「重ね」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 重ね[動詞]
業績を重ね  問答を重ね  推敲を重ね  数をどれほど重ね  モンターヂュを重ね  三四人分も重ね  年齢を重ね  努力を重ね  敢て重ね  我慢を重ね  メリヤスを重ね  女院は重ね  母は重ね  袷を重ね  イメージに重ね  トレーニングを重ね  上で重ね  事実にも、重ね  のか、と重ね  いくつも重ね  ものを重ね  勝負九度を重ね  股を重ね  襦袢を重ね  幹を重ね  念入りに重ね  物が重ね  季は重ね  齢を重ね  二枚も重ね  幾興亡を重ね  自由平等と重ね  両手を軽く重ね  下に重ね  研究を重ね  調査を重ね  将来ますます研究を重ね  上に重ね  葉を重ね  一つとしてつみ重ね  世代を重ね  失敗を重ね  姿を見ると、重ね  上向きに重ね  何だか馴染を重ね  難儀を重ね  同日、重ね  修練を重ね  版を重ね  懊悩を重ね  その後十余年、重ね  ことが重ね  不義理を重ね  じい姿勢でつみ重ね  胸に重ね  手を重ね  稽古を重ね  脅迫を重ね  僧が重ね  儀式を定め、重ね  難を加えたによって重ね  単衣を重ね  後に重ね  二音を重ね  山を重ね  顔を重ね  則、重ね  過失を重ね  徒勞を重ね  研鑽を重ね  発見が重ね  心配そうに重ね  森平は重ね  乱雑に重ね  散々苦労を重ね  幾枚も重ね  ます、なるほど、重ね  筆を重ね  色を重ね  三回も重ね  ズボン下二枚を重ね  綿入を重ね  屋上屋を重ね  裏がえしに重ね  豹一は重ね  受身を重ね  それを重ね  胸騒ぎを重ね  改訂新版を重ね  改版を重ね  なかった心境をのべて、重ね  端につみ重ね  上へ重ね  数を重ね  ドロシーは重ね  輪郭を重ね  テーブルなどが重ね  本を重ね  事を重ね  逡巡を重ね  二つ言葉を重ね  銘仙に重ね  襦伴を重ね  何枚も重ね  紛糾を重ね  経歴に重ね  うず高くつみ重ね  経験を重ね  精進を重ね  ためには、重ね  両手を重ね  歴史がつみ重ね  幾枚もの畳を立て重ね  褥を重ね  言葉を重ね  階を重ね  ことは重ね  四版を重ね  輪を重ね  時のに重ね  いふ無理を重ね  二ツばかり重ね  泊りを重ね  旅川周馬、重ね  笠に重ね  わたしは重ね  あなたが重ね  破棄しないで、重ね  蒲団を重ね  忍耐を重ね  数世紀を重ね  卓布を重ね  テーブルに重ね  見聞も重ね  上に憂きを重ね  彼女が重ね  桜花を描き重ね  盃を重ね  石を重ね  文学的練磨がつみ重ね  鍛錬を重ね  煩雑を重ね  幾枚も張り重ね  熟慮を重ね  苫を重ね  ソックスを重ね  刻苦精励を重ね  杜氏は重ね  二十八日に重ね  高谷君は重ね  秋、重ね  運動し得たかを重ね  所以を重ね  無理を重ね  宛行わん間如何にと重ね  候、重ね  朱敗を重ね  吉事を重ね  頬を重ね  採録するに至り重ね  近く対座して重ね  笠子さればとて重ね  年々災害を重ね  齢ばかり重ね  文芸復興期以来しきりに重ね  小声を重ね  音を重ね  墨を重ね  毛布を重ね  一枚ずつ重ね  辛抱を重ね  年を重ね  磚瓦をもって畳み重ね  変貌を重ね  裏切りを重ね  茵を重ね  掌を重ね  袖を重ね  影を重ね  努力をつみ重ね  積って重ね  自身調査を重ね  研究調査を重ね  衣に重ね  苦労も重ね  カーテンもなくつみ重ね  私は幾分まごつきながら、重ね  裁判を重ね  憂苦困難を重ね  汗出でて厚く着重ね  木綿着類を重ね  団扇を重ね  足を重ね  近日また重ね  勢いになり、重ね  訓導は重ね  否定を重ね  