「重き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 重き[形容詞]
水重き  気重き  罪業重き  極めて重き  さらに重き  必ず重き  きっと重き  こと重き  終日重き  親重き  壁重き  色重き  灰色重き  衣紋掛重き  より重き  最も重き  から重き  某重き  至って重き  袂重き  いと重き  かく重き  冥罰重き  もっとも重き  

~ 重き[形容詞]
指南として重き  身分を重き  足の重き  任の重き  背に重き  宿醉に重き  死刑以上に重き  甲州城内に重き  楠公一代において重き  勅命の重き  非常に重き  本の重き  前後に重き  法の重き  肩に重き  食料として重き  下駄にて重き  其が重き  竹に重き  老には重き  天下に重き  我心には重き  人生は重き  母親が重き  敵を重き  今も重き  水に重き  題の重き  爲既に重き  左千夫君予より重き  

重き[形容詞]
重き潮  重き虚空  重き地位  重き身  重き川原  重き歩み  重き物体  重きもの  重き罪科  重きこと  重き宝  重き恩賞  重き荷  重き夜  重きかなしみ  重きとき  重きあかがね  重き佩嚢  重き夜霧  重き頭  重き處分  重き惡事  重き役目  重き使命  重き身体  重き空気  重き女囚  重き鉄  重き曇  重き恐怖  重き習物  重き包  重き物  重き気  重き瞼  重き蓋  重き態度  重き涼み  重き勢力  重き冷  重き傷痍  重き儀  重き剃刀  重き病床  重き任務  重き重荷  重き狼  重き邑人  重き肉  重き魂  重き鉛  重き唇  重き堆石  重き軛  重き種々  

名詞

重き[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
重きを置くべきであるという  重きを置いている  重きを置く  重きを置かんとするよりは  重きを置いて  重きをなす  重きをおいた  重きを与えた  重きを置いた  重きを置いてきた  重きをおいていると  重きを置かぬ  重きを置きての  重きを措くに足らぬ  重きをなすべき  重きに過ぎて  重きをおき過ぎるの  重きをなしている  重きをなしていた  重きを置き過る  重きを置きませんから  重きを感じた  重きをなしてはいないか  重きを顧みずして  重きを置いていたらしい  重きをなしていないからである  重きを加えよう  重きを置くべき  重きをなすかと思われた  重きを置いていた  重きを敵へ知らしめた  重きにあるといえ  重きを漢中王の頃とはまた加え  重きを思い給わば  重きをお加え遊ばした  重きを置いていない  重きをなし  重きをなしていない  重きをおきます  重きをなすだろう  重きと且つ前後にぶらさげたる  重きに耐えざるを以て  重きを以てするのみ  重きを軽くするなり  重きに耐えざるなり  重きをおいて居りますが  重きをおいて下すって  重きもの荷ひたる  重きを政治に置き  重きを成して  重きを知って  重きを置くべきや  重きをなしてゐるか  重きをおいて  重きを置き  重きをおかれている  重きを置かない  重きを措く  重きを置かなくてはならない  重きを置くとすると  重きに置いていなかったので  重きを置かず  重きをなして来た  重きをおくべき  重きを措いたと  重きをおく  重きを占める  重きを為して  重きを置くべきであるかを論じようとする  重きを置けば  重きをおかれた  重きをおき  重きをおいて肯かない  重きを脱ぎすてて  重きに注意せざる  重きを置くと  重きをなして居た  重きを置くべきであると考へてゐる  重きを置くなら  重きを置いて居る  重きを置かなくとも  重きをおかないと信じている  重きを置き過ぎている  重きを置かれていない  重きがおかれる  重きを置くに鑑み  重きを置きて  重きをおかなければならなくな  重きをRightに置く  重きをなした  重きを置くに  重きを置かなく成った  重きかと云つて質問した  重きを其点には置かぬ  重きを置いていなかった  重きを為せる  重きに圧された  重きに当る  重きをおいていない  重きを悟れよ  重きとがめこれあると思いませい  重きを置きたる  重きを置かざるが  重きを置かれざるの  重きを為し居るの  重きを置きすぎる  重きを爲し居るの  重きを置かざる  重きに悩む  重きに相摸の海月は通ふも  重きにある  重きを痛感した  重きをなしております  重きを置くべきかというと  重きをおこうとも  重きを置かなかった  重きを置かるる  重きを置かなければなりません  重きを措きて詠むべし  重きを置けと申したる  重きを置くといふも  重きを成したる  重きをおかなかった  重きを置きたい  重きを置かれたという  重きもなしている  重きを加えていた  重きをおき過ぎるからの  重きをなさない  重きを措き  重きをなすに至るとともに  重きを置かんとするに似たり  重きを置かんとする  重きをなせるは  重きを歌麿に置かんと欲せしが  重きを置きしは  重きをおいていなかった  重きもなさない  重きをおいてはしなかった  重きに煩う  重きを置きたれども  重きを加えた  重きを置かなかつた  重きをなさないかは  重きを置かないならば  重きは家を破り  重きをなさうとしてゐる  重きを置かれて居ないので  重きを置かれた  重きを置いて考えている  重きを誇りし  重きに堪へ申すべき  重きに引かれて  重きを置き過ぎた  重きを置いて見る  重きをなしていたから  重きをおいていないが  重きを置かざるべからざる  重きが故に愈々その声の響きは遠く高くとあこがれる  重きをおかない  重きを成していた  重きを置かなくなってきたらしい  重きをなすに至る  重きを置かないで  重きを負ふて  重きは酒ぞ友よこぼすな歩みかね  重きを置かねばならぬ  重きを置かれない  重きを置かうとしてゐる  重きを置かざりし  重きをなしてゐる  重きをおかれる  重きを爲したかと  重きを置いて居られないらしく見える  重きにあらず  重きによって処断するという  重きを置かれなかつたのであらう  重きを置くに及ばない  重きが上の小夜衣とばかり仰せられて  重きが上の小夜衣を衣小袖の所望と勘違いしているほどの  重きを置くといふ  重きをおぼ  重きを置いてゐない  重きを置かれず  重きに病む  重きをなさざるを得ぬ  重きを置かないかもしれませんが  重きをなしますから  重きつとめをしめすなり  重きを置いたといふ  重きを置かずと  重きをなさず  重きものいひの  重きを置かれる  重きを置かれたく望みて止まず  重きをおきすぎると  重きをおかぬといふ  重きを背負ッて弱る  重きは汝の慢心の盡きざるにあり  重きに比ぶれば  重きものほかにもあるや  重きを置けば置くほど  重き憂ひは涙をわが目よりしぼれり  重きを知りえたり  重きをおかなければならぬという  重きを為す  重きを為している  重きを置くは  重きを厭わず  重きをよしとする  重きを置かずして  重きを置かざりしなら  重きをその詩的調和に置けるにありと  重きを置いて説いてはいない  重きをおいて考へれば  重きは堪えられまじ  重きに比すれば  重きを持する  重きを論じ  

