「逃げ込ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 逃げ込ん[動詞]
雑木山へ逃げ込ん  京城へ逃げ込ん  野良路へ逃げ込ん  室に逃げ込ん  山へ逃げ込ん  奥座へ逃げ込ん  バラックに逃げ込ん  一番よけいに逃げ込ん  避難バラックに逃げ込ん  取りあえず避難バラックに逃げ込ん  あすこへ逃げ込ん  中へ逃げ込ん  下へ逃げ込ん  下に逃げ込ん  張の逃げ込ん  奥へ逃げ込ん  小屋へ逃げ込ん  方へ逃げ込ん  竹林に逃げ込ん  土地へ逃げ込ん  地方へ逃げ込ん  原に逃げ込ん  市内へでも逃げ込ん  書齋に逃げ込ん  所へ逃げ込ん  店内に逃げ込ん  中から、逃げ込ん  なかに逃げ込ん  気違い騒ぎから逃げ込ん  山に逃げ込ん  中に逃げ込ん  舎監室に逃げ込ん  二階に逃げ込ん  方に逃げ込ん  ホテルへ逃げ込ん  場内へ逃げ込ん  美術工芸的心境小説に逃げ込ん  内へ逃げ込ん  階下へ逃げ込ん  木の下に逃げ込ん  一人と共に逃げ込ん  山々へ逃げ込ん  地下窖へ逃げ込ん  アブリへ逃げ込ん  時に、逃げ込ん  隅へ逃げ込ん  みんな紀州筋へ逃げ込ん  竜神村へ逃げ込ん  町へ逃げ込ん  楽屋に逃げ込ん  楽屋へ逃げ込ん  ここへ逃げ込ん  城内へ逃げ込ん  室内へ逃げ込ん  ところへ逃げ込ん  銀様が逃げ込ん  新たに逃げ込ん  自分の逃げ込ん  奥へと逃げ込ん  お寺へ逃げ込ん  前に逃げ込ん  角へ逃げ込ん  奥から竜神村へ逃げ込ん  室へ逃げ込ん  いま密林へ逃げ込ん  部屋へ逃げ込ん  此処へ逃げ込ん  門内へ逃げ込ん  寺へ逃げ込ん  船へ逃げ込ん  頭が、ふと逃げ込ん  開墾場へ逃げ込ん  方角へ逃げ込ん  尾根に逃げ込ん  路地奥へ逃げ込ん  沢井あたりへ逃げ込ん  寢床へ逃げ込ん  の寝床へ逃げ込ん  何処へ逃げ込ん  奈良へ逃げ込ん  ようにして逃げ込ん  間へ逃げ込ん  家へ逃げ込ん  わが家に逃げ込ん  横町へ逃げ込ん  寺内へ逃げ込ん  奥に逃げ込ん  相手が逃げ込ん  娘の子が逃げ込ん  城に逃げ込ん  道場へ逃げ込ん  物が逃げ込ん  中まで逃げ込ん  胆吹へ逃げ込ん  なかへ逃げ込ん  寄宿寮に逃げ込ん  間に逃げ込ん  主従が逃げ込ん  領へ逃げ込ん  根方に逃げ込ん  居室に逃げ込ん  裏へ逃げ込ん  家に逃げ込ん  幕の向ふに逃げ込ん  マドロスの逃げ込ん  境内へ逃げ込ん  邸内に逃げ込ん  後ろに逃げ込ん  部落へ逃げ込ん  漬物蔵へ逃げ込ん  山を越え逃げ込ん  彼女は逃げ込ん  小路へ逃げ込ん  亭へ逃げ込ん  うちに逃げ込ん  そこに逃げ込ん  文学へ逃げ込ん  フランスへ逃げ込ん  中に、逃げ込ん  共同租界へ逃げ込ん  倉庫口から側炭庫へ逃げ込ん  所に逃げ込ん  夫婦が逃げ込ん  男をおぶって逃げ込ん  生命から/″\小屋に逃げ込ん  茲に逃げ込ん  画室に逃げ込ん  二人で逃げ込ん  洗面所へ逃げ込ん  軒下なぞへ逃げ込ん  東京に逃げ込ん  そこへ逃げ込ん  ロマン主義へ逃げ込ん  木賃宿に逃げ込ん  谷そこへ逃げ込ん  白髪小僧と逃げ込ん  雷が怖いので逃げ込ん  酒倉へ逃げ込ん  もろこし畑に逃げ込ん  とある物置へ逃げ込ん  物置に逃げ込ん  方から逃げ込ん  金藏の逃げ込ん  開墓に逃げ込ん  ん中へ逃げ込ん  狂気騒ぎから逃げ込ん  最後に逃げ込ん  空地へ逃げ込ん  傍まで逃げ込ん  一度にどっと逃げ込ん  町人が逃げ込ん  橋の下へ逃げ込ん  大分止んで、逃げ込ん  此處へ逃げ込ん  波止場に逃げ込ん  内に逃げ込ん  一ツ橋勢が逃げ込ん  そちらへ逃げ込ん  こちらへ逃げ込ん  揚幕へ逃げ込ん  大概二階に逃げ込ん  島に逃げ込ん  采女とが逃げ込ん  本丸へ逃げ込ん  満洲へ逃げ込ん  闇黒へ逃げ込ん  椎葉に逃げ込ん  決勝線に逃げ込ん  



前後の言葉をピックアップ
にげこむ  逃げ込む  逃げ込め  逃げ込も  にげこん  逃げ腰  逃支度  逃げ支度  逃げ出さ  にげださ


動詞をランダムでピックアップ
射し込も燻す暗み切り開か講ずる暴れだし熱っ踏みださもたしひきあげろ感じとる抜け出し慎ん欺こ打ちあわしとりもどさ用だて送り返さやりすごせるさかだてる
形容詞をランダムでピックアップ
手ぬるかっか細い愉しきたまらなかっありがたうどす黒つまらなむごう怨めしく憎らしいさやけしやさしきねぐるしい憎き新しかっ空し蒼しあまったるい暗かろうさんく