中に打ち重ね  割羽織を重ね  日を重ね  驚きを重ね  日数を重ね  人殺しを重ね  悪事を重ね  骸骨を重ね  三杯まで重ね  私は重ね  祝盃を重ね  逢引を重ね  歴を重ね  落第を重ね  幾杯も重ね  やうにつみ重ね  幾折衝を重ね  試験を重ね  光は重ね  我慢して行ってくれと重ね  一つ一つ作品を重ね  不孝ばかり重ね  からさらに重ね  所以を語り、重ね  修正を重ね  人が重ね  箱を重ね  手紙を頂き重ね  私はつみ重ね  振袖を重ね  何度も重ね  事もなげにつみ重ね  現金がつみ重ね  肌衣を重ね  時、重ね  コピー用紙を重ね  工夫を重ね  エキスパンドブックと重ね  博士は重ね  進化を重ね  つては重ね  戦勝を重ね  実験を重ね  手を互いに重ね  端へ出てきたら、重ね  安養寺が重ね  交渉を重ね  形骸を重ね  ところ、重ね  集結訓練を重ね  首を指さしながら、重ね  紙が貼り重ね  埃をあびて重ね  二三回も重ね  斜線が重ね  時宜を重ね  杯を重ね  混乱を重ね  眞筆にも重ね  負債を重ね  袂を重ね  苦心を重ね  吟味を重ね  板硝子を重ね  四十何年を重ね  幾つも重ね  帝は、重ね  体に重ね  そこに重ね  ことを重ね  協議を重ね  それに重ね  未練を重ね  盛つた樣にかき重ね  残念至極に存じますが、また重ね  類似を重ね  誤りを重ね  演出を重ね  改訂を重ね  すみからすみまで、ぎっしりとつみ重ね  木をつみ重ね  形に重ね  ドイツ人に作れるかと、重ね  鎧を重ね  手配などを、しきりに重ね  滝縞を重ね  数は、すすめられても余り重ね  屈辱を重ね  浴衣を重ね  無理算段を重ね  直接に重ね  そこからも亦重ね  問題を重ね  着物を重ね  副詞を重ね  人々には、重ね  これに重ね  僕は重ね  月を重ね  片すみに重ね  哀感にひたりながら、重ね  警戒を重ね  ウンザリするほど重ね  苦面を重ね  ムダを重ね  変化を重ね  改作を重ね  誤解を重ね  全然変化を重ね  地名を重ね  會見を重ね  奇麗に重ね  ネルを重ね  形式は、いくら重ね  平岡は重ね  皿など重ね  固定を重ね  変改を重ね  出入りを重ね  苦難を重ね  苦戦を重ね  旅を重ね  盞を重ね  開襟シャツに重ね  弓張をおし重ね  下につつましく重ね  昵懇を重ね  つて返し、重ね  折衝を重ね  陰謀悪徳を重ね  疲れを重ね  丹前を重ね  褄を重ね  半襟を重ね  憂苦労を重ね  殊に悪事を重ね  功名を重ね  外套を重ね  屍を重ね  苦しみを重ね  馴染を重ね  苦痛を重ね  褞袍を重ね  富を重ね  四ツに畳んできっちり重ね  誇張を重ね  ものは、重ね  シャツを重ね  前で重ね  蚊帳が重ね  品よく重ね  膝を重ね  苦労を重ね  一箇所を重ね  辛苦艱難を重ね  昏迷を重ね  のかと重ね  往復を重ね  經驗を重ね  彼は重ね  暗号文に重ね  献酬を重ね  中につみ重ね  寛服を重ね  稍安堵はしたものの重ね  紙を重ね  お尋ね者を討取り、重ね  度を重ね  理由で重ね  思索を重ね  訪ひ重ね  考察を重ね  ジュウヤジュウバコと重ね  行為を重ね  言々句々を重ね  煩悶を重ね  回を重ね  恋を重ね  節約を重ね  幾つものわき芸を重ね  紳士が重ね  北鳴は重ね  代を重ね  洗練を重ね  姿を重ね  柄頭に重ね  薄紗を重ね  隅に重ね  隠忍を重ね  茣蓙蒲団が重ね  炭俵を重ね  須利耶さまは重ね  老人が重ね  おのおのを重ね合わせて重ね  写真と重ね  フィルムを重ね  木や、つみ重ね  枝を重ね  母はまた、重ね  佃が、せわしなく、重ね  注意を重ね  お玉は重ね  