「過ち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 過ち[動詞]
ときにも過ち  私は決して過ち  私はかつて過ち  ものにおいては過ち  日に、過ち  途にして過ち  主命を過ち  予に過ち  時わたくしは過ち  肉を打ちつつ過ち  観聞志もし過ち  態度でなく、試みては過ち  本統に過ち  とき、過ち  身を過ち  

名詞

過ち[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
過ちを犯すならば  過ちを再びしてはならない  過ちを犯す  過ちのように見えるけれどねえ  過ちを見いだす  過ちが幼ないものの未来を支配し  過ちの種となるという  過ちのない傲慢な者より救はれ  過ちを免れて来られたのに  過ちを犯してしまった  過ちを悔い  過ちとはいえ  過ちを責め咎め  過ちだったような気がする  過ちさせては  過ちをゆるしてくれよ  過ちがあったら  過ちを償わせる  過ちを改めざるべからず  過ちを犯すからである  過ちを柱に帰し  過ちを柱に帰して  過ちを忘れてしまい  過ちを償わなくてはならぬと思い込んでいた  過ちでも仕出かしたら  過ちを信じて改めなかった  過ちがありとせば  過ちは犯す  過ちをしている  過ちを犯してゐた  過ちであることが分かった  過ちをくりかえさぬ  過ちを犯さない  過ちや粗に落ちた  過ちはやはり自分にある  過ちは七度これを許せと  過ちではあったろう  過ちを犯させるな  過ちを犯さぬ  過ちを悔いて  過ちだと思い  過ちを許しませんでした  過ちをけっして許してはくださるまい  過ちは犯してならない  過ちを再び繰り返さぬ  過ちが帳消しにされる  過ちを犯さうとしました  過ちなりと言わざるべからず  過ちを犯した  過ちを省みなければならぬ  過ちだとは思いますが  過ちということもあるが  過ちに栓が抜ける  過ちをいたした  過ちあらんことをのみ憂ふるを  過ちなく日を送っていた  過ちを述べた  過ちを謝し  過ちの功名もありました  過ちと云う  過ちの為とは云え  過ちは総て愛と嫉妬から出た  過ちもあるではなく  過ちをしでかして  過ちというものは誰にもある  過ちをしつくしてきながら  過ちのないとは言えない  過ち認められた  過ちはなかろうとおっしゃいました  過ちに似た  過ちでも犯した  過ちを犯さなかったという  過ちを示し  過ちを重ねて居ります  過ちなど聞かぬ  過ちなりけれ  過ちでない事が証明されましたよ  過ちという事には出来ない  過ちも犯さない  過ちを許して上げると言う  過ちの曲り角へ来ると  過ちを承認しなければならぬ  過ちを咎める  過ちなく一生を終る  過ちの多い性質を完全なものにしてくれないとしたら  過ちや其外の事情の為め人殺しの罪に落さる  過ちを自認す  過ちを犯し  過ちだと申していました  過ちがあっても許さない  過ちというものがある  過ちを犯せば  過ちで人を殺しまして  過ちは却って反省の機会になって  過ちではありませんが  過ちが介入する  過ちがある  過ちとは主体と客体とが相互に否定し合う  過ちの過程において或る一般化と或る綜合とを行う  過ちを洗ふにたる  過ちがあり  過ちを恥ぢ  過ちをさとりて  過ちは改め  過ちを身体的拘束や刑罰をもって  過ちなき様になど言ふ  過ちを改めざるを  

~ 過ち[名詞]1
取返しのつかぬ過ちで  私は過ちを  日本人が気がつかずに犯していた過ちを  親のした過ちが  私がつけた過ち  自分の過ち  つもりでゐる過ちの  身の過ちを  覺の過ちを  ためにしでかした過ち  これなら過ちは  朕が過ちを  朕一代の過ち  庸三の過ちを  女の過ちの  ために過ちを  記憶が過ちを  それが過ちの  親の教えた過ちを  彼女に過ちが  擽りの過ちを  心の過ち  歴史は過ちを  上の過ち  人間としての過ちを  時としては過ちや  誤りや過ちを  日野朝臣も知らぬ過ち  人の過ちは  罠に落ちた過ちでは  のが過ち  忠知は過ちを  娘の過ちを  わたしの過ちを  やうな過ちは  ような過ちの  何等かの過ちが  贖罪へ急ぎすぎた過ちを  ところの過ちなりと  己の過ちを  女御との間にあった過ちと  のは過ちという  ような過ちを  部分にも過ち  事へて過ち  若気の過ちと  過去の過ちを  なかにはかういつた過ちの  のつかん過ちを  探偵の過ちと  自分の過ちの  罪も過ちも  奴が過ちを  若気の過ちを  先輩にも過ちの  君子の過ちに  ところに過ちは  一度も過ちを  托する過ちを  合掌して過ちを  庇蔭目の過ち  欲の過ちを  改良などという過ちを  怒りを遷さず過ちを  上の過ちなど  ものを頼めるこそ過ちなり  妾の過ち  当方の過ち  調剤の過ちという  僕たちに過ちは  校長先生の過ちを  情熱を解せざるの過ち  がちな過ちを  裁判官の過ちや  余の過ちを  それは過ち  あなたの過ち  人間には過ちという  若気の過ちで  会津塗だけの過ちでは  ため人間の過ちが  試みと過ちの  経験においては過ちが  試みと過ちとは  試みと過ちによる  火事盗難なぞの過ちが  あれ汝今己が過ちを  己が過ちを  善用し過ちは  自然的な過ちを  火に過ち  過ちを改めざるを過ちと  

~ 過ち[名詞]2
再び過ち  恐ろしい過ち  しばしば過ち  ちょっとした過ち  大した過ち  つい過ち  おのずから過ち  わが過ち  大きな過ち  もし過ち  その過ち  かえって過ち  いかなる過ち  同じ過ち  たぶん過ち  なんで過ち  其の過ち  無い過ち  大きい過ち  この過ち  一度過ち  どんな過ち  弱い過ち  小さな過ち  とかく過ち  大いなる過ち  

複合名詞
なに一つ過ち  万過ち  怪我過ち  なに過ち  損うた過ち  ゅうし過ち  旅行中過ち  



前後の言葉をピックアップ
  過た  あやまた  過ち  あやまち  アヤマチ  謝っ  誤っ  アヤマッテ  過っ


動詞をランダムでピックアップ
こじれる見せびらかそ生み落すほっぽり弱まらまいれる尋め行か纏まっ揺すぶ顕れる突きだす読み耽ら取り押さえ殺気立っ游がふりかぶかたまる見積ら植え差し伸べ
形容詞をランダムでピックアップ
ふてぶてしくがめつから賑々しおしかっ敏し果敢なき瑞々しき痛かっ弱弱しい恐うはしたなきとめどなしみじかし太かっほの暗き広しつれなく小気味よかっ手荒く早かれ