「錬」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 錬[動詞]
中世の錬  もとに錬  自分自身を錬  これを錬  當てて、錬  辛苦に錬  何にも熟錬  上に錬  梯子の錬  朝晩ボートの錬  中へ錬  武を錬  花汁を借り、熬錬  一たび熬錬  不作法な錬  方策を錬  占星と錬  人を錬  思慮を錬  強烈な、錬  仙薬を錬  火水に錬  三月以来思想を錬  昔の錬  文学について錬  霙を錬  処世的才能を錬  従つて文章を錬  何者が錬  観照的に錬  技芸は熟錬  激流を降る錬  鍛へられて、錬りに錬  踊の錬  神丹を錬  行へる錬  筆、老錬  ヌッと現れた老錬  氣を錬るといふ、錬り錬  華子の錬  



前後の言葉をピックアップ
ヌーヴィユ・ダーモン  ヌーヴェル・リテレール  ヌー・アイデア  ヌー・シカゴ  寝小屋  寝れ  寝ん    寝物語  


動詞をランダムでピックアップ
ねむろ訴え背か課す盛り返し這出作り成せこわばり使いこなしおもんみれいっしょ蝕んまたそ怖気立つ要すれくりだし切り倒せ繕える噎せ返らすっ飛ぶ
形容詞をランダムでピックアップ
荒けれおろかしなにごころなく俗っぽい乏しけれふさわしく願わしい憎いきびしにあわしくあたじけないわびしいにくいうす汚いにくから暗くっ忌いましかっ少かろめんどくさ手ごわかっ