建増しを重ね  ところを重ね  上へ又重ね  問いを重ね  服を重ね  身体を重ね  トタン板が重ね  山腹一面に築き上げ築き重ね  縁があらば、重ね  単衣とを重ね  裾を重ね  用心を重ね  日数いくつか重ね  絨毯が重ね  帆村が重ね  からつて二つも重ね  それで重ね  云ふと、重ね  鏡を重ね  色版を重ね  宿を重ね  中に重ね  字を重ね  楼字を重ね  剣字を重ね  やうに重ね  宿毎に重ね  気持ちを重ね  左側に、重ね  トマトが重ね  段ボール箱その他が雑然と重ね  自分を重ね  丁寧に重ね  取引を重ね  冷静を重ね  月日を重ね  人も来なければ、重ね  手は重ね  一日早々から重ね  棚雲を、幾重にもつみ重ね  あたりに重ね  一つコップへ重ね  推敲洗練を重ね  脚を重ね  ぼろ布を重ね  歴史を重ね  靄を幾重にも重ね  能登守は重ね  執着を重ね  歯を重ね  前に重ね  文字を重ね  苦学を重ね  甲者は重ね  挙国一致要求は、重ね  ものがつみ重ね  から、重ね  波濤を重ね  点を重ね  兵衛はぞっとしながらも、重ね  ように重ね  踏台を重ね  ぼんやり杯を重ね  兵馬の重ね  わや、恐ろしや、もうもう重ね  一体ならば、重ね  男を殺したら、重ね  鳩首協議を重ね  懐紙を重ね  峰嶽を重ね  峰岳を重ね  急所に貼り重ね  長方形を、少しずつずらしながら重ね  体を重ね  唇を重ね  一枚一枚と重ね  散歩ながら重ね  袷羽織を重ね  切角無理を重ね  来年も重ね  とある百腸を、巻かして、束ねて、ぬるぬると重ね  結局月々損を重ね  法衣を重ね  言葉を強めて重ね  白紙とを重ね  失望を重ね  縁を重ね  爾後また重ね  僥倖を重ね  沢山ひだを重ね  ふきを重ね  十数版を重ね  杯口を重ね  中の重ね  質問を重ね  酒杯を重ね  何板を重ね  発達を重ね  移住を重ね  一ぱい二はいと重ね  煩悶とを重ね  娘は重ね  四五盃を重ね  お父さんはどうしたと重ね  脊に重ね  座布團を重ね  代りやたらに重ね  仕方がなしに重ね  丸山が重ね  神尾が重ね  妥協を重ね  虚偽を重ね  渡辺刑事は重ね  前科三犯を重ね  羽織を重ね  証拠物件が堆高く重ね  前科四犯を重ね  四犯も重ね  延期を重ね  公判を重ね  被告人は黙して答えざるを以て重ね  手数を重ね  訊問を重ね  一緒に重ね  夫人は重ね  六枚も重ね  卓上に重ね  三重まで重ね  二度ほど重ね  肩を重ね  一回だけ重ね  ように、重ね  女は重ね  気分を和らげるによかろうと思って、重ね  身に沁みて感じながら、重ね  襟を重ね  草双紙が重ね  巻を重ね  巻数を重ね  歳月を重ね  箱がつみ重ね  版元に重ね  六犯も重ね  勢さんが重ね  練習を重ね  思案を重ね  盆を重ね  障子に重ね  写真を重ね  どてらを重ね  苦心研鑽を重ね  者へ、重ね  要心を重ね  合理を重ね  二枚取り出してきて、キチンと重ね  風呂敷を重ね  一つずつ重ね  前から採集を重ね  上手に重ね  苦悩を重ね  古書が重ね  光傘をサッと重ね  室を重ね  陶冶を重ね  度数を重ね  苦心惨憺を重ね  氣苦勞を重ね  民が重ね  ズツクを重ね  からだをまげて重ね  同居を重ね  罪悪を重ね  云ひ重ね  七が重ね  金次は重ね  気が急くので重ね  万歳が重ね  事件が重ね  上にも重ね  三枚ほど重ね  またまた手おくれを重ね  七は重ね  詮議を重ね  軒を重ね  忘却を重ね  同音を重ね  庄太に重ね  平行的に重ね  負けを重ね  グラスを重ね  白無垢二つを重ね  祥慶は重ね  一つ問を重ね  男は重ね  三四杯を重ね  百苦に重ね  幾夜を重ね  