「遠き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 遠き[形容詞]
道遠き  こと遠き  物遠き  ぢ遠き  事遠き  縁故遠き  なお遠き  きの遠き  所遠き  さては遠き  且つ遠き  やや遠き  弦月遠き  東海遠き  碑銘遠き  クララ遠き  浪遠き  ふるさと遠き  人遠き  声遠き  人里遠き  決して遠き  糧道遠き  日遠き  甚だ遠き  ら遠き  まだ遠き  ふたつ遠き  奥遠き  なほ遠き  たちまち遠き  我家遠き  雁が音遠き  げ遠き  いま遠き  超然と遠き  白雲遠き  いかに遠き  遠き遠き  途遠き  少し遠き  まろ遠き  余り遠き  末遠き  源遠き  最も遠き  人形遠き  しきりに遠き  む遠き  廻り遠き  濤音遠き  故郷遠き  音遠き  さながら遠き  路遠き  すべて遠き  村遠き  瞳遠き  青く遠き  外遠き  恰も遠き  江山遠き  空遠き  すでに遠き  ほいと遠き  さらに遠き  いと遠き  次第に遠き  ヤ遠き  白く遠き  

~ 遠き[形容詞]
ぶりは遠き  百里の遠き  海の遠き  遙に遠き  我等の遠き  カメロットの遠き  われわれが遠き  人を遠き  故里は遠き  麓に遠き  これより遠き  孔孟の遠き  西涼の遠き  灯に遠き  日の遠き  問題として遠き  つて古典主義は遠き  遙かに遠き  就縛も遠き  千里の遠き  磯の遠き  途の遠き  廊下の遠き  人に遠き  其果の遠き  むかしに遠き  調べは遠き  十歩の遠き  清水に遠き  淺間の遠き  政治を遠き  左右は遠き  街の遠き  道は遠き  信心のともがらは遠き  つもりて遠き  暮家路に遠き  積りて遠き  釈尊は遠き  浮世に遠き  際の遠き  南に遠き  費えなりとて遠き  其心を遠き  日と遠き  数リーグの遠き  岸の遠き  所如何に遠き  さんらんとして遠き  声が遠き  人情に遠き  青年を遠き  これを遠き  鵬程九万里の遠き  色の遠き  主も遠き  時は遠き  眼を遠き  時期の遠き  心は遠き  江湖の遠き  無限に遠き  幸福は遠き  道の遠き  日はいたる主は遠き  麥の遠き  数里の遠き  縁の遠き  實際に遠き  根元に遠き  むかしは遠き  思いを遠き  まなざしは遠き  どこか遠き  自覚は遠き  何十年の遠き  それよりも遠き  二ふるさとは遠き  らばや遠き  會長の遠き  ばかの遠き  絶え間には遠き  いまも遠き  微かに遠き  半日の遠き  学校教育の遠き  三顧の遠き  乗合馬車の遠き  こと数千里の遠き  深夜に遠き  家は遠き  貴族に遠き  目標を遠き  實利益に遠き  古里は遠き  我に遠き  汝は遠き  

遠き[形容詞]
遠き讒誣  遠き情事  遠き山  遠き歴史  遠き洞窟  遠き眼路  遠き彼方  遠き旅路  遠き時  遠き君  遠き沙原  遠きほか  遠き語  遠き峯  遠き家  遠き先祖  遠き所  遠き事故  遠きに去る地震  遠きに走れる人  遠き未来  遠き県  遠きにありて思ふもの  遠き市  遠き公園  遠きこと  遠き名所  遠き旅  遠き雲  遠きは狼煙  遠き昔  遠きは綿  遠き畑  遠き世  遠き弟子  遠き海  遠きより烽火  遠き島  遠き人情  遠きうすい  遠き慮り  遠き將來  遠きを望むいま  遠き土佐  遠き過去  遠き辻  遠き蛙  遠き事物  遠きもの  遠きけち  遠きかなた  遠き日本  遠き将来  遠き日  遠き方  遠きを眺めている様  遠き代  遠きに崩  遠きを辞  遠き意  遠き切目  遠き渚  遠きがゆ  遠き人  遠き朝  遠き島根  遠き静夜  遠き林  遠き岬  遠き鶯  遠きに在るもの  遠き恨  遠きを見て長大  遠き者  遠き噴煙  遠きいにしえ  遠き氷  遠き牧場  遠き空  遠き雪  遠き火事  遠き野道  遠き末世  遠き思  遠き千住  遠き木末  遠き八重山  遠き信濃  遠き事  遠きあたり  遠き延喜  遠き下町  遠き山山  遠き行  遠きを思いわび  遠きやまと  遠き葦  遠き湿地  遠き祖  遠き山里  遠き上  遠き夢  遠きを嗤  遠きに求むという言葉  遠き海洋  遠き殷  遠き道  遠き境  遠きかは一見  遠き反映  遠きより視たま  遠き故事  遠きを思う時  遠きよし  遠き国  遠きかがやき  遠き笛  遠き坑夫  遠きひと  遠き二葉  遠き峡  遠き浜  遠きに遊びて帰り  遠き句  遠き信  遠き赤城  遠き淺間  遠き京  遠き若葉  遠きに可憐  遠き水上  遠き岡  遠きにさしのべら  遠きにすぎさりちひさき  遠き越後  遠き春  遠き地平  遠き街  遠き空論  遠き麥  遠き説明  遠き原因  遠きを追うというよう  遠き深林  遠き枕  遠きは浅葱  遠き朝ぼらけ  遠きほとり  遠き船  遠き嘶声  遠き山々  遠き野末  遠き午後  遠き大川  遠き物  遠き丘  遠きにわたる歴史  遠き森  遠き古里  遠き秋  遠きを覺  遠き西  遠きなからん  遠きみやこ  遠き星  遠き畫廊  遠き蒼空  遠きを都  遠きわたりより守ること  遠きに去る物  遠きより来る下界  遠き以前  遠き源  遠きを行く獣類  遠き汽船  遠き一  遠き永安  遠きいにしへ  遠きむかし  遠き橋  遠き黄  遠き漏電  遠き山中  遠きに僻  遠きところ  遠き處  遠き族  遠きにおいて隣組  遠き未來  遠きもかしこ  遠き鏡  遠き天  遠き太鼓  遠き距離  遠き國  遠きにありて思うもの  遠き涙  遠き縁者  



前後の言葉をピックアップ
とおかれ  遠かれ  遠かろ  トオカンヤ  十神  とおき  トオキイ  トオキョオ  トオキー  遠く


動詞をランダムでピックアップ
譬えれさしはさめ埋めあわせる引き合せ踏みしめよ織りあげ埋め込む禦ぎつけたそ抜き放たひきさがっ時化いそしん摘ん愛する任じ持てれ手古摺っ吹きかけよ剃り落とし
形容詞をランダムでピックアップ
かぼそうあしい気障っぽむなしゅうまっしろい楽しから猛々しくむごたらしく等しかっ辛気臭くわざとがましくすげないか弱く嬉しからがたう心強かろ恐けれたかく恐ろしかっ要心深く