  陰を祓ひ捨て  陰にこもつて差向けられてきたので  陰とかにかくして置いて  陰深にして  陰にハイカラの女が細い流行の小傘をたずさえて立っていた  陰の道を若い男と女とは笑いさざめいて帰った  陰にはまるでこれと正反対の心がかくれていた  陰に笹やら楢やらが茂って  陰に腰をかけて  陰からは枯草を燃やす  陰に雪子がいる  陰からやさしい唄がかすかに聞こえる  陰をつくって  陰の縁台を借りてあおむけに寝た  陰深の気が充ちわたって  陰に取り込められ  陰に住んでいたからである  陰では散々当局者を罵っていたが  陰では氏の病状を気遣うけれども  陰では異説を唱える  陰ではやはり怠けている  陰を曳き始める  陰を潜めている  陰をつくり  陰になって走ったりして  陰へ行き  陰にぴたりくつついて  陰に坐らせた  陰だと云ふ  陰つたりはんぶん溶けたり澱んだり  陰に坐つた  陰の空間にまっすぐに立ってゐられますか  陰を縫うて  陰に集まって  陰に腕を組みながら  陰にありありと羞恥の色を見せながら  陰に瀬戸火鉢を抱へた女の姿が現れた  陰でそれを支える  陰をくっきりつけ  陰に反抗するという  陰へ身を隠し  陰が淡く見えた  陰に横になっておりましたが  陰から女があらわれました  陰に隠れましたが  陰でひそひそと話しておりました  陰に霧がすっと靉いていた  陰のくぼんだ  陰つたやうな薄暗い町の影を作つてゐた  陰つたやうな行燈の灯は瞬きもせずに  陰が絆はつて離れなかつた  陰に功利を貪る  陰に籠って  陰干にして  陰に復り討に逢わした  陰にこもつて居りますな  陰が心にさす  陰から笑顏でいふ  陰に沈めて  陰にかくれて見えない  陰の中よりしずかにうたう  陰の方を見る  陰に嗚呼顔をだす  陰に行われている  陰に隱れてゐた  陰に隠れていますと  陰から入って来た  陰に爆弾を懐にする  陰暗の地域を過ぎる  陰から台所へまわった  陰から透通る  陰なる朱葉の色も浸  陰を濃くして  陰で悪い事をしている  陰ではこっそり綽名で呼んでいる  陰となり  陰に身を寄せて  陰の暗い路などを還る  陰に居住する  陰に隠されてしまった  陰で盛んにその先生を非難し  陰の中に埋っていた  陰から下を覗くと  陰に埋もれた  陰になって居て分らぬ  陰で待っていた  陰に全身を包まれ  陰をひそませている  陰深のものになりました  陰に陽に手を尽して探った  陰で不平を云ったり  陰は暗くもなろう  陰のあらわれすなわち婦女という義になるから  陰に聞こえる  陰に罩った  陰でほめているの  陰暗な空間に埋もれた  陰では彼を嘲った  陰にはいって  陰にはいっている  陰へ腰をおろして  陰とをくつきり照しわける  陰深な気分がしないし  陰をこしらえている  陰では女の子や小さな子供たちを邪魔してみる  陰では非常に憎まれていた  陰になっていた  陰にかくれている  陰に移りとまっては  陰から馬の首が出て  陰に白い団扇を手にして坐っていた  陰と日表にわかたれてしまっていた  陰の出来るまで寝かして置きまして  陰で聞いて  陰にこもってまいりました  陰にこもる  陰にわしと同じやうに歩いてゐる  陰で付き添いのお腰元が蒔絵硯を介添え申し上げると  陰から首を出しなよ  陰へ回りながら  陰にこもった鳴り  陰にこもっていいました  陰に悲しく明滅する  陰で立ち聞きした  陰で聞いていたら  陰に寄せながら  陰から祈り殺すより  陰にこもって赤らんでおりますね  陰に身を引くと  陰から姿を見せると  陰にからまりながら鳴りだした  陰からぬっとのぞいた  陰の怪しの町人目ざしつつ逃げ走っていく  陰から飛びだした  陰に消えてしまった  陰でたえず眼を瞬き  陰で自分の悪口を言ってる  陰があった  