~ 重き[名詞]1
要求に重きを  方面に重きを  武に重きを  これに重きを  ために重きを  装飾語に重きを  皇帝の重きを  修練に重きを  教育に重きを  それに重きを  成人が重きを  結論にのみ重きを  口碑に重きを  これは重きを  上に重きを  露の重きに  自然に重きを  編輯総長として重きを  名が重きを  描写に重きを  実物には重きを  それも重きを  方法論に重きを  身の重きを  命の重きは  国法の重きを  味の重きを  何等の重きを  宰相の重きを  千鈞の重きを  文章に重きを  軍部に重きを  閣議も重きを  ものに重きを  ことに重きを  城中で重きを  宰相の重きに  万乗の重きを  社稷の重きを  九錫の重きを  人間性は重きを  実行実践に重きを  調子旋律に重きを  杖よりも重き  魏で重きを  総身の重きと  老体には重きに  二貫目ばかりの重きを以て  肩の重きを  着類も重きに  線に重きを  混同して重きを  家に重きを  鉛の如く重きが  出生譚に重きを  伝に重きを  会戦に重きを  外交に重きを  宗教に重きを  歴史だけに重きを  経過に重きを  一点のみに重きを  酒に重きを  客観的態度に重きを  主観的傾向に重きを  愛に重きを  個人に重きを  客観にのみ重きを  客観に重きを  其意味などに重きを  常識に重きを  布教上大に重きを  形に重きを  要因の重きを  点に重きを  日に重きを  二字に重きを  方へ重きを  食物に重きを  方に重きを  因果説などに重きを  綿入れの重きを  内容の重きに  物に対して重きを  方面へは重きを  程女房に重きを  物質的状況に重きを  斯界に重きを  調子に重きを  使用に重きを  左程に重きを  物的価値に重きを  父の重きを  条件に重きが  矢張此孝に重きを  どちらにも重きを  其歸農充食に重きを  其行ひにのみ重きを  配合に重きを  配合などには重きを  さに重きを  碑文に重きを  Might以上に重きを  三點に重きを  警戒に重きを  覺醒に重きを  手本のみに重きを  先例に重きを  形式に重きを  一主義に重きを  忠孝に重きを  服從に重きを  相愛に重きを  意思に重きを  何なりに重きを  家族主義に重きを  何れが重きかと  餘り重きを  紙片に重きを  所に重きを  美術界に重きを  沈黙の重きに  自己に重きを  最後の重きを  磐石の重きに  内容に重きを  一身の重きを  代表権に重きを  位地に重きを  歴史に重きを  伎倆に重きを  議会に重きを  党に依て重きを  星亨氏に重きを  代表權に重きを  議會に重きを  來本黨に依て重きを  人物に重きを  一団体にも重きを  使命の重きに  土着武士中でも重きを  畚の重きに  元勲の重きを  武者所の重きに  間に重きを  どっちに重きを  式服礼服に重きを  感性に重きを  下に重きを  それと重きを  料理法に重きを  覚悟如何に重きを  培養に重きを  薬物療法に重きを  家庭教育にさえ重きを  客観的景色に重きを  客觀的景色に重きを  客觀に重きを  帝室の重きを  汽車の重き  業界に重きを  其伝襲に重きを  衣袂湿りて重きをも  会話に重きを  城廓に重きを  研究に重きを  うちで重きを  一に重きを  社会に重きを  実写に重きを  価値に重きを  表現に重きを  七色にのみ重きを  文壇に重きを  変化に重きを  なんの重きも  決闘に重きを  それこそ重きを  地なるに重きを  皇室に重きを  写生に重きを  工場労働に重きを  非常に重きを  此宗壽の重きを  左程重きを  夫程重きを  躾けに重きを  御託命の重きに  財力に重きを  銀貨入れの重きも  恩愛の重きに  政治に重きを  威徳に重きを  幾分の重きを  社会人としても重きを  言葉が重きを  技能知識に重きを  判定に重きを  その道に重きを  婦人作家として重きを  講談に重きを  美食として重きを  製菓界に重きを  劇文壇に重きを  美俗醇風に重きを  彼等は重きを  船子等がとりいだす重きは  性格に重きを  風情に重きを  踏査に重きを  内容は重きを  原因に重きを  心理的効果に重きを  余が重きを  劇壇に重きを  理化学教授に重きを  価にのみ重きを  規則が重きを  文字に重きを  さまで重きに  併合罪として重きによって  問題は重きを  部下として重きを  自然科学者に重きを  眼瞼の重きを  量に重きを  排列に重きを  個性に重きを  印象派には重きを  花角力同様と見て重きを  手続きに重きを  ことには重きを  易断に重きを  数学に重きを  結果にのみ重きを  結果に重きを  優美とかに重きを  数だけに重きを  事柄自体が重きを  食事に重きを  形式關係に重きを  上ともの重きを  むしろ量に重きを  理想法典であるから重きを  方針が重きを  自得に重きを  はしに重きを  考へに重きを  岩などは重きを  元来空気より重きを  私は重きを  意見が重きを  先に重きに  典型として重きを  例外に重きを  理由は重きを  十分の重きを  今日氏が重きを  マルクス主義哲学者として重きを  賞は重きに  罪は重きに  語に重きを  ものが重きを  人生に重きを  生命に重きを  萬葉の重きに  事件に重きを  地方に重きを  云ふに重きを  人権の重きを  

