「重」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 重[形容詞]
ちと重  兎に角重  嚴重  ミ重  つと重  三河権守重  極重  あんまり重  まり重  どくどく重  黄色い重  やっと重  から重  度重  よほど重  至重  黄色く重  幾らか重  其重  叮重  かなり重  さも重  的重  ない重  何だか重  昼間重  底重  つねに重  だいぶ重  いやに重  ん重  ずっと重  少し重  更に重  此幾重  るる重  つて重  次男重  武田重  思いの外重  よもや重  稀重  鳶重  大抵重  ずいぶん重  廿重  分厚い重  つめたい重  いくらか重  お気重  うから重  なんとなく重  黒松重  回重  一番重  復重  互に重  ひどく重  しろ重  恐ろしい重  又重  積重  駿河太郎重  ぽい重  いかにも重  遂に重  円く重  実に重  ションボリ重  なかった重  公重  次第に重  すでに重  如何にも重  山一重  深重  甚だ重  次郎重  改めて重  いつか重  よっぽど重  そんなに重  教重  いと重  千代重  相当重  どうしても重  づゝしりした重  づつしりした重  めっぽう重  たとえ重  いろは重  たいそう重  びて重  とにかく重  その後重  ぴつたり重  よい重  もはや重  尽客重  暗い重  るい重  さ重  青い重  みずみずしい重  優しい重  円山重  君子重  一段と重  全く重  石塚重  まず重  襲重  まるで重  大変重  ほっと重  とっても重  近き重  ぐつてゐられるので重  鈍く重  リテ重  等しい重  大きく重  たいへん重  ハリツメタ重  夜重  鈍い重  突如重  少々重  猶重  

~ 重[形容詞]
天窓が重  故意に重  いもの重  太陽の光を重  酒三升は重  友情の重  頭を重  小学生の重  これは重  不思議な重  目方の重  つまり刑罰の重  心の重  法の重  錘の重  頭の重  言葉の重  千斤の重  奥の重  二十六ポンドの重  灰色の重  私には重  自分の重  布団の重  ヘリウム原子の重  四倍の重  水素原子の重  本当の重  すべて物の重  あまりの重  器が重  ハードウエアの重  公課負担は重  責任の重  足先との重  鋤簾は重  馬が重  それが重  尻の重  盆を重  封建的な重  男子一人の重  最大の重  日本の重  体の重  娘は重  空気が重  段平が重  人生の重  全身の重  給水工場の重  一日一日に重  蔓草の重  適度の重  柿が重  負担の重  割には重  一に重  位の重  十五万キログラムの重  六十五万キログラムの重  全体の重  何れだけの重  此の分銅の重  地球の重  すべての重  ひとの重  気分の重  さしもに重  事実の重  首の重  棺桶だけの重  観念としての重  體は重  頭巾の重  周馬は重  騎兵士官の重  東湖は重  頭は重  鏡の重  石の重  睫毛が重  飛行船の重  何か重  彼女にとっての重  万斤の重  体重の重  手錠の重  足の重  生活に重  婆さんが重  花自身の重  実の重  体が重  任務は重  なんでも重  風の重  雪の重  関羽は重  厚みと重  感情の重  私に重  非常に重  さ地球の重  モートルの重  合計五十キロの重  寄託は重  度に重  瞼を重  物の重  躯は重  やうに重  自然の重  国家の重  俳人に重  鬘を重  中には重  ところの重  牛は重  彼女にも重  膝の重  産も重  間に重  文字の重  決意の重  オレの重  貨幣一枚一枚の重  武田の重  照は重  養子の重  積が重  日常生活の重  荷が重  泥の重  頭が重  並み大抵の重  本の重  足を重  血の重  三人トランクを重  一諾を重  年こそは重  結綿を重  姿に重  トランクの重  中身との重  羽毛ほどの重  頭部の重  主人が重  具合に重  それ自身の重  水量の重  もの袋が重  演説口調で重  森源の重  資格を重  一日の重  社會の重  胸には重  外套ぐらいの重  宇宙服の重  底にも重  一ぱいを重  矢張り疝癪の重  