陰でさびしく笑顔を送り合いました  陰へかくれましたよ  陰からちらりと容易ならぬ  陰に押しかくそうとした  陰にし  陰に陽に蔽うてゐたのであらう  陰に女が転がる  陰をつけませんでした  陰に呑まれて見えなくなった  陰には熊の剛毛をさえも引き裂くべき  陰に目くばせをする  陰の人物がおるわ  陰に家がありました  陰に隣のばあさんと話してゐた  陰が濃くなって  陰へ落ちて  陰に入るより  陰に立寄ると  陰にしいたげられて  陰に韜晦する  陰から頬被のぬっと出ようという  陰にしひたげられて  陰に隠れてしまった  陰で止っていた  陰から覗く  陰が籠って  陰の方へ歩きだした  陰を見附けた  陰やに黄ろい  陰に一人物も食べないとみえて  陰にみえると  陰との興味つきない錯綜を思いおこさせる  陰に潜む  陰に身をかくし  陰暗な時期において彼に現われた  陰にこもって轟いた  陰では皆な苦慮致し居りまするものの  陰で却て露の命を継ぐ  陰に在るなり  陰をもって  陰暗な山のように思われてきた  陰に埋めて  陰でこのような密謀が動いている  陰にかくれて待ちかまえて居る  陰の力となって  陰なる大敗将の沈黙を思うよ  陰に刀を構え  陰に一人の武士が仆れてい  陰へ身をかくし  陰暗な深い無数の感情を表現する  陰でばかり悪口をついておる  陰では政府をそしる  陰にかくれた  陰に置こうとした  陰で台詞を云ふといふ  陰から木曾川の光って見える  陰を落としている  陰に陽に聞こえて来る  陰に白いものが立ってる  陰にして  陰をなして  陰と日向とのように泰さんの饒舌って行く  陰で沈んでいた  陰で多くの煩悶をせねばならぬ  陰にあって  陰がさした  陰のことは知らずに  陰で勤め  陰のほうの座敷へ拾った  陰へ隠して  陰と聞いて居たので  陰に偏つて流る  陰の路へと進んで来るので  陰に抛棄させた  陰に撤去し  陰にこもってやりきれねえ  陰へ走り込み  陰に箇人主義の真心は歎いて居る  陰の方から密かに耳を傾けた  陰に匿されている  陰たる色が漂うております  陰に陽にそのことに力を入れて来た  陰に添うて  陰へひ  陰の方へ入りました  陰にも瞳を見出す  陰つくる程枝しげり  陰くらく脈うつ影法師は永遠の嘆きをさまよひあるく  陰に消えてし  陰は見えなかった  陰の男にこだわり  陰に隱れる  陰に見えた  陰から馬に牽かせた  陰がふと私の頭の中を掠めて  陰で囀っていた  陰で先生がしっかり抑えているらしく  陰を露わせる  陰の方へ惹かれて  陰を撞いて  陰より御船を引き越して  陰から覗いた  陰に陽に益々抑制されて来た  陰で心配していらっしゃいますよ  陰に掩はれて  陰に廻りて  陰にしょんぼり坐っている  陰に身を潜めて  陰に蹲り  陰から口々に叫んで  陰に隠れ  陰で合爾合姫はひそかに驚く  陰であれよし星空の下であれ許された  陰にそれらしい物を見掛けると  陰に隠れてし  陰へ入れてしまひ  陰が湧いてゐて  陰を落すで  陰を落してゐた  陰にこもって参って  陰では悪口をいうものの  陰よき芭蕉扇なす  陰をまぬかれる  陰から陰を縫って  陰から現われ出た  陰に身を隠しました  陰の方にかくれて  陰でこそこそ相談し合ってる  陰でこそこそやりながら  陰では公方のお噂もする  陰にさける見て  陰然たる勢力を持っている  陰をつく  陰に悩まされた  陰に消していく  陰に身を引いたが  陰に隠れて顕れなくなり  陰で不平を並べているばかりだった  陰ではこう呼んでいた  陰で苦しい思いや不都合や云いたくても云え  陰もてこの屋をおおい  陰に隠るるを待つ  陰を落した  陰ではちゃんと道を実行している  陰に突っ立った  陰からジッとこちらを見る  