感銘を与えつつ重ね  間をおいて、重ね  いくつもの箱を重ね  悲しみに重ね  心づくしを重ね  段どりを重ね  セルに重ね  左枝は、知らずに重ね  幾つか重ね  白を重ね  手紙であったが、重ね  三枚も重ね  真弓は重ね  主人に重ね  恥を重ね  縫物が重ね  幾皿も重ね  声を低めて、なお重ね  師匠は重ね  のを見ると、重ね  心より、重ね  折り返し繰り返し重ね  二つ折りにして重ね  秘密を重ね  枯れ枝を重ね  のが重ね  検事は重ね  今ここに重ね  昇進を重ね  下に畳み重ね  道柏は重ね  利章は重ね  難渋を重ね  解放について重ね  変転を重ね  書物をつみ重ね  一杯一杯と重ね  道庵が重ね  辛酸を重ね  今まではただ重ね  幾枚か重ね  幾日かを重ね  封書が重ね  上に平たく重ね  棚を釣って、重ね、重ね、重ね  三度も重ね  苦悶を重ね  屋根を重ね  紙数を重ね  衣類にても重ね  巻紙六枚を重ね  母として重ね  流転を重ね  最後に、重ね  観客も、重ね  一日一日をつみ重ね  用意してくるがよい、そして、重ね  時、打重ね  石ころをつみ重ね  平気で重ね  一枚に重ね  絹蒲団を高々と重ね  空俵を重ね  のを重ね  旅の日を重ね  うえ罪を重ね  アメリカ人は、重ね  根底から吟味を重ね  攻撃を重ね  上につみ重ね  乱雑につみ重ね  まわりにつみ重ね  住職は重ね  ように、たがいにつみ重ね  宿りを重ね  賛成、重ね  今日成長を重ね  類型表現を重ね  夜はとり重ね  紫を重ね  六つ字を重ね  柔らかい着物を重ね  罪は重ね  玉を重ね  いくつもつみ重ね  衣手に重ね  整然として重ね  辛苦を重ね  夜を重ね  薄紫を重ね  波にたち重ね  空蝉は重ね  紅を重ね  ものでございまして、重ね  着物を着重ね  何枚でも重ね  米友は重ね  尼さんは重ね  助は重ね  夜とを重ね  ことは、重ね  ありなしに重ね  白やを重ね  所に重ね  枕の重ね  衣服に重ね  臙脂の細長を重ね  臙脂を重ね  二つまで重ね  黒を重ね  喪服を重ね  から失敗ばかり重ね  間につみ重ね  形象がやたらにつみ重ね  色彩を重ね  そばに重ね  ゆるやかに重ね  愉快気に重ね  上着などを重ね  美服をいろいろと重ね  女だ、重ね  五枚ばかり重ね  服を多く重ね  織物を仮に重ね  事あれば重ね  処をまた述べ重ね  上、いづれ重ね  朝野策士は、重ね  死とつみ重ね  事情をつみ重ね  山と重ね  修業を重ね  板がつみ重ね  茲に重ね  奥さんは重ね  二十数版を重ね  敷衍を重ね  所信を重ね  蔭を重ね  罪を重ね  暫時も早う重ね  裕衣を重ね  再版三版と重ね  苦闘を重ね  ペリオン山をつみ重ね  いっしょにつみ重ね  辞儀を重ね  親不孝を重ね  布団を重ね  茲からも重ね  変遷とを重ね  改造を重ね  手にし重ね  しずかに重ね  大杯を重ね  間つみ重ね  花は、重ね  腰捲きを、幾重にも重ね  詫言が重ね  遭つて、重ね  會したら重ね  余り杯を重ね  係長は重ね  膝に重ね  起伏を重ね  難路を重ね  一ト飛、話しは重ね  瀬戸を重ね  濫費を重ね  着物でも重ね  内面につみ重ね  幾波瀾をも重ね  幾変転を重ね  二つの文字を重ね  創造を重ね  猪口を重ね  螺旋三つまで重ね  賄賂を重ね  苦を重ね  衣嚢で重ね  玉藻は重ね  忠通は重ね  上は重ね  下にも重ね  新聞はキチンと重ね  二骨を重ね  過ちを重ね  明日を知らず重ね  展開を重ね  陰を多く重ね  藩議を重ね  愚痴を重ね  奉書が貼り重ね  蓋に貼り重ね  まりを重ね  電線に、重ね  文箱を重ね  一つお重ね  