~ 重き[名詞]2
最も重き  相当重き  あまり重き  この重き  その重き  特に重き  もう少し重き  ひどく重き  それほど重き  存外重き  さして重き  頗る重き  たいして重き  そう重き  漸く重き  なかでも重き  ますます重き  まるで重き  余り重き  いよいよ重き  なんら重き  ひたすら重き  いかに重き  極めて重き  依然として重き  やはり重き  あんまり重き  毫も重き  かく重き  とりわけ重き  甚だ重き  

複合名詞
いちばん重き  重き百葉  重き罪  重き惱害  身分重き人  重き御身  重き幾倍  舌重き  馬重き  位重き  重き夜  餘程重き  恩重き  重き夜半  心重き  情状重き者  重き罰  候重き品  重き起伏  重き煙草  重き咳  重き役人  重き越度  重き唸り  重き靴音夜  重き人  重き枕  重き沈黙  重き裏門  鉄重き橋  汝慾重き  重き空気  自然重き  風病重き  重き小豆一荷  自ら罪重き  重き態度  重きいたつき  重き東京  重き苦しみ  風重き  エボレツト重き  重き衣  一〇二重き物體  重き物我  重き報い  一番重き  あまり重き  大分重き  重き彼  重き軛  皆重き  余り重き  重き琵琶  重き愉悦  重き推移  



前後の言葉をピックアップ
おもかろ  重かろ  面変り  重き  おもき  重く  おもく  重くっ  おもくるし  重苦し


動詞をランダムでピックアップ
立てかけ申し出でる建ち並ぶ書きたてるすきとおらにぎろもぐる起てるひびかす請せひわれる差出さ引っ越すもどぶったくら唱えれ蹶る立ち止まりしてやん突っきろ
形容詞をランダムでピックアップ
にくらしきおもい楽しかっ手強い眩うふるくさいなまめかしきみめよきはしこくありがたくねばり強くあわただしかっわかいやすけれあつくっ易かっあまずっぱく金臭い鈍い