陰でひっそりと朽ちて行く  陰から見つめられ  陰から嘱目している  陰のひとをあわれと思うにつけ  陰に坐っていた  陰へ退却して  陰に見える  陰でなあにと恍けて見せる  陰や竈の火の見える  陰になって落ちて居た  陰に呼んで  陰に横付けになって  陰に餉した  陰で小細工をした  陰にはこの作者の芸術を最もよく理解する  陰がちと憂慮われる  陰から幸子が夫の手に抱かれて出て  陰では誰の悪口でも言うし  陰で悪魔と住んでゐる  陰を仰いだ  陰にいたので  陰の働きがあったればこそと  陰にぞありける鶯の鳴く  陰を多く重ね  陰を作った  陰に陽に庇護せられし  陰もありません  陰で笑はれてゐる  陰に陽に気をつけている  陰で色仕掛けで悪いことをしている  陰を作って居る  陰に草紙を読んでいる  陰に強靱なるものを胎んでいる  陰から声だけを掛けて  陰へ膝をついてゐた  陰があるとか  陰でののしっていた  陰になかばかくれた  陰の初の西とその極の北とを二十八宿の星座に據らしめしものと見  陰で悪く言うものの  陰の方は蒼い底が黒ずんで見えた  陰と陽に引ッ繰り返ってる  陰に陽にその胸の悶を訴えて  陰に彼等を眺め  陰に草を折り敷いて  陰に入つて高い処の草に隠れた  陰に身を忍ばせて  陰を通る  陰の様に見え透かされて居る  陰によりて  陰に内の話を立ち聞く  陰に身を側めて  陰の机に頬杖つきて  陰に立つ  陰の暗きに消えぬ  陰で泣いて  陰し処に近くからげる  陰に没してゐる  陰と陽を区別し  陰の肱掛椅子に腰を下した  陰の深い秘密の匂ひがするので  陰では男と別れる  陰も落ちてゐたが  陰でしてゐる  陰に隠されてあるべき  陰には男達が出入して働いて居た  陰で私達は車から下りたかと思ひます  陰と陽とがあって  陰へゆきましたら  陰にかくれてくれた  陰にきえた  陰にかくして  陰から出て来た  陰に常に隠見する  陰と無性な怠惰な精神を表わしている  陰には常に黒いマスクのひそんでいる  陰の後援を自然にやってくれて  陰を投げて  陰をなしている  陰深いさ枝を動かす  陰にこもっている  陰に箒など立てられてゐる  陰にこそ咲きまさりけれ  陰へかくれて  陰を画いた  陰が揺れた  陰に帚など立てられてゐる  陰を忍びにかよう  陰にうずくまりぬ  陰より現われしは  陰がさして来る  陰をなげた  陰には浮き上っている  陰の部分には封建性が濃くのこっていた  陰をみつめている  陰に持っている  陰から絵を覗かせ  陰で云ってる  陰に陽に主張してゐる  陰でこそこそしないで  陰の劉生がある  陰から陽に出たとも思わなかった  陰で相当力を与えていたかも知れません  陰に悩まねばならぬであろう  陰の多い襞を作る  陰や庭の隅に集まって  陰にぴったり貼り付いて  陰やらを気ぜわしく鳴きながら歩き廻った  陰にかくれて見ていました  陰でながめていた  陰の谷川に降りて  陰から飛び出した  陰になつて居た  陰で聞いていた  陰にまわって見た  陰に呼んでは  陰で聞きながら  陰にねころんだ  陰にこもつて  陰深たる木立の奥をすかして見た  陰は夜にして  陰と言い  陰なれば春を陽と言い  陰なりなど言う  陰なりと言うも  陰でどんなことがあったか分った  陰でいろいろ噂に上ったりして  陰へ入って  陰で暗くなった  陰を縫って  陰から陰へと夜歩きをする  陰に隠れていて  陰深たる寂寞を破って  陰にかくれ得る  陰をとおると  陰ではいつまでたっても  陰に腰をおろした  陰に茶店があったが  陰がかすかなる陸影の裾に現はれた  陰でなめさせられた  陰は暗く寒い地理を持ちます  陰微な愛として安死術がある  陰に煙の立ち上るを  陰の陰の秘密のほうに心が惹かれてゆく  