利を重ね  泊まりを重ね  印半纏を重ね  人物に関して重ね  一つ傷を重ね  下着を重ね  見本がつみ重ね  だんだん破局を重ね  革命を重ね  七時間もの苦闘を重ね  書類を重ね  両手をきちんと重ね  紋附から白の重ね  玉汗は重ね  応酬接見数回を重ね  苦辛を重ね  話を重ね  一番隅に重ね  持主に重ね  春秋を重ね  往復は重ね  歌を作り重ね  一杯二杯と重ね  何度吟味を重ね  艱難を重ね  二三冊、手早く重ね  試験用平面に重ね  飽き足らなくなったが、重ね  夜着とが重ね  講義を重ね  慎重を重ね  自重を重ね  先端を重ね  数々が重ね  緋を重ね  閲覧研究を重ね  間訓練を重ね  翼を重ね  藤紫の上衣を重ね  思いを重ね  努力も人知れず重ね  猪口のかずを重ね  争いを重ね  ますます滑稽を重ね  青年ひどく厚く重ね  聴水、重ね  機械的に分けられ、つみ重ね  本をつみ重ね  返事を見て重ね  衣類を堆く重ね  交通を重ね  三十歳もの年を重ね  ケイ紙などと重ね  私は、重ね  余鬼塚元帥は重ね  遠慮を重ね  正直に打明け、重ね  狼狽を重ね  上にキチンと重ね  何度となく重ね  動きをしばらく重ね  ミヨコが重ね  握り拳を重ね  紛擾を重ね  媾曳を重ね  毛を引っばりながら、重ね  不平を重ね  一月六日のとを重ね  数十版を重ね  戒慎を重ね  六七歳年を重ね  膝へ重ね  絵を重ね  兩手を重ね  五つも重ね  幾杯か重ね  犯罪を重ね  もの、今や重ね  復活を重ね  借金を重ね  隱し通さなかつたと重ね  空瓶を堆きほど重ね  牛丸少年は重ね  手頃に重ね  しりとしとしと載せ、重ね  青みを重ね  いつのまにか齢を重ね  実験的研究を重ね  明朝を期して、重ね  不孝を重ね  鎧を脱ぎ重ね  虚構を重ね  直観を重ね  貢献とを重ね  ことだと思うかね、と重ね  ことだと思ふかね、と重ね  間に重ね  閲歴を重ね  ここに重ね  幾十秋も重ね  矛盾を重ね  何者と重ね  辰弥は重ね  胡粉が重ね  辺につみ重ね  何枚も厚く重ね  雲を重ね  脇差を重ね  何代となく重ね  阿賀妻は重ね  波瀾を重ね  相手はまたぐらりと揺れて、重ね  やつだと重ね  栽培を重ね  ゴシャゴシャに重ね  上来項を重ね  話に、重ね  一杯を重ね  余が重ね  時間に重ね  絵の具が重ね  腰から上を重ね  椅子にすわり、重ね  歴史とに重ね  二つばかり重ね  男浴衣を重ね  軒とを重ね  色を余り重ね  鱗を重ね  一枚褞袍を重ね  衿を重ね  んだと重ね  晩から机を重ね  膝頭を重ね  満足を重ね  変遷を重ね  そこには、重ね  其所に重ね  三度問を重ね  了いましょうよ、と重ね  棚に重ね  刻苦研鑽を重ね  押入に重ね  三段も重ね  心配を重ね  六枚畳んで重ね  叔母は重ね  無事にだんだんと重ね  宗助は重ね  鞘を重ね  厳めしく重ね  五版を重ね  損を重ね  年月を重ね  土で重ね  譲歩を重ね  訓練を重ね  広袖を重ね  色も褪せたが、ともしく重ね  窮迫を重ね  写生を重ね  増補を重ね  すべてを重ね  無数につみ重ね  母親に、重ね  描写を重ね  引とり重ね  無垢を重ね  近頃比較を重ね  最初の間違えにまた間違えを重ね  胸へ重ね  暴圧を重ね  伊田は、厚く重ね  衣裳を重ね  紙片をまとめて重ね  机に重ね  寝床が重ね  層を重ね  ことは、かくて重ね  綺麗に重ね  一纏めに重ね  類でも重ね  一重物に重ね  父が重ね  四たび年を重ね  窕子は重ね  首を重ね  屍体をつみ重ね  五百とつみ重ね  形につみ重ね  歌曲に重ね  之から討議を重ね  帆を巻いて重ね  