生活の重  天井の重  土の重  身體も重  建物の重  袂を重  心配の重  どれ位の重  私の重  真弓は重  上に重  初めの重  罪業の重  縮緬の重  若い肉体に重  かたへ重  意味の重  袋を重  それらの重  右手に重  みな心が重  四つ手網を重  身体の重  のか重  儀格とを重  蒲団を重  身体に重  制度が重  二つ程重  象の重  音を重  裳を重  桑を重  吉岡家の重  袖の重  からに重  琵琶を重  夜露に重  特権の重  咽喉は重  労苦は重  自身の重  鼠色の重  ハガキが重  大小の重  馬勒の重  恰幅の重  御主君の重  彼女の重  雪は重  盤石の重  束髪が重  負担が重  大任の重  腰の物が重  責任が重  空気の重  バスケットを重  一ぱいになつたバスケツトを重  海綿の重  鴉が重  組織内での重  チャンと重  態の重  足が重  皇位継承などの重  足は重  荷物の重  執着の重  かめの重  索の重  人の重  米が重  山形地方裁判所にて重  死の重  薄馬鹿の重  二人ばかり重  弥兵衛が重  大小も重  背後の重  銃を重  腹の重  活字の重  上半身を重  骨組の重  厚みも重  濃霧を重  オソノは重  一ツが重  様に重  トミ子は重  喜兵衛も重  者は重  大番頭の重  聟は重  番頭の重  身内は重  あなたも重  加久が重  一歩も重  脳髄の重  種子の重  上を重  気圧の重  ほうが重  親分釈迦堂の重  一人が重  木の葉の重  らんべの重  露が重  アラカタ百斤の重  醫者が重  櫛笄が重  どれだけの重  さも重  ことは重  沈黙の重  役の重  弥兵衛さんの重  胸に重  彼は重  無限の重  上の重  電動機は重  實の重  鬢を重  指に重  首で重  バターリバターリと重  ものを重  さは重  於て重  雪が重  千仭の重  鞄を重  一枚の重  ユラリユラリと重  これ以上の重  胴巻の重  風呂敷包みを重  八重桜が重  此の重  三個の重  自分は重  蝋燭を重  封書の重  範囲内の重  ソ連軍の重  方から何かを重  自転車を重  翼の重  手前の重  懐中が重  桃を重  んは重  おれには重  薪束の重  権力の重  三千トンの重  二十五トンの重  怨みも重  思案顔を重  自信の重  さきに重  一身上にとってよほどの重  黒髪を重  事態は重  要用のみ重  事件の重  環の重  一丁と重  足も重  人物の重  荷物を重  意義の重  正味一万二千トンの重  さや重  人ひとりの重  程の重  背後には重  気もちが重  ペンの重  釜の重  線は重  独軍の重  知力にとっての重  役目の重  質量の重  目方は重  M子が重  ズックを重  懐疑の重  もとの重  男が重  人間的には重  ように重  荷は重  背広に重  甲谷は重  目蓋の重  みよ子が重  顔を重  本が重  名誉を重  百斤の重  庭下駄を重  星武太郎などの重  なにかしら重  油壺を重  ひたいを重  闇の重  その他合計四貫という重  これだけの重  上流の重  考えの重  土器の重  目蓋も重  百五十斤の重  方たちが重  背後からはさも重  以前ヅツシリと重  旅行鞄を重  軒は重  気球に重  人間の重  指には重  けつを重  少女は重  骨の重  黄金は重  飾りも重  素足に重  雨の重  妙に重  平等とを重  月給袋の重  ものの重  近代的高利貸の重  風習の重  まわりの重  手桶を重  拒馬を重  放埒病の重  島田は重  妻が重  君達の重  百五〇封度の重  金貨が重  古代の重  類型の重  実が重  カンヴァスを重  凡ての重  子が重  衣裳の重  万鈞の重  使命は重  ドノバンは重  背中に重  輪の重  任務の重  ことの重  さと重  水の重  都会の重  十倍も重  八の重  つて紙一枚の重  紙一枚の重  お前の重  京子は重  子どもの重  伝統の重  上部が重  道徳上の重  液汁の重  大望が重  なほさら気が重  気が重  心が重  破綻の重  行手の重  由子の重  傷は重  累々と重  学界に重  相当の重  一様に重  ために重  意志の重  表情の重  