陰から三段の鉄砲で順次に間隙なく射ちだす  陰に数段の砲列をしいて  陰からぷうんと女の匂いがした  陰にその爪牙を磨き  陰に潜み込む  陰や村の家の陰なんかに隠れて  陰に陽に大切なあっこおば  陰に埋れた  陰で女流詩人がにっと笑っている  陰になつてゐる  陰には勿論藤原百川らがあった  陰に清麻呂を扶持しつつも  陰を顕して  陰にこもった呟く  陰を投ぐるをみよ  陰と線とをあらはせるは  陰を失ふ  陰なき時あり  陰に寝ころばっておった  陰に隱れて  陰干にした  陰に家あり  陰に赭き  陰の誰かが存在する  陰で何かいわれる  陰にはさかんな雷が居  陰をついて死んでしまいました  陰に隱れて立つており  陰に垂らしましたので  陰に世を治めつ  陰に蔽はれて見し  陰傾きてはや殆んど水平をなすに  陰を殆んど水平に西に投ず  陰に陽にハインリヒの敵となれる  陰に行きたいと思った  陰に陽にさまざまの方便を用いて  陰を好む  陰にした  陰に秦にならつて  陰に墨染して  陰でこそかれこれ茶かした  陰から男が一人出て来た  陰に陽に周を庇護し  陰に顔をかくして小声で言う  陰で背中を丸くしてほど  陰にはお花を力にしている  陰凄な夜の空があり  陰にゐると  陰には拆雷居り  陰に宿っていた  陰で私を待っていた  陰然政界を牛耳っている  陰を招かざる  陰の多い部屋に静座して居る  陰でも決して申しません  陰でもって  陰に駐まっている  陰の防空壕にひそんで  陰に無事に退避している  陰に引っ込んでる  陰や崩れた  陰となり流れとな  陰にくもりて  陰で偵察させた  陰にあった  陰に姿を消してしまった  陰になったり  陰に隠れていたらしい  陰に立つと  陰から群衆の顔を眺めました  陰から飛び出して来て  陰へ行って  陰で見張りをしてゐた  陰より機に臨み  陰でブツクサ云ってる  陰では噂をする  

~ 陰[名詞]1
岩の陰から  障子の陰から  バラツクの陰に  チョッピリ叔母さんが陰で  襖の陰に  否定の陰に  とき電柱の陰から  親切を陰で  陽気盛んにして陰に  陽が衰えて陰が  病的とも言える陰を  對局の陰に  岩の陰を  人の陰に  ジャズバンドの陰  庭木の陰を  岩の陰に  松の陰に  鉢植えの陰に  街路樹の陰に  光と陰と  樹林の陰より  林の陰から  飛行機の陰に  大岩の陰へでも  丘の陰から  灌木の陰へ  西北を陰と  夏は陰に  にわとこの陰から  物の陰や  晨は陰の  土塀の陰を  木の陰に  竹群の陰を  出版史に陰に  山の陰には  封建の陰  花びらの陰に  藪の陰にも  樹の陰に  学者は陰で  方は陰に  生垣の陰に  四邊が陰  凡ゆる陰が  女の陰で  ネオンの陰を  建物の陰から  母性の陰から  自分の陰に  母の陰では  人の陰から  憎悪の陰から  扉の陰に  建物の陰で  鐘楼の陰の  氷山の陰に  母親の陰で  椰子樹の陰から  水がめの陰に  桜の陰から  庭木の陰が  庭木の陰へ  花木の陰が  柳の陰から  家の陰やら  灌木の陰から  働きの陰  私は陰で  精気が陰に  ような陰に  祠の陰から  吉川は陰で  幕の陰に  山の陰から  藪の陰や  几帳の陰に  几帳の陰で  プラタナの陰には  股の陰から  塀の陰から  振り乍ら塀の陰から  教卓の陰へ  木の陰の  寺門の陰に  疎林の陰を  丘の陰に  山伏山の陰  ア商売往来の陰を  塊まりの陰に  幕の陰の  壁の陰へ  大樹の陰に  尊崇して陰には  車の陰に  眉の陰のみは  屏風の陰に  御簾の陰に  前線すべて山麓の陰へ  帳の陰を  衝立の陰に  帳幕の陰に  笑みの陰に  樹木の陰に  森の陰の  万物枯れて陰  矢倉の陰や  被衣の陰でも  城門の陰から  