線の引き重ね  衣を重ね  順々に重ね  機会を重ね  列をつぎつぎに重ね  胸で重ね  自分は重ね  瀬を重ね  放蕩を重ね  飛躍を重ね  之に対して、重ね  のち、重ね  白石は重ね  二段斜めに重ね  長襦袢を重ね  二枚まで重ね  二隅を重ね  衣装の重ね  春子が重ね  半纏を重ね  面目を重ね  猪口は重ね  ものが重ね  床几を重ね  叫びを重ね  座蒲団を重ね  床へ重ね  机上に重ね  忠利は重ね  千代松が重ね  椀を重ね  手桶が重ね  密告は重ね  浴衣とを重ね  ままで重ね  許り重ね  であるから、重ね  大助は重ね  気兼気苦労を重ね  禁を重ね  稿を重ね  心を重ね  白襟を重ね  十余りを重ね  酒盃を重ね  すみに重ね  千秋を重ね  やうと重ね  毛と重ね  毛を重ね  ころ馴染を重ね  推理を重ね  上から、痛いほど、重ね  蓮華を重ね  紙類がつみ重ね  陳情書を奉り、重ね  召渡さる、重ね  義盛さまからの重ね  造営、重ね  常盤木の葉、敷き重ね  霧は、重ね  道さんのと重ね  熟慮反省を重ね  酒を、つい付合って重ね  郁子はやはり重ね  二單卦を重ね  戦禍を重ね  懇談を重ね  接触を重ね  片隅につみ重ね  相談を重ね  こと日を重ね  酒ばかり重ね  省察を重ね  罪業を重ね  死骸を打重ね  片端より覆へして打重ね  快楽を重ね  恐縮、重ね  幾冊か、重ね  フトンをつみ重ね  密集を重ね  櫻色を重ね  一杯と重ね  焦慮を重ね  両者を重ね  考証を重ね  上着を重ね  皮を重ね  数日を重ね  無銭遊興を重ね  口論を重ね  木箱がどっさりつみ重ね  ジッコンを重ね  不評を重ね  請ひまた重ね  再々強談判を重ね  ホーサーの、巻き重ね  要求条件が、巻き重ね  幾日を重ね  暴落を重ね  元子さまから兄へ当てて重ね  衆人の力再三重ね  術を施して重ね  空想を重ね  面識を重ね  衆人の力、再三重ね  杯は重ね  鍛練を重ね  評議を重ね  それは重ね  威嚇を示しながら、重ね  偶然に重ね  老婆が重ね  外套とを重ね  句を重ね  女犯は重ね  暑中にこそでを重ね  一千版以上を重ね  回数を重ね  がらを重ね  言つては、重ね  死を重ね  段を重ね  ガクモンは不日重ね  大劇場でも重ね  言つて出ては、重ね  ハンケチを重ね  年月苦心を重ね  長年苦労を重ね  三つくしへ重ね  彼女の重ね  二度訪れたおどろきに、さらにおどろきを重ね  型どおりに重ね  後悔を重ね  光を重ね  我をして重ね  聲とをもて重ね  過誤を重ね  吾人は重ね  宣伝を重ね  根気よく張り重ね  写像はいくつでも重ね  狐裘を重ね  時代を重ね  三階を重ね  いっしょに重ね  だんだん悪縁を重ね  おりもあらば、また重ね  銚子を重ね  十七席を重ね  精煉を重ね  骨肉を重ね  見通しとを重ね  辞を重ね  壊滅を重ね  病気かと重ね  利巧なのだが、そう思うどころか、重ね  カラめぐりを重ね  羽を重ね  大写しが重ね  苦労苦患を重ね  傍らに重ね  暉や、かつ重ね  暉を重ね  針箱などが重ね  三点を知り、重ね  夏羽織を重ね  縦横に重ね  議論を重ね  綿入れを重ね  狼狽とを重ね  倦怠を重ね  麻衣を重ね  欠乏を重ね  失策を重ね  ドレスを重ね  紙が、重ね  年輪を重ね  借財を重ね  方ぞと重ね  匿れざるべしと重ね  妾は重ね  挫折を重ね  貧乏を重ね  ハーキュリーズは重ね  本は重ね  本箱が重ね  幾つかを重ね  王さまは重ね  多年悶着を重ね  二回と重ね  一寸一枚下に重ね  夙くから理想化を重ね  笊が重ね  しのざるそばの重ね  座蒲団の重ね  化物刑部のもてあそびになって重ね  