「逝か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 逝か[動詞]
春は早逝か  殆ど同時に逝か  尋で逝か  去年細君に逝か  丞相孔明が逝か  寡婦として残して逝か  婆様にはあ逝か  ころつと逝か  先へ逝か  しまつた上、そこでぽつくり逝か  さで逝か  師匠に逝か  困難中に逝か  今日を逝か  句をなさず逝か  婚礼もせずに逝か  独り置いて逝か  一枚も書かれないで、逝か  後世に遺して逝か  ポッかり逝か  齡を以て逝か  良人に逝か  秋ようやく逝か  しづむ面影を、逝か  幸田露伴先生がつひに逝か  春に逝か  実母に逝か  心に抱いて逝か  そうですが、ついに逝か  午後一時に逝か  安心して逝か  ように、祈って逝か  父が逝か  御新造先生は、お若くして逝か  父母に逝か  六十九歳をもって逝か  



前後の言葉をピックアップ
イオン  イオン化  イオー  イオーヌィチ  いが    異化  いか  医科  如何


動詞をランダムでピックアップ
介し謡わ制し聞き入れたたきつけれみなぎら傷つけん作り成し継い仰せつかり増し切羽詰る取巻き高じたわんそばだち見透そかくまいひきとれ保する
形容詞をランダムでピックアップ
ゆかしき重たい根強い惜しかっさわがしかっ物憂繁くっ由無きかるからおもたき恥しく慌ただし気づよく擽ったかっ激しけれ睦まじかっむし暑い程遠からながけれぼろく