袖屏風の陰で  蘆荻の陰から  楊懐は陰で  幕の陰から  慈母は陰に  中の間の陰  黝い陰を  トンビの陰に  鄭宰相が陰に  経歴の陰に  偏殿の陰へ  山林の陰へ  笠の陰に  木の陰は  げの陰から  油幕の陰に  ことかと陰で  焦躁の陰が  霧が陰  アパートの陰に  待合の陰に  戸口の陰へ  大木の陰も  木の陰でも  水の陰に  娘をと陰で  ひのきの陰の  中の陰は  批判の陰に  髪の陰に  睫毛の陰に  木立の陰の  衝立の陰で  扉の陰を  家の陰から  木の陰へ  木立の陰から  襖の陰で  花柳談の陰  藪の陰から  大藪の陰へ  物の陰を  木立の陰へ  建物の陰の  雨戸の陰へ  藪の陰に  啣へて陰に  幽霊は陰の  女が陰  樹木の陰や  商売仇は陰で  民主主義そのものが陰に  床柱の陰に  襖の陰から  柱の陰に  衣の陰に  ドアの陰  サインの陰を  人声が陰に  花の陰に  ほうへ陰の  秋川の陰の  サロンの陰に  雑木の陰に  帽子飾の陰から  木の陰や  さそうにしているので陰では  築山の陰の  いやな陰が  使い手が陰に  幕張りの陰に  自然物の陰へ  立体的にして陰  木の葉の陰に  帳場の陰で  すべてが陰の  大木の陰に  月の陰に  微塵も陰の  嫉妬は陰に  土蔵の陰から  幹の立ち並んだ陰から  障子の陰に  何処までも隠して陰に  日を受けない陰の  カンテラの陰で  月の陰にな  小藪の陰を  草藪の陰で  電柱の陰に  あなた方には見えぬ陰  君は陰では  体の陰にな  鐘が陰に  土の陰に  上杉に陰で  柳の陰に  垣根の陰へ  天日の陰と  鼻の陰に  私の陰に  杜松の陰を  寡婦は陰に  築地垣の陰に  奴は陰  小山の陰に  屏風の陰から  軒端に陰に  使い方には陰と  ぐまれて葉ゆらぐ陰に  #家の陰などは  母親の陰に  煉瓦壁の陰に  蔵の陰に  戸の陰に  ゆすりの陰に  何か陰の  日が陰  凌霄花の陰の  杜の陰から  杜の陰で  川柳の陰に  冷ややかな陰の  顔は陰に  鉢の陰に  三千代の陰に  金屏風の陰へ  屏風の陰で  椅子の陰へ  岩の陰も  雨傘の陰に  カーテンの陰から  障子の陰で  器物にまで陰と  中にも陰と  病魔の陰から  欝として陰を  酒樽の陰に  天麩羅だろうといって陰で  ぼんやりした陰で  枝の陰に  油絵の陰に  眼は陰に  店からは陰に  葉の陰に  山の陰の  のを陰に  鉢の陰から  論理の陰に  ソッと陰に  音のする陰へ  影と陰との  沒りの陰と  光と陰の  林中の陰  幕の陰へと  便器の陰などで  障子の陰の  言葉の陰に  砂丘の陰に  樹木の陰は  毛皮の陰に  石碑の陰へ  五輪塔の陰へ  壁の陰に  電柱の陰では  静かな陰の  山の陰は  ような陰  犯人の陰  老女浅岡が陰に  木瓜の陰に  落ち葉の陰から  境にして陰と  馬の陰から  埋立地の陰に  今まで陰に  何かの陰を  キット何かの陰に  崖の陰に  葭簀の陰から  杉林の陰を  紫色の陰が  幹の陰から  そこの陰から  寝台の陰から  ろの陰  物の陰から  岬の陰で  山の陰が  青葉の陰に  山の陰に  #木の陰は  さっき障子の陰で  亭主の陰に  雑木林の陰に  電柱の陰で  山門の陰の  湯沸し場の陰へ  涼傘の陰に  濤の陰に  吹き溜りの陰に  ように積上げられてある陰へ  洗面台の陰に  洗面所は陰に  恰度引幕の陰に  籠絡して陰に  青葉の陰の  ベカ島の陰に  緑の陰を  桜の陰などに  物語の陰に  ルナアルの陰  仄かな陰を  老女の陰に  磯山の陰に  西郊と申して陰の  人を食おうと思って陰に  ここばかりは陰に  土手の陰へ  土手の陰に  樹蔭に陰  群衆の陰から  木の陰で  柱の陰には  