さかずきを重ね  瀬田が重ね  岡野は重ね  鄭寧に重ね  戸棚の隅に重ね  幾冊か重ね  無言なれば、また重ね  庄太郎はまた重ね  札に重ね  さいほうを重ね  三十回も重ね  毎日修行を重ね  人は重ね  豹変を重ね  わたくしは重ね  正月を重ね  皮畳を重ね  之を重ね  冒険を重ね  年期を重ね  着物の重ね  色の重ね  んも重ね  根気よく重ね  史料解釈を重ね  実践を重ね  日々悔いを重ね  何もなく重ね  噴飯爆笑を重ね  頭に重ね  ピエロォは重ね  助五郎は重ね  間議論を重ね  無理に笑って、重ね  乳房を重ね  それがし重ね  心はと重ね  つまな重ね  幾冊も重ね  紙屑籠、重ね  それがすむと、重ね  衣ものを重ね  漆を重ね  溜息を重ね  チャンと重ね  偽善を重ね  池に並べ重ね  あとへと重ね  斎藤重作君を煩わして、重ね  のか、それとも重ね  姓はなんというかと重ね  紙ばかり重ね  親しみを重ね  祈りを重ね  オツトメにも参じませず心苦しくは存じておりましたが、重ね  一処に重ね  無邪気に重ね  蜿蜒と幾重にも重ね  なほ不審を重ね  悪業を重ね  ことだと思ふかねと重ね  二枚を重ね  何かで調べてみて呉れ、と重ね  

名詞

重ね[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
重ねに同じ羽織を着て  重ねに一本ぶっ差して  重ねもしたし  重ねなされまし  重ねをして  重ねが清楚に覗かれ  重ねの小紋縮緬の着物をごらん下さい  重ねばかりも食べようかといってる  重ねまでした  重ねによる色彩の諧和豊麗を志している  重ねの取り合わせの特にすぐれた  重ねに仕立てさせる  重ねになった  重ね合せて坐つてゐる  重ねを着て  重ねにあらためた  重ねを抜き出した  重ねの効果を計画の中で軽蔑しすぎた  重ねでこれほど出すといふ  重ねの桐の箱を背負うて  重ねになりますか  

~ 重ね[名詞]1
其時大島の重ねに  滝縞の重ねに  苦しみを重ねも  分配せられるとすれば重ね  努力を重ねまで  胡粉ぬり重ねによる  袖口の重ねの  良子の重ね  紬の重ねを  茶結城の重ねに  鼠小紋の重ねを  一と重ねを  色の重ねの  色彩の重ねの  筆触の重ねで  

~ 重ね[名詞]2
つらき重ね  この重ね  段々重ね  

複合名詞
一重ね  重ね箱  二段重ね  重ね合  三枚重ね  重ね鉢  五つ重ね  重ね棚  重ね方  重ね打ち  重ね合わせ  重ね着  重ね厚  重ね鍋  色紙重ね  重ね目  重ね輪なり  重ね正月  重ね云々  組み重ね  重ね箪笥  重ね草履  三枚重ね  三ツ重ね  重ね蒲鉾  重ね写真  三重ね  二重ね  もの一重ね  萩重ね  重ね寫眞  重ね畳  一組七枚重ね  十重ね  重ね紙  幾重ね  菖蒲重ね  撫子重ね  色紙一重ね  装束幾重ね  重ね箱三十  五枚重ね  服一重ね  重ね蓋  つみ重ね  重ね出  重ね引出し  小袖ひと重ね  重ね本棚  紅梅重ね  重ね綿  三重ね一組  ひと重ね  二つ重ね  



前後の言葉をピックアップ
重なれ  かさなれ  重なろ  笠縫  カサヌヨウニシテ    重ねて  重ね  かさね  重ねよ


動詞をランダムでピックアップ
培いでまわっ火照るまるめる青ばん見れる問い追込ま言い放さうえんはねかえりすすも骨折る定まろ罵る重ね合わしなぶら下り立ち突っぱろ刈り込ま
形容詞をランダムでピックアップ
いたましくかがやかしく馬鹿馬鹿しくっ乏い白白しい相応しけれ快く有難き強くっまずくっかいい珍しけれひくうむずかしき面白く美しそらぞらしい美味い惜しかろもったいらしい