「透かさ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 透かさ[動詞]
家主さんは透かさ  大通りからそれと浅く透かさ  赤木は透かさ  ことなく、透かさ  犬は透かさ  事実まで、透かさ  まま、透かさ  神尾主膳は透かさ  銀様は透かさ  槍先は、透かさ  茂みが刈り透かさ  角は透かさ  二三人、透かさ  潮来へじか附けにして差上げますという、透かさ  花を持たせ合って、透かさ  杉山茂丸氏が透かさ  客商売の、透かさ  あとは、透かさ  七は透かさ  こっちは透かさ  忠作は透かさ  人は、透かさ  弁信は透かさ  太夫は、透かさ  それを透かさ  青嵐居士、透かさ  千草股引は、透かさ  破綻を透かさ  胸を透かさ  胸に兆したと見え、透かさ  おじさんは透かさ  そこを透かさ  余驚いて振向くと、透かさ  収穫後になると透かさ  記者は透かさ  麓まで透かさ  月あかりに透かさ  隠蔽そうとしても看透かさ  盤得尼は、透かさ  魯智深が、透かさ  犬田博士は透かさ  鞭を弄びながら、透かさ  法水は透かさ  職業的に、透かさ  



前後の言葉をピックアップ
スカウツ・ペース  スカウト  須賀川  賺さ  空かさ  すかさ  すかさず  賺し  空かし  透かし


動詞をランダムでピックアップ
なじみとびだしせめろ抜きだしぶっつかっえらん立ち至れつとまらはじれまかなう行き渡らかちえ切取れよじるわきまえん写り苅らすみつい引き換え乱れ飛ぶ
形容詞をランダムでピックアップ
ながい薄ぐらきやすけれ憎う寒くっ恋しい荒あらしい輝かしき堪え難い小面憎かっひさしき七面倒臭いほど遠いあかけれういういしい安から痛痛しくぬるけれ恥ずかしき胸ぐるしい