紙片の重  鎧の重  お腹を重  夜具の重  泰子の重  屍体を重  りんごの重  背負つた米の重  馬は重  あれほど重  雨で重  額の重  露の重  定吉は重  腹部の重  穗の重  疲労の重  仕事の重  たしかに猫ぐらいの重  づその重  この間まで重  何んの重  柱の重  屋根の重  掛け物を重  余りの重  農村の重  罪の重  肉體の重  宇宙一切の重  アコーディオンの重  荷の重  籠を重  どれほどの重  小判の重  残飯桶が重  懺悔の重  赤ちゃんを重  千貫の重  詩人寂寞の重  水甕を重  臣子としての重  毛が重  人々も重  箱を重  瓶を重  水滴の重  油絵の具の重  

[形容詞]
重さ  重そう  重太郎  重ネタ  重病人  重から  重すぎてだめ  重すぎること  重すぎる傾向  重味  重兼  重源  重大事  重悪人  重過ぎると云  重役人  重すぎる位  重のもの  重瞳子  重飛脚  重すぎるため  重すぎる税  重兵衛  重だるい  重すぎるの  重ぜら  重過ぎるほどいかめし  重すぎる仕事  重過ぎては走り  重のうしろ  重二郎  重至極  重みゆき  重熱海  重つた  重にとり  重砲兵  重クローム  重大使  重すぎる生活  重軽工業  重五郎  重ん  重ン  重ぬるも任意  重犯人  重若干  重すぎると思うの  重すぎる使命  重たげな恰好  重時  重禁錮  重すぎるん  重二郎さん  重過ぎること  重篤  重もな人  重たげな寝衣  重あなたに  重以上  重すぎるという意見  重物質  重爆弾  重役方  重トーチカ  重はい  重だって  重がだんだん  重て申  重種  重清  重砲弾  重厳粛  重すぎる桶  重おもしい  重が青年  重の  重過ぎるきらい  重ぜられ候  重すぎる名  重て禄  重て麻布市兵衛町  重て贅  重うご  重阿弥  重ぜられる聡明  重患者  重ずん  重過ぎるよう  重平氏  重鱗茎  重さくら  重過ぎると思  重て人  重心の問題  重すぎるもの  重のところ  重て箇様  重すぎるスリ  重工業地帯  重大関  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
重さうな車の軋りが  重を措かず  重に現物を主として手堅くやっていたし  重なつてゐましたし  重から澄子が出て来た  重なつてゐるかも知れぬと思ふ  重に片袖を掛けて  重の人であるから必ず念仏をして  重なつてゐたが  重からしめる  重に北方に行はれるからでもあるが  重なつてさう見える  重なつたやうな袋を持つた  重なつた半腐りの  重なつた死木や死にかけた  重なもので都都逸二上り新内のやうなものは滅多に聞かれません  重に茶屋受の客を迎へてゐたのに  重に茶屋受の客を迎えていたのに  重に団菊両優の狂言幕明幕切の木を受持つなり  重に当地あるひは  重なる役人は帰宅をとめられ  重にして  重やかなる  重に東西線と南北線とに竝列してゐるが  重なる雑誌でさえが其執筆者又は寄書家に相当の報酬を支払うだけの  重なる味方だけを拾ってみると  重からしめてみせるから  重な方々に来て頂いて  重なつた山々の姿がパノラマのやうに眼に這入  重に思索生活に沒頭した  重にフーフーと呼吸してゐた  重なものを擧げれば  重くるしくなりました  重ぬること推古天皇様十五年より宇多天皇様寛平六年迄二百八十八年に及び  重な史料として研究したら  重なる點から云へば僕を輕蔑する  重ぬるに従い漸次統計年鑑の類に及ぼすべし  重に大正十二年震災あって  重ありと云ふべし  重な問題があるとせられている  重に禅宗のお経をみんなで読みます  重に文躰にありしを以て見れば  重な収入はわく  重な顧客としてゐる  重を措いた  重なつた山山の絶頂まで一面につらなり  重に呼吸を吸ひ込み  重に気のはらない  重なつてくるにつれて  重に詰めるだけで  重の殺人犯と認め  重の此岸を捨てて  重ぬるはや三月日に日に草ははぐまれて葉ゆらぐ  重な罪を決めましたが  重な用事になっている  重に佐川の令嬢の相手になった  重なる雲が一つ所で渦を捲いて  重くるしい塊は少しも軽くはなりませんでした  