塊の陰に  卓子の陰から  はじめ五月躑躅の陰で  教壇の陰に  五月躑躅の陰で  五月躑躅の陰へ  カーテンの陰には  塔の陰に  函の陰へ  机の陰から  戸口の陰に  階段の陰から  その後も陰に  死神の陰の  ちょッとばかりの陰に  評判の陰に  カーテンの陰に  計算で陰で  山の陰へ  歴史の陰を  林の陰に  むたのむ陰とて  一株塀の陰に  方針であるといってつっぱねさせた陰の  私が困っていると陰から  上より降り落つる陰  従来の陰の  雲の陰の  冠の陰で  首の陰から  ニワトコの陰の  赤星の陰に  衝立岩の陰に  険のある陰が  橋ぐいの陰に  フスマの陰には  築地の陰の  築地の陰から  辞儀に陰の  杉の陰から  小島の陰の  小島の陰から  茂みの陰に  情熱が陰に  土手の陰とかに  又木の陰の  人物の陰  森の陰に  新緑の陰に  竹藪の陰の  ガサガサする陰の  言葉の陰には  森の陰からは  竹藪の陰から  栃の木が陰を  室には陰  非常に憤怨して陰では  京子の陰へ  電車の陰に  風のあたらぬ陰へ  バルタザアルの陰に  ミリタは陰  なつたり陰  岡の陰に  街燈の陰に  瞼の陰に  緑樹の陰に  間が陰に  袖の陰が  行為の陰で  紫薔薇色の陰を  もろもろの陰は  屈服して陰に  菩提樹の陰へ  物の陰が  几帳の陰から  几帳の陰の  木立の陰に  眉毛の陰の  これを陰  陽に負けて陰に  熱が陰に  不吉な陰が  母の陰から  酔を陰に  物かの陰に  海は陰の  声の来る陰の  ひそかにいわれ陰に  腕の陰に  川向うは陰  俵の陰に  草叢の陰を  物の陰は  樹の陰から  幔幕の陰に  がけの陰に  ひとほど陰で  垣根の陰に  林の陰の  破壊の陰に  眼界展開の陰に  問題にして陰で  行路樹の陰を  葉柳の陰に  縄暖簾の陰に  楊柳の陰で  楊柳の陰から  中を覗いて見たが陰  内外を合わせて陰に  声さえ陰に  漁船は陰に  雲の陰に  うちでは陰で  四脚門の陰には  ひとり塔の陰には  岩の陰へ  ひなたと陰とを  月の陰を  自分でも陰では  みなに恐れられながらも陰では  サロンデッキとの陰に  すすきの陰に  土手の陰や  柳の陰の  店棚の陰に  うちは陰に  底で陰に  ぼんぼんと陰に  ニャゴニャゴと陰に  川風にゆらめく陰で  ついたての陰から  土蔵の陰へ  じいじいと陰に  がきの陰から  そでがきの陰で  なにも陰に  社殿の陰に  下乗札の陰に  下馬札の陰から  直訴状へ陰に  桜の陰の  虎松は陰に  大木の陰から  家並の陰に  眼鏡の陰で  上さんたちと陰で  そでの陰で  天水おけの陰へ  ついたての陰に  頭上を陰に  並木の陰に  何等の陰を  水平線の陰に  足指の陰には  我等ことを笑うとる陰の  間に陰が  倉の陰で  側は陰に  藪の陰といった  黒板塀の陰から  浮島の陰に  島の陰で  ものが陰に  街路樹の陰の  庇髪の陰から  丘の陰の  山の陰を  置石の陰やに  ドアの陰に  光と陰との  色彩の陰に  幹の陰に  檐の陰に  雷鳴が陰に  はじめは陰に  執事等も陰では  情の陰で  山角の陰に  建物の陰に  紫色の陰を  不毛な陰  楓の陰に  心理的な陰の  旗焼くけむりの陰  大薮の陰に  大岩の陰に  積藁の陰へ  出口を見出し得ないでいる陰  一時彼女を陰に  セリフだけを陰で  木の陰から  人たちより陰に  ヴェランダの陰に  北方は陰に  緑樹長に陰を  狛犬の陰に  棕櫚の陰で  ブラドンが陰に  フト心に陰が  自分が陰で  あまり人の寄って来ない陰の  自尊心は陰へ  大杉の陰と  大杉の陰に  帷の陰に  スローガンを陰に  藪の陰へ  仮面の陰に  飾り棚の陰に  人的要素は陰に  