重も相な獲物をぶらさげて居た  重を着けて沈めた  重を着けられて  重にしてありましたよ  重に着いていましたが  重を附けられて  重を着けられて沈められ  重に縛られた  重だった親類たちに示して  重なつてゐるが  重なものをいえば  重に支えられていた  重だった大臣たちに一冊ずつ小さな本を渡し始めた  重とう御座います  重吹いて見えないほどの  重にイタリイやアメリカものの上演される  重なつてきた  重なものに共通する  重なるは麺麭に作る  重にめぐってきて  重を置かぬ  重もくるしい跫音がした  重の衣も納めつと聞く  重なりぬ二三片牡丹剪って気の衰へし  重を置き  重に張之洞の意見に本づいた  重な學科となつて居る  重でご昼食を持ってくるので  重を載せて  重の二字に就いて  重の極惡人に對しては  重に從つて處罰せなければならぬ  重なる原因の一つと認めねばならぬ  重じて居ります  重くるしく圧しつけているらしく  重に馬鈴薯を作る  重に書かれた  重に北の方を歩いていたが  重に士族とそれに属した  重な蕎麦やがあるくらいな  重なる傾向となるべき  重ぬるに従って増して行く  重ぬるに從つて増して行く  重に文學に關係した  重なり繋がり合っている  重なつて門を覗いた  重なッて髪の外面を包んで居ます  重に横浜と東京の間を行通いして居ると云います  重なつてゐる  重な人々が五人十人毎日集まっては  重なる電話にうろたえながらも  重からし  重なる家臣は知っている  重にして書いた  重だったものに俳優座と文学座と新協劇団と民衆芸術劇場の四つがある  重だった一人がそう云って  重だった家臣にも一応通じておかなければならない  重に酒を添えて来ている  重に織物ばかり致します  重かるべき罪も軽くなる  重もなる  重の提案にして  重なる人が先に立ってやらないまでも  重なッて見える  重を置けども  重だった氏子にまかせた  重を近くの小石の上へ置いた  重なる県官の椅子は段々とそれらに与えた  重もに鼓吹した  重の内脱ぎ捨てし  重なつてゐて  重に書いてあります  重なつて居る  重に横田夫婦に関係した  重なる異変に気も心もすっかり転倒しつくした  重な策をめぐらすでも  重も相に開いたり  重だつた人々に赤彦君の疾病の経過の大体を話し  重に話しをしかけた  重の台に出る  重を踏んでみたとする  重に禅を修行する  重に菓物の味を土台としますから  重へ詰めておいた  重とやらの故右大将家の御実子を御仏の再誕と称して  重な範疇論を挙げるならば  重ぬるも到底弁護の効はなかるべし  重を成したるは  重なる怪奇現象に対して全身の勇気を奮って闘っていた  重なところだけでも見て  重なる理由の一つになる  重と争いぬ  重なる凶事に見舞われた  重なり腐った  重なつた物語で見れば  重だってお考えになる  重にとりし  重で袋仕立てになっているた  重に詰めて  重なつて居た  重映されて  重くるしい悪夢のような雰囲気が立ち込めている  重な註釈をつけている  重な暗示をなしている  重に赤地へ黒と白との模樣がある  重を私に返しながら  重がつけども一羽背負つて来たのせえ  重の関係に立つてゐたといふ  重に鳥瞰図的なる山水村落の眺望を主とし  重なる制作中殊に泰西人の称美する  重なる新聞の夕刊をすっかり買い込んで帰って来た  重な肉霊の輪廻をまざまざと知覚する  重が青年会のことで篠田様に何か叱かられて  重なりを左右に拡げる  重に若い男女であるところを見ると  重なる怨み今ぞ晴す  重の職分とする  重な物は見せてし  重な物は聞かせてし  重なりを見るにすぎなかったか  重だった布施は皆紫夫人が調製させた  重ぬれば炎となる  重の来るまで  重にアルコールに侵されるらしい  重に赤坂区に住んで居たから  重なりを望む  重なりを見ていると  重なりの間に浮いた  重ぬる業とも知らで  重にお清とお徳が行っていて  重に私ばかりだから私さえ開閉に気を附けりゃ  重からざるを得ない  重じねばならぬと思ふ  重な罪惡感を千登世に感じない  重なる招聘にも応ぜず  重にうけ持つ  重なりを行うてゐますが  重なれるものを去て  重に秩父側の栂の林の中を道が通っている  重役だつていつたり  重だった役員を連れてきて  重な仲間が四人同じ所に坐って  重を負る者は我に来れ  重じなければならないという  重なものかと考えて来ると  重なつて泳いでゐる  重なつた二つの山の輪郭がいよいよ鮮かになり  重でそのほかに椎茸木炭などを作り出すと  重な人たちに事の無かつたとだけは解して  重なつた血をわけた  重なる要求に応じかねて  重くるしいのに裾が開きたがって  重に晩の一度分の少量な食物を届けます  重なる私塾の一つに数えられていた  重ぬるに従って益々この懸念が濃くなった  重て麻布市兵衛町の貸地を検察す  重に女の子供に起る  重に貧血だとか営養不良だとか心臓虚弱などから反射的に誘起する  重に父親と田中とが語った  重もに參考されたかと  重なりを透して  重かとおもふ  重の中の牡丹餅を食べてしまって  重を置く  重とし  重なる傾向について見れば  重を取り出し  重に千鶴子より伝われるなり  重ぬる不満は穂にあらわれて  重なつてゐた  重ぬとも尽き  重に嫉妬が原因となって  重に彼の女の正直と低能へ向けられた  重ずることは深き意味を有するらしい  重な会社の船ぐらいは識別出来る  重なものがある  重な原因はその詩型の上にあったと思う  重に働かすと云う  重に創作の方をやる  重うく感じて来ると  重くるしく感じられてたまらぬ  重の間につややかなながしめくれてまいの  重に点頭いた  重にこれを支配して  重な動機の一となつて居ると思はる  重な動機になつて居るといふ  重くるしくとじこめている  重の自覚を呼び  重の人間だと観念するより  重のままで歩ける  重の原則を明にし  重をなした  重に其意味からばかり勝敗の成行を眺める  重からしむる  重くるしくなって来ていた  重ぬるをえず  重とわかりました  重なつて來て居る  重なる原因の一つと申さなければなりませぬ  重に女中の手に任せられる  重なものとなって  重に境遇なりしと  重に学生の集まる  重もに説かる  重もに何を説くかを  重だった人民に属する  重な人の生命を安固ならせる  重の口伝あり  重の仕形だけのもあり  重だった芹沢派の清掃が済んで  重くるしくし  重の悪人として自覚せざるを得ないであろう  重ぬるごとにかなしみも重なりてゆく  重なつてゐます  重じなければならぬとは  重な色調とした  

~ 重[名詞]1
教義には重を  衛生を重  場にいあわせた重  山西では重に  事件が重  奥の重から  番号が重  蒔絵の重に  村の重  庄吉も重  研究を重  貫禄を重から  發掘は重に  肩に折り重  二つに重  のは重に  附近には倒れ重  追分などが重  中米楼は重に  狂言方とて重に  事にて重に  不行届き十度を重  附近を重に  物をいふ重  これ等は重に  等二三の重  名を重から  町の重  斜里岳漂津の重  間私は重に  玉が重  外に重  私は重  国交を重  何を重  練習を重  千鈞の重  彼の重  國人を重  關東に重を  四つに重  それは重に  一音二音と重  幾度か重  これ等が重  誇張が重  月を重  八つの重  彼の求めてる重  梅子は重に  談話は重に  中につかえている重  手に重も  真中へ重を  奴を重に  綱が重に  海中へ重を  手紙を重  三つも重  其開發者の重  山よりも重  頃の重  ことが重  外国物それも重に  背後に寄り重  方面を重に  物質界に重を  疑問を重  縁側に上る重も  徳育に重を  讀經に重を  これは重に  國文學などが重  漢以後に出た重  家族制度を重  幾つも重  葉の重  法廷を重  ものが重に  出前を重  教に重を  今後の重  年を重  話題は重に  一所に折り重  鱗が重なり重  上り今では重に  大船山高岳と重  技術派の重  九鼎大呂より重から  批評を重に  劇団として重  うちの重  土地にいる重  自白すれば重  自由党総務委員を以て重も  解散を重  来遊外人の重も  伯を重から  先づ舊自由黨總務委員を以て重も  來遊外人の重も  影に重  隣に重  苦に病んだ重  文学小説に重を  上に重  従事する重も  課長や重  元気で重もに  うえに重から  入江が折れ重  手紡ぎの重  ことが重に  事が重  潤ひ重  編を重  同人の重  西洋菓子は重に  種類にぞくす重  千言万語を重  九鼎大呂の重を  一應山内の重  選択せしめた重  軽は重と  部門から重  罹災後の重  落葉の重なり  不幸の重  方が重  のが重  枕木は重に  上に積み重  月日ばかり重  雨雲が被り重  クローズアップに重  陰惨で重  誼を重  風呂敷として染めて重に  作は重に  文調は重に  其出品は重に  出品は重に  先頃も与重が  危険を重  者が重に  褄先の重なりを  法事についての重  火を重  浪の重  失敗を重  これを重  上にぞ重  運動神経のみが重に  社員の重  絵は重に  市場へ行く重  夏が重  ことは重に  僕は重に  用事が重  峯の重なりを  三山の重なりを  不忠を重  事は重に  ものは重に  肩に重から  誤解の重  音楽的表示法を重  音覚を重  狂言とを重に  幾つかの重なりを  会社の重  工場の重  重役や重  森本と重  ものも重に  責任を重  原因の重  鯛が折り重  頃から重  栽培が重で  角に重  信州といつても重に  祭祀を重  従妹からの重  綿入に着かえて重  東京の重  回一回と重  中頃から重に  書籍を重もに  試驗の重も  木の葉の重なりを  鉛の重か  変に重  変化に重を  叙事に重を  孰を重と  九訳を重  変遷の重  変遷を通じて見られる重  縁に重  廿文字にからげし重  消息は重に  憂いに重  しんとして重  北の重の  二夜を重  晩食を重  事情から重に  申を重  様に重  芯は重  心配も重  關係などが重に  此自然主義の重  論議の重  空を重  それよりも重  やうに重  之を重から  齡を重  ように重  臨時工が重  一ドラムマの重  章を重  考へが重  始め賭博場の重  流れが重  遺伝を重と  勉むるに至りしは重に  時分から重に  なほ五度も重  食を重  関係が重もに  講壇は重もに  諸島の重  家の重  問答を重  回を重  気圧を重  杯を重  いくつも重  傳統を重  着物を重  紫とを重  

~ 重[名詞]2
深重  あつく重  其の重  その重  種々重  つめたい重  白く重  かく重  時々重  この重  ちょうど重  高く重  繁重  なく重  最も重  すでに重  極重  

複合名詞
二重三重  二重  崇重  昨夕三重吉  午後三重吉  三味線鶴沢重造諸氏  鶴沢重造氏  二重生活  二重屋体  二重家体  串柿半重  二重糸  一重  ツイ障子一重其処  此持重説  二重顋  三重  千重  七重  二重硝子  二重以上  黒羽二重  八重櫻  同様二重  四重  二重顎  八重  壁一重  壁一重越し  十重  二十重  二重性  千重七年ぶり  皮一重  二重人格  二重ガラス  二重写し  何重  細工羽二重  二重屋根  重兵衞  宮司重兵衞鵜  一重事実  昔七重  九重  三河権守重兼  その後俊乗坊重源  相模阿闍梨重宴  勧進俊乗坊重源  俊乗房重源  重源  其輕重  重付二説長一令レ申  廣重  壁一重向う  八重七合  五重  法隆寺五重塔婆  三重四重  ぼんやり二重  寝巻一重  二重焼つけ  塀一重  一重向う  重目  西重門  閾一重  将軍家重  二重マント  八重垣町  硝子一重さき  二重まぶた  一重まぶた  傘一重  六朶園荒井雅重  一重桜  板一重  二重窓  八重ざくら淋漓  二重頤  二つ重  二重籠め  三重四重  黒羽二重  幕一重  一重山吹  上田先生一日鉄無地羽二重  二重丸  二重底  垣一重  一ツ一ツ一重  體二重  至大至重  最大至重  白羽二重  一重瞼  飜つて廣重  一重づゝ  二重瞳  重刊  二重廻し  三芳重造  一重羽織  八重ひとり  八重ちや  八重達  図八重  茶坊主大場重玄  大場重玄  二重橋  一巻九重天  一巻九重篇  南宗派乾流九重天  硝子一重  布一重  三つ重  重感  垣根一重  伏重  二重人格者  二重人格者河村八九郎  二重心臓  四重ぐらゐ  今一重別  二重紋綾  紋ハ二重  壮重  二重らせん構造  ぼろけた重  実名船越重右衛門  真壁幹重  二重壁  十重二十重  二重戸  一たび二重橋下  側役八重  召使い八重  二重外交  基本的二重性  二重性格  気象学的二重性格  人間的二重性  由重氏  飼人十合重兵衛  時服ひと重  振り袖一重褄模様  二重構造  重地  無地羽二重  障子一重  重兵衞さん  言つて重兵衞  手重  十三重  二重服三重足袋  其硝子一重  簾一重  八重垣旅館  壁一重先  八重丸  金子重輔  襖一重  一重物  二重取引  公私二重  戸一重  上六重  八重其方  恋女腰元八重  腰元八重  八重め  ため八重自身  恋人八重  明朝八重  かお八重  八重以外  二重意識  襖一重隣  頼重  八重姉弟  武田重二郎様  二重廻り  平時二重橋前  八重姐さん時分  つて重  衣二重著  竹垣一重  二重存在  一重外套  みな二重生活  十二一重  一重彼方  水軍十重二十重  二重鞄  幾重  八重次  偶然三重子  霧一重  二重屈折  とき黒羽二重  唯一重  絹一重  羽二重  百重原  隱魂都百重河内  松本重清画酔月亭撰新橋雑記  一重奥  二重働き  一重働き  古人簡策繁重  膝八重  一重下  二重相  一重芥子  二重棚  ため二重  年重  人物加来典重  雅重冬菜  加来典重  加来雅重  父典重  兄雅重  雅重  典重  三加来典重  陰重  二重圏点  相似形的二重露出  一重外  検非違使右衛門志村主重基  通路一重  今日九重  七重八重  人心自ら持重  天ぐもの八重  雪一重  味噌一重  千八重  垣根ただ一重  二重家體  八重一重さく九重  八重吉  その他重  紋八二重  薄紙一重  媚びをつつむおとがいが二重  八形八重  膜一重  七重八重花羞  つた一重まぶた  木和田五重五郎  木和田五重五郎  武蔵住安重  桜間八重吉  罪重  一重の  一重帯  二重政府状態  二重政府的情勢  一重一重  二重金  ぐ万重  重賞  儀ハ幾重ニモ  至重  靴下一重  一重底  つて二重丸  二重的  二重物  二重関係  二重とき  一重裏  二重結婚  十重廿重  四重五重  二重木戸  三十六重  二重廻  窓一重  全部二重  三枚重  奈良七重七堂伽藍八重桜  つまり二重  二重苦  恰度二重  袷一重  傳レ重  レ重  祭事尤重  刪復重  帷衣一重  八重垣流  都合三重  聖重挽馬  名物羽二重団子  伊勢重  襦袢一重  二重反復  中島重左エ門  塗師重  八重姉さん  麻布一重  室一重  二重張り  黒羽二重の  奈良七重  重金  谷一重  則重  十一重  八重垣姫  白重籐  金森重四郎  二重戸棚  二十九重  重さん  半分以上二重廻し  布一重隔  威重  持重  づ九重  足助重範  紙一ト重  二重転売者  屏風一重  四重印籠  西園寺中納言公重  公重  公重ら  頭五郎吉重  島田重礼先生  八重垣  最近八重垣  襖一重向う  蔦重  一重椿  二重リング陣形  一重博多  寒中一重物  数重  二重映像  弁証法的二重性  壁一重隣同志  垣一重道一筋  五百重  臺建てんか八重垣  千重敷浪  大高二郎重  八重錦  家中岩見重左衛門  重氏  中納言公重  河越高重  時服二重  其皮一重下  一重蔓小牡丹  文士相重  すべて二重  押し重  道一重向隣  歴史上重  師重  大宮司宗像氏重  宗像氏重  八重一重  ガラス一重  曰ク八重垣町等ハ僉廓内ニシテ再興以来  二重眼瞼  大納言公重  二重三重四重  黒羽二重五つ紋  二重三重生活  多分二重  鼠色羽二重  西園寺大納言公重  二重負傷事件  二重霊魂  板倉重矩等  板倉重矩緋縅  役僧教重  教重  時壁一重  五重目  四重目  通り十重二十重  三重さん  此垣一重  六郎重長  八重霞一重  八重一重  八重霞  落ち重  総長小西重  兵衛重種  中沢重種  二重星  二重線  二重螺旋形  十二重  山一重あなた  日八重  頃八重  八重今  八重何  二重梯子  紙ひと重  紺地羽二重  煮付物一重  千代重  千代重さん  真実千代重  千代重君  襖一重距  沢木重武  宗重君  黒羽二重五つ紋  四階絹織物銘仙羽二重  此二重生活  ひと重  縮緬羽二重  二重性質  七重櫓  六重  二重曝露式  二重船底  二重張  みな一重  重愛  複式二重  八二重  瞼一重  今度宮城二重櫓下  女十二一重  二重櫓  八重百合  宮城二重櫓  たび重  襖一重向  能登羽二重  紋つき薄色一重  浴衣一重  課長等重  廉一重  まり一重次  西村重長  門人古山師重  八重垣落し  二重外套  九重雲  妹八重  づたかく重  一重茶  一重距  煉瓦一重  十三重まがい  重者滅二其門戸及親族一  二重政体組織  二重政体  またの名重長  鴛鴦瓦冷霜花重  林同様七重八重  戸田重右衛門  一重目  八重山吹  八重一人  八重ツ子  八重ツ子がら  先づお八重  二重ガラス越し  赤松重造  壁一重隣  八重坊  関一重  二重ガコイニシテ厳重ニ拵エタ  二重牢  襖子一重  五重半  二重発展  紅羽二重  高重君  高重さん  遣戸一重  庶兄頼重  藤田重右衛門  角重右衛門  二枚重  殿様始め重  二重造り  起重車  唐紙一重  腫れぼつたい一重瞼  八重齒  甲冑五重  二重マル  天守五重説  外見五重  持重派  円山重阿弥  鈴田重八  眞重  あはれ皮一重  二重三重取り  物一重  七重塔一区  二重腮  黒羽二重紅裏  壁一重向  禍福塀一重  糸重  糸重様  糸重さま  重さん一寸  づゝ八重山吹  月日斗重  木村重浦  九重嶺  本重町  二重権力  百重  振袖一重  宗重  輸出羽二重  愛妓八重  一重ごと  二重襟  場合二重  重相  二重錠  二川重武  八重次唖  昼前八重次  妓八重福  妓八重福明治屋  重乗禄  夜半八重福  妓八重福幸  夜八重次  巴家八重次藝者  八年前妓八重次  二重人格式  十重八十重  ただ一重  霞一重  黒羽二重五つところ紋  佐原重兵衛  ガラス一重外  二重運河  山一重  重ちゃん  二重陰  艶書二重封  大分重  寺部城主鈴木重教  岩室重休等  牡丹桜八重桜  それゆえ二重  兼重  今一重  斎藤重作君  二重レンズ  尾沢重太  二重デッキ  まま二重廻し  これ一重  一重咲  百重アルナリ  重性  二重咲き花  通常一重  八重天蓋  二重衝突  一重二重  恩讐壁一重  陽重  二重トンビ  いま二重  八重ざくら  絹羽二重  床一重  十重二十重山  二室越二重  廻つて二重トンビ  鈍びし二重  二重鏡玉像  二重母韻  二重扉  袖袂一重もつ  一重ほり  七重高塔  二重天井  二重圏点つき  一重うしろ  二重枠  簾戸一重  二重印籠  五重物  紺地二重ボタン  鉄無地一重羽織  二重性格者  あと二重  藪重  本間重  重すぎ  三上重四郎  三上重四郎  積重  赤星重右  八重ちやん  四重張り  上り五重  八百重  三重殺人  江戸太郎重長  背中一重  一重顔  九代将軍家重  今二重  横山重氏  二重奴隷  二重マワシ  七重花さく  八重花栄ゆ  重語  恰度垣一重  二重的性格  白羽二重一重  三二重  むる三重  大小二重  舍人皮疊八重骨  嚢三重  子三重  八重垣八重言代主  壁一重こちら  八重むぐらが  大官大寺九重  二重柵  みな二重  番重  八重縦横  五重巍然  横山重さん  膳七重  二重負担  煤びた障子一重  二重生活者  自ら二重  裏急後重  二重二重  二重門  二重封筒  扉一重  ため壁一ト重  一ト重  上杉頼重  十三重塔  画家矢野吉重  吉重  抱え絵師矢野吉重  矢野三郎兵衛吉重  晩年吉重  矢野吉重  八重九重桜花姿絵  白羽二重一匹  四ツ目垣一重  雪浪萬重  一重ガラス戸  二重像  



前後の言葉をピックアップ
オモ  重母音  おも  生茂  重労働  おも  思いださ  思いだし  思い煩い  思いたち


動詞をランダムでピックアップ
買わし治ろ嵩じれ曲がれ受けとり麾きかぶせろ突き出る振い落そ訛る言い触らさ臨も祈ぎかきこん行えるしたう払え喪い植わっ編み込ま
形容詞をランダムでピックアップ
幅広うすさまじかっ痛痛しこしかわいらしかっいたく人間らし等しつよい惜し腹だたしく術無く小高いむつまじいさうなきやかましい悩ましい願わしきか細く