これまで陰に  道具の陰へ  落葉の陰にも  一月二十五日林は陰  氷に陰  みんな歴史の陰に  不健康そうな陰は  太田成子や陰の  活躍の陰の  船の陰に  牧舍の陰から  心の陰が  嫩葉の陰で  箸で陰を  山の陰より  健康そうに見える陰から  魔手を伸ばして陰に  科学的研究は陰に  男女の陰の  神様の陰に  水鬢の陰に  認識された陰の  事があらば陰の  洋燈の陰に  堡塁の陰に  仕切りの陰に  仕切りの陰から  円柱の陰に  円柱の陰で  玉楼の陰  植込の陰に  紙の陰に  静かな陰を  のと陰では  葉に染めて泣くにしのぶに陰  大鳥居の陰に  うちに陰の  皆で陰で  籬の陰に  係長にも劣らぬ陰  女性の陰に  卜部の陰に  私たちは陰では  女性は陰で  荷車の陰に  橋の陰に  ところは陰  青葉の陰を  欅の陰へ  垣根の陰や  木片の陰に  菊ちゃんを陰に  すすびたる行燈の陰に  舞台的成功の陰には  松の陰から  神様の陰で  山の陰  一方の陰に  山の陰にぞ  語の陰を  同情者を得て陰に  葭簀の陰に  傘の陰に  花に陰も  唐紙の陰から  柱の陰へ  此の間政府は陰  色と陰との  灌木の陰に  正面は陰に  土台から陰と  板戸の陰に  大藪の陰を  二重の陰の  叔父の陰に  窓の陰に  芭蕉の陰の  常春藤の陰に  上肢の陰  巫女の陰に  表面で陰と  花束の陰に  植木の陰に  やうな陰の  らい混乱が陰を  光沢と陰の  人が陰  樽の陰には  並木の陰で  いま木の陰へ  馬の陰に  光あり陰  砲塔の陰に  岬の陰から  潮流の陰に  微笑の陰には  風に陰の  底知れぬ陰を  そよ風に陰  厩舎の陰の  ゆふ陰にこそ  筋肉が陰を  帰心の陰が  葉桜の陰を  檣の陰より  陽時計の陰を  北方の陰  彼が陰に  袖の陰から  オナラサマと陰で  宣伝を陰に  何か陰  砂山の陰に  言葉が陰で  灯の陰で  裾が陰の  しぶきの陰に  柱の陰や  書斎になって居る陰の  祖母の陰に  温室の陰やらを  様子を陰で  かくの陰から  母家の陰にな  築山の陰に  彼を陰に  のを陰で  風が陰に  籔の陰  燈火の陰に  校舎の陰に  北を陰と  冬が陰  月は陰など  秋は陰  男子は陰なりと  ように陰から  丹三は陰に  表現の陰に  銃器庫の陰に  柿の木の陰に  みどりの陰に  汽船の陰が  藤棚の陰に  陰の陰の  植込の陰から  態度を装うといえども陰に  家の陰なんかに  私が陰に  悪政の陰に  祝杯の陰の  こころの陰の  百川は陰に  日光直下して陰  轍の陰に  潰屋の陰に  勢力の陰に  つても陰  貯金通帳を握っている陰の  のりとを陰に  板で陰を  岩戸の陰に  紐を陰に  翼の陰に  人々の作る陰を  肉の陰  世界の陰  圓錐状の陰を  建物の陰か  光を避けて陰を  美を陰に  中門の陰に  森林の陰に  木柵の陰から  語の陰に  行燈の陰で  其若草の陰に  お松も陰には  上には陰  ものの陰に  分子たる陰を  死と陰と  花の陰の  雲の陰と  なにかの陰に  骨の陰に  石垣の陰や  扉の陰で  麓にかけては陰に  巌の陰に  一人矢庭に陰から  電信柱の陰で  帷幕の陰より  それを陰  

~ 陰[名詞]2
いい陰  暗い陰  その陰  なんとか陰  涼しい陰  忌わしい陰  淋しい陰  なく陰  深い陰  薄い陰  低い陰  何故陰  いつも陰  黒い陰  すっかり陰  すでに陰  まるで陰  一際陰  青い陰  薄暗い陰  そんな陰  白い陰  ひろい陰  ふと陰  鬱陶しい陰  濃い陰  何だか陰  しかして陰  やや陰  この陰  極めて陰  あんまり陰  そんなに陰  こう陰  なにやら陰  もっとも陰  何となく陰  ちょうど陰  すずしい陰  暗陰  あの陰  何やら陰  淡い陰  もう陰  涼しき陰  しかるに陰  ごく陰  そういう陰  要するに陰  重い陰  勿論陰  冷たい陰  寒い陰  そっと陰  なにか陰  それとなく陰  たえず陰  なき陰  嘗て陰  こんなに陰  

複合名詞
陰氣臭  陰氣  藪陰  森陰  む陰  岩陰  此松陰崇拝  陰欝  木立ちの陰  曇つて陰欝  陰日光  つて陰  恵陰嶺  自然陰氣  陰險  陰雨  陰嶮  陰氣さ  陰山  積陰  きり陰  陽陰  陽陰一対  陰陽電気四対  陰イオン  天上陰  罩むる陰  陰森  陰府  陰化  陰香  陰門  陰つて  神陰  陰道  女陰  一そう陰森  晦冥陰慘  陰一河  西陰  村陰  事陰氣  花陰  華陰県  華陰  済陰  陰澁さ  見え陰  いふ石陰  石陰  ざやけき陰  もの陰  谷陰  陰毒  秘陰  陰流  陰獣  陰闇  陰風  私セル者ハ只龍袖ニ陰レテ惶  陰險手段  時陰  陰慘  いくら陰  家陰  陰処  陰所  つて陰氣  陰県  巌陰  巖陰  江陰  午後陰  時下窮陰  陰草屋藁屋  風陰  陰忍自重四年  陰像  冷陰  陰密  陰重  一そう陰慘  未成陰攀折  みんな陰  陰嚢女  陰欝気  不変陰へま  洞陰  陰祭り  初め陰つて  隨分陰欝  倚松陰  放電陰像  深窓宮裡花陰  つて陰府  窮陰  涼陰  庭陰  草陰  陰慘ぢ  花陰亭  庇陰  靜陰儀  陰語  岩陰伝  至レ今風雨陰  陰雨時  陰事  陰堂  陰也  陰欝そのもの  直心陰  陰忍  陰あたり  自然陰欝  すべて陰  陰忍老獪  却つて陰  陰でぶツ  陰險悖  陰悪  陰神  くせ陰  神陰流  半分陰  陰毎  嗟光陰  陰嚢  陰戦  父櫨陰  へん陰欝  華陰山  陰獣評  陰太  陰霽常  陰つた  杜子美玉露凋傷楓樹林巫山巫峽氣蕭森江間波浪兼レ天涌塞上風雲接レ地陰叢菊兩開他日涙孤舟一繋  陰欝さ  軒陰  天晴陰  隱形陰體  陰女  陰以外  五陰本来空  月陰  陰虫  夕陰  遠山陰  陽寺陰城  陰闇貪欲  広大陰  陰麗華  岨陰  陰痿  陰濕  内外陰時常  ちの陰  一陰一晴  陰鬼みたい  陰蔽  緑葉成レ陰子  薮陰  陰帶電  陰電氣  陰電氣間  心陰  陰顕砲台  火陰  澹黄楊柳未成陰  陰草  陰欝悲慘  陰顕  陰森さ  陰相  陰具  自ら陰  陰氣もの  陰膣  よう灯陰灯陰  陰天名残り  暮陰  巌陰われ  柳陰呼渡図一幀  陰寒  ナラザルナリ況ヤ此碑ニ於テヲヤ敢テ需ニ應ジテ碑陰ニ記スト云フ  秋陰  陰陽電子  陰量子  陰神陽神  ため風陰  二重陰  らい森陰  長谷川水陰君  水陰EOS  松井桂陰君  陰惨事  陰つた座敷  通り陰欝  かに巌陰  以開字為女陰  栗陰亭  陰辨慶  陰嚢水腫  玄陰池  ダ陰ナラザルニ何  岳陰荘  陰凉軒日録  陰ごと  ひびきが陰  陰大姉  陰吉井幸輔様EOS  親戚陰  淵陰  ところ陰府  沈鬱陰險  陰氣也  八七陰  投ぐる陰  陰寂  陰爻  則陰  陰蔽方法  身陰  命陰  陰圧  陰圧発生機  何程陰  陰明門  本朝桜陰比事  熟眠陰  苔塔墓陰  陰氣陽氣  花藪陰  陰因  天陰ル  



前後の言葉をピックアップ
    嗅げ  陰電子  陰電気  陰々  陰うつ    陰弁慶  陰日向


動詞をランダムでピックアップ
放ささめ受けつけ聞こえれ出向いかり集めかけまわっ連れこま合わつれこんおっしゃろうばいあっ飲めわら乗りまわす賺そいらだてるあらわせかなしめ吹き返す
形容詞をランダムでピックアップ
明るきつれな寝苦しくいとわしかっ苦けれいち早い気むずかしき温かき厚から酷し高けれ普く少なかれきよしばからしかっうまから